回復

タロウは順調に回復。
頬の腫れはやや残っているものの、友達が来て一緒に遊んだりする体力も戻ったし
食べ物もそこそこちゃんと食べられるようになって来た。

しかしこの1週間で、私はスープのレパートリーが尽きるところだったわ。
初日はキャベツとベーコンのコンソメ味スープ、
2日目はにゅうめんと自家製コーンポタージュ、
3日目は昼には鮭茶漬け、夜はキャンベル缶のクラムチャウダーとキングスハワイアンブレッド
4日目はキャベツ・ブロッコリー・チキンのコンソメ味スープ。
5日目はもうネタ切れ!

・・・というところでやっと普通食が食べられる感じになって来たので良かった。
タロウは私と食の好みが似ていて、あまり味噌汁とか和食系は食べないから
具沢山味噌汁を作るという選択肢は無かったもので。
ちなみに5日目の夕食は柔らかめに茹でたロブスターラビオリのトマトクリームソース。

ナナの時には何作ったんだっけかな〜・・・
彼女は割合和食党だから、うどんとか作ったんだったかしら。

タロウは私があれこれ工夫して離乳食作ってやったもので
「お母様のありがたみが本当にわかるよ・・」
とか言っていたが。
そうでしょうとも。

明日から私は2週間ちょい留守にするのだけど、
さてBJとタロウの2人でどうにかsurvive出来るのかしら・・・?
とりあえずはタロウが朝ちゃんと学校に間に合うように起きられるかどうか、だ。
BJはタロウの起床時刻よりも前に出勤してしまうから、
自力で起きなければいけないがそこは私に似て夜型朝寝坊の息子。
目覚ましのアラームなどそっちのけで寝ているから
いつもは私が声をかけて起こしているのだが、今回は
ママはいないしパパはお仕事行っちゃうから一人で起きてね、と言ったところ
「えっ!・・・そう来たか・・・・
うん、友達に頼んでみる」
ってそう来るかーーー!!!

友達がテキストして来たって電話して来たって多分起きないだろうけどなあ。
まあ、何回か失敗すれば自分で起きるようになるかな。
ちょうどいい機会かも。

おやつ当番



Costcoへ遠征して、今日買ってきたおやつの山。
比較対象が無いので大きさわかりにくいと思うけど・・・・
まあ、どれもこれもコストコサイズの、ってことで。

来週、タロウがシニアラウンジ(最上級生だけが使える学校内にある部屋)の
おやつ当番なので、色々買いたいと言うから一緒に行って買ってきたのである。
コストコで100ドルもおやつ買ったのなんて初めてだわよ。
私一人で行ってたらこの半分しか買わなかったと思うけど。
タロウ曰く、この頃学年も終わりに近づいてきたせいか
最初の頃はちゃんと皆いいものを沢山持ってきていたのに、
この頃は当番の子が忘れたり、持ってきても少なかったりで
皆から苦情が多いのだそうだ。
・・・そんなに、学校でおやつって食べるもんなの・・・・???
日本の学校で育ってきた私からすると信じられないわ。

ともかくそう言う事なのだそうで、タロウは自分が文句言われないように
きっちりたっぷり、美味しいものをがっちり持って行きたいと言う。
日本のお菓子も皆食べたいと言うとかで、中華マーケットに行って
抹茶味キットカットとかコアラのマーチとか煎餅とかも買った。
・・・高いのに・・・・普通のスナック菓子よりも・・・・。
まあしょうがないか、これで本当に最後だし・・・・。

月曜から金曜まで5日間のおやつなのだが、しかし本当にこんな量必要なのか〜〜!??
私は実は来週日本へちょっと里帰りするので、このおやつは
タロウがちゃんと毎日に振り分けて少しずつ持っていくよう考えなければいけない。
まあ、頑張って自分でやってください。いい加減それぐらい出来るでしょ。

親知らず抜歯後2日目

今日になったら、昨日よりも頬が腫れて大変そうなタロウ。
出血は大体おさまったようだが見た目がすごい。

しかし当然お腹は空くので、何か食べたいと言う。
友達がお見舞いに持って来てくれたアイスクリームや
私が用意しておいたヨーグルト、ジェロ、チョコレートミルクはあるが
甘いものばかりで飽きたようだ。
そうだよねー、しょっぱいもの食べたいだろうな。

というわけでにゅうめん作成。
啜り込むことは厳禁なのであらかじめぼきぼき折って短くして茹でてやる。
美味しいと言って綺麗に食べていた。
やはり、弱った時には醤油味か。

親知らずの抜歯と食べ物

本日、タロウは朝から親知らず上下4本一気に抜歯してもらうため歯科へ。
なにせ4本一気にやってしまうのだ、眠る麻酔をかけてもらって行うので
術後は自力で帰ることなど出来ないから私が運転手としてつきそう。
6年か7年前には、ナナの時にやったな〜。
そのずっと前には、東京で末妹の親知らず抜歯の時に御茶ノ水まで運転手したっけなあ。
そういう私は、上下4本全部大事に取ってあります。だって怖いじゃん。抜くの。
しかし、いつになったら人類は親知らずってもんが生えなくなるのかしらねえ??

9時半の予約でその時間から術後の説明などを聞き、手術は10時ごろから。
言われていた通り10時45分には私が待合室から呼ばれ、
ヘロヘロになって車椅子に乗せられているタロウとご対面。
いやー、お疲れ様。

「下顎の歯がかなりタフだったので・・・」
と先生にもナースにも言われたから、完治するまでには時間がかかりそう。
横向きにがっつり大きな歯が埋まってたもんねえ。

帰宅してタロウはのびてしまい、爆睡。
まあ、寝てるうちに時間が経った方が楽だろう。
私はその間に解熱鎮痛剤と抗生物質を受け取りに行ったり、
食べられそうなものを作ったり。

起きてきて私が冷蔵庫に作っておいたゼリーや
買い置きのヨーグルトを食べ、薬を飲んだタロウ。
「これ、美味しい・・・どうやって作ったの」
と、単に箱の粉末買ってきて溶かして作っただけのゼリーに感心していた。
日本だとゼリエースって言ったっけ?こっちだと、ジェロ。
まあ確かに、出来上がって売ってるゼリーよりは柔らかいし美味しいよね。粉末のって。
でもこの頃もう子供達が喜ばないから、全然作ってなかったんだわ。
昔は良く作って食べさせてたのだけど、そんなことなんて覚えてないんだろうなあ。

しかし久しぶりに「噛まなくても食べられて、刺激が少なくて栄養価の高いもの」を
作ってやろうと色々考えてたらそれはつまり


離乳食



だったもんで、なんだか懐かしかったわ〜〜〜。
クタクタに煮た野菜のスープだとか、先ほど説明したゼリーだとか。
そうそう、こういうの、作ってたよねえ、なんてね。

ナナの離乳食はアップルジュース、ライスシリアルと野菜スープ、それにアップルソースだった。
タロウはオレンジジュース(柑皮症になるほど飲んでた)、チキンナゲット、ラーメン。
とにかくタロウは食が細くて何も食べない子だったから、チキンナゲットだろうが
ラーメンだろうがカロリーになるもんならなんでもいい!状態だったなー。
妹にタロウの子守を頼んだことがあったが、その後
「お姉が、タロウくんは食べないんだって言ってたけど
それってオヤツとか食べすぎて食事が入んないからじゃないの?
って思ってたけど、違うんだね!
ほんっとうに、食べない子って、食べなくても平気なんだ!
タロウくんは、本当に、なんにも食べないね!!!」
と、驚いていたのを思い出す。
・・・いやー、本当に、食べない子だったし、今でも、あんまり食べないのよね・・・。
もうこの子に関してはずっと、「これだったら食べるかな、これなら大丈夫かな」と考え続けてる感じ。
だから親知らず抜いたって、いつも通り
「これなら食べられるかな、これだったら食べるって言うかしら」
って思って用意してる感じだわー。

ナナはいつでも喜んで食べてくれる子で、好きな食べ物も多いから作りがいがあるけど。
きょうだいでもほんと色々違うもんだなあ、と、なんか今日また改めて思ってしまった。

ちなみにここ数日、BJは出張で留守。
昨夜はタロウが「今日の夕ご飯、何?」といつものように聞いてきたので
「ポークポットローストとマッシュドポテトとブロッコリー」
と答えたところ、それを食べたタロウ。
「すごい美味しい!
お父様がいないから、ママ、ご飯作らないと思ってたけど違うんだ!」
と感動してやがった。
そうなの。
うちの子達、私はパパがいないとご飯作りの手を抜くと思ってんだよね〜〜。
まあ、そうなんだけどね〜〜。
いや、あなた、明日親知らず抜くし、その後はしばらくまともなご飯食べられないでしょ、と言ったら
「ああ、それでか〜!ありがとうございます!」
だと。
素直でよろしい。

夕ご飯

タロウの学校は春休みに突入。
大抵の友達は別荘へ行ったり旅行へ行ったりしてるので、
遊び相手のいないタロウは家でぶらぶら。
同じく暇にしているJという同級生がタロウのガレージに遊びに来ていた。

夕方になったので、タロウが「今日の夕ご飯、何?」と聞きに来た。
あまり好きなメニューでなければ、外へ食べに行くつもりだったらしいが
今日は彼の好物のサーモンソテーと白いご飯。
「うわ、美味しそう〜〜〜、うちで食べる。」とな。
Jも、ご飯食べて行きたければ彼の分もあるわよと言ったら
最初は遠慮して、いらないと言っていた。
しかしタロウが自分のご飯を持ってガレージに行ったらそれを見て
「美味しそう!僕も食べたい!」
ですと。

ミックスグリーンサラダの上にのせたサーモンソテーにレモンを添えて、
アスパラガスのガーリック炒めとプチトマト、白いご飯を用意してやったら感激して
「すごい、クリスマスの日みたいだ、ちゃんと家で作ったお料理のご飯!」
とJが言うのでちょっと不憫になってしまった。

彼の家は母子家庭で、お母様は昼夜2つの仕事を掛け持ちしている。
そりゃー、家でご飯悠長に作ってる暇なんて無いわよね。
一度学校の行事でお目にかかったことがあるが、
私よりずっと小柄で細くておとなしいお母様で、
2つも仕事して頑張って子育てしてるとは思えないようなタイプの人。
そんなお母様を見ているから、Jは自分の車の保険やガソリン代は
自分でアルバイトして払っているのだそうだ。
偉いなあ。

うちのご飯で良かったら、いつでも食べにいらっしゃい。

スプリングコンサート

fc2blog_20180325071508ba0.jpg

タロウの、高校最後のスプリングコンサート。
毎度の事ながら練習時間が足りなくてギリギリまでアタフタしたけど、
まあまあ全体に良い出来だったのではないかな。

毎年スプリングコンサートではシニア(最上級生)を紹介するのだが
今年はバンドの先生も合唱の先生も泣きそうになって言葉に詰まっていたので
こちらももらい泣きしてしまった。
私にとっても(多分)最後のコンサートだしということで、
ジャズバンドの時にバンドの先生が私についても色々話してくださったのには驚いた。
ありがとうございました。

まだ学校は続くから本格的にお別れ、って感じは無いけど
でもこれで一区切りだ。
今、BJも他の病院に移ろうかとか考えているし
ひょっとしたら引っ越しもありうるので
そしたら本当にお別れになっちゃうなあ。
そう考えるとちょっと寂しいかも。

トルネード被害

19日の月曜日、午後から悪天候になるとのことで学校は昼で下校。
予報通りスーパーセルストームがアラバマ州を襲い、
近くの市ではトルネード被害が出て大学のキャンパスなども大変なことに。

被害状況の写真→ Anniston Star

道路も封鎖されたりしているので20日は休校となった。
幸い我が家の辺りは雨が降ったくらいで特に被害は出なかったが。
春先はとにかくトルネードが多いので本当に怖い。

21日は平常授業となったが、月・火と音楽の授業が出来なかったのは痛かった・・・!
木曜日がコンサート本番だから、今週はびっちり仕上げに入る予定だったのに。
そして私はジャズバンドと合わせての練習が曲それぞれにつき1回しか出来なかったと言う・・・
これで本番どーすんだ、って感じ・・・・(大汗)

去年のクリスマスコンサートは雪で延期になってしまったし、
なんだか今年は天気に恵まれてないわー。

ボタニカルガーデン

fc2blog_2018031923093297c.jpg


BJと2人で、バーミンガムのボタニカルガーデンへお出かけ。
そろそろ桜が見頃かと思って行ったのだが、まだ五分咲きと言ったところだった。
でも花曇りで暑くもなく寒くもなく、お散歩するのにはちょうど良かった感じ。

帰りにモールへ寄ってちょっと買い物したり本屋を見たり。
のんびりした日曜日でした。

プロム

fc2blog_20180319230832bb3.jpg

土曜日はタロウのプロムがあった。
シニア(12年生)なので、いよいよ最後のプロムだ。
ナナの時はドレスだのアクセサリーだのと買い物に歩いたりして楽しかったが、
タロウは毎年ユースオーケストラで借りているタキシードを着て行くだけなのでつまんない。
私が用意するのは女の子が手首につけるコサージュと、
それにペアになったブートニエ(男子が襟につけるお花)だけ。
それすら今年はタロウのデイト(エスコートする女子)が注文して用意してくれて、
私は受け取りに行ってお金払っただけ。楽だわ。

プロムは夕方からだが、その前に近くの教会に集まって皆で記念撮影。
女子達のドレスが華やかで綺麗でいいな〜!
しかしこっちの高校生って、絶対ティーンエイジャーに見えないわね。
日本人の目からすると皆20代半ばくらいの感じ。

男子達は黒や白のタキシードでキメてたけどこちらはどうにも七五三。
女子の方が大人っぽいなあ。

1組だけ、男子同士のゲイカップルがいたけど
それも許されるのが現代アメリカって感じ?
ちゃんと記念になるシニアプロムにデイトがいて良かったねえ。

記念撮影の後はチャーターしたパーティバスに乗り込んで、
ディナーを食べにバーミンガムまで遠征。
その後カントリークラブでプロム本番があり、
夜10時ごろから今度は我が家のガレージ(タロウのパーティルーム)に集まって二次会。
こっちの高校生のやる事って、日本だと大学生でやるソーシャルよねほんと。

これでまた、最後のイベントひとつ終了。

ソロ&アンサンブル

さて、ソロ&アンサンブルの本番ということで学校に朝7時集合。
行き先を確認して先生がバスを運転、私は自分のミニバンで出発。
2時間走って目的地に着く・・・・が、何か様子がおかしい。
イベントをしている場所なら他校のバスや他の車が沢山停まっているはずなのに
駐車場には車がまばら。
変だというので先生が開催者側に連絡を取ったところまさかの



日にちが違う


事が判明。

・・・ええぇぇぇぇ〜〜!!!????
いや、ちょ、ちょっと待って!!
私、昨日も大会のウェブサイトにアクセスして、日時と場所を確認したよ!??
3月15日って書いてあったわよ!!???

向こうが言うには、日程の変更は去年の9月に行い、
カウンティ(郡)の中の学校には通達が行っていると言う。
私達は2時間も走って行くほど遠い別のカウンティから参加なので、
連絡もれがあった・・・・という。
えー、なにそれーーー!!!
先生が何回も問い合わせしてたのに!??

もう唖然。

本番は4月5日なのだ、と言われたって・・・・・。

結局先生が食い下がり、開催者側の一人が審査員の資格を持っているので
私達だけの為に場所を借りて歌を聞いてくれる事になった。
2時間走ってきたのが無駄じゃなくて良かった・・・。

なんとかかんとか、全員歌う事が出来てこのイベントは終了。やれやれ。
これでまた、「最後の」イベントひとつクリア。

来週はタロウの「学校の最後の春季コンサート」。
私はまた合唱の伴奏と、急遽頼まれたジャズバンドのピアノを弾く。
もうひと頑張りだ〜。

検診結果

年一度の血液検査受けてきたんだけど結果がポータルサイトにあげられてた。
今はこうやって自分でアクセスして全部見られるし、いちいち病院に結果聞きに行く必要もなくて楽だ。

数値は大体昨年と変化なし。
コレステロールが高くて中性脂肪が高くて脂肪肝で・・・・
まあ要するに病名は「デブ」。

体重落とせば多分全部治るんだろ〜なこれ。

明日は本番

学校の合唱クラスから選抜メンバーが参加する「ソロ&アンサンブル」のイベントはいよいよ明日本番。
ここから片道2時間ほどドライブして行くのだが、私はピアノ伴奏なので自分の車で一緒に行く。

今日、ソロで歌う子やカルテットの子達の練習に付き合ったが
誰も彼もちゃんと曲を覚えてなくてこっちは呆れたわよ〜〜〜!!!
暗譜でジャッジの前で歌うイベントなのに、大丈夫なのか〜???

ソロの子は歌は覚えているものの、伴奏と合わせて練習してないので
こちらが楽譜通りに弾いてもちゃんとしたタイミングで入って来られないし
カルテットに至っては歌詞をきちんと覚えてないという体たらく。
・・・・本番、明日だよ!??どーすんの!!!??

ほんっとーに・・・・
アメリカ人の、この、根拠のない自信のすごさっつーか度胸の良さっつーか・・・
20年以上住んでてもまだ驚くわ。

タロウなんかその点中身はやや日本人寄りなのか、
得意のギターでもオーディションを受ける時には緊張したり、
「こんなんで大丈夫かなあ」と不安になったりしている。
・・・いや、そのぐらいがちょうどいいかもよ・・・・。
こっちの子達、自信ありすぎでしょ・・・・。

まあ、でもそういう人達の伴奏なので、こちらとしても
少々とちったところでミスが目立たないから気が楽、というのはある。
頼まれた初めの頃はそれこそ日本人式に「本番では完璧に!!」と思っていたので
練習も必死でしたし生徒達の歌と合わせるのも一生懸命にしたし、
何より「私の伴奏がミスったら生徒達に申し訳ない」と思ってたけど
もうこの頃は「まあ少々ミスったところで生演奏だから消えて無くなるし〜〜、
どうせ誰も覚えてないし大丈夫〜〜」とか思ってる。
おかげで以前はピアノ弾く時すごく「アガった」のに、
今は本番でも余裕だし。
そこだけはアメリカ式、楽でいいわ。

明日の本番も、採点されるのは生徒達の歌だから
私はまあそこそこ伴奏してくればいいだけなので
皆が上手に歌えることを祈るのみ。

覚えてるの?

fc2blog_201803132114189a2.jpg

ナナの膝に乗るココ。
久しぶりに会うのに、ちゃんと覚えてるのか。

ココはナナの膝もタロウの膝も大好きで、彼らがソファに座るとすぐに乗って来る。
普段エサを出してやってトイレ掃除してやって、と世話をしている私とBJには冷たいものだが。
なんなんだーーー

肉まん

ゆるキャン見てる人ならわかる。
りんちゃんの作ってたバター焼き肉まん。
作ってみたけど美味しかったー!



私も写真撮ったけど、ナナも写真撮って
仲良しでゆるキャンも見ている友達にすぐ送っていた。
返信が来て、曰く
「Your mom is the coolest mom!! (ナナのおかーさん、最高ー!)」
と言ってくれたそうな。わはは。
アニメ飯のブログでも始めるか!?

娘、帰省中

ナナがボーイフレンドを連れて帰省。
10時間ドライブも彼氏と一緒なら大変じゃないわよね〜〜。
ともあれ無事に着いて良かった。

私は彼氏と以前オハイオで会った事があるがBJは初対面。
想像してたより感じの良い普通の男の子だったとかで、好印象のよう。
何より「声がいいな!」とは、BJに言われるまで私気づいてなかったわ。確かに。

タロウは彼氏に会うのを嫌がって自分のガレージに友達呼んで
母屋のリビングには全く顔を出さず。
かろうじて挨拶だけはしてたけど。何やってんだか。

彼氏は社会人なのであまり休みが取れず、火曜日には帰ってしまう。
色々食べさせてやろうと用意していたのに、彼氏は海老アレルギーとな!
知らんかった!!ていうかそういえば聞いた覚えはあるような・・・しかし忘れてたわ。
うーむ。
点心食べさせてやろうと海老しゅうまいとか海老餃子とかいっぱい買って来ちゃったよ〜〜〜(涙)
ナナが「彼は好き嫌い無いし、なんでも食べるよ」なんて言うから〜〜!!!

まあ、他にチキンとかも用意してあるし、いいけども・・・・。

とりあえず今日の夕飯はすき焼き。
デザートにティラミスとマカロン。

先生じゃないんですけど・・・

タロウの学校の合唱クラスで、アンサンブルという選抜メンバーがいる。
特に上手でなおかつやる気のある子を、先生がオーディションして選んだグループである。
その子達が来週木曜日に「ソロ&アンサンブル」というコンクールに行く。
クローズド(お客さんを入れない)のコンクールで、
歌う子(ソロなら1人、アンサンブルなら複数)と伴奏者が
ジャッジ(1人)の前で演奏し、絶対評価をつけてもらう催しである。

今年は男女混声アンサンブルはア・カペラ(無伴奏)の合唱をするので私はタッチしていないが
女の子4人のカルテットの歌2曲と、ソロで歌う男子1人と女子1人のそれぞれ2曲、
全部で6曲を私が伴奏する事になっている。
これは学校の仕事ではない(学校からは一応薄謝を頂いてやっている)ので、
各自からお金は取るんだけど。まあ、微々たるもんですが。
先生が、「ちゃんと謝礼を取ってください」とおっしゃるので。
「ピアノ伴奏を頼むということは、そういうルールなのだと教えておかないと」ということらしい。

そんなこんなで本番も近づいたので、昨日と今日はカルテットとソロの子達の練習のため、
学校へ行って来た。
合唱の先生は州代表合唱コンサートに他の生徒達を引率して行っているので留守。
私が責任者で練習させねばならない。
・・・・えっと。
私、先生じゃないんですけど・・・・・。

カルテットの歌は、てっきりもう各パート(ソプラノ1、2とアルト1、2)は仕上がっていて
全部を伴奏と合わせてみたいという話だと思って行ってみたら
「アルトはまだパート練習したことないので・・・・」
とお嬢様方がおっしゃる。



マジか。



じゃあ、先週私がカルテットのソプラノ2人と練習したあれ(1回だけ付き合った)って、
ソプラノ達も初めてのパート練習だったの!!!!?????
それで、来週本番を、楽譜見ちゃいけないし先生の指揮も無いコンクールを、歌うつもり!!????

・・・・どんだけ自信あるんだ。
アメリカ人のポジティブさと舞台度胸の良さは常々感じては来たけど
ここまでってのは本当にもう毎回慣れないし驚くわ〜〜〜!!!!!

しかし腰を抜かしていても前へ進めないので、
アルトのパートから懇切丁寧に教えてやる事に。

私、先生じゃないんですけど・・・・・。

でもまあ、皆耳はいいし楽譜も読める(バンドもやっている)から、
ちょこっと指導しただけでなんとか合わせて歌うことができて少しはホッとした。

問題はソロを歌う男子。
彼は合唱のみ選択の子だからか、楽器を扱わないからか楽譜が読めていないらしい。
音符の長さなどがいい加減で、こっちが伴奏するのにアタフタしてしまった。
でも本人は自信があるらしい・・・・・
つくづくすごいな!!

合唱の先生がいない間の時間を無駄にしないで済んで良かったなとは思うけど、
しかし来週これで本番・・・・
・・・・本当に大丈夫なのかしら・・・・

それから、今年タロウは最上級生で5月末で卒業するから
もう来年私はピアノ伴奏に来ないつもりなんだけど
先生どーする気なんだろうなあ〜〜・・・!!???

類は友を呼ぶ

短大時代からの友人Aと、しばらく音信不通だったのだが
Facebookを通じて連絡が取れるようになり、
じゃあ今度帰国の時にでも会いたいねとLINEの連絡先を交換した。
やはり日本にいる人にはLINEがポピュラーなのね〜。
アメリカで使ってる人なんて聞いたことないけど。

早速LINEでやり取りして、便利になったねえなどと話して
ではまた、と挨拶のスタンプを送ったら
彼女から来たスタンプが



ヴィクトルとマッカチン



あやうく飲んでたコーヒー吹き出すとこだった。

「ヴィクトルとマッカチンかっ!!」
と返信したら
「さすが!Mimiならわかってくれると思ったんだ〜〜〜」
だと。
ええ。わかりますとも。
ユーリ!!!on Iceのアニメのキャラとその愛犬だよね・・・・。
「ハマっちゃってさあ〜〜〜」
・・・ええ、私も全エピソード、2巡見ましたわ。
アルバムも娘が買ったのを分けてもらいましたわ。

オタクの魂100まで。
類は友を呼ぶ。

なんか色んな言葉がよぎった久々の旧友との心温まる交流でございました。



Atlanta Botanical garden

BJと2人で、アトランタの植物園へ行ってきた。












久しぶりの(2月中は本当に雨が多かった)良いお天気でぽかぽかと暖かく、ちょうどいいお散歩でした。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR