マスク

日本でマスクが売り切れというニュースを見た。
今日、近所のスーパーへ行ったので
興味本位でちょっとマスクを探してみた。







まさかの売り切れ。




驚いたー!

だって普段絶対マスクなんかしないもの、アメリカ人。
そういえばローカルニュースでも手洗いとマスクを
推奨していたし、コロナウイルスやばし。

とりあえず手洗い。

専門医

昨日は緑内障の定期検診で眼科へ。
視力測って、眼圧測って、視野検査。
前回より少し眼圧が上がっているので、別の点眼薬にしましょうとなり
サンプルをもらって診察終了。
治らない病気だしとにかく進行を抑えるしかないので、
真面目に点眼薬さして眼圧を下げるしかないのよね。
いつか再生治療がもっと進んで、ダメージ受けた視神経も治せるようにならないかなー。

今日は去年受けた肝臓生体検査の結果を受けて、
肝臓専門の医師を受診。
まーしかしこの先生も忙しくて予約が取れないので、
生検受けてから軽く三ヶ月はたっちゃってるんだけど。
その間何も連絡もらわなかったし、BJが私の検査結果を見て
大体の事教えてくれてたからさほど心配はしていなかったが。
結果が悪かったりすぐに対処が必要なら電話くるはずだから。

先生の話ではやはり、肝臓は事前に予想していたよりも悪くなかったし
鉄分過多も問題なく、経過観察のみと言うことに。
次は半年後に血液検査。

内科の先生の見立てでは血中に鉄分が多すぎるから
瀉血になるだろう、と言われたけど
こちらの肝臓内科の先生によればやらなくて良いそうで。

「瀉血、って、18世紀の治療か!?って思うけどねー、
鉄分過剰にはこれが一番効くんだよ」
と前に内科の先生に笑って言われて私も笑っちゃったけど、
えーと、世の中の人って皆「瀉血は中世のメイン治療法」って知ってるのかな!??
私はオタクなのでその辺も知ってますが。
ふと疑問。
ペストマスクもオタクなら大抵は知ってるけど
世の中の普通の方々は知らない、とか聞くし・・・?

特に薬も治療も必要ないとは言われたけど
「でも宿題出しときますねー、ダイエットと運動ね。」
とガッチリ釘をさされた。
はいそうですよねやっぱり。

次の検診は来年だから・・・・
それまでに痩せないと・・・・・・・・・
あう〜・・・・

天気の子



新海誠の「天気の子(Weathering With You)」を英語吹き替え版で観てきた。

英語字幕版もあったのだけど、この頃ちゃんとした声優じゃなくて
俳優や女優を使ってるアニメが多くて下手くそでガッカリするから、
それなら上手な英語版で観た方がいいかなーと思って。
ジブリ作品なんか英語の方がずっといいし。
それと、何故か英語版の方がセリフが多いのだ。
説明も多くなっててわかりやすい。

映画は、面白かった。
ていうかもう本当に、画がすごくて・・・・・
前から新海誠作品は画面がきれいだなとは思ってたけど、
なんかまた一段とすごくなってない!??
BJなど冒頭の新宿の場面で思わず
「あ、ここどこだかわかった」
とか言っちゃうほど。
これは聖地巡礼したくなるわね。うん。

私達二人とも東京出身なので、
「池袋から代々木か・・・・結構距離あるなあ。
あ、新宿まで来た」
とか
「銀座かー、この位置だと三越の上か。」
とか思いながら観てた。

画面の美しさもさることながら、音も良かったなー。
映画館で観て良かった。
雨の降る音に囲まれて、本当に雨の中にいるみたいで。

「君の名は」よりも好きだなあ。
あ、そういえば「君の名は」のキャラがカメオ出演してたね!
ちょっとお遊びって感じで楽しかった。

1917

映画「1917」観てきた。

1917 公式サイト

ずっと長回しで撮っててすごかったし、
臨場感がハンパじゃないので本当に観ててドキドキハラハラした。
ストーリーも展開も良かったのであっという間だった。

しかし乗り物酔いする私にはちょっと初めのカメラワークがきつくて、
気持ち悪くなってしまったのには参ったわ〜。
この頃一段とこういう「画面酔い」に弱くなった気がする。

パラサイト

韓国映画「パラサイト」観てきた。

パラサイト 公式サイト

韓国版「万引き家族」かな?という感じもあるけど
もっとわかりやすかったと思う。
だからアカデミーノミネートもされたしゴールデングローブ取ったりもしたのだろう。
「万引き家族」はもうちょっと複雑だったからアメリカじゃうけなかったのかも。

気持ち悪い展開だったり怖かったらやだなあ、と思いつつ観ていたが
そこまででは無かったので良かった。
一応ラストもほんのり救いがあるような・・・・ところで終わったし。

ところでお母さん役の女優さん、藤山直美に似てない?

iPhone11

iPhone11買ってもらった〜〜〜♪

今までiPhone6を使って来たのだけどさすがに電池がもたなくなって来たのと、
新しいアプリに対応してない事が増えて来たので買い換える事に。
BJは「どうせならProにして、容量も増やしたら」と言ってくれたけど
どうせそこまで機能使いこなせないだろうしと64GBの普通の11。

お店で「バックアップとってありますか」と聞かれたから、はいと答えたが
あちらはiCloudに上げてあると思ったらしい。
iCloudに何も入ってないじゃないですか!と、驚かれる。
いや、私が言ってるバックアップはデスクトップのiMacにデータ移してきましたって事だったのだが・・・。

まあなんだかんだお店で新しいiPhoneに古いのの連絡先だのなんだの
移してもらい、写真は他にとってあるからいらないと言って移行させず、
無事新規iPhone起動終了。

しかし帰ってきてからあれこれ自分で使いやすいようにとか
それぞれのSNSにログインとかあーだこーだやって時間かかるかかる。

そして数日後やっと
「iMacのバックアップと同期させれば全部いっぺんに済むのでは」
と気づく。
遅い。

iMacと繋いで同期開始。
結構時間かかったけど終わり、Musicのデータとかメモなども復活。
LINEもチャット記録消えたかと思ったが無事復旧。

・・・・全部の写真がまた入っちゃったよ・・・・
もうFlashドライブにもうつしたし必要ないっつのに・・・・

手動でぽちぽち消していく事数百枚。
これだけは誤算だった。
前のiPhoneからいらない写真消して、それからデータバックアップしとくべきだった。

さーこれでやっと電話の設定終わったかな。
クルマの Bluetoothとも繋いだし・・・あとなんかあったかしら・・・

クリスマスストーリー



BJとタロウと3人で、1983年の映画(日本未公開)「A Christmas Story」の撮影に使われた家の見学ツアーに行って来た。
映画の中ではインディアナ州の町という事になっているが、
ロケ地はここクリーブランドなのである。



これが、主人公一家の住む家。
映画は80年代制作だが、主人公ラルフが自分の子供時代を回想している話なので
舞台は40年代のアメリカ。

この家は撮影が行われた当時から所有者が数回変わり、
その都度改築されて当時の面影は無かったそうなのだが
2004年にクリスマスストーリーおたくである現在の所有者が購入、
映画の通りに内装・外装をやり直して現在ミュージアムとして一般公開している。

A Christmas Story House

ゲストルームには泊まる事も出来るそうだが、クリスマスイブと
クリスマス当日の予約はもう5年先までいっぱいだそうだ。
結構ファンがいるんだな〜。

公開当時は酷評されて全く売り上げが無かったそうだが、
2000年あたりからじわじわとカルトな人気が出て来て盛り返したという。
それって「ロッキー・ホラー・ショー」みたいな感じ?

ここを見に行った日も、年末とは言え平日だし
もうクリスマスも過ぎちゃってるし、人なんて来てないかも?
うちの家族だけだったら寂しいな〜なんて思いながら行ったのだがあにはからんや。
意外に人が来ていて、グループツアーでないとミュージアムに入れないのだが
私達グループは30人以上いたと思う。
その後もどんどん人が来ていたし。驚き。
人気観光スポットなのか、ひょっとして。

衣装や小道具の展示、色々なトリビアなどもあって思ったよりも面白かった。
ツアーガイドの説明も良かったし。

ちょうどケーブルTVでクリスマス映画特集でこれをやっていて
見たばかりだったので記憶も新しくて良かったわ。

新年会

皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて、元日。
昔からの友達4人を我が家にお招きして新年会をした。
大抵のアメリカ人は大晦日に年越しパーティをするので、
意外と皆元日はヒマらしい。
2日からは平常営業だしね。

というわけで私はこの晦日・大晦日はひたすら料理していた。
これだけ料理したの久しぶり!



お重に詰めてあるのは日本から取り寄せたおせち料理。
その他は大体私が作った。
手前の伊達巻ははんぺんと卵で焼いた。
もう何度か作っているのでこれは簡単。
アメリカ人が感心してくれたのはちらし寿司の上の錦糸卵。
日本人には珍しくもないけど、「こんな細い卵焼き、どうやって作るの!?」と驚かれた。
手前のは紅茶豚スライス。




筑前煮(アジア食品店でカット冷凍野菜売ってるので便利)、エビのカクテル、
紅白なます、酢蓮根、ローストビーフ(ちょっと硬かった)、のし鶏。



手前はタコときゅうりとわかめの酢の物。
驚いた事にこれが皆に好評で、ほとんど無くなった。
タコなんて誰も食べないかと思ったわ〜。
ちなみにゆでだこは Costcoで購入。
レモンがのってる方はスモークサーモンのマリネ。
こうやって見るとお正月料理って醤油・砂糖の味付けか、お酢の味ばっかだわねー。




友達が作って持って来てくれたチーズケーキ。
甘すぎなくて美味しかった!



飲み物はシャンパン、ワイン、日本酒など。

写真は撮らなかったけど、日本から持って来た餅つき機でお餅もついて食べさせた。
のりと醤油で礒辺巻き、大根おろしのからみ餅、あんこ。
恐る恐るながら皆ちゃんと食べていた。
でもこちらで今「Mochi」というと雪見だいふく系のアイスの「もちアイス」が知られてるので
同じものだと思われちゃうのがちょいと困る。
「この、餅で、Mochiアイス作れるの?」
って聞かれたのよね・・・・いや、アイス包んでるあれは求肥ですからね・・・
別物なのよ、って説明してもわからないでしょ〜〜〜!!
ちょっと違う、としか言えず。まあいいか。

ゆっくり食べて飲んでお喋りして楽しかった!
料理も概ね好評だったし。
クリスマスや感謝祭は皆家族と過ごすのが普通だから呼べないけど、
この新年会はいいかも。
毎年恒例にしようかな?

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR