平成・・・??

そういえば、先日アトランタでパスポート受け取りの際に
「こちらの書類に、受領証明としてサインしてください」
と言われたのだった。

その書類の、日付を書き込む欄がまさかの



平成○○年


一瞬ためらったらBJがすかさず
「すみません、今って平成何年ですか?」
と聞いてくれて事無きを得たが。

海外にいると本当に日本が今平成何年なのかとか、
干支は何だとかさっぱりわからなくなるからね・・・・
っていうのはともかく、
総領事館!
書類記入するとこに、デジタルとかの時計で
「平成○○年、○月○日、○時○○分」とか
表示するやつぐらい、置いておきなさいよーーー!!!
日本の銀行だって、そういうの置いてあるじゃない!?

もう本当に全く、国民へのサービスなんて考えてないんだよなあ。

そして、私は私自身の「サイン(署名)」として
ローマ字を使っているのだが(日本のパスポートの署名もローマ字)、
ここでの「受領証明書へのサイン」とやらは、
多分「日本語で、漢字かな表記でないといけない」
とか言われそうだなあと思って漢字かな表記で書いた。
何も言われず受理されたけど、パスポート自体に印刷されてる
「サイン(署名)」とは違うんですけどねー。
その辺はいいんだ。
なんかわけわかんないわあ。
スポンサーサイト

ミッチー

「しゃべくり007」に及川光博が出てたので久しぶりに見てみた。
相変わらずいいわあ〜・・・王子様は引退なさったけど(つい敬語)
今でも最高だわ。
「貴族探偵」とかいうドラマ、ミッチーが貴族さまやってくれたらピッタリだったのになあ。

しかし、趣味はと聞かれて
「ガンダムとー、スター・ウォーズ。」
そしてお風呂の友は
「少女漫画」
ってあーた・・・・

ますます最高じゃないすか。

スター・ウォーズ ローグワン

スター・ウォーズ「ローグワン」のブルーレイを買って家で鑑賞。
全然期待してなかったんだけどすごく面白かったです。

で。
以下、ネタバレ全開で行きます。










あれだけ長いこと待たされてやっと公開になった
スター・ウォーズ第7作「フォースの覚醒」が面白かったので、
さーその続きが見られる!とワクワクしていたら
エピソード3と4の間を埋めるスピンオフ作品と聞いてなんか拍子抜けしてしまい、
ついに劇場には見に行かなかった「ローグワン」。

でもまあ、ブルーレイ発売になったし・・家でなら見てもいいかな・・・と買ってきたわけ。
なぜ家で見たいかと言うと、一つには「英語字幕を出せる」から。
スター・ウォーズやハリーポッターシリーズのように、造語の多い作品だと
聞き取って理解するのが難しいことが多くて。
その点、家で見ていれば字幕を出せるしわからなかったら前へ戻せばいいしで便利なのだ。

「ローグワン」を見るに当たって、まずは家にあるDVDでエピソード4をもう一度見ておさらい。
私はもう何回も見ていてほぼ暗記しているけど、BJは1回しか見たことないし。
結論から言うと、見ておいて良かった!
細かい部分まで記憶をリフレッシュしてからローグワンを見たから、
「ああっ!ここ、エピソード4に出てきた!」とか
「そうそう、これだよね!」と言うのが良くわかって。

つか、この監督、オタクだな。
スター・ウォーズオタク。
子供の時に見て大好きだった作品の、二次創作してる感じ。
実際、映画本編を見たあとおまけのディスクで制作裏話やメイキング映像を見たけど
完全に「スター・ウォーズの世界観とマッチする物語」にこだわりまくっていて
もーこれは、ファンによる二次創作ムービーじゃん!??と、思った。

大体ねえ〜〜、エピソード4で出てきてデス・スターと一緒に爆発で死んじゃう
帝国側のあの上官、ターキン総督(ピーター・カッシング演)が出てきてたんで
「ええっ?!この人、出てるの!?
うそー、だって、あの当時にすでにおじいちゃんだったじゃん・・・」
と混乱したのだけど、メイキングを見てやっとわかった。
カッシングに顔立ちの似ている俳優ガイ・ヘンリーが演じ、
顔だけCGIでカッシングの顔を合成しているのだ。
・・・そ、そこまでするか・・・・・!!
いや、でも確かに、あの上官は重要な役だし・・・・!??

ラストで出てきたレイア姫も、ノルウェーの女優さんで顔立ちが
キャリー・フィッシャーに似ている人を使い、そこにCGI合成したのだそうで。
そこまでやるかー。
て言うかもうほんとオタクのこだわり。

そう思うと、ローグワンに来るまで
第1作目(エピソード4)から数えると40年も経っていることは
逆に、良かったのかもなあと思ったりした。
ローグワンの監督自身が語っているが、
「親父に連れられてスター・ウォーズを子供の頃に見て以来のファン」
だそうなので。
他のスタッフもそう言う人が多く、要するに、
「スター・ウォーズ初期三部作を見て育った人が、今スター・ウォーズを作っている」
わけだ。
それだけの時間が経ち、かつての子供達が今第一線で映画を撮れるようになっている。
そう言う人達による、スター・ウォーズ愛溢れまくりの新作なのだ。
面白くないわけがない。

庵野監督による「シン・ゴジラ」も、そういう感じ。
監督自身が子供の頃に見て憧れた特撮映画を、今、自分で撮っているという楽しさが溢れている。
見ていてほんと、「ああ〜・・・こういうのが見たかったわけだね、
そして今、それが自分で撮れるんだ、良かったねえ・・」って思っちゃったもんおばちゃんは。

この「ローグワン」もまさにそんな感じ。
監督自身、エピソード4の冒頭で例の宇宙の向こうへ流れていく文章に
「反乱同盟軍のスパイが帝国軍の誇る宇宙要塞である初代デス・スターの
極秘設計図のデータを密かに盗み出す事に成功した。」
と書いてあるのを見て、この「ローグワン」のストーリーを思いついたというのだ。
一体何年前の話なのか。

でもこのストーリー、良く出来てた〜!
エピソード4で、どうしてあんな要塞であり最終兵器であるデス・スターに
ああも脆く簡単に外から攻撃出来てしまう致命的弱点があるのか、ずっと疑問だったから。
ご都合主義だなー、あの辺の説明無さすぎだよねーと思っていたのが
この作品でやっと解決した!嬉しい!!!!

ていうか、多分、ルーカスはここまで考えてなかったよね・・・・。

フォレスト・ウィテカーの役はどういうキャラクターなのかわからなかったけど、
メイキングを見たら「クローン・ウォーズ(CGアニメ)」に出て来るんだそうな。
うーむ。
あのアニメ、続き物だし絵柄が好きじゃないので見てなかったけど、
そうなるとそっちも見ないとわからないのか?

盲目のチアルートは、日本の座頭市みたいだなーと思った。
ベイズとの別れは、泣かされたわ〜。
この2人は中国ですごく有名な俳優さんたちだそうだが、
インタビューの英語も流暢で驚いた。

そしてちゃんと、ダース・ベイダーが宇宙船に乗り込んできて
エピソード4の冒頭に繋がるあのラストにはシビれたわ!!
家で見てたので思う存分ギャーギャー言えたし。良かった。

あー、楽しかったーーー。
BJも一緒にエピソード4を復習してから見たので
細かいところにも気がついて面白かったようだし。
ねっ!?スター・ウォーズ、面白いでしょう!!!
BJは私がこないだがっちり捕まえて全作品見せるまで
スター・ウォーズに興味はなかったのだけど。
ちゃんと見ると今でも古くないし面白いでしょうぅぅぅぅ!!!

あー、今年12月のエピソード8と、
2019年に公開になるって発表のあったシリーズ最後の作品エピソード9、
待ち遠しいわーーー!!

パスポート受け取り

今日は朝からアトランタ総領事館までBJと2人で出向いて、
更新したパスポートの受け取り。
アラバマでは発行してもらえないのでジョージア州アトランタに申請するのだが
そこまでの道のりはいかにも日本のお役所的で、21世紀になってもこれかーって。


まずはBJがウェブサイトから申請書をダウンロードしようとしたところうまく行かず。
うちのデスクトップが2台ともアップルだからか?と、
ラップトップのウィンドウズで試してみるもこれもダメ。
電話をかけて申請書がDL出来ないことを話し、書類を送付して欲しいと頼んだところ返答は

「ではまず、申請書を送付して欲しいという書類を提出していただきますので、
その書類を送付するために切手を貼った封筒をこちらに郵送してください」


・・・・・は!?

えーと、日本語が不自由になったのかな私。
何言われてるのかよくわからないんですが。

時間があまり無いので封筒を持参してもいいか、とBJが聞いたところ
郵送でないと受け付けない、と言う。

・・・・あー、これ、24年前を思い出すな・・・・。
アメリカに来る前、ビザ申請に関して文部省からの書類が必要だったのだが
これも「郵送でないと受け付けない」だった。
あの時もBJが「持参しますが」って言ったんだった。
全然変わらないんだなー!!!!(どちらも)

なんでその「申請書類を送付してもらうための書類」を送る手間が省けないんだ。
もう上方新作落語の「ぜんざい公社」かと思ったわよ!

そしてやっと申請書類を送付、するとその後総領事館から
私の携帯電話に電話が。
ちょうど病院に行って検査中だったので出られなかったから留守電にメッセージがあり、
折り返しかけてみると今度はあちらが離席中とな。
何十年ぶりでテレホンタッグやってしまったわよ!
なんでeメールで連絡くれないの?申請書にメールアドレスも書いたのに!

何か書類に不備でもあったのか、と焦ったがなんのことはない、
「受け取り期日の希望が4月某日だがそれで間違いはないか、変更希望はないか」
と言う確認だけ。
脱力。
だったらメールでくださいよ・・・・1ヶ月も先の話だし急ぐ連絡じゃなかったでしょう・・・・
とがっくり来たが、まあそれで変更はなしと伝えて終わり。

更に呆れたのは、パスポートの費用は
「現金で、釣り銭なしで用意すべし」
と言う話。
今時、クレジットカードも受け付けないの〜〜〜!?
しかも、釣り銭なし、って・・・。
普段現金で買い物なんてしてないから、細かいドル札なんてありませんがな。

それでもなんとか2人分ぴったり用意して、さて窓口で支払い・・・
・・・となったら、請求額が違う。

・・・は??
一人133ドルって話でしたよね??
と聞くと、この4月から料金が上がって一人145ドルになった、と言う。
266ドル用意して行ったが実際は290ドル払えと言うわけ。
しかも、釣り銭なしで。

たまたま私が50ドル札を持っていたのでぴったりの額で支払えたが・・・
・・・・なんなの一体。

確かに申請したのは3月初めだけど、料金が改正になったのなら
って言うか改正になるのがわかってたのなら、
受け取り期日が4月下旬なんだからそう言うべきじゃないのか!!??

あーもう。
これでまた10年はこの手続きしなくていいから
まあいいっちゃーいいんだけど、
って、そう思って利用者(国民)が文句言わないからそのままなんだろうな。

しかしびっくりした。
日本のお役所仕事を甘く見てたわ。




ヨーグルト

この頃気に入っているYoplaitの、ホイップしたギリシャヨーグルト。

Whips! Greek Yogurt

とろりとしたヨーグルトではなくふわふわしていて、
なんだっけこれ・・・・なんか食べた事あるような・・・・と思ったら
フルーツのムースとかババロアみたいな感じなのだった。
酸っぱさも普通のヨーグルトより弱くて、私ごのみ。

ストロベリーと、ストロベリーチーズケーキ味を試してみたがどちらも好み。
レモンメレンゲとピーチ&クリームってのも気になるな〜。
でも近所のスーパーには置いてなかったのよね。
試してみたい〜〜。

ランジェリーコンテスト

ロシアで開催された女性用下着のコンテストで、
20歳のサハリン大学生男子が優勝してしまった。
主催者側はそれが発覚したあと、彼からタイトルを剥奪、
優勝の賞品である「プロによる写真撮影」も無しとした。

デイリーメールの記事によると、
彼はガールフレンドの持っているランジェリーを借りて、
そのガールフレンドがヘアメイクなども協力して写真を撮ったとのこと。
まあ多分単なるジョークだったんでしょうけどね〜、優勝しちゃうとは笑える。

・・・と言う話なのだけど、いや、ちょっと待って、
この応募写真見たら絶対男の子だなんてわかんないって!!



だってこの写真よ〜?!

Russia boy



他の写真もきれいです

Daily Mail

サラリーマン川柳・・・??

タロウは薬が効いたようで、なんとか復活して今日の本番には駆けつけて行った。
明日は土曜日で学校も休みだから、私も起きなくていいし
彼を起こす必要もないし・・・と言っていたらBJが

「・・・あ、そうか。
じゃあ、タロウくんが大学行っちゃって、子供達いなくなったら、
Mimiちゃんはもう、朝、起きないってことか!
僕が仕事行く時、起きててくれないのか〜〜・・・」

と、嘆いていた。

あー。まあ、そう、なるわなー。
私、1日10時間以上寝ないと具合悪くなる体質なのでね。
あー、これは、あれだ、私が大好きなサラリーマン川柳のあれだ。



朝出る時は、まだ寝てる。



帰って来たら、もう寝てる。




そう言ったら BJ曰く
「仕事(手術)の合間に、昼帰って来ても
『また寝てる』だよ」
と、もう一個増えてた。


ご、ごめん。
ほんと体力ないつーか、
長時間寝ないともたないロングスリーパーな嫁ですみません。



手洗い

タロウが胃腸風邪らしいので、私は感染しないようせっせと手洗いをしている。
手洗いはサッとするのでは意味がなく、ちゃんと時間をかけないといけないのだが
その目安として「ハッピーバースデー」を歌うと、あの曲の長さがちょうどいいのだそうだ。

しかしその記事についてのツイートで

「どうしても、シリアルキラーが殺人後に血のついた手を
ハッピーバースデーの鼻歌歌いながら洗ってる
アメリカンホラー映画のワンシーンって感じのが浮かぶ・・・」

というのを読んでしまってから、手洗いするたびに
ハッピーバースデー歌いながらジョン・ゲイシーあたりが
手についた血を洗い流してる場面しか思い浮かばねぇぇぇぇ!!!!

タロウ発熱でダウン

無理してリハーサルに行ったのがたたったか、
その後タロウは本格的に熱を出してダウン。
嘔吐と下痢もあるので、胃腸風邪ってやつかな?
しかし、本当は今日お客さんを入れての最終リハーサルがあり、
明日からは毎日公演がある予定だから倒れたままではいられない。
普段なら市販の薬飲ませて家で寝かせてるだけだが
今回はそんなのんびりしてる余裕は無い。

という事でBJに頼んで、知り合いの内科医に連れて行ってもらった。
どこの業界でもそうだろうけど、知り合い同士だと話が早いからである。
私が普通のウォークイン(予約のいらない)クリニックなんかに連れて行った日には
半日待たされるのが当たり前だが、BJが自分のとこの病院に連れて行くと
5分も待たされずに診察してもらえるんだもの。
使えるコネは使わねば。

思った通りタロウはさっさと診てもらえて処方箋を出してもらい、
学校に提出する診断書も出してもらってものの1時間もかからずに帰ってきた。
さすが。

今夜の最終リハーサル(関係者だけを客席に入れて行う)は、
タロウは吐き気がおさまらないし熱もやや下がったもののまだ高いから、
欠席させてもらうことにした。
その代わり明日からは休まずステージ勤めないとね。
皆様にご迷惑をおかけしてしまう。

しかしなんでこのタイミングで熱出すかな〜!
先週末のイースター休みの間はあんなに元気だったのに。

公演見に行った時、あちらの監督の方に良くお詫びをせねば。

コアなファン!???

来月、BJが日本に一時帰国するので
ついでに欲しいもの(本とかCDとか)を
義妹宛に頼んで取り寄せ、そちらから受け取ってもらうべく
あれこれ見ていて。

私は何しろ80年代の人間なので
その辺の音楽を見ていたら「アリス」の最後の武道館コンサートとか見つけてしまい。
うひゃー何これ懐かしい!
でも高かったから友達に借りてカセットテープに落として聞いてたなあ、
なんて思いつつアマゾンのレビューを読んで見たら
「アリスのコアなファンだったら喜ぶような曲が入っていて」
とある。

・・・・コアな?ファン!???


いやいやいやいやいやいや
それは無いから!
私別に、アリスの大ファンじゃないしね!

・・・・と思ったがそういえば谷村新司がソロになってからのコンサートに行った事あるし
カラオケで「遠くで汽笛を聞きながら」を熱唱したら友達に
「・・・いや、アリスで、それを選ぶってとこがもう、ねえ・・・」
と言われたし、アリスのメドレーを無難なつもりで選んだ男友達が歌ってるとこへ
勝手にマイク持って乱入してチャンピオンとか冬の稲妻をハモったら超感激されましたけども!!!
いや、でも!私、普通のアリスファンですがな!!

・・・え?
違うの??

ハグの効用

今週後半からミュージカルの本番を控え、練習で毎晩遅くて疲れているタロウが
青い顔をして昼寝から起きて来て、今日の練習に向かう(片道1時間ドライブ)という。
大変だね〜、くたびれてそうだね、よしよし、と
ハグして背中ポンポンしてやったら・・・・

何やら熱い。

あれ?
ひょっとして、
熱、あるんじゃないの?

試しに測ってみたら37,2℃。

あら。立派に発熱ですがな。
でも練習は休めない、というので解熱剤入りの総合感冒薬を飲ませ、
まだだるいようならこれ追加しなさいとアセトアミノフェンも持たせて出した。

ハグしなかったら気がつかなかったわー。
私より背の高くなった高校2年生の息子でも、
まだ、ハグの効用ってあるのねえ。

ひどくならないといいけどな。

終わった!!!!!

ばんざーい、終わった終わったーー!!!

何がって、
2月から足掛け2ヶ月以上もなんやかんやとやっていた
ソロ&アンサンブルの本番ですわよーーーー!!!!

・・・・あ〜〜〜・・・
長かった・・・・
今年は本当に長かった・・・。

2月末の予定だと言われて2月中旬に楽譜をもらい、
10日ぐらいしか無いのにどーしろっちゅーの、と思ったら
案の定生徒たちは全く練習する時間が取れず、間に合わず。
その回はキャンセルして4月の回に申し込み直し。
しかし4月は片道3時間強ドライブしていくほど遠い街での開催。
でも私は伴奏だから行くしかないわけで・・・
本番前にやはりまだ生徒たちが練習したりなくて心配だというので
我が家に呼んでやって練習を見てやったりして。
さあ本番だ、となったらその日が大荒れの天気で休校。
結局ソロ&アンサンブルもキャンセル。
仕切り直しでやっと今日の本番・・・となったのだ。

長かった・・・ここまで・・・・・
そして、ドライブも長かった・・・・・
結局私のミニバンに全員乗せて、私が往復運転して行ったので。
往復6時間半・・・・。
2月に申し込んでいた会場だったら学校から20分だったのになあ。

もーね、運転手はするわピアノ伴奏はするわ、
ランチのレストランには案内するわ(前に行ったことがある)で
多分今日、先生より働いてたね!私!

でもまあ、頑張ったかいあって良い評価がいただけて、
先生も鼻が高かったので良かった。
生徒たちも喜んでいたし。
一応謝礼も少しはいただいたし。

やれやれ、これで今年度のピアノのお仕事は終わりかな〜。
しばらくはお休みだ。

セサミクラステッド・ツナ



セサミクラステッド・ツナと、スモークサーモンとアボカドのサラダ。
ツナは冷凍のマグロ赤身を解凍、醤油とみりん・うまみ調味料に30分ほど漬けてヅケにしておく。
黒ごまと白ごまを混ぜて裏表につけ、フライパンでさっと焼いて冷まして出来上がり。
味はちゃんと付いているが、物足りないようならポン酢醤油をかける。

こちらでも生で食べられるマグロが普通のスーパーにも出回って来たが、
うまみの少ない赤身ばかりなのでこうやってゴマの風味やら何やらを足してやると美味しい。

スモークサーモンとアボカドのサラダはレモン汁かけただけ。
アボカドが濃厚なので結構食べ応えがあった。

ご名答

タロウが夜、友達の家から帰って来て自室に上がって行ったあと、
しばらくして
「チャーハン食べますか」
と彼のスマホにテキストしたら
「はい」
と返答。
降りて来て高菜チャーハン見たタロウ

「・・・・孤独のグルメ見て、お腹空いて食べたくなっちゃったの?」




ご名答。



全くもう、これだから太るんだよねえ〜〜〜私〜・・・・

孤独のグルメは小腹の空いた夜中に見てはいかん。

桜の樹の下には

もひとつ、くだらないテレビネタ。
同じサイトでマツコ・デラックスのが徘徊する緩い番組を見たら
夜桜を見に行く回だった。
しかしまだ寒くてどこも咲いておらず。
地元の人に聞いて、一本だけ先に満開になっている桜の木を見に行く。
確かに周囲と違って満開で、とても綺麗。
なんでかしらね、と不思議がるマツコはその次に

「あー、きっと、死体が埋まってるのかもよ。
なんかそういうの、あったじゃない。」

と言った。

見ていた私とBJは、梶井基次郎の「桜の樹の下には」だなと思ったが
言ったマツコ自身もわかっていなかったらしいし
まして一緒にいたスタッフは誰も知らず
「なんですか、それ?」

・・・そうか。
「檸檬」とか「桜の樹の下には」とか、もう、常識じゃないんだなあ。

青空文庫にアクセスすれば、無料で読める良い時代になったのに勿体無い。

桜の樹の下には


それにしても、こんなに印象に残る文章というか作品が
たったこれだけの文字数だというのに改めて驚く。
そして、これを書いた梶井基次郎が何歳だったかにも驚くし
彼が何歳で夭折したかにも。

丸善に、檸檬爆弾、置いてみたかったな。

赤い前掛け

前述のサイトで「ブラタモリ」の京都編を見たけど、江戸時代に
「女の子が赤い前垂れ(前掛け、エプロン)をつけて
三味線に合わせて豆腐を切るパフォーマンスが超人気だったんです」
というのがツボにハマった。

・・・・それって、「メイド服着た女の子が
きゃあきゃあ歌いながら(あるいは手拍子とかしながら)
オムライスにケチャップで”はあと”をかく」
のと、何が違うんでしょうか!!!???

150年前から日本人の「萌え」は
変わってないのか・・・。

日本人ってやつぁ全く、って思うか
男ってやつぁ全く、って思うか?

スナックあけぼの橋

いつも利用しているJapan Video Rentalという有料サイトに
「スナックあけぼの橋」というトーク番組が入っていたので見てみた。
天海祐希がスナックのママ、石田ゆり子がチイママで
そこへ色々なイケメン俳優たちが客としてやって来てトークをする緩い番組である。

・・・で。
スナックに貼ってあるポスターが「野生の証明」だし「カジャグーグー」だよ。
ママとチイママでカラオケするのがピンクレディの「ウォンテッド」だし、
お客さんが来て中森明菜の「Desire」を歌ったら途中でママのかけ声が思いっきり
「はーどっこい!」だし(これには本気でウケた、BJは知らなかったらしい)
ママがずっと買い集めてたマンガ単行本は「ガラスの仮面」に「王家の紋章」に


「デイモスの花嫁」



秋田書店系だったのね。基本。
いや、そこじゃない。

なんかやたらどんぴしゃだな、この人東京出身(台東区東上野)なのは知ってるけど
ひょっとして同世代か?
私よりかなり下だとばかり思ってたけど・・・
と思ってググってみたら

ひとつ下だった。

・・・・あー、そりゃ、どんぴしゃだわーー、
ってか、同世代なわけだわーー!
妹達よりも年近いもんな。うん。

それにしても天海祐希の東京弁が好き。
なんていうかなあ、地方出身の人が標準語とか共通語として
東京の言葉を喋るのとは違う、シャキシャキした音と調子なんだよね。
早口だしちょっと乱暴な感じで、木の実ナナの言葉もそうだけど江戸弁って感じ。
東京の言葉って、男性は「〜なのよ」とか「そうよ」「それでね、」とか
オネエ言葉か?って話し方をするんだけど、逆に女性は
「なに言ってんだい、ふざけんじゃないよ」みたいな
ちょっと男言葉みたいなぶっきらぼうな言い方をするので
天海祐希の話し方聞いてるとほんと東京の人って感じがする。
すごく懐かしい。

BJは石田ゆり子が好きなので、この番組喜んで見ていたのだが
見ているうちにどちらかというと天海祐希のファンになってしまったらしい。
わははは、それは良かった〜、私、彼女、好きだから。

これ、レギュラー番組にならないかなあ。
20分ぐらいの短いやつで、ゲストも一人ずつでいいから。
でもそしたら面白さ半減かしら?

イースターホリデイ



金・土・日・月と、こちらはイースター(復活祭)のホリデイで学校はお休み。
オフィシャルな祝祭日ではないものの、ここいら南部では
明日の日曜日などはもう感謝祭やクリスマスと同じくらい、
どの商店もお休みになるほどの祝日だ。

・・・が。
うちは特にキリスト教のお祝いをしないので(クリスマスは別だけど)
教会に行くわけでもない。
というわけで暇つぶしのブルーレイをあれこれ買って来てしまった。

「ファンタスティック・ビースト」は初めてブルーレイで鑑賞。面白かった。
「ジュラシック・ワールド」は劇場でも見たけどまた見てみて改めて面白かった。
残すは後スター・ウォーズシリーズ2つ。
「フォースの覚醒」は劇場で見たけど「ローグワン」はお初。
楽しみだー。



☆    ☆    ☆

久々に燻製。丸ごとチキンとラムのスネ肉、ヤギのチーズ。どれも美味しかった。
私もついでに電気の燻製機を出して来てブリーチーズとチェダーチーズを冷薫。
これも美味しくできました。
あー、食べ過ぎたーー!

やすらぎの郷

テレビ朝日でお昼過ぎに放映されてるのかな?
こちらではネットで見ているので時間帯はわからないのだけど
倉本聰原作・脚本の連続テレビドラマ「やすらぎの郷」が面白い。

石坂浩二が主役なのだがかつて活躍していたテレビドラマ脚本家、というあたり
こりゃ倉本聰自身なのかなと思う作りだし、
そこへ絡む女優の皆さまの顔ぶれがもう・・・・!
筆頭は石坂浩二を「えいちゃん」と呼ぶ「お嬢」こと浅丘ルリ子。
「えいちゃん」と言ったのが最初「へいちゃん」と聞こえてしまい、
「えっ!?今、本当のあだ名言わなかった!?」と混乱したほど。
この「お嬢(浅丘ルリ子)」が「えいちゃん(石坂浩二)」に
ハグするわ「ねえ、仲良くなりそうな時があったでしょ、あの時にねえ・・・」とか
過去話を始めるわ、もー「実際のお二人の経緯」を知ってると大笑い!
五月みどりは少々お直しは入ってるものの相変わらず可愛らしいし
野際陽子はますます元気そうでジョギングして走ってるし
八千草薫に至ってはもうどう年取ってらっしゃるの!?と驚異的。
若い時の写真がところどころに挟まれるのもご愛嬌。

それにしても石坂浩二の元にかつての売れっ子女優たちが来るもので
BJなど「いいなあ〜!モテモテだな!」と言っていたが、
今日見かけたツイッターで
「やすらぎの郷(という名前の老人ホーム)にいるはずの石坂浩二が、
今日も全然やすらげてない!
誰か、助けてあげて〜〜〜」
と書いていたファンがいて吹いた。
うん。
確かに。
モテモテである意味楽しそうではあるが、
やすらいではいなさそうかも。

ところでこの「やすらぎの郷」の俯瞰でのロケーション、
伊豆の川奈のカントリークラブとそのホテルだよね?
今でも営業してるのかしら。

変わらんなあ

今日は木曜日。
明日はGood Fridayといい、ここからキリスト教のイースターホリデイが始まる。
来週の月曜日がEaster Monday.
ということで、明日からタロウは4日間学校がお休み。
夜は仲良しの男子達がまたうちのガレージに集まってWiiゴルフだのなんだの大会。

しかし、しばらくしたらうちに入ってきてタロウの部屋を見に行く、という。
なんじゃそらと思ったら
「ナルトのコスプレが見たいんだって。」
・・・あー、昔、タロウとナナが一緒にやったりした、あのコスプレ衣装?
面白いもん見たがるなと思っていたらカカシ先生のベストやら
あかつきのガウンやらを羽織って子供達が降りて来たので吹いた。
・・・君たち、そんなもんに興味あったんか!
ていうか、変わらんなあ!

それで思い出して、タロウが前に着たうちはサスケの衣装一揃いを出して来てやったら
「うわ、お母様、こんなのまだあったんだ!?
あれ、ある!?」
と、額当て(ハチマキ)を探すので当然あるから出してやったら感激したタロウ。
そーよねー、これ無いと、感じ出ないもんね。
衣装もまだ着られたし、サンダルもはけたのでなんかウケたらしい。
良かったねえ。

そうか、今年は、タロウとその友達で
ナルト合わせのコスプレチームでも作ってアニメウィークエンドに行こうかしら!?

ミュージカルの初練習

タロウは夕方6時からのミュージカルの初練習へ、
自分で片道1時間ドライブしてバーミンガムまで。
もう何度も運転して行っているので迷う心配はないが、
スピード違反とか事故には気をつけてねえ〜〜〜。

10時半ごろ、ようやく「練習終わってこれから帰ります」とテキストが。
そこから1時間かかるので、当然帰宅は深夜0時近くになってしまった。
こりゃ大変だ〜。
来週はこれを毎晩やって、金曜日から本番なわけだし。
疲れすぎないといいんだけど。

さて初顔合わせはどうでしたか、と聞くと
「もー・・・・ひどかったよ・・・!みんな、下手くそ!」
とブーブー文句しきり。
今回のバンドは18歳以下という縛りがあるので
ほとんどがタロウよりも年下だというのもあるが、
それにしてもうまくなかったらしい。
キーボード奏者は上手だったが、ドラマーは1年しかドラムスを習っておらず
「まあまあ、なんだけど・・・・ドラムキットが良くなくてさ〜、音が。ひどいの。
ドラムなんてもう、


ドア閉めてるみたいな音だし


シンバルは、


小銭落っことしたの!?って音


なんだよ〜!」


うわはははは、何その的確な表現。
目に浮かぶわ、っていうか、耳に浮かんだわ!
日本語でこれだけ表現出来るなんてすごいね、タロウくん。

「シンバルの音、ストンプ(Stomp)か!?って思っちゃったよ!」
とタロウ。
「あーあの、ゴミバケツの蓋とか叩くやつ?!」
と聞くと
「そうそう!ゴミバケツの方がいい音するんじゃないかなもう!」

ギターはタロウの他に2人いるのだが、そのうち1人はシニア(高校三年生)男子で、
やたらにドライブを聞かせてグワァァ〜〜ンと得意になって弾くタイプだそうで
「彼が何弾いてるんだか全然わかんないくらいなんだよ!ギャアァァァンってやってるだけ!」
と言う。
「そっかー、ほら、俺、上手だろ!聞いて聞いて!って感じなのかねえ」
と私が言うと
「・・・・アマチュア。」
とタロウ。
なるほど、プロフェッショナルな演奏ではないと。
まーそりゃ仕方ないけど、いつもプロな人たちと演奏してるタロウからするとうざいだろうなー。

帰ってきた時には疲れと空腹もあってプンプンに怒っていたタロウだが、
用意しておいたエビチリと青椒肉絲でふりかけご飯を2膳食べたら落ち着いたらしい。
「あ〜・・・美味しかった・・・、
今日の嫌な事が許せるぐらい美味しい。」
と言っていたので、ま、良かったかな。

「これ以上悪口言うと僕の方が態度悪くなっちゃいそうだから、もうやめる。」
と、まだまだ言いたい事はあったらしいが飲み込んで自室に上がって行った。
おおー、えらいね。大人だねー。

お金もらっての「お仕事」だから、簡単にやめるわけには行かないしね。
頑張ってください。

やっぱり、趣味でやる分にはいいけど、仕事となると音楽って大変ね〜。

ミュージカルの練習

先日タロウがギターで参加した(というか、お給料もらってお仕事した)
シンフォニーオーケストラのコンサートは、リハーサルは当日の3時間だけ、であった。
・・・それって、間に合うの〜〜!???
ほとんどぶっつけ本番じゃないの!!!!
と、私など内心悲鳴を上げそうだったのだが
思い返せばこちらの学生オーケストラ(吹奏楽バンド)や合唱って
大抵そういう感じなのだった。
各学校から選抜されたメンバーが会場に集まり、
1日かそこら一緒に練習して2日目の夜には本番のコンサート、ってやつ。
もちろん選抜メンバーだけあって皆がうまいから
そんな短時間のリハーサルでもきちんと音が合って、
合唱もバンドもかなりのレベルのコンサートに仕上がるのでいつも驚かされる。
ていうか・・・アメリカ人て、なんか本番に強いんだよね。
何年もこちらの学校で合唱の伴奏しててつくづく思う。
練習の時は「こんなんで、一体本番はどうなっちゃうの!??」と
内心青くなるような出来の時でも、なぜか本番になると皆ものすごく上手くなってて
練習の倍ぐらいのパフォーマンスが出来るのだ。
目立ちたがりが多いのか、褒められて伸びるタイプが多いのか??

それはともかく。
タロウは来週末から「School of Rock」というミュージカルに
ギタリストとして雇われて演奏する予定になっている。
先日のポップスコンサートもそうだが、こちらもお給料をいただく「お仕事」。
この人・・・・結構、ギターで小遣い稼ぎしてるのよね・・・。

オーディションは2ヶ月も前に行われ、すぐに合格となって
楽譜のフォルダーをもらって帰って来たのだが一向に練習する気配が無い。
大丈夫なの?と聞いても、まだ先だから、という。

そして今朝
「今日、帰って来たら、ミュージカルの練習、付き合ってもらってもいいですか」
と私に頼む。
タロウはギターはうまいが、楽譜を読んで弾くことは苦手なのだ。
デモ演奏を聞いて、耳で覚えて弾いてしまうかららしい。
しかしミュージカルとなるとやはり楽譜に忠実でないとね。
私は楽譜を小さい時からピアノの先生に叩き込まれたので、
弾ける弾けないはともかく読むのは得意。
なので、ピアノで弾いてやりながら楽譜にアルファベットで音符を書き込みながら
ギター練習に付き合うことに。

しかし、アルファベットで書き込むのも結構苦労するのよね・・・・。
頭の中では「ドレミ」で読んでるし、アルファベットとなると
最初に教わったドイツ語の音階が出て来てしまうし。
でもタロウには英語の音階で書かないとわからないわけで・・・・何重に翻訳してるんだっつの。
翻訳しないでいいはずの楽譜を。

ちなみに英語では「音楽」も「楽譜」も「music」と言うので、
タロウはかなり長い間楽譜のことを「音楽」と言っていた。
私達には通じるので特に直さずに来たのだが、この頃はどこかで学んだのか?
自分で「楽譜」と言うようになったので感心。

楽譜を見ながらタロウと練習したのだが・・・
・・・いや〜〜、思ったより疲れた〜〜!!!
リプライズもあるから全部が違う曲ではないものの、
アレンジを変えて30曲以上弾く予定だからだ。
・・・これ、結構大変だねえ。

しかも作曲はアンドリュー・ロイド・ウェーバー。
オペラ座の怪人とかジーザスクライスト・スーパースターですからねー。
難易度も高し。

明日から劇団の皆様と合わせてのリハーサルが始まるそうだが。
しかしそれに向けての準備が今日の付け焼き刃って。
私にはそんな度胸無いわ〜〜〜、なんか違うわ〜〜〜。


Spring Pop Concert



4月8日、タロウの18歳の誕生日。
・・・だが、プレゼントはもう渡してしまったし
今日は隣町のシンフォニーオーケストラのヘルプで
タロウは日中リハーサル、夜7時から本番のコンサートに出るため忙しい。
ということで特に本日のお祝いは無し。
アメリカ人と違って我が家は日本人家族だから、
そこまで誕生日に大騒ぎする習慣も元々無いし。
なんかアメリカ人って誕生日、好きよねー。
亡くなった有名人の記念日も、日本なら命日だろうけど
こちらだと誕生日のことが多い。
不思議。

さて、夜7時からのオーケストラのコンサートは、テーマが「ポップス」だった。
しかし中身はどちらかというとロックンロール寄りで、タロウはギター担当。
ソロもあってカッコ良かった。
我が子ながらほんとうまいのよねこの人・・・・。
このオーケストラは音楽の先生たちなどで構成されているのでさすがに上手。
中にアラバマ大学の音楽ディレクターの先生がいらして、タロウに
「もしも音楽の道に進みたいのであれば、連絡して」
とまで言ってくださったそうだ。
ありがたいような、親としてはちょっと複雑なような。

18歳の誕生日と、コンサートの成功おめでとう、タロウくん。



一日中荒れ模様

午前4時から午後9時までストーム・トルネード注意報。
時々警報レベルになるという荒れ模様の一日だった。

朝は5時ごろゴルフボールくらいの雹が降ってきてあまりのうるささに起床。
屋根とか傷まないといいなあ、と思いつつテレビやタブレットで気象情報をチェック。
午後も次々と雷雨がやってきて、停電や倒木がないかと心配だったが幸い我が家には何もなく。

夜になって退屈したタロウが友達の家へ行ってもいいかとか
友達がこっちに来てもいいかと聞いて来たが、何しろ夜9時まで注意報が出ているのだし
万が一うちに来てる時によその子に何かあったら責任取れないから、と却下。
大体、なんで学校が休校になってると思ってんですかあなたは。

でもまあ、私も子供の頃台風で学校が早引けになったり休校になると楽しかったからな〜。
気持ちはわからんでもないが。
BJなどわざわざ増水した多摩川を見物に行ったりしていたそうだ。
河川に近づくな、ってあれほどテレビとかで注意してるのにね〜。子供ってバカだ。

明日は休校

明日はストームと竜巻の予報が出ているので、この近辺の学校は全て休校となった。
タロウ達の学校(私立)も休校を決定。

私は例のソロ&アンサンブルというコンクールにピアノ伴奏で同行する予定だったが、
学校が休校となると学校関係の行事(スポーツの試合や遠足など)もキャンセルになるので
結局行かれないことになった。
コンクールの行われる地域はストームの影響は少ないという予報で、
開催自体は予定通り行われる。
開催がキャンセルになったのなら別の日に仕切り直し、となるが
この場合は私達が参加出来ないだけなのでもうどうしようもない。
せっかく練習して来たのにねえ。残念。
申し込みのお金も払い込んであるのに勿体無い。

タロウは降ってわいたお休みに大喜び。
明日は停電とかしないといいけどな〜。心配。


Botanical Gardens

下の記事はもちろんエイプリルフールねたでございます。
失礼いたしました。











本当に行って来たのは、バーミンガムにあるBotanical gardens内の日本庭園。
桜が咲いてるかと思って行ってみたのだけど、まだ3分咲きくらいでがっかり。
今年は開花が遅いなあ。

そうだ、京都行こう



ふと思いたって、京都に来ています。
新緑ともみじのコントラストが美しい。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR