日帰り温泉

末妹が初めて我が家に遊びに来てくれたので、
お昼食べてちょっとショッピングした後
2人で近所のスーパー銭湯というか日帰り温泉というか、へ。

半年ほど前にオープンした新しい施設で、
売りはサウナ。
末妹はサウナ好きなので、体験してみて
「他より熱いし、なんか違う!」
と喜んでいたので良かった。
私はサウナ苦手(顔が熱くなるし息が苦しくて〜)だから
サウナには付き合わないけど、他のお風呂も色々あって良かった。

しかし、いったん別行動にしてしまうと
私の裸眼視力ではどれが妹なのかわからなくなって困ったわ。
お風呂用のメガネ作ろうかしら。

fc2blog_202210271733113fd.jpg

お風呂上がりには、施設内の食事処でビール!わーい!
家から歩いて行ける距離だし、駅までもすぐなのでこれが出来るのが嬉しい。

そこから駅へ戻り、妹は実家へ帰って行った。
お付き合いありがとね〜、楽しかったわ〜。

私は駅のモール内で夕飯用のとんかつやお赤飯など買って帰宅。
手抜きしても美味しいものが買えるから、日本はやっぱりいいわね〜。

奏楽堂と岡本太郎展

fc2blog_20221017180431f83.jpg

日曜日は旧東京音楽学校奏楽堂が一般公開されており、
午後2時からは東京芸大の学生によるコンサートが開催されるので
BJと2人で行って来た。

fc2blog_20221017180444452.jpg

今日はパイプオルガンの演奏。
とても良かったけどあまりにSoothingな音楽で、つい・・・
うとうとしてしまったのは内緒。

奏楽堂保護の歴史の展示などを見学した後、
東京都美術館へ移動(すぐ隣)。

fc2blog_202210271734048eb.jpg

岡本太郎展を見に行く。

fc2blog_202210271733536b3.jpg

fc2blog_20221027173343853.jpg

この作品はなんとなく、チェンソーマンを思い出してしまった。

fc2blog_202210271733304f1.jpg

fc2blog_202210271733220cc.jpg

混んでいたのもあるが、何しろ熱量の高い作品が次から次へと出てくるし、
思ったよりも展示作品数が多かったのでちょっと「あてられて」のぼせてしまった。

でも、抽象ではない岡本太郎作品(具象の肖像画とか)が見られて面白かった。
ちゃんと描くと、うまいのねえ。
ピカソの素描や若い時の具象作品見た時も思ったけど。
そういう下地があってからの、抽象、なのですな。

歩き疲れたし喉も乾いたので、上野駅のエキナカの
ハイボールバーでちょっと飲んでつまみ食べてから帰宅。
良く歩いた、面白かった!


朝ドラ「舞いあがれ!」

今期の朝ドラが面白い。
前作は早々にリタイアしてしまったので、
朝ドラ習慣は久しぶり。
アメリカでも朝ドラ見たりしてたけど(ひよっこは完走)
有料サイトにアップされるのを夜見てたから
日本で何十年ぶりにリアタイしたのは「カムカムエブリバディ」。

でも今回の「舞いあがれ!」の方がカムカムよりハマっているかも。
いつもは「子役時代、かったるいな〜、
早く大人になってほしい」と思うのに
今回は「子役かわいすぎる!
もう、3ヶ月ぐらい子役のままでいいよ!」と思うくらい。
しかし最近の子役は本当に上手いしかわいいねえ。
孫と言っていい年齢だからそう見えるのかしら。あら。

前作ではきれいな海が映ってもここまで心揺さぶられなかったけど、
今作では五島列島の美しい風景が映ると「行きたいなあ〜」と、思う。
そこに住む人々の生活が丁寧に書かれているから、
思い入れが違ってくるのだろうと思う。
本当にきれいな景色だった。

東大阪に主人公が戻って来てからは、
バブルがはじけた後の中小企業の辛さとか
あの時代の空気が良くかかれていてリアル。
俳優さん達もすごくハマっているし、
毎朝たった15分とは思えない情報量なのに
詰め込んだ感じも無理な感じもなく話が進んでいく。

今週で子役時代は終わってしまうけど、
これはこの先も楽しみだ〜。

川越祭

川越に住む妹に案内してもらって、
初めて川越祭に行って来た。



コロナ禍で2年開催出来なかったそうで、
3年ぶりの開催のうえに今年は川越市100年記念。
普段は30数基の山車が半分ずつ1年おきに出るのが
今年は全部の山車が出るということでそれは賑やかだった。



普通は山車が練り歩くのは一方通行だと思うが、
ここでは双方向からやってくる。
当然、あちこちで2基の山車の進路がぶつかる。
すると、お囃子の勝負が始まるのである。

山車はそれぞれの町内から出ているが、
各町ごとにお囃子の調子が違う。
お囃子が演奏を競い合って、リズムが崩れたほうが負け。
面白いな〜。

勝負の始まりと終わりは、拍子木が鳴らされて知らされる。
判定は誰が出してるのかまでは見えなかったけど、
大体聞いていて「あー、あっちのが勢いないし、負けかな」と
思うほうが負けていたので、結構良いジャッジだった感じ。

勝った方が悠然と道を進み、負けた方は進路をゆずって立ち止まる。
妹いわく、コロナ前はお囃子だけでなく
提灯を持つ人達がその提灯同士をぶつけあってバシバシやってたそうで、
それは迫力ありそうね〜。




メインストリートでは山車の数が多過ぎて、
あちこちで渋滞していた。
妹が「こんなの見た事ない、今年はやっぱり特別」と言っていた。
特別な年に見に来られて良かった。
気温も暑くなく寒くなく、ちょうど良かったし。

でもやっぱり、妹に案内してもらって良かった。
こういう大きいお祭りでは、どこで見ればいいのか、
どこの駅から行くのが近いのかとか
地元の人に教えてもらわないとわからないから。
ありがとうね〜、楽しかったよ〜。

私が写真を送ったら家にいたBJが
「来年は行く!」
と返事してきた。
うん、大体の土地勘がわかったから、来年は一緒にいきましょう〜。

ピアノリサイタル

fc2blog_20221017180431f83.jpg

上野にある旧東京音楽学校奏楽堂にて、
母の中高時代の同級生ピアニストの方が
リサイタルをなさるというので付き添いで行って来た。

fc2blog_20221017180444452.jpg

奏楽堂は何度か前を通って、素敵な建物だなあ、
中を見てみたい、と思っていたのでちょうど良かった。
ホールは2階で、客席は300ほど。
母の同窓生は全部で30数人いらしていたようだった。

曲目はモーツァルトやベートーベン、ショパン。
聴き慣れた小品ばかりだったので楽しかった。

リサイタル後、外で母と同窓生の皆様で記念撮影。
私と同じように付き添いでいらしていたお嬢様も撮っていらしたので、
皆様にお配りする相談などしたいですね、とLINE交換しようとしたら・・・


私のスマホの待ち受け画面がゴールデンカムイ(吐血)


うぉっ!と思ったらなんとそのお嬢様が食い気味に

「ゴールデンカムイ、お好きなんですかっ!!??」


・・・・あら。
同好の士でらっしゃいましたか。

ついつい金カムの話で盛り上がってしまい、
そのうえ同学年だということも判明して親近感。
こんなところで趣味のお友達ゲット。ラッキー。

帰り道は、母のお友達のひとりがご近所にお住まいなので
3人で一緒にタクシーで帰って来た。
疲れたけど面白かったー。

何が面白いって、80代のおばさま方なのに
皆で集まると一瞬でティーンエイジャーの女子高生達に戻ってしまうこと。
中身は変わらないのよねえ。
楽しそうで何よりでした。

金沢旅行 3日目

10月10日(月)

予報通り、朝から雨。
朝食はホテルのブッフェ。
金沢おでんとか色々あって面白い。

ホテルから歩いて加賀友禅会館へ。
途中で土産物を買ったり、のんびり歩いて行く。

加賀友禅会館は私は以前一度来たことがあるが、
記憶よりも色々展示が詳しい説明がついていて面白かった。
BJは「すごく勉強になった」と言っていたし。

友禅会館を出て、次は
「いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県立伝統産業工芸館)」へ。
・・・これ、名称どっちかに統一してくれませんか!!??
Googleマップで探すにも、「え、あれ、なんて言ったっけ?」ってわからなくなる!

fc2blog_20221011152235115.jpg

生活工芸ミュージアム(長いな)では、
実際に加賀友禅の作家さんが作業を見せて下さっていて、
色々説明もして下さったのでとても面白かった。

他の展示も説明がわかりやすくて勉強になったし、
BJは「今日見たとこ、どっちもすごく面白かった」と言っていた。

雨がひどくなってきたのでタクシーでホテルへ帰り、
いったんお風呂入って一休みして、夜はひがし茶屋街の寿司屋へ。

fc2blog_20221011152254ac1.jpg

カフェやギャラリーが閉まった後の時間だったので、
誰もいなくてすごく雰囲気が良かった。
私は前に来た事があるがBJはないので、
お茶屋さんの見学などに連れて来てあげたかったけど、
こういう写真が撮れる方が彼としては楽しかったのかもしれないから
まあいいか。

fc2blog_20221011152315374.jpg

予約した店は「みつ川」。
六本木とニセコにもあるが、ここ金沢が本店。
カウンター席6しかない小さい店で、予約が取れてラッキーだった。

fc2blog_2022101115233691f.jpg

鯛のお造り。

fc2blog_2022101115240577b.jpg

はもかと思いきや、穴子の白焼き。

fc2blog_202210111524272c2.jpg

いくらがたっぷり乗った茶碗蒸し。めちゃうま。

この後はひとつずつ握りが出て来たので写真は無し。
酢飯があたたかく、ネタも焼いたのどぐろ(あたたかい)だったりして
どれも美味しかったし珍しかった。
甘エビの握りがすごく美味しかった。

タクシー呼んでもらってホテルへ戻り、本日終了。



金沢旅行 2日目

10月9日〈日)

今朝は、雨の予報だったけど曇り。
朝食はブッフェと和定食が選べるのだが、
今朝は和定食をチョイス。
明日と明後日は和洋ブッフェにしてある。
朝から結構なボリュームの定食で、美味しかった。



午前中、ホテルから歩いて金沢城公園へ。



混んでいるというほどではないが、
思ったよりも人が沢山歩いていた。






五十軒長屋。
復元された建物で、中を見学したが面白かった。
釘を使わず、はめこむだけの構造って・・・
もう、どうなってるのか、いくら解説されても
見せられても全然わかんない〜〜!!
日本のこういう技術、すごすぎる。





玉泉院丸庭園



復元された鼠多門。
夜のライトアップもきれいだった。



鼠多門の向かい側にある尾山神社の門。



時代によって様々な積みかたをされている石垣。



前田利家の像。


昼はお友達とランチ。

fc2blog_20221011152145a52.jpg

岩魚の塩焼き!
多分20年ぶりぐらいに食べた〜。感激。

fc2blog_202210111522101ac.jpg

そしてこの鰻!
1人前がこの量なのでほんとにびっくり。
ひつまぶしスタイルということで薬味も色々、
おだしもついてきてご自由にどうぞという事だったけど
何しろ鰻の量がすごいので私は途中で白飯はリタイア。
本当に、全部美味しかったです、ごちそうさまでした。

私と別行動していたBJは、石川県立図書館や兼六園へ行って来たそう。
21世紀美術館は混んでいて、プールのチケットはもう売り切れで
諦めたそうだ。

ホテルでゆっくり温泉入って本日も終了。

金沢旅行 1日目

10月8日(土)

BJが、三連休に1日有給をくっつけてとったので
3泊4日で金沢旅行に。
朝9時半の北陸新幹線で金沢へ向かう。
やはり三連休初日、自由席まで満席だとのこと。
私達も隣り合った指定席は取れず、バラバラに。



まずはホテルに荷物を預け、徒歩で近江町市場へ。



昼時ですごく混んでいた。
ビール飲みながら歩いてる人がいるのに驚く。
アメリカだと、ごく一部の街をのぞき
アルコール飲料を外(道路や公園など)で飲むのは禁止だから。

私は2017年1月にここへ来た事があるが、
その時よりずっと観光客向けにその場でウニや蟹や
牡蠣を食べさせてくれる店が増えていてびっくり。
ずいぶん変わったなあ〜。
あと、海鮮丼とかのお店もすごく増えた。
2階もきれいな新しい飲食店が入ってたし。
やっぱり観光客呼び込むために努力してるのねえ。

残念ながら、私と夫は駅弁でお腹いっぱい。
夜の外食が楽しみなので、結局お昼はスキップ。
旅行に行くと、本当にギャル曽根の胃袋が欲しくなる!

3時を過ぎたのでホテルにチェックイン。
天然温泉の大浴場があるので早速入浴。

夜は、お友達Jさんが予約してくださった「あげは」でおまかせコース。
こちらは親父さんの手作り練り物が売りのお店なのだが、
ランチには行列が出来るほどの人気店なのだそう。
夜は予約客のみ、とのことで、Jさんのおかげで予約が取れてありがたかった。



お皿からこぼれ落ちそうな量のお造り。
どれも新鮮で歯応えが良くて美味しかった。



ウニだけかと思いきや、下にアワビが!
すっごい贅沢〜〜。



香箱ガニ。
これは東京では食べた事なくて、
5年前に金沢来た時にJさんが食べさせてくれたのがお初。
今回もすごく美味しかった。
BJはこの前奈良の和食店で香箱ガニ食べたけど覚えてなかったので
実質これがお初か。



卵のプチプチと、ミソの旨味がたまらん~!
BJも美味しさに感激していた。

アメリカでカニっていうと、普通にスーパーで売ってるのは
冷凍の脚だけ。
ミソは〜〜!??本体はどこ!!??ってなるのよね。
ほんと、美味しいところを知らない人達だ。

美味しいお料理と、賑やかな親父さんのお喋りが楽しくて
ほんと良い夕べだった。
Jさんどうもありがとうございました。

タクシー拾ってホテルへ戻って1日目終了。

寒い!

夜は涼しくなってきたなあと思っていたけど
日中はまだ30度近くまで上がって暑かったのに、
今日は突然日中13度とか、何なの!??
寒いわ!!!

10月頭の週末に、布団を冬用に替えておいて良かった〜・・・。
我が家は英米に暮らしてる時
「衣替えしない国もある」
のを知ってから一年中クローゼットに
全部の服をかけてあるので、服に関しては問題なし。

この家に引っ越して来てそろそろ1年になる。
去年の冬は洗面所と浴室のあまりの寒さに死にそうだったので
今年は小さいヒーターを買った。
昨夜からそれを出して使っているが、
セントラルエアーじゃない家ってほんと居室以外が寒いのね!
米国の家ではむしろ、面積の狭いバスルームの方が
リビングよりあったかい、なんて時期もあったのだが。

でもまあ、セントラルエアーでも部屋によっては温度がまちまちで、
結局2階の部屋には個々のエアコンつけたりしてたから。
それほど万能なものではないか。

明日も雨で寒いようなので、皆様どうぞ風邪などひかないようお気をつけて。

日本の生活

「日本の生活にはもう慣れましたか?」
と、時々聞かれる。

・・・いや、まあ、そりゃ、
日本で生まれ育ってますし、
確かに海外生活の方がトータルで言うと長いけど
それほど「慣れが必要」なことはないでしょ・・・

・・・と、思ったけど、あったわ。
しばらく慣れなくて、ちょっと苦労したこと。
それは


ゴミの分別と収集日


今住んでいるところは「燃やすゴミ」と「プラスチック」を分ける。
さらに「ペットボトル」「ビン・カン」「古紙、段ボール」「危険物」が別。
それぞれの収集日がこれまたややこしい。
週2回とか週1回とか月に2回とか。

引っ越して来た当初はもうわけがわからず、
カレンダーに書いておいてもうっかり忘れたり。

これは本当に面倒くさい!!

アメリカで、ほとんど何もかもいっしょくたに大きなゴミ箱に入れ、
週一回の収集日で済んでいた生活が長すぎた・・・。
ビンやカンを分ける自治体もあったけど、
普通ゴミの収集日に取りにくるから結局ゴミの日は週一回で済んだし。

ゴミ捨てに関してだけは、アメリカが恋しい。

肩その後

右肩は2日間かなり痛かったけど、
貼るカイロを貼って温め続けていたらかなり良くなった。
血行を良くするのがポイントだったか。

多分、痛めた原因は北海道旅行だと思う。
毎日毎日ホテルを移っていたので、
1週間分の大きな重いトランクを
クルマから下ろしたりまた載せたり、と
連日やってたのが肩にきたんじゃないかと・・・。
そしてやはり、利き腕でやってしまうから右にきたのでは、と。
2〜3泊の荷物ならともかく、1週間分の荷物は
やっぱり重かった〜〜!

今も、痛みはほぼなくなったけど
なんとなく違和感がある。
ここで無理したらまたガツンと来そうな感じ。

だましだましやっていくしかないか。

身長

先日そういうわけで久しぶりに従姉妹と会ったわけだが、
一緒に買い物(入院の必要品)をしていて
身長がほぼ同じ(か、彼女のほうがちょっと高い)なので違和感があった。
日本人の女友達と会うと、大抵私が大きいので
ちょっと下を向いて話すのが常だから、そうじゃないのが新鮮だった。

母方の親族は、女性が総じて背が高い。
祖母も若い時は165センチぐらいあったし。
母、叔母、従姉妹達、私達三姉妹、全員165センチ前後。
並ぶと壮観である。

でも、親戚の男性陣も同じくらいなので、
全員並ぶと男女大体変わらないのがおもしろい。
女性が165センチなのだから、男性は180くらいあっても良さそうなものだが。

しかし今回会って、従姉妹が痩せてたのに驚いた。
もともと細い子だが、このところの叔母に関する心労で
一段と痩せてしまったらしい。
彼女の方が叔母より先に倒れてしまうのでは、と心配になるほど。

ストレスで食べられなくなるタイプの従姉妹と、
ストレスを食べ物で解消するタイプの私の差だな〜〜。

可能なら、ご飯作って持っていきたいぐらいだ。

右肩が痛い!

昨日、ソファに座ってテレビを見ていただけなのに
突然右肩に激痛。
え、なんか、関節ずれた!?ぐらいの痛み。
筋肉痛とは違うような・・・こりとも違う感じの。
うお〜痛い、腕あがんない!

以前にも右肩が痛くなって腕が上がらなくなり、
髪をとかすのも結くのも大変だった時期があったけど
その時ともちょっと違う痛みだな〜・・・。
あーもー、年取ると色んなとこにガタがくる!

右利きなので何をするにも右を使うから、
髪をとかすにも不自由してるのだが
一番困るのは「目薬がさせない」。
左手でやろうとしたら、無理!
ああ、不便・・・。

困ったなあ、また今週末泊まりがけで出かけるから、
自分の重い荷物を持ち歩かねばならないのだが・・・
また肩がひどくなりそうな・・・
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR