fc2ブログ

日本のアニメやらテレビやら

ナナからLineで
「劇的!ビフォーアフターSP見てるんだけど、渚親方かっこいいーー」
と言ってきた。
わははは。
うん、うちでも見たけどBJも私も同じ感想だったよ。
渚さんすごい。大工やってたっていうけど、数年でこんなにプロになるもんなの?
魔裟斗もかわいい〜。この2人「もうレギュラーやん」って言ってたけど
ほんとレギュラーでいいわ。
大工も解体工もプラマーも、専門職ってほんとかっこいいなあ。

アニメでは「シュタインズゲート」を、BJに今
シーズン1の最初からビンジ・ウォッチングさせている。
前からシュタゲ面白いよ、と言っていたのだが
この度シーズン2(シュタインズゲート・ゼロ)が終わり、
もーこれはまた最初っから見るっきゃないでしょ!と
私が盛り上がったせいである。
いや、だって・・・
ゼロを最終話まで見てから、シーズン1の最初に戻ると
「うおおお・・・・!!!
これだったのか、ここに繋がるのか・・・」
って、驚くんだもん。
伏線の回収がすごい。
そう言ったらナナには
「ああ、お母様、そういうの、好きだもんね」
と冷たく言われたが。
うん。好きですよ。それが何か。
「今、まゆりが最初に殺されたとこまできた。」
といったら
「あー、そこからだもんねえ。」
とナナ。
さすが、わかってらっしゃる。
BJも見るつもりになってるし。
とりあえずは、これ見終わったらゲーム買うか。

スペシャルドラマの「Aではない君と」
面白かったーー!!!
佐藤浩市はあの年齢の子供のお父さんにしてはちょっと老けてたけど
さすがに上手かったし、天海祐希も良かった。
「心を殺すのと、体を殺すのと、どっちが悪いの。」
と、主人公の男の子にきかれて私もどう説明するべきか絶句した。
原作読みたくなった。

菅田将暉と山田孝之の「dele」
1話完結のバディもので、すごく良かった!
画の撮り方とかセリフとか二人の関係性が
「傷だらけの天使」やそういった昔のドラマっぽくて。
あまりに面白かったので原作も買って読んだけど、
ドラマはあの原作を下敷きにしつつ
1つずつの事件は完全オリジナルで、すごい!!!
もうこれは「dele」の二人を使った、二次創作!??
でも祐太郎(菅田将暉)と圭司(山田孝之)があまりに
ハマってたので、原作を読むのにも2人が出てきてくれて
むしろ助かった感じ。
これは8話完結って・・・短すぎるでしょう!!
シーズン2希望!!!
ていうかもう、ずっとやってほしい!!!
二人ともかっこいいよお〜〜〜!!!!

歌のバラエティで「演歌の乱」
これ、すごかった。
演歌歌手の方々がJPopを歌う、という企画だそうで
さてどんなもんか、と見てみたのだけど
いやーさすがにみなさま演歌歌手!うまいわ!!!

大トリの細川たかしが歌った
「さよならイエスタディ」はもう、
まるで違う歌だったけどね〜〜・・・
他は素晴らしかったざます。

Lemonを歌った徳永ゆうきさん、
上手かったけどちょいちょい演歌っぽいコブシが回ってて
むしろ沖縄民謡みたいでかっこ良かった。

角川博なんてほんとに何年振りかで見たけど、
うまいわねやっぱり!
丘みどりさんもすごかったし。

BJはJpopに全く興味がないのだけど、
私が普段聞いたり買って一緒に歌ったりしてるので
だんだん慣れてきたらしく、星野源とか米津玄師は知っている。
それがこの番組を見て
「演歌歌手って、歌、うまいんだなあ〜・・・」
と言っていたので、うん、そーだよね〜〜。っと。

演歌歌手も歌うまいし、
米津玄師とか源ちゃんの曲もいいでしょ〜〜??

スポンサーサイト



ジョージア州ヘレン



去年初めてオクトーバーフェストに行った、
ジョージア州ヘレンに今年も行ってみた。

今年はオクトーバーフェストの会場には行かず、
町のレストランで食べてみたがこれは失敗。
適当にそこそこ混んでいる店だったのだが
生演奏がうるさい上に料理がまずかった・・・・。
生ビールはまあ、そこそこだったけど。
私のオーダーしたシュニッツェルの付け合わせ
Spatzie(エッグヌードルの一種)に全く味がなくて参った。
シュニッツェルにかかってたソースもなんか不思議な味だったし。
ドイツに行ったことあるけど、むしろドイツ料理って
結構しょっぱいし酸味も強いと思ったんだがなあ?
ここの味付けはむしろ英国風だったわよ。悪い意味で。

天気が良く、気温は30℃。
私はどうせ誰もさしてなくて目立つのはわかってたが
どう見られようが自分が暑い方がやだし、と日傘持参。
案の定、あの町で日傘さして歩いてたのは私一人だった。
たま〜〜〜に、黒人のおばさんで傘さしてる人いるけど、
まあ珍しいわよね。
でも持って行って正解だった。無かったら暑くて歩けなかった。
ちなみに日本で買ってきた晴雨兼用折りたたみ傘である。
軽くて小さくて、ちゃんと日差しもシャットアウトしてくれて優れもの!
さすが日本製。

ランチの後はアート&クラフトフェアを冷やかしに。
何しろ引っ越し直前なので荷物を増やすわけに行かず、
今回はただ見て歩くだけ。
去年と同じ人たちも出ていたけど、ちょこちょこと目新しいブースも。

帰り道、行きに見て気になっていた牧場に寄り、
そこの自家製アイスクリームを食べた。
濃厚ですごくミルクの味がして美味しかった。

あ〜しかし、暑かったな〜〜!!!

かぼちゃとすみれちゃん

スーパーへ行ったら珍しく日本の緑色のかぼちゃが売られていた。
パンプキンではなく「Kabocha」と呼ばれる。
たまには煮物でも作るか、と小さめのを1つ購入。

帰宅して包丁で切ろうと思ったら・・・・
・・・・か、固い!!
こりゃ切れない。まさに歯が立たない。

こういう時はあれだ、絵本の「ぐりとぐらとすみれちゃん」で
すみれちゃんがお母さん直伝のダイナミックなかぼちゃの割り方をしてた、あれだ。

スーパーのレジ袋にかぼちゃを入れ、外へ出てコンクリに叩きつける事2回。
見事にぱっくり割れた。
そこからなら包丁が入る。うん。正解。

ところでこのブログのために絵本のリンクを探してググっていたら
「すみれちゃんにはモデルがいる」
という情報が目に入って来た。

こどものとも
↑上記リンク先に2006年の記事だが福音館書店編集者のブログ記事がある。

そういう理由で、ぐりとぐらに初めて人間の女の子が出て来たのか、と
もう泣けて泣けて・・・・。
あーだめだ、知らなかった間はあの絵本単に楽しく読めたんだけど
もう今見たら大泣きしそう。

もう手元に「ぐりとぐら」シリーズの絵本は無いんだけど、
また買い直そうかなあ・・・

まだまだ暑い

いまだに毎日最高気温が30℃超え。
暑い〜〜〜〜!
雨も降らないので本当に毎日日射しが強くて暑い。

でもまあ、こんな事言ってるのも今年が最後だもんね。
来年からは、「もう涼しくなってきちゃった〜、夏も終わりだ」と
嘆く生活になるだろうから、暑さを楽しんでおくべきか。

あ〜〜それにしても暑いわ。

アップデートと積み重ねと

年取ってくると、自分が青春を送った時代のスターや
流行歌が一番いいと思うようになり、
新しいものを受け入れなくなって行くのかなと思っていたけど。

先日、夢を見た。
「いや〜、芸能人がさ〜、私の彼氏っていう夢でさあ・・」
とBJに言ったら
「うわー、俺、そういう夢って見た事ない。
・・・で、誰だったの?キムタク?」

これがね〜、我ながらアップデートされててえらいわと思ったんだわ。
確かに、数年前までならキムタクだったし、その前ならフミヤだったんだけど。
今回夢に出てきた私の彼氏は




竹内涼真






あと、今好きなアーティストは米津玄師で
彼がコラボしてる菅田将暉くんとの歌も大好き。
菅田くんが山田孝之と共演してたdeleも良かったなあ〜〜。
ああいうバディものって好きよ。
林遣都くんと田中圭も好き。おっさんずラブのおかげだけども。

女の子はもっと沢山好きな女優さんがいる〜〜〜。
楽しい〜〜〜。

古い映画も昔の名優も、今見ても好きだし楽しいし。
新しい作品も新鮮で面白くて楽しいし。

年取ると色んな楽しみが増えて、面白いなあ。

ミュージアムデート

BJと、モータースポーツのミュージアムをハシゴしてデート。

fc2blog_201809170822397a2.jpg

まずはNASCARのレースコースにあるInternational Motorsports Hall of Fameへ。
ここは8〜9年前に、タロウの遠足の付き添いで私だけ見に来た事がある。
BJは初めて。
近所だからいつでも行けるし、と思って結局こうして引っ越しが決まるまで行かなかった場所だ。
NASCAR自体興味ないしねえ。

小さい博物館なので1時間弱で見学終了。

ここからまた40分ほど走って、今度はBarber Motorsports Museumに行ってみる。
こちらも、気にはなっていたもののずっと行きそびれていたミュージアムだ。

fc2blog_20180917082259c12.jpg

ウェブサイトには「バイクのコレクションは世界最大規模」と書いてあるが
どうせアメリカ人の言う「世界一」なんでしょ、とあまり期待せずに行ってみたのだが・・・


fc2blog_20180917082319df9.jpg

立派な建物で、膨大な数のコレクションに圧倒された。
これはすごいわ。

レーシングコースもテストコースも、ポルシェのドライビングスクールもある施設で
博物館の建物以外も充実している。
今日はレーシングコースで一般の車が走っていて、面白かった。
自分の車を持ち込んでレース(と言うか、コースを走行)してるのかな。

日本でも見たことの無いレアな古い日本製バイクなどもあって、面白かった。

fc2blog_20180917082335011.jpg

第二次大戦後に作られたホンダのカブのエンジン。
なんとガソリンタンクは水筒を使用している。
本当に物資が無かったんだなあ。

fc2blog_20180917082410d12.jpg

ホンダのエンジンを付けた原付。

fc2blog_20180917082450472.jpg

その原付自転車にはちゃんと銘が付いている。
雲鶴号自転車、だそうだ。

fc2blog_20180917082508851.jpg

クモヅルのエンブレム。かっこいい。

他にもかっこいいバイクが沢山。

fc2blog_20180918073915dad.jpg


fc2blog_201809180739476ca.jpg

第二次大戦当時のミリタリーのバイク。
インディアナ・ジョーンズに出て来そう?

fc2blog_20180918074009e74.jpg

フロアは年代別にまとめられていて見やすい。
これは70年代のバイクのフロアにあるホンダCB400。
これもしかして、父が乗ってたやつかな・・・?

fc2blog_20180918074027ee7.jpg

おもちゃみたいで可愛いバイクも。

それにしても、ただブラブラ見ていて「あ、これかっこいい」と思って
説明を見ると大抵がイタリア製バイク。
なんでイタリアのデザインってこうかっこいいの〜〜〜!?
何かが違う。

そして、「うわ、これ、だっさ!」と思ってどこの国のかと見てみたら
Great BritainだったのでBJと爆笑。
うん、あの国はなんかもっさりしてるんだ、なんでも。

RIP

樹木希林さんというと、悠木千帆。
ご自分の芸名をチャリティーオークションに出されたのだったか?
すごいな、名前なんて記号だからどうでもいいのか、と驚いた記憶が。
その後芸名で所属事務所と揉める芸能人の記事を見る度に
「歌舞伎役者も落語家も名前どんどん変えて行くんだし、
悠木千帆だって樹木希林になって何も不都合ないんだし。
名前しか拠り所が無いです、自分は無芸ですって
宣伝してるようなもんじゃないの?」
と思ったが。
そういや、美輪明宏も昔は丸山明宏って言ってたっけ。

私が悠木千帆さんを初めて意識したのは
かの「寺内貫太郎一家」ドラマでの
「ジュリィ〜〜〜!!」
でしたわね。
あの時もうおばあちゃんだったのかと思ってたけど、
今から思えばまだせいぜい30代だったのかな?
もっと若かった??

それから、新年にやっていた富士フィルムのCM。
岸本加世子との掛け合いで
「裏の、綾小路だけど。」
ってやつは、笑ったなあ〜。
あの、カヨちゃんとのコンビは多分
同じ久世光彦のドラマ「ムー」と「ムー一族」から、だったんだろう。
「ムー一族」の拓郎さん(郷ひろみ)と金田(カネタ)さん(樹木希林)の
掛け合いと、突然始まる地下での「林檎殺人事件」の歌と踊りは笑えた〜〜〜!!
時々生放送があって、清水健太郎がトレンチコート着て出たりしてたのよね。
伴淳(伴淳三郎)とか由利徹とか、ほんと面白かったなあ〜〜。

近年だと「歩いても歩いても」の映画に出ていたのが印象的。
是枝監督の作品なので本当に淡々と、でもリアルな家族の会話が続き、
樹木希林の娘役をYOUがやってるのだがこれがまた本当に自然で良くて。
見ているうちに、単に人当たりが良くておとなしいお母さん(樹木希林)が
実は深い闇を抱えている事が伝わってくるのだ。
ジワリと怖いお話しで、すごく良い脚本で面白いと思った。

・・・まあ、邦画に良くあるやつなんだけど、
ちょっと、最後が、蛇足だったかなあとは思ったが・・・。

面白い女優さんだったし、もっと長生きして色んな役をやってほしかったな。
でもまあとりあえずは、お疲れ様でした。
ガンの痛みももう無くなった事でしょうし、どうぞごゆっくりお休みくださいませ。

彼女の訃報を聞いて、内田裕也の家に急行してインターホンを鳴らしたけど
「返事はなかった」なんて書いてるマスコミは、人間なの???

バンドの先生

タロウの行っていた高校へ、バンドに寄付する物を持ってちょっと行って来た。
タロウとナナが置いて行ったギタースタンド、サックスのスタンド、楽器のリードだ。
家に置いといてももう使わないしね。

バンドの先生とも久しぶりなのでちょっとお喋りしてきた。
先生の長女アビーはタロウの同級生。
フルスカラシップをもらって近くの大学に、マーチングバンドをやる条件で入学したので
てっきりそちらで活躍してるのかと思いきや、マーチングが合わなくてやめてしまったという。
マーチングバンドをやらないということはスカラシップも取り消しだから、
結局その大学をやめ、今は別の短期大学に通っているそうだ。

・・・まあ、ここの高校ではマーチングバンドやってないからね・・・。
コンサートバンド(ステージで演奏する)だから、そりゃ畑違いだしねえ・・。
でも、バンドの先生自身がその大学のそのマーチングバンド出身だから、
かなりがっかりしていた。
アビーはトランペットでもフレンチホルンでもなんでも本当に上手だったし、
もったいないとは思うけど・・・こればっかりは、無理強いも出来ないしなあ。

「アビーが音楽をやらないなんて、他の事を大学でやるなんて、
時間の無駄だとしか思えない」
と先生は涙ぐんで怒っていたけど。
才能があるのと、その道に情熱を持ってるのとは違うのかな・・・。

下の息子さんは去年までこの学校に来ていたが
今年は公立高校に移ったと聞いていたので、どうですかと聞いたら
「彼は、手を使って色々するのが得意な子だから・・・
公立校の方が、そういう(職業訓練的な)クラスが取れるしね。
それに、もしもずっとこの辺りで暮らすんだったら
そういう(手に職をつけた)人の方が、稼げるでしょ。」
と言っていた。
彼には音楽云々って言わないんだな。
でも確かに、食っていく道をちゃんと確保しない事にはね。

タロウはどうですかと聞かれたので、楽しいらしいですよと答えておいた。
だってそれ以上知らないんだもん〜〜〜。
ちゃんと勉強してるのかな〜〜??

そういえば例のパワーウォッシュのおっちゃんも、ミュージシャンくずれらしい。
「娘のためにオリジナル曲を作ったり、スタジオでレコーディングしたこともあるんだよ」
とか話していた。
でも今はパワーウォッシュやってるわけだ。
そして、かなり仕事が減って困ってるらしく、前金で半分欲しいとか(前回は違った)
すぐに銀行行ってきますとか言ってたので、BJも私も
「大丈夫かなあ〜・・・多分、久しぶりの仕事なんだろうに、
ここでギター買っちゃったなんて言ったらお母ちゃんに怒られるんじゃ・・・」
と、心配してしまったわよ。

音楽で食べていける人なんて本当にひとにぎり以下だよね。

ペンキ塗り、バスルームの蛇口など交換

今日も朝からペンキ屋が来て2階のバスルームと寝室の作業。
ダスティンも来て、マスターバスルームの壊れた蛇口などを全部交換。
蛇口のハンドルから水漏れしてたせいもあるが、
全体にデザインが「今時じゃない」ので
この際全とっかえする事にしたのである。
思ってたよりもなんだかんだと直すとこ多いわー!

これからまだカーペット交換やウッドフロアーのニス塗りもあるし、
全部で一体いくらになるんだろう・・・
大物のジャクージ修理もまだだし・・・・。

ガレージドア交換や今までの修繕分で、今日までで5600ドル請求された。
いやー、やっぱかかるわねー。
かと言って自分でやるだけのスキルも時間も無いし。

2階の寝室(今までタロウの部屋だった)のペンキ塗りはすごい効果!
ビフォーアフターの写真取っとけば良かった、って思うくらい変わった。
うん、これはやって良かったな。

作業はまだまだ途中なので、また月曜日に続きをやってもらう。
はー、まだ先は長いわー。

パンダ

BJが食器棚の中を見て
「あれ、こんなの持ってたの。」
と言った。

「え、どれのこと?」
「これ、パンダのやつ。」
「パンダじゃないよ。」
「パンダでしょ?」
「違う。げんま。」
「何それ」
早乙女玄馬。」






fc2blog_20180913232155f1e.jpg




これだからオタクってめんどくさ。

自分語り?

長年ブログやSNSやって来たけど、
先日とあるサイトのコメントに
「20年以上英語圏在住なのですが」
と書いただけで
「隙あらば自分語り」
とリプされた。

うん?
なんなのそれ、ひょっとして
「英語圏在住」ってのが自慢に聞こえたわけ??
どんな昭和のメンタルよそれ(笑)
この21世紀に、日本人で英語圏にずっと住んでる人なんか珍しくもなかろう。
このリプつけた人の世界では珍しいのか。
それこそ、底辺だっていう「自己紹介乙」。

でも、な〜んかやな気持ちになってたところ、
そのやりとりに対して
「住んでるところを言っただけで自慢だと受け止めてしまうか」
と書き込んでくれた人がいて、
あ、それよそれ、私にとっては単に住んでるところを
自己紹介兼ねて言っただけなのにな、ってわかったのだ。
その人に返信でお礼を言ったところ

「これはご丁寧に。住んでる場所を言っただけで『自慢入ってて草』は無いなあと、
六本木ヒルズの自宅から街を見下ろしながら思いました。
まあ嘘なんですけど。」

このユーモアに脱帽。ありがとう。

パワーウォッシュ

今朝は7時からパワーウォッシュ業者が来て、家の外壁、ドライブウェイ、
裏庭のパティオや玄関先のアプローチを丸洗い開始。
3年ぐらい前にやってもらった人で、仕事が丁寧だったからまた頼んだ。
やっぱり、売るためにはこれぐらいしないとね。

ガレージを開け放って、ペンキ塗りの業者が出入りしていたのだが
それで中に置いてある荷物が目に入ったらしいウォッシュ業者のおっちゃん。
「ギター、あなたが弾くの?」
と聞いて来た。
タロウが置いていったギターがケースに入って置いてあったからだ。
息子のなんだけど、今はあれは使ってないと言うと、売ってくれないかと言う。

1本は4分の3スケールのアコースティックギター。
タロウが小学1年生でレッスンを受け始めた時、最初に買ったギターだ。
もう1本はクラシックギターで、スペイン製の割と良い品。
聞くと、クラシックギターを弾くのだがこの頃は品質のいいものは
なかなか売ってないから、と言う。
あー・・まあ、こんな田舎じゃねえ。安いもの、売れるものしか置いてないだろう。

タロウにテキストして売っていいか聞いたところ、構わないと言う。
アコースティックの方はフルサイズですらないから、無料で良いとして
クラシックの方は買った時800ドルくらいだったからケース付きで200ドルでどうか、
とおっちゃんに言ったらすごく嬉しそうに「買います!」と即決。
うちが払うパワーウォッシュ代から200ドルを引いてもらうことにして、それでOKとした。

楽器なんて、飾っといても傷むだけだもん。
ちゃんと弾いてくれる人に引き取ってもらった方がいいに決まってる。
タロウはどうせ当分帰ってこないしそもそもクラシックギターは
ほとんど使ってなかったし。
必要になったらまた買えばいいでしょ。

さあ、またこれでちょっと荷物が片付いた。
楽器を捨てるのは胸が痛むから、偶然だけどご縁があって引き取ってもらえてほんとに良かったわ。

そこからか

「100分de石ノ森章太郎」というNHKの番組を見た。
私はもちろん仮面ライダー、キカイダー、ゴレンジャー、
猿飛えっちゃんなどで育って来ているし
その後もビッグコミックの連載など読んでいたから
それなりには知ってる。
しかし全く漫画を読まずに育って来たBJはこの番組を見て

「えっ!サイボーグ009って、石ノ森章太郎だったの!?」



そこからかーーー!!!!



まあそれはともかく。
この番組見ててあまりに熱く作品や作家について語る方々を見て
ちょっと引いてしまったので、我が身を振り返って反省。
多分ファーストガンダム語ってる時の私、これぐらい気持ち悪いんだろうな・・・・

お弁当箱

BJは今は通勤時間車で5分、なので、お昼は食べに帰ってくる。
しかし今度引っ越したら片道30分ドライブになるので、
お弁当を持って行きたい、と言う。

それはいいんだけど、ふと気づいたらうちにあるお弁当箱って
キティちゃん、ポケモン、トトロ、そして
タロウが幼稚園の頃使ってた仮面ライダー555!

・・・持って、行く?

ペンキ塗りやらドア交換やら

いよいよ今日から家の色んな所の修理開始。

まずは2階の、子供達が使っていたバスルームの天井と
タロウが使っていた部屋の壁のペンキ塗りに取り掛かるべく、
今日はパテで傷を埋めたり色々。

その間に他の業者が来て、タロウ達が溜まり場にしていたガレージの
小さいドアを新しいものに交換。
もうドア枠が割れてしまっていて、鍵が閉まらなくなっていたので。
いざ新しいのを持って来たらどういうわけか昔のドアは
スタンダードサイズよりも高さが低くしてあって、
新しいのを嵌めるためにドア上部のレンガを少し剥がすという
思ったよりも大きい工事になってしまった。
なんでスタンダードサイズじゃなかったんだろね??

その他、シャワーヘッドを替えてもらったり
タロウの部屋の壊れていたシーリングファンつき電灯を替えてもらったり。
電灯は、前のと違うデザインのにしてみたら
ずっとシックで良い感じになった。
これから壁の色も変えるし、そしたら本当に印象変わるだろうなあ。

午前中に不動産屋のシルビアが来て、色々な書類に私とBJでサイン。
もうほとんどめくら判だ。
サイトに載せる写真も撮ったし、これでいよいよこの家は売りに出される。
なんとか早く売れるといいんだけど。
今、マーケットも動きが悪い上、なんと最近の全米ランキングで
この町が南部では「子育てに最悪な環境」とされてしまったので
果たしてここへ引っ越して来たい、という家族がいるかどうか・・・!??
あとは神頼み。

写真撮影とペンキ塗りの下見

今日は、不動産屋のウェブサイトに載せる写真を
朝からプロに来てもらって撮影。
・・・と書くと簡単だが、そのための準備が大変だった・・・!!!

何しろ、「生活感が出てはいけない」のだ。
モデルルームのように、一切生活感のない部屋にしなければいけない。
しかし私達はまだ引っ越しておらず、ここで暮らしているわけで。
とりあえず、撮影されないガレージに一切合財を放り込んで体裁を整える。

キッチンや洗面所は扉付きの棚の中を片付けて、
普段カウンターに出しっ放しの物を放り込めるように整える。
今後、家を見たいと言う買い手が来た時にもそれで対応出来るように。

いやー、引っ越しは何度もアメリカ国内でやって来たけど、
家を売りに出すのは初めてなのでもう大変!

BJが隅から隅まで掃除してくれて、10年ぶりの大掃除って感じ。
しかし彼は普段掃除なんてしたことがないので、
掃除道具がどこにあるのかも把握してなくて笑った。
そうだよねー、11年この家に住んでて初めてだもんねえ。掃除。

それにしてもホコリよりも猫の毛がどこもかしこもすごい!
長毛種ってやっぱ抜け毛が・・・・。

ともあれ、フォトシューティングは終了。
やれやれ。

午後は2階の寝室とバスルームのペンキ塗りの下見に、業者が来た。
明日の朝8時から作業を開始してくれると言う。
なんか毎日慌ただしいわ。

US Open Tennis

大坂なおみ選手、初のグランドスラム優勝おめでとう!!

今まで名前は知っていたもののちゃんと試合を観戦したことがなく、
今回初めてちゃんと最初から最後まで(スタジオインタビューまで)見たけど
本当に仕草や感情の出し方が日本人だなぁ、
そして、メンタル強いな、すごいな!と感心した。

この試合ではセリーナ・ウィリアムズが観客席にいるコーチから
コーチングを受けたとしてまず1回目の違反を受け、
次に自身のサービスのダブルフォールトに腹を立て
ラケットを叩きつけて壊した事で2回目の違反、1ポイントのペナルティ。
それを不服として審判に抗議した事で3回目の違反が取られ、
ゲームペナルティ(1ゲームを相手に与える)を課された。

コーチ自身、指示を出した事を認めているが
「男子の時だって他の人だって皆やっている事。
今まで問題にされた事なんか無いのに、どうしてだ?」
と言っているのには驚いた。
何それ。女子だから、黒人だから、ペナルティが取られた、って思ってるわけ?

しかし、セリーナがあれだけ怒鳴って涙ぐんで審判に詰め寄ってるのに
なおみちゃんが終始落ち着いていて本当に感心した。
テレビで見てる私ですら怖くなっちゃったというのに。

特にあの、叩きつけられて壊されたラケットの凄まじさよ。
旦那さん、夫婦喧嘩はしないほうがよろしいかと。

トロフィー授与のスピーチでなおみちゃんが
「I'm sorry it had to end like this.」
と言ったのを「勝ってごめんなさい」と日本のマスコミが訳したそうだが
そりゃー誤訳でしょー。
皆がセリーナが勝つ事を期待してたのに、
こんな試合の流れと決着になってしまって残念です、って意味でしょう。

I'm sorryというのは「ごめんなさい」の意味ももちろんあるけど
例えば友人が親族を亡くした時などにも言う言葉。
「お気の毒です」「残念です」「私も悲しく思っている」と言う感じかな。
そういえば昔、日本人の知人が、
「こっちのドクターはすごいよな!患者さんが亡くなった時に、
I'm sorryって言うんだよ!」
と感心してたことがあったな・・・・
多分、「力及ばずすみません」って謝ってると思ってらしたのか・・・。

なおみちゃんは挨拶やお礼の時にピョコッと会釈してたので、
あー、やっぱりお辞儀するんだ、日本人だなーと嬉しくなってしまった。
解説を務めていたクリス・エバートもトロフィー授与のステージに上がって、
なおみちゃんにちゃんとお辞儀して挨拶してたのは微笑ましかった。

今日のCNNでもこの試合の事を取り上げて、
「あの試合の犠牲者はセリーナじゃありません、ナオミ・オーサカです。」
と言ってくれてたので良かった。
セリーナの審判への猛抗議も「Theatrical(芝居がかって)」と言ってたし。

セリーナは結局、17000ドル(約189万円)の罰金をUS Tennis Associationから科されたそうだ。
「まあ彼女にとっちゃ、俺たちが小遣いから500円出すのと同じようなもんじゃない?」
とBJ。
確かにそんなもんなのかも。

災害

北海道胆振東部地震、台風21号により亡くなられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、
被災された全ての方々に心よりお見舞い申し上げます。

本当に今年は自然災害が多いようで、
「もうこうなると大仏建立レベル」
というツイッターのつぶやきを見て
笑うと共に笑い事じゃないなと思ったり。

幸い各地の友人達とは連絡が取れて、
新車が傷ついたとか停電中だという被害はあるものの
皆無事だと聞いてホッとしたところ。

遠くより、1日も早い復旧をお祈りしております。

カーペットクリーニング

合唱の先生と2人でランチ。
先日のお別れパーティでも会ったのだけど、やっぱり他の人もいると
ゆっくりお話しできなかったので。
今日は色々話せて良かった。
彼女にはもうすぐ初孫ちゃんが生まれるので、
生まれたらお祝いさせてね、会わせてねと頼んでおいた。
新生児なんて、何年ぶりに見るだろう!??楽しみーーー!!

午後はカーペットクリーニングの業者が来て2階全部と階段をクリーニング。
猫の毛がすごかった、と言われてしまったがまあしょうがないよね・・・
長毛種だしね・・・・一応掃除機はかけてたんだけど・・・。
大体の部屋はきれいになったが、案の定タロウの部屋のステインは取れず。
全くもーー、何の汚れなのこれ!??
やっぱりこの部屋だけカーペット交換するしかないかなあ・・・・。
うーむ・・・。

子供部屋のジャック&ジルバスルーム(2方向から出入り出来る)は
カビがひどいし湿気でペンキがはがれ始めているので、
来週からドライウォール(sheetrock)とペンキをダスティンにやってもらう事に。
あのままじゃ絶対売れないもの。

ちょっとずつは家の修繕など進んで来たけど、
しかしまだまだやる事山積み〜〜!!!

新しい歌

この頃、日本のテレビ番組を見ていて思う事。

以前は、「あ、これ、いい歌だな。カラオケで歌いたいな」と思っても
2回ぐらい聞けば大体覚えられて、5回も一緒に合わせて歌ってみれば
カラオケで歌えるくらいに仕上げられたのだけど。

今は「あ、これ、かっこいい。好き。歌いたい」と思って聞いて、
iTunesで買って更に聞き込んで、
運転とかしながら人に聞かれないとこで合わせて熱唱して
でも、10回歌っても覚えられない。

なんだこりゃ。

先日、「アンナチュラル 」という石原さとみ主演のドラマの
主題歌で米津玄師の「Lemon」が好きだなと思い、
覚えたいと思ってiTunes で買って何度も聞いていた。
でも何度聞いても、鼻歌レベルではついていけるものの
ちゃんと一緒には歌えない。

仕方ないので歌詞をネット検索してプリントアウト。
間奏や色々なポイントを自分で歌詞に書き込み、
それを見ながら本人の歌に合わせて練習。
ここまでしてやっと、なんとかカラオケで歌えるレベルまで来た。

そもそも、メロディに日本語をのせる「譜割り」っていうのかな、
あれが妙なのよ。
すっごい難しい!

私がもうババァだから、年取ったもんで難しいと思うのかと
ナナに聞いて見たら
「あ!わかる!そうなの、すっごい変な譜割りなんだよね!」
と言ってくれたので、まあ、私だけじゃないのかな。
何度も練習すれば、その割符でなんとか歌えるようになるし
それがかっこよく聞こえてくるんだしね。

私が年取ったのか日本の歌が進化したのか、その両方なのか??

お別れパーティ

先日、お友達が彼女の家で私のためのお別れパーティを開いてくれた。
集まってくれたのはママ友たち、合唱の先生、我が家のお隣さん。
この町では本当に、子供関係の知り合いしか出来なかったな。
学校の活動しかしてなかったんだから、当たり前だけど。

いざお別れ、となるとやはり淋しいけど、今は皆SNSやってるから
離れていても様子がわかるし連絡取るのも簡単だしね。
いつかまた会うこともあるかな。

今日はうちのクイーンサイズベッドとドレッサーなどの家具を
友達の息子さん(ナナの同窓生)が取りに来た。
ランプや扇風機といった細かい物も、友達が引き取ると言ってくれたので
どんどん持って行ってもらう。
おかげで随分片付いたわ〜。ありがたや。
中古家具なんて売るのも大変だし運ぶの大変だから、どうしようかと思ってたんだもの。
最終的には無料で寄付かな、と思ってたから。

他にも色々売る家具があるのだが、Facebookに載せたら一瞬で
昔のタロウの同級生(引っ越しで転校して行った)のママから
「全部買うわ!」とメッセージが来て販売終了。
今はうちから1時間弱の市に住んでいるので、取りに来てくれるという。
これも助かった〜〜。

15年前、バーミンガムのアパートから同じように家具を売り払って
日本へ引っ越した事を思い出す。
あの時はムービングセールやったり色々したっけなあ。

何度やっても引っ越しって面倒だ〜〜〜!

家探し

今、ナナは1週間だけ東京滞在中。
従兄弟がマジカルミライ(初音ミク達ボーカロイドのコンサート)のチケットが
手に入ったからと、ナナを誘ってくれたからである。
ナナがボカロ好きなのを知っているからで、どうもありがとうね。

タロウはお金が必要な時だけBJにテキストして来て、
こちらに置いて行ったあれこれを送ってくれという時は私に連絡。
それ以外はウンともスンとも言ってこない。
ま、便りのないのは無事の知らせ、ということで。

私とBJは8月27日から30日まで3泊4日でクリーブランドへ行って来た。
着いた日は特に予定を入れていなかったので、ダウンタウンをドライブ。
いやー、18年前とすっかり変わっていて驚いた!

特に何もなかったダウンタウンスクエアはきれいな公園になっており、
噴水では子供達が遊んでいたし、歩道をそぞろ歩く人達も沢山。
うわー、こんなに賑やかになってるの!?
昔はダウンタウンって荒れ気味で寂れてて、タワーシティというモールか
スポーツのスタジアム以外の場所は人が歩いてなかったものだけど。
あちこちにレンタル自転車のスタンドもあったし、そんなに観光客も来るの?
大通りの1本にはバス専用レーンが出来ていて、
2両つなぎの大きなバスが行き来していた。
へえ〜、昔はバスって一応走ってるものの、本数少なくて使えたもんじゃなかったけど
この短時間にも何台も見かけたから、それならきっと便利だろうな。
新しいアパートも建っていたし、大学のキャンパスもすごくきれいになっていて
学生が沢山歩いていたのにも感心。
シアターディストリクト、と呼ばれる劇場が集まっている辺りも
道路の上にシャンデリアがかけられていたりして華やかになっていた。
すごいすごい、都会だ〜〜〜。

夕食は昔から好きな日本食レストランShuheiにて。
月曜日だというのに結構混んでいたから、繁盛してるのね。

翌日は朝9時から不動産屋のナタリーに乗せてもらって8つの物件を見せてもらう。
あらかじめウェブサイトのリンクを送ってもらって、ある程度ピックアップしていたのだが
やはり実際に見てみると色々と気がつく事も多い。
でもこういう時、BJと私の趣味が同じなので揉めなくて済むのはありがたい。

結局、車庫が3台分ついているのとオープンなワンフロアのLDKが気に入って
1956年築の一軒家に決めた。
築年数は古いが2016年からディベロッパーが全部リノベーションした家なので
キッチンも何も新しくてきれいだ。
土地は今の家より広く、建物は今よりずっと小さい。
でももう夫婦2人の世帯だし、お客さんもそうしないだろうしね。充分。

3日目にはその家をもう一度見に行ってオファーを出し、
夜にはその価格でOKが出て正式に手続きに入ることになった。
早かった!

空いた時間にアジア食品店や近所のスーパー、モールなどを見に行った。
アジア食品店は日本食専門ではないが、そこそこの物は揃いそう。
それよりも、普通の近所のスーパーで味噌やふりかけを売ってたのに驚いた。
日本人多いのかな。日本語学校のある地域だし、そうなのかも?

走り回っているうちになんとなく土地勘も戻って来た感じ。
BJの勤務先までは車で30分。
ラッシュアワーも、彼の通勤路は逆方向なので関係ないから良かった。
雪が降った時だけかな、要注意なのは。

夜はFleming's Steakhouseでステーキ。
スターターに頼んだロブスタービスクが美味しかった!
ステーキもちゃんとミディアムレアで合格。
あー、良く食べた!

4日目、朝8時にホテルを出発・・・・・
しようとしたらエレベーターが故障中!
ここは2基のエレベーターがあるのだが、1基はチェックインの日から故障中で、
ついにもう1基も壊れてしまったらしい。
仕方ないので4階からえっちらおっちらスーツケースを運んで階段で降りる。
もー、なんなのこれー。スタッフ用のエレベーターも無いわけ!?
トリップアドバイザーに書いちゃうぞ。

その後はトラブルなく無事帰宅。

これでまた、引っ越し準備一歩前進。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR