トマス・エジソンの生家

オハイオ州マイラン(Milan)へドライブ旅行。
てっきりイタリアと同じで「ミラン」と読むのだと思っていたら
アメリカ式の読み方なので「マイラン」なのね。
いざ、参らん。
とか言ったりして。

ここには発明王トーマス・エジソンの生まれた家がある。



上の建物がそうなのだが、一見すると平家の小さい家。
でも中に入ると2階があり、斜面に建っているので地下まである!
外から見るよりずっと広い。

ここにも昔、子供達を連れて私の両親も一緒に来たことがあるが
色々忘れていたので面白かった。



マイランのタウン中心にあるエジソンと母親の像。



マイランのシティホール。

小さな町なので他には特に見るところもなく。
サンダスキーという湖岸の町までドライブしてお昼を食べることに。

レストランのテラス席でハンバーガーを食べた。
田舎町のレストランで食べるならハンバーガーかピザが一番ハズレがないから。
思った通り、まわりは炭火でカリッと焼き上がって、中はジューシーで美味しかった。

Googleマップで見ると近くに「メリーゴーラウンド博物館」なるものがあるので行ってみた。

fc2blog_20210531045311868.jpg

Merry Go Round Museum

1920年代前後の回転木馬を中心にしたコレクションが見られる。
入場料を払うと、今も動いているメリーゴーラウンドに1回乗れるトークンがついてくる。
こういう、建物の中にメリーゴーラウンドだけが設置されてるのを見ると
いつも「スティング」の場面を思い出してしまう。

ここで面白かったトリビアは
「イギリスだけはメリーゴーラウンドが時計回り、
残りの全世界では反時計回り」
というもの。

・・・・そういえばそうだわ。
考えたこともなかったけど。
馬は向かって右を向いて走ってる!
イギリスじゃ左を向いて走るのか〜〜〜、うわ〜〜なんか調子悪い〜〜〜!

博物館を出て帰路に着く。
あえて高速を使わず、湖沿いの道で帰ったので2時間くらいのドライブ。
お疲れ様でした。

ナイアガラ



良い天気の日に、ナイアガラの滝に行って来た。
我が家からは3時間ほどのドライブ。
上の写真は横から眺めたアメリカ滝。
ほんとは橋を渡ってカナダ側へ行った方が滝がきれいに眺められるのだが、
ご存知の通り今は行き来が制限されているので残念。
以前に何度かあちら側にも行ったことがあるので、それでよしとするしか。

滝を見て車の中で持参のホットドッグを食べてランチ終了。
もしかしてまだコロナ禍で、営業しているレストランが少ないかもと思って
念のため持って行ったのだけど、案の定ろくなところが開いておらず。
唯一マシかと思えるハードロックカフェは長蛇の列で、
次に見に行くツアーの予定もあったのでこれは持って行って正解だった。
ちなみにBJは私がそんなに色々持参してるとは全く知らなかったので
本当に驚いていた。
ははは。お母さんを20年以上やってると、長距離ドライブには
こうやって色々持ってくるようになるんざます。



滝を後にして、次はバッファロー郊外にあるフランク・ロイド・ライト設計の家を見に行く。
セルフガイドツアー(自分で見て回る)なのだが入る時間が決められているのだ。

Martin House

私もBJもライト設計の建築物が好きなのであちこち見に行ったが、
これは多分今まで見た中で一番大きい。
母屋もすごいが、敷地の中にさらに兄弟用の家とか庭師の家まであるのだ。

セルフガイドツアーというから、よくある音声デバイスを借りて
聴きながら回るのかと思いきや、各部屋にガイドさんが待っていて
質問すると答えてくれる形式であった。面白い。

元は馬車と馬の小屋だったところが今はショップになっていて、
そこでちょっとお土産など買ってツアー終了。

まだ時間が早いので、ニューヨーク州(ナイアガラはNY州にある)の
ワイナリー街道をたどって帰ることにする。
途中のワイナリーやブルワリーで買い物しながらのんびり帰宅。
楽しい日帰り旅行だった。

シカゴ旅行3日目

fc2blog_202105162345207a9.jpg

fc2blog_20210516234508ba1.jpg

朝、ホテルで朝食を取ってチェックアウト。
車で再び初日に行ったOak Parkへ。
今度はフランク・ロイド・ライト関係ではなく
ヘミングウェイの生まれた家を見に行く。
本日は雨。
昨日のうちにシカゴのリバークルーズとか行っておいて良かった!

ヘミングウェイの作品はタイトルを知ってるくらいで
ほとんど読んだ事がないのだけど、折角なのでツアーに参加。
家は、売却されアパートに作り替えられ、
元の面影が全くなかったのをこの非営利団体が買い上げて
当時の様子を復元して今はミュージアムとして開放している。
ヘミングウェイの父親が当時としては珍しいカメラの趣味があり、
室内の写真も多く遺していたので復元に役立ったのだそう。
しかし、そういうわけで家具などは実際にヘミングウェイ一家が
使っていたものはほとんど無く(数点は展示されていた)
雰囲気はわかったけどあまり感心するような物は無かったかなー。

家のツアーが終わって昼どきだったが、
まだお腹が空いていなかったのでOak Parkを出発、帰路につく。
どこか途中で食べて帰ろうと思っていたけど
結局持って行ったスナックなど食べつつ一気に家まで走ってしまった。

帰宅して冷凍パスタとCostcoのロティサリーチキンで夕飯。
楽しかった〜。

シカゴ旅行2日目

朝、ホテルで無料の朝食をもらい、部屋で食べる。
ピッツバーグのホテルではヨーグルト、バナナ、マフィン、シリアルバーが
1人前ずつ袋に入ったのをフロントでもらったが、
ここのホテルではフロント横のスナックコーナーに置いてある物を
各自好きに取って行く方式。
持って行って良い物はリストにしてカウンターに立ててある。
曰く「サンドイッチ、マフィン、ヨーグルト、果物、ゆで卵、ジュース、牛乳、水」など。
コーヒー・紅茶は同じ場所で24時間無料サービスしている。
係の人が見張ってたりはしないけど、そうマナーの悪い客もいないって事かしら。

今日は1日シカゴ市内を観光する予定。
天気は快晴、最高気温は19度ほどで快適。
ホテルを出て、バスでネイビーピア方面へ向かう。
バスは現金でも支払えるがお釣りは来ないので注意。
私達は2人で5ドルだから、ちょうど5ドル札を多めに用意しといて良かった。

しかし今はGoogle mapでこういうバスの路線や
乗り換えも所要時間もすぐ調べられるから便利ね!
もうネットなしでは生きていけない。

ネイビーピアの手前でバスを降り、観光ボートツアーの乗り場へ。

fc2blog_20210516234749a53.jpg

私は以前タロウと2人で乗った事があるが(違う会社のだが)
BJはこのリバーボートツアーは初めて。
シカゴリバーをゆっくり航行しながら、両岸の建築物の解説を聞くツアーだ。
このツアーも当然パンデミックのひどい時には休止していたが、
今はワクチンも出回って来たので60%のキャパシティで再開している。
出発前には「ワクチン済みの方は、ご本人の判断でマスクなしでも結構です。
その他の方々は、マスク着用をお願いいたします。」とアナウンスがあった。
私とBJはワクチン済みだが、そんなの外から見てわかるわけないし
他の人が不安に思うのも悪いかなと思ってずっとマスクを着けて乗っていた。

fc2blog_202105162347289bb.jpg

ツアーは1時間半。
本当に良い天気で、屋根がないボートなのでもう直射日光が熱いくらい。
私達と通路を挟んで隣に座っていた20代のお嬢さんが
ダメージジーンズを履いていたのだけど、
その膝小僧がツアーの間に段々赤く日焼けして行くのが気になってしまった。
あれ、多分まだら焼けになってるわよね・・・・

fc2blog_20210516234706b22.jpg

ボートツアーの後はプラプラ歩いてネイビーピアへ。

fc2blog_20210516234654588.jpg

fc2blog_202105162346415f6.jpg

fc2blog_20210516234620875.jpg


チルドレンミュージアムや小さな遊園地、ボードウォークなどがあって
結構家族連れで賑わっていた。

ここのマルガリータヴィルで昼食。
BJはチェダーチーズバーガー、私はココナッツシュリンプ。
ココナッツが意外に甘かった。ちょっと甘すぎかな。

そこからまたバスに乗って、シカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)へ。
チケットは事前にウェブサイトで購入、プリントアウトして持って行った。

fc2blog_20210516234536823.jpg


今、モネの特別展をやっているがこちらはサイトでチェックしても
いつも入場まで1時間とか1時間半待ち。
チケットは買ったが時間が決められていないので、
実際行って並んで待つのか・・・とちょっとうんざりしていたら
なんと「バーチャル行列」に並ぶのであった。
美術館に着いたらタブレットを持っている係員にチケットを見せてチェックイン。
すると、バーチャル行列に入れてもらえる。
入場出来る時間までは美術館内を自由に見て歩いて、
順番が来たらテキストで呼んでもらえるという仕組み。
うわーこれいいなあ。
時間が無駄にならなくて最高。
私達も結局1時間半くらいは待たされたのだが、
何しろ広い美術館を見て歩いていたので全く苦にならず。

fc2blog_20210516234546465.jpg

モネの特別展は見応えがあった!
美術館の公式アプリをスマホにダウンロードして行ったので
解説もそこから聴けて面白かったし。
以前はオーディオデバイスを借りて解説を聞いて歩くのが一般的だったけど
今はこういうのが多い。
自分のスマホで自分のイヤホンで聞く方が感染症対策としても良いものね。

モネ展の他は有名どころの「グランド・ジャッド島の日曜の午後」とか
「アメリカン・ゴシック」「ナイトホークス」などを見て美術館を出た。
ここには3回か4回くらい来てるけど、いつ見ても名画はやっぱりいいなあ。

美術館からバスでホテルに戻り、本日の観光は終了。
いやー、良く歩いた!
疲れたので、夕食はホテルから徒歩1分のイタリアンレストランへ。
期待しないで行ったのだがこれが意外に美味しくて良かった。
カラマリ(イカのフライ)が柔らかくて最高。
ごちそうさまでした〜。

シカゴ旅行1日目

ワクチンが行き渡って、だいぶ世の中が元に戻って来たので
BJと2人で2泊3日のシカゴ・ドライブ旅行へ行って来ました。
以下、旅行記です。


シカゴ旅行1日目

fc2blog_2021051623495416c.jpg

クリーブランドを朝7時前に出発、6時間ほどのドライブでシカゴへ。
シカゴのダウンタウンを通り抜け、もう少し西のOak Parkという町に到着。
ここは中部時間なので1時間戻るから、到着は現地の12時半くらい。

まずはギリシャ料理店の屋外テーブルで昼食。
屋内も営業していたが、天気が良くて気持ち良かったので外で。
まあその方が安全かなと思ったせいもある。

fc2blog_20210516234906c41.jpg

それからフランク・ロイド・ライトの住んでいた家のツアーへ。
チケットは事前にウェブサイトで申し込んでおいた。
BJは前に(学会のついでに)1人で見に来た事があるが、私は初めて。

今までもライトの設計した家をいくつか見たが、
大体ユーソニアン住宅だったので天井が低いという印象が強かった。
ここの町には本人の家の他、彼が設計した家が何軒もあるのだが
この時代はプレーリーハウスというスタイルなので結構違う。

この家はスタジオとしても使われていた建物で、
ドーム天井の部屋があったり、全体に天井が高くて意外だった。

1時間ほどのツアーを終えて、次はオーディオデバイスを借りて
自分でその近隣のライト設計住宅を(外観だけ)見て回る。
実際に今も人が住んでいるお家なのだが、
観光客が毎日毎日自分ちをのぞき込んで来るのって落ち着かないだろうなあ。

fc2blog_20210516234846939.jpg

fc2blog_20210516234828995.jpg

どれもすごい豪邸だし、何よりこの辺りのお家はどこも庭がきれい!
散歩していても庭のお花がきれいで、見ていて楽しかった。

ゆっくり見て歩いて、4時ごろOak Parkを出発、シカゴのホテルへ向かう。
途中事故渋滞などあったが5時ごろホテルにチェックイン。
一休みして、車で5分ほどのチャイナタウンへ夕飯を食べに行く。

fc2blog_202105162348060eb.jpg

シカゴには何回か来ているが、チャイナタウンに来るのは初めて。
残念ながらCOVIDのせいで人出は少なかったが、
店内でイートイン出来るレストランはいくつか開いていたので
大三元(Triple Crown)という点心・飲茶の店に入ってみた。

2人だけなので点心2つとメイン1つしか頼めなかったけど、
どれも美味しかった。
広東料理ってやっぱり好きだわー。
もっと大人数で来れば色々頼めるのに、ちょっと残念。

お腹いっぱいになってホテルへ戻り、1日目終了。

雪~



お花が咲いて春めいて、
なんて言ってたのに今日は雪‼︎

去年のブログ見たら5月11日に雪が降ってたから、
まあ珍しい事ではないのだが。
でももう最後にしてほしい!

やっと春?







我が家の玄関先のお花。
やっと少し春らしくなって来たかなあ。
でもまだ日中の最高気温が10度くらいだったりして、
上着がないと寒い。
30度近くまで上がった日もあったのに〜。
もう寒いの飽きたわ。

鬼滅の刃劇場版 無限列車編

実に1年以上ぶりに、映画館へ行ってきた。
見たのはアニメ「鬼滅の刃」。
日本で記録的ヒットになった作品だが、
アメリカでもなんと公開2週目には
全米興行成績1位になった。
ジブリ映画や新海誠作品でもそこまで話題にならないのに、
なんかすごいなあ。

適当に都合の良い時間に見に行ったのだが、
始まったら英語吹き替えだったのでちょっとびっくり。
そういえばSub(サブタイトル、字幕)かDub(吹き替え)か
上映スケジュールに書いてなかったから特に気にしてなかったんだわ。
まあいいか。

以前、劇場版が公開になる直前に
日本のテレビでまとめダイジェスト3部が放映されたが、
それをこちらのウェブサイトでとっておいたので
映画を見る前にBJと2人で一気見して予習して行った。
予習しといて良かった〜〜。
世界観難しいし登場人物多いしね。

テレビ版からすでに作画がきれいだなー、
カメラワークというか視点を動かす演出がいいな、
戦闘場面は原作漫画よりも動きが分かりやすくて
迫力もあるなと思っていたが、劇場版はまたすごかった!
さすがUfotable。

吹き替えも、声がオリジナルの声優さんと良く似ていて違和感なく。
不思議なんだけど、いつも思うのだが
日本のアニメの英語吹き替えって、なんか日本語っぽい発声に聞こえるのよね。
こう・・・英語の人が英語喋ってるのと響きが違うっていうか。
うーむ、うまく説明できない。

劇場には私達夫婦の他にはお客さんが1人だけだった。
これだけ空いてれば安心と思う反面、
一体どこで興行成績が上がってるのか?と不思議。
混んでる映画館もあるのかな・・・。

ともあれ、面白かった!
あっという間だった!
これは続きが気になる〜〜〜。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR