fc2ブログ

丸ビルで会食



土曜日にアメリカ人の友達夫妻と私達の4人で、
丸ビルの上のレストランでディナー。
先日銀座のお鮨屋さんで一緒にランチを食べたBと、その旦那さんだ。
BJは行く前に
「どうしよう、英語出てこないかも・・」
とか言っていたが、いざその場になると当然問題もなく。
なんか、脳の言語のスイッチが切り替わる感じよね。

でも、Bの旦那さんJが、カタコトの日本語を喋るようになっていて面白かった。
そりゃそうか、もう16年も東京に住んで仕事してるんだものね。

お料理はフレンチのコースで、とても美味しかった。
BとJはフランスに住んでいた事もあるのだが、
あちらだとコース料理というとほとんど野菜が出てこないが
日本式だと野菜がちゃんと付け合わせに出てくるのが良い、と言っていた。
なるほどねえ。



水曜日には、長年のネット友達Bちゃんと、また丸ビルの上の
今度はイタリアンレストランでランチ。
こちらも凝ったコース料理で、とても美味しかったが
何しろ話に夢中で、味には集中してなかったかも?

どちらもとても楽しい、美味しい会食でした。
ごちそうさま〜。
スポンサーサイト



お墓参り

先日、暖かい日に真ん中の妹と母と3人で
実家のお墓参りに池上本門寺へ行って来た。
平日で空いていたし、本当にポカポカ暖かい日で
いいタイミングで母も連れて行けて良かった。

20日の日曜日には、多磨霊園へ義父母のお墓参り。
BJはそういう年中行事をほとんど知らない
(いつがお彼岸だとか、お盆はどういう事をするとか)ので
私が言い出さないとお墓にも行かないで忘れてしまうタイプ。
春のお彼岸だから霊園は激混みだろうと、
車ではなく電車とタクシーで行ったのだが正解だった。
最寄駅から多磨霊園行きのバスを待つ列が出来ていたし、
タクシーで向かうも道が混んでいて渋滞。
霊園の中は言わずもがな。

晴れていたが寒い日で、さっさとお参りすませて帰りましょう・・・・
と、思ったらBJが
「ケータイが無い。」

なんとスマホをタクシーの中に落として来たのだった。

幸い私のスマホがあるし、レシートももらってあったので
すぐに営業所に電話したところ、乗った車両と連絡がついて
そこにスマホがあることが確認出来た。
どうせ帰りのタクシーも呼ばなければいけなかったので、
出来ればその車にもう一度ここまで来てもらうよう頼んだ。

いやー、無事にあって良かった。
じゃ、まあ、30分以上は(こっちに戻ってくるまで)かかるっていうし、
待ちますか。と言ったらBJが
「Mimiちゃんは、怒らなくて、えらいねえ。」

・・・うーん。
怒ったらここにスマホが出てくる、っていうなら怒るけどねえ。
怒ったってしょーがないじゃない。エネルギーの無駄。
それに、わざとやったわけじゃないんだし。
もしも、タクシー降りる時に私がひとことでも
「スマホしまった?ちゃんと持った?」
とか確認してたとして、それでBJが
「大丈夫」
とか言ったのに持ってなかった!っていうなら
あの時私が言ったじゃないの!全然人の言うこと聞いてないんだから!って、
そういう方向では怒るだろうと思うが。
うっかり忘れた物を、怒ってなんになるっていうの。
なんの解決にもならないし、やな気持ちになるだけじゃない。
そんなことしませんよ。

しかし日本はやっぱり治安が良くて、
こうやってスマホを落としてもちゃんと戻ってくるのがすごいわ。
改めて感心してしまった。

無事に先ほどのタクシーがまた来てくれて、
スマホも戻って来たし駅まで乗っていけて良かった。
これでお彼岸のお仕事終了。

お誕生日パッケージ



タロウの誕生日が近いので、セーターや日本のお菓子など
こまごました物を詰めて米国に送ってやった。
無事に届いた、と送られて来たのが上の写真。
久しぶりに顔見たけど、ひげボウボウでびっくり。

セーターは私の母から。
タロウは意外と「かわいい服」が好きなので、
どうやら気に入ったらしい。良かった。

誕生日が来たら23歳になるのね。
おめでとう。
色々がんばれ。

水戸偕楽園

日本に帰国してから、この30年弱を取り返すかのように
天気の良い週末はあちこちへ出かけているもので、
ブログの更新が追いつかない〜〜!!!

米国にいた時はBJの仕事が週末も完全な休みではなく、
朝は回診に行くし何かあれば呼ばれて病院行ってしまうしで
週7日勤務、週休ゼロだったから遠出できなかったのだ。
今は週末で一泊旅行、なんて事も可能だから夢のよう。
おまけに日本国内はどこへ行っても美味しいものがあって温泉がある〜〜!!
最高。

というわけで、先週末は水戸の偕楽園へ、梅の花を見に行って来た。



朝9時に着いたところ、パーキングはまだ空いていた。



表門から、入園料を払って入る。
大人300円。



快晴で暖かく(19°C)風もなく、梅も見頃でちょうど良かった。

私は実は偕楽園には40年前に、修学旅行で来た事がある。
当然「修学旅行」なので、シーズンオフの寒い時期。
梅なんて全く咲いてないこの庭園を歩かされた記憶はあるが
「花が咲いてる時に連れて来てくれよ・・・」
と恨めしく思った思い出しかない。

その時とは全く違って、今日は素晴らしかった!
100種類もの梅が植えられていて、それぞれ違ってとてもきれい。
色も形も、咲く時期も違う。
これよ〜、やっぱり、偕楽園ならこれでしょう!
40年越しのリベンジ終了。



水戸の梅大使のお嬢様方。
寒い日じゃなくて良かったわねえ。

そこから少し走って、大洗へ。
那珂湊おさかな市場というところでお昼ご飯とお買い物。


私のオーダーした地魚の海鮮丼。


BJの、海鮮特盛丼。

美味しいランチでお腹を落ち着かせてから、市場を歩く。
すごい数のお店が並んでいて、屋台も出ていて賑やかで、お祭りみたい。
見た事のないお魚もあるし、どれも安くて新鮮そうで目移り。
こんな事もあろうかとクーラーバッグ積んで来たのは正解だった。

殻付き牡蠣、干物各種、メヒカリの干物、鮭ハラスなど買って帰宅。



夕飯はもちろん那珂湊で買って来た魚介類。
牡蠣は電子レンジで1分ほどチンして蒸し牡蠣にすると蓋があけやすい。

今回初めて買ってみたメヒカリの干物、唐揚げにしてみたのが
白身がクセがなく柔らかく、美味しかった〜!
ちょっと大きめのワカサギみたいな感じかと思ったのだが、
もっと白身がふんわりしていて苦味も無くて。
私、ワカサギよりこっちの方が好きかも。
近所のスーパーなどでは見かけた事がない魚だから、
また今度行ったら買ってこよっと。

「ミステリと言う勿れ」のロケ地

ドラマ「ミステリと言う勿れ」のロケが行われた
運河水辺公園(利根運河)に行って来た。
東武アーバンパークライン(野田線)の運河駅から徒歩5分。

運河水辺公園



かつては利根川から江戸への水運を担っていた運河であるが、
今は水量も少なく、両岸は公園として整備されている。



ここはドラマの第4話、記憶喪失の爆弾魔(柄本佑)と主人公久能整(菅田将暉)が
雨の中、話をする公園の東屋のシーンで使われたロケ地。
私はてっきりあの東屋は実際にある建物で、そこを使ったのだと思っていたが。
現地に行ってみたらあれはセットだったと判明。びっくり。



この写真の手前が階段状になっていて、おそらく野外劇場の客席。
その向こう岸にコンクリートの平らな広場、おそらく野外劇場のステージ、がある。
そのステージにあのドラマの東屋が建てられていたのだ。

へえー、映画ならそれぐらいやりそうだけど、
テレビドラマでもそこまでやるんだあ。
お金かかるわけだわね。

伏姫籠穴

先日の南房総ドライブの記事で書き忘れてた。
「伏姫籠穴」という場所も見て来たのだった。



え、ほんとにここ走ってくの?
と不安になるほどの狭い山道を車で5分ほど登ると現れる立派な門。
ここが「南総里見八犬伝」の伏姫が犬の八房と籠もっていたと言われる洞窟への入り口。

・・・いや、そもそも八犬伝自体がフィクションですし・・・
なんでほんとに洞窟があるのよ。

南総里見八犬伝(Wikipedia)

NHKの人形劇で見てたなあ、八犬伝。
辻村ジュサブローのお人形が美しかった。
もうNHKにもほとんどのマスターテープが残ってないというのが残念すぎる〜



入り口の立派な門の上には「犬塚」と書かれた石碑が。
八房のためのものかしら。



門からは延々と登っていく。
階段も手すりも灯も整備されていて、良く手入れされている。
観光地としてもっと町おこしに使うつもりだったのかしら?
でもそれにしてはアプローチの道が狭すぎるし、
駐車場も4台か5台しか止められないしなあ。



息を切らして階段を上っていくと、こんな洞窟が。
どうやら、馬琴の八犬伝のあまりの人気に
安房国のこの辺にきっと伏姫と八房は隠れていたに違いない、
といつしか「それらしい洞窟」が語り継がれてきたらしい。
フィクションが現実になった聖地!?
面白いなあ、日本人。
神話にちなむ聖地ならまだわかるけど、
江戸時代の戯作にちなんだ聖地って・・・。
今で言うと「アニメの舞台になった聖地」ってところ!?
ほんっとーーーに、変わらないのね日本人の好みって!
まあ、そういう私もわざわざ見に来る物好きの1人ですが。

しかし、階段は整備されてるしちゃんと駐車場にきれいなトイレもあるし、
でも何しろ「お金を払う、使う場所がない」。
これって観光施設としては問題では。
人を置く余裕は無いだろうし、と、考えてみたのだけど
神社じゃないからお賽銭箱置くわけにはいかないので
いっそガシャポンを置いてはどうか。
八犬伝にちなんだストラップとか数珠とか八つの玉とかを
カプセルに入れて売るのだ。
ここまで来ないと手に入らないレアアイテムとかあるといいな。

などと考えつつ帰路についた。

頼朝桜

千葉県鋸南町にある佐久間ダム湖親水公園へ、
早咲きの桜「頼朝桜」を見に行って来た。
一般的には「河津桜」と呼ばれる種類の桜だが、
この辺では源頼朝にちなんで頼朝桜と呼ぶらしい。



素晴らしい晴天で、桜もちょうど盛りで美しかった。
例年は「桜まつり」としてイベントもしているそうだが、
去年と今年はコロナ禍で、特に行事はしていないそうだ。残念。



ダム湖を囲む山の斜面に頼朝桜が植えられている。
湖の際にはソメイヨシノも植えられているが、
そちらはまだ蕾だった。

お花見をした後、鴨川へ抜ける道の途中で
大山千枚田というところへ寄り道。



その名の通り、まるで等高線のように棚田が作られている。
今はまだ苗も植えられていないので殺風景であったが、
緑になったらきれいだろうな。その頃にまた来てみたい。

鴨川の海岸沿いにある魚屋兼食堂で遅めの昼食。


私は刺身定食。


こちらはBJの定食で、丼の上にはみ出して載せられているのは
うなぎの蒲焼みたいだが太刀魚の蒲焼。
ふわふわで脂がのっていて、でもタレの味は思ったよりあっさりで美味しかった。

食後、魚屋の方で干物や生わかめなど買って帰路についた。

銀座でランチ

先日、Facebookのメッセンジャーで
友達(アメリカ人)のBから超久々にメッセージが来た。
いわく
「今、東京に来てて、自己隔離期間も終わったから、会えませんか?」

・・・・唐突ですな!!

彼女は2007年から2019年まで、ご主人(米国人)の仕事の関係で
東京に住んで、子供2人をアメリカンスクールに入れてお母さんやってたのだ。
でももうアメリカに帰ったと聞いてたし、子供達もアメリカなので
何しに来たのか?
しかも、4月下旬までいる、って・・・長くない??

と、ハテナだらけで会いに行ったのだが。

まずは、銀座の歌舞伎座のすぐそばにあるお寿司やさんでランチ。



東銀座の駅からなら地上にあがって1分。近い。
Bもちゃんと店を見つけて来たので(住んでたのだから話が早い)
冷酒をいただきながらおすすめ握り寿司のコース。

しかしまあ、じかに会うのは何年ぶり??
という状態なので、もう話が止まらない。
せっかく美味しいお寿司を出してもらい、
板さんの目の前のカウンター席で色々説明してもらうのだが
通訳しつつBとの話もしつつ、で、私はアタフタ。
ネタの魚や貝の名前とか説明とかもう、わかんなーーい!!
「レッドスナッパーみたいな魚よ」
とか適当に説明してしまった。
ま、美味しいと感動してくれてたのでよしとする。

話を聞いたところ、なんとご主人のJは2007年以来ずっと東京住まいで
今も芝公園近くのマンションに住んで仕事してるのだという。
えーー!!??J、東京にいるの!??聞いてないわよーーー!!
あやうくダチョウ倶楽部になるところだった。

米国に帰ったのはBひとり(子供達はその前から大学進学で帰ってた)だったとは!

てっきりそろそろJもリタイアの年齢で、
Bと一緒に米国に帰ったのだとばかり・・・・。

子供達の近況やら昔話やらして、いやー良く喋った!
ていうかこんなに英語喋ったの、日本帰って来て初めてじゃない??
英語の筋肉(発音が違うから使う顔筋が違うのよね)がつるかと思ったわ。

お寿司のコースをいただいて、まだ喋り足りなかったので
向かい側にある歌舞伎座へ移動。



歌舞伎座の5階にある屋上庭園を見て、そこのティールームでお抹茶などいただく。
Bはもともと緑茶が好きな人なので、感激していた。

Bとは93年にアメリカ行ってすぐに知り合って、
それからお互いあっち行ったりこっち行ったり引越し人生だけど
なんだか細く長くお付き合いが続いてるのよね。
いまだに彼女は
「Mimiは、日本人で初めての友達で、
あなたがとてもいい人だったから日本に興味を持って、
Jが日本に転勤になるっていう時も喜んでついて来たのよ」
と言ってくれる。
私も、Bはアメリカ行って最初の頃の友達で、
色々教えてもらったし今でもずっと感謝している。
そして今はお互いに2人の子持ちで、
しかもお互い自分の母国ではない国で子育てしてきた、
という経験まで共通で共感出来る。
面白い付き合いになったなあ、つくづく。

次はぜひ、夫達も一緒に会いましょうね、
と約束して解散。
あー、楽しかった!

ウエストサイドストーリー・リメイク版

スピルバーグがリメイクしたミュージカル映画
「ウエストサイドストーリー」を観た。

・・・いや、もう、私、オリジナルの映画が好きすぎて、
何回観たかわからないしDVDもブルーレイも持ってるほどなので
あの名作のリメイクって・・・・
と、観に行くのを躊躇してたのだけど。

ざっくり感想。



良かった。



スピルバーグのオリジナルへのリスペクトも感じたし、
主要キャラ達の(オリジナルでは語られなかった)仕事や過去の
エピソードの肉付けがとても良かった。
なるほどなー、だから彼はこういう人物で、こう行動するのか、と
オリジナルよりももっと納得させられた感じ。

曲はもちろん全部バーンスタインのあのままで、
振り付けは新たにジャスティン・ペックが担当したが
オリジナルのジェローム・ロビンスの振り付けを踏襲しつつ
ちゃんとアップデートしたダンスに昇華させていて感心した。
曲も、オリジナルとはストーリー内での順番が違ったり、
歌うキャラが違ったりと変えてあったがむしろ効果的だったと思う。

何より感心したのはマリア役のレイチェル・ゼグラーの歌のうまさ!
彼女の歌を聞くと、オリジナルのナタリー・ウッドは本人が歌っていないのはともかく
吹き替えもあえてちょっと下手にしてたのかなと思うほど。
レイチェル・ゼグラーの歌唱で聞くと、
「うわ、これってこんなにエモーショナルで美しい歌だったのか!」
と、何十回も聞いてきた劇中歌で泣かされてしまった。

そしてなんといってもオリジナル版でアニタを演じアカデミー賞を受賞した
リタ・モレノが重要な役で出ていること!
彼女のキャラクターはこのリメイクで初出なのだが
とても良い変更だったと思う。

実は1人でこっそり観に行ったのだけど(ガッカリするとやだなと思って)
あまりに良かったので、今度はBJと一緒にまた観に行くつもり。
円盤出たら買う。多分。

南房総ドライブ 2日目

ゆっくり起きて、旅館で朝ごはん。
「土鍋で炊いたご飯なんですよ!」
と、サーブしてくれた女の子がニコニコして言ってくれたが、
うん、家は炊飯器って持ってなくて、毎回ストウブで炊いてるのよ・・・
ごめんねえ、あんまり感激出来なくて。
いやもちろん、お客として喜ぶコメントはしましたが。内心、ね。

私達が感激したのはむしろこちら。

fc2blog_2022022811225291b.jpg

お出汁を沸かしたところへ、生のわかめをしゃぶしゃぶして
土佐酢につけて食べる。
お出汁につけると一瞬でわかめが鮮やかな緑色になって、
しゃきしゃきした歯応えは残ったままで食べられてすごく美味しい。
塩蔵わかめか乾燥わかめしか食べたことなかったから、
これは初めての味でほんと感激した〜!

宿をチェックアウトして、その近辺をドライブして観光。
まずは通称「崖観音」なる大福寺へ向かう。

fc2blog_202202281122356a4.jpg

向かう途中で海の向こうに見えた富士山。
写真だと小さいけど、肉眼だともっと大きくて、
「うわー、こんなに近いの!?」
とびっくり。
東京から見るより大きく見えた感じ。

fc2blog_202202281122178ec.jpg

大福寺の山の下の駐車場に車を止めて、歩いて上へ。

fc2blog_2022022811220507c.jpg

上がった観音堂からの眺め。
私は高所恐怖症なので、実は結構怖かった。
でも登ってって良かった。

そこから、切手の「見返り美人」で有名な菱川師宣の記念館へ。

fc2blog_20220228112152364.jpg

fc2blog_20220228112140076.jpg

「見返り美人」の本物は東京国立博物館にあるので、
ここには当時の色々な浮世絵が展示されているだけだが
テーマを「江戸の食文化」にしぼっていて、面白かった。

ことに笑ったのは、当時(町人文化が栄えた江戸末期)
内風呂を備えた料理屋が流行って、
客はお風呂に入ってその店のロゴの入った浴衣を着て、
美味しいお料理をいただいて遊んでいた、というもの。
なかにはわざわざ熱海から温泉の湯水を運び、
内風呂に張って客を呼んでいたという店もあったとか。

・・・えーと、それって昨夜私達が、
温泉に入って美味しいお料理いただいて遊んでた、
まさにそれと同じってことですわね?
あるいは、スパ・ラクーアとかでお風呂入って、
ビール飲んで遊んでくるのと同じってこと?

しかもその浮世絵に描かれていたのは、浴衣姿の女性達。
すごいわよね、町人の一般人の、しかも、女性が!
お風呂入って美味しいもん食べて一杯やって、遊んでる!
欧州なら貴族の女性達だったら出来た遊びだろうけど、
江戸では庶民もやってたってとこがすごい。

芝居(歌舞伎とか)見て、お風呂入って、美味しいものつまみに
お酒飲んで、って・・・・


今、私達がやってる遊びと変わりませんわ。


江戸時代から続く、伝統ある遊びだったのねえ(ものは言いよう)

ここからは帰路につく。
途中の道の駅でラーメン食べてお昼は終了。
外でラーメン食べるの久しぶりだったから美味しかった。

2時間ほどのドライブで帰宅。
いいお天気で楽しかった〜。

花粉

今日から3月。
一気に暖かくなったと思ったら
当然飛んでくるのは・・・
花粉。

私も花粉症もちだが、BJの方がひどいスギ花粉症。
アメリカにいるとBJはあまり花粉症が出なくて楽だったのだが、
案の定日本に帰って来たらもうここ2〜3日目がかゆくて大変だそうだ。
かわいそうに。
以前は花粉症で熱が出たり肌が荒れたり腹痛起こしたりしてたけど、
そこまでいかないといいんだけど。
私はどうも彼とはアレルゲンが違うらしく、
アメリカでも少々出るし日本でも少し、という感じ。

春になるのは嬉しいけど、同時に辛い時期でもあるなあ。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR