Valentines Day 近し

fc2blog_20180130022535de1.jpg

Walmartへ行ったらこの通り。
そうかー、バレンタインデイが近いのね。
いやー、なんか感慨深い。
と言うのも、アメリカの小学校ではクラス全員に学校でキャンディーを配るのが恒例で、
私も毎年毎年メッセージカード付きのバレンタインキャンディーを買って
持たせていたのを思い出したから。
もうやらなくなって何年かなー。


America concert

fc2blog_20180129233010f67.jpg

America のコンサートに行ってきた。
3人のうち1人はもう鬼籍に入っているが、現役の2人だけでもとても良いステージだった。

そういえばBJが以前、誰やらのコンサートチケットを買うか買うまいか迷っていた。
「ちょっと高いんだよなあ〜・・・どうしようかなあ」
しかしそのアーティストはもう高齢。

私「早く(コンサートに)行っとかないと、死んじゃうわよ」

BJ「それな」


というわけでもうベテラン勢のコンサートは、
値段に関わらず聞きに行く事になった。

きのう何食べた?妄想キャスティング

よしながふみの漫画「きのう何食べた?」が、
どうしていまだに実写ドラマ化されてないのかしら、
というツイートを見て笑ってしまった。
だってキャスティングが・・・





うわ、何それ見たい。

それから、ケンジの勤める美容室にいるタブチくんは




これピッタリだ!!

キャスティング、妄想しだすと楽しいなあ〜。
シロさんとケンジはツイートにもあるように佐々木蔵之介とヤスケンさんいいなと思うけど
長谷川博己と竹野内豊のペアでも見てみたい・・・!
でもシロさん役は谷原章介なんかもいいと思うのよね。本当に料理上手だし。

小日向さんは阿部寛で、ジルベールは神木隆之介くんいいなと思ったんだけどどうだろう。
ジルベールに小池徹平、って書いてるレスとかあったけどそれじゃちょっと可愛すぎるんじゃ?
濱田岳って意見は・・うーんどうだろう。芸達者だなとは思うけど・・・。
いっそ山田孝之とかどうかしら。無精髭似合うし。

美容室の店長は見た目だとパパイヤ鈴木だけどムロツヨシなんかどうか。
タブチくんは手越一択。
店長の奥さんは大塚寧々とか。

佳代子さんは榊原郁恵、旦那さんは大杉漣、娘は木南晴夏。
弁護士事務所の大先生はキムラ緑子、若先生はドランクドラゴンの塚地武雅
志乃さんは菜々緒・・・だと美人すぎか?

スーパーのレジの女性は吉田羊、シロさんの元カノは天海祐希あたりに友情出演してもらうとか。

テレ東の夜中の枠あたりで本当に実写化してくれないかしら。
BSでもいい。


<追記>

シロさんのお父様は伊東四朗なんかどう?
そうするとお母様は・・・五月みどり・・・・じゃ伊東家の食卓か!?

冷凍ラーメン

Walmartで、冷凍のRamenなるものが売られていたので興味本位で買ってみた。



開けるとこんな感じ。
2人前が1袋に入っていて、スープのパック、鶏胸肉サイコロ切りのパック、
麺4玉(2玉で1人前ということか)が入っている。

スープのパックにはBakchoy(中国野菜)のみじん切り、人参の細切り、椎茸らしきものの薄切りが入っている。
水を加えて鍋でスープを沸騰させ、チキンを加え、最後に麺を入れて2分煮て完成。

・・・・いや、もう二度と買わないけど。
スープの味付けが薄くて、あれだ、なんちゃって日本食レストランで出てくる
なんじゃこりゃな味噌汁にそっくり。
味噌の味はするのだがダシが全く効いてないの。

しょうがないので鶏ガラスープ加えたりほんだし入れたり色々して、
どうにか食べ慣れたラーメンスープに近いものにして完食したけど。

麺は平たくてボソボソ。
ツルツルっと入ってこない。
これ、Costcoで売ってる冷凍のワンタン麺の麺にそっくりだ。
多分同じ製麺所が作ってんじゃないのかな。
このRamenはSam's ChoiceといってWalmartのプライベートブランドなので、
どこで作ってるか書いてないけど。

ラーメンだと思うとびっくりするけど、これはこういうヌードルスープだ、と思えば
・・・・食べられる・・・・かなあ??

チーズダッカルビ

チーズダッカルビというのを日本のTV番組で知り
(良くある、韓国グルメ旅!とかそういうやつ)
ネットでもちょこちょこ見かけたのでトライしてみた。

ダッカルビ、というのがチキンと野菜のピリ辛炒めで
そこへチーズを溶かしてからめて食べる料理なのね。
そりゃー美味しいに決まってるじゃないですか!!



こちらの動画を参考に、日本人の方のブログなども見て味付け。
あちこち見てるとちょっとずつ味付けのレシピが違うし、入れる野菜も様々だから
まあ多分家庭料理としてその辺はお好みでいいのだろうなと解釈。

ホットプレートで作って食べてみたが、いやー、何これ!うまい!!!
BJにもタロウにも大好評。
滅多に食事のリクエストをしないタロウが珍しく
「またこれ作ってね」
と言ったので相当に気に入ったらしい。良かった。

残ったらご飯を入れてリゾット風にしてもいい、というのを見たので
やってみたかったのだけど、全く残らず完食してしまった!

今回は鳥もも肉にキャベツ、人参、玉ねぎ、ポートベロマッシュルームで作ってみたが
こうするとキャベツ沢山食べられていいなあ。
コチジャン以外は近所で手に入る材料で作れるし、うん、また作ろうっと。

サトコとナダ

「サトコとナダ」という、エッセイ風マンガ(実体験に基づく創作、って感じ)を電子書籍で買って読んでみた。

こちらに、作者へのインタビューと作品の抜粋があるのでよろしかったらどうぞ
日本人女性とムスリム女性の交流を描くマンガ

アメリカ留学中の日本人サトコが、同じく留学中のサウジアラビア出身ムスリムのナダとルームメイトになり、色々異文化体験をするといった日常マンガだ。
私もアメリカに来てからムスリムのご家族とのお付き合いもあるので、
「あるある」な話が多くて笑ってしまった。
私がウケたのは
「ムスリムの知人が増えると


アブダーラとモハメッド多すぎ問題


発生」
というところ。
アブダーラとマンガには書いてあるが私の耳だとアブドゥールって感じに聞こえるが
まあどっちでもいい。
モハメッド、本当に多いっていうかもうその名前しかないんじゃないの!??って思うぐらい。
微妙に綴りが違ったりするんだけど、発音としてはモハメッドなのよね。
でももしかしてこれからそちらの国でもキラキラネームとか流行ったりして、
モハメッドなんていうクラシックな名前は廃れていくのかも知れないけど。
というのも、20年前アメリカに来た頃は石を投げればマイケルに当たる、って感じで
この人もマイケル、こっちもマイケル、あっちは本名マイケルだけど呼び名はマイク、みたいに
もー本当誰も彼もマイケルだったのよ。
それが今や、息子の友達でマイクとかマイケルなんて子、いないもんねえ。
それともモハメッドは宗教的な意味合いの方が強いから、流行には関係ないのかしら。

外できっちり髪を隠しているムスリム女性達が、
女性だけの家の中での集まりで髪を出していると本当に綺麗なのにも驚いた。
それもこのマンガに出てくるけど。
そもそも女性が髪を隠すのは、出して歩いてると男性が誘惑されちゃうからだとか
モスクで女性の方が男性の後ろに並んで礼拝するのは、
男性の目に入るところに女性がいるとそちらに気を取られて礼拝できないからとか
なんかさー・・・・
イスラム教って、本当に、男性を信用してないっていうかなんていうか・・・・!?

「あるある」な事も多くて面白かったけど、
「へえ〜、そうなんだ!」と勉強になる事も多くて面白いマンガだった。
そして、ムスリムを変に珍しがってるわけではなく、
ちゃんとサトコとナダとの友情を描いてるところがほのぼのしていい感じ。
おすすめです。

いやそれは褒めすぎ

タロウは次の金曜日、所属するユースオーケストラが毎年恒例で行なっている
チルドレン・コンサートをやる。
地元の小学校を回り、子供達にも馴染みのある映画音楽などを含めた曲を演奏するのである。
今年はスター・ウォーズのテーマなどやるらしい。

その話をしたらタロウが
「去年は、Mr.フォード(タロウの学校の先生)の奥さんが教えてる学校にたまたま行ったんだよ。
それで、コンサートの後に生徒達に奥さんが、どうだったか聞いたんだって。
そしたら生徒達が、僕のことを(テレビドラマ・フルハウスの)
ジェシーおじさんみたいだ、って言ってたとかで、
もうMr.フォードが1週間ぐらいずーっと僕のこと『アンクル・ジェシー』って呼ぶからさあ〜〜」






それは、褒めすぎ。



いくらなんでもジェシーおいちゃんじゃあないわあ、うちの息子。

ルパン三世カリオストロの城

日本の地上放送でやったそうなので
Jvrentalというサイトに
ルパン三世カリオストロの城がアップされてた。

多分30回ぐらい見てるのにまた見てしまったわー。

やっぱりこの作品は、
アニメとか実写とかを超えて
面白い映画だ!

冒頭からもうクライマックスみたいなカーチェイスだし、
キャラクター立ってて最高だし。

特にこの作品の不二子ちゃんが
粋で格好いいのよねえ〜。

最初から最後まで、一言一句間違わずに
脳内再生余裕な作品だけど
やっぱ観ると楽しいなあ。

と思いきや

本日も休校!!




学校まで登る坂道(学校は山のてっぺんにある)が北向きで、
凍結して未だに通行止なので結局今日も休校決定ーーー!!!!

というお知らせが今、金曜日午前9時半に来ましたがな。

これで明日・明後日は普通に土日で休みだから、





9連休。




いや、もー、どーすんの!??
学校始まってから、カリキュラムのメイクアップが大変だこりゃー

ようやっと

明日は

とりあえず

休校には

ならず。


なんとか3時間遅れで、学校始業することになったとの連絡が有り。
っつってももう金曜日だけどね。

でもって、実はタロウは木曜日から1泊で
バーミンガムでの合唱イベントに参加する予定だったのだ。
しかし当然こちらの道路状況が悪すぎて(積雪は少ないものの
気温が低すぎて凍結、一般道が閉鎖になる状況)
木曜日に出発することは見送りになり。
金曜日(明日)の朝に出て、なんとかイベント参加できるかという話だったが
結局学校も3時間遅れになる程道路の状態が悪いので
危険だからということでバーミンガムまで(片道1時間ドライブ)行くのは無理という結論に。

合唱の先生は学校の責任者やあちらのイベントの主催者側との連絡で大変だったようだ。
お疲れ様でございました。

しかしまあ、12月の学校の冬季コンサートも雪で延期になったし
今回の合唱イベント(州全体の催し)も我が校だけでなく
近隣の学校も参加を見合わせたというし、
なんかついてないっていうか色々大変だわこの冬は。

なんと

明日も休校決定!!!




タロウは木・金と合唱イベントに泊まりがけで参加する予定で
そっちは今のところ開催予定なはずなのだが・・・
何時に出発するとかまだ先生から連絡が無い。
どうなるのかな〜

State of Emergency

キターーーーー!!!





5連休決定!!!!




予報通り午後から雪が降り始めたのだが、
明日の朝は雪は止むものの低温になり路面が凍ったりして危険だというので
非常事態宣言が出て明日も休校とのお知らせが来た。
うわー。
タロウ、5連休ですわ。

この程度の低温と積雪量で休校とか、オハイオからしたら笑っちゃう話だけど
東京と同じで全然雪への備えが無い地域だからね・・・仕方ない。

あーしかし寒いのやだわ。

西郷どん

NHK大河ドラマ「西郷どん」を見始めた。
鈴木亮平は役ごとにちゃんと体を作り変えて来ててすごいなあ。
ロバート・デニーロみたいだ。

ネットでは「薩摩弁が聞き取れない」という苦情が出てるとかいうが
何言ってんのよ、これがもしも今の人に聞き取りやすいように
標準語や現代語に近い言い回しに変えてたら今度は
「当時はあんな喋り方じゃなかったはずだ」って文句つけるくせに。
ドラマに関しては、ネットの意見なんてほとんど無視して構わないと思う。
文句つけたい人がいちゃもんつけてるだけで、
そしてそれが目についてしまうだけだと思うから。

ニュース・報道の嘘やバラエティ番組についてなど、ネットの「正義漢」達が
活躍して事態を変えた場合もあるとは思うけど、
ことドラマや映画といった「作品」については
一部のネットの過激派の意見は聞かなくてもいいんじゃないかなあ。

雪の予報

本日、1月15日月曜日はマーティン・ルーサー・キングJr牧師の誕生日の
祝日(当日ではないので、ハッピーマンデーってやつ?Observed Dayというのだが)で、学校などはお休み。

そして先ほど学校から、
「明日は雪の予報なので休校です」
とのお知らせが。

土、日、月、火曜と4連休になってしまった。

・・・が。
水曜日の朝も低温注意報が出ている。
つまり、道路が凍結して走れないかもしれないので
この分だと水曜日も休みか・・・あるいは2時間遅れとかで登校か?

休みとなったら5連休だわ!
さてどうなるか!?

ギャレットのあれこれ

帰宅してから、ギャレットのママに学校で会う機会があった(彼の妹はまだ在校生なので)。
「本当にありがとう、すごく楽しかったって言ってたわ!
でもねえ〜・・・


今まで行った海外旅行で一番楽しかった、


って言われるのはどうなの。
もう〜、今までどこに連れてってあげたと思ってんのよ〜〜!!って感じよ!」

とおっしゃるので大笑い。
彼は家族旅行でヨーロッパに何度か行った事があり、
学校の修学旅行でスペインにも行っているからだ。

私としては、頑張った甲斐があったって感じで嬉しいけどね〜。


日本に着いたよ、とタロウが友達にスナップチャットで連絡したら
「ギャレット大丈夫!?迷子になってない??(笑)」
と返事が来たそうだが、日本滞在中ずっと大丈夫だった・・・・と思ったら
最後の元日に私の実家へ行く途中、新宿駅ではぐれた!
ここでか!最後の最後に!??と焦ったが
まあ今は各自スマホとレンタルwifiを持っているので無事会えたんだけど。

どうしたのかと思って聞いてみたら
ぼーっとしてて、よその日本人家族のあとをついて行ってしまったと言うので大笑い。
まあ、アメリカにいる時と違って、我が家のメンツは東京じゃ
人混みに紛れてしまって見分けつかないからねえ〜。
しょうがないか。


浅草花やしきでの年越しでは、射的があったので子供達にやらせてみたのだけど
まずコルクの弾の込め方を皆知らない。
私がこうやるのだとやって見せたらタロウが
「さすが、昭和の遊びは良く知ってるね!」
だと。ええまあ、昭和の人ですけどねー。

そしてギャレットの銃の構え方が本気(爆)
うおー、それ、本物の銃の構え方で狙い方だって!
射的の銃なんて、片手で持って目一杯まとのおもちゃに近づけて、
パン!ってやるもんでしょ!??
ギャレットもナナも、きっちり肩に銃床をあて、ブレないように構えて
片目をつぶってまとを狙っていたので笑ったわ〜〜〜。
思わず、それ、本物の銃の構え方じゃないの!と言ったらナナが
「だって、マスケットは、こうやって構えないと・・・」
と言うのでまたまた大笑い。
マスケット、か!
確かに、先込めの銃ではあるが!

さすが南部アメリカ人〜。


ギャレットが日本で一番印象に残った食べ物は吉野家の牛丼だそうだ。
高いお金出して美味しいもの、ならアメリカや他の国でもあるけど
牛丼はあの値段であの美味しさというのは驚いたとのこと。
なるほどね。
確かに、安くて早くて美味しいもんね。



日本旅行 その11

1月2日(火曜日)

午前10時までにチェックアウトしてほしい、とairbnbのオーナーに言われていたので
息子達も7時までには起こして朝のシャワーだのなんだの。
こういう時くらい、夜シャワー浴びて寝てくれんかね!と思うがそうもいかないらしい。
面倒臭い奴らめ。
ナナはちゃんと前の晩に全部支度して目覚ましもかけて、きちんと起床。
この人は昔から準備が良くて朝起きるのも自分でするから本当に楽。
それにひきかえタロウは・・・・・
親の顔が見たいわ。(恥)

早めに宿をチェックアウト、新宿駅から成田エクスプレスで空港へ。
成田エクスプレスは満席で、私たちは指定席が取れて座って行けたから良かったけど
途中駅から乗ってきた人達はずっとドア付近で立っていたようだ。

空港にはかなり早く到着したので、今回は問題なくスムーズに荷物を預けて一安心。
ボーディング時間が近くなるまでお昼ご飯を食べたりお土産を見て時間つぶし。
前よりレストランもお店も増えてきれいになったような。
私は滞在中書店に行く暇も無かったので、やっとここで本屋を見て
欲しかったマンガの新刊など購入。あって良かった〜!

レンタルwifiを返却してセキュリティを通って出国。
帰路は問題もなく無事アトランタに到着。
ナナとはここで別れ、私と息子たちはお迎えに来てくれていたBJとギャレットのママとも会って帰宅。
疲れた〜、でも無事に終わってホッとした〜!!

と言うわけで年末年始の日本旅行は終了。
近いうちに私一人で東京に里帰りしてちょっと息抜きしてこようかと画策中。

日本旅行 その10

2018年1月1日(月曜日)

明けましておめでとうございます!
というわけで遅めに起きて、皆で午後1時頃までに実家へ。

fc2blog_20180111144424c1e.jpg

妹が気合い入れて綺麗に詰めてくれたおせちや、
取り寄せたオードブル風のおせちやお寿司など。

fc2blog_20180111144445b56.jpg

おせちの一品一品にいわれや意味があるのだ、とギャレットに説明するも
わりかしダジャレなものだから英語にするのが難しい。
どの程度理解してくれたかな・・・?

お腹いっぱいになったところで皆で地元の氏神様へ初詣に。

fc2blog_201801111445089da.jpg

「シン・ゴジラ」のタバ作戦で前線基地が置かれた浅間神社なので
ギャレットにそう説明してやったら映画を見た事があるらしく
「・・・ああ、そうか!わかった、思い出してきた、あの橋が壊されるやつだ!」
と丸子橋を振り返って感激していたから良かったわー。

fc2blog_20180111144529a4d.jpg

ここでもお参りには少し並んだので、お参りがすんだらもう夕日。

fc2blog_20180111144554bd9.jpg

映画で前線基地が作られた展望台から写真を撮るナナ、タロウ、ギャレット、甥っ子。
雲がなければ綺麗に富士山が見えるんだけどなー。ちょっと残念。

もう明日はアメリカへ帰るので、今日は最終日だから各自最後に買い物などへ別行動。
私は予定一通り全部こなせてほっとしたので早々に宿へ帰り、荷造り。
皆体調も崩さず、落し物とかも無く無事で良かったわ〜〜〜〜。
あーしかし段取り良く動くのって本当に大変だった。
子供の友達連れてツアコンやるのはもう今年で最後にしたいわ。

日本旅行 その9

12月31日(日曜日)

タロウとギャレットは結局朝5時頃帰って来た。
何やってたのー、と聞くとやはりライブハウスにいたと言う。
どうやら終電逃した人たちが沢山いて、延々と演奏してる人もいれば
店で寝てしまってる客もいたとか。
夜遊びしてても安全な国で良かった。

「でも皆うまいんだよ、ほんと!」
と、タロウはしきりに感心していた。
自分達も演奏させてもらったが、下手くそなので恥ずかしかった、と言う。
へえ〜。東京のジャズ&ブルースのライブハウスってそんなにレベル高いんだ。

何しろ朝帰りなので2人とも昼過ぎまで寝ており、
ナナが午後一旦荷物を置きに宿へ帰ってくるまで待つ事に。
シャワー浴びたり支度して、午後遅くなってから浅草へ向かう。


fc2blog_2018011114405984f.jpg

6時頃浅草到着、ちゃんこ鍋の店で夕食。

fc2blog_20180111144127100.jpg

午後8時頃の仲見世通り。

9時から、花やしきの年越しカウントダウンイベントへ。

fc2blog_20180111144220e43.jpg

外にいるのも寒いので、アーケードゲームなどやって時間つぶし。
カウントダウン自体は花火が上がるわけでもないしさほど盛り上がらず。

年が明けたので浅草寺へ向かい、初詣の列に並ぶ。

fc2blog_201801111442424cb.jpg

さすがにすごい人出!
でも警備の機動隊の手際が良くて、混乱もなく押されたりとかもなく
スムーズに列が動いていくので感心した。
ナナは
「昨日までコミケで、今日これか!」
と言ってたけど。うん。並ぶよね。

ギャレットは
「これだけの人混みって、経験した事ない。」
と言って驚いていたが、そこは身長186センチ、
人の頭の上からずーっと先が見渡せるので楽そうだった。いいなあ。
しかし彼を見てると「ガリバー旅行記」のリリパット国は日本の事だって言うの、
本当に実感するわ。

fc2blog_20180111144301b08.jpg

fc2blog_20180111144319c5b.jpg

お参りまでは40分ぐらい並んだかな?
立ちっぱなしで腰が痛くなったけど、寒さはそれほどでもなかった。

お参りした後は、ずらりと並んだ夜店を冷やかして歩く。
すごいなー、お祭りだわねこれは。
大小様々なダルマさんを売っている店があり、ギャレットがこれは何かと聞くので
説明してやったら「クールだ、買っていきます」だと。
へー。面白いもん買ってくのねえ。

例の一橋に留学してる子は、留学生仲間150人(!)と一緒に
明治神宮へ初詣に行く、と言っていたそうだ。
ひゃー。あそこは日本一混むでしょうから、大変だろうなあ!

後で知った事だが明治神宮は境内への出店は禁止なので、
浅草寺に行って色々な夜店を見られたのは良かったかもしれない。
私自身、カウントダウンだの年越しの二年参りは初体験なので面白かった。

終夜運転している電車で新宿まで戻り、そこからタクシーで宿へ帰る。
帰り着いたらもう午前3時半だった。疲れたーー!!!

日本旅行 その8

12月30日(土曜日)

タロウ達は昨夜というか今朝、午前2時過ぎにようやく帰って来た。
最後は下北沢のライブハウスとかをはしごして遊んでいたらしい。
歩いて帰ってこられる宿だから終電関係ないのよね・・・・
まあそのために下北選んだんだし、楽しんでくれてるので良かったというべきか。

ナナは末妹とコミケへ行ってから、スカイプで英会話を教えている生徒さんとオフ会。
私の友人からの紹介でスカイプ英会話を始める事になったのだが、
生徒さんは30代女性でオタクだそうな。
ビジネス英会話とかでなく、オタクな外人とコミュニケーションする言い回しなどを知りたい、
というリクエストなのでもうナナにはドンピシャでしょう!

タロウとギャレットはまた一橋大学留学中の友達と一緒にあちこちぶらぶら。
渋谷を歩いていたはずが気がついたら原宿にいたとか言ってたから、
一体どのくらい歩き回ってたのやら。

私は日中また実家に顔出したりしつつ、夕方から妹達とナナとで渋谷でカラオケ女子忘年会。
実は甥達も参加したいと言って来たのだが母親(真ん中の妹)が
「ダメ。女子会だから。」
とはねつけたそうな。かわいそーに。
でもまあ確かに、おばさん同士でないとぶっちゃけられない話題とかもあるしねえ。
ナナはまあいいの、ついて来れるし。

三姉妹で、学生時代は年齢の差が大きくて
あまり一緒に遊んだことなんてなかったけど
(何しろ一番下の妹とは10歳違い。中学生と幼稚園生が一緒に遊べないわ)、
年取って来たら年齢差もさほど感じないようになって
こうして一緒に遊べるようになって来たのが楽しい。

がっつりカラオケして喋って食べて飲んで、10時ごろ解散。
ナナはもう一泊実家に泊めてもらうというので私一人で宿へ帰る。
息子どもは朝まで帰って来ず。全くもー。

日本旅行 その7

12月29日(金曜日)

ナナは私の末妹と一緒にコミケへ。
タロウとギャレットは、なんとアラバマの中高の先輩(今は大学2年生)が
現在一橋大学に留学しているので会いに行く事に。
私は実家に顔を出しつつ、かれこれ10年以上のお付き合いになる
ネット友達と二子玉川でランチ。
そして夜は義妹一家も一緒に全員私の実家に集まり、
遅いクリスマスパーティというか忘年会をする予定。

二子玉川でのランチは楽しかった!
多摩川から富士山方面をのぞむ眺望は素晴らしかったし、
お料理もどれもとても美味しかったし。
お友達との久々の近況報告も楽しかった。
もう今や、最初に知り合ったきっかけがネットだなんて思えないわ〜。
ていうか、学生時代の友達とかそういう方が
ネットを使ってくれて無いので、今や疎遠になってるかも・・・??


fc2blog_20180111143929723.jpg

夕方から実家で、義妹(BJの妹一家)もお招きしてパーティ。
私が何しろ時間が無くて何も出来なかったので、
ケンタッキー買って来たりピザ頼んだりの手抜きパーティだったけど
皆さまにお会いできたのは楽しかったー。
タロウは一橋に留学してる先輩も連れて帰って来て、
アラバマのあんな小さな私立校の子達が
東京でリユニオンしてるなんてなんだか笑っちゃったけど。
世界は狭くなってるわー。本当に。

fc2blog_20180111144004cc5.jpg

父がアラバマの子達に、何やら説明しているところ

タロウ達男子は、適当にご飯を食べたらまた遊びに出かけて行った。
渋谷とか原宿あたりで、一橋に行ってる子が知ってるダーツバーとかに行ったらしい。
そりゃ楽しかろう〜〜〜。

ナナは翌日もコミケに行く予定なので実家に泊まり、
私一人で下北沢の宿へ帰る。
酒飲んで寝るかーと駅前のコンビニでワインとか日本酒買って帰るも、
もー疲れ果てて飲めずに撃沈。
ほんと、東京にいる間は飲めなかったっていうか飲む余裕もなかったわ・・・!!

日本旅行 その6

12月28日(木曜日)

京都2日目。
ホテルを9時にチェックアウト、観光コースを予約したヤサカタクシーに乗り込む。
3年前に両親と子供達と利用したのが同じヤサカの観光タクシーだったが、
今回も女性ドライバーで、ベテランらしくテキパキしていて本当に助かった。

朝のピックアップの時点ではホテルに荷物を置いていき、
観光後に戻って来て新幹線に乗ろうかと思っていたら
「何時の新幹線です?お荷物、トランクに入れていきましょうか?
その方が、ここまで戻ってくる時間のロスがないでしょう?」
と言って下さり、そうさせてもらうことに。
実際、時間の余裕はさほど無かったので本当に有り難かった。
私達の行きたい観光コースも上手に回って下さり、
最後はちゃんと京都駅で昼食を食べる時間も計算して
荷物を置いておけるコインロッカーがある所に車を回してくれたし、
プロだなー!!!と、感心。
観光途中に急いでぽち袋を買ってほんの感謝の気持ちを包んだけど、
こういう時はアメリカみたいにチップの習慣があった方がいいかなと思ったりして。

ヤサカタクシーには、外国人向けに英語の出来るドライバーさんもいるのだが
今回はわざと英語タクシーを頼まなかった。
ギャレットとタロウが、学校の修学旅行で行ったスペインの事を
「観光地の観光名所しか行かなかったせいもあるだろうけど、
とにかく誰も彼も英語喋るから、外国行った感じがしなかった」
と、言っていたせいである。
おっしゃー、そんなら、日本じゃあもう、
「うわあ、英語通じねぇ!どーすんだよ!」
って経験させたろーじゃないの、と、思ったからだ。

それに、ナナも同行するから、大体の通訳は事足りるだろうと思ったしねー。
私は通訳しませんよ。ええ。

まずはタクシーで金閣寺へ。
ここは前回もそうだったが、朝一で行った方が空いてて良いのだそうだ。
確かに、お庭を歩いて戻って来たら中国人団体がドーッと入って来ていた。
一足先で良かった。

次は石庭が有名な龍安寺。
石庭は、アメリカだと「Zen」と言われ、それって禅の事だろうとは思うが
なんだか知らんがあの石庭自体をも禅と呼ぶのである。
デスクの上で「禅」が作れる石庭セットとかも売られてるほどメジャー。
Tabletop Zen Garden Kit

fc2blog_201801111437105cc.jpg

ここでは団体客もおらず、静かだったので結構ゆっくりとお庭を鑑賞できて良かった。
ギャレットも、後で聞いたらこの石庭が一番印象的だった、とのこと。

次は私も初めての下鴨神社。

fc2blog_201801111437549ff.jpg

小さくパネルが立ってるのが見えるでしょうか・・・・
森見登美彦さんの原作でアニメ化された「有頂天家族」の矢三郎のパネルですわ。
この下鴨神社に住んでいるたぬき一家の話で、矢三郎はその三男。
私は原作小説を読んでる森見さんファンで、ナナは有頂天家族のアニメファンなので
まあ私たちの聖地巡礼って感じ?
タクシーのドライバーさんは当然アニメなんてご存知無かったので、
パネルもあったことだし説明して差し上げたら大笑いなさっておりました。

そこから一気に南下して伏見稲荷大社へ。
途中、鴨川沿いを下っている時に「なんか綺麗な古そうな建物だな・・」と
見ていたのが有頂天家族のアニメで出て来た金曜日倶楽部の会合の建物と気づいて
私とナナだけ大興奮!!!ぎゃー、本当にある建物なんだ!!!

伏見稲荷まで来たら激混みで、タクシーも駐車場が見つからず。
「なんでこんなに混んでるのかしら?」
と、ドライバーさんも困惑してたけどとにかく車が置けないので、
40分ぐらいでぐるっと回って戻ってくる事を約束して車を降りる。
3年前に来た事があるので、「おもかる石」をやって帰って来ますと言ってそれで了承。
あそこまでなら、40分もあれば大丈夫だろう。

fc2blog_20180111143829ea2.jpg

千本鳥居の一番有名な辺りはもう渋滞。
中国人のお嬢さん達がレンタルの振袖を来て、はしゃいで写真撮ってるのは可愛いので
邪魔したくないから写真撮影終わるまで待つのだがすると後ろがつまる。
なんでこんなに混んでるのほんと。

おもかる石の占いをやって、御神体の石(隕石?)を拝んでお宮を退出。
タクシーに再び乗り込み、京都駅へ。

コインロッカーのそばに降ろしてもらい、伊勢丹への行き方を聞いてタクシーとはお別れ。
本当に今回も素晴らしいアテンドで、助かりましたー!
ヤサカタクシー、便利だし信用出来るし素晴らしいです。

伊勢丹の上の階で「日本の洋食」を食べてランチ。

fc2blog_20180111143901c3a.jpg

ハンバーグ、というものはアメリカには無いので(ハンバーガーならある)
ナナがメニューを見ながら説明したのだけど出て来たものを食べたギャレットの感想は
「あ、ミートローフだね」
・・・あ〜そうだった。
アメリカでハンバーガーというと牛肉100パーセントで、
ミートローフは牛肉に豚や仔牛肉を混ぜたりして焼くんだった。

ギャレットはハンバーグ(ミートローフ)とエビフライにパンのセット、
私はハンバーグとクリームコロッケにライス、
タロウはオムライスとサラダ、
ナナはエビグラタンにスープのセットにした。
いかにも日本の洋食屋のメニュー。なつかしー。

お腹いっぱい食べて落ち着いて、ちゃんと新幹線の時間にも間に合った。
本当にヤサカタクシーのドライバーさんありがとうございました。

京都から無事に帰京し、本日も終了。

日本旅行 その5

12月27日(水曜日)

朝6時起床、品川へ向かい8時過ぎの新幹線で京都へ。
朝食は駅で弁当を買って、新幹線の中で済ませる。

fc2blog_2018011114351548b.jpg

もーねえ、これは本当に私頭使ったのよーーー!!
時間の無い中でいかに効率良くあちこち回るか、って。
まず新幹線降りた後荷物をどうするか、ホテルに置いてから昼食に行くか、
昼食ももう予約しておいた方が間違いないだろうけど時間的にどう動けば間に合うか、とか。
そしてこの日の京都の天気予報は雪。
・・・京都は盆地だから寒いだろうとは覚悟してたけど、雪!!
新幹線は名古屋から雪のため減速運転していて時間より遅れるとか言ってるし、もう内心パニック。
子供達は旗持って先頭歩いてる私についてくるだけだから気楽なもんだったけど
私は結構きつかったなあこれ。
もう次は出来ないわー。

10時半ごろ京都駅着。
まずは投宿するブライトンホテルに向かい、大きい荷物を預けてしまう。
チェックインは3時。

ホテル近くの護王神社へ歩いて行き、ギャレットに神社のお参りの作法など教える。
手水場で手を洗い、口をゆすぎ、最後に傾けて柄杓の柄まで洗ってから元に戻す、
という手順をナナがちゃんと覚えていてギャレットに教えていたので感心した。
偉いわー。私、柄杓の柄を流すとこ忘れてました。恥。

しかしギャレットが色々日本の神道や日本式の仏教の勉強をして来ていて、
質問が結構深かったのでびっくり。
うっかりした答えが出来ないのでへどもどしてしまったわ。
こういう場合「そこは詳しく知らないので後で調べて説明しますね」と言うのが正解。
前に英会話教える手伝いしてた時に英語の先生に言われたのが
「生徒はなぜか、教師が最初に答えた事をがっちり覚えてしまう。
後であれは間違いだったと訂正して話して聞かせてもダメなのです。
だから、自分がうろ覚えの事や確信が持てない事はその場でいい加減に答えず、
きちんと後で調べて答えるからと言わないといけないのです」

これ、本当にそうなのよね〜。
子育てしてても思う。
だから、自信の無い事は適当な返事してはいけないのだ。

しかし後で聞いて面白かったのが、私がギャレットに英語で
日本の神様や仏様の話をしていたのを聞いてタロウが
「僕もすごく勉強になって面白かった」
と言っていた事。
・・・そういえば、タロウにはそんなに詳しく説明した事、無かったかも・・・
って言うか彼は別に興味示さなかったので、ちゃんと言って聞かせた事無かったかも。
日本語で説明しても彼のボキャブラリーじゃ理解しきれなかっただろうし、
英語で言って聞かせてたのを隣で聞いてたのはちょうど良かったんだろうな。
これは意外な効果。

護王神社からブラブラ歩いて京都御所の脇を南下し、
適当な時間になったのでタクシーを拾って昼食を予約した和食の店へ。
12時からのランチでおまかせコースのみ。
カウンターだけの小さな店だが料理しているのが全部見えるので
ギャレットには面白いかなと思って予約したのだが
お料理も一つ一つ凝っていて美味しく、ボリュームも結構あって満腹になった。

fc2blog_20180111143601026.jpg

締めはお抹茶と、その場で皮に詰めてくれる最中。
ごちそうさまでした。

予約した時には気づかなかったが、行ってみたらこのお店は
錦市場のすぐ横だったので、昼食後市場をぶらつくことにした。

fc2blog_2018011114363099a.jpg

ここは私も初めてで、賑やかで面白かった。
お正月用品が売られていて、ちょっと東京上野のアメ横みたいな感じ。
アメ横ほど激混みではなかったけど。

ギャレットはお母さんが緑茶が好きだから買って帰りたいと言っていたので、
お茶屋さんがあったから立ち寄ることに。
ギャレットは
「オススメは、なんですか」
とちゃんと日本語で聞き、お店の人も
「煎茶ならこれとこれと、これですね」
と上中下の値段の煎茶を教えてくださったのだが
100グラムいくら、の量り売りでしかも



値段表記が漢数字。





五百円、八百円、とか書いてあってギャレットには読めなーーーい!
・・・アラビア数字じゃないとは思わなかった・・・・
外人にはやっぱハードル高いな、地元の市場。

それでもなんとかお土産ゲット。
私はその場で煎じていたお番茶があまりにもいい香りだったのでつい買ってしまった。
ほうじ茶とか番茶とか加賀棒茶とか、大好きなんですわ。

錦市場から横へ逸れて新京極をブラブラ。
タロウ達は「意味不明な英語がついてる服」など見て歩いて大笑い。
お店の人がギャレットに英語で
「これは、日本オリジナルのブランドで・・」
と説明してくれたそうだけど、タロウ曰く
「うん、服に書いてある英語見たら、日本オリジナルって、わかるよ!」
まあそうだよねー。

雪がちらついて寒いしいい加減歩き疲れたので、
チェックイン時間に合わせてタクシー拾ってホテルへ。
女子チーム男子チームでそれぞれの部屋へ落ち着き、全員昼寝。
いやー、朝早く起きたし疲れたわー!

夕食はホテル内の中華レストランでコース料理。
これまた凝ったお料理ばかりでどれも美味しかった!
ギャレットは「アメリカの中華料理」しか知らないので
フカヒレスープや北京ダックを食べて驚いてたけど。

私とナナは夕食後、もう9時ぐらいになってたのでそのままホテルにいることに。
タロウはギャレット連れて京都のライブハウスやビンテージのビデオゲームを
置いてる店などに行って、夜中まで遊んで来たらしい。
ライブハウスでは店の人に声をかけてもらい、
タロウはドラムス、ギャレットはベースギター弾いて
お店の人のリードギターに合わせてジャムセッションして来たとか。
何それかっこいい。
店にはドイツ人とかスウェーデンとか色々な国の人が来てたそうで。
なんか私の知ってる京都と違うんですけど。
タロウは仲良しのギャレットを連れて日本に行けるとなってから、
実は色々とネット検索してそういう場所を調べ上げていたらしい。
やるねえ。
自分の興味ある事ならそういう熱意もあるわけね。

という事で京都1日目、終了。

日本旅行 その4

12月26日(火曜日)

fc2blog_20180105085624ea2.jpg

昨日、はしゃぎ過ぎた子供達は朝寝坊。
ゆっくり起きて、押上のスカイツリーへ向かう。

私自身東京生まれの東京育ちと言っても沿線が違えば全く勝手が違うので、
下北沢から押上駅ってどうやって行くんじゃ、と途方に暮れるも
今はグーグルマップやネット検索が便利なので助かる。

そのためにもレンタルのポータブルwifiは絶対必要なのよねー。
昔は携帯電話をレンタルしてたけど、今はwifiがあれば
自分のいつものスマホをそのまま使えるからもっぱらレンタルwifi利用。
wifi環境があればLINEでもFacebook Messengerでも音声通話が出来るから、
普通の電話持ってるのと変わりないし。
本当に便利な時代になったなーと思う。
iPhone同士なら、Facetimeで話すことも出来るしね。
国際通話もこれで出来ちゃうんだから本当に便利。
音質もいいし。30年前の国際電話の時代からしたら夢のようだわー。

スカイツリーはガラガラで、待ち時間ゼロでチケット買って展望台へ。
一通り見て降りて来てからソラマチの回転寿司で食事、その後ぶらぶら買い物に歩く。
ギャレットはここでお母さんへのお土産に扇子を買ったりしていた。

fc2blog_20180105085703926.jpg

適当な時間に新橋まで移動、ゆりかもめに乗ってお台場方面へ。

fc2blog_2018010508572986c.jpg

去年ヘイリーを連れて来た大江戸温泉物語に行く。
2度目なので勝手がわかっているから、女子チーム男子チームに別れてさっさと着替えに。
浴衣を着て中で落ち合い、それぞれ適当に入浴したり夕飯食べたり私はビール飲んだり。
大広間でお風呂上がりにビール飲んだらすっかり眠くなってちょっと寝てしまった。極楽。

ナナと私はドクターフィッシュに挑戦してみたが、もともとくすぐったがりの私には無理だったー。
ナナは最初くすぐったがっていたが、しばらくすると慣れたと言っていた。

すっかり温まってご機嫌で宿に帰り、本日も無事終了。

新年初ESLクラス

アジア食品店に買い物に行きたかったので、
ついでにその近くで知人が参加しているESLクラスに顔を出して来た。
さすがにESL(というよりは英語でするバイブルスタディ)だけのために
往復2時間運転するのはちょっとね・・・。

ここのESLは生徒ほぼ全員が日本人奥様なので、
クラスが終わった後のお茶会では日本語会話全開。
英語の勉強に来てるんじゃないのね、どちらかというと日本語での息抜き。
私も日本語で沢山お喋りして楽しかったー。
たまにはいいかな、こういうのも。


日本旅行 その3

12月25日(月曜日)

私は時差ボケもあって早朝に起床。
タロウとギャレットは朝シャワーを浴びる習慣なので朝から風呂場へ。
アメリカと違って風呂場寒いよ、お風呂ためてあげましょうかと聞いてやったが
2人ともいらないと言う。あっそ。
しかしこれはタロウは数日後に音を上げ、お風呂ためて下さいと頼んで来た。
だよねー。寒いもんねー。お風呂に浸かってあったまりながらじゃなきゃ、
シャワーなんか浴びられないよねー。
だからギャレットにもバスタブに入れと言ったのだがナナが
「あの狭い風呂桶に!?ギャレットじゃ、足三つくらいに折らないと入れないでしょう!!」

爆笑。
その通りだわ。
ほんと狭かったもんねえ、あの風呂桶・・・・。
ちなみにギャレットの身長は186センチくらい。

コンビニで買って来ておいたおにぎりや惣菜パンでこたつで朝食。
ギャレットはおにぎりの包装(海苔が別になってるあれ)に感心していた。

本日は各自別々な場所へ行く予定なので、まずは新宿駅まで一緒に出る。
タロウは「今日は25日(クリスマス)だけど、お店って開いてる?」と聞いて来た。
アメリカと違って日本では25日は祝日でもなんでもないので大丈夫、と答えたが。
日本ではむしろ24日のイブの方がメインな感じだしねえ。

さてここからナナは山手線で池袋へ、私は山手線の反対回りで目黒へ。
この「山手線内回り・外回り」って英語でなんて説明するのかと思ったら
ナナがさらりと「クロックワイズ(時計回り)、カウンタークロックワイズ(反時計回り)」と言ったので感心。
てか、そっちのがわかりやすいわ!
東京生まれだけど未だに内回り・外回りのどっちがどっちかわからなくなるんだもの。

タロウとギャレットは新宿から中央線で御茶ノ水へ、楽器店を見に行く。
新宿駅でそれぞれ何番線だ、あっちだこっちだとワイワイ言っていたらタロウが
「あー、じゃあ僕たち、中央線だからあれかな」
と指差す先が
「中央線・立川・高尾方面」

逆ーーーー!!
それ逆!!!
甲府まで行っちゃうって!!

この話を妹にしたら
「あー、そっちは・・・最終的には長野まで行くからねえ。」
って、そうなの!??

JR中央本線、すごいな。

なんとかタロウ達を御茶ノ水方面に乗せ、もうあとは知らん〜!なんとか頑張れ!
と言うことで私は実家へ。
お昼ご飯を実家で妹と両親と食べ、ちょっとお喋りして新宿へ戻り、
京都行き新幹線の切符を購入。
自動販売機で買えると言うので窓口に並ばず自販機を使ったのだが、
最後の最後でアメリカ発行のクレジットカードでは受け付けてもらえず。
ええ〜〜〜!!??ここまで来て〜???
しょうがないので日本の銀行系クレジットカードで支払ったけど、
外国人観光客だったらどうするのかしら。
そこまでの表示に英語表記も選べたし、まさか最後に海外のカードがダメって言うとは思わなかった。
最後まで来てやっぱりダメとなったら、一から窓口に並べ、ってなるの!?
せめて自販機の周囲に張り紙するとか、自販機の最初の画面に
「海外発行のクレジットカードではお取引出来ません」って
表示してあげるのが親切じゃないかと思うのだが。
ちなみに後日成田エクスプレスのチケットをみどりの窓口で買ったが、
こちらは海外発行のクレジットカードでも支払いが出来た。
その違いって何なの??

ナナは池袋で自分の用事などをしたあとお友達(大学の友達で、今は日本で英語の先生をしている)と落ち合い
ナンジャタウンに一緒に行って実に5時間も遊んで夜9時過ぎに帰って来た。
タロウとギャレットは御茶ノ水、新宿、渋谷で遊んで最後に下北沢を探検して、
午後11時を過ぎてやっと戻って来た。
初日からはしゃいで飛ばし過ぎでしょあなた達・・・
とりあえず、風邪とか引かないでよね〜〜〜!?

日本旅行 その2

12月24日(日曜日)

アトランタでのすったもんだはあったものの、フライトは問題なく定刻通りに成田着。
入国でギャレットが人差し指の指紋を取られる時、
よりによってこのタイミングで水ぶくれを作ってたもんでうまく取れず
ちょっとモタモタしたのはまあ笑い話。

レンタルwifiを借り、成田エクスプレスで新宿へ。
新宿からはタクシーで、airbnbで予約した下北沢の宿へ移動。
宿のオーナーが待っていてくれて、暖房や風呂の使い方などの説明を伺う。
何しろ昭和の一軒家、きちんと手入れされてはいるものの、色々と古い!
台所の温水器は懐かしのパロマ給湯器タイプのやつだし。
ちゃんと換気しながら使わないと危ないアレね。
風呂もバランス釜!まだこんなのあるんだ!!
換気窓がついてるので当然風呂場は外気温と同じ。
ヒートショックで死にそう。
でも部屋にはエアコンがついていて、暖房はちゃんと効いたから良かった。
しかし何より、部屋のコンセントの数が超少ないのは不便だった!
今はなんでも充電が必要だからねー。

とりあえず宿に荷物を置き、夜7時半ぐらいになっていてお腹ペコペコなので
夕食を取りに外へ出てみる。
下北沢の駅へ向かってぶらぶら歩いて行くと、ちょこちょことビストロやメキシカンの店が。
せっかく日本に来たのにいきなりタコスでもあるまい、ともう少し歩く。
古着屋やレコード屋があって、タロウはもう下北沢が気に入ったと言う。
でしょうねー。君たちのために、ここに泊まることにしたんだもの。

下北グレイヴィ餃子という店の前を通りがかり、なんだか美味しそうだったので入ってみる事に。
中華料理の居酒屋という感じで、英語のメニューもあったのは助かった。
店名にもなっている名物の焼き餃子を頼んでみたが、結構大ぶりで食べでがあり、
かぶりつくと本当に中から肉汁(グレイヴィ)が溢れ出してくる。美味しい!
ここで生ビールをぐびっと。至福の時だわあ。

他にエビチリや麻婆豆腐なども頼んだが、どれも美味しかった。
コスパも良く、皆お腹いっぱいに。

満足したのでもうちょっと下北沢をぶらついてみる。
ごちゃごちゃして小さい店が沢山あって、自由が丘の道幅をもっと狭くしたって感じ?
通い慣れれば面白いんだろうけど、私はどこに何があるのかさっぱりわからないから目が回る。

ギャレットや子供達は、妙な英語の看板や表示を見てはゲラゲラ笑っていた。
私が海外で変な日本語表記見て笑っちゃうようなもん。

コンビニに寄って明日の朝ごはんを仕入れ、宿に戻って風呂に入って就寝。

日本旅行 その1

12月23日(土曜日)

朝6時に家を出発、アトランタ空港へBJに送って行ってもらう。
ナナはオハイオからアトランタへ飛んで来て、アトランタ→成田の直行便で落ち合う予定。

搭乗時刻2時間前に空港へ着くと、見たこと無いほどの長蛇の列!
どこが列の終わりなのかもわからないほど。
偶然タロウの学校の同級生家族に会ったが、彼らもずっと列に並んで待っているのだと言う。

でもまあ2時間以上あるんだし、と、大人しく私たちも列に並んで待つ。
ジリジリと進んでようやくカウンターまであと数組、と言うところで出発1時間前。
搭乗時刻はとっくに過ぎている。
するとカウンターの係員女性が列を回って来て何やら確認している。
「何時の便ですか?」
と聞かれたので私たちは11時15分だと答えると彼女は腕時計を確認して
「・・・ああ、1時間切ってますね。もう間に合いません。」



はぁ!??



ちょ、ちょっと待ってよ!
なんのために今まで1時間以上列に並んだと思ってんの!??
だったらさっさと、1時間切りそうなお客様いらっしゃいますかとか呼び出したらいいだろ!??
何もしてくれなかったくせに、大人しく並んでた客に向かって「もう間に合いませんねえ」って何!!??

私は滅多に怒らない人なのだがこの時ばかりは怒鳴ったね。
カスワードこそ出てこないが、これだけ英語で捲し立てられるようになったのかと後で自分で感心したほど。

だって私、以前成田空港で雪の影響でめちゃくちゃ混んでるとこに並んだ経験があるのだが、
その時はちゃんと日本人グランドホステスが列を回って来て、出発時刻の迫った便の客だけ
ピックアップして先に手続きして搭乗させてくれてたのだ。
当然ここでもそれぐらいの事はやってくれると思ってたのだが甘かった。
「私の便はもうすぐなのよ!早くやってちょうだい!」と、
列すっ飛ばしてカウンターに直談判に行ってた客は先に手続きしてもらってたのを見たから、
自分から声を上げないと何もしてもらえないのだった。

「じゃあ、間に合わないって、どうしろって言うんですか!」
と詰め寄ると
「他の便に振替ですねえ。空きがあれば、ですが」
と言う。
冗談じゃないわよーー、もうナナは飛行機乗ってんのよ!?
それに、日本行きの直行便は1日1便しか無いのだ。

係員女性にいくら怒鳴ったところでどうしようもない(コンピューターが預かり荷物の札をもう出さない)から、
不安になっているタロウとギャレットに
「大丈夫!搭乗口でゲートチェックって言って絶対荷物預けられるから!
このままスーツケース持って、セキュリティ通るわよ!」
と言って3人ででかいスーツケースガラガラ引きずってとにかく出国する事に。
スマホのアプリで昨日のうちにチェックインしておいたので、ボーディングパスを持っているから
飛行機に乗る事自体に問題は無いのだ。
チェックインしといて良かった〜〜〜〜。

この時点で出発30分前。

既に機内に乗り込んだとナナからはテキストが入るも
こっちは返事どころじゃないのでかなり心配させて申し訳なかった。ごめんねえ。

今回やってみて初めて知ったのだが、手荷物検査のあの機械って
でっかいスーツケースも通る大きさなのね!
あのベルトコンベアに載せるのも、機械の中通るのも初めて見たからびっくりしたー。
てっきり、機内持ち込み荷物のサイズしか通らないのかと。

セキュリティを通った時点で出発まで後15分!だったので、息子達に
「走れーーー!とりあえずゲートに行って、カウンターでわけ話しといて!」
と号令かけて走らせ、私は後からよたよたと追いかける。
走れる若い奴らが同行で良かった。

息を切らしてゲートに着くと、私達と同じように大荷物を引きずったお客さんが何人も。
あーやっぱり、預けるのに間に合わなかったのね・・・。

ゲートのカウンターではあっさり荷物を預ける事が出来、
問題なく搭乗。
あーやれやれ、間に合ったー!

日米往復で数え切れないほど飛行機乗ってるけど、
ここまでのアクロバット決めて乗り込んだのは初めてだわ!!

座席について落ち着いてみると、乗り換えの乗客21名が間に合わないのでしばらく待つとのアナウンス。
どこも混んでて混乱してるのか。
結局、1時間近く遅れての出発となった。
なんだそりゃ。

ちなみに、空港で偶然会ったタロウの同級生家族は午前中のメキシコ行きの便に間に合わず、
夜出発の便でロサンゼルスへ飛んで乗り換えてメキシコへ向かう事になったそうだ。
・・・お気の毒・・・・
きっとちゃんと、大人しく列で待ってらしたのね・・・・

お行儀のいい客がバカを見る。

覚えておかねば。

Winter Art Gala

Winter Gala

本日は、学校の冬季コンサート。
予定では12月に開催されるはずだったが、雪のため今日まで延期になってしまったのだ。
今頃クリスマスソングをやるというのもなんだか間抜けな感じだがまあ仕方がない。

まずはアドバンスバンド(上級生達の吹奏楽バンド)が2曲演奏。
なかなか良い出来だった。
私はビギナー合唱、アドバンス合唱、男子アンサンブル合唱(選抜メンバーによる少人数グループ)の伴奏と
ジャズバンドのリズムセクション演奏で、コンサート後半は出ずっぱり。ひゃー疲れた。

無事に終わって良かった。
しかしまだピアノ伴奏のお仕事は続く・・・
あーもーほんとどうしようかなあ、今年タロウの卒業に合わせて終わりにするか?
でもこれなくなったら本当に暇だしなあ。
とりあえず、もう少し楽譜が見やすくなるようメガネ作りかえよう。
老眼はつらいよ。

やっと休息

学校が休みでピアノ伴奏のお仕事も無いので、
ようやく朝寝坊。
夜中にちょっと目が覚めたけどまあそれは普段でもそうなので、
これでやっと時差ボケも少し良くなるかな?

タロウは学校でいかに日本滞在が楽しかったかを力説したあまり
友達に「そんなに日本がいいなら、日本帰って住めば」と言われてしまったそうな。
それに対してタロウの返事は
「僕だって、帰れるなら帰りたいし住みたいよ!」

へー。そうなんだ。
タロウはナナに比べて日本語が上手くないし
さほど日本のカルチャーや歴史に興味が無いようだから
日本に住みたいと思ってるって知らなかった。
ていうかまあ、彼の言う「日本」は、「東京」の事だろうけどね。

そしてそう言うタロウの様子を見ていた後輩の男子達がお母さんに
「タロウと一緒に日本に僕も旅行してみたい!」
と言っているそうで・・・・私が直接そういう子達のお母さんに言われたんだけども・・・



いや、もう勘弁して。


こっちも年取るのよ!体力衰えてんのよ毎年!
もう子供達連れてこんな旅行のアテンドなんか出来ませんって!!!

ていうか、今年の夏からタロウはもう大学生なんだから、
友達連れて行きたいなら自分で計画してくれや。
大学生でバックパッカーしてヨーロッパ歩くとかさー、
まあ普通にやるじゃん?
親がお膳立てしての旅行はそろそろ終わりにしてくれんかね。

でも、インド人奥様が言ってた
「Mimiのところは、子供達が日本に帰るって言ってもついて来てくれるの?
いいわねえ〜!私なんてもう、インドに帰るって言っても子供達誰もついて来ないのよ!」
という実情に比べたら皆日本に行きたがってくれるのはありがたい事なのかもねえ。

時差ボケ中

タロウも時差ボケで変な時間に寝たり起きたりしているが、
私も疲れが取れて来たら逆に時差ボケがはっきり出て来たような・・・・。
昨日は午後7時半にもう眠くて眠くて起きていられずばったり寝てしまい、
午前0時に目が覚めた。
ゴロゴロしてたけど結局眠れず、2時からゴソゴソ起き出して台所の片付けなど。

時差ボケの変なところは、別にこれが日本時間に合ってるというわけでもないところだ。
どうなってるんだろう?

しかし毎日寒い。
米国北東部全体で超寒いから仕方ないのだが、ここ南部でも最高気温がマイナスって・・・
ほんとに珍しい冷え込み。
おかげで、部屋の暖房ずっとつけていても寒くて仕方ない。

来週にはちょっと気温が上がるようだけど、早く平年並みに戻ってほしいわ〜。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR