ボストン旅行 その3

ボストン大学からまたグリーンラインの電車に乗り、
ハインズ・コンベンションセンターという駅で下車。
ちなみにこの時は、前回降りたKenmoreの駅で
チャーリーチケットを買っておいたので、問題なく乗車出来た。

駅前にバークリー音楽大学があるので、ちょこっと見学。
ここはクラシックではなくジャズやロック、色々な現代音楽を学べる学校なので
タロウは実は興味があるらしい。

そこからシェラトンホテルへ歩いて行き、事前にネットでチケットを買っておいた
乗り降り自由のボストン観光ツアーバスに乗り込む。

fc2blog_20170716001049742.jpg

こういうのに乗って、ぐるっと回るのが大体の土地勘を得るのに手っ取り早いからである。

fc2blog_20170713145728d4b.jpg

ステートキャピタルで一度降り、ボストン・コモン(公園)をくだってフリーダムトレイルをちょっと歩いてみた。
タロウはこちらの学校でアメリカの歴史を詳しく習っているので、
教会などで展示を見ると思い出して色々トリビアを説明してくれるから面白かった。
本人も、
「実際に見ると、良くわかるね!面白い!」
と言っていたし。
実のところいつも歴史の成績は悪かったんだけど・・・・。

fc2blog_20170716001206f18.jpg

フリーダムトレイルを歩いたあとまたバスに乗り、ファニエルホールマーケットプレイスへ移動。
マーケットの中に「Wagamama」というレストランがあってなんじゃこりゃと思ったら
ロンドンが本拠地の日本食チェーンレストランだと言う。
ふーん。美味しいのかなあ。

ちらっと見ただけでそこには入らず、海辺に近いレストランで遅い昼食。
ボストンに来たら食べないわけには行かないニューイングランド風クラムチャウダーと、
私はあまりお腹空いてなかったのでカラマリの前菜。でもすごい量だった。
タロウはエビフライとフライドポテト。エビが大きくて驚いた。
味はまあ、そこそこ。普通のファミレスって感じ。

またそこからバスに乗って元のバスストップまで戻り、電車でホテルへ帰る。
私は疲れたのでもう出かけたくなかったがタロウは写真を撮りに行ってくると外出。
若者は元気だの〜〜。

スポンサーサイト

ボストン旅行 その2

7月12日(水)

天気予報では雨との事だったが、雲は多いものの晴天。
しかし思ったより湿度が高くて蒸し暑い。
最高気温は摂氏28度。

まずは朝のうちに、一番の目的であるボストン大学を見に行ってみる。
ホテル前の駅からグリーンラインに乗って、Kenmoreという駅で降りて歩けばいいらしい。
こういうルートも今はグーグルマップで検索すれば一発なので本当に便利。
逆にいうと、ネットの使えないところじゃもう生きて行けないわ〜〜!

ホテルで電車の乗り方を聞いたところ、車両に乗り込む時に現金で払えるというので
その他には東京でいうsuicaみたいなチャージ出来る「チャーリーカード」や
回数券のような「チャーリーチケット」というのがあるらしいが
買わずに現金で乗ればいいか、と駅へ。
駅に一応チャーリーチケットを買える自動販売機が設置されていたが
「Out of order(故障中)」
だと。
・・・・いやまあ驚かないけど。

そして電車が来て、確かにバスのように料金箱があって現金も受け付けるようになっているので
1ドル札を入れようとするも、ブザーが鳴って受け付けてくれない。
ちなみに料金は一人2ドル75セント。
何度やってもダメなので、後ろにお客さんもつかえているし
電車の運転士が
「もういいですよ、乗っちゃって。」
と言うのでとりあえず乗り込み、タロウも私も無賃乗車で目的地へ。
目的の駅の手前でもう一度運転士に、どうやって乗車賃を払えばいいか尋ねると
「私は現金を受け取るわけにいかないし機械は壊れてるし、
もう、次の時に払って乗ってくれればいいですよ
と言われてしまった。
・・・いいのか、そんなんで。

しかしこういう時に、一応英語で意思の疎通がはかれるのはやっぱり楽だなー。と、思った。
英語圏以外の国でこういう事が起きたら、対処できないもんきっと。
でもおかげで、英語圏以外の国に旅行するのが怖くなってしまったのはちょっと残念かな。

ともあれ、グリーンラインの電車を降りてテクテクボストン大学を目指して歩く。

あ、その前に一つ。
日本の電車とは違って、この電車はバスみたいに
「降りたい停留所の前にブザーを押さないと、駅に止まってもらえない」
のは要注意。
しかも押すスイッチが超わかりにくい。

fc2blog_20170718082303935.jpg

この、降車用ドアの脇に縦についてる黄色いライン。
これに触れると「降ります」サインが鳴るのだ。

後日路線バスにも乗ってみたが、バスの降車スイッチもこれだった。
昔はワイヤーが横に張ってあって、それを引っ張って鳴らしたものだけど
今はこうなってるのね〜。

fc2blog_2017071600124740d.jpg


ボストン大学は構内図があちこちに設置されていて、歩きやすかった。
地図を見て私とタロウがあーだこーだ言っていたら、
関係者らしいおじさまが声をかけてくれて
「どこかお探しですか?お困りですか?」
と聞いてくれたのも良かった。

しかし、さすがに都会の大学だけあって、緑地が全然無いのにはびっくり。
大体、キャンパスの中心ってきれいな緑地が広がってるんだけど
ここの緑地はあまりに狭くて・・・・・!

大学の、ドーム(学生寮)の辺りを歩いていて見つけたのが

fc2blog_2017071600115307d.jpg

漢語之家!
なんとなく読めるので笑ってしまうが、中国語を話す学生達のサークルとかそういうの?かな??

fc2blog_20170716001133010.jpg

こんな素敵な、古そうな建物の入り口についていた。

そしてさらに歩いていると今度は・・・

fc2blog_20170716001111134.jpg

日本語ハウス!
和語之家、じゃ、ないのね!

その他スペイン語とフランス語の表示も見かけたので、
タロウ曰く
「多分、留学生たちのための施設なんじゃないの?」
・・・あー、そうかもねー。

キャンパスを一通り歩いてみて、次はボストンのダウンタウンへ移動することに。


(続く)

ボストン旅行 その1

7月11日、午前3時半頃起床。
タロウも自分でちゃんと起きてシャワー浴びて、
4時15分ぐらいには2人でアトランタ空港へ向けて出発。
飛行機の時間が早い上、アトランタはここより1時間進んでいるので
うんと早く家を出ないといけないのだ。
いつもながら、行きのこの時差は結構きつい。

8時台の出発だったので、ボストンには昼前に到着。
ホテルへ向かうべくタクシーに乗り込むと、これがすごくお喋り好きなおっちゃん運転手。
どこから来たかと聞かれたので、住んでるのはアラバマだが私たちは日本人だと言うと
「日本人か!うちの息子がこないだ日本に遊びに行ってね、
2〜3日前に帰って来たとこなんだよ。
彼は日本には前に遊びに行って、すごく気に入って今回2回目なんだ。」
とかまあ、色々話してくれた。
ボストンには何をしに来たのか、と聞かれたので
タロウのカレッジ見学のためだと答えた。
ボストン大学を見に行くつもりだと言ったらなんとこの運転手さん、卒業生だと言う。
息子さん2人は同じボストンにある別のノースイースタン大学を出ているそうだ。

この時聞いたのがきっかけで、タロウが興味を持ち、
予定になかったノースイースタン大学もついでに後日見学に行ったのだが。
これでもしもタロウがノースイースタンに入学したとしたら、
映画や小説だったら
「あの時会ったタクシー運転手さんはきっと天使だったんだねえ」
とかなりそうだなーなんて思ったりした。

昼過ぎ、ホテルに投宿。
チェックインは午後4時という事だったからまだ部屋には入れないかなと思いきや、
メンバーになっていてアプリで昨日すでにチェックイン済みだったせいか
ちゃんと部屋が用意されていて感激。

ホテルはボストンのダウンタウンではなく、
隣町のブルックラインという所に取ったがこれが正解。
グリーンライン(電車)の駅が目の前だし、その周囲には
スーパー(Trader Joe's)やドラッグストア、レストラン、カフェがあって
歩いて用事が足りるので便利だった。
殊にレストランは、タクシー運転手のおっちゃんが
「世界中のどこから来た人でも、自分の国の料理が食べられるとこだよ」
と言ってたのは大げさじゃなかったんだなと思うほど種類が豊富。
和食と中華とイタリアンはもちろん、インド(南部と北部)、タイ、ベトナム、
韓国、地中海料理(って何だろう・・・)、スペイン、モロッコ、
フランスのクレープをメインにしたカフェまである。

とりあえず荷物を置き、ホテルの周辺を歩いて昼食のレストラン探し。
割合流行っていそうな日本食レストランがあったので入ってみた。
かなり大きい店舗で、1席ずつが個室風に区切られていて面白かった。

fc2blog_20170716001344924.jpg

私が頼んだ海鮮丼。
ちゃんと酢飯だったしネタも種類が多く新鮮で美味しかった・・・が、
いかんせん量が多すぎ〜〜〜!!

タロウはうな丼を頼み、これもまあまあ美味しかったそうだ。

満腹になってホテルへ戻ったら2人とも朝が早かったせいもあって昼寝。
うーむ、こうしてみると、わざわざ朝早い便で出てくるのって意味無かったような・・・。
むしろ、ゆっくり出て来た方が、現地でちゃんと動けるんじゃないかしらね。

夕方、なんとか起き出してホテルの近所を散策。
ランチがボリューム満点だったので全然お腹が空かず、
タロウも特に食べに行きたくないと言うので
スーパーでワインやスナックを買って部屋に戻って1日目終了。
それにしてもやっぱりタロウは、18歳男子とは思えないぐらい少食だな〜〜〜。

帰宅

蒸し暑い、なんて書いた日のボストンの最高気温は摂氏28度とかだったのに、
翌日はなんと16度!寒っ!!
なんなのこの気温差は・・・・。

そして本日、アトランタまでのフライトは順調だったけど
空港から家までの高速が渋滞していて最後の最後で疲れた〜〜!!
でもなんとか帰宅。
BJが牛肉買っておいてくれて外のグリルで焼いてくれて夕飯。
ありがたや。

旅行中の色々はまた後ほど〜〜

ボストン



ボストン滞在中。
天気予報では毎日1時雷雨だったが、
幸い私達が外に居る時間帯は晴れて良い天気。
思ったより蒸し暑くて汗だくだけど。



明日からボストン

明日から、タロウの大学見学のため
2人でちょこっとボストンへ行って参ります。

私はボストン2回目、とは言ってももう20年以上前に来たきりだし、
タロウは初めてなのでお上りさんらしく一通り観光もしてくる予定。

事前の色々な予約はこの頃ウェブサイトやアプリで手配出来るので楽勝。
現地へ行くとそれなりにホテルのフロントや
レストランの予約だのツアーの確認だのといった電話をかけねばならないが、
この頃は全部子供達にやってもらえるから、気が楽〜〜。
BJが一緒の時はもちろん全部BJにやってもらうけど。
そう、私は英語が苦手なのです。
出来る事なら一生使いたくないぐらい〜〜。
というわけで、今回もよろしくね、タロウくん。

では行って来ます。

10時間ドライブとお誕生日と

7月6日の朝7時頃、ナナと2人で彼女の車でオハイオへ向けて出発。
夏休みの1ヶ月の実家滞在を終え、彼女は自分のアパートへ戻るのだ。
1人で片道9時間半の距離を運転するのは大変すぎるし
我々親も心配なので、私が付き合って交代で運転して行く。

こういう事も有り得るから、やっぱり子供はある程度若いうちに
産んでおいた方が後々都合がいいかも・・・・。
今私は51歳、なんとかこのぐらいの運転ならこなせるが
これがもしもあと10年後だったら?
そんな体力ないかも・・・・とか思ったりして。

途中、雷雨にあって本当に前が見えなくて軽く遭難状態になったり、
工事中の区間があって渋滞したりしたが
なんとか夜7時過ぎ(オハイオは東部時間なので、アラバマでは6時)に
オハイオ州コロンバス到着。
何度も走っているせいか、9時間半のドライブも最初の時ほど
長くは感じなくなってきたな〜。
でもお尻は痛くなったけど。

もうご飯食べに出るのも面倒くさいので、ナナのアパートの近所で
バッファローウィングやワイン買って来てアパートで食べて夕飯終了。

7月7日、ナナの22歳の誕生日!
・・・いや〜、オハイオ州クリーブランドで1995年7月7日に生まれたナナが、
22歳の誕生日には同じオハイオのコロンバスで大学生やってるなんて
当時は想像もしなかったなあ・・・・。

コロンバス郊外に新しく出来たIKEAを冷やかしに行ってみる。
日本にもあるけど、私、初めてなのよね〜。
勝手がわからず、とりあえず店内を順路に沿ってウロウロ。
大きな家具は特に必要ないのでスルーしたが、
細かいキッチン用品などで欲しいものが色々。
だって安いんですもの〜〜!

でも、レジで清算の時に一切レジ袋やパッキングをくれないと言うので
ちょっとムッとしてしまった。
なんだ、私いつもマイバッグ持って歩いてるから、
住所調べた時とかにそれがサイトにわかりやすく書いてあれば持って来てたのに。
バッグを実費で買えって言われてもたったの1ドルなんだけど、
どこにもそう言う表示が(例えば店の入り口とかに)なかったから
なんか不親切だなと思ってしまったの。
IKEAに来る客なら知ってて当然、なわけか。
田舎者ですみませんでしたわ。

IKEAの後、そのすぐ近くのモールに入っているBRIOという
チェーンのイタリアンレストランでランチ。
ここは、チェーンにしては割と美味しいのだ。
特にクレム・ブリュレとかのデザートが。
2人でそれぞれメインを食べた後、サンプラー(3種類のデザートを少しずつ頼める)を取って
シェアしてお誕生日ランチ。
メインを食べたら結構2人ともお腹いっぱいだったのに、
クレム・ブリュレを食べ始めたナナが
「・・・あ、やばい。
デザートは別腹だった。」
と言うので笑った。
そうよねー。

モールの中の店でナナの気に入ったジャケットなど買い、結構楽しいお誕生日だったかな。
彼女はその後、彼氏と一緒に映画を見に行って(私はお留守番〜)
プレゼントをもらって帰って来た。
いいねえ、青春してるわね〜!

7月8日、朝ナナに空港まで送ってもらい、私はアトランタまで空路で帰る。
BJがアトランタ空港まで迎えに来てくれて無事合流。
車で9時間半の距離、飛べば1時間半なのね〜〜。
でもまあ、早めに空港に行ったり到着後に荷物が出て来るの待ったりで
そこそこ時間はかかるのだけど。

家に無事帰って来て荷ほどき・・・・だが、
実は明々後日から私はタロウと2人でボストンへ行く予定。
洗濯物だけ出せばいっかーー!!

そしてボストンから帰って来たら、その2週間後には
タロウと2人でカリフォルニアへ飛び、
サンディエゴからロサンゼルス、そこからサンフランシスコへと
カリフォルニア州北上縦断レンタカーの旅をする予定になっている。
ロスからサンフランシスコまでは片道7時間くらいかかるらしい。
・・・・いや、まあ、慣れたけどさ・・・長時間長距離ドライブ・・・。

なぜそんなスケジュールかと言うとタロウの大学見学のため、なのだが。
日本国内であちこち見学に行くのとはまたスケールが違って・・・。
母親ってこんなこともしなきゃならないのねえ。
ほんと、それなりに若いうちに産んでおいて良かったかも。
でもかなり体力ギリギリですが。

多分、秋になって学校始まったら寝込む。私。

ツール・ド・フランス

毎夏恒例、ツール・ド・フランスを毎日4時間見る日々開始。
3年か4年ぐらい前になんとなく見始めたら面白くて、
この頃は大分チームの名前もスター選手の名前もわかって来たので
なお一層面白くなって来て毎日楽しみに見ている。

・・・・が。
昨日(7月4日)のステージ4で、ピーター・サガン選手と
マーク・キャベンディッシュ選手がゴール直前で接触。
キャベンディッシュ選手は転倒、なんとかこの日のゴールはしたものの
肩甲骨骨折によりレースはリタイア。
サガン選手のディフェンス(肘でキャベンディッシュを突き飛ばしたように見えた)が
やりすぎだとのことで失格、今日以降のレースには参加出来なくなってしまった。

・・・ええ〜〜・・・。

どちらもスター選手でそれぞれのチームのスプリントのエース。
キャベンディッシュを怪我させられたらそりゃ彼のチームは黙っちゃいないだろうと思ったが
それでも興行的に(政治的に?大人の事情?)サガンは残って走った方が
良いだろうと思ったんだけどなあ〜・・・。

それでもチームは走り続けるわけで、スター選手がいなくなっても
レースはやっぱり面白いんだけど。
でもなんか、サガンとキャベンディッシュがもう見られないとなると
今年のレースにはあまり熱が入らないかな〜・・・・。

7月か・・・

7月1日になった。
ということは学校が夏休みに入って既に5週間が経過したわけだ。
まだあと5週間半もあるのよ・・・・
アメリカの夏休み、長すぎ。

私もすっかり朝寝坊であるが、タロウはもう午後2時くらいにならないと起きて来ない。
ナナは用事があればちゃんと自分で起きられる人なので、
何も無い日は昼まで寝ているがこれは問題なし。
タロウは未だに学校の日でも、私が叩き起こさないと起きて来ないのでこちらは問題。
「でも、それをずっとやってちゃダメよ!
うちの娘もそうだったけど、大学の寮に入ったのを機に、
起こすの(電話かけたり)をやめたの!
そうしたら、ちゃんと自分で起きるようになって、遅刻も1回くらいだったわよ」
と、ママ友のアドバイスをいただいたが・・・
ええもちろん、大学生になってまで私が起こしてやろうとは思ってませんが・・・
・・・って確かこれ、高校生になったら一人で起きるようにしてねって
本人に以前言ったような気もするなあ・・・・!??

話は変わるが先日の週末は、BJとナナと3人でアトランタのハイ・ミュージアムへ
アンディ・ウォーホル展を見に行って来た。
かの有名なキャンベルスープのシリーズとか、マリリン・モンローとかもあったが
すごい数の展示品の全てが


一個人のコレクション


と聞いて腰を抜かす。

一体どんな悪い事したらそんなにお金稼げるのおぉ〜〜!!??



プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR