Happy Thanksgiving!

本日は感謝祭。
以下、自分の為の覚書で長いです。

毎年恒例、朝9時からテレビでメイシーズのサンクスギビング・パレードを見ながらターキーをオーブンへ。
ターキーは8,9ポンドの冷凍胸肉塊を先週のうちに買っておき、月曜日から解凍したもの。
去年はガレージの冷蔵庫で解凍したら外が寒すぎて全然解けておらず苦労したので、
今年はちゃんとキッチンの冷蔵庫に入れて解凍しておいた。
それでも中に入ってるグレービーの袋はまだ凍ってたなー。
一応5ポンドにつき1日の解凍時間ということなので多めに見て3日間解凍したのだけど
それでちょうど良いみたいだ。

我が家のターキーはベーコンを何枚か貼り付け、アルミホイルで全体を覆って350°Fのオーブンで
2時間ほど焼き、ホイルをはずしていい焼き色がつくまで1時間半ほど焼く。
温度計を刺してみて中が180°F以上になっていれば焼き上がり。
これで皮はパリッと、中はジューシーに焼き上がるのですごく簡単・・・なのだが
どうして世間では前の晩から塩水に浸けろ(そんなでかい寸胴鍋、家には無いわ)とか
全体にバターを塗って最初は胸側を下に、途中で上下ひっくり返して焼けとか手間かけるのかな?

今年も焼き加減はうまくいったが、いつもよりちょっと塩を多めにすりこんだせいで
しっかり味がついてはいるがちょっとしょっぱすぎたかも。
まずくはないが味が濃すぎた。反省。



サイドディッシュはいつもの通り。



グリーンビーンキャセロール、コーンブレッドキャセロール、自家製クランベリーソース、
付属のグレービー、マッシュドポテト、スタッフィング、中華おこわ、自家製パンプキンパイ。

中華おこわは前の晩から餅米を水に浸けておく。
みじん切り玉ネギ、セロリ、缶詰のタケノコ、桜えびを炒めてウェイパーと酒で味付け。
餅米と水少々を混ぜて蒸し器にパーチメントペーパーを敷いておき、入れて30分程蒸す。
私としては「おこわ」って感じになって好きな食感だったが
なんでも柔らかいのが好きなナナには不評だった。
まあそうだろうとは思ってたがやってみたかったのよー、ちゃんと蒸したおこわ。
彼女は去年まで作っていたフライパンでそのまま煮てしまう「ちまきの中身」みたいのが好きなのよね。
私はあれダメなんだー、べたべたしすぎて嫌い。
でもBJもあのもちもちしたのが好きだから、来年はまたフライパン方式に戻そう。
実はそっちのがずっと簡単だし。

お昼からだらだら食べて、ワイン飲んで。
ナナと一緒に日本のアニメ見てわいわい言って、楽しかったー。

皆様も良い感謝祭を!
スポンサーサイト

お帰りなさい

学校は今日から感謝祭のホリデーで日曜日まで休み。
オハイオから帰って来るナナを迎えにアトランタ空港まで私1人で行って来た。

何しろ今日は飛行機が1年で1番混む日で、なおかつアトランタは全米1忙しい空港ときてる。
どのぐらい混んでるのだろう、駐車場あるのかな、と心配で
万が一を考えて空港外のパーキングに予約を取ってから行った。
駐車場が満杯で停められなかった経験が数回あるから心配だったのだ。

この感謝祭の民族大移動は、日本のお盆かお正月って感じかな。
クリスマスはクリスチャンのお祭りだからユダヤ人やイスラムの人には関係ないので
ここまで一斉に皆が里帰り!って事にはならない。
しかし感謝祭は宗教関係ないから、皆が一斉に移動するらしい。

予約しておいたパーキングに車を停め、シャトルバスで空港へ。
午前中にツイッターをチェックした時にはセキュリティが長蛇の列だったのだが
もう午後だったせいかさほど混んではおらず。
しかし今は便利だ。
並んでる人達が「表示は20分から30分待ち、になってるけど
実際はもっとかかりそう」とかツイートしてくれるおかげで状況がすぐわかるから。

fc2blog_20141201023905a6d.jpg

空港のアトリウム。結構空いてて拍子抜け。

到着を待つお迎えの人達もいつもと変わらない程度の混み具合。
予定通りにナナから「着陸しました」とテキストが来て、30分後には無事に合流。
元気そうで良かった。

帰宅してお土産をもらったり近況報告したり。
でも、Facetimeで顔を見ながら大体週一回は喋っているのでさほどギャップは感じないわねー。

昨日のうちに仕込んでおいたおでんで夕飯。
さー、明日は朝から七面鳥焼いてごちそう作るぞー!

お買い物

タロウが彼女と一緒に買い物に行きたい、というので
私も感謝祭で帰ってくるナナのために食料品を買いに行きたかったから
3人でBirminghamまで買い物に行って来た。

Galleriaという、南部一大きいモールで2人を降ろし、
1時間半後ぐらいに合流する事にして私はCostcoへ。
隣接してるので都合がいいのだ。

Costcoへ行ったらあまりの混雑にびっくり!
駐車する場所が無い!
感謝祭前で皆買い出しに来てるのかな〜?
この土日では、今日だけ晴天で明日は雨だっていうしそれでかな。

店の裏手の搬入口近くにも駐車スペースがあったのでそちらに駐車。
こんなとこ初めて停めたわ。

店内も混んでいて、レジも全列開いていた。
もちろん冷凍ターキーもごまんと売られており、
これ何人分?とあぜんとするサイズのパンプキンパイも。
感謝祭だもんね・・・ごちそう必須だもんね・・・。

買い物を終えてモールに移動し、タロウにテキストするも返事は無し。
しばらくそこら辺の椅子に座って休んでいたら返事が来た。
なんでも彼女はここのモールに以前1回ちょっと来ただけだそうで、
全部見て回りたいというからまだ歩き回ってるとのこと。
そりゃー時間かかるわー。何しろ広いからねここは。

私はちょこっとクリスマスオーナメントの店などを冷やかし、
あとはフードコートで休んだりして時間つぶし。
結局タロウ達がやっと買い物を終えて私と合流したのは
解散してから実に3時間後であった。
堪能したねえ〜〜。

その後、近くの日本食品店へ行ってこれまた色々買い出し。
今のところ醤油もみりんも切らしてはいないが、
来月になると色々と行事があって忙しいからここまで来る暇が無いかも知れない。
という事で多めにあれこれ買っておく。
これだから大きいパントリーが必要なのよね。冷凍庫も。

タロウも気に入ったカーディガンを買えたというし
(しかし彼女には『これ、ガールズ用じゃないの?』と不評だったらしいが)
私も一通りの食材が買えたし、良かった良かった。


☆    ☆    ☆

まぐろ刺身、牛たたきのホースラディッシュソース、アスパラガスのガーリック炒め、豆腐とわかめの味噌汁

意外な趣味

今日は金曜日だが、先週でやっとフットボールシーズンが終わったので
我が家としては何も予定は無し。
あーやれやれ、やっと終わったわよ〜〜・・・。
来年はもうタロウが自分で運転して学校まで行けるから、
金曜日深夜のお迎えに行かなくてもいいのだ。嬉しいっ!!!

下校時刻にタロウを迎えに行ったら、
「Mr.C(文学の先生)と、ジャムセッションの新しいアイディアがあって、
今日これから練習しようって話になったんだけどいいですか?」
とな。
Mr.Cは前からタロウのギターを気に入っていて、
自分がドラムスやるから一緒にジャムセッションしようとずっと言っていたのだ。
まあ、今日は予定も無いしいいでしょう、と許可。

結局タロウはそのまま夕方からのバスケチームの練習へ行き、
更にまだ遊び足りなかったらしく友達2人、マックスとチャンドラーを連れて帰って来た。
突然だったがしょうがないのでご飯を出してやる私。
冷凍庫にいつもストックしてあるミートボールと、ミニキッシュを足して
家族3人分のつもりだったチキンのトマト煮とガーリックライス、サラダでディナー。
一番ウケたのは冷凍ミートボールを市販のBBQソースとケチャップ、赤ワインで煮たものだった。
そうなのよねー、これ、誰に出しても、それこそ大人にも一番ウケるんだわ。
手をかけてないのが一番ほめられるってどうなの。なんか複雑。

BJも家にいたので子供達と喋っていたが、ここでチャンドラーの意外な趣味が。
彼は写真に興味があるのは知ってたが、BJも写真をやるので話が合ったらしい。
「色々良く知っててびっくりしたよ」
と、後でBJが言っていた。
タロウはBJとチャンドラーの会話を聞いていて
「何話してるんだかさっぱりわかんない」
だったそうだが。

その他、BJがやはり好きで持っている万年筆やインクの話も合ったそうだし、
はては腕時計まで同じメーカーだったとか。
それもアメリカでは売ってないドイツのもの、って・・・
どんだけオタクなの。

チャンドラーは喜んで
「お前のお父さんと俺がブロマンス(ブラザーとロマンスを合わせた造語、
ゲイではないけどすごく仲良しの男友達って感じ?)、って言ったら変だよなあ?」
などと冗談を言っていたそう。

そして後で私達のところへ来て、
「もうひとつ、もしかして趣味が似てるんじゃないかと思って聞きたいんですけど・・・」
と言い出すから何かと思ったら
「村上春樹は好きですか」


・・・へ!?
村上春樹なんか読んでんの!!

いやーたまげた。

「もう大好きで、村上読むためだけに日本語勉強しようかと思ったくらい」
なのだそうだ。
・・・・・変わってるなあ〜〜!
趣味が全体に渋いっつーかなんつーか、中の人はオヤジですかひょっとして。

「翻訳されたものだと、原語のニュアンスとか失われてると思いますか?」
なんて聞かれて、結構鋭いとこ突いてくるなーと感心した。
ほんとに好きなのね。

私はチャンドラーもマックスもちゃんとクラシックピアノを弾く事に驚いたし
一緒に弾けて楽しかった。
おかげでショパンのノクターンなんて何年ぶりに弾かされてしまったけど。

「タロウのご両親って、いいなあ!」
と喜んでもらたそうなので良かったわ。

うちで9時頃まで遊んでいったのにまだ別れがたかったらしく(どんだけ)
チャンドラーはBJのカメラを借りて3人で夜景を撮りに出かけて行った。
女の子ならもういい加減にしろ、と言う時間だけど
まあ、男の子だしね・・・明日は学校も無いし・・・・・。
マックスの車で出かけて行ったが、これ、タロウが自分の車持つようになったら
もっと帰って来なくなるだろうなー!
色々心配が増えそう。まーしょうがないけど。通過儀礼か。

3人で帰って来たのはもう11時半を回っていた。
チャンドラーはマックスの家に泊まるのだそうで。
なんか面白いなあ、男の子達。


楽譜おこし

タロウは学校のジャズバンドにも参加している。
そこで演奏する曲にトロンボーンのソロパートがあり、
しかも即興なので楽譜にそのメロディが書いていないのだという。
お手本にする演奏は楽譜通販のサイトで聞けるのだが
「先生が、それを聞いて楽譜におこして吹いてもいいし、
自分で好きに演奏してもいい、っていうんだけど
お母様、聞いて楽譜に出来ますか?」
とタロウに聞かれた。

幸いトロンボーンはピアノと同じキーなので
なんとかなるかなーと思って引き受けた。
サックスやクラリネットなど他の楽器だとキーが違うので
ピアノで弾いた音をその楽器用に変えないといけないから大変だけど。

結構長いソロだったから難しかったが、なんとか音を取った!
帰宅して楽譜を見たタロウは感激。
しかし私はト音記号の譜におこしていたので、
ヘ音記号にしてほしいとおっしゃる。
はいはい。もうこの際なんでもやりましょう。

出来上がった譜を見てタロウは
「こんな高い音まであるの!難しい〜」と悲鳴をあげていたが
練習すればなんとか・・・なるかなあ?
本番は多分来年4月のコンサートなので、まだ時間はあるからね。
がんばってください。

私はまずクリスマスコンサートの合唱伴奏の練習だわ。
まだちょっと不安な箇所がいくつかあるからがんばらねば。


☆    ☆    ☆

豚丼、肉味噌レタス包み、玉米湯

似てませんか?

NBCで放映しているオーディション番組「The Voice」に
出ているコンテスタントの一人、テイラー・ジョン・ウィリアムズ。

テイラー・ジョン・ウィリアムズ

日本のモデル、栗原類に似てません?

栗原類


低温により

今朝、タロウ達の学校は気温が低すぎるという事で
登校時間を2時間遅らせて始業。

・・・ったって、アラバマの「低気温」である。
朝の最低気温が−4℃、最高気温は3℃。
氷点下なのは朝だけだもん、たいした事無いわねと思う私はオハイオ生活7年半経験者。

さてオハイオにいるナナはどうかな、とネットの気象情報を見ると
最低気温−11℃、日中の最高気温


−7℃



うっひゃー、来た来た!
オハイオの冬ですがな!
最高気温でもここの最低気温より低いわー。さすが。

そうなのよねー、本当に寒い時期だと、最高気温が氷点下なのよね。
あれが寒いんだー。冷たい、つか、痛い、つーか。
そのうち、0℃こえると「あ、今日あったかいな」と思うようになる。
やはり水が凍る温度というのは命の危険を感じるのか、寒さの種類が違うのだ。

ナナはオハイオ生まれと言っても5歳までしかいなかったから、
あの寒さの記憶は無いんだろうな。
「もう雪が降ってる!」と驚いてたけど、まだ序の口ざんすよ。
4月まで寒いんだよね、オハイオは。
あれが辛かったなー。
なんていうか、3月にはもう春めいてほしいの。なのに寒いんだもん。
4月は雨が多くてどんよりしてるし。
私はもう、雪の降る土地には絶対住めないわ。

ナナはこれから4年間オハイオ生活かー。
がんばってねー。

ロックンロールクリスマス

タロウは一応回復して、普通に登校。
夕方からはロックンロール・クリスマスの練習のため隣町へ。
5時10分に家を出て、6時半から練習、9時に終わって
また1時間弱ドライブして帰宅は午後10時・・・・




親はトータル5時間も付き合わねばならない。



アメリカにいると、子供の送迎と子供の習い事やスポーツの待ち時間を
耐えるのが母の仕事だなあ全く。
自分ちの車で行き来するしか交通手段が無いのだから仕方ないが。

今日の練習も、近所だったらいったん置いて来て帰って、
また時間になったら迎えに行く、という事も出来るけど
片道1時間かかる隣町だからね・・・・。
2時間半の練習の間、控え室のソファでタブレットで時間つぶししてるしかない。
一緒に連れて行かねばならない下の子がいないだけマシだが。

練習の様子をのぞくのは邪魔になるから禁止されているが、
演奏している曲はもちろん聞こえてくる。
まだ2回目の練習なのに結構かっこ良くまとまっていて驚いた。
皆上手だなあ。

控え室側にはいくつか練習室もあるのだが、
そちらではカルテットか何かのユニットを練習しているらしく
メンデルスゾーンだのヴィヴァルディだのが聞こえて来て優雅。
あちらからはロック、こちらからはバロックでなんだか面白かった。



☆    ☆    ☆

夕飯をちゃんと食べる時間が取れないので、車内で食べられるようお弁当作成。
おにぎり、鳥の唐揚げ、ブロッコリー、グレープフルーツ

お疲れ様

14日の金曜日、タロウは学校のアメフト応援のためここから3時間程の他校へ
バンドの皆と一緒に学校のバスで遠征した。
夜は4℃くらいまで気温が下がる、という予報だったので
フリースの上にシェルの着いているジャケットを持たせ、
帽子やマフラー、手袋も持ったか確認して出したのだが
やはり相当に寒かったようだ。
結局試合は負け、午前1時頃帰って来たがバスの中も寒かったそうで
明けて土曜日はがっちり風邪引き。
その前からずっと喉が痛いと言っていたし忙しかったから、
そのうち倒れるだろうなと思ってたのでこっちは驚かないけど。

この試合で負けたので、今シーズンのアメフトは終了。
やれやれ。長かったわー。
お疲れ様。

今日もタロウは咳と喉の痛み、鼻水でダウン。当たり前だ。
彼女に遊びに来てもらってもいいか、などと寝ぼけた事を抜かすので
ダメに決まってるでしょと言ったらしゅんとしていた。
おとなしくして早く治さないと、ユースオーケストラの練習もあるし忙しいんだから。

なんて言ってる私も喉が痛くて同じ風邪をひいてるっぽい。
あったかくして寝よう。
あー、こういう時は、日本式のお風呂であったまりたいなあ。
シャワー寒いよう。


☆     ☆     ☆

ズッパ・トスカーナ、ハワイアンブレッド、サーモンソテーにフルーツサルサ、ケールのガーリックソテー

All State Choir Audition

タロウは本日放課後、All State Choirのオーディションを受けに行って来た。
アラバマ中の各地を回ってオーディションが行われ、優秀な生徒が集められて
来年4月に発表コンサートがある。

タロウは歌には興味が無いのかと思っていたが、このオーディションを受けてみたいというので
私も協力し、家で伴奏して何度か練習につきあってやった。
一応私も声楽の個人レッスンを受けていたので、それなりに指導してやったつもり。
ただし、タロウのパートは男声バリトンなのでちょっと難しかった。
同じ高さで歌ってやれないしねー。

オーディションが終わってこれから帰る、というタロウのテキストには
「I LOVE YOU MOTHER! MY AUDITION WAS GREAT!」
と、全部大文字で書いてあったのでかなり手応えがあったらしい。
まだ結果が出るのは当分先だけどね。
家で練習していった分、音程がちゃんと取れて良く歌えたそうだ。
それは良かった。
皆で一緒に練習してると、自分のパートがいい加減になってたり
他のパートにつられた音程で覚えちゃう事があるからね。
やはり、個人練習は大切だ。

合格するといいわね。


キッチン完成

7日金曜日から始めたキッチンのリノベーション、本日11日に終了!
結局キッチンを使えなかったのは金曜日の夜だけだったので
思ったより不自由じゃなかったなー。
ダスティンの手配が良くて、一気に終わったので良かった。

キッチン02

ビフォー

キッチン03

工事中

キッチン04

アフター

カウンタートップはグラナイト(御影石)。
New Venetian Goldという商品名だが、私達が最初に選んだものは
似たような色合いのParadise Beachという石だった。
日本語で言うと浄土ヶ浜か。
そちらよりこのベネチアンゴールドの方が手に入りやすいというのでこちらにしたのだけど。
自然石だからサンプルと全く同じ物ってわけじゃないし、こちらで問題なかったわね。

早速FacebookにBJが写真をアップしたらコメントがついたが
「いい色ですね!うちは黒にしたの、大失敗だったわ!」
というので笑ってしまった。
そう、なぜかグラナイトっていうと黒いカウンターが流行ってたのよねー。
今はちょっと違って来てるのかな?
どちらにしろ私はあの黒いのはどうにも好きじゃなくて最初から選ぶ気は無かったけど。

今回はがしてみて初めて知ったのだが、前のカウンターはベニヤ板にタイルが張ってあったのだ。
シンク周りは板の部分に水がしみ込んで黒カビが生えていたので、ダスティンが
「今、直す事にして良かったですよ。
もう数年放置してたら木が腐っちゃって、
下のキャビネットごと交換しないといけないとこだった。」
と言ったので思い切ってやって良かったわ。

BacksplashはTumbled marbleというタイル。
薄いのともう少し濃いのの2色を取り混ぜて、その中に所々もっと濃いのをちりばめてもらった。
いい感じに無造作な仕上がりになったんじゃないかな。

前のグレーのタイル張りに比べて、薄めのベージュ系でまとめたので明るくなった感じ。
わーい、嬉しいなー♪

でもこれで当分揚げ物禁止。



☆    ☆    ☆

鶏胸肉のパン粉焼き、トルティーヤ(スペイン風オムレツ)、ミックスグリーンのサラダ

Veterans Day Program

タロウの学校で、例年通りベテランズデイのプログラム。
ベテランズデイの祝日は明日だが、学校ではいつも前日にプログラムを行う。
軍人のゲストスピーカーをお招きして、色々生徒達に経験談などを話してもらう。
そこで合唱の子達が軍のテーマソングをメドレーで歌うので、私はピアノ伴奏に行って来た。

もうこのプログラムにピアノ弾きに来るのも5年目?6年目?
今年のゲストスピーカーは女性のジェネラルで、自分が女性なので
軍服を着ていないといつも「軍の誰かの奥さん」と思われる、という
経験談を話してくれた。
でも最初から最後までそのエピソードばかりで、ちょっとつまらなかったなー。
もう少し掘り下げた話とかしてくれるのかと思ってた。
タロウは「もっと軍の仕事についてとか、具体的な話が聞きたかった」と言ってたが
私はどちらかというと「軍に女性が採用されるようになった経緯や歴史」を聞きたかった。
きっとパイオニアの女性がいたのだろうし、そういういきさつが知りたかったな。

あるいは軍の施設で女性ならではの事(トイレ・バスとか)で困る事はないのかとか。
私は女子校に行ってたので校内には男子用トイレが一カ所しかなく、
文化祭の時など来客が困ってたのを覚えている。
きっと、古い軍用施設なんかだと逆に女性用が無い、なんて事あるんじゃないのかしら。
妊娠・出産・育児の際はどうするのかとか、聞いてみたかったな。
でも中高生には興味の無い話か。

去年はタロウの同級生オリビアのお父さんが来て話してくれたが、
広報担当官だけあって話が面白くて上手だった。
あれが今までのスピーチの中で一番だな。さすがプロ。
盛んに子供達をリクルートしてたし、ちゃんとお仕事なさって行きましたのこと。

メドレーは大きな失敗もなく、無難に終了。やれやれ。
さあ、これからクリスマスコンサートに向けて新しい曲を練習しなければ。


フィギュアスケート中国杯

ツイッターを見ていたら日本の皆様が盛んに羽生選手の心配をしていたので、
何事かと思ったら練習中にケガですって?
こちらでは日曜日の夕方からハイライトがブロードキャストで放映されたので、
アメリカではどういう扱いになってるのかなというのも興味あったので見てみた。

番組の前半は女子の演技。
タロウの彼女も一緒に見ていたのだが、フィギュアの競技について何も知らないので
ざっと説明しながら観戦。
「フィギュアスケートって見た事無かったんだけど、
初めてでも、もう夢中だわ!足首痛めないかとか、心配しちゃう!」
と言うのでびっくり。
そうかー、見た事無かったのかー。
そりゃまあそうか。見ない家は全く見ないでしょうしね。

私にしたって、親の影響でスポーツ観戦が好きなのだし。
結婚して、BJが野球観戦はおろか野球のルールも良く知らない事にたまげたっけ。
今はかなり私の教育で色々付き合って見るようにはなってきたけど。
って、普通の夫婦と逆なような。

羽生選手の扱いはさすがに大きかった。
番組初めから何度もオリンピックの演技を流していたし、
ケガについては衝突の瞬間のビデオも流したので良くわかったし。
しかし、テレビで「アメリカチームの医師が手当をした」と言っていたけど、
日本チームは医師を連れて行っていないの?
大会側の医師とかもいないわけ?
アメリカは医師を同行させてるのかー、なんか違うなー、さすがだなー、と思ってしまった。

羽生選手の演技は、ジャンプで転んだのは仕方ないが
表現力はさすがだなと感心した。
他の選手とは持っている雰囲気が違う。
これが才能っていうものなんだろうなあ。

結果を知っているのに見ている間やっぱりハラハラドキドキして、思わず
「ああもう、心臓発作起こしそう」
と言ったらBJが
「大丈夫、治してあげるから。」
と言ったのでタロウも彼女も笑っていた。

便利だわね。
ホームドクター。

ニューオーリンズ・ジャズ

先週土曜日、ニューオーリンズのPresavation Hall Jazz Bandのコンサートへ行って来た。
芸術の秋だから、ではないがやたらとコンサートづいてるわー。
ニューオーリンズには何度も行った事があるが、Presavation Hallには行った事が無いので
ここで聞けて良かった。
スタンダードなジャズなので、私でも知ってる曲をやってくれるし楽しかった。

ゲストというかジョイントのアーティストはアラン・トゥーサン。
私は名前を知らなかったが、実に色んなアーティストに曲を書いてる人なのね。
それはそれで良かったけど、でももっとジャズバンドの演奏が聞きたかったな。

タロウは自分がトロンボーンを演奏するので、このバンドのトロンボーン奏者が
大きな音を出すのに驚いていた。
相当肺活量が無いと難しいらしい。
楽器も体力いるわねー。

Big Hero 6 (ベイマックス)

big hero 6

タロウとガールフレンドのヘイリー、私とBJの4人でディズニーアニメ「Big Hero 6」を見て来た。
邦題は「ベイマックス」。

期待通り面白かった!
ベイマックスはとぼけててかわいいし、主人公のヒロ・ハマダもいかにも日本人、てキャラデザインでキュート。
お兄ちゃんのタダシもいい人だ〜〜〜。

映像もきれいだったし、音楽も良かった。
というのはこないだ「宇宙海賊キャプテンハーロック(2013年、日本)」を見て
音楽のひどさにがっかりした後だから気になったのよね。
だってさーー、ハーロックの船が「じゃーん!」て出てくるかっこいい場面で、
かかる音楽が・・・・ショボい・・・・(涙)
ないわー、これは、ないわー、だって盛り上がらないじゃん!!
お金かかっても、ジョン・ウィリアムズあたりに書いてもらえよ!!
と、本気で思ったとこだったので。

その点さすが、このアニメではベイマックスがヒロを乗せて空を飛び回るシーンで
かかる音楽が盛り上がる〜!
そうよそうよ、こうでなくっちゃ!

金曜日に封切りしたばかりなので映画館は結構混んでいた。
小さい子がいっぱい来ていたが、実はこれが楽しいのよね〜。
他の子が反応して色々言うのを聞いてるのが楽しい。かわいくて。
今回も、途中のシーンで後ろの席の子が
「どうして?これでどうなるの?」
と聞いてたのなんかかわいかった〜〜。
犬が出てくれば「ワンワン〜」、赤ちゃんが出てくれば「ベイビー♪」、
とにかく頭の中だだもれ。かわいいなあ。

クライマックスではちゃんと泣かされてしまった私。
あー、こういうの弱いのよ〜〜。

日本でもヒットしそうだなあこれは。
劇中の背景に出てくる日本語も、よくある「漢字もどき」や「簡体字」ではなく
ちゃんと私達が読める「日本の漢字」だったし。
突然「みたらし団子」とか書いてあると笑っちゃうのが困ったけど。

でもこれは良かった。オススメです。

最後にひとつ。
エンドロール後におまけがあるので、急いで帰っちゃダメですよ〜。


☆    ☆    ☆

ムール貝の酒蒸し、チキンとパスタのキャセロール、バーニャカウダと野菜(赤・黄パプリカ、セロリ)、ブリーとブルーチーズとクラッカー

途中経過

カウンタートップとシンク、蛇口は設置された。
後ろの壁のタイル貼りはまた後日。



朝7時からカウンターを入れる業者が来て作業を始め、11時頃には終了。
事前に来て計って行ったサイズに切り出したグラナイト(御影石)の板を持って来たが、
それをこの現場で実際にはめ込む蛇口やガスレンジのサイズを合わせてみて
この場で切って仕上げるのにはたまげた。
・・・だって、石よ!?その場で切るって、すごくない!?

更には、この御影石のカウンター、むちゃくちゃ重い。
そりゃそうだ、石そのものだもんね。
でもそれを軽々と2人くらいで運び込んで来るのにまたびっくり。
ヒスパニックの小柄なあんちゃんたちだったけど・・・何かが違う。

話は変わるが、工事の責任者のダスティンが、私とBJのやり取りで
BJがすごすごと引き下がった時に私がすかさず
「だから、そう言ったでしょう!」
と言ったのを聞いていて
「あ、今の、I told you so、って言ったのだけわかったよ」
と言ったので笑った。
だって、全部日本語でやり取りしてたんだもん。
良くわかったねー。勘がいいのか、と思ったら
「多分、奥さんがダンナにI told you so、っていうのはもう万国共通なんだな」
と言うのでまた大笑い。
確かにねえ。

とりあえず水道もガスレンジも使えるようになったので、
キッチンとしての機能は問題なし。
壁を貼るのも2〜3日で来てくれるそうだし、
思ったより楽に工事が終わりそうで良かった。
ダスティンが仕事速いし連絡もいいので助かる。
こういう仕事に、ちゃんとしてて使いやすい人を探すのって難しいのよねー。
小さいメンテナンスでもなんでも呼んでくださいと言ってくれるし、
何より若くて体力あるのがありがたい。
頼んで来てもらっても、私達より年上の人だとどうにも使いづらくって。

あーそれにしても、新しいカウンターと蛇口、嬉しいなーー!
ありがとうBJさま、愛してるわーって言ったら
「マテリアルガールだからなー、なんかモノ買ってあげた時だけだよね、そう言ってくれるの。」
と言われてしまった。
・・・あ、あれ?
そういえば、そう・・・かな?
いやいや、普段言わないだけで、いつも感謝してますってば!

工事中

今現在の我が家のキッチン。
明日、新しいカウンタートップとシンクが入る予定。

映画の予告編

今朝のTVで、映画のteaserとか trailerといったいわゆる予告編について取り上げていた。
いわく「多数の観客は映画館で見せられる予告編にうんざりしている」とか、
「予告編で一番いい場面を見せられてしまうので、本編がつまらなく感じる」
という意見が多いとか。
「ホビット」など、「2分間の予告編を見れば全部内容がわかる。
3時間の映画を我慢する必要がない」とまで言われていた。
「グランド・ブダペスト・ホテル」も予告編の方が面白いとか言われてたけど、
ええー、私あの映画見たいなと思ってたのにー。

でも確かに結構そういう映画あるわよね。
私がいつも思うのはナイト・シャラマン監督の作品。
「シックス・センス」「アンブレイカブル」「サイン」、
どれも予告編は「おっ、これ面白そう」という出来なのに
本編見ると・・・・orz

広告なわけだから「わー、これ見てみたい。映画館行こう」と思わせなきゃいけないし
かといってネタバレするわけにはいかないし、でも美味しいとこ見せて
ひきつけなきゃいけないしで色々あるんだろうけどねー。
でもこの頃日本のテレビでよくやってる、映画を見終わった一般人つかまえて
「最高でした!」「泣けました!」
とか言わせるアレはまだこっちでは見たことないなー。
あれ、私は鼻白む感じがして嫌いなんだけど、効果あるのかしら。

ナタリー・コールのコンサート

近所のホールでのナタリー・コールのコンサートに行って来た。
タロウは当然ナタリー・コールが誰だか知らないので、
ナット・キング・コールについてと、大ヒットしたデュエット「アンフォゲッタブル」だけ教えておいた。
ところでナット・キング・コールってアラバマ州モンゴメリ生まれだったのかー。知らなかった。

ナタリー・コールは今年64歳だそうだが、声は衰えておらず素晴らしかった。
歌詞が怪しいのか、持ち歌でないもの(Little Big Townの曲とか)を歌う時は
譜面台に載せた紙を見ながら、だったのは仕方ないか。

「ルート66」や「スマイル」はもちろん、「アンフォゲッタブル」も歌っていたが
やっぱりナット・キング・コールの声はいいなあ〜。
1965年に、たった45歳で肺がんで亡くなったなんて、惜しすぎる。
日に3箱もKOOLを吸うヘビースモーカーだったそうだけど
当時はまだタバコの害が良くわかってなかったんだろうなあ。

その他、ここ数年に亡くなったアーティスト達のメドレーもあったが
マイケル・ジャクソンの「ヒューマンネイチャー」はかっこ良かった。
ホイットニー・ヒューストンの「Saving All My Love for You」はさすがに・・・
全盛期のホイットニーの声で聞きたかったなあ。

芸術の秋だから、というわけではないがこのところコンサートづいてる我が家。
明後日はニューオーリンズジャズのコンサートだ。


☆    ☆    ☆

日本のカレー(ビーフ)

ガジョピント

先週、タロウが唐突に
「お母様、今度スパニッシュの授業でカジョピント持って行くのお願いします。」
と言った。

が??がじょ?なに?

「Gallo Pinto。豆とご飯のチャーハンみたいなのらしいよ。」

食べた事どころか、見た事も聞いた事もない料理なのでググってみた。
日本語ではかのCook Padですら1件しかレシピが見つからず。
英語ではいくつも出てくるが、どれも微妙に違っていて正解はどれ!?て感じ。
なんか一番美味しそうかな、と思ったのでこちらのレシピを参考にしてみた。

Gallo Pinto

コスタリカでポピュラーな朝食メニューだそうだ。
へー。朝から豆ご飯、ねえ・・・。
サルサ・リザーノというローカルなソースで味付けをするのが本物だそうだが、
当然この辺では手に入らないのでウスターソースにクミンやジンジャーを加えて使う。
ウチにはウスターソースを置いてないのでとんかつソースで代用。
コリアンダーシードも、我が家に無いし多分買ってもこれ以外に使いそうもないのでパス。
他のレシピではピーマン(パプリカ)を入れる事が多いとあったし美味しそうなので
黄パプリカを薄くスライスして玉ネギ炒める時に一緒に入れる。
彩りに良さそうなので、最後に上にダイスに切ったトマトを散らすことにする。
あら、なんかどんどん違う料理になっていくわ。
まあいいか。誰も正解なんかわかんないだろ。

缶詰のブラックビーンズは、開けたら丸っきり小豆だったので驚いた。
黒くないじゃん!
これ、日本人なら赤いって言うわよ多分。
ラベルの写真だと黒いけど、実物は小豆色。

レシピにアレンジを加えながら調理。
ソースとチキンコンソメで味付けして、炊いたご飯と豆を混ぜる。
どれどれ・・・と味見してみたら結構美味しい。
でもなんかやっぱりこれは・・・・


ソース味のご飯


お弁当にソースかけた揚げ物入れてもらった時、味の移ってしまったご飯て感じ。
当たり前だ、メインの調味料はウスターソース(今回はとんかつソース)なんだから。
これでいいんだろうか。
わかんないけど、まあ、割と美味しいからいいか〜。

大きいキャセロールに豆ご飯を移し、コリアンダーとトマトを散らして完成。
おお。緑と赤で彩りもいいし美味しそう。
子供達にウケるといいな〜と思いながら持たせた。

下校時迎えに行くと、タロウが開口一番
「大好評だったよ!全部なくなっちゃった!」
と、キャセロールを見せてくれた。
うわー。あれ全部、食べてくれたのかー。良かったわ。

豆ご飯の好きなBJにも味見してもらったが大層気に入ったようで
「これ、また作ってね。」
と言っていたのでレシピは保存しておこう。



☆     ☆     ☆

朝、このガジョピントを作ったのでコリアンダーなど少しずつ余ったから夜はタコスディナー。
久しぶりで美味しかった。

そして父になる

「そして父になる(2013年、日本)」がNetflixに入っていたので家族で見た。
監督・是枝裕和、主演・福山雅治。

あらすじ
野々宮良多(福山雅治)と妻みどり(尾野真千子)の間には6歳になる一人息子・慶多(二宮慶多)がおり、家族は幸せな日々を過ごしていた。
そんなある日、慶多を出産した病院から「重要なお知らせがある」と呼び出される。出生時に子どもの取り違えが起き、実の息子は慶多ではなく、斎木家の琉晴(黄升炫)だというのだ。
ショックを受ける良多とみどりだが、取り違えられたもう一組の家族、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大(リリー・フランキー)・ゆかり(真木よう子)と対面した良多とみどりは、「子どもの将来のために結論を急いだ方がいい」という病院の提案で斎木家と交流を始め、病院を相手取って裁判を起す。
6年間愛してきた他人の子どもと、血の繋がった実の息子。子どもを交換するべきか、このまま育てていくべきか、葛藤の中で良多はそれまで知らなかった慶多の思いに気づく。(Wikipediaより引用)


福山雅治が意外に良かったし、周りの女優・俳優達が皆上手くて安心して見ていられた。
是枝監督なので相変わらず子供達が自然で良かったし。
野々宮慶多役の二宮慶多くんがかわいいのなんのって・・・・!
ところでこの役名って、慶多くんが反応しやすい名前にしたのかな?
リリー・フランキーも情けないけどちゃっかりしてる婿がピッタリはまってたし、
真木ようこも説得力がある母ちゃんで良かった。

私はBJと二人で見るつもりだったのだが、なんとなく一緒に見始めたタロウが
最後まで見たのには内心驚いた。
そして
「良かった〜・・・面白かった〜。今まで見た中で一番いい映画だ。」
と言ったのでこれまた驚き。
この人、映画の好みが渋いのよね。
こんな静かで淡々として、でも心の機微を丁寧に描く、みたいな映画がわかるとは。
そして「キャプテンアメリカ」を彼女と見に行くと映画館でぐーぐー寝てしまうわけだ(笑)
ああいうのには興味ないのねー。

この映画を見始めて、BJは最初から
「俺なら交換なんかしない。そのままだ。」
と、子供が取り違えられてようがなんだろうが育てた時間のほうが重い、と言っていた。
私ならどうするかな、と考えてみたが私なら両方育てるかな。
自分の子も引き取りたいし、でも今まで育てた子にも情があるし。
あちらがいいと言ってくれたら2人育てる。
でも難しいな〜〜。

我が家の場合はなんせあの時あの病院で生まれた東洋人って
うちの子だけだったからなあ。
取り違えようが無かったし考えた事も無いけど。

色々と考えさせられる映画であった。



☆    ☆    ☆

チキンホワイトシチュー(タロウは白シチューと言っていた。そこは訳さないよ普通)、自家製パン

ピアノ伴奏

来週月曜日が学校で行われるベテランズ・デイプログラムの本番なので、
今日は学校へ行って合唱のピアノ伴奏をしてきた。

今年の合唱メンバーときちんと合わせるのは今日がお初。
人数が多いとは聞いてたけど確かに大勢だ。
でもアルトが弱いかなー。
ソプラノはまあメロディだからさほど問題なし。
男子達が人数多いし今年はいい感じ。

ベテランズ・デイではメドレー1曲しか弾かないので気楽。
今日はクリスマスコンサート用の曲をいくつかもらってきた。
初めての曲もあるけど、さほど難しくもなさそう。

今週はあと一回学校行って合わせて、その次は本番だ。
いつもながら、ほんと練習回数少ないなー。
でも本番はなんとかなってしまうこの不思議。
アメリカ人って本当に度胸だけはすごいわ。尊敬。


☆    ☆    ☆

鳥モモガーリック焼き、ポテトサラダ、大根・にんじん・鶏肉のおみおつけ

ユースオーケストラコンサート

11月1日の土曜日はタロウの参加するユースオーケストラの最終リハーサルで
午後いっぱいつぶれてしまった。
2日の日曜日午後2時からコンサート本番。
例によって男子は黒いタキシード、女子は黒いロングドレスのフォーマルコンサート。
指揮者のマイクは今回黒い燕尾服の中(タイとベストとポケットチーフ)が
鮮やかなオレンジで驚いた。は・・・派手!

コンサートのテーマは「音楽の語る物語」とのことで
オペラ(そのものですな)やムソルグスキーの「展覧会の絵」などを演奏。
タロウはトロンボーンで、なかなかいい音が出ていたと思う。
クラリネットに下手な子がいて調子っぱずれな音を出してたのと、
フルートの技量がバラバラで、音がまとまってなかったのは気になったが。
まあ、まだ今年度最初のコンサートだしね。
これからまとまってくるだろうし上手になっていくのでしょう。

次のコンサートはクリスマス。
今年はRock'n Roll Christmasというコンサートで、
オーケストラの前に「フロントアンサンブル」を組む。
ギター、ベース、ドラムス、キーボード、ボーカルなど。
タロウは先日のオーディションを受けてめでたくギターに選ばれ、大喜び。
まだ曲目は知らされていないけど、どんな曲やるのかしらねー。
ちなみに2年前のロックンロールクリスマスコンサートの模様が下の動画。



みんな上手だなあ。
今年も楽しみだわ。



☆     ☆     ☆

八宝菜、白菜の煮浸し、キムチスープ
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR