ハロウィン

photo:01



トリックorトリートなう



iPhoneからの投稿
スポンサーサイト

Hollywood live action movies

制作が途中で止まっていた大友克洋作品「AKIRA」のハリウッド実写版だが、続行が決まったとの話。

・・・でも金田役の有力候補が「トロン・レガシー」のギャレット・ヘドランドってあーた・・・・
単にバイクアクションの場面しか考えてないんじゃないのっ!??
なんで白人!?なんでこんな老け顔!?

アメリカのアニメファン(OTAKU)の集う掲示板を見るとやはりぼろくそに言われていて笑った。
いわく
「アジア人俳優だってハリウッドにはいっぱいいるのに、主役はどうしても白人じゃないといけないのか!?」
「ドラゴンボールやアバター・エアベンダーの二の舞だな」
「ハリウッドはネタ切れでどうしようもないんだね」
「期待出来ない」
のオンパレード。まあそりゃそう思うわなー。私だってそう思うもん。



「デスノート」の実写版も作られるそうで、監督はシェーン・ブラック。
現在は監督が「アイアンマン3」の制作中だそうで「デスノート」の企画はまだ動き始めてはいないらしいが。
しかし監督がロングビーチで開催されたコミ・コンで

「Lose the Demon, we don’t want the kid to be evil… they just kept qualifying it until it ceased to exist
(悪魔を取り除くんだ、我々は彼を邪悪なものにしたくない・・・・ただ、それが存在する事をやめるまで選択し続ける、という感じで)」

とスピーチしたというのにはなんだかなーーーと。

夜神月が邪悪じゃなくなったら月じゃないじゃーん!?
いやまあ、選択し続ける「神」なのだから邪悪さは無くてもいいのか?

うーん、でもなあ、アメリカ人って保守的だから、ことにファミリー向けの映画となったらそりゃ
子供がはっきりと悪意を持って人を殺し続けていく話なんつったらウケないだろうし
クリスチャン団体とかからすごい反発受けそうな気もするけどね。
その辺の折り合いをつけるのが大変なんだろうな。
だからブロードウェイじゃ無難なミュージカルしか新作出てこないんだよなー。
エッジィな作品が出てくるのはロンドン。イギリスってなんかその辺面白い国よね。

私は日本の実写版「デスノート」は面白かったと思ってるので、
ハリウッド製の出来の悪い二番煎じなんか見たくないわー。
換骨奪胎まで出来るならいいけど、そうじゃないもんねえ大抵。

それにしてもほんとハリウッドはネタ切れなのか。
昔から外国映画の焼き直しは多いけど、それにしてもこの頃つまんないわー。

最近の焼き直しで最悪と酷評されてるのはなんといっても「フットルース」だけどね。
ほんと、なんで今更「フットルース」??日本でも公開になるのかなー?



☆     ☆     ☆

チーズフォンデュ、ドライトマト入りチキンソーセージ、チョリソ、ブロッコリー、アスパラガス

ボーイズ・オン・ザ・ラン

邦画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を見た。

どういう話なのか、誰が監督なのか誰が主演なのか誰が出てるのかも全く知らず見たのだが・・・・

・・・いやあ、結構、面白かったよ!?

あー、えっと、えっと、誰だっけこの人、俳優じゃないよな、なんかサブカルの人っ!
とか思って見てた社長役がリリー・フランキーだったりとか、

ハンサムだし手足長いしかっこいいんだけどなんか朝鮮顔だよなあ、
韓国人俳優か?とか思ってたのが松田優作の息子だったとか、

小林薫か?でもなんか痩せすぎてるしこんなチョイ役で出るかなあ、
多分違うんじゃね?とか言ってたらほんとに小林薫だったとか、

まああとでクレジット見てあれこれ思うところはあったのだが
全般に結構面白い映画だった。
映画っていうか・・・・小劇場の芝居みたいではあったけど。

私は「映画としてはちょっとエピソードが少なすぎて、
途中でダルくなって長く感じたから減点」と言ったのだが
BJは「俺は面白かった。むしろ好きかも。」だそうだ。

もともとBJとは映画の趣味は合わないからなあ。
まあそんなもんか。

なんせ最初に東京で一緒に見に行った映画が「トト・ザ・ヒーロー」だもん。
あれを見せられた時に「ああ、この人とは絶対映画の趣味が合わない。
今後一緒に映画を見に行かないほうがいいな」と思ったくらいだからなー。

でもその後、ハリウッド大作映画大好きのハリウッドハッピーエンド大好きの私に付き合ってくれて
一緒に映画を見てくれるようになったので一応はうまくいってるのだが。
時々こういう「一般受けはしないけどそれなりに評価をもらってる映画」を見ると意見が分かれるのだな。

私の妹(ちぃ)は映画もテレビドラマも好きで本当に色んな作品を見ているので、
ちょっと興味を持った作品を見る時には「これ、面白い?アタシが見ても、好きそう?」と意見を聞く。
彼女が「ああ、これなら、お姉は好きだと思うよ。」と言ってくれたら百パーセントおっけー。
というくらい信用しているのだが、彼女に昔、とある映画について面白いか尋ねたことがある。
するとその返事が

「うーん、お兄様(BJ)は、好きだと思うよ。
でも、お姉はなあ・・・・・ちょっと、難しいかも。」

見た事も無い映画だが私自身前評判を聞いていてそうだろうなと思っていたので、
納得してその通りBJに伝えると

「・・・・なんで、一緒に映画見に行った事も無いのにわかんの!!??」

うん。まあ、そう、思うわな。
でも大体、アナタの話を聞いてれば傾向はわかるんだわよ。
でもって彼女は映画に詳しいからさー。

そして思った通り、その映画をBJは好きで、私は全く趣味に合わなかったのであった。

すげー。



☆    ☆    ☆

肉団子と野菜の鍋

秋の気配

朝晩かなり冷え込むようになってきて、庭の木も黄葉してきたし秋の訪れを感じる今日この頃。

家の中でも、寒い季節になってきたなというのを実感するのはこんな時。

$アラバマ生活雑記帳-Coco-01
↑ 床にあるセントラルヒーティングの送風口に座って毛づくろいをするココ

フローリングの上じゃ寒くなってきたってわけねー。
冬も近いのねー。
でもそこで毛づくろいされると家じゅうに毛が飛ぶのよおお。

$アラバマ生活雑記帳-Coco-02
↑ 「なによ。なんかもんくある?」
超目つき悪いです。


$アラバマ生活雑記帳-Coco-03
↑ 「そんな事言うんだったら、もっと伸びでもしちゃおうかしら」


$アラバマ生活雑記帳-Coco-04
↑ 「こんな事したりして。ごろごろ。」


$アラバマ生活雑記帳-Coco-05
↑ ほんとにもっさもっさの長毛種だなこうやって見ると。
この抜け毛がね・・・・・すごいのよ・・・・・。
今も夏毛から冬毛に変わる時らしくて、フエルトか?って思うような毛のかたまりがあちこちに・・・・(涙)

時々ペットショップで引き取り手を探す猫たちを見ると、もう1匹か2匹いても手間は一緒かなー、
飼いたいなーなんて思ったりするけど、掃除機とモップかけるたびに「やめとこ。」と思うわたくし。


$アラバマ生活雑記帳-暖炉
↑ 寒くなってきたので暖炉はじめました。



☆     ☆     ☆

ワンタンスープ、シーフードのパジョン、チャプチェ

ザワークラウト

なんかいつものメニュー作るの飽きたなー、でも近所のスーパーじゃ
手に入るもんも限られてるから珍しい食材なんか無いしなー、どうしようかなーと
ウォルマートに買い物に行ってふらふら歩いていたらザワークラウトの缶詰を見つけた。

あー、そういえばBJはザワークラウト好きだって言ってたっけ。
私自身があまり好きじゃないし、ナナがものすごく酸っぱいもんに弱いので
ここ何年も食べてないなあそういえば。

瓶詰だとすごい量で持て余しそうだが、缶詰ならなんとかなりそうだったので購入。
ザワークラウトとくればやっぱソーセージでしょ!
というわけでJohnsonvilleのチーズ入りソーセージも買う。
あとはやっぱ、イモだな!
ドイツ人とイギリス人の主食はジャガイモ。だと思う私。
アイダホポテトの5ポンド袋もひとつ買う。

帰宅してまずはポテトを5個ばかり電子レンジで加熱調理。
ゆでるより早くて楽。冷めたら皮をむいて適当に輪切り。
ベーコンを切ってフライパンでカリカリに炒め、
ベーコンから出た脂でポテトを焦げ目がつくまで焼く。
炒めておいたベーコンを加えて塩・コショウで味付けして完成。

いやー、美味しかったわー、久々のジャーマンポテト。
ネットで見つけたレシピではイモをバターで焼きつけると書いてあったけど
ベーコンの脂でもいいんじゃないかなとやってみたが大丈夫だった。
バターのほうが風味が増すのかな?
私は単にイモとベーコンが食べたかったのでバターなしで充分だったけど。

ほうれん草もあったのでジャーマンポテト用に作った炒めベーコンを少し分けておいて
ソテーしたほうれん草に混ぜてみた。松の実も一緒に混ぜたけどこれは子供には不評だったようだ。

缶詰ザワークラウトは思ったほど酸っぱくなくて結構美味しかった。
私がドイツ旅行で食べた酢漬け野菜は口がひんまがるほど酸っぱかったけど本場はそうなんだろうか?

あとは南部名物ビスケットと白いグレービーも出した。これはタロウの好物なので。

ブッフェ形式にキッチンカウンターに並べたらナナが

「エプコットのドイツレストランみたいだね。」

・・・あー、確かに。あそこのメニューみたいだこりゃ。
あとは酢漬けニシンとか出しておくべきだったか?

タロウの興味

昨日アップした写真のSteve Jobs Biographyは、タロウのリクエストで買って来たもの。
もちろん私も興味があったのだが、「24日発売になります」とTVで言ってたのを見たタロウが
「これ読みたい!」
と言ったので買うことに。

24日月曜日、朝回診に出かけていくBJに「帰りに買って来て」と頼んだら
午前中に買いに行ってくれたそうで

「普通に買っても定価より20パーセントオフだったんだけどさ、
なんか、オレが一番だったんだって。あの店でこの本買うの。
で、最初のカスタマーは50パーセントオフだって言われて、なんか安くしてもらった。」

わははは、なんか、すごい、スティーブ・ジョブス信者みたいだね!

かなり分厚い本だが文章は平易で読みやすそう。
タロウは今度のEnglishの授業で読まなければいけない本のジャンルがBiographyだから、
ちょうど良かったと言ってたけど。ま、小6でも読めるでしょうこれぐらいなら。

タロウはあまり読書をしないのだが、こういう伝記ものや実録ものは好きみたい。
逆にファンタジーのような想像力が必要なものは苦手らしい。
男子脳なのか?BJもそういうタイプだが。

タロウの興味は多岐に渡っていて、年齢と共に変化していってるが一貫してるのは
「いかにも男の子が好きなもの」が好きということ。
幼児の頃は汽車・電車にハマり、日本で幼稚園へ通ってる頃は変身ヒーローもの、
小学生になってスポーツ選手やプロレスラーに興味を持ち、今はロックとギターと自動車が好き。

・・・・いやあ、もう、立派な男子だね!おみごと!

特にこの頃ロックに興味があるので、あなたの生まれたオハイオ州クリーブランドには
Rock'n Roll Hall of Fame Museum があるよ、と言ったら

「ええ~~~、いいなあ~!ママ達、行った事ある?僕も行きたい!」

だそうだ。
うーん、そうか、じゃあそのうち遊びに行きましょうかね。
自分達の生まれた町というのも見てみたいらしいし。
ナナもクリーブランドの記憶はほとんどないらしい。5歳半までしかいなかったからねえ。

クリーブランドの昔住んでたアパートにでも行って、Dear Photograph でもやってくるか。

http://dearphotograph.com/




☆     ☆     ☆

フィエスタ・チキン・ベイク、クスクス、ビスケットとグレービー

Steve Jobs


photo:01



本日発売の、スティーブ・ジョブス伝記を買いました。


iPhoneからの投稿

デジカメ

夏のニューヨーク旅行中に、5年ぐらい使っているデジカメが壊れた。
まあ寿命かなー、新しいの買うか、と考えつつ未だに買っていないのは
iPhoneのカメラで大体事が足りてしまうせいである。

最近このブログにアップしている写真も全部iPhoneのだし、
日常のスナップを撮るくらいならこれで充分。
旅行に出て風景など撮りたい時はどうせBJが全部やってくれるし、
なんかこれならデジカメわざわざ買わなくてもいいかも・・・・と思っている今日この頃。

携帯電話にカメラが付き始めた当初は、携帯をかざして写真を撮っている光景が
異様に思えたものだが、今はもう当たり前のことだし。

というかこの頃ではでっかいタブレット(iPadとか)をかざして動画を撮ってる人とかいて
さすがにまだそれはびっくりするんだけど。

そういえばこないだ行ったアニメウィークエンドアトランタでは、携帯ゲーム機(DSi)で
写真を撮ってる人が結構いてそれにもまた驚いた。

カメラって・・・・今やもう、ゲーム機のおまけ?



☆    ☆    ☆

日本のカレー

Home Coming Week

今週はHome Coming Weekで、毎日何かしらの仮装をして学校へ行くナナ。
曜日ごとにテーマが決められていて、月曜はパジャマ・デイ(そのまんま、パジャマで学校へ行く)
火曜はスイッチ・デイ(入れ替わり。男子が女装したりチアリーダーがアメフト選手の恰好をしたりする)
水曜はチーム・デイ(何人かでおそろいの仮装をする。テレタビーズの着ぐるみチームなんかもいたとか)
木曜は例年大体ハロウィーンのような仮装をするのだが、今年はテーマが決まっていて
それがなぜか「パイレーツ対忍者」。
・・・・なぜ忍者。いや、こっちでもポピュラーなのはわかってますが。
でもなんかアメリカ人の言う「ニンジャ」って、日本の忍者とはちょいと違う感じなのよねえ。
もっとなんつーかこう・・・・それこそ、神通力でも使えそうな・・・・・。

ナナはもちろん忍者のコスチュームというかNARUTOの上忍の恰好で行ったのだが、
意外にわかってくれる人が多かったそうだ。
はてはフランス語の先生までが
「あっ、それ!NARUTOの・・・なんだっけ、カカシ?だよね?片目隠してる人。」
と言ってくれたそうで。あら。あの先生隠れオタクだったのか。

金曜日はHome Coming Dayなのでスクールカラーの臙脂色か白を着て行く。
そして夜はアメフトの試合があり、そこでHome Coming Queenを選ぶパレードもある。
ナナはバンドなので当然参加。
卒業生達も遊びに来るので、きっと楽しいだろうな。

しかしアメリカの学校ってこうやって小さい時から高校生になってもまだ仮装して遊ぶから、
アニメのコスプレなんか全然抵抗ないんだろうなーと思う。
ハロウィーンだけじゃないんだもんね。仮装。

あと、アメリカ人ってほんとおそろいのTシャツ作るのが好きだと思う。
Home Coming Weekでも毎年毎年学校でTシャツ作って売るし、皆それをちゃんと買うし。

アメリカ人にとっての制服って多分、おそろのTシャツなんだな。



☆     ☆     ☆

鮭のフライ、チキンカツ、ギリシャ風サラダ、野菜スープ

今年もまた

合唱の先生に頼まれ、学校で今年もピアノ伴奏をする羽目に事になった。

最初の本番は11月上旬、ベテランズ・デイのセレモニー。
去年も演奏した曲がひとつあるので楽かと思いきや・・・
「God Bless America」が難しい!
アレンジが派手でかっこいいのだが、難度が高くてきつい~~~っ。
自分ひとりで演奏するのなら多少テンポが変わっても誰にも迷惑かけないが、
伴奏となると歌のスピードに合わせねばならないので大変。
おまけに誰でも知ってる曲だから、失敗すると目立つ!ここポイント!
こりゃー真面目に練習しないと。ほんとに本番までに間に合うのか!?アタシ!?

その後はクリスマスコンサートがあるので、そのための曲も6曲ほど練習しなければならない。
こちらは簡単な伴奏ばかりなので特に問題ないだろう。

まあこんな事でも無いとピアノの練習もしないからなー。
ありがたい機会と思ってがんばろう。



☆    ☆    ☆

鮭のソテー、ほうれん草のナムル、チキンとブロッコリーのクリームソースパスタ

リカちゃん

資生堂が「リカちゃん肌スランプコール」なるウェブサービスを始めたとか。

毎日新聞

資生堂は、タカラトミーの着せ替え人形「リカちゃん」がテレビ電話で会話をするように美肌アドバイスをしてくれるウェブサービス「リカちゃん 肌スランプコール」(http://d-licca.jp)を21日に開始した。同社のスキンケア化粧品「d プログラム」とリカちゃんのコラボレートによってスタートしたサービスで、血液型や星座占いなども楽しめる。

 「d プログラム」は、97年に誕生したスキンケア化粧品ブランドで、肌の状態に合わせて「バランスケア」「アクネケア」「モイストケア」「エイジングケア」の4種類を用意。睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどによって生じる“肌スランプ”を改善するための商品やサービスを提供している。

「リカちゃん 肌スランプコール」を利用するには、まずウェブサイトにアクセスし、簡単な質問に答え、自身の肌タイプを確認する。確認後、表示される番号に電話をかけ、IDを入力すると、PCの画面上にリカちゃんの映像が表示され、電話でリカちゃんがアドバイスをしてくれる。また、リカちゃんは、出身地や血液型、星座などを質問してくるので、電話で質問に答えると、回答に応じてアドバイスや占い、豆知識を教えてくれたり、画面上のリカちゃんの映像が変化するなどテレビ電話のように会話を楽しめる。ほかにも、回答に対してリカちゃんがダジャレを言う「隠しコマンド」機能やフェイスブックと連動して出身地などを自動的に認識してくれる機能が用意されている。

 サービスは無料で利用できるが、別途電話料金がかかる。なお、電話をかけなくてもウェブサイトのみでアドバイスを受けられる。



この記事読んですぐ思ったのは「大人向けのリカちゃん電話ってことかあ。」
それでふとググってみたのだけど、今でもリカちゃん電話ってやってるのね!知らなかった!
うちの娘はバービーちゃんは何体も持ってたけどリカちゃんには縁が無かったからなあ・・・。

しかしなんでリカちゃんの名前のつづりはLiccaなんだろ?RIKAだと英語じゃライカになっちゃうから?
おふらんす風ってことなのかしら。

私が持ってたリカちゃんは仲良しがいづみちゃんで、ボーイフレンドはワタルくんだったな。
ふたごの妹赤ちゃん人形が発売された時買ってもらったのだけど、
その10年以上後に末妹が同じくリカちゃん人形シリーズで遊ぶようになった頃
そのふたご達が成長してたことに腰抜かすほどびっくりした。
そしてその頃にはさらに下のみつごが出来てたなー。ママがんばるなあ。ってそういう話ではなく。

アメリカではバービーが定番だけど、そのバービー人形も今はあまり売れてないそうな。
そりゃそうだろうなあ。人形遊びしてる子とか、持ち歩いてる子なんて見かけないものこの頃。
マテルから独立したデザイナーが売り出したBratsという人形が人気あるけど、
日本人から見るとちっともかわいくないし・・・・。

$アラバマ生活雑記帳-Brats
↑だってこんなのだし

こっちでもHello Kittyはすごく人気あるから、リカちゃんも発売したら結構ウケるんじゃないかなあ。




☆     ☆     ☆

ズッパ・トスカーナ、ディナーロール、から揚げ、ポテトサラダ

悲報

数日前、クリーブランドで仲良くしていたコニーのご主人が亡くなったとFacebookで知った。

具合が悪かったともなんとも聞いていなかったので驚いたが、やはり突然のことだったそうだ。
午前2時半頃、ちょっと具合が悪いが熱でも出てるのかも、とご主人が言い出し階下へ降りていった。
その後コニーは眠っていたのでどうなっていたか知らないのだそうだが、
午前4時半頃ご主人の声が聞こえたと思ったら「ドサッ」と音がしたので
慌てて階下へ降りていったが、時すでに遅かったそうだ。

享年71歳。

心構えをするひまも無い旅立ちというのは、残された家族には本当につらいだろうと思う。
おまけに自宅で亡くなったので解剖やら何やらしなければならないと言うし・・・
どう慰めていいのか言葉も無い。

R.I.P. Dave.



ヤードセール

今日はタロウ達ボーイスカウトのヤードセール。
私も朝5時半には起きて、タロウを送って行った。
まだ夜明け前の真っ暗な中、もくもくと品物を運び出しているスカウト達。
みんなえらいなあ。

7時オープンなので私は一度帰宅して7時半頃様子を見に行った。


アラバマ生活雑記帳-yard sale 02

朝早いというのに既に結構な人出。
ま、いいもん買おうとか掘り出し物を見つける気なら、朝イチで行かなきゃいけないのは当たり前だが。


アラバマ生活雑記帳-洗濯物に非ず
↑ 洗濯物ではなく、売り物の古着。


アラバマ生活雑記帳-棚
↑ これも売り物の棚。・・・・どうやって家から運んで来たのか。そしてどうやって買った人は持って帰るのだろう。


アラバマ生活雑記帳-洗濯機
↑ 洗濯機とかストーブ(台所用オーブンつき電気コンロ)なんかもあった。


アラバマ生活雑記帳-松葉杖
↑ かと思えばこんなのも。・・・・・テープで補修されてるほど古いもんだったけど・・・買う人いるの!?


アラバマ生活雑記帳-ベッドマットレス
↑ 背もたれが起こせるベッドマットレス。


その他こまごました食器やらオモチャやらあったが、結局私が買ったのはOsh Koshの柄がついた、
キャンバスみたいな布地。
しっかりしてるし結構たっぷりあるので、トートバッグとエプロンでも作ろうかなと。
それと、割合きれいなあやめの図柄が描いてある花瓶。
和風だなあと思ってひっくり返したらやっぱり「Made in Japan」だった。


しかしこれはほんと、誰か買うのだろうか・・・・と思ってしまった。

アラバマ生活雑記帳-壊れた洗濯機

写真だとわかりにくいかな・・・・壊れてて、ツマミも取れちゃってる洗濯機ざます。
粗大ゴミ置いてっただけなんじゃないのかー!???


売れ残った物品の始末のほうが大変そうだなあこれは。





☆     ☆     ☆

庭のグリルでステーキ、ほっけの開き、ポテトサラダ、ブロッコリー

Chicago

地元のPerforming Art Centerへ、懐かしのChicagoコンサートへ行って来た。

Performing Art Centerと銘打ってはいるが、要は単なる地元公立高校の講堂である。
人見記念講堂で色んな公演やるようなもんか。規模はずーっと小さいけど。
公民館と変わらん。

でも、あのChicagoがよ~~??
そりゃまあ全盛期は70年代~80年代初頭だったとはいえ、あのバンドがこんな田舎の
小さいホールへ来るなんて・・・・ドサ回りも大変だなあ。
ロックスターとか言ったって、実情は旅芸人。

今回は子供達も連れて行ってやろうとチケットを追加オーダーしたら
あちらの手違いで2枚余計に届いてしまい、もともとボランティア有志による企画・運営コンサートなので
返却だのなんだのも気の毒かなと思って買い取ることに。
お隣のアミーンを誘って一緒に連れて行ってやった。
もちろん子供達はChicagoの曲なんてなじみが無いが、アミーンはトランペット、ナナはサックス、
タロウはギターとベースを演奏するのでそれなりに興味はあるかなと思って。
案の定、ナナはサックスにずっと注目していたらしい。何か参考になったかしらね。

小さいハコなので、ゆっくり行って後ろの方の席に座ったが(自由席なのだ)良く見えて良かった。
東京で外タレの大きいコンサートなんか行ったら、豆つぶだもんねー。

7時半からスタートして、9時半すぎまで2時間びっちり休みなしで演奏してくれた。
小さい会場だからもっと短く済ませるかと思ったけど意外。
しかしアンコールっていうのはもう、様式美と化してるわね。そこまでコミでプログラム、って感じ。

聞いていて思ったのは「へー、シカゴって、ヒット曲多いんだなあ。」ってこと。
シカゴの曲だ!と意識せずに、でもラジオで良くかかるからなじみのある曲、というのがいくつもあって
「へー、これもシカゴだったんだ、あ、これも?」という感じで楽しかった。

残念だったのはピーター・セテラ後ベーシストになったジェイソン・シェフのボーカル。
・・・・どーしても、セテラのボーカルのイメージが強くって、つい比べてしまうんだよね・・・・。
どのヒット曲もレコードとアレンジ全く変えてないから余計に。
新生ジャーニーを聞きに行った往年のスティーブ・ペリーファンもこんな気持ちになるのかしら。
でも、ロバート・ラムは健在なので彼がリードボーカルの曲は「うおおおお!」って感じだった。
わー、これを生で聞けるなんて、と、感動。
ホーンセクションも目の前で演奏見てるとさすがプロってすごいなーという感じだったし、
おじさん達元気で楽しかったわー。

客席の年齢層がすっごく高かったので、ほとんどの曲をゆっくり座って聞けたのは良かった。
「Saturday in the Park」とかはさすがに立ち上がってたけど。

ところでアンコールをリクエストする拍手をしていてふと思ったのだけど、
なんかいつまでたってもそろわないでバラバラにぱちぱちやってるのよね。
これって日本だとすぐにそろっちゃって、一斉に同じリズムで拍手しない?
あれは日本ならではの現象なのかしらそういえば。
イギリスでもアメリカでもコンサートには良く行ってたけど・・・・そういえばそろって拍手した覚えが無いような・・・。
手拍子、っていう言葉があるくらいだから日本人はすぐリズムがそろっちゃうのかも?

コンサートが終わって家まで車で5分。
小さい町はこれが楽だ。




↓ ピーター・セテラによるライブの「If You Leave Me Now」



シカゴの公式サイト→Chicago





☆     ☆     ☆

冷凍ラザニア、ロメインレタスとアルファルファのサラダ、ディナーロール

ヤードセール

今週土曜日、タロウの所属するボーイスカウトでヤードセール(ガレージセール)をする。
というわけで関係者から不用品を出してもらっていたのだが、その値段付けなどの準備があった。

$アラバマ生活雑記帳-ヤードセール準備

迎えに行った時にちょこっと覗いたのだが、思ったより品物が沢山集まっていたので驚いた。
洗濯機とか家具なんかの大物まであったけど・・・あれ、どうやって運んだんだろう・・・
いや、大抵のアメリカ人はなんでも自分ちのピックアップトラックで運ぶから、驚くほどでもないか。

もっと驚いたのは以下のような売り物。

$アラバマ生活雑記帳-fax machine

いまどきファックス・・・・・いやまあ、使わんことも無いけど・・・・
一応新品のロール紙半ダースもついて35ドルとか値段がついてた。
買う人いるのかな。


$アラバマ生活雑記帳-floppy discs

フロッピーて!
何年ぶりかで見たっっ!
売れるの!?誰が買うの??


$アラバマ生活雑記帳-old PC

骨董品。


なんつーか、粗大ごみ置き場とあんまし変わら・・・ゲフンゲフン

まだマシだったのはオモチャとかスポーツ用品かな。
いや、でもものすごい古いゴルフクラブセットとかあったけど。
ほんっとーに、不要品!なのね。

我が家からは新品同様のガラスコップ大8個小8個のセットを出したけど、あれなんていい方だったんだな・・。
アメリカの家は広いから、ほんと古いもんが取ってあるのねえ。

一個だけ、これなら買いたいかも、という物があった。
「Occupied Japan」製の陶器のシュガーポットとミルク入れかなんかのセット。
完全セットでは無かったのでどうしようかなーと考えたのだけど、もし売れてなかったら当日買おうかしら。

それにしても、ほんの15分ぐらいそこにいただけでホコリで咳が出てしまって参ったー。

ちなみに本番土曜日は準備が朝5時半開始!ってなんなのその時刻は!?
そしてセール開始は午前7時。・・・・アメリカの中でも南部ってなんか特に朝が早いよね・・・・。
撤収は午後3時。ひゃー。皆さんがんばってー(棒読み)



☆     ☆     ☆

寒くなってきたので久々の鍋(豚肉団子、鳥手羽、白菜、ネギ、大根、春雨、うどん)

アメリカ人のセンスって・・・

学校が4連休だがBJは出張で留守だし天気は悪いしで、
ヒマだったのでナナと2人でターゲットへぶらぶら買い物に行って来た。

オモチャ売り場を抜けようと歩いていたら、スポーツ用品売り場に何やら耳のついた
子供用自転車ヘルメットを発見。
へー、ひょっとしてかわいいかも?ネコ耳だし、と、手に取って・・・・



$アラバマ生活雑記帳-cat helmet


呆然。

・・・・か、かわいくしようとは思ったんだろうけどさ・・・・・
完全に失敗してますな。

ナナとぎゃーぎゃー言いながら棚へ戻すと、今度はウサ耳のついてるヘルメットが目に入った。

あ、こっちならいいかも?うさちゃんだし、と、手に取って・・・





$アラバマ生活雑記帳-bunny helmet



ぎゃーーー!!
もっとかわいくないぃぃぃぃ!!!!!



・・・一応、ピンクとパープルだから女子用って事よねえ・・・?
女の子、これ、欲しがる・・・か・・・・????
ウケ狙いならありかも。って、小さい子がそんな事考えるかっつの。

男子用と思しきヘルメットにはサメのヒレみたいのがついてるやつもあったが、
いっそそっちの方がまだマシなんじゃないかしらねえ。

しかしわからん。
アメリカ人のセンス。

やっぱ、カワイイもん作らせたら日本は世界一だわねー。



☆     ☆     ☆

リブアイステーキ、ほうれん草とモヤシの炒め物、白菜とベーコンのスープ、カリフラワーのカレーマリネ、ガーリックトースト

#教師に言われた衝撃的な言葉

ツイッターのハッシュタグで#教師に言われた衝撃的な言葉というのがあり、
まとめを読んだら面白かった。

私はなんかあったっけなあ、と考えてみたらそういえば文学史のおじいちゃん先生に言われたのが当時衝撃だったなー。

文学を学ぶのではなく文学史、の授業だったのでダダイスムだとか新体詩とかが出て来ていた。
文学史に名を残すぐらいの作品だから名作なんだろうとなんとなく思っていたらその先生がきっぱり

「これは、文学『史』としては価値のある作品ですが、
文学作品としては駄作ですから読まなくていいです。」

と言ったのだった。

これにはたまげたねー。
だって歴史に名が残ってるわけだよ?
なのに駄作?

もうめちゃくちゃ目からうろこだった。

そっかー、単に新しい形の作品を作ったってだけで、文学としては価値が無いのかー。
そういうのも「文学史」としては覚えておくべきだけど、中身はいらんのだな。と。
なるほどねえ。

それまで「文学史」という授業自体何のことだかさっぱり、だったのだが
このひとことで「文学の変遷の歴史」だとはっきり理解出来た気がする。


それからもうひとつ。
熱血な体育女教師の叫んだ

「スポーツは、参加する事に、意義があるのでは、ありませんっ!
勝つことに、意義があるのですっ!」

は、名言。

そりゃそうだー、スポーツなんて、勝負決めるためにやってんだもんねえ。
おかげでワタシは一切のスポーツには関わらなくなりましたよ。
ありがとうO先生。


☆     ☆     ☆

カルビ、タン塩、シーフードパジョン、チャプチェ

新移民法

アラバマの移民法が新しく変わり、以前よりも一段と厳しくなった。
全米でももっとも厳しいのだとか。
それに対して「アラバマは黒人差別の時代に戻ってしまった」とか言う人もあるが、
ガイジンである私としては今回の法改正は「当たり前の事なんじゃない?」という感じ。

というのも
「事業主は、雇用の際にその人が法的に問題のない移民あるいは住民、アメリカ市民である事を確認する」
「学校は、学生に対して法的に正しい書類の提出を徹底させる」
といった事が主だから。

・・・んなの、当たり前じゃん。
今までが甘すぎたんだよ。
アメリカに税金納めてない不法滞在の人達の子まで、公立の学校で受け入れて
更にはスペイン語の通訳置いたりESLのクラス作ったりしてたんだから。
私なんてそういうのを見ては「いいなあ、スペイン語圏の人達はスペイン語で生活出来て。
私達日本人なんて必死で英語覚えて英語喋らなきゃ暮らしていけないのにさー。」と思ってた。

自動車税の更新も、今までは本人確認などなくオンラインでも支払が出来たのだが
これからは合法であるという書類を提示して窓口で手続きしないといけなくなる。
おかげで大きい町では長蛇の列が出来ているらしい。現場もまだ混乱してるんだろう。

法の施行に伴って、既にヒスパニック達が大勢出国しているらしい。
ローカルニュースでは、作物の取り入れをする人手が足りなくなって困っていると言っていた。
「不法移民を強制退去させるというのは現実に即していない。
アメリカ人は誰も農園で働いたりしないし、外国からの労働者に頼っているのが現状だ。
不法だからいけない、帰れ、というのではなく、彼らから税金を取れるようにしたほうが
アメリカにとっては益になるのではないか」
と農場主が話していたが、カリフォルニアではそういう「農業で働くだけのビザ」を出すという話もあるそうな。

私達の周りでも、
「庭仕事頼んでたヒスパニックが来なくなっちゃってさー、困ったよ」
なんて話も聞く。

そういえばご近所でもヒスパニックが良く庭仕事してたなあ。
うちはたまたま、芝刈りも庭仕事もその他の大工仕事なんかも全部、地元の白人おじさん達だから
そういう影響は無いけど。

あー、だけど、もう今は私達はちゃんと永住権持ってるからこういう話聞いても他人事で楽だわー!
子供達はアメリカ生まれの市民だしね。
リーガルエイリアンで良かった。


☆    ☆    ☆

外のグリルでフィレミニヨンステーキ、アスパラガスのグリル、モヤシ炒め、タブリ(クスクスサラダ)、ほうれん草ディップ

夕ご飯メモ

先日、少し涼しくなってきたのでちょっと違うもんが食べたいなーと思い、
久々にロールキャベツなど作ってみた。
我が家のは牛ひき肉にみじん切りニンジンとタマネギ、生米を混ぜてキャベツで包む。
コンソメスープで煮込み、食べる時に生クリーム+ホールトマト缶のソースをかける。
夏場はこんなもん食べる気おきないからねー。秋になってきたって事だなあ。

多めに買っておいた牛ひき肉でお弁当用の肉そぼろを作り、
あとはどうしようかなーと考えてこれまた久々にミートローフなど作ってみた。

レシピはこちら→スパイス入り卵ミートローフ

なんか「おせち料理にもう一品!」みたいな記事だったのだけど、
私が調べたのは単に「ゆで卵いりミートローフ」ってことで。
でも実際このレシピは美味しかった。
ベーコンで巻くのも初めてだったし、ゆで卵の両端を切り落とすといいというのも初めて知った。
なるほどねー。でないと白身ばっかのとことか、はじっこになっちゃう場所が出来るからね。
ナナが「また作って!」と翌日言ってたくらいだからよほど美味しかったのだろう。
確かに、牛ひき肉のみだとパサパサしがちなのがベーコンで脂とうまみを補うから
簡単な割に美味しかったもんね。
ただ、アルミホイルでくるんで焼くので、レシピ通りの時間ではまだ火が通りきってなかった。
というか多分無理だろうと思ってあらかじめレシピより20分も余計に焼いてみたんだけど。
1時間半かもうちょいは必要だなあこれは。

昨日はまたまた「食べるラー油」を手作りし、それに合いそうなメニュー作成。
白身魚のグリル、揚げ豆腐、大根ときゅうりの和風サラダ、肉そぼろとご飯。

今日はがらりと変わって洋風。
フレンチラムラックのロースト、ラムの嫌いな息子のためにマヨネーズベースのBreaded Chicken Breast、
ブロッコリーとカリフラワーのグラタン、シュリンプとアスパラガスのトマトクリームソースペンネ。

今週末は土・日・月・火と学校が4連休。
でもBJは当直だし月・火は出張で留守だしで、さてどうしよう・・・。

アニメウィークエンドアトランタ 写真集

3日目は荷造りしてホテルをチェックアウト、また会場へ行って買い物やら何やら。
ということであとはレイヤーさん達の画像一気にアップします。

アラバマ生活雑記帳-銀さん

アラバマ生活雑記帳-リン・レン

アラバマ生活雑記帳-もののけ姫

アラバマ生活雑記帳-カカシ先生

アラバマ生活雑記帳-セーラームーン

アラバマ生活雑記帳-ついったーとようつべ

アラバマ生活雑記帳-AWA05

アラバマ生活雑記帳-AWA04

アラバマ生活雑記帳-AWA03

アラバマ生活雑記帳-AWA01

$アラバマ生活雑記帳-ナルト

アニメウィークエンドアトランタ2日目

土曜日、朝8時頃起きてホテルで朝食をとってからゆっくり会場へ。
ナナはNARUTOのうちはイタチ、タロウはおなじくうちはサスケの衣装で参戦。
兄弟コスプレなのでそれなりにウケるかなあ?という。
私はいつも通り荷物持ちの黒子。
コスプレする方々は、荷物持ってくれて見ててくれる人が絶対必要なのよねー。

午前中、日本からゲストスピーカーが来ているというのでイベントホールにてインタビューを聞く。
安倍吉俊というイラストレーターで、私は知らない人だったのだけど話は面白かった。
東京芸大日本画科の院卒だそうだが、あーそれっぽいなあという芸術家的な発言も興味深かった。
しかし通訳の人が・・・!
もちろん言葉としては日本語も英語も不自由ない人なのだが、いかんせんアニメを知らん!
ダメよーー、こういうのは医療用語とかとおんなじで専門用語の必要な世界なんだから。
ちゃんとアニメや同人誌、マンガに精通してる通訳さん持って来てくれーーー。はがゆかったっ。
ナナが「あたしが通訳してやりたい!」と良く憤慨してるがその気持ちがちょっとわかったわ。

午後1時、ビデオルームで「タイガー&バニー」の1,2話を上映するというのでナナと待ち合わせて一緒に見た。
ネットでちらっと見た事はあったけどちゃんと見るのは初めて。

いやー、面白かったっっ!
サンライズのアニメなんだけど絵柄っていうかキャラデザが往時のタツノコっぽくない?

しかしやっぱり人気あるのねえこっちでも。
「僕はバニーじゃない。バーナビーです!」
というバニーちゃんのセリフを覚えてて、ちゃんと日本語で唱和してる人達とかいたし。
驚き。

そう、この会場では結構日本語わかる人が多いから、うっかりした事言えないのよねー。


$アラバマ生活雑記帳-ディーラーズルーム
↑ビデオルームの後は、ディーラーズルームへ移動して色々な店を見て歩く。
今年も日本語の本やさんは来てなくて残念。
まあ、ここじゃ売れないだろうしねえ。しょうがないか。

$アラバマ生活雑記帳-ニコ動生中継
↑ディーラーズルームの隅で、日本のニコニコ動画とアメリカのniconico.comでの生放送をやっていた。
半年ほど前にアメリカ版ニコ動が始まったそうで、その宣伝らしい。
昼過ぎから合流したBJと一緒にコメントが流れる画面を見て大笑いしていたら、
ニコ動アメリカの営業の人が話しかけてきたので
「日本人だから日本語読めるので可笑しいんですよー」と英語で答えたところ
その人がいきなり「あ、日本語喋れるんですか!」と流暢な日本語で言うのでたまげた。

日本生まれなのだそうで、ちょっと関西訛りがあったかな。
「コメント、こっちの人には読めないからいいけど、皆言いたい放題ですねえ」と言ったら
「ほんともう、すごいですよー。でもかわいい子が出ると、結婚して!とか盛り上がりますけどね」
とおっしゃる。

「あーやっぱり、かわいいレイヤーさんだとウケるでしょうねえ。
それ見たいから、ほら、今ならんでるまどかマギカのマミさん、あの彼女の番になるまで見てたい。」
と私が言ったらそのお兄さんてば
「あー、ご存知なんですね?」
と驚いていた。ふふふ、誰だと思ってんの。ただのおばさんじゃなくってよ。←別にえばる必要は無い

$アラバマ生活雑記帳-マミさん
↑そこに並んでたかわいいマミさん。
でもニコ動では「でかい」って言われてた。まー確かに背はおっきかった。
声がかわいかったのもあって思った通りウケてたが。

$アラバマ生活雑記帳-桜蘭高校上着なし
↑去年、ナナ達の高校を卒業したジェームスが参加している「桜蘭高校ホスト部」。
コスプレコンテストにもサインアップしたそうで、やる気まんまんだなー!すごいな!

アラバマ生活雑記帳-桜蘭高校上着あり
↑こんなポーズとか

アラバマ生活雑記帳-桜蘭高校・双子
↑こんなのやってた。ノリノリ。

今年は大勢で合わせのコスプレやるようなグループが無かったので、
この桜蘭高校は目立ってたかも。
去年はボーカロイド、おととしはヘタリア、その前はドラゴンボールとワンピースが多かったけど
今年はそういうヒット作が無かったってことかしら。

それなりに合わせになってるのもあったけどね。

アラバマ生活雑記帳-まどマギ合わせ
↑まどかマギカ合わせ

アラバマ生活雑記帳-ヘタリア合わせ
↑ヘタリア

アラバマ生活雑記帳-デスノート合わせ
↑デスノート

アラバマ生活雑記帳-デュラララ!合わせ
↑デュラララ!合わせ。この写真では見えないけど、自販機持って歩いてた。


ナナは学校の友達と会って、一緒に買い物に歩いたりカラオケに参加したり楽しかったようだ。
タロウは途中で疲れて、一足先にホテルへ戻ってネット三昧。
ビデオカメラとラップトップがあれば彼はいくらでもヒマがつぶせるのよね。

いやーしかし良く歩いた。足だる~~。

アニメウィークエンドアトランタ1日目

9月30日金曜日、学校が終わってから夕方家を出発、アトランタへ。

$アラバマ生活雑記帳-ホテルロビー

とりあえずお腹が空いてしまったのでレッドロブスターで夕飯を食べてから会場へ。
3日間のパスをもらうとニコ動アメリカのTシャツがついてきた。

一番にぎわうのは明日の土曜日なので、今日はそんなにレイヤーさんいないかな?と思いきや、
かなり気合の入った人達が結構いてびっくり。

$アラバマ生活雑記帳-静雄
↑デュラララ!の静雄。ナナが「うわっ、そっくり!」とびっくりして写真を撮りに行ったのだが、
思い切り手ブレしてるのはそんなに興奮してたから!?確かに似てたしかっこ良かったけどね~。

静雄のコスプレは他にも何人か見かけた。
まー確かに、衣装手に入れやすそうだしね。簡単かも。
どうせなら黒人がロシア寿司のサイモンやればいいのにね、とBJと話していたのだが
ナナは見かけたと言っていた。でも細い人だったんだそうで。あら。それは雰囲気でないわねえ。

とりあえず会場をふらふらして、ホテルに戻って就寝。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR