fc2ブログ

二子玉川へ

やっと自主隔離期間が明けて、
晴れて出歩けるようになったので
土曜日にBJと2人で実家の車を借りて
二子玉川までショッピングに行ってきた。
運転は私。
右ハンドル左側通行だけど、
もう何年も里帰りの度に運転してきたし
地元なので走り慣れてるから。

運転する時の呪文は
「私が道の真ん中」。
助手席が道のはじで、
私は道路の真ん中側を走る、と唱える。
これで大体、米国で運転する時も
日本で運転する時も混乱しないで済む。

一番調子悪かったのはカリブ海の島、
セント・トーマス島で走った時だな〜。
あの島はイギリス領なので日本と同じ左側通行なのだが、
近いせいか米国からの輸入車両ばかりだから
レンタカーが左ハンドルなのである。
左ハンドルで左を走るって、めちゃくちゃ混乱する。

閑話休題。

二子玉川は再開発でものすごく変わったので、
BJは驚いていた。
私は何度かお友達や義妹とランチに来たり
映画を見に来てたからわかってたけど。

地下の駐車場が広いので、土曜日でもすんなり停められて良かった。

色々必要な物を買ったりビレッジヴァンガードを冷やかしたり。
しかし日本にはかわいい物が多いわね!
LOFTに行ったらもうかわいい物があふれていて死にそうだったわ。
ビレバンでiPhoneのケースを買ったけど、
アメリカでは見たこともないかわいいキャラ物がいっぱいで、
目移りしてしまった。
やっぱり日本の「カワイイ文化」ってすごい。
もはやアメリカのオタクにも「カワイイ」は
そのまま「カワイイ」で通じるものね。
英語の「キュート」とはまた違うんだなあ。

そういうわけでショッピングは楽しかったけど、
しかし暑かった〜〜〜!!!!
蒸し暑い!
しかもマスクして歩かなきゃいけないから、
息苦しいしマスクの中は汗だくだし・・・・。
東京の夏、覚悟はしてたつもりだけど甘かったか。

スポンサーサイト



Self quarantine

自主隔離という名の自宅軟禁状態10日目。

・・・いや〜、結構きついわねこれは!
何しろ、黙って1人でマスクして散歩に出ることすらできないのだ。
自主隔離と言うと
「人と会ったり、ご飯食べに行っては行けない」
ぐらいで
「コンビニに1人で買い物に行くのはOK」
とか思ってる人が多いようだけど
実際は本当に室内にこもりきりで、
例えばホテルだったら廊下にも出てはいけない。

私はそれでも実家の一軒家にいるから広さはまあまああるし、
家族と喋ったり好きな食べ物買ってきてもらえるからいい方だけど。
これがホテル軟禁だったら本当にきついだろうな〜〜!!!!

2週間の隔離期間中は、入国の時にインストールさせられたアプリで
毎日居場所の確認、体調の報告をしなければいけない。
ビデオ通話もかかってきて、自分の顔と背景を30秒映さねばならない。
ちゃんと室内にいます、という証明であるらしい。
これはAIがかけてくるので黙って映っていれば終わるのだが、
BJにはなぜか一度、人間のオペレータがかけてきて会話させられていた。
何を疑われてるんだ。

しかし、これってどの程度効果があるんだろう?
私とBJはワクチンも2回済ませているし、
米国出発前の検査も入国時の検査でもCOVID陰性。
なのに2週間自宅待機?
その辺歩いてる人達の方が、ワクチンもまだだったり
PCR検査なんて一回も受けたことないんじゃないの?

年期明けまであと4日。

長いなあ。

やっと帰国!(金曜日午後)

数多のトラブルを乗り越え、ようやく日本へ金曜日午後に到着!
いや〜、着いた着いた・・・・

・・・って、ここからがまた長いのだ。

延々と長い廊下を歩かされ、入国時に必要な書類のチェック、
唾液による新型コロナ検査、QRコードの提示、
居場所を確認するアプリのインストールと動作チェック、
日本での滞在先の確認とそこまでの移動手段の確認などなど・・・

何回も何回も同じ書類のチェックを受ける関所を通らねば、
入国が出来ない。

延々歩かされ、その関所ごとにちょこちょこと待たされるのを知っていたから
私は手荷物をキャリーケースに入れて引っ張って行ったし、
BJにも重いショルダーバッグではなくキャリーケースにした方がいいと言っておいた。
ちょこちょこ列に並んで待ってる間、重い荷物を抱えずに済むからである。

書類とスマホ、パスポートはやたらと何度もチェックされるので
紙類はクリアファイルにまとめて手元に。

関所を全部通過して検査の陰性結果ももらい、
やっと入国出来たのは飛行機を降りてから1時間半後。
まあまあスムーズだった方かな。

パラリンピックに来ているのであろう車椅子の人達も見かけた。
彼らは別ルートで入国するらしく、すれ違っただけだが。

迎えに来てくれた末妹と到着ロビーで合流、
30分ほどのドライブで実家へ。
やっと着いた〜〜〜、日本遠かった!
1週間かかった感じ!!

帰国後初の夕食はお刺身盛り合わせ。
めちゃくちゃ美味しくて感激。
アメリカで食べてた刺身はやっぱり刺身じゃなかったわ〜〜〜。
ごちそうさまでした。

さあこれから2週間の自主隔離期間に突入だ。

帰国時のトラブル(水曜深夜から木曜早朝)

木曜日の羽田行きフライトは朝6時30分発なので、
ホテルを4時半かもうちょっと早くに出たい。
ということで、9時ごろには早々に就寝した私。


夜11時ごろ、ケータイが鳴って起こされた。



なんだ。



もしかしてまた何か起こったのか。




寝ぼけつつも嫌な予感バリバリで電話に出ると、
日本にいるBJから。

「フライトがディレイだって!
1時間遅れるから、乗り継ぎに間に合わないかもしれないよ!?」

・・・・マジか。

そうきたか。


月曜日に変更した羽田行きフライトは、
デトロイトとシアトルで乗り換えて日本に向かう便。
それぞれの乗り換え時間は1時間ちょっとしかない。
つまり、クリーブランドを出発するのが1時間遅れれば、
どう考えてもそれぞれの乗り継ぎ便に間に合わない。

まだトラブるかーーーー!!
もういっそ日本帰るのやめようかしら!!??

この遅延(ディレイ)は、後で分かったのだが
この晩の雷雨のせいであった。
クリーブランド地域の激しい雷雨のせいで
フライトの着陸が遅れ、そのため翌朝の出発が遅れたのだった。

アプリでフライト情報を確認すると、確かにディレイになっている。
そこへ「搭乗便を変更しますか?変更は無料です」という窓がポップアップ。
そうか、変更出来るならまだなんとか帰る手段があるかもしれない。
しかしアプリで変更しようにも「原因不明のエラーです」とか出て
先へ進めず。
これは電話をかけるしかないか・・・と思った時、
ふと思い出した。

「フライトの変更をしようと思って電話かけたら、
英語の普通のフリーダイヤルだと全然つながらないけど、
日本語カスタマーサービスにかけたらすぐつながったわ」

という、在米日本人ネット友達のツイート。

そうだ、日本語サービスだ!
しかしあれは「日本時間の平日午前9時から5時」まで・・・
・・・・よっしゃ、今ならこっちの深夜だからちょうど日本は昼間だ!

電話番号は 1-800-327-2850。
日本語サービスを選び、デルタの会員番号を入力すると
すぐにオペレータが出た。
うおー、全然待たない!やった!!

とても丁寧で仕事の早い女性オペレータのおかげで、
さっさとアトランタ乗り換え羽田行きの便に変更できた。
ありがたや。

アトランタ行きも天候のため、遅延が決定していたが
アトランタでの乗り換えが3時間はあるから大丈夫だろう。
あ〜やれやれ、これでやっと日本に帰れる〜〜〜!



木曜日朝、もう神経が昂っていて眠れないので
4時半ごろホテルをチェックアウト。
15分ほどで空港のレンタカーセンターに着き、トラックを返却。
これは返却レーンに車を止めて、鍵をカウンター横の
ドロップボックスに返すだけ。
やり方がわからなかったけどちょうど他のお客さんがいて、
親切に教えてもらった。助かった。

空港までバスで移動。
チェックインも今回はちゃんと書類もあるし問題なく。
7時半発のアトランタ行きの搭乗が始まると、
席がグレードアップされてファーストクラスになっていた。
って言っても2時間くらいの国内便だから、さほど嬉しくもないが。
先頭なので早く降りられるのは嬉しい。

7時半発の予定もまたさらに遅延し、
なかなか飛び立たなかったがもうここでジタバタしても
しょうがないし・・・と運を天に任せる。

結局、アトランタには羽田行き出発まで1時間半くらいの
タイミングで到着。
あ〜〜、間に合った〜〜〜!
慣れてる空港なので乗り継ぎの移動もスムーズに。

やがて羽田行きに搭乗し、これでもう大丈夫〜!!!
あとは13時間のフライトを乗り切るだけ。
我ながら頑張った。

帰国時のトラブル(水曜日)

さて。
水曜日。
出発前日である。
まだ月曜日の検査結果は届かない。

これは、このまま待っていたら
また結果が間に合わず乗れないかも、
と思ったので朝9時に空港へ向かう。
月曜日に受けた民間PCR検査は、
175ドルなら結果が24〜72時間で来る、
250ドル出せば30分で結果が届く。
カネで引っぱたけばなんでも早くなるのがさすが資本主義。
30分で結果が出るのもRAPIDと呼ばれる簡易検査ではなく、
日本が求める「リアルタイムPCR検査」なので
入国に使えるはずなのだ。

もうこの際、月曜日にもお金を払って検査したけど
待ってられないので今日30分で結果をもらう検査を受け直すことにした。

カウンターに行くと、月曜日にも会ったナースが。
あちらは当然私を覚えていなかったので、
「いやー、月曜日にあなたに会ったんだけどねえ。
48時間経つけど結果が来ないから、
明日には出発しなきゃ行けないので
念のためもう一回受けに来たの」
と言ったら、それはおかしいとオンラインで検査結果を問い合わせてくれた。
しかしやはり「処理中」で、結果はまだ出ていないとのこと。
「ちょっとまだ早すぎるだけで、
今日の午後には結果が行くと思うわよ。
検査受け直すとまたお金がかかるし、待ってみたら?」
と言われた。
しかし、明日の朝は出発が朝6時半、つまりチェックインは5時ごろなので
ここの検査もまだ開いてない時間帯。
もしもそれまでに結果が来ていなくて
30分で結果の出る検査を受け直そうにもその場では無理なわけ。
だからもう、お金払うから、今日それを受けて結果が欲しいのだ、
と言って検査してもらうことに。

検査を済ませ、念のためそのまま目の前のロビーで待機。
32分で本当に結果がメールで送られてきた。
カネのちからすごい。

これで検査結果が手に入ったので、ひと安心。
ホテルへ戻り、結果をプリントアウト。
よっしゃ、これでもう飛行機乗るだけ!



・・・と、思ったんだけどねえ・・・・

帰国時のトラブル(火曜日)

BJは無事に日本へ着き、末妹がクルマで空港まで来てくれて
一足先に私の実家へ。
彼は仕事を始める期日があるから、
2週間の自主隔離をずらすわけにはいかなかったのよね。
私は別に用事も無いので、帰国が3日間ずれても支障はない。

私は本日火曜日に、念のため薬局(先日のとは別のチェーン店)の
無料PCR検査を予約して行ってきた。
もうこうなったら何回でも受けますわ。
この検査は予約も間違っておらず、スムーズに受けることができた。
結果は24時間から72時間の間にメールで来るとのこと。

検査の後、元の自宅まで行って最終チェック。
月曜日がごみ収集の日なので、引っ越しのため
大量にゴミを出しているがよろしくお願いしますと書いた
カードと、心づけを置いてゴミを出していったからだ。
大量のゴミは全部きれいになくなっていた。
良かった。

これでもう他にすることもないので、
モールへ行ってぶらぶらウインドウショッピング。
クリーブランド土産を売っている店で、
もう名前が変わってしまうインディアンズのTシャツなど買う。

フードコートでお昼。
ついでに夜用のサンドイッチなども買っていく。
1人だと食べに出るのも面倒くさくって・・・。

トラックの運転には大分慣れた。
リアビューモニターが付いているのでバックも楽。
これがなかったらバックなんて絶対無理。

夕方ホテルに戻り、メールチェックするも
まだ昨日の検査の結果は来ていない。
さて間に合うか。

帰国時のトラブル(月曜日)

引っ越し作業は順調に終わり、
日本へ帰るにあたって必要なPCR検査の予約もウェブで完了。
今は出発前72時間以内にPCR検査を受け、
陰性の証明書を出さないと日本行きの飛行機に乗れないからである。

金曜日の午前10時、予約した薬局に向かう。
ここでのPCR検査は無料。
結果は48時間〜72時間のうちにメールで送られてくる。
ドライブスルー形式で、自分でキットを受け取って
車内で鼻腔内を綿棒でぬぐって提出する。

BJと2人で薬局のドライブスルー窓口へ。
予約の氏名と生年月日を聞かれる。
すると、BJの予約は間違いないが
なぜか私の予約の誕生日が間違っていた。
これでは受け付けられない、この予約をキャンセルして
新たに取り直して出直してこい、と言われる。
えー、なんなのそれー、私、ちゃんと入力したけどなあ??

Wifiの入るカフェに行って予約を取り直す。
しかしこれで大丈夫か、もう一度薬局へ戻り、
予約を変更したが誕生日が訂正されているか聞いてみた。
すると
「まだ間違った日付のままだわ。
クリーブランドクリニックのシステムにそう登録されてるんでしょう。
これはここではどうしようもないから、
1-800ナンバー(フリーダイヤル)にかけて変更してもらって」

・・・なんじゃそりゃーーー!!
フリーダイヤルなんて「ただいま混み合っております・・・」で
延々と音楽聞かされて30分ぐらい待たされるじゃないの!
そして、ちゃんと訂正されるかも定かではない。
しかしどうしてクリーブランドクリニックにそんな登録が・・・?
だって今回、私はユニバーシティホスピタルにかかっていて、
クリニックは利用していないのだ。
どこから私の情報が、しかも間違って、登録されたわけ??

もうこれは他でとっとと検査を受けるしかない、と
民間のテスト(有料)を受けるべく電話で予約。
幸いすぐ30分後ぐらいの予約が取れ、BJと2人でそちらへ。
BJは薬局の無料テストも受けたがここでも念のため受けることに。

あとは検査結果が来るのを待つだけ・・・・
だったのだが。

BJの無料テストの結果は24時間程度で土曜日の午後には届いた。
しかし、有料テストの結果が一向に来ない。
そして出発の月曜日の朝。
結果が来ていない。
チェックインまでに届くかも、と
一縷の望みを抱いて空港へ・・・

結論から言うと、
私は検査結果が間に合わず飛行機に乗れず。
BJだけ1人で日本へ向かって出発したのであった。

・・・マジかーーー!!!

なんなんあの有料検査!!!!!



そこからは怒涛の勢いでまずフライトを変更。
300ドル余計に払ったものの、羽田行きを確保。
今日は月曜日で、出発は木曜日の朝となった。

チェックインカウンターの並びにあるPCR検査(有料)を受け、
これまた結果は24時間から72時間の間にくると言われる(伏線)。

次は空港近くにホテルをとる。
これはアプリを使って問題なく3泊分を確保。

さてそこまでの足は・・・と、ネットでレンタカーの手配。
なんと空港では在庫がなく、借りられないと判明。
今、どこもレンタカー不足だとは聞いてたけど本当にそうなんだ。
じゃあ町の中の営業所ならあるかも・・・とサーチすると、
ホテルの近場にある営業所でコンパクトカーを借りる手配が出来た。

営業所まで空港タクシーで向かう

・・・・が。

なんと、営業所にも今日レンタル出来る在庫は無い、と言う!!

ネットの公式ページの情報はリアルタイムとちょっとずれているから、
多分それでまだ在庫ありとなってしまったのだろう、って言われてもですね・・・・。
もうタクシーも返しちゃったし、えー、どうしよう・・・・
こんなとこ、バスだっていつ来るかわからないし、
そもそもホテル方面へ都合よく走るルートのがあるかもわからないし・・・・

なんだかもうスティーブ・マーティン主演の昔のコメディ映画
「Plane, Train and Automobile」みたいになってきた。

貸せと言っても無い袖は振れないわけで、
あきらめてタクシー会社に電話。
タクシーを回してもらうことにし、
営業所の兄ちゃん達に断ってそこで待たせてもらうことに。

しばらくしたら、兄ちゃんの1人が私に声をかけてきた。
「今、トラックなら貸せるのが一台あるけど、どうします?」


ピックアップトラック!!??
運転した事無い!

どのくらい大きいやつか、とりあえず見せてもらうと


fc2blog_202108141803386bc.jpg


よりによってダッジ・ラム〜〜〜〜!!!!

しかし、とにかく今はこれしか無いわけで。
借りるつもりだったコンパクトカーよりちょっとお高くはなるが、
もう選択の余地は無い。
オデッセイ(ミニバン)に長年乗ってたし、
学校のバス(短いタイプのスクールバス)だって
運転した事があるから多分これも大丈夫だろう。
大きい道を走って、広いパーキングのある店だけに行けばいい。

と言うことで真っ赤なド派手なピックアップトラックを借り、
ようやくホテルへ。
運転席がよじ登るような高さで、シートが高くて足がペダルに届かない!
かといってシートを下げすぎると今度は前が見えない。
どうせーっちゅーんじゃ。
結局ほとんどつま先でアクセルを踏むような感じで運転。
アメ車はペダルが軽いから問題なかった。

やっとホテルに入ったのはもう昼時。
疲れた〜〜、でもなんとかなった!
あとは検査結果を待つのみ。(伏線)





とりあえず

無事に、とは言えないほどあれこれありましたが、
なんとか日本に帰国いたしました。
いやーもう疲れたわっていうか
こんなこと二度とやりたくない!!
COVIDのせいで、帰国の手間が何倍にも・・・・

とりあえずの生存報告まで。
帰国のドタバタについては後日、
気力があったら書きます。
ホント疲れた〜〜〜〜

台風3つ!?

順調に引っ越し作業中。
粗大ゴミ業者も来たので家の中はほぼ空っぽ。
あとは細かい不用品を捨てる作業だ。
しかしもうここまでやってきたらさすがに腰が痛い〜!
もともと腰痛持ちなので、気をつけなければ・・・・。

ところで、私達は来週の連休明けに帰国予定である。



台風が3つも来てるって本当ですか。



・・・・出た。
嵐を呼ぶ男、BJが帰国するからだなこれは。

彼が日本へ帰ると決まって悪天候になり、
以前など台風直撃の日になってしまい出発が遅れたことがある。
飛び立ったはいいものの念のため燃料を余分に積み込んで行きますと
アンカレッジ(!)に止まり給油、そこから日本へ。
最終的に成田には着いたが超遅延して電車もバスもないくらいの深夜。
タクシーで新宿のホテルまで行く羽目になったことが。
タクシー代は航空会社持ちだったのがまだしも、か?

(過去記事→ http://mom24hrs.blog.fc2.com/blog-entry-2352.html)

今回は多分、通り過ぎた後に日本到着、という
タイミングになるんじゃないかと見ているのだが・・・・

どうか無事に帰れますように。

引っ越し荷物搬出

まだ旅行記の途中ですが近況報告。

fc2blog_20210730234241efe.jpg

パッキングは大体自分たちで済ませ、本日ヤマト運輸が船便の荷物を取りに来た。
イレギュラーな形の荷物や壊れ物だけプロに梱包してもらい、
ちゃっちゃと運び出してもらって大体1時間半で作業終了。早い。

天気も良く、気温も20度くらいで気持ち良かったので
玄関ドアもガレージも開け放って作業し、
ヤマトのトラックが荷物を積み込んで出発。

・・・・・したら、パトカーが来た。

何かと思ったら
「ご近所から通報がありまして。
大きなトラックが止まって荷物を積み込んでいる、
ドアは開きっぱなしだし誰もいない様子で、
庭の芝も伸びているから空き家だと思うとのことで
確認して欲しいと」

・・・あー、泥棒かと思われたのかー。
ヤマトは自社トラックではなく、レンタルトラックで来てたから
怪しまれたのだろう。
普通、引っ越しなら社名を書いた自社トラックで持って行くものね。
あの派手なロゴやトラックのペイントには意味があったのだ。

庭の芝はすみません、もう業者を解約しちゃったので伸び放題なのよね。
お見苦しくて申し訳ない。
BJがこの家のオーナーだと名乗り、
念のためこの住所が記載されている運転免許を見せて事なきを得た。
でもまあ、そうやって近所に目を配っている住人がいるというのは
むしろ安心出来るよね。
この辺は犯罪の発生件数がすごく低くて、
オハイオ州の中でも住みたい街ナンバーワンなのだが
こういう人達が住んでいるというのも大きいのだろうと思った。

さあ、明日は中古家具屋が買い取ってくれる家具を引き取りに来る。
明後日はその他の粗大ゴミ(ベッドマットレスとか)を、業者が取りに来る。
いよいよ家の中がガラガラになって、体育館みたいに声が響くわ〜。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR