アメリカ入国

12時間強のフライトを終え、現地の午後3時半頃デトロイト到着。
ここでクリーブランド行きの国内便に乗り換えるのだが、
その出発時刻はなんと午後8時50分。
・・・待ち時間5時間超えよ。マジか。
と、内心うんざりしていたのだが
実はこれがこの後とんでもない事になるのであった。

飛行機を降り、まずは入国審査へ。
ガラガラに空いていて、すぐに係官のところへ。
パスポートとグリーンカードを見せ、
顔写真を撮られ、何週間どこの国にどういう目的で滞在したかとか
いつも通りの簡単な質問をされ、パス。
・・あれ?COVIDの陰性証明は?

そのまま荷物のピックアップへ。
しばらく待って出てきた荷物を受け取り、
今度は国内便へ乗せてもらうために
また次のベルトコンベアへ自分で載せる。

そして次の便の搭乗口へ向かう。

・・・あれ?COVIDの陰性証明は?

結局陰性証明書は見せる事なく入国できた。
どうなってんの。
飛行機乗る前にチェックしたから、
ここではもうしないって事?わからん。
日本なら、乗る前にチェックして降りた後もチェックして、
荷物取った後もチェックしてまた国内便乗る前にチェックしそうだが。

簡単で良かったな〜、さああとは国内便に乗って帰るだけだ〜〜、と
搭乗口のロビーでiPadで時間つぶし。
何しろ5時間以上だ。腰を据えて待つ覚悟。

出発時刻が近づき、ロビーにも人が増えてきた頃。
「クリーブランド行きは遅延します」
というアナウンスが・・・。
・・・げ〜、マジか〜〜〜〜。
また待つのか・・・・もう腰が痛いわ。

その後も数回アナウンスが入り、
段々雲行きが怪しくなってきた。
午後8時50分発だったはずの便が9時半になり、10時過ぎになり・・・・





そしてキャンセル!!!



天候のせいなどではなく、他の便(セントルイス発だったらしい)で
デトロイトへ飛んできて、クリーブランド行きに乗務する予定だったクルーが
そちらの便が遅れた上、到着した機内から降りるのが遅くなった(わけわからん)とかで
空港から一度退去するようセキュリティに言われて帰ってしまったとかなんとか・・・
もうアナウンス聞いてても呆れたので半分ぐらいしか覚えてないけどそんな話で。
要するに「乗る予定だったクルー達が来ないので飛べません」

これが実にもう夜中の11時半。
・・・日本出発して24時間ぐらいたってるのよ私は・・・
もうヘトヘト。

航空会社側の都合でのキャンセルなので、ホテルのクーポンをもらって
空港側のホテルへ向かう。
しかしホテルの無料バスがなかなか来ない。
外で待ってるのも寒い(多分氷点下)し、2度も電話したがバスが来ないので
20分以上待ったが痺れを切らしてタクシーでホテルへ。

ようやくホテルに到着。
しかし夕飯も食べそこねたし、せめてビールぐらい飲みたいところだが
安ホテルなのでバーなどないし自販機にもソーダ類しか無い。
日本から持ってきていたチョコなどかじって、
空港で買った水飲んで寝た。

あーもー最低ーーーー!

日本出国

午後2時ごろ、実家を妹の運転する車で出発。
羽田空港にてチェックイン。
KIOSKで自分でやれと言われるが、
普通のアメリカ渡航ではなくグリーンカード持ちのせいか
あるいは他の理由があるのかもしれないが毎回出来ず、
いつも窓口でのチェックインになるから
今回もそうだろうなあと思いつつ、
慣れてないっぽいグランドホステスの方と一緒にKIOSK操作。
案の定2回やってもダメで、平謝りされながら窓口へ。
最初から窓口行かせてくれよう・・・・

COVIDの陰性証明はあるかと聞かれ、
3万6千円の証明書を見せる。
COVID陽性患者と濃厚接触したかとか
してないとかの宣誓書にサインさせられ、
これは搭乗口で係員に渡すよう言われる。
陰性証明はまた米国で必要になるかもしれないそうなので、
バッグにしまって持っていく。

スーツケース2個を預け、妹とはここでお別れ。
3週間お世話になりました、ありがとね〜!

手荷物検査を通って出国。

fc2blog_20210203183526cd9.jpg

事前に調べたところ、現在羽田空港のほとんどの店舗は休業中。
でも多分コンビニくらいは開いてるだろう、と思った私が甘かった。
確かにちょっとした土産店は開いていたが
そこには文庫本や薬、いかにもな日本土産(扇子とか手ぬぐいとか)、
飲み物ぐらいしか売ってない!
成田ではいつも最後にコンビニでおにぎりや菓子パン、
タロウの好きなスナック菓子など買っていくので
今回もそのつもりだったがその手のものは無く。
家からまい泉のカツサンドとチョコレート持ってきておいて良かった・・・。

fc2blog_20210203183538c5e.jpg


fc2blog_2021020318355247c.jpg


搭乗時刻になり、後部の座席番号から乗り込んで行く。
乗り口で先ほどサインした宣誓書を提出。
問題なくスムーズに搭乗。
座席についてやっと一息。やれやれ。


・・・が、大変だったのはこの後なのだった・・・・

診断書受け取り

英文の診断書を受け取りに、再び池袋へ。
診断書をもらって、これで一安心。

用事はこれで済んだので、ちょっとユザワヤに寄ったりして買い物。
マスク用の可愛い布地やキットが沢山あった。
もちろん「鬼滅の刃」の柄も。
あれは伝統的な和柄だから、商標登録できないとか。
これだけのヒットになったのだ、きっと版元は
商標登録して儲けたかっただろうな〜。
ディズニーならなんとかして登録しそうだけど。

しかし、Quarentine期間が終わってからの1週間、
ほとんど毎日電車で出歩いているので、もう足が痛いわ。
東京にいるとやっぱり良く歩くなあ。
池袋は駅も巨大だがあまり利用しない駅なので、
効率良く歩けないのも大きいが。
知ってる駅ならさっさと一番近い道を行けるんだけどね。
おかげで昨日は1万歩も歩いてしまった。
その他の日も大体毎日5千歩以上。
アメリカにいる時なんて車でしか出かけないし、
この頃はステイホームで全然歩かないからこたえるわ。

だけど、緊急事態宣言下だというのに結構な人出で驚く。
もちろん普段の池袋よりはこれでも人が少ないんだろうけど。
アメリカの田舎暮らしからするとびっくりするわ。
電車も結構人が乗ってるし。

段々皆慣れちゃって、普通に出歩いてるってことなのかしら。

ちょっとお惣菜など買って帰宅。
夕飯後は、遠距離に住む友達と最後のビデオ通話飲み会をして、
長話して本当に楽しかった!
次は直接会ってお喋りできるといいなあ。

明日の午後にはいよいよ羽田を出発、米国へ戻る。

PCR検査

アメリカに入国するのに
帰国前72時間以内のCOVID陰性証明が必要になったので、
ウェブサイトから予約を取った池袋のクリニックへPCR検査を受けに行った。

クリニックは小さな雑居ビルの3階。
狭い待合室なのでドアも窓も開け放って換気しており、
外気温と同じになっているからめちゃくちゃ寒い!
ダウン着て来て良かった〜〜。

検査は唾液を集める方式なので簡単。
結果は夕方ごろにEメールで来る。
英文の診断書は別途またもらいに来ないといけない。

検査費、診断書料、税金でしめて3万6千円!
もう次はCOVID騒ぎが収まってからじゃないと帰らない〜〜〜。

夕方5時半、陰性との結果がメールで届いた。
明日また池袋へ、英文の診断書をもらいにいかねば。

fc2blog_20210203183429227.jpg

写真はクリニックへ行く前に池袋の椿屋珈琲で食べたモーニングセット。
食パンが甘くてふわふわで美味しかった。
これも日本独特のパンよね〜。

日本滞在中の色々

日時は色々ですが、日本滞在中の写真あれこれ。

fc2blog_20210126100419649.jpg

自由が丘の「佐治」から出前してもらったお寿司。
いやー、久々にちゃんとしたお寿司食べたわ!
特にマグロが美味しかった。とろける。
にぎりの一人前とは別に頼んだ海苔巻きと玉子焼き寿司も美味しかった。
しっかりした味付けのかんぴょう巻き、美味しゅうございました。

fc2blog_20210126100634037.jpg

実家の庭に、鳥用に出しているリンゴを食べに来たハクビシン!
ちょっと太めの猫かと思った〜〜、驚いた!

fc2blog_202101261006569e6.jpg

近くの東工大キャンパスで野生化して大繁殖しているワカケホンセイインコ。
集団でお食事中。

fc2blog_20210126100223cff.jpg

多摩川浅間神社にお参り。
シン・ゴジラの聖地でもあるので、絵馬やお守りにゴジラをあしらったものがあった。
ゴジラはやはり神なのか。

fc2blog_20210207201435f6a.jpg

fc2blog_20210127085603c2b.jpg

横浜のホテル・ニューグランドでのディナー。
前菜のバーニャカウダ。結構な量でびっくり。
全体にここのお料理はボリュームがあって、
今時のイタリアンというよりちょっと懐かしい感じだった。
どれもとても美味しかった。

fc2blog_20210127085616a4b.jpg

妹の頼んだラム。

fc2blog_20210127085626202.jpg

私のオーダーした仔牛のサルティンボッカ。
柔らかくて美味しかった。

fc2blog_20210127085550ad4.jpg

ひっそりとガンダムに改良されていた自販機・・・・
魔改造に見えたのは私だけ?

妹達とお出かけ

妹二人と、スタジオで記念写真(なんの?)を撮りに池袋まで。
子供の成長に合わせて家族写真というのは撮るけど、
三姉妹でちゃんと撮った写真なんてここ数十年ないので
上の妹が提案してくれてそういうことになった。
いい年したおばさん三人でだけど、意外と楽しい撮影になった。
仕上がりは3月なので、出来上がったら妹に送ってもらう予定。

しかし、何十枚と撮ってもらった写真を
その場でモニターで確認してプリントするものを選ぶのだが
末妹が着物を着ていたのも相まって、なんというか
「かしまし娘の宣伝写真」感がすごかった。
三味線持ってくるべきだったか。

写真スタジオの後は、東京駅に移動して
丸の内ビルディング内のレストラン「オザミトーキョー」へ。

fc2blog_2021020318334844b.jpg

コースを頼んであったが飲み物はその場で選ぶので、
せっかくならと各料理に合わせたワインをサーブしてもらう
ワインテイスティングセットをオーダー。
これがすごく楽しかった!
普通に頼むのと違って、自分では選ばないようなワインが飲めて面白かった。
どれも美味しかったし。

fc2blog_20210203183412188.jpg

メインディッシュの黒毛和牛。
牛はもちろんものすごく美味しかったけど、
実はそれより驚いたのは一見アーティチョークに見える付け合わせの玉ねぎ。
オーブンで2時間(!)焼いたそうだが、
食べたことないほど甘くて美味しかった。
ただの玉ねぎも、プロが調理すれば「お料理」になるのねえ。

緊急事態宣言中でレストランは8時で閉店になるし、
普通ならこの後ちょっと河岸を変えてバーで軽く、なんてとこだが
それも出来ないので大人しくコーヒーいただいて解散。
美味しかったし楽しかった〜。

ガンダムファクトリー

末妹がチケットを取ってくれたので、一緒に横浜の
ガンダムファクトリーへ行ってきた。

fc2blog_20210127085505de7.jpg

入り口に近づいていくと、ガンダムの頭部がチラリと見えて
もう気分爆上がり。

fc2blog_2021012708544113b.jpg

うわー、大きい!
これが実物大(っていうのかな?実物とは?)18メートルのガンダム。

ガンダムは30分ごとに5〜6分動き、ハンガーから前に出たり入ったりを繰り返す。
これが、思ったよりもずっとスムーズな動きで速くて驚いた!
やっぱり、目の前であの大きさのモビルスーツが動くのって興奮するわね!!
最初の時なんて思わず声が出てしまい、終わって拍手したら周囲の人も拍手していた。
妹など(ファーストガンダムはあまり詳しくないのに)感動してちょっと涙ぐんでたくらい。

私は、ファーストガンダムをビデオデッキ持ってなかったから
再放送を必死で追っかけて見ていた中学生の私に教えてあげたい。
「50過ぎてもまだガンダムのイベントに行ってるわよ」

想像もしてなかったものねえ。
時代は変わった、というか、あの当時熱狂してた中学生が
現場のトップの世代になってきたというべきか。

下から見上げて堪能した後は、妹がこれまたチケット取ってくれたので
ハンガーの上のデッキまでエレベーターで見学に上がる。
ガンダムの頭部を間近で見るのは迫力があった!
面白かった!

妹よ、お付き合いありがとう。
楽しかったわ〜〜〜。

義妹とランチ

義妹と、二子玉川の高島屋に入っている鎌倉山でランチ。

fc2blog_202101261004524c9.jpg

お天気が良く暖かくて、レストランからの眺めも抜群。

fc2blog_202101261005024e2.jpg

目の前で切り分けてくれるローストビーフ。

fc2blog_20210126100518343.jpg

薄切りなのにちゃんと肉の旨みが味わえて、美味しかった!

美味しいお料理を堪能しつつ、お喋りが止まらない私達。
実はBJと出会うより先に、私と義妹夫婦は知り合いだったので、
義姉妹というより友達感覚なのだ。
義妹夫婦と私は大学つながりで東京で知り合っていて、
BJとはそれより後にイギリスで出会ったのだから。
まさかそこが兄妹だなんて、思わないでしょ。
あれには驚いた。
It’s a small worldというけど小さすぎるでしょう!

3時間も延々とお喋りして、別れ際には義妹が
「あ〜楽しかった、これ(夫や子供抜きの会食)、いいわね!
またやりましょうね!」
と言ってくれたので笑ってしまった。
そうね、私も楽しかったです。
またぜひ、二人で会いましょうね〜。

海ほたる

fc2blog_20210126100237807.jpg

上の妹が海ほたるまでドライブに連れ出してくれた。
良い天気で風もなく、しかしそのせいでちょっと遠くは霞んで良く見えず。

デッキで写真を撮って、ちょっとお茶して休憩。
大きいレストランは休業中だったが、お土産やさんは開いていたので
千葉のはまぐりを買ってきた。

fc2blog_20210126100606fcb.jpg

大きくておいしかった!

fc2blog_20210126100554ece.jpg

その他は近くの中華料理店からのテイクアウト。
もうすぐ閉店してしまうとのことで、私にはこれが最後になるな〜。
昔から良く食べに行っていた店なので寂しい。
COVIDがなくても、そろそろ閉店しようと思っていたから、とのことだけど
やっぱり残念だわ。

47回忌法要

fc2blog_2021012610025695c.jpg

池上本門寺にて、祖父の47回忌法要。
今回はこの法要までに2週間の自粛期間を終えるよう
逆算して帰ってきたので、予定通り私も参加。

父母、上の妹とその家族、下の妹、私、と
本当に身内だけだったけど集まれて良かった。
もちろん全員マスク着用、お上人様たちはマスクの上にフェイスシールドも。
広い本堂でお経をあげていただき、その後レストランの個室で会食。
個室には更にテーブルの上にパーテーションのアクリル板も立ててあり、
感染対策してるんだなあと感心した。

fc2blog_202101261004384e0.jpg

日本のお料理は器も盛り付けも美しいなあ。
おいしかった、ごちそうさまでした。

自粛期間中

日本に到着して10日間が過ぎた。
・・・が。
まだ自粛期間中なので自由には出歩けず。
2週間って、結構長いわね!
でも私は実家にいるから両親と妹と話したり
好きなもの買ってきてもらって料理したり出来るから
まだマシだと思うけど、これがホテル軟禁だったら辛いだろうなあ!

いつもならお友達と会ってランチしたり、
あちこち買い物に出歩くのだけど今回はそうもいかず。
今週になってから、メッセンジャーやLINEで
お友達とビデオ通話したりしている。
オンラインで話すのだから別にアメリカと日本でも同じなのだが、
やはり時差がないというのはいい。
アメリカと日本だとまるっきり昼夜が逆だから、
お喋りするにしてもなんか調子出ないのよね。

久々に各地のお友達とも話して近況のcatch upをするのは楽しい。
テキストのやり取りとは違って詳しく聞けるから。
もちろん、実際に会って話すのが一番だけど、今はそうもいかないしね。
逆に、東京以外の遠方の友達とも話せて、その点は良かったかも。
会いに行く、来てもらうとなると負担になるけど、
時間決めてビデオ通話するのも楽でいいな。

そうは言っても、やっぱり直に皆と会いたいわ〜。
早くCOVID騒ぎが収束しますように!

実家へ (日本行き その4)

入国審査は、セルフでパスポートを置いて顔認証するだけなので一瞬。
手荷物受け取りに行くと、もうスーツケースがきちんとカートにのせられていた。
税関では珍しく止められ、スーツケースを開けるように言われた。
処方箋薬をどっさり持ってきていたのでちょっと怪しまれたが、
他にはチョコレートぐらいしかお土産に持ってきていないので無事通過。
肉類とかエキスが入ってるのはダメなんだっけ。

到着ロビーで迎えに来てくれた末妹と合流、
ネットで予約しておいたレンタルWiFiをピックアップに行く。
WiFiの窓口がすごくわかりにくい場所にあってちょっと迷うが、
受け取りも済み、妹の運転で実家に向かう。

午後6時頃になっていたのでもう辺りは暗く、
道路も空いていた。
途中でコンビニに寄ってもらい(日本滞在のお楽しみよね)、
スナック菓子だのこまごました物を買う。

実家に到着し、日本で最初の夕食はお刺身。
ちゃんとしたお刺身なんてほんと1年以上食べてないから美味しかった〜!
ごちそうさまでした。

今日から2週間、不要不急の外出は避けてSelf quarantine となる。
その間に、様子伺いの電話かメールが(多分保健所から)来ると言われた。
フォローアップしてるのか、大変だろうなあ。


日本入国の記録はここまでです。
入国後、2月7日まで全ての外国人の入国が停止されました。
私は日本のパスポートなので問題ありませんでしたが、
状況が刻々と変わっていますので、皆様ご帰国の際には
どうぞご注意くださいませ。

羽田空港へ (日本行き その3)



機内もガラガラ。
乗客はビジネスマンであろう日本人男性たちが多く、
中国人らしい家族連れが1組、その他アメリカ人がちらほら。



経費削減の為だろうけど、機内食がショボくなっていてがっかり。
でもまあ、量としてはちょうど良かったかな。

ずっとマスクを着けていなければいけないので、
寝ようにも息苦しくて寝られず。
12時間のフライトだからちょっときつい。

フライトはほとんど揺れなどもなく、定刻通り羽田に着陸。
ここで飛行機を降りてからが長かった!
延々と長い廊下を(動く歩道とは逆方向に)歩かされ、
COVID検査という表示に従って進む。
まずは書類と、出発前に取得したQRコードのチェックを受ける。
機内で到着前に配られて書かされた書類を出そうとすると
「これは、書式が変わったのでもう一度書いてください」
と言われる。
新しく渡された書類を見るも、前の書類とほぼ変わらず。
私の後ろに並んでいた若い男性など、ムッとして
「でもこれ、同じ内容ですよね!?」
と言って抗議していた。気持ちはわかる。
でも、現場の人に言ってもしょうがない話だしねえ・・・。
お役所仕事ってそんなもん。

新しく記入した書類とQRコードを係員に見せてチェックしてもらう。
じゃあ次はいよいよ検査かな、と思ってまた廊下を歩いていくと
今度は書類とパスポートをチェックするデスクが並んでいる。
・・・・・どうして何度も同じ書類をチェックするんだ・・・
そして、どうしていっぺんにパスポートも見ないんだ・・・・・

チェックのデスクに並んだ後、ようやく検査場へ。
唾液採取のキットを受け取り、ブースに入って唾液を集める。
唾液を出やすくするために、目の前に梅干しの写真が貼ってあったのには苦笑い。
外国人にはそれじゃ通じないからだろう、隣にレモンの写真も。

飛行機を降りてからすでに20分以上経っているし、
その間水を飲んだりしないでくれと注意書きがあったので
喉も乾いているし口の中も乾いていて唾液を集めるのにはちょっと苦労した。

採取したチューブを提出し、次の場所へ。

またしばらく歩かされ、またしてもQRコードとパスポートと書類のチェックを受ける。
一体何回やれば気が済むのか??
本当にこれ全部、必要なチェックなのか?

そこが終わると階段を上り、動く歩道でまたずっと先へ進み、
やっと検査結果を待つロビーへ。
ここでモニターに番号が表示される。
自分の持つ書類の番号が出たら、窓口へ行って結果を聞き、
証明書をもらってCOVID検査終了。

待合ロビーでは20分ぐらい待ち、無事に陰性の証明書をもらって
検疫を通り、入国。
あー疲れた。

(その4へ)

デトロイト乗り換え (日本行き その2)



空港はガラガラ。

クリーブランドからデトロイトまでは30分ほどの飛行時間で、
天気も良く快適だった。

デトロイト空港での乗り換えは、同じターミナルで
さほど離れていなかったので簡単に移動。

搭乗口に着いたら呼び出しされたので、
何かと思ってカウンターへ行くと
厚生労働省のHPへQRコードでアクセスして、
質問表に答えてくださいと言われる。

https://www.nl.emb-japan.go.jp/files/100125798.pdf

空港のFree wifi ではセキュリティが甘いとのことで繋がらず。
携帯キャリアに切り替えてなんとか接続。
14日間以内にCOVID患者と接触しましたかとか発熱はありますかとかの
質問表に答え、最後のページで自分用のQRコード取得。
しかしこれが、ウェブを閉じると再表示が出来ないとのことで、
スクショを撮って保存。

・・・・これ、年寄りには無理じゃない??

しかしこのQRコードの他にも、後で機内でまた紙にほぼ同じことを書かされた。
どっちか一つに出来ないもんなのか?

QRコードを取得してカウンターに再び行き、
確認してもらいパスポートにステッカーを貼ってもらって一段落。

ほどなくボーディング開始。
多分人がすれ違うのを防ぐためなのだろうけど、
今までなら前の方の座席から搭乗していたのに
今回は一番後方の座席から搭乗させていた。


(その3へ)

出発準備 (日本行き その1)

事の発端は、父の検査結果が思わしくなく、1月半ばに詳しく色々な検査を受けることになった、と
実家の妹たちから12月中に連絡をもらったことである。
何しろ2020年はずっと自粛していて日本にも帰れなかったから、
この際ちょっと顔を見に帰ってくれば?と、BJが言ってくれたのでお言葉に甘えることに。

日本行きのチケットを探してみたらなんと往復エコノミーで650ドル!
今まで1人2000ドルくらいはかかってたから、もうびっくり。
その上座席はソーシャルディスタンスのためブロックされてるから、
広々使えてこりゃ楽だわ。
ということで1月10日から3週間帰ることにした。

その時点では緊急事態宣言の影もなかったし、
入国に際しては「日本の空港で検査を受け、その後2週間自宅待機」だけ。
その程度ならまあいいだろう、と思っていたのだが・・・・

1月に入ってから毎日のように外務省からメールが来て、
「カナダからの入国者は・・」とか
アメリカでも「フロリダ、コロラド、ニューヨークからの帰国は・・」とか
日本入国72時間前までにCOVID検査を受けて検査結果を提出する地域が増えていった。
オハイオはまだ大丈夫だけど、私が出発するまでに変わるかも・・・
と、毎日不安でいたらなんと
「1月8日付けで、オハイオ州とミシガン州が72時間前検査が必要な区域に指定されました」


私は9日に出発するんだっつーの!!!


ぎゃー、と思って良くデトロイト領事館からのそのメールを読むと
「1月13日以降に日本へ入国される場合」
とあって、うわー滑り込みセーフ!
私は9日にアメリカを出て、10日に日本へ着くのだ。

・・・・・なんとか間に合った〜〜・・・・・。

羽田到着便で、空港までは妹が車で迎えに来てくれることになり、
これでなんとか全部OKなはず。

9日朝、クリーブランド空港からデトロイトへ飛び、
そこで乗り継いで羽田へ向かう。


(その2へ続く)

里帰り中

実は昨日から、緊急事態宣言真っ最中の東京に里帰りしております。
無事に到着したのだけど、いやー、入国時のCOVIDー19検査は大変だった!
いや、唾液検査自体は一瞬だしなんてことない。
問題はそこではなく、どうして何回も同じ書類のチェックをあちこちでするの!?とか
いかにもな日本のお役所仕事がですね・・・・
ああ、帰って来たんだな〜っていう実感が・・・・

これから一時帰国される方に少しでもお役に立つかと思うので、
入国までの流れの詳細をあげていきます。

私は検査結果は陰性、でもこれから2週間、実家でself quarantine となります。


2021年元日

あけましておめでとうございます。
2020年は本当に新型コロナに振り回された1年でした。
今年は良い年になりますように。



ここ数年は日本からおせち(真空パック)を取り寄せていたのですが、
今年はコロナの影響でそれも叶わず。
近所の中華スーパーで手に入るもので手作りして、まあまあそれなりに。




伊達巻はもう何度も作ってるけど、今年が一番美味しく出来たかな。
見た目はちょっと失敗したけど。
紅白なますと酢ばすがうまくいった。

あとはほうれん草と鶏肉入れた醤油味のおつゆに焼き餅を入れてお雑煮。
2人だけだから今年はお餅もつかず、サトウの切り餅買ってきた。

子供達も帰ってこず、バラバラでのお正月になってしまったけど
まあ皆元気なのでよしとしましょう。

皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR