レストランでランチ後、ボタニカルガーデンへ

晴天だったので、気温はさほど高くなかったけど
クリーブランドのボタニカルガーデンへ、BJと二人でお出かけ。

ボタニカルガーデンの前にどこかでランチを食べて行こうと、
その近くのイタリアン・フレンチレストランへ行った。
前菜にBJがとったオニオングラタンスープと
私がとったフォアグラとチキンレバーのパテは美味しかったのだが
それぞれが注文したメインはいまいちで・・・。
BJが前に来た時は美味しかったと言っていたから、
何だろう、今日のシェフがまだ慣れてなかったんだろうか。
私が頼んだメインのパスタは、クリーム系だったのだが
出汁も塩も何も味がせず、テーブルにあった塩コショウを
これでもかとかけてしまった。
前菜のパテは美味しかったから、
それを作ったシェフと今日の仕上げをやった人とは別だったのかなあ。

まあそれは実のところどうでもいい。

レストランの同じフロアに、どんな客層が来てるのかなとざっと見回したら
25年前クリーブランドで仲良くしてもらっていたCさんの
娘さんが、彼氏と来ているのが目に入ったのだ。

あちらは私に気づかなかったし、
彼氏との特別なランチみたいだったので邪魔したくなかったから
私たちが食事を終えて帰る時に、ちょこっと挨拶しようと寄ったら
もう彼女が私を見てびっくりして飛び上がり、ハグしてくれたのには驚いたわ〜。

彼氏に向かって、私が彼女のママの昔からの友達で、
去年クリーブランドに戻ってきたのだとか、
BJの名前まで覚えていてちゃんと彼氏に紹介してくれたのは感心した。

帰宅してからCさんに「お嬢さんのバースディランチに
偶然出くわしたよ〜〜」とテキストしたら
「ちょっと!!それで、彼女と一緒にいた
”フレンド”ってのは、どういうひとなのよ!??
娘に聞いても、ごまかして答えないのよ!!
Mimiが見て、どうだった!??
OKなら、あなたは彼女が彼氏を紹介した初めての大人なのよ!?」
と返答が。

・・・あら〜〜。
そうだったんだ〜〜〜。
いや、まあ、多分、彼氏だろうなあとは思ったんだけどさあ。
うん、すごく良い感じの、ちゃんと私たちにも挨拶してくれて、
普通な、良い男性でしたわよ。大丈夫。

というのも、Cさんの娘である彼女は
18歳で「出来ちゃった婚」をして、
その後もその旦那と一緒にいたんだけど
2人目が生まれた後に旦那は死んでしまって
今は母子家庭で色々と苦労してきているから
私もちょっとは心配してきていたのだ。
今は彼女はロースクールを出て、
ちゃんと法律事務所で仕事をしているし
偉いんだけどねえ。
おばちゃんとしては、やっぱり心配だったわけよ。

すごく「普通な、感じの良い」男性と一緒にいてくれて、
おばちゃんは嬉しかったわけです。
いやー、よかったよー。本当にー。

彼女が生まれたばかりの赤ちゃんを連れて、
アラバマの我が家に泊まりに来たこともあったけど
あれはもう18年も前の事なのねえ。

Duck Donuts

近くのモールにDuck Donutsというドーナツ屋がオープンしていたので、入ってみた。

ダンキンなどのように作り置きしたドーナツを売っているのではなく、
注文するとその場で揚げて、作りたてを出してくれるスタイル。
ドーナツ本体は1種類(ちょっともっちりしたケーキタイプ)だが、
アイシングやスプリンクルが色々選べる。
私の前に注文していたお子さんはもちろんカラフルなスプリンクルなど色々頼んでいたが
私はシンプルにグレーズ(砂糖のアイシング)のみで注文してみた。

fc2blog_201904262348118df.jpg

作りたてのドーナツはこんな箱に入れられてくる。
飲み物はカフェラテ。これが結構美味しかった。

fc2blog_201904262347493e1.jpg

揚げたてでほんわりあったかいドーナツ。



めちゃうま。


うわー、なにこれ!!
揚げたてってこんなに美味しいもんだったっけ!!??

スーパーとかで売ってる、冷たいドーナツしかこの頃食べてなかったから
これには驚いた。
感激。

ちょっと、今度BJも連れてきてあげなきゃ。
次回はシナモンシュガーで頼んでみようかな。

週末のお花見

fc2blog_20190426234833be0.jpg

BJと2人で、週末にお花見ドライブをしてきた。

fc2blog_2019042623494778d.jpg

あいにくの曇り空だったけど、気温はさほど低くなくて良かった。
少し寒い日が続いたせいで、桜も散らずにまだ咲いてたし。
この写真はUniversity Cercleという場所の池。
ソメイヨシノだけでなく、八重や枝垂れ桜や色々な種類の桜が植わっているので、
花の色も様々だし咲く時期も違っていて面白い。
こういうお花見も楽しいなあ。
ソメイヨシノだけ、というのもゴージャスだけど、本当に一瞬だからねー。

fc2blog_20190426234930ad0.jpg

遠くに見えている建物は美術館。

fc2blog_2019042623491195f.jpg

花の色がそれぞれ違うのがわかるかしら。

fc2blog_20190426234851486.jpg


ぐるっと池の周囲を一周して、のんびり眺めてきた。
東京でのお花見とは違って混んでなくていいわ〜。

アベンジャーズ最終回に備えて

いよいよマーベル・シネマティック・ユニバースの
「アベンジャーズ」シリーズが最終回、と言う事で
このところ今まで見てなかった作品をせっせと見ている。

「アベンジャーズ・ウルトロン」は見たけど忘れちゃったからもう一回見たし、
「アベンジャーズ・インフィニティウォー」は避けてたけど
これ見なければ最終回見てもわかんないよねと
ブルーレイ買って見たんだけどちょっと絶望的じゃないのこれ!!??
サノス無双過ぎだろ!!
道理でナナが
「あれ見ると鬱になるよ」
と言ってたわけだわ・・・・。

その後、近くの図書館に行ってみたらマーベルシリーズのブルーレイやDVDがいっぱいあって、
そうか、無料で借りられるなら見てみるか、と
「スパイダーマン・ホームカミング」
を借りて見てみた。
いやー何これー、社長とピーターの「Father and son」物語じゃん!!
アメリカ人はなんか知らんが父子物語大好きだけど、これまでそうなのか!!!
なるほどね、これ見た後なら「インフィニティウォー」がもっと泣けるわな。

それから「ブラックパンサー」と「Thor ラグナロク」も図書館で借りて見た。
ブラックパンサー、確かアカデミー取ったと思うけど
確かに衣装が良かった〜〜。かっこいい〜〜〜。
ラグナロクは相変わらずバカっぽく笑わせるとこが多くて、
Thorシリーズのこう言うとこ好きだなあ。
髪は切らない方が好きだと思ったけど、切った後も結構かっこいいわ。

しかし本当に、こうなってくるとアベンジャーズの最終回も
BJと一緒には見に行けないな〜〜。
彼は私と違ってマーベル・シネマティック・ユニバース物に興味がなくて
ほとんど見てないから。
家で一緒にブルーレイとかで見てても、彼はほぼ自分のタブレットで何かやってるか
本読んでて全然映画見てないしね。
そして私は「これ、誰?」とか聞かれるのが鬱陶しくて説明してあげないし。

ま、今度の最終回はとりあえず私一人で見に行こうかなと。
そして感想は、ナナかお友達(Jさん!!期待してるよ!!!)と話そうかな〜〜〜
なんて思っているところ。

楽しい土曜日でした

土曜日、午後6時から日本人のFさんご夫妻とお嬢ちゃま(1歳半)をお招きして
我が家でツマミを食べながらの飲み会開催。
ビールもワインもなんでもござれ、食べ物もなんでも好きです、
とおっしゃっていただけあってなんでも食べてくださり
ビールもワインもガンガン行ってくださって
話も盛り上がって楽しかった!

お嬢ちゃまの年齢からしてわかると思うが、我々夫婦よりも
ナナとの方がトシが近いご夫妻なのだけど
こうやって飲みながら色々お話しできるのは楽しい。
ご主人様はBJと同じ心臓外科の先生だそうで、
「アメリカの心臓外科の現在について色々教えてください」
とおっしゃっていたそうだがさてBJの話はお役に立ったかしら?

以下自分のための覚書で、今回のパーティメニュー。

7レイヤータコディップとトルティーヤチップス
スモークサーモン(ディル、ブラックペッパー、スタンダード)
エビのカクテル

巻き寿司(きゅうり、アボカド、スモークサーモン、カニカマ)
棒々鶏
豚の角煮
グリンピースサラダ

フルーツのせチーズケーキ(ホールフーズで買った)
チョコレート
クッキー

巻き寿司は今までのパーティなら(いつも大人数だったから)お米5合炊いてたが
今回は少ないし3合で、と作ってみたがそれでもかなり余ってしまった。
大人4人なら2合でいいみたい。

後日、奥様からは私にお礼のLINEが入り、
ご主人様からはBJにお礼と
「今度、手術の見学させてください」とのメールが来たそうな。
「俺の手術なんか見ても意味ないと思うけどな〜〜」とBJは言うが、
若い先生の参考になるのならいいんじゃないかしらねえ。



お花見

朝、突然お誘いを頂き、図々しくも
日本人奥様方のお花見会に参加させて頂いた。





ポカポカと暖かく、桜はちょうど満開。
ここの桜並木は、日本人会が20年前から毎年植樹しているもの。
そして今回、なんと20年前の植樹にご一緒した
Nさんという奥様に再開したのである。
いやーびっくり!
あちらも驚いてらしたけど私も驚いた!
今度ランチしましょうと約束したので楽しみだわ。

今日の集まりは20人ほどで、小さいお子さん達も
来ていて賑やかだった。
やはり、大きい街だと日本人も多くて良いわー。

お客様

早起きしてシャワー浴びて、本日は10時から
日本人奥様方をお招きしてブランチの予定なのでその準備。
こんな集まりをするのも本当に久しぶりなので楽しみ〜〜。

手作りの物にしようかと思ったが
あまりアメリカ生活に慣れていない方達をお招きするので
オーブンであっためるだけで美味しい食品の方が
きっと面白いし喜んでいただけるかなと思い、
ミニキッシュ、スパナコピタやソーセージロールなどにした。
思った通り、「これ、どこで買えるんですか!?」と聞かれ、
袋や箱をお見せしたら写真撮ってメモされていた。
そうなのよねー、食べた事無い冷凍食品なんて、買う気しないものね。
こういう機会に美味しいのを教えてもらうのって助かるのだ。
私もそうやって色々お友達のところで教わって来たからなあ。

しかし、かつてクリーブランドにいた頃は大抵の奥様方より年下で、
1番の新参者だったんだけどなー。
今となっては超古参。
まさかこうなるとは夢にも思ってなかったから人生って面白いわ。

1歳半の女の子が2人、連れられて来てたけど
1人はかなりあれこれいじり回すタイプで
1人はおとなしく自分の持って来たオモチャで遊ぶタイプで
それぞれ違って面白かった。
しかし、あれこれいじりたいお嬢さんにかかると
我が家って本当にチャイルドプルーフじゃないのねえ・・・って
当たり前だけど改めて思ってしまった。
これでもかなり、触られて困る物や危なそうな物は
あらかじめ片付けておいたつもりだったんだけど。
甘かったか〜。

それでもやっぱり女児はおとなしくて楽だ。
男児の激しさとは違うわね。

家を褒めていただき、色々お喋りしてあっという間に4時間近く。
本当にこういうの久しぶりだったから楽しかった。
英語でもそれなりに友達もいて会話も出来るけど、
日本語での楽さ加減とは比べものにならないわね。

つくづく、クリーブランドに帰って来られて(引っ越して来た、という
感覚ではないな)良かったなあと思う今日この頃。

来月はクリーブランド在住の日本人奥様方の大きなランチ会があるそうで、
それにも誘っていただいた。
1人日本人と知り合うとあとは芋づる式〜〜。
アラバマにいた頃と違ってソーシャルに忙しくなりそうな予感・・・?

春の旅行

BJと2人で、3泊4日の東海岸旅行に行って来た。
念願の、ノーマン・ロックウェル美術館を見に行くのが目的である。

朝ゆっくりめに家を出て、1時間半のフライトでボストンへ。
レンタカーを借り、2時間ドライブして目的のロックウェル美術館がある
ストックブリッジという小さな町へ行く。
しかし到着時にはもう午後4時近くなっているので、
予定通りストックブリッジよりちょっと先の町のホテルにまずはチェックイン。
近所のおすすめレストランをフロントで聞いたら
すぐそばのギリシャ料理レストランを勧められたので行ってみる。

fc2blog_20190413042517b44.jpg

私のオーダーしたシーフードのキャセロール。
アペタイザーにはカラマリ(イカリング)を頼んだが
これがフレッシュでゲソまで付いててすごく美味しかった!
これはシーフード全般に期待できそうだわと思ったら
その通りで、このキャセロールもすごく美味しかった。
シーフードの旨味がよく出ていてトマトの味も甘くて濃厚で。
ピラフ風のご飯にかけて食べると止まらんうまさ!!
BJはラムのシチューを頼んだのだがこちらもご飯にかかっていて、
味見させてもらったけどすごく美味しかった。
これは正解だった〜、良かったわ〜。

翌朝、ホテルで朝食を取ってから
10時の開館に合わせてロックウェル美術館へ。



この写真は美術館へ行く前に通るストックブリッジのダウンタウン。
本当に小さなダウンタウンで、端から端まで歩いても5分て感じ。
ちなみに後で美術館へ行ってわかったのだが、
ここに写っている街並みはロックウェルが住んでいた頃から変わっておらず、
ロックウェルが描いたこのダウンタウンの絵があるが全く同じ!
興奮して指差しながらキャーキャーBJに説明してたら
美術館の係員に注意されてしまった。恥。




ロックウェル美術館の外観。
小さい建物かなと思ったが、展示は充実していた。
写真撮影は、フラッシュたかなければOK。



これは見たことの無い絵だったのでパチリ。
レーズンの広告用イラストだそうで、構図といい
女性の青いドレスといい光の具合といい、フェルメールを意識したのかなー。

1階は原画やその前の習作、モデルを撮影した写真などが展示されている。
圧巻だったのは地下1階。
ロックウェルが描いたSaturday Evening Postの表紙全てが展示されているのだ。
原画ではなく、プリントされた表紙そのもの、である。
これはすごかったー。
印刷技術の発達もわかったし、ロックウェルのタッチの変化や
そこに描かれる人々の生活やファッションの変遷も見られてすごく面白かった。

初めの何年かは3色(朱、黒、茶)のみのカラー印刷だったというのも
今回行ってみてガイドさんの説明を聴いて初めて知った。
そういえば昔は日本のマンガ雑誌にも、2色(朱・黒)カラーってあったなーなんて思い出したりして。

ゆっくり見て回って、気がついたら2時間半もたっていた。
あーでも本当に行けて良かった!!
ずっとずっと前から行きたくて、バケットリスト(死ぬまでに行きたい所、やりたい事リスト)だったから。
これで私のバケットリストは一つチェック済み。
ありがとう旦那様。




ストックブリッジの小さなレストランで昼食。
これはBJのオーダーしたシュリンプパスタ。
エビがぷりぷりで美味しかった。
私はサーモンバーガーというのを興味本位で頼んでみたが、
想像よりも混ぜ物の無い、本当に「鮭!」という味のパティで美味しかった。
バンズではなくイングリッシュマフィンに挟んであったのも良し。

腹ごしらえしてから一路ボストンの隣町、ブルックラインを目指して出発。
この日は以前タロウと一緒に泊まった、ブルックラインのホテルに投宿。



ホテル近くのビアレストランで、ピザとクラフトビールで夕食。
ピザも美味しかったしビールも色んな味で楽しかったー。




前日までは天気も良く暖かかったのだけど、この日はあいにくの雨。
ホテルを出て1時間弱のドライブでセーラムという町へ。
ここはかの「魔女裁判」で有名な土地だ。




雨の中、2時間の徒歩ガイドツアーに参加。
終わってみたら2時間半たってたけども。
しかし寒かった!
念の為ダウンジャケット着て、スカーフも手袋もしていって正解だった!
この写真の帽子被ってるおじさんがガイドさんだが、
傘もささずカッパとかも着てないので心配になったわ。
風邪引かないんだろうか!?

行く前に、セーラムに行った事のあるナナに話を聞いたら
「本当に、魔女以外何にも見るところ無い町だよ」
と言われたけどその通りで、何も無いのでツアー後はまたホテルへとんぼ返り。

ホテルの近くの日本食レストランで、居酒屋風に色々頼みながら
日本酒飲んで終了。
ハマチかまが美味しかった〜。

fc2blog_201904130428295e7.jpg

朝、ホテルをチェックアウト。
レンタカーを返し、空港で朝ごはん。
旅行時でも無いとこんな「悪い朝ごはん」なんて食べられないから、
ボストンクリームドーナッツとカフェラテ。
背徳の味〜〜、うま〜〜〜〜♪

天気が良くて飛行機も全く揺れず、無事クリーブランド帰宅。
お留守番に泊まりに来てくれていたナナと一緒に韓国レストランで昼食。

fc2blog_20190413042847738.jpg

楽しかった〜、ナナちゃんもお留守番と猫の世話、ありがとね〜!
さあ、次はどこ行こうかな!?

きのう何食べた?

テレビ東京深夜ドラマ「きのう何食べた?」を、
日本放映の多分1時間後ぐらいには見た。

昼間、ツイッター開けたらTLが
「西島秀俊のシロさんかわいい、
内野聖陽のケンジめっちゃかわいい、
語彙死んだ、尊い
エンディングあれ、アドリブ!??
二人でくっついて座るソファ尊すぎ
何あのじゃれあい!!
あれだけでご飯一合いけますごちそうさまですありがとうございます」
で埋め尽くされててこりゃもう見なきゃ!!
って急いで見たけど



無事に死亡しました。




よしながふみの漫画は大好きで、
「西洋骨董菓子店」のあまりにもあんまりな実写ドラマ化があったので
期待しないようにしよう、と心がけていたのだけど・・・




もう第一話で全部持ってかれました。



ありがとうございますありがとうございます。
内野聖陽と西島秀俊、うますぎる!!
役者ってすごい!!って、改めて思いましたのこと。

ケンジは美容師で、職場でもゲイである事を隠してないんだけど
でも「いかにもなオネエ」だったらやだなー、
そういう感じじゃないんだよねえ、って思ってたらもう・・・!!!
内野聖陽の演じるケンジの、ゲイであるところと
男であるところとシロさん大好きなところのさじ加減が・・・!!
もう本当にありがとうございます尊いとしか言えない。

つか、原作だとケンジがタチで(よい子は意味がわからなくていいからねえ)
シロさんがネコだっていうのがピンと来なかったんだけど
内野聖陽の色気と男っぽさとゲイっぽさを見たら
あー、そうか、ケンジがタチなのねえ、ってなんか納得したくらいだわ。

でも多分シロさんは昆布をおしゃれなガラスのジャーに入れて保存したりしないし、
卵をホーローのボウルでかき混ぜたりしないし
二人で住んでるマンションの部屋もなにげにゲイテイストなとこがな〜・・・・。

しかし、漫画で見るよりもやっぱり料理の手順やタイミングはわかりやすかった。
今度あの炊き込みご飯作ってみようかな。
前は、塩鮭も舞茸もごぼうも手に入らなかったから
「漫画の中の夢のようなご飯」として見てたけど
今は一応近所の中華スーパーで全部手に入るしね。
割高だけどね。シロさんなら多分買わないわね。

ケアパッケージ

先週、タロウには内緒で彼にあてて「ケアパッケージ」を送っておいた。
好物のお菓子やカップ麺、春先だから必要になるだろう市販の花粉症薬などを
私が詰め合わせてUPSで送ってやったのだ。

このところ、タロウは大学のクリスマス休みや春休みに
アラバマの友達のところに帰省させてもらったりして、
私たちのいるオハイオには(知人も友人もいないから)
帰ってこなかったのだが、
それでも「ホームシック」にはなりかけていたらしい。
なんだかんだと弱音を私やBJに(それも、個別に)
携帯メールなどで言ってきていたので、
ちょっと心配はしていたのだ。

彼は私たちと日本語で会話してはいるが、
中身はまるっきりアメリカンなので
英語で私たちとやり取りする携帯メールの方が
多分彼の今の気持ちをちゃんと伝えているのだろうと思う。

私など、完全に中身は日本人なので、
ナナやタロウが
「I love you, mother.」
とメールしてくれたら
「I love you, too. I am so proud of you.」
なんて即座に返すけど内容的には
「ありがとー、元気でやってるー?」
てな感じである。

ナナはそう言う私の「日本人ならでは」な感覚もわかってくれるが
タロウは「愛してる、って、言ってくれないんだ・・・」と
落ち込むタイプなのでいちいち英語で「I love you」と言わねばならない。

言葉にしたからってそれをちゃんとやってるわけじゃない
アメリカ人の親もいっぱいいるんだけどな。

そして、日本人の親は、言葉にしないけどちゃんと
それを行動として行ってる人が多いと思うぞ。

「Love」の、言葉の意味が、軽すぎるんじゃないか、と、思う今日この頃。
SNSで、子供達の親のアカウントと繋がることも多くなってきたきょうび。
明らかにディスファンクショナルで、
子供がネグレクトされてるような家庭でも
母親はきっちり化粧した綺麗な顔でセルフィーを撮り
我が子たちと一緒に映ったりしてそこへ
「I am so proud of these kids. They are the best! I love you.」
とか書いたりするのだ。

アイラブユーって言うんだったらちゃんと家に帰って来いよ!!
なんであんたの娘が家に入れなくてウチにきたりしてんだよ!!??
寝るとこもないし帰れないし家の鍵も無いからって、
私の家に助けを求めに来てることは知ってんのか!!??
・・・と、うっかり言いそうに(書き込みそうに)なる。

タロウが大学に入って少ししてから、
何の機会だったか忘れたが彼が
「うちは、ディスファンクショナルなファミリーじゃなくて、
本当に良かったよ・・・お父様と、お母様が、仲良くって、
ナナちゃんと僕も、きょうだいで、家族でさ。
そうじゃない家族ばっかり見てきたから
うちは皆仲良くって、本当に良かったと思ってる」
と、言ってくれたのは私は本当に嬉しかった。

平和な家庭で育つことは、子供の権利だと思う。
でも、そうでない場合もあるわけだ。

私は日本人だから、ことさらに子供に対して
「愛してるわ、あなたが大事よ、宝物よ、ハニー」
とか言わない。
でも、日々の生活で、子供達は私が彼らを大事に思ってるとか、
愛してるとか、ちゃんと感じてくれていたのだと思う。

ケアパッケージは、実は、私自身、
アメリカに来てから実家の母が
色々郵便小包で送ってきてくれたのが
本当に有り難くて嬉しかったので、
それを思い出して息子にもやってやった、というところ。
やはり、自分がやってもらった事でなければ
そう思わないものねえ。

令和

新元号は令和ですと。

真っ先に思ったのは
「うわ〜・・・これ、外人には発音出来ないだろうな」
って事。

日本語の「ラ行」の音って、舌の位置がちょっと違うけど
アメリカ人とかには「D」の音だと思われるのだ。
知人に「ゆり子」さんという日本人奥様がいらっしゃるが、
当然アメリカ人は「Yuriko」と、Rの音で呼ぶ。
私が日本語の発音で「ゆり子」と言ったら周囲が
「ゆでぃこ?日本語ではRをDで発音するのね!?」
と言うので驚いた覚えが。

そのでんで行けば、「令和」は外人には「でいわ」と聞こえるだろう。
でもローマ字表記は「Reiwa」だそうなので、混乱するわ〜〜。
なんでこんなに国際的に発音しにくい音にしたんだろう??

BJはまず「令」の字が気に入らないらしい。
「命令の令じゃないか」
と言う。
これは、こちらのマスコミでもそう言ってるところも多い。
ミリタリーをイメージさせる、との意見も見かける。

日本語としては私は抵抗感じないけど、
でもアメリカにいる身としては色々思ってしまうなあ。

それにしてもこれでますます「えっ、今って令和何年??」となっちゃうわー。
平成だってちょいちょいわかんなくなってたのに。
公式な書類、全部西暦にしてくれないかしら。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR