実家に2泊

父の誕生パーティをしようと妹たちと甥と実家に集まり、
じゃあ私は一泊しようと出かけたのが28日。
パーティは楽しかったのだが
その最中に叔母(母の妹)が緊急入院になったと従姉妹から連絡が。

翌29日、母を乗せて入院先まで私が運転手。
家から1時間15分ぐらいの距離だが細かい道があったり、
何しろ行った事のない方面なのでもうぐったり。

従姉妹と病院で合流、叔母に面会して
その後入院の手続き(書類めっちゃ書く!)やら
入院に必要な物の買い出し(病院内のローソンでそろうが高い!)。

なんだかんだで2時間以上かかってしまい、
母は途中から荷物番をしてロビーで座っていた。
私も、従姉妹を手伝って買い物リストのチェックなどしたが
あれ、ひとりでやってたら辛かったと思う。
従姉妹も
「本当に、来てくれてありがとう。
私ひとりだったら、泣いちゃってた」
と言っていたけど。そうだよね。

従姉妹は長女で、次女は結婚して遠方に住んでいるから
なかなか実際にこちらへ来て手伝うことはできない。
次女もお姑さんが病気だそうで、それも大変らしいし。

つくづく、このタイミングで私が帰国してきて
やっぱり良かったなあと思った。
そして、昨夜たまたま私が実家に泊まっていたのも。

ひととおりのことが済んだので、従姉妹とは病院で別れ、
私はまた母を送って実家へ。
この時点で午後6時近かったので、もうこの日も泊まっていくことに。
一泊だけの予定だったけど、こういう時BJは文句もいわず
協力してくれるので本当にありがたい。

しかし、一泊だけのつもりでも、
不慮の事態にそなえて色々持っていっといた方がいいなあ、これからは。

北海道旅行 8日目(最終日)

9月24日(土)

朝イチでホテルの朝食ブッフェに行き、朝ごはん。
今日で旅行も最終日。
チェックアウトして、レンタカーを返しに行く。
9時過ぎの飛行機で羽田へ。
順調に到着、空港からまた最寄駅直通のバスに乗る。
満席だった。
高速道路は空いていて、1時間半もかからずに駅到着。
そこからタクシーで我が家へ。
雨降りだったけどさほどでもなく、
台風が近づいてると聞いていたが飛行機にも影響なくて良かった。

家に入ったらコバエが大発生していたのはまた別の話。

とりあえず無事に帰宅、楽しい旅でした!

北海道旅行 7日目

9月23日(金)

今日は朝から雨。
旭山動物園に行く気は失せ、
室内で見て歩けるところに行こうとなる。

まずは、旭川第七師団の迎賓館の建物を使っている彫刻美術館へ。
そうかー、陸軍第七師団が旭川に置かれていたから、
だから金カムのARのアプリがここは鶴見中尉だったのかー!
全然わかってなかったわ。
ちなみに迎賓館の建物は「偕行社」という。



きれいに復元された建物。
中の展示も面白かった。
隣に井上靖記念館があり、そちらもついでに見学。
井上靖って伊豆の出身じゃなかった?と思ったら、
生まれたのはこの旭川だったのだそうだ。
もっとも、1歳未満で伊豆へ行っているから、
本人には何の記憶もないだろうが。

ゆっくり彫刻美術館と井上靖記念館を見学して、
さて次は・・・と考えてたらBJが
「北鎮記念館ってのがあるよ。入館無料。
で、そこが鶴見中尉の(アプリの)スポットにもなってる」

え!じゃあ行くでしょうそれは!!

うちの旦那様は、自分が興味無くても
私が好きだと言うとちゃんとアニメや漫画を履修して
付き合ってくれるのが偉い。素晴らしい。
そしてこのアプリにしても、私がきゃあきゃあ騒いでたら
ちゃんと自分も入れて、一緒に遊んでくれている。
ほんと偉いな〜〜。ありがたい。

fc2blog_20220925152804c8b.jpg

北鎮記念館の中庭に展示されている、かつての師団の門。

ここは自衛隊の施設で、旭川駐屯地に隣接している。
入場は無料。
そして当然、ゴールデンカムイとコラボしている。
私と同じく、金カムのファンらしい人達も来ていて
結構混んでいたが、きっとその前は誰も見に来たりしてなかったんだろうなあ。



本当に第七師団に従軍されていた鶴見数馬少将の軍服。
ご遺族が寄付してくださったそう。
鶴見中尉はこの人の名前と軍服をモデルにしてるんだろうな。



第七(だいしち)師団の歩兵の軍服。
尾形が着てるのはこのタイプか。

北鎮記念館の後は、ガストでお昼。
クルマが置きやすくて近くて、ハズレもないだろうということで。
もっと「北海道名物」を食べるべきなんだろうけど・・・
まあいいか、となってしまい。
日本のファミレス、おいしいよね。
メニュー多いし。

それから「川村カ子ト記念館」へ行ってみた。
アイヌの博物館で、ウポポイ(国が経営)とは違う私設のもの。



ここも金カムとコラボしていた。
ウポポイでも見た展示物が多かったが、
こちらの方が「本当に使われていた物」という感じで
リアルさが違った。



展示物にあった女性用の着物だが、
金カムのキャラクター、インカラマッがウイルクからもらった着物のモデル?

アイヌ刺繍のバッグや口琴(ムックリ)をお土産に買う。



単音でびゅーんと鳴らすだけなのかと思いきや、
倍音は出るわベース音やリズムも出るので本当に驚いた。
不思議だ〜〜。

雨も強くなってきたし足も疲れたのでホテルへ戻る。

夕食は昨日と同じ買物公園の横丁にあるフレンチへ、予約して行ってみた。
おまかせコースのみなので何が出てくるか楽しみだったが
どれも美味しかった。
メインは鴨。
旭川、都会だなあ!すごくレベルの高いフレンチで感心した。



ワインも美味しく、満足してホテルに戻る。
明日はホテルの朝食を食べて空港に向かい、家に帰るだけ。
あっという間だったけど楽しかったなあ〜!

北海道旅行 6日目

9月22日(木)

ワイナリーの宿で朝食。
ここのブッフェも品数が多くてどれも美味しかった。
産地の違う牛乳の飲み比べも面白かったし。
「カツゲン」という飲み物、ここで初めて飲んだ〜!
北海道限定の乳酸菌飲料だそうで、なんか懐かしい味。
ヤクルトほど濃くはなく・・・なんだろ、ビックルとかそんな感じ。

チェックアウトして、昨日に引き続き美瑛へ。
今日も快晴!素晴らしいお天気。



ケンとメリーの木。
昭和47年のスカイラインのCMに使われた木だそうで、
私はなんとなく「ケンとメリーの、スカイライン」という
キャッチフレーズは覚えてるものの木とかは全然・・・。
若い人達も見に来てたけど、つい、
「ケンとメリーって言われても、なんの事かわかんないでしょ〜?」
と話しかけてしまったおばさんは私です。
妹たちにLINEでこの写真を送ったら、
末妹(私の10歳下)が
「これ、観光案内で良く出てくるんだけど、
なんのことかわかんなくて〜」
と言ってきた。
そりゃそうだ、生まれてないもんねえ。
いつまでここが「観光名所」であり続けるのか?


紅葉してるとの情報を受けて大雪山国立公園へドライブ。
黒岳のロープウェイに乗りに行ったが、
紅葉を見たいなら旭岳に行くべきだったらしい。
残念〜。
でも景色は綺麗だったからいいか。

それにしても、日本のロープウェイって、
降りたとこすぐが展望台じゃないのってなぜ!?
降りたところから階段のぼらされて、
その中でもここはすごかった〜。
欧州の古い教会の塔にでも登ってるのかと思うような、
狭い階段をぐるぐると上がる。
足疲れた。
もう日本のロープウェイには乗らない。(決意)

大雪山から旭川へ向かい、旭川駅前のホテルに投宿。
最上階に天然温泉があり、眺めも良かったしお湯も良かった。
ホテルへ向かう途中でアプリのスポットに立ち寄り、
金カムの鶴見中尉をゲット。
あれ、この旅行って金カムの聖地巡礼だったっけ!?
来る前には五稜郭だけが金カム関係のつもりだったんだけど・・・??

夕食は、ホテルが駅前なので
駅からまっすぐのびる広い「旭川平和通り買い物公園」へ行き、
適当な店に予約をしておいたのでビールとつまみ。
お料理も美味しく、なかなかヒットであった。
この頃、どこも店内禁煙なのが本当に嬉しい。
居酒屋やビヤホールのつまみって大好きだし
お酒も好きなのだが、以前はタバコが自由だったので嫌だったのよね。
今は大抵のところが禁煙で、喫煙のためのブースが別にあったりして
本当に助かる。嬉しい。

旭川では旭山動物園にでも行こうか、
他に何かあるのかね〜なんて言っていたのだが、
明日はどうやら雨になる予報。
雨だったら動物園歩き回るのもやだな・・・・
と思い、グーグルマップを見ていたら
彫刻美術館というのを見つけた。
建物はかつて旭川に置かれていた「陸軍第七師団」の迎賓館だという。
・・・・ちょっとー!鶴見中尉の、第七師団!!??
やだー、そんなの見に行くしかないでしょう!

というわけで明日は、旭川で観光。

北海道旅行 5日目

9月21日(水)

天気予報では曇りだったが、快晴。
ホテルで朝食ブッフェを食べ、チェックアウト。

ホテルからクルマで5分ほどの「北海道開拓の村」へ行く。



ここは、こちらに来てから調べて知ったのだが金カムの聖地なのだ。
北海道開拓時代から明治、大正ごろの建物が
全道から移築されていて50棟以上ある。
そのうち30棟以上が、金カムの漫画に使われているという。
いやー何それー、チェックしないわけにはいかないでしょう!

入り口で「ゴールデンカムイに使われた建物」を示してある地図がもらえる。
もうほんと、ほとんど全部って感じ。
どこに使われたのかは書いてないので、もう一回漫画読み直して確認しないと!

fc2blog_20220925152940313.jpg

こちらは写真館の内部。
2階がスタジオになっていて、採光のため片側の屋根がすりガラス張りになっている。
ここは、杉元たちがアシリパさんの写真をフチに送るため、
きゃっきゃはしゃいで記念写真を撮ったシーンに使われている。

というわけで、ポーズを取っている杉元を横から写してる感じで。

fc2blog_20220925152924244.jpg


このARと一緒に写真取れるアプリ、楽しい〜〜〜♪

fc2blog_202209251529088a8.jpg

杉元が小樽でそばを食べた蕎麦屋。

しかし思ったより広い施設で、いや〜歩いた歩いた!
足疲れた〜〜〜。

食堂でラーメン食べてお昼ご飯。
それから、美瑛へ向けて出発。

fc2blog_20220925152848a98.jpg

ファーム富田に寄って、ラベンダーソフトクリームを食べる。
色がラベンダーなだけで、味は普通のバニラだった。
結構混んでいて、大きな観光バスも何台も来ていたのでちょっと意外。
もうああいうバスツアーも普通に来てるのねー。
そういえばあちこちで修学旅行生たちも見かけたし、
段々コロナ前に戻って来てるのかしら。

有名な青い池へ行く。
駐車場が整備されていて、一回500円。
ここも結構人が来ていた。



次は、セブンスターの木を見に行く。



ちょうど日暮れの時間になり、夕焼けがきれいだった。






美瑛から富良野へ戻って、予約していたワイナリーの宿に泊まる。
朝も昼もかなり食べてしまってお腹が空かないので、
宿の近くのセイコーマート(初めて行った!感激)で
適当にお弁当やツマミを買って部屋で食べる。
ワイナリーの経営する宿なので、フロントにワインの試飲コーナーがある。
飲んでみて気に入ったワインを一本買い、部屋で飲む。
ちゃんとワイングラスとワインオープナーが部屋に用意されてるのが嬉しい。

明日は旭川へ向けて出発する。

北海道旅行 4日目

9月20日(火)

宿をチェックアウトして、登別温泉の地獄谷などを見に行く。

fc2blog_20220925153038ee3.jpg

fc2blog_20220925153056098.jpg

今夜の宿泊は新札幌駅の近くなので、
まっすぐ行くと大体1時間ちょいのドライブ。
それなら、ちょうど今朝見たTVで紹介されていた
支笏湖に寄ってからにしようということになった。
湖まで1時間、そこから新札幌まで1時間なので回り道というほどでもないし。
自分で運転して旅行してると、こうやって適当に予定変更出来るのがいい。
天候によっても変えられるし。



朝のうちは少し曇っていたが、ここに来た時はものすごく良いお天気で、
湖の水も本当に透き通っていてきれいだった!
残念ながら強風のためボートのたぐいは休業になっていたけど、
水際の散歩は気持ちよかった。

湖から1時間ドライブして、新札幌駅近くへ。
北海道博物館へ行ってみるも、連休による休日の移動で本日は休館。
でも目的は金カムの杉元佐一のARをゲットすることなので、
それは博物館内に入らなくても取れたからラッキー。

新札幌駅前のホテルに到着。
駅まで徒歩2分なので、一休みしたあと
駅にあるショッピングセンターを見てみて
イタリアンのお店で夕食。
北海道なんだからザンギ(鳥の唐揚げ)とか
ジンギスカン食べに行くべきなんだろうけど
揚げ物ばっかりの店は飽きちゃうし
私はマトン苦手(BJは大好物)なので・・・。

パスタとピザ、美味しかった。
北海道の乳製品食べたということでOK。

明日は美瑛へ写真を撮りに行く。

北海道旅行 3日目

9月19日 (月)

三連休の3日目。
ホテルの朝食は6時開始なので、5時45分、朝食会場に並ぶ。
すでに列が出来ていた。皆早起きだなあ。
ブッフェはさすがの品数。
日本人って本当に色んな食材や料理を食べるわよね・・・。
和洋中なんでもござれ。
どれも美味しかった。

ホテルを7時半ごろチェックアウト、登別方面へ向かう。
洞爺湖に立ち寄る。曇っていて景色はイマイチ。
そこからまた1時間ほど走り、
白老町にあるウポポイというアイヌ民族博物館に行く。



ネギみたいに見えるマスコットキャラは「トゥレッポん」。
トゥレプ(オオウバユリ)の女の子、なのだそうだ。
ってもう一から十までなんのことやらわからないが。

ともあれ、ここで鯉登少尉のARゲット。



そもそもこのウポポイ、入場券はネットで事前購入、
メールで送付されるQRコードで入る。
そしてこの鯉登少尉の後ろに見える建物は博物館なのだが、
入場券とは別に「入館時刻予約」が必要なのだという。
これは行ってみて初めて知ったので、しょうがないからその場でスマホで予約。
しかし入場券も入館時刻予約も、一回だけのゲストで手配することは出来ず
いちいち「無料会員登録」をしなければいけないのは面倒くさい!
日本ってそういうの多いよね・・・・
アメリカなら、「ワンタイムゲスト」で登録なしで購入、というのが簡単にできるのだが。
多分ウポポイなんてもう行けないだろうし、ワンタイムでいいんだけど・・・。
いちいち面倒くさいなー。

昼時になったので、フードコートでランチ。
カレーを食べたがまあ普通。乗ってた牛肉が硬くて塩っぱくていまいちだった。



その後、アイヌの芸能ショーを見る。
これもいちいち、ショーをやる建物まで行って
事前に予約入場券をもらっておかないといけない。
他の建物や屋外でも色々なショーをやっているのだが、
どのショーも開催時刻がかぶっていて残念。
Aを見て、見終わったらBに移動すればショーが始まり、
その後Cへ移動して・・・というスケジュールにすればいいのに。
これ、アメリカのシーワールドとかもそうなんだけど、
Aに間に合わなければBから始めて、Cへ、そしてAへ、
という回り方も出来て結局全部のショーが見られて便利なのよ。
京都の太秦映画村でも思ったんだけど、なぜかこういうとこのショーは
一斉に同じ時刻に始まるんだよねえ。
お客さんはその中から選んで、限られた時間内に1つか2つしか見られない。
やる方にしたってお客さんが多い方が張り合いが出るだろうし、
もっとうまくスケジュール作ったらいいのに。



博物館も見たし雨も降って来たし、足が疲れたので宿へ向かう。

登別温泉、滝乃屋に投宿。
建物はきれいだし温泉は久々のガッツリ硫黄泉で最高。
お部屋も広くて良かった。
しかし、Wi-Fiがないのでたまげる。
予約の時によくチェックしてなかった。
ポータブルWi-Fi持ってるから支障はないけど。
頼めばLANケーブルを貸してくれるそうだ。
・・・ケーブルて・・・!

夕食は部屋ではなくお食事どころでなのだが、
大きい食堂なのかと思いきや個室タイプ。
このご時世だし、他の人達と同じ部屋での食事でないのは良かった。













お食事はどれも盛り付け美しくお味も良く、
大変満足でした。ごちそうさま。

本日の歩数は7,183歩。

北海道旅行 2日目

9月18日(日)

朝7時半、ホテルの朝食会場前に行くと
すでにすごい行列。
函館駅前の朝市でホテルのクーポンが使える店があるので、
そちらへ食べに行くことにする。
ホテルからは徒歩5分。

まずは朝市をぐるっと見て回る。
蟹をその場で茹でて食べさせてくれる店や、
ウニや干物を売っている店など賑やか。
海鮮丼の店も沢山あるが、どこも結構なお値段。
思ったほど安くはない。そりゃそうか。

クーポンの使える店に行き、ホテル客用の海鮮丼と
いかそうめんを頼む。
いかそうめんは、いけすのイカを自分で釣って捌いてもらう。

fc2blog_20220925060811097.jpg

fc2blog_20220925060837310.jpg

BJは怒ったイカに水を吐かれていた。

fc2blog_202209250609140e4.jpg

新鮮ないかそうめんは歯応えがコリコリして美味しかった。

曇りだが蒸し暑い。
気温は22度くらい。

ホテルで市電1日乗り放題チケットを買い、
市電でまずは五稜郭へ。
五稜郭前という電停で降りるのだが、その後結構歩かされた。



五稜郭ではこの週末、コスプレイベントをやっていた。



ゴールデンカムイのコスプレが多かったのは当然だけど、
意外と銀魂のキャラも多かった。



あまりに似ていて笑ってしまった牛山辰馬。



ゴールデンカムイのスタンプラリーがあるというので
アプリをダウンロードして、やってみた。
土方歳三のARをゲット、一緒に写真撮れたりして楽しい!
北海道全域を回る鬼のようなスタンプラリーだけど、
今回の旅行で土方歳三、鯉登少尉と杉元はゲット出来そう。

市電で元町方面へ。
雨がパラパラ降って来た。さらに蒸し暑い。

教会や公民館を見て歩くが、坂がとんでもない。
神戸や横浜、長崎に似てるなあと思う。

fc2blog_20220925062850331.jpg



ホテルへ戻り、ひとっプロ浴びてまた昨日と同じビヤホールへ。
激混みで驚き。1時間待ち。さすが連休。

明日は函館を出て、登別温泉方面へ向かう。
本日の歩数、16,343歩!良く歩いた!

北海道旅行 1日目

9月17日(土)

本日より、シルバーウィークに有休をあわせて
トータル7泊8日の北海道ドライブ旅行へ夫婦で出かける。

家までタクシーを呼び、最寄駅へ。
駅からは羽田空港直通バスなので、楽々。
いつも通る高速だがバスの高さだと景色が良く見えて楽しい。

早めに着いたので羽田空港内のファミレスでお昼。
日本式のふんわり柔らかいハンバーグとご飯。
アメリカの牛100%ハンバーグとは別物で、
これはこれで好き。

13時5分のフライトで函館へ。
14時半ごろ到着、レンタカーで函館国際ホテルへ。
結婚式場や宴会場もある大きいホテルで、
朝食ブッフェが評判のところなのだが
三連休だけあって朝食会場が混むと予想されると
フロントで言われた。
朝食の時間は6時から10時。

それにしても、空港でもホテルでも
チェックインの時に一切IDを見せないのに驚く。
アメリカならいちいち免許証を出して見せるが、
日本はそういうのしないのね!
口頭で名前を言うだけでOK、って・・・
安全な国なんだなあ。

部屋に入って一休みして、大浴場へ。
今回の旅行は私が宿泊予約を取ったのだが、
なるべく大浴場のあるホテルにした。
やっぱり、大きいお風呂は気持ちいいしね。

夕方になってきたので、夜景を見に函館山へ行くことに。
明日は雨になるというので、今日のうちにと思ったのだ。

ケーブルカーで往復すればいいかと思っていたが、
ホテルで客待ちしていたタクシーに乗ってそう言ったら
「ケーブルカーよりもタクシーの方が楽だしお得ですよ」
と営業され、確かに降りる方の待ち時間は大変だと聞いていたしと
そのまま往復してもらうことにする。







このタクシー運転手さん、観光タクシーガイドもやってるそうで
明日の予定は特にない、函館は初めて、と言ったものだから
3時間で函館の主な所を回るコースをいかがですかと売り込まれた。
うーん・・・京都や奈良で観光タクシー使ったし、
便利で楽なのはわかってるんだけど・・・・

・・・ごめん!
今回は私、金カムの聖地巡礼が主な目的なので・・・
一般的な観光コースをさらっと回るのは違うのよねえ・・・。

申し訳ないけどパス。

ホテルから徒歩2分のビヤホールで夕食とクラフトビール。
美味しかった!

事件にはならず

例の園バス幼児置き去り事件をTVニュースで見ていたらBJが

「俺、こないだ本読んでたら終点乗り過ごしちゃって、
バスの車庫まで行っちゃったんだよ〜」

・・・大人で良かったね。

ナスとピーマン

この夏ぐらい、ナスとピーマンを食べた年は無かったという感じ。

アメリカで普通に出回っているナスは
日本でいう「米ナス」というあの大きくてふかふかした野菜。
ナスは英語で「Egg plant」というが、
最近やっと日本風な小さいナスが「Baby egg plant」といって
ちょっと出回るようにはなってきた。
でもあまりメジャーではないので、見かけた時に買えるくらい。
それでも嬉しくて、ちょっとお高くても買っていた。

日本に帰って来たらナスが安い!美味しい!新鮮!!!
もう感激で、ほんとこの夏はナス食べたなあ〜〜〜。

同じく、ピーマンも、アメリカで普通に買えるのは
日本でいう「パプリカ」という大きくて肉厚で赤かったり黄色だったりのもの。
緑色のもあるがとにかく大きいし肉厚で、あれはピーマンとは別物。

日本では薄くて小さいピーマンが安い!美味しい!新鮮!!!
感激しまくって何十年ぶりでピーマンの肉詰めとか作っちゃった。
アメリカにも「パプリカの肉詰め」という料理はあるのだが、
あの大きいパプリカのヘタを切って、肉や米を詰めて立てて並べ、
オーブンで焼くか大きい鍋で蒸し煮にして作る。
違うお料理よね。

というわけで色々ナスとピーマンを使うレシピにトライしてみたが、
以下、美味しかったのでおすすめのレシピをリンクしておきます。

揚げピーマンのにんにくソース
丸ごとのピーマンに竹串で穴を開けて素揚げ。ちょっと油がハネるので注意。
にんにくソースは、にんにくが少し色づいてきたなと思ったら火を止める。
油の余熱でカリッとなって食感が良い。


リュウジさんのバズレシピ、豚なすピーマン



我が家の好みは甘さ控えめなので、レシピより砂糖は減らしたけど
簡単だし美味しい。

あとは単純にナスの乱切りを素揚げにして白だしに漬けて生姜をそえて、
というのも美味しくて夏中食べてた。
これも、最初はめんつゆに漬けていたのだがそれだとBJが
「甘い」と言うので、白だしにかえてみたら好評だったという。
ことほど左様に、万人受けする味なんて無いのよねえ。

そろそろ夏野菜の季節も終わりかな。

豊洲市場



先週の土曜日、BJと二人で朝から豊洲市場へ行き、
お寿司のブランチをいただいてきた。

ゆりかもめの「市場前駅」で降り、豊洲市場へ。
すぐ目の前のビルなのだが、歩くと結構な距離。
動く歩道でも設置していただきたい感じ。

適当なお店に入ってお寿司を食べたのだが美味しかった〜〜!
海老はむっちりねっとり甘く、貝はプリプリのコリコリ。
どのお刺身も新鮮でうまみが強くて、
やっぱり回転寿司とは違うなあ。

BJは握りの盛り合わせを頼んだのだが、
一貫目が出る時にお醤油を小皿に出そうとしたら
「にぎりは全部味付けがしてありますから。
醤油は、最後の巻物に使ってください」
と板さんに止められていた。
そうだ、江戸前寿司ってツメが塗ってあるから
お醤油つけなくていいんだよね。
岩塩ふってあるのとか、酢でしめてあるのとか、
色々「しごとがしてある」のだった。

私は写真の海鮮チラシとお刺身盛り合わせ。
宝石箱みたいにきれいで、具は全部細かく切ってあるので
ひとくちに色んな味と食感がして楽しかったし美味しかった〜。

食後は物販の階へ移動。
これがまた結構遠いのだ。

あまり下調べをしないで行ったので、
なんとなく築地場外市場みたいなのを想像していたのだが
もっと「プロ向け」なお店が多く、
場外みたいな鮮魚を売っている店は無かったのが意外だった。
乾物、お茶、海苔、プラ容器、ゴム長やTシャツの店などがあり、
どれもきれいだがそれほど全体に活気があるわけでもなく
ざっと見て回って終了。
最後にやたら「熱い」店長のいるお酒とチーズの店で
ブルーチーズなど買ってしまった。
豊洲市場でチーズ。
なぜだ。
でも帰って来て食べたら美味しかったのでよしとする。

マグロのせりの見学通路も見てきた(当然せりは終わってる時間帯)し、
もうここはこれで気が済んだわ。
外国から友達が来て案内してくれって言われても出来るくらいには見たしね。

また今度築地場外に行こうかな。
那珂湊のほうがいいかなあ。

秋の蚊

ここ数日は、日中は28°C〜30°Cとかで相変わらず暑いものの、
夜になると21°Cくらいまで下がって涼しい風が入ってくるようになった。
寝室は2階だが窓の多い家なので、開け放つと良く風が通る。
夜はエアコンを止めて、窓を開けて寝てみた。

涼しい。

・・・が。

ん?
なんか、虫が、飛んでる?

年寄りだからもうモスキート音は聞こえなくなってるはず、
と思ったが、さすがに耳元で飛ばれると聞こえるのね!!

何十年ぶりかで、蚊の羽音で目が覚めてしまった。
あちこち刺されてかゆいし。何これ。

網戸しめてても入って来ちゃうのかなー、
明日は寝室用にアースノーマットでも買ってこなきゃ、
と思いつつもう眠れなくなったので午前4時頃起床。

日が上ってきて7時半ぐらいには段々暑くなってきたので、
2階の窓を閉めようと上がっていったら・・・




網戸の入ってない側の窓が全開。




BJが昨夜開けてくれた廊下の窓であった。



蚊でも虫でも入り放題じゃないの!!



道理で蚊に食われまくったわけですわ・・・・
当たり前だ・・・・


良く確かめて開けてください〜〜〜(涙)


一応アースノーマットとかカーテンにかける虫除けスプレーとか
色々買って来たけど、網戸閉めれば大丈夫だったのかも・・・?

日本橋でランチ

米国で知り合った日本人奥様が一時帰国されているので、
日本橋で待ち合わせてランチをご一緒した。
彼女も私も93年から米国に移住した同世代で
お互い配偶者も日本人ということで何かと話が合う。
出身も東京都内で割合近くだし。
そういえば子供達も、どちらも上が女の子で下が男の子だ。
面白い。

しかし近況報告の次の話題はもう「老後をどこで過ごすか」。
そんな年齢になったってことよね〜。
彼女達も最後は日本に帰って来たいと考えているそうだが、
都内に住みたいのだそうだ。
いいなー、都内に家を買うつもりでいるなんて、羨ましい。

「アメリカが恋しくならないですか?」
と聞かれたけど、別にそうでもないなあ。
やっぱり日本は便利だし、食べ物美味しいし、楽。
家のメンテナンスの連絡やあれこれの問い合わせやら
病院の予約も全部日本語で出来るし。
アメリカでは電話に出るのがおっくうだったからな〜。
あれが地味にストレスになってたのだと、今になってわかる。
日本に帰って来て全部日本語で出来るようになったら
肩こりまで軽減したような気がする。
アメリカに住んでいた時は、そこまで英語がストレスだとは
感じてなかったんだけどねえ・・・。

ランチの後、COREDO室町などちょっとぶらぶらして帰宅。
面白そうなお店が色々あったから、また今度行ってみようかな。

昨夜の雷雨

今日は日中の最高気温26°C。
ずいぶん涼しくなった。
湿度が高いから、動くと汗かいちゃうけど。
でもクーラーつけてなくても良いぐらいにはなった。
いよいよ夏も終わりか。

ところで昨夜はものすごい雷雨であった。
午前2時ごろ、窓ガラスが振動するぐらいの雷鳴が轟き、
びっくりして飛び起きたほど。
それからもずっと雨と雷の音がすごくて、
私はなかなか眠れず。
朝方やっとおさまってから眠ったぐらい。

今朝、BJが窓の外を見て
「ゆうべ、雨降ったのかな?」



まじですか。


あんなにすごい音してたじゃないのーーー!!
気がつかなかったの!!??
そういえばいびきかいて寝てたけども!!!
あっそうだ、すごい雷が鳴った時、あなた
「なんの音?」って聞いたじゃない!
で、私が「雷よ〜」って答えたわよ!

「・・・あ、そういえばそうだなあ。
雷だって聞いて、安心して寝ちゃったんだな」

・・・・眠りが深くてうらやましいっ!

異動辞令は音楽隊!

阿部寛主演、映画「異動辞令は音楽隊!」を観て来た。

結構面白かった。
中だるみもなく、最後まであっという間だったし。

阿部寛は刑事畑一筋30年、時代遅れの「足で捜査」するタイプで
部下には大声で恫喝、容疑者や関係者には威嚇、暴行と
ガタイが良くて背が高いだけに怖いわ、って感じの男を演じる。
私はガタイの良い男性に大声で恫喝されるのが苦手なので、
映画だけど怒鳴られるたびにちょっと怖くて嫌だった。
その手のトラウマのある方は見ない方がいいかも。

そういう老刑事(というにはちょっと若いか?)が、
突然音楽隊に異動させられる。
この辺り、アメリカ映画ならクリント・イーストウッドの役どころだなと思った。
頑固で時代遅れで、でも真面目でその人なりの正義は持っていて。
渋々異動させられた音楽隊でも、次第にその真面目さで
ちゃんと馴染んでいくあたり、イーストウッドがやりそう!でしょ!?

ちょっと残念だなと思ったのは、脇を固める役者さん達が
「いつも見る顔ぶれ」だったこと。
邦画を見ていると、主役級もそうだけど脇役も皆いつもの役者さん達で、
それこそ「この人だったら絶対なんか裏がありそうだよな・・」とか
キャスティング時点でわかってしまうのが残念。
アメリカ映画を見ていると、いつでも「誰これ!?知らない!」という俳優が出ていて
その人がまたすごく良い演技と役柄だったりして、
作品全体の驚きを増してくれたりするんだけど。

お客を呼べるビッグネームが必要なのはわかるけど、
もっとオーディションで受かったような若手や、
意外な脇役が使われると見てる方も予測がつかなくて楽しいのにな、と思った。

ともあれ、阿部寛はデビューの頃(モデル時代)からすると
本当に上手い俳優になったねえ!すごい!
男性は年取ってからもっと色んな役が出来たりするから、
これからも楽しみだ〜。

ブレットトレイン

ブラッド・ピット主演の映画「ブレットトレイン」観てきた!



面白かった!!!



トンチキジャパン(架空日本)の架空高速列車内で繰り広げられる
おばかアクション満載ムービー!
監督は東映ヤクザ映画のファンなのか!?
ほんとに、往年のヤクザ映画見てるみたいで楽しかったぁ〜。

原作は伊坂幸太郎だそうで、この作品は読んでなかったからぜひとも読んでみたい。

そして何より


真田広之めちゃかっこいい。


英語うまくなったね〜。
結構長台詞があったけど、訛りもずいぶん取れてたし。
刀振り回す殺陣はさすがのかっこよさだったし。

今までハリウッドが日本を描くと、
日本人役は日本語が喋れない中国系俳優がやってたりしたし、
アクションシーンはカンフーが混ざってたりしたけど
この映画ではちゃんと日系人俳優が演じていて日本語も話してたし
アクションシーンではチャンバラやってたから良かったわ。

東京から京都へ向かう高速列車(新幹線とは言ってない)ということで、
品川や静岡で停車したり、その割にはそこに富士山あるんかい!?となったり
東京を夜出て京都に早朝着くってどんな距離感?とかあるけど
そんな事突っ込むのは野暮でしょう。
とことんフィクション、ひたすらエンタメ、で、面白い映画だった!

帰宅してからググってみたらこの監督、デッドプール2の監督なのね。
私はデップー見てないのだけど、見た人からは
「やっぱテイストが似てる」という意見が。
ナナはデップー好きだから、見たら面白いと思うかな?

頭からっぽにして、「こまけえこたぁいいんだよ」精神で楽しむと良い映画です。

洗濯と乾燥

ほぼ1週間ぶりに帰宅したので、案の定洗濯物がたまっていた。
我が家のはドラム式の洗濯乾燥機なので、天気に関係なく洗って乾かせるから
今日は朝(というか前の晩)から3回洗濯乾燥を回して片付け。
アメリカで使っていたような大きさではないし
電気式の乾燥機だから時間もかかるが、でも便利。

実家にはガスの乾燥機があって、
そちらはやはり早いしカラッと乾くのでうらやましい。

TVを見てると「部屋干しでもにおわない」とかいう
洗剤のCMを盛んにやってるが、乾燥機持ってる家って少ないのかなあ。
アメリカだと、マンション(アパート)やちょっと良い住宅街だと
外に洗濯物を干してはいけないところが多くて、
乾燥機はマストなのだけど。

なんで日本では乾燥機が普及してないのか、不思議。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR