お帰りなさい

ナナ、無事にカリフォルニアへの一人旅から生還。

直行便で「付き添いのない未成年者」というサービスを利用しての飛行機は何度も乗っているが
付き添いサービスなし、一人きりで乗り換えありのフライトは初体験。
行くまで本人もナーバスになっていたし親としても心配していたが、何事も無かったそうで。
まあねー、なんか不慮の事態があっても、英語喋れるんだしなんとかなるでしょ。
とは思うがわが子だとやっぱ心配。ははは。

バークレーではとにかくプログラムがぎっちりで忙しく、かなり疲れたらしい。
キャンパスのどこでもアジア人を見かけたとかで驚いていたが・・・カリフォルニアだしねえ。
そりゃまあそうでしょう。

私はお客様滞在の疲れがどっと出て、今日はほとんど一日中ぐーぐー寝ていた。
BJに「良くそんなに寝られるな」と笑われてカチンときて、ついかみついてしまった。
いいわよねー、アナタはなんにもしてなかったもんね!
アタシはくたびれてるの!とかなんとか。
いやまあ、私だってそんなにえばれるほどなんかしてたわけではないのですが。
掃除とかも手抜きしてたし。でもなんか疲れた。

しかし、もう7月も終わりなの!?
あと10日で学校が始まっちゃうのか。
なんか夏休み、今年は早かったなあ。あっという間。
日本はこれから夏休み本番だというのに、こちらではもう夏も終わりって感じ。

新学期の服とか学用品、買いに行かなくちゃ。



☆    ☆    ☆

チキンクリームシチュー、パン、残り物色々
スポンサーサイト

また来てね

午前9時、家を出発。
義妹と甥をアトランタ空港まで送って行く。
天気は快晴。滞在中ずっと天気が良くてよかった。

1週間だけの滞在だったからアトランタをちょっと見たくらいで他は何も出来なかったけど、
甥も「楽しかったあ~」と言ってくれてたので良かったな。
ちょうどタロウと半年しか年の差が無いので、一緒に遊べたのも良かったらしい。
と言っても一緒にTVゲームしてただけな感じもするが。
ま、暑くて外じゃ遊べないからね今の時期。

義妹はとにかく家事をしなくて良くてご飯が出てきて子供が1人しかいない生活が楽だったようで
「もー、日本の現実に戻るのがイヤ~!」
と嘆いていた。
ははは。そーよね。私だって旅行に行って上げ膳据え膳やっちゃうと、家に帰るのイヤだもん。

殊にこちらのでっかい洗濯機と乾燥機はお気に召したようだった。
洗濯が30分くらい、乾燥が50分くらいで全部終わるからねー。
容量も大きいし、乾燥はシワにならずふんわり乾くし。
日本の洗濯乾燥機ってなんでああ時間かかるんだか?

客用寝室にホテルのようにバス・トイレがついているのにも感心していた。
そうなのよね、お風呂が各部屋だから、泊まってもらっててもこちらも楽なのだ。
日本の家みたいにお風呂がひとつだと、順番に入ってどうのこうのとかやらなきゃならんでしょ。
風呂上りにリビングとかを通らなきゃいけなかったりするのもイヤだし。
こちらでは寝室にバスルームがあるから風呂上りにうろうろしなくていいし、
外出から帰宅して皆が一斉にシャワー浴びて着替えて、ってこともできるからほんと楽。

空港は空いていて、チェックインもスムーズに済んだ。
セキュリティチェックの列も短く、そこでいよいよさようなら。
次にお目にかかれるのは年末の私達の一時帰国だ。
こちらにもまた来てくださいね~。

行ってらっしゃい

ナナは一人でカリフォルニア大学バークレー校の見学へ出発。
一度乗り換えのある便なのでBJは心配していたが、私はまあ大丈夫だろうとのんきなもの。
本人もナーバスになって緊張していたが、無事に着いたと携帯メールが入って一安心。
3泊4日で大学に泊まって色々見学させてもらったり話を聞いたりするそうで、
こうやって高校生のうちに行きたい大学を下見しておくわけ。

夕方、そろそろ落ち着いたかなと携帯メールで「How r u doing?」と送ったら
「Good! There are a lot of Asians.」と返事が来て笑った。
そりゃまあ、カリフォルニアですからねなんせ。
というか私達親としてはそれが目的で、バークレーに見学に行け、と言ったのだから。

アラバマなんかにいると本当にアジア人が少ないので、せっかくなら大学くらいは
アジア人が多くて簡単に混ざれるところへ行ったらいいんじゃないか、と思ったわけ。
やはり同じ文化、同じ顔の人間の多いところは生活するのが楽だしね。

まだ10年生だから時間はあるので、他にもいくつか見に行ったらいいと思うが
まずはカリフォルニアでどんな印象受けてくるかしらね。楽しみだ。


BJは義妹と甥、タロウを連れてBirminghamへ。
義妹の一番の目的のショッピングに、Birminghamの大きなモールへ連れて行ってあげたのだが
案の定すごく喜んでいたらしい。
待たされた子供たちは飽き飽きしてたらしいが。まあしょーがないわねー。

私は朝ナナを空港に送って戻ってきた後は家に居られたので、ふと思いついて
季節外れだが感謝祭のごちそうを作ることに。
義妹も甥も七面鳥なんて食べた事無いだろうし。

七面鳥の胸肉だけの半身パックを2つ買ってきて、オーブンでいつも通りベーコン貼って
ホイルでテントを作って2時間ほど焼いた。
他はグリーンビーンズキャセロール、コーンブレッドキャセロール、4ビーンサラダ、グレービーと
缶詰のクランベリージェリー、スピナッチディップとパン。

甥が七面鳥の肉を気に入って、美味しい美味しいとおかわりしてくれたので良かった。
ふっふっふ、私が焼くとジューシーで美味しいのよーほんとに。

明日は感謝祭明けのお約束、コールドターキーサンドイッチだな。

アトランタ

皆で昼からアトランタへ。
ブレーブスのナイトゲームのチケットを取ったので、その時間までちょっと観光など。

$アラバマ生活雑記帳-coke outside

ワールド・オブ・コカ・コーラのビル外観。
前に来たのはもう10年くらい前なので、すっかり変わっていて驚いた。


$アラバマ生活雑記帳-coke bottles

4Dシアターがあったり、実際にコーラを瓶詰しているところが見られたりと以前よりも面白かった。
おみやげにコーラ一本ずつ持ち帰れるのも嬉しい。

試飲コーナーではあれこれ飲み比べて、結局「やっぱコークが一番美味しいねー」という結論に。
私はイタリアのBeverlyというのが気に入った。ちょっとトニックウォーターみたいなの。

お昼はLegal sea foodsで食べた。
ピカン・クラステッド・スナッパーというのにしてみたが、甘いのでびっくり。
美味しかったけど甘いのですぐにおなかいっぱいになってしまった。

その後ジョージア水族館へ。

$アラバマ生活雑記帳-aquarium

大きなジンベイザメが3頭も悠々と泳いでいて、迫力があったー。
イトマキエイ(マンタ)もすごく大きいのがいたし。
あーほんと、水族館って大好き。


時間になったので野球場へ移動。


$アラバマ生活雑記帳-ball game


$アラバマ生活雑記帳-ball game2


アトランタブレーブス対ピッツバーグパイレーツの試合。
これが3-3でこう着状態になり、延長戦へ。
13回になっても終わらず夜遅くなってしまったので最後まで見るのはあきらめ、帰路についた。
帰宅してテレビをつけたら・・・まだやってる!
結局19回、ブレーブスが1点を取って試合終了。実にアトランタは午前2時だった。
しかしこの1点がなあ・・・・どう見てもすべりこんだ走者はアウトだったのだが。
なんかしまらないフィナーレだったわ。
多分審判がもう帰りたかったんだろうあれは。

なんといってもこの試合観戦でのハイライトは、甥がボールをキャッチしたこと!
三塁側の席にいたのだが、イニングが終わると使用済みボールをピッチャーが客席に投げてくれるのだ。
その1個を見事甥がキャッチ!
彼はずっと野球をやっていて今も野球部に入ってるので、このボールにはものすごく感激していた。
良かったねー。

買い物

甥の服を買いたいとのことだったので、義妹と甥と3人で近所のモールへ買い物に。
10時開店と同時に入ってあちこち見てあるいて12時半。
甥は適当に目についたTシャツを「もうこれでいいよ、はいはい、買ったね、じゃあ帰ろう。」
というノリで終始しぶしぶついて歩いて来ていた。お疲れさん。

いったん家へ戻りナナとタロウをピックアップしてCracker Barrelというファミレスへお昼ご飯に。
典型的な南部料理(ナマズのフライとかカントリーフライドステーキとか)があるので
説明しながらオーダーして食べた。割合好評だったので良かった。
義妹が一番気に入ったのは「フライドオクラ」。
コーンミール(とうもろこしの粉)とスパイスをまぶして揚げた輪切りのオクラで、
私もBJも大好きなのだが日本じゃ見た事無いのよねー。美味しいのに。

そこからまたOld Navyなど見て歩いて午後3時頃帰宅。
いやー、これだけ買い物に歩き回るのってひさびさだわー。
私は普段もう大体知ってるとこだけさーっと歩いて買い物してるから、
グローサリーでも改めて義妹に説明しながら見て歩いてると
「あら?こんな新製品出てたんだ。」
と発見が色々あって結構面白かった。

夕飯は家で。
前菜に豆腐(片栗粉で衣をつけてごま油で炒めて温める)に、Maggieちゃんが持って来てくれた
何やら日本で爆発的ブームだったという「食べるラー油」をかけていただいた。
私も好きだったがとにかくBJに大好評で、「オマエ、これ、まさかひとビンだけ持って来たの?」だと。
Maggieちゃんが「2種類2本ずつ持って来たけど。」と答えたらご満悦であった。
お兄ちゃん、えばってるなーまったくもう。調子に乗ってると後で知らないよー。

あとはいつもの私の料理。

ホウレンソウのナムル、フェタチーズ・トマト・ロメインレタスのサラダ、青梗菜のクリーム煮
サーモンのグリル、ワカメとあぶらげのおみおつけ、ご飯

ブランチ

義妹と甥はがっちり時差ぼけ。
甥は朝3時に起きてしまったらしい。
というわけで私もBJが仕事に行く6時半に一緒に起きた。

タロウも早く起きていたので甥は彼にまかせ、7時頃義妹に
「じゃあ、今のうちに買い物でも行きましょうか?」
と言ったら
「えっ?えっ?だって、今って、何時!?」
と驚いていたので笑った。

近所のウォルマートは24時間営業なのですよ奥様。
そうでなくてもアメリカって開店時刻早いよね。
というか日本が遅すぎるんだと思うが。

8時ごろからウォルマート探検開始。
義妹は何もかも珍しいみたいで「かわいい~!」を連発しながらあちこち見て歩いていた。
今日は下見ということでさほどお買い上げ品はなし。

11時からレストランへブッフェスタイルのブランチを食べに。
ここのブランチは品数が豊富で結構美味しいのだ。
日曜日しかブランチはやっていないので、行かれて良かった。

甥が料理の数々を見て目を輝かせ、
「全部、どれでも取っていいの?」
と聞いたあと、

時間制限、ある?

と聞いたので吹いた。

そういえば、二時間制限食べ放題の店、とかあったねー!日本には!
すっかり忘れてたわそんなの!

いやいや、時間制限は無いからねー、慌てないでいいのよ、と言ってやったが。
しかし面白いなあ。

R輔は良く食べる子だと聞いていた通り、健啖家で見ていても気持ちいい食べっぷりだった。
なんでも食べるし、食べさせ甲斐があるなー。
和食党でアメリカ飯が嫌いだったハル(R輔の兄)とは大違いだわ。

その後は近所をドライブしたり子供たちの学校をざっと見せたり。
少年スポーツのためのグラウンドを見せてあげたら義妹も甥も広さときれいさに驚いていた。
そうよねー。私も最初見た時驚いたもん。なんか豊かさが違うなーと思った。

夕飯は庭でBBQ。
アメリカ式にハンバーガーとソーセージのみ。


義妹と甥の滞在

本日より、義妹(Maggie)と甥(R輔)が我が家滞在。
アトランタ空港であわや会えないか!?という事態もあったのだけど
なんとかまあ会えまして結果オーライ。

Maggieちゃんと私は何を隠そう私がBJと知り合う前からの知人。
でもってMaggieちゃんのダンナ(今となっては私にとっても義弟ですな)は
私の前夫の同級生という。
なんつースモールワールド。

というわけで私はMaggieちゃんに対してはすごく気が楽なのであった。
私の前のこともぜーんぶご存じなのでね。
説明する必要がないのはありがたい。
たまに、Maggieちゃんとその夫が同級生の話をしてる時に私も加わったりして、
それがBJにはわからない話だったりするくらいだし。

これから一週間、お買いものに行ったり色々楽しみだな~!



カキ氷パーティ

ナナのお友達とタロウのお友達も呼んで、子供7人大人3人ほどでランチパーティ。
メニューは以下の通り。

おにぎり(混ぜ込みわかめ若菜と混ぜ込みわかめ鮭)
そうめん(ショウガとネギ添え)
チキンドラムスティックのマーマレード煮
酢の物(カニカマ、キュウリ、ワカメ)
甘いたまご焼き
焼き豆腐味噌だれ(片栗粉まぶしてゴマ油で焼いて甘めの味噌だれをかける)
生春巻き(エビ、グリーンオニオン、モヤシ、キュウリ)

カキ氷
オレンジの二層ゼリーとラズベリー


全部10人前計算で作ったので、ドラムスティックは20本煮た。
一番大きいダッチオーブンでギリギリだったので火を通すところまではオーブンで。
その後タレをからめながらコンロにかけたダッチオーブンで煮詰めてみた。
うまくいったけど、なんかこうなるとほんとケータリングの仕込みみたいだな・・・。

そうめんはゆでて小さめのプラカップに一口分ずつ分けて入れておき、
食べる時につゆを自分で入れてもらうスタイルに。
まとめて置いといたらくっついて食べにくいからね。
どうせ皆味見だけで、そんなにたくさんは食べないだろうし。

意外と好評だったのは焼き豆腐の味噌だれ。
田楽みたいにちょっと甘い味噌だれにしてみたのだが、美味しいと言っておかわりする子もいた。
へー。こんなの食べられるのか。私、小さい時田楽って嫌いだったんだけどな。

おにぎりは例のポケモンで見て憧れてたというブライスが
「あ、これって、甘くないんだ!」
と驚いていたそうな。
ポケモンで白いおにぎりを見て、子供が喜んで食べてるから甘いお菓子みたいのだと思ったのかしら?
おまんじゅうみたいな?
面白いなー、まさかそうくるとは思わなかった。

そして逆にたまご焼きを食べて「これって甘いんだ!」と驚いていたとか。
わはは。そりゃまあ、関西の人だってびっくりするから無理もないか。
私のたまご焼きは砂糖どっさりにしょうゆちょびっと、のタイプざんす。

生春巻きはウケたのかどうか不明。
一応取って食べてる子もいたけど。
タレに唐辛子入れたからちょっと辛すぎたかな?

でも作ってみて思ったけど、アジアのご飯って砂糖使うわねー!(中国はそうでもないか?)
油はほとんど使わないけど、なんのタレにでも砂糖が入ってる感じ。
アメリカのご飯だとデザートにしこたま砂糖は使うものの、調味料として砂糖を使う料理ってあんまり無いような・・。
せいぜいちょっと甘めのサラダドレッシングくらい?かな?
アジアはそうやってご飯に甘いもの食べるから、デザートがいらないのかもしれない。

ランチの後はナナの部屋で何やら皆お喋りしたり、トランプやったりして遊んでいた。
カキ氷も作ってやったけどさほどウケなかったというか、違いをわかってなかった感じ。
まあそんなもんだ。子供だし。

毎回、ウチにご飯食べにおいでーって声かけると皆二つ返事で来てくれるから、
こちらとしてもご馳走しがいがあって楽しいわー。
ただ毎回「日本食」を期待されるのがちょっとなあ。作るのつまんないんだもん。
もっと私の得意なオーブン料理とか作らせてよー。
でもそれじゃ話の種になんないか。

おにぎり

今週水曜日(あさって)に、ナナのお友達数人を招いてまた我が家でランチパーティしてやることに。
ウチには日本から持ってきた「カキ氷機」があるので、日本式のカキ氷を食べさせてやったら
いいんじゃないの?と私が提案したせいである。
アメリカのカキ氷は「砕いたつぶつぶの氷」であって、日本のようなふんわりしたカキ氷じゃないのよねー。
アメリカ式のは商標でもって「Snow Cone」と呼ぶことが多く、
日本式のふんわりしたカキ氷は「Shaved Ice(削った氷)」という。
今回はその「削った氷」にアズキや練乳かけて食べさせてやろう、という。

まあそれは一応パーティの名目としておいて、あとはランチに何出すかねえ・・・と
メニューを考えていて、今まではカリフォルニア巻きばっかだったから
今回はおにぎりでも出してあげようか、といったらナナの上級生のブライスは

「うわー!すっごい楽しみー!!
ポケモンのアニメで見た時から、どんなものかなあって思ってて、
すごく興味あったんだ!おいしそうだね!!」

と、携帯メールをくれたそうな。

・・・・い、いや、白いご飯に塩まぜて握り固めただけのもんっすよ・・・・!??
そんなに期待されても・・・・えーっと・・・・(大汗)

そういえばポケモンでは、たけしの作るおにぎりだとかそういうのが出てくるんだよねー。
屋台のおでん屋でニャースかなんかがほかのポケモンとグチってくだまいてるのとかもあったような・・・。
ああいうアニメで日本ならではの食べ物が出てくると、ほんと不思議なんだろうな。
かつて私が和訳された英国や米国の児童文学を読んで「ツルコケモモとか黒すぐりのジャムって、何だろう?」と
あこがれたように。
(今で言えばツルコケモモはクランベリー、黒すぐりはカシスざんす。当時は日本にそんなもの入って来てなかったのよお)

氷にかけるシロップはこちらのスーパーで普通に売ってるストロベリー味や
ブルーラズベリー(舌が真っ青になるやつ)なども買って来たが、せっかくなので
あずき煮の缶詰やコンデンスミルクの甘いの(練乳がわり)も買って来た(近くの韓国食品店にて)。
あとは抹茶シロップがあればいいんだけどなー・・・・今、抹茶も無いのよねウチは・・・。
濃いめに緑茶入れてシロップ作ってやるか!?
わざわざ買いにいくのも(なんせ日本食品店まで往復時速100キロで飛ばして2時間強だ)面倒だしねえ。

とりあえず皆で集まってご飯食べてなんか遊べればいいんでしょう。うん。
うちは庭にプールが無いから外で遊ぶ場所はないけど、家の中でゲームでもさせとくかー。
こないだ買ったNintendoリミテッドエディションのドンキーコング版ジェンガでも出しておくか?


☆    ☆    ☆

ベトナム風生春巻き(エビ、香菜、グリーンオニオン、もやし)、白菜と豚バラの蒸し煮、ワンタンスープ
青梗菜のクリーム煮


女子サッカーワールドカップ

なでしこジャパン、おめでとうっっっ!!!!!

いやあ、もう、すごい試合だったわ~~~~!
ほんとに素晴らしかった、感動して涙出ちゃいました。
今まで興味なくて女子サッカー見たことなかったにわかファンですが興奮したー。

アメリカのここ中部時間ゾーンでは午後1時のキックオフだったので、昼12時ごろからスタンバイ。
試合前に両チームの今までの戦績や選手の談話が流れたのでそれも全部見た。
というか日本チームのことなんて今まで全然報道されてなかったので、何も知らなかったのよ実のところ。
ドイツを破ったというのもこの前説で初めて知ったくらい(すごいっ!!!)。
アメリカの試合は放映されてたからそれなりに知ってはいたんだけどね。

アメリカの女子解説者(過去ワールドカップに出たサッカー選手)によると
なでしこジャパンはボール扱いのテクニックが細かくてすごく上手、ということで
画面に書き込むCGで説明してくれていたが・・・・す、すいません門外漢で何が何やら。
でもなんかすごいというのはわかった。
更にその解説者によると
「今年5月にもアメリカチームは日本チームと対戦したのですが、その時彼女たちはまだ
日本の災害のショックから立ち直っていないようで、精彩を欠いていました。
でもこのワールドカップではまるで違うチームになったように生き生きプレーしてますね」
とのこと。

この前説番組では日本の被災地の様子も流れた。
そしてその震災で友人などを失った日本選手たち(すみません名前は失念しました)の談話も。
もー実はここら辺から私の涙腺は決壊しかけ。じーん。

放映を見つつ、iphoneでtwitterとFacebookもチェック。
だってこれチェックしてると、皆で一緒に見てるなーって感じがして楽しいんだもん。

Facebookではアメリカ人の友達が皆アメリカ応援してて、私だけ「ジャパーン!!」と騒いでたが
ナナもタロウも同じことをやってたらしい。
ナナは途中でFacebookに「Come on, Japan!」と応援メッセージを書いたら
すぐにお友達から「USA, USA, USA, USA, USA, USA, USA(以下略)」と
荒らしのようなメッセージが帰ってきたというし、日本が勝ったとなると今度は
「ワールドカップでは負けたけど、俺達は第二次大戦では勝ったんだからな!」と
書き込まれたとかいうし、タロウは日本が勝った事でスペースキャンプで知り合った子達から
「うわー、オマエなんて嫌いだー」とメッセージが来たそうだ。ははは。
ま、皆ジョークでやってるんだから別にどうってことないというか、
それがジョークになる時代でほんと良かったよねえ。

私のママ友(アメリカ人)は娘が女子サッカーをやっているのもあってサッカーファンらしく、
前からこのワールドカップについてよくFacebookでつぶやいていた。
試合中ももちろんアメリカがゴールすると書き込んだり、展開について色々つぶやいていたのだが
いざ試合が終わると
「さっ、なんか違う話題にしましょ?」
と全く違う話(ダイエットとか)を書いてたのが笑った~~~。

延長戦に入ってから私たちも時間計算がよくわからなくなって、「あと何分?」とか言っていたが
TVの女性解説者が「あと6分です!・・・・あ、すみません、16分です!」と叫んでいて
「????」だったのには笑った。だって延長戦って15分ハーフでしょ・・・・16分て何。
と見ながら突っ込んでいたらやはりアナウンサーが
「あなたの算数の先生はがっかりしてるでしょうねえ。」
と強烈なイヤミを言っていた。わはははは。
ちなみにその時点でのほんとの残り時間は11分ですた。

いやー、もう、1対1に追い上げた時も感激したけど、2点目追いついた時は泣けたわ~~~!!
もーこの試合内容だけで、結果として負けてももういいわ、ってくらい。
すごかったし偉かったよねー皆。素晴らしい。

延長戦に入る前のチームの様子を見て、件の女性解説者が
「ほら、チームリーダー(澤さんですね)が、スマイルしてるでしょ、
あれがチームの雰囲気をかえますよね」
と指摘してたのが印象的。
そうなのよねー、なでしこジャパンは皆ニコニコしてたんだよね。
それに引き換えアメリカチームはシリアスだったもの。
あの辺で流れが違ったのかなー。

実は試合途中(午後3時頃)にタロウがお友達のとこへ遊びに行ってもいいか、ときいてきた。
あちらとも連絡が取れて、来ていいよと言われたそう。
しかしここはアラバマの田舎。親が送っていかねば遊びに行く手段はない。

「ごめん、これ(サッカーの試合)終わるまで待って!そしたら送ってくから!ママ今忙しいの!」

ひでぇ。

・・・いや、だってさあ、クルマで往復20分以上かかる距離なのよその子の家・・・・。
絶対、試合のいいとこ見逃しちゃうでしょ!??

などとやってたらしまいにタロウが

「・・・・迎えに来てくれるって。遊びに行ってもいい?」

・・・・・す、すまん!でも来てもらえるならありがたいっっ!

というわけで迎えに来ていただいてしまいましたのこと。
いやあ、だってさあ、これ、見逃すわけには・・・・・もにょもにょ・・・・

ああ、それにしても優勝おめでとう!
例の女性解説者も最後に日本語で

「オメデトウゴザイマス、ニッポン。」

と言っていたのが嬉しかった。


あー、良かったなー、っとウキウキしながら夕飯の支度をしていたら東京にいる母から電話が。

「あのねえ、すごかったのよー、日本がねえ、サッカーでねえ・・・」

あーはいはい、見ておりました。女子サッカーのワールドカップですね。

「そうなのよー、見てたー?1時間前くらいにねえ、もう大騒ぎだったのよ!」

・・・・ええまあ、試合開始前から見てましたが。
つか、おかーさま、日本がどこと戦ったと思ってらっさる?
アメリカの試合を、アメリカのテレビが放映しないとでも?

「ああ、そっちはちょうどいい時間帯だったのね?」

ええまあ、午後1時からでしたし。問題なかったのですが。
あなたのムスメですからこういうイベントはハズしませんのことよ。

でも電話もらったおかげで興奮を分かち合えて楽しかったなー。
どうもありがとうございました。

女子サッカーの報奨金は男子に比べて低いと聞いたけど、この実績をふまえて
男女格差が少しでもなくなるといいなあ。
なでしこジャパン、本当におめでとう。



ところで澤穂希さんって、「サワのホマレ」とか読んだとしたら日本酒か競走馬の名前?


☆    ☆    ☆

うな丼、ゴマダレ春雨サラダ、ポテトサラダ

新しいパソコン

4年ほど使っていたPCがいよいよダメになってきたので、新しいPCを買った。
何しろ悪評高いVistaで遅い上に固まりまくるようになってきたし、
一番困ったのは前面についているUSBジャックを認識しなくなったこと。

というわけでBJがちゃちゃっとBest Buyへ行って買って帰って来てくれた。
いやー、しかし今のPCってすごいのね!
セットアップも簡単になってるし、取説なんかうすーいのしかついてこないし(昔は分厚いのが
何冊もあったような)、アメリカで買ったPCで日本語打てるようにするのもひと苦労だったけど
今はクリックひとつだもんねえ。いやあ、便利便利。

それにしてもほんと、インターネットの無い生活なんて今や考えられないなー。
PCがあったって、ネットに繋いで無かったらただの箱よね。




☆    ☆    ☆

冷凍ピザ2種、チョリソと野菜のホイル蒸し

スペースキャンプ卒業式

タロウのスペースキャンプ卒業式とお迎えのため、朝8時に家を出てハンツビルへ。

11時から卒業式があり、そこでキャンプの修了証書や写真、バッジなどをもらう。
その後各チームの責任者にこちらのIDを見せ、サインして子供を引き取って解散。

サイン後すぐにタロウを連れて帰るつもりで声をかけたら、お友達と名残を惜しんで
ハグしたり何やら別れ難そうだったのでしばらく待ってやることに。
楽しかったのねー、良かったねえ。

荷物を受け取って帰る道すがら色々話してくれたところによると、
同じ部屋(一部屋6~7人が寝泊りする)に、一人どうしようもない悪ガキがいて迷惑したそうだ。
騒いで言う事きかなくてカウンセラー(チームを指導するスタッフ、大抵大学生)に
チーム全員が叱られてペナルティ受けることになったり、
部屋のほかの子達のシーツをわざと汚して喜んでいたらやられた子達が当然怒り、
すると今度は泣き出したりして本当に「Annoyingだったよ~。」とのこと。

スペースキャンプでは「3 Strikes, you are out.」というルールがある。
つまりキャンプ中に3回ペナルティをくらう事があったらお家に連絡して迎えに来てもらいますよ、ということ。

タロウ達チームはその子のせいでなんと2ストライクまで行ってしまったそうだ。
そりゃー、迷惑だったわねえ。
自分が悪いことしたわけでもないのにね。
それであなたたちのチームはなんにもご褒美がなかったのかあ。
かわいそうだったわね。

「もうしまいにはね、ほかの皆でむしろその子をもう一回ストライクにさせて、
家に帰してもらうようにしちゃおうよ、なんて話しになったくらいだよ。」

というのにも苦笑いだったのだが、さらに驚いたのは

「それでね、いくつだと思う!?その子、13歳なんだよ!(タロウは満12歳)
13歳にもなって、それなんだよ??
でね、先週もここのキャンプに来てたんだけど、3ストライクで途中でおうちの人が迎えに来て
帰ったんだって。」

・・・・って、ええ~~!?
毎回騒ぎ起こしてるってことですか?!

・・・・そりゃ、学習能力がないなあ・・・・・・というかほんと周りの子に迷惑よね・・・。
でもきっと親ももてあましてるんだろうなあ。
それで、1週間泊まりで預かってくれるキャンプに突っ込んでるんだろうな。
だってスペースキャンプだって安い金額じゃないしねえ。

「ほかにもキャンプから返されたことがあって、前にそういうの3回もやってるんだって。」

・・・・・親も頭かかえてんだろうな・・・・。
今週はむしろ最後までいられた事で、ちょっとはうちの子もマシになったのかも、とか
思ってたりするのかも?
本人は多分自分に都合悪い事なんか親には言わないだろうし。

その子以外とはとてもなかよしになったようで、全般としてはとても楽しかったようで良かった。
去年はロボットのプログラミングを教わったが今年は飛行機操縦のコースをとったので、
シュミレーターの操縦のこととか飛行機の種類とか色々覚えてきて説明してくれた。

また興味の範囲が広がって、欲しいもんが増えそうだねキミは・・・・。

とりあえずこれでタロウの夏の予定は全部終了。
あとは宿題の本読み(←超苦手)がまだ途中だ!がんばれっ!


☆     ☆     ☆

昨日から仕込んでおいたオックステイルシチュー、エッグヌードル、4ビーンサラダ、アスパラガス

日本語で見る日本アニメ

いやあ、つくづくいい時代になったなあ、と、思う。

映画やテレビシリーズのレンタルサービス、Netflixを試しに使っているのだが、
思ったよりも日本アニメの品揃えが豊富なのだ。
おまけに今日はたまたま「あなたへのオススメ!」つーのに入っていた
「ハチミツとクローバー」を見てみたらなんとオリジナル日本語版で英語字幕つき。
ひゃー、日本のアニメはたくさんあってもたいていが英語吹き替えなのにー!

びっくりして嬉しくてついナナも呼んで一緒に見てしまった。
声優が喋るたびに2人で「あーこれ、神谷さんじゃなーい?」とか
「うわー、杉田さんだよねコレ!?」とか盛り上がってしまい、BJはおいてけぼり。スマソ。
ナナのおかげで私も最近の声優陣にはちょっと慣れてきたもんで。

何しろ私の知ってる声優陣というと神谷といえば神谷明、夫婦で売れてるのは古谷徹と
小山茉美とかそういう時代だからねー。
ナッチャコパックの野沢那智や白石冬実、ルパン三世の山田康夫とか。

その後日本にいなかったこともあって20年ぐらい空白の時間があるのだが、
この頃ナナが日本アニメに詳しいので私もだんだんまたわかるようになってきたという。
こないだまではせいぜいおはスタの山寺宏一ぐらいしか知らなかったんだけど。

Netflixでもこうして日本アニメが見られるし、Cartoon Networkの夜中には
デュラララ!などのアニメが英語吹き替えで放映されているし
(こないだクレヨンしんちゃんを英語で見た時にはずっこけたよ)、
ネットのCrunchyrollというサイトでは(有料になるが)著作権もクリアした
日本アニメの英語字幕つきのをいちはやく配信しているし。
ほんとに時代は変わったんだなあ、と、思う。

おかげでナナは日本語の読み書きも聞き取りもキープ出来ているし、
タロウもYoutubeなんかで日本のお笑い番組を見るのが好きで良く笑ってるから、
日本語を忘れないで済んでいるものね。ありがたい。

他にNetflixで見ている日本アニメというと「ヘタリア」「ソウルイーター」「フルーツバスケット」
「桜蘭高校ホスト部」。
・・・・どういうラインナップなの、つか、それが英語吹き替えで普通に普通のレンタルサービスに
並んでるとこがさ・・・・すごいよね。

とりあえず我が家はハリウッド映画とかを借りなくても、日本アニメを借りるだけで
Netflixの月額契約はモトを取ってるなー。
他の英語吹き替えアニメも、日本語が選択出来たらもっといいのに。

阿部定・・・・ではないんだけど

テレビを流し見しながら家事していたら、ちょっと驚くニュースが流れていた。

California woman cuts off husband's penis

カリフォルニア在住の女性(48歳)が、夫(60歳)に薬物入りのディナーを食べさせ、
彼が具合悪くなって気を失っている間にベッドにしばりあげて性器をキッチンナイフで切り取り、
そのブツをキッチンシンクのディスポーザーに入れて・・・・・
スイッチをオンにした、つーのだ。

駆けつけた警官に向かって彼女は「彼の自業自得です。」と言い放ったそうな。

何があったんだ~~~!??
浮気でもしたんかなあ。しかしそこまでするかな奥さん普通。

BJにこの事件の話をしたところ「阿部定か。」
違うよー、阿部定は愛するあまりに切り取って、大事に持ち歩いてたんだからー。

「だけどさー、一体何したんだろうねえ。
このダンナ、前世でよっぽど悪いことしたんだわね。」

と私が言ったらBJが

「・・・前世か!?」

あ、そうか。
現世もか。

しかし私は女なので、この話を聞いても「すげーことするなあ。」ぐらいの感想だったが
BJは

「聞いただけで痛いよ・・・・」

と言っていた。

殺されるよりある意味きついかもねー。




☆    ☆    ☆

チキンカツ、ロメインレタスときゅうり・トマト・コーンのサラダ、韓国風豆腐みそだれのレタス包み

ロード・オブ・ザ・リング

息子の風邪を心配してたら、いつの間にか私自身が風邪ひいてた。バカ。
のど痛いよー、だるいよー。ぐすん。
特に用も無いのでごろごろ昼寝。

先日、子供たちが「すごく面白いって、皆言ってるから」と言って「ロード・オブ・ザ・リング」を
見たいというので、Netflixで借りて見せてやった。
「ママは見たことある?」ときくので、「ある。・・・けど、あんま好きじゃなかった。」と
控えめな意見を述べておいた。
確かにあの映画も原作も、面白い事は面白いし、ハマる人はものすごくハマるのはわかるのだが。
私はどーも・・・・入り込めなかったのよねえ。
同じカテゴリに「ナルニア国物語」も入るのだが。

3時間の視聴後、子供たちの意見。

「人生で一番長い3時間だった~・・・・
ママが、あんまりお勧めしないって言ってた意味がわかった~・・・。」

でしょ。
タロウはイライジャ・ウッドの顔が嫌いで、どうにも見てるのがつらかったらしい。
ナナは展開が遅いとことあっさりなとこのリズムが気に入らなかったとか。

「あれなら、自分でFF(ファイナルファンタジー)やってた方がよっぽどいいわ!」

・・・・そうなんだよねえ。
スクエアのRPGに馴染んでると、あの手の映画はみんなゲーム画面に見えちゃってさ・・・。
ことにこの指輪物語ときたら、ドラクエやFFのお手本ファンタジーだからますます・・・。
パーティ組んで冒険の旅に出るんだけど、主人公はレベル1の何も出来ないヤツで
仲間はそれぞれスキルや特殊能力を持つ魔法使いやら戦士やらで、
途中助けてくれるエルフの村に泊まったり魔物と戦ったり・・・でしょ。
もー、ゲームとだぶってだぶって。
そのくせゲームみたいに自分の思うようには動かせないし。

タロウはイライジャ扮するフロドを「なんか、アムロみたい。」と言っていた。
あー、まあ、それもなんとなくわかる。

しかしこの映画でのイライジャの顔って、CG処理してんの?
目、大きすぎないか?
身長差は映像処理してるの知ってたがBJなど「あの役者って、ほんとに小さいの?」とかきいてた。
まあねー。実際も、そう大きい人じゃないのは確かだが。

面白くないわけじゃないのだけど、やっぱり私にはこの映画は合わないわー、
ということを再確認した3時間でありました。

さて、2と3は見るのかねうちの子たちは。



☆    ☆    ☆

冷凍ラザニア、フレンチビーンズ炒め、バーニャカウダと野菜(アスパラ、セロリ、パプリカ)

スペースキャンプ

タロウは今日から5泊6日でNASAのスペースキャンプ参加。
去年も行ったので大体勝手はわかっているし、このところボーイスカウトでキャンプ慣れしてるから
特に心配もなし。

家からは2時間半ほどのドライブ。
12時にチェックインして荷物を部屋に置いてから、2時半のオリエンテーションまで
親がついていないといけないというのでBJと3人でミュージアムをぶらぶら見学。
今回はSUEというT-REXの骨格標本が来ていて、恐竜関係の展示があった。
SUEというのはこれまでに発見されたティラノサウルスの化石の中で最大で保存状態が良好、
かつ全体の90%以上を占める骨の化石が発掘されたというもの。
多くの場合ティラノサウルスの化石は半分にも満たない状態で発見されるとか。

SUEは前に近くの自然史博物館にも来てたから見たことはあるんだけどね。
しかしアメリカってなんか恐竜好きよねー。自分とこでざくざく出るからかしら。
日本の子供たちは怪獣は良く知ってても、恐竜ってここまでメジャーじゃないような気がする・・・。

しかし、スペースシャトル計画もついに終了だし、これからここのNASA施設もどうなっていくのかなあ。
ここは研究施設だから、今度は軍の武器とかそういう方向の仕事になっていくのかしら。

去年、クーラーが効きすぎてて夜寒かったというので、今年は毛布持参。
しかも日本製のあったかいしっかりした二重のやつ。
これで今年はきっと大丈夫でしょう。去年はがっちり風邪ひいて帰って来たもんねえ。

お迎えは金曜日朝。
今年も楽しんできてくれるといいな。



☆    ☆    ☆

天ぷら(Tilapia、ズッキーニ、にんじん、玉ねぎと桜えび)、はんぺんバター焼き、きゅうりと大根の浅漬け、わかめスープ

お誕生日おめでとう

ナナの16回目の誕生日。
彼女は平成7年7月7日生まれで、私の父が「そりゃあ、ナナちゃんだろうやっぱり!」と
生まれたとたんの国際電話で断言してくれたものでミドルネームが「ナナ」。
いやまあ、日本語の女の子の名前としてはかわいいからいいんだけど。

ちなみに父はそういう直感で決めるタイプらしく、タロウが生まれた時も
「日本人の長男だもん、タロウだろそりゃ!」
ときっぱり断言してくださいましたのこと。
・・・・まあねえ。
源の九郎義経、みたいな感じで○○のタロウ××、とか名乗ったらそりゃ格好いいですけど・・・・。

で、うちの子達はナナとタロウ。
どちらもアメリカの出生証明書にのってるほんとのミドルネームざんす。
ファーストネームは下手するとDQNネームと言われるかもしれないけど、
英語圏でも日本語でもそのまま通じる名前。
チョイスが少ないのでつまんないなと思ったが、今子供たちが
ファーストネームはすぐ通じるが苗字が(英語圏では)わかってもらえなくて面倒だとか言ってるのを聞いて、
一般的でつまらないけど英語圏でも日本語でも通じる名前にしておいてよかったなと思った。
なんでこの名前にしたの?ときかれて、「英語でも日本語でも通じるから。」というのは
名づけの意味合いとしては弱いのかしら。どうなのかしら。

そういえば先日のニューヨークでは、入ったスタバで例のごとく名前をきかれ
私もBJも本名が日本人でなければすぐにわからない名前なもので
私はナナの名前を名乗り、BJはタロウの名前を名乗っていた。
子供たちがそばにいると「なんでぼくたちの名前使うの?」ときくのだが
だってさあ・・・・つづり説明したり発音なおしたり、面倒なんだもん・・・
君らの名前はアメリカでも一発で通じるじゃないの。

日本人として日本人らしい名前、それは美しいとは思うが
うちの子達に関しては、英語圏でも間違われない名前で良かったなあと思う。

話が大きくずれたが、ともあれ、ナナちゃんお誕生日おめでとう。
これからもたくさん楽しいことがありますように。




☆    ☆    ☆

豚バラと白菜・もやしの蒸し煮、長いもの千切り、大根の甘酢漬け、牛たたきのサラダ

ニューヨーク 4日目

ニューヨーク最終日。
昼には空港に行っていたかったので、朝ちょこっとホテル前のスタバに行ったくらいで
荷造りして帰路につく。

空港まではまたまたカミカゼタクシー。怖いって。

搭乗口で待っている間に、CNNでケイシー・アンソニーの陪審員判決が出るところを見ていた。
「第一級殺人罪に関しては無罪」と読み上げられた途端、
周囲が「ざわっ」としたのが面白かった。やはり皆びっくりしたんだな。
私もBJも無罪にするしかないだろうと思ってたからそれほど意外には思わなかったけど、
でもなんかやっぱり納得いかない感じはする。

フライトも問題なくアトランタ着。
帰りの高速も空いていて夕方6時には家に到着。お疲れ様でした~。

ほんとはメトロポリタン美術館のフェルメールや、グッゲンハイムの狼の群れも見たかったのだけど
時間も無かったし何しろ歩きすぎで足が疲れたので行かれなかったのは残念。
まあ、また次の機会にでも。
とりあえず行く前にチケット取っておいたものは全部消化出来たのでよしとする。
子供達も買い物したりして楽しんでたようだし、良かった。
今までは海や山ばかりに行ってたけど、子供達ももうこういう都会の旅行が出来る年齢になったのねー。
これからは美術館・博物館・史跡めぐりの旅行にも行かれるようになったってことで嬉しいなあ。
次はヨーロッパかなやっぱり。楽しみ楽しみ。




☆    ☆    ☆

帰宅するなり冷凍しておいた鳥もも肉とグリーンビーンズの缶詰あけてオーブンに放り込み、
米といで炊飯器のスイッチいれて夕飯の支度完了。これだと1時間待ってるだけで出来上がるので。
その間に荷解きしたり一休みしたり出来て正解だった。
冷蔵庫空っぽだから明日は買出しだ。

帰宅しました

団体ツアーパンフ風にまとめると
「ニューヨークの旅・オプショナルツアーで行こうブロードウェイミュージカルと
ハリーポッター特別展3泊4日間」行って参りました~~。
使えたのが丸3日間だけとは思えない充実っぷりで、いやー、良く歩いて足痛いけど楽しかった!

ブロードウェイでは「オペラ座の怪人」と「RAIN」鑑賞。
自然史博物館はツアーに入って1時間半くらいざっと見て回り、
ハリー・ポッター特別展では小道具や実物大(?)のヒッポグリフに驚き、
ポンペイ展では被災者が埋められた灰の型へ流し込んで作った石膏像にショックを受け。
2階建てバスで市内観光も昼と夜乗ったし、独立記念日の花火もちょこっとビルの間から見たし、
その合間に任天堂ワールドストアやレゴショップ、紀伊国屋書店にも行って来た。
お寿司も食べたし丸っきり「ここはどこ?新宿?」と思うような居酒屋にも行ったし
ドレスアップして高級なステーキもいただいてまいりました。おいしかったー。

やっぱり都会は楽しいなー!
つくづく、私は都会っこなのだと思い知った次第。
山も海も動物も、テレビで見るだけでいいや。
私はビルの谷間で遊んでるほうがよっぽど楽しいわ。

なんかNY行ったら元気になった感じがする。
景色も雰囲気も混雑も、東京に似てるからかな。

旅行記はおいおい↓にアップしていきますので、よろしかったらご笑覧くださいませ。

ニューヨーク 3日目 独立記念日

今日は4th of July、独立記念日。
雲が出ているものの晴れ、最高気温は30℃。
でも湿度があまり高くないので不快ではない。

8時頃起きて朝食を食べに行き、そのままハリー・ポッター展へ。

$アラバマ生活雑記帳-Harry Potter展

中は撮影一切禁止だったので写真はこれのみ。

映画で実際に使われた衣装や小道具、CGモデルのための実物大原型モデルなど
思ったより沢山の展示で、面白かった。
ダニエル・ラドクリフの最初の衣装がちっちゃいこと!こんな子供だったんだなあ。
しかしあの第一作目が一番かわいかったと思うのは私だけ?

ハグリッド役のロビー・コルトレーンが着た衣装の大きさにびっくり。
ググってみたら身長は185センチとのことだけど、もっと大きく見えたよ?
映画では視覚効果でもっと大きくしてあるとは聞いたことがあるけど、衣装も大きかった・・・・。

ハリー・ポッター展を見た後、同じ場所で開催されているポンペイ展へ。
タロウが「1944年にも噴火したんだよね。それで、オリンピック開催地が変更になったんだ」とか
良く知っていて驚く。
展示を読んでナナもラテン語について説明してくれたりして、感心することしきり。
学校でラテン語習ったんだものねあなた達・・・・なんかすごいなあ。
まさに負うた子に教えられ。

テラコッタの壁などきれいに残っているのにも感心したが、
被災者達を石膏で復元したモデルには言葉を失った。
衣服のひだまできれいに残っていて、様子があまりにもはっきりとわかって衝撃だった。
テレビで見た事はあったけど、実際目の前にするとその驚きは比じゃない。

ポンペイ展の後は2階建てバスで市内観光。
どんどん天気が良くなってきて、直射日光で暑かった!
朝のうち曇ってたもんだから、サンバイザーやサングラス持って出なかったのよね・・・・
ちゃんと用意はしてきてたのに。失敗したー。

$アラバマ生活雑記帳-エンパイアステートビル

エンパイアステートビルとメイシーズ。
夜景を見にエンパイアへ上ろうかと思ったが、私とBJは行った事があるし
子供たちは特に喜びそうもなかったのでパス。

$アラバマ生活雑記帳-給水塔

古いビルの上のこれまた古い給水塔。

$アラバマ生活雑記帳-Brooklyn Bridge

ブルックリンブリッジを下から見た図。


$アラバマ生活雑記帳-Don't Honk

交差点についてた標識。
「Don't Honk(クラクション鳴らすな)」「$350 Penalty(罰金350ドル)」と書いてある。

そう、わざわざこう標識に出さねばならないのもうなずけるほど、マンハッタン中心部は
やたらクラクション鳴らす車が多い。
多分ほとんどはタクシーがやってるんじゃないかと思うけど。
とにかくビービーとうるさくて閉口した。
あっちでもこっちでもビービーやってるので、聞いてるだけでイライラしてくる。
マンハッタンで運転してたらストレスたまりそ~。

昼のツアーを一周して、またタイムズスクエア周辺をぶらぶら。
かの有名な「Naked Cowboy(裸のカウボーイ)」がいたので興奮!きゃー!!
(ちょっと古いけどまとめ記事→ABC振興会
ちゃんと鍛えてて見た目よろしかったですのこと。
写真撮りたかったのだけどあろうことかこのタイミングでデジカメが壊れた・・・・・・orz

夕ご飯は通りかかった居酒屋へ。
ほんとに日本式で、中に入ったら「ここはどこ?」って感じ。
私とBJが「とりあえずこのくらい頼めばいいよね」とメニューを見て相談していたら、
タロウが「オーダーは、一回だけ?」と聞いてきたのでふきだした。
そうかー、居酒屋方式なんて知らないもんね。
普通のレストランなら最初にオーダーしてそれで全部だもんなあ。
追加注文ってシステムは居酒屋独特かそういえば。考えたことも無かった。

ひさびさに冷酒などいただき、あとは焼き鳥などつまんで満足。
安かったので驚いた。子供たちのソフトドリンクはリフィル無料だったのかしら?

夜はまたグレイラインバスのナイトツアーへ。
こちらは昼と違ってガイドの喋りが面白くて良かった。

$アラバマ生活雑記帳-夕暮れのマンハッタン

ブルックリン側から見たマンハッタンの夕暮れ。きれいだったー。

バスに乗っている間にハドソン川で独立記念日の花火があがりはじめ、
ビルの間にちょこちょこと眺められた。
近くで見ようと思ったらすごく早くから場所取りしなければいけないらしいので断念したのよね。
まあ、ちらっとでも見えたし雰囲気はわかったからよしとする。
どうせ毎年テレビで見てるし。

午後9時半、ホテル帰。

ニューヨーク 2日目

BJの、嵐を呼ぶ男の異名は伊達じゃない。

いきなり朝っぱらから雷雨。

ホテルのつくりのせいなのかビルに反射するせいなのか、雷鳴が最初何なのかわからなかった私。
なんか変な響きで、飛行機が低空飛行してるのかと思った。

というわけで土砂降りだったので朝寝坊。
幸い朝のうちだけ雷雨で、あとは降ったり止んだりの天気だったから歩くのにはさほど支障なかった。
日本人だからちゃんと折り畳み傘持参してるし。このくらいの雨ならどうってことなし。

朝昼兼用を軽くすませ、Rockefeller CenterにあるNintendo World Storeへ。
雨のせいなのか空いていて、ゆっくり見て回れたので良かった。

$アラバマ生活雑記帳-Nintendo World Store

Nintendo World StoreでDSをいじるナナとタロウとBJ。
ここは珍しく店内での撮影OKだった。普通禁止なんだけどね大抵。


ついでにRockefeller Centerを歩き回ってレゴストアなども見てきた。
凝ったレゴのディスプレイが沢山あって面白かった。
Star Warsのデス・スターのセットが・・・・欲しかったなぁぁ・・・・!!!
でも買ってどうすんの。

$アラバマ生活雑記帳-Rockefeller Center

$アラバマ生活雑記帳-Rockefellerの国旗

いつもは万国旗がはためいているのだが、明日が独立記念日なので全部がアメリカ国旗。
なかなか珍しい光景だと思う。

そこから南下して紀伊国屋書店へ。
地下一階地上二階の店舗で思ったより広かったので驚いた。
ナナはもう二階のコミック売り場で目がきらきら。
私も「とりぱん」だの「聖おにいさん」の新刊があったのではしゃぎまくり。
いやー、ニューヨークすごい!英語使わなくても生活出来そうだわここなら。

ゆっくり買い物して、またてくてく歩いて(都会にいると良く歩くわねやっぱり)
3時からのマチネーを見にブロードウェイの劇場へ。
RAINという、ビートルズの曲を演奏するショウを見に行った。
これはもちろんビートルズファンのタロウのため。
ストーリー仕立てになっているのかと思ったが違って、年代ごとのビートルズに扮した4人が
コンサート風に曲を演奏するショウなのであった。
小芝居が入らなくてかえって良かったかも。沢山曲聴けて楽しかったし、良く似てたし。
ポピュラーな曲は客席も一緒に歌って良かったので、私もあやしい英語ながら一緒に歌って楽しんでしまった。

昨日見た「オペラ座の怪人」とは趣向が違ってセットなんか全然ゴージャスじゃなかったし
出演者も5人しかいなかったけど、これはこれで楽しかったな。

以前ほかの「ビートルズのコピーバンド」のライブにも行ったことがあるのだが、
こういうのって日本じゃあまり見かけないような・・・・と思ってたらBJが

「だけどさー、クラシックのコンサートだって、要するにモーツァルトのコピーやってたり
バッハのコピーをやって聞かせてるわけじゃん?同じことだよな?」

とな。

すごいな。
クリーブランドオーケストラもN響もいきなりコピーバンド扱い。
急にありがたみが薄れたよ!?
じゃあニューイヤーコンサートのウィーンフィルはさしずめシュトラウス一家のコピーバンドか!

ショウが終わって夕方5時半。
とりあえずホテルへ戻る。

ホテルへの道すがら、ちょっと高級そうなレストランが見えたので部屋に戻ってZAGATで調べる。
今回の旅行ではほんとにこのZAGATが便利だった!!
ミシュランは高級な店ばっか載ってて普段の外食にはあまり役に立たないんだけど、
ZAGATは庶民的なとこもカバーしてるうえほめ言葉ばかりじゃないからわかりやすいのだ。
東京版は使ったことがあって便利だった覚えがあったので、今回ニューヨーク版を
旅行に来る前わざわざアマゾンで取り寄せて買っておいたのである。
まだこの時点では部屋に戻って調べるくらいだったが、しまいにはZAGATを持ち歩いて
目に付いたレストランを目の前で調べてしまったくらい活用した。
だってねー、やっぱり、我々旅行者が歩いて目についた店って、ZAGATでは
「Out of towner(よそから来た人)のための店」とか
「Touristやこれから劇場へ行く人には便利なロケーションの店」なんて書いてあるのだ。
まさに「イナカモンのための、一見客相手のレストラン」。
私にとっての「善光寺の門前そば屋」という位置づけ(←つまりまずいってことです)。
ZAGATで批評をチェックしたので、そういう「観光客向けの店」には入らないで済んだ。
そのかわりZAGATお勧めのレストランに行ってみたのだが、これが正解だった~~~。
お値段もよろしかったがほんとにサービスもお料理も良かった!
旅行先でまずいご飯だと楽しくなくなっちゃう私なので、今回は大成功だったなあ。

というわけで、ホテルで着替えて(短パンやジーパンにTシャツではマズイような感じだったから)
途中に見かけてZAGATでもお勧めになっていたステーキレストランDel Frisco'sへ。
ナナもタロウもタルタル・ステーキを食べた事が無いというので前菜に頼んでみたが
ちゃんと味付けしてあって美味しかった~。ちょっとスパイシーで。
生の牛肉というので子供たちはちょっとおじけづいていたけど、いざ食べてみたら問題なかったらしい。

メインはそれぞれフィレミニヨンやラム、プライムリブ、子牛を頼んだがどれも美味しかった!
やっぱりアメリカで美味しいもんを食べようと思ったら肉だわね~~~。
値段も、ZAGATでは高いと書いてあったけど夕飯であの値段ならリーズナブルだと思った。
サービスも良かったし、満足。

午後10時過ぎ、ホテル帰。

ニューヨーク 1日目 その2

自然史博物館への途中で、ダコタ・ハウスを見に行った。

$アラバマ生活雑記帳-ダコタハウス

驚かせようと思って子供達には内緒にして連れて行ったのだが
タロウはビートルズファンなので、思った通り感激していた。
ナナは「ふーん。」
・・・まあそんなもんよね。

博物館の後はホテルへチェックインして着替え、夜の部へお出かけ。

「寿司田(すしでん)」でお寿司や天ぷらの夕食。
店に入るなり日本語で「いらっしゃいませ」と言われ、子供達も驚いていた。
そうよねー。普段、家の外で日本語なんて聞いた事無いもんね。
メニューも日本語だし職人さんもウェイトレスも皆日本人だったので感激していた。
近所の日本食レストランは韓国人や中国人経営だもんなー。ははは。

$アラバマ生活雑記帳-タイムズスクエア

食後、8時からのミュージカルまでまだ時間があったのでタイムズスクエア周辺をぶらぶら。
ディズニーストアや、世界一大きいトイザらスの店舗など見て歩いた。
ちなみにこのトイザらスのことは私もBJも知らず、タロウに教えてもらったのである。
彼はググってあれこれ調べるのが得意で、そういう情報に詳しいのだ。
ニューヨークへ行くと聞いて、色々自分で調べて行ってみたいところをチェックしていたそうで、
なんか面白い人だなーほんとに。


$アラバマ生活雑記帳-swatchシャンデリア
↑Swatchの店舗内のシャンデリア。写真ではわかりにくいが、全部Swatchで出来ている。


8時から「オペラ座の怪人」鑑賞。
見る前にBJとタロウにはざっとあらすじを説明しておいた。
じゃないとわかんないもんねー。
こういうのは歌舞伎と一緒で、ストーリーなんてわかってても問題ないもんだし。

曲はおなじみだし舞台装置はゴージャスだしで、ブロードウェイらしいミュージカルで楽しかった。
いやー、久しぶりに「プロの歌を聞いた!」って感じ。
こうなるともうミュージカルというよりオペラよね。ソプラノのソロがすごかったなー。

$アラバマ生活雑記帳-オペラ座の怪人
↑休憩中に撮影した、かのシャンデリア


最後はタロウもナナも「泣いちゃった」と言っていた。
私も泣かされた~。

でも、ファンの方々には申し訳ないがこの怪人のやってることって、DV加害者の行動じゃない?
つか、クリスティンの台詞や行動がいちいちDV被害者のそれとかぶってしまって・・・。
「彼からは逃げられないのよ!」とか「彼はいつでも見ているわ」とか「選択肢は無いのよ」とかさー。
洗脳されてるDV被害者の典型的発言なんですけど。
モラハラ被害者だなー、誰か気づいてやってよ、とか思いつつ見てしまったわたくし。
2ちゃんと発言小町の読みすぎですかそうですか。


午後11時、ホテル帰。

ニューヨーク 1日目 その1

朝3時(っていうか・・・人によっては深夜じゃないかこれ?)起床。
何しろ飛行機がアトランタ7時15分発で、何度も書いているがあちらは東部時間で
ここより1時間時計が進んでいるのでさらに早く出なければ間に合わないのだ。
ナナは私達が起こす前にちゃんと起きて支度していたし(ものすごく寝起きがいい)
タロウも声をかけたら自分で起きて支度して降りてきた。えらいっ。

3時半、自宅出発。
6時(アラバマではまだ5時)アトランタ空港到着。

定刻より少々遅れての出発だったがニューヨークJFK空港に9時半頃到着。
タクシーでマンハッタンのホテルへ。
このタクシーがカミカゼタクシーで、ほんと怖かった!すごい運転なんだもん。
おまけに運ちゃんは大抵が移民の人たちなので、訛ってて何言ってるかわかんないし。
かつて東京のタクシーがカミカゼタクシーとか言われてたけど、比じゃないわね。
いやあ、怖かったー。下手な遊園地のスリルライドよりスリル満点。

ともあれなんとか無事にホテルに到着すると、たまたまホテルのある6Avenueが
歩行者天国になっていて露店が出ていた。
面白そうだったので、ホテルに荷物を預けてそのまま周辺をぶらぶら。


$アラバマ生活雑記帳-出店


$アラバマ生活雑記帳-一点透視のビル街
↑こういうビル街の景色見るのって久しぶり・・・・


天気は良いがさほど湿度が高くなく、30℃と言われてもそれほど暑くない感じ。
アラバマの暑さとは質が違うなあ。

手作りアクセサリーやら面白Tシャツの露店など冷やかして、屋台のケバブ屋で
ジャイロサンドイッチ買って簡単にお昼はそれでおしまい。
結構ボリュームがあって美味しかったがひとつ9ドルは高いな!
子供たちはホットドッグやコーンドッグなど。

地下鉄に乗ってAmerican Museum of Natural History(自然史博物館)へ。
ここは映画「Night at the Museum」の舞台になったので、子供達も楽しみにしていた。
・・・・が、さすが週末というか夏休みというかホリデイウィークエンドというか?
ものすごい混雑で、チケットを買うだけで30分以上並ぶ羽目に。外じゃないだけ良かったけど。
リノベーション中で、映画で見た外観や中の様子がカバーで覆われていたのが残念。

午後1時15分から無料ガイドツアーがあるというので参加。

$アラバマ生活雑記帳-自然史博物館恐竜の骨


$アラバマ生活雑記帳-インディのモデル考古学者
↑ こちらはインディアナ・ジョーンズのモデルになった探検家で博物学者のロイ・チャップマン・アンドリュース。
この自然史博物館の館長も勤めた人物だそうだ。


恐竜の骨格は、この頃は大抵がレプリカ展示しているのでここもそうかと思いきや、
一部を除いてほとんどは実物を展示しているのだそうで驚いた。
貴重なものはガラスケースに入っているがその他はむきだし。傷まないのかしら。

しかし恐竜とか太古の生物って変なデザインのがあるよね。
神様がちょっと実験して作ってみたけど、あーこれはちょっと失敗したなあ、
アイディアは良かったんだけどねー、みたいな。

$アラバマ生活雑記帳-サーベルタイガーの骨
↑これとか。
ちなみにサーベルタイガーざます。
確かにかっこ良くて強そうなんだけどさー・・・・・食べにくくないかねこの牙?邪魔じゃない?


ツアーガイドのボランティアさんの話が面白くて、色々勉強になった。
展示してあるスターサファイヤ(世界最大)やスタールビーが盗まれた時のエピソードとか面白かった。



まだ1日目は終わらないけど長くなったのでとりあえずこの辺でいったん切ります。

お出かけ

明日から家族旅行でニューヨークへ。
3泊4日なのであっという間だけど。
美術館、博物館、ブロードウェイミュージカルなどを親としては企画してるのだが、
子供たちが一番楽しみにしてるのはどうやら任天堂ワールドストア。
新作ゲームを体験出来るブースとか、ポケモン関係のおみやげとか売ってるらしい。
今年の夏は日本に帰らないから、そういったものに飢えてるのね君たち・・・。

あとはたまたまお友達がFacebookで書いてたので知った
「ハリー・ポッター特別展」に行く予定。
なんか映画で使った小道具とか色々展示してあるらしい。

紀伊国屋書店にも行く暇あるかなあ(←結局日本のものが買いたいのは私も同じ)

では、行ってきまーす。



☆    ☆    ☆

ポークソテー、ブロッコリー、マッシュドポテト、海老入りジャンバラヤ
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR