大晦日

午前中、眼科医へ。
4週間緑内障の点眼薬を使ってきたので眼圧の検査。
前回21だったのが15まで下がっており、経過良好。
次は3ヵ月後にチェック。

・・はー、これで、また、一生使わなければいけない薬が一個増えてしまった・・・。
ケアしてれば大丈夫だけど治らない病気、っつーのは色々と面倒だ。

帰宅してホームベーカリーを出してきて餅つき。
一升つけるって書いてあるけどやっぱりそれは無理だと思った。
今回たまたまもち米が9合あったので全部使ってみたが、「つき」モードになると
ふちからあふれちゃってたもの。6合くらいがちょうどいいとこかなあ。

$アラバマ生活雑記帳-お餅作り



つきたてを遅い昼食として家族でぱくぱく。
磯辺巻きとあべかわ。でも黄な粉は私しか食べないのだった。なんでだー。美味しいのにー。

ナナに手伝わせて、日本から取り寄せておいた御節料理を重箱に詰める。
少ないかと思ったが開けて詰め替えてみたら結構量があった。
4人ならちょうどいいか。
紅白カマボコは御節セットに入ってなかったので昨日買ってきておいた。
これ入れないと彩りがねー。

夜はABCのタイムズスクエア生中継の番組を見ながら年越しの天ぷらそば。
おー、今年はなんか正しい日本の年越しをやってる感じ。
と言っても食べ物関係だけだけど。わはは。

今年は3月に家族と実家の皆とハワイへ行ったのがハイライトだったかな。
あれで学校の先生方や生徒達、他のお母さん達とも親しくなれて良かった。
BJが車追突されたりというのはあったけど特にケガも無かったし、
全体としては平和で変わりない年だった。
来年も無事でありますように。

では皆様良いお年を!

スポンサーサイト

旅行後の日常

さきおとといは旅行の洗濯物をひたすらやっつけ、冷蔵庫も空っぽだったので
近くのグローサリーに買い物に。
でもクリスマス明けでまだ品物が入ってないのか、野菜なんかしなしなでひどかった。

おとといはタロウが友達に遊びに来てもらってもいいか、というので了承。
どうせ勝手に遊びまわってるだけで相手するわけじゃないので楽。
むしろお友達が来ててくれたほうが、タロウが退屈しないで済んで助かる。

このお友達のご両親はヨルダンの出身で、今おばあちゃまが遊びにいらしてるとかで
おばあちゃま手作りのバクラヴァをいただいた。うわーい!嬉しー!
バクラヴァ大好きなの。でも買ったのは美味しくないんだ。
このバクラヴァはほんとに美味しかった。作り方を教わりたいくらい。
前にほかのお母さんからやはり手作りのを頂いた事があるが、それより美味しかったな。
やはりこういうのもコツがあるのかしら。

昨日はナナのお友達が2人遊びに来ていた。
私は疲れていたのでお菓子と飲み物の用意だけしておいて昼寝。
母親なんか顔を出さない方が楽しいだろうしねー。
Wiiのスマブラなどやって盛り上がっていたようだ。

今日はさすがにお正月用のお餅も年越しそばの用意もしてないので
1人でBirminghamの日本食品店へ買出しに。
紅白カマボコやきな粉など買って少しは正月気分。
御節は早めに日本へ注文して送ってもらった真空パックのがあるし。

もち米も買ってきたので、明日はホームベーカリー(餅つき機能つき)でお餅作る予定。

でも午前中は眼科へ眼圧検査に行く。
こっちはほんと大晦日とか元旦て言ったって、平日扱いだなー。



☆    ☆    ☆

Costcoで買ってきたマグロで刺身、アラスカから取り寄せたホタテと甘えび、
和風大根サラダ、浅漬け、マーボー春雨、わかめスープ

ただいま~

フロリダ旅行から帰宅しました~。
いやあ、もう、疲れたわーー!!
帰りの飛行機が雪でキャンセルになって一泊のばす事になったり、
でもって振り替えになった便はディレイして空港で延々待つ羽目になったり、
なんかもうスティーブ・マーティンの映画
「大災難P.T.A.(Plane, Train and Automobile)」になるかと思ったー!!

でもなんとか帰って来ました。
旅行記は順次↓にアップしていきます。よろしく!



オーランドー7日目、最終日

朝、天気予報を見ると日中は8℃くらいにしかならないとのこと。
えー!?昨日は26℃あったのよ??なんだそりゃ。
風も強く、体感気温はもっと低くなりそう。

しかし私たちのフライトは夜7時半なので、それまでテーマパークで時間をつぶさねばならない。
念のため持ってきておいたダウンを着込み、マフラーも手袋も帽子も持って完全防備し、
ディズニーのハリウッドスタジオへ。

おととい行った時、ショーのスケジュールをもらってきておいたので研究しておき
今日はサクサクと見て回っていく。

新しいアトラクションの「トイ・ストーリー」のライドはさすがに混んでいるので
朝イチでファストパスを取る。
そしてスター・ウォーズの子供向けショウを見て、カースタントのショウへ。
その後ディズニーの自伝映画をちょこっと見て時間をつぶし、美女と野獣のショウへ。
次はインディアナ・ジョーンズをもう一回見て、ここでちょうどファストパスの時間になったので
トイ・ストーリーのライドへ。

これだけ回り終えて時刻は3時半。

おー。無駄がない!我ながらすごかったわー。効率いいこと。
ガイドブックにでも紹介したいくらいのスケジュールだったわ。

それにしても寒い。寒い。寒い。
風びゅーびゅー。そして大抵のショウは吹きさらしで屋根だけがある屋外シアター。
ベンチはスチールなので冷える冷える。
しっかり着込んでいるので耐えられないほど寒いわけではないが、顔や耳が冷たい!
周りの人はフードつきの綿のパーカ1枚だったりして見るからに寒そう。
私たちのいでたちはもうスキー場状態だったのでBJが
「大げさかなあ?変だと思われるかな。」
と、出かける前に気にしていたのだが私は
「どう思われたって構わないわ、私自身が寒くないことが一番大事!」
と言い切っておいた。うん。間違ってなかったと思う。

昨日までがあったかくてほんとに良かったな~。

一通り見たいものは見たので、とっとと空港へ移動。
おなかがすいたので、チェックインしたあとフードコートで早めの夕食・・・・を食べていたら
出発時刻が7時半から8時半に遅延。
1時間遅れか~、まあそれぐらいなら・・・とウィンドウショッピングしたりして
時間をつぶして待っていたところ、今度は9時5分に延びてしまった。
うわあ、やな感じ・・・・。ほんとに今晩中に飛ぶんでしょうね。

しかし寒いクリスマスなんだな~。
アラバマも各地で雪が降り、バーミンガムにいたっては初のホワイトクリスマスになったとか。
うーむ。
BJの雪男伝説は今回フロリダでは影響無くて良かったなあと思ってたが、
まさかアトランタ空港に雪降らせて帰れなくされるとまでは予想してなかった。
甘かったか。

なんとか9時20分にはフロリダを出発。
1時間のフライトでアトランタ到着。
駐車場に着いたら車が凍っていてドアが開かなかったりあれこれして、
結局家に着いたらもう日付が変わっていた。

・・・あ~~、疲れた!でもなんとか帰って来たわ~~!

オーランドー6日目

というわけでフライトが明日の夜になってしまったので、コンドでのんびり寝坊。

食料を買いに出てみたが、クリスマス当日なので24時間営業のウォルマートすらお休み。
なんとかセブンイレブンを見つけて冷凍ピザを買ってきてお昼に。

夕方からダウンタウンディズニーへ出かけ、ちょっとおみやげ物など買い物してレストランへ。
日中26℃くらいあって冷房をかけてしまったぐらいの陽気だったのだが、
夜になっても半そでで歩けるくらい暖かいのには驚いた。
しかし明日からは寒くなるそうだ。滞在中ずっと暖かかったのはラッキーだったな。

帰ってから荷造り。
明日はちゃんと予定通り飛行機が飛ぶと良いのだが。

オーランドー5日目

快晴。ずっとお天気が良くて暖かいので嬉しい。

今日はディズニーのハリウッドスタジオへ。
以前はMGMスタジオって言ってたけど名前変わったのね。

グレート・ムービー・ライドやバックロットツアー、リトルマーメイドのショーなど見て
その後インディアナ・ジョーンズのスタント・ショーへ。
これはタロウが感激して「もう一回見たい!」と言っていた。
あれ?インディの最初の方の作品って、見せたことあったっけ?
最新作は一緒に映画館で見たけど、昔のは無かったような・・。
そのうち見せてやろう。

夕方からダウンタウンディズニーへ移動。
6時からのシルク・ド・ソレイユのチケットを買ってあるのだ。

写真は開演前の舞台でもNGなので何もなし。残念。

アメリカ式の大掛かりで派手な「リングリング・ブラザース」のサーカスは
何度か見に行ったことがあるが、シルク・ド・ソレイユは初めて。
もっと暗くてフリーク・ショウ(奇形を見世物にするショウ)の雰囲気があって、
ヨーロッパの古いサーカスって感じが良かった。
ジンタもいかにもサーカス、な曲調だったし。
そういえば小さい頃はあのジンタやフリークが怖かったなあ。
動物の芸なんかは好きだったけど、こびとが出てくるのとか大嫌いだった。

開演前に出てくるクラウンはアメリカ風の赤い鼻をつけて大きな靴を履いたピエロだったが、
舞台回しの人たちのいでたちはヨーロッパ風の白塗りクラウン。
この白塗りクラウン4人は単に舞台回しなのかと思いきや、最後にアクロバットをしていたので驚いた。

舞台全体が絵のようで、どのシーンを見ても妖しげで綺麗で良かった。
サーカスというより、芝居かミュージカルのような感じ。
でもあの暗さと物悲しさはやっぱりサーカスだなあ。

あとねー、衣装が全体的にゲイっぽいのが気になった。
女性は中性的な衣装を着せられてて少年のようで、普通のサーカスだったら
おねーさんってのはキラキラしたビキニとか着てめいっぱい露出してるのに
ここは違うんだなあ、と。
男性はやたら半裸が多いしなぜか腰まわりにかわいらしく赤いお花をぐるりとつけてたり。
あの花、必要なの??

あっという間の1時間半で、面白かった。


ショーの後はダウンタウン・ディズニー方面へ行き、適当なレストランで夕食。
スシバーがあったので試しににぎりをいくつか頼んでみたら意外と美味しく、
子供たちがぺろっと食べてしまったので私は追加注文。
スシバーにはなぜかつきもののエダマメもあったので頼んだ。
ちなみにアメリカ人の発音だと「エダマミー」。

私が頼んだ「シノワ・チキンサラダ」は中華の前菜で出てくる蒸し鶏が入っていて、
ワンタンのあげたのがクルトン代わり。味付けは甘酸っぱいドレッシングで
白菜・紫キャベツ・にんじん・大根のコールスローだった。美味しかった。
今度ウチでも真似してみよう。

このレストランで「今晩で最後だわねー、明日の朝は荷造りして出なくちゃ」と言っていたら
BJの携帯に電話が。
エアラインのサービスからで、明日のフライトがキャンセルになり
明後日夜7時の便に変更になった、とのこと。

ええー!?
1日延びちゃうの!?っていうか、夜出発ってことはあと丸2日あるってことか!

急に予定が延びてしまってわたわた。
猫を預けてる獣医に連絡してー、レンタカー延長してー、コンドももう一泊頼んでー、
月曜日に家具が届くのだけど出来たら変更してもらわないとー。
電話するとこがいっぱい。ひゃー。

土曜日出発の予定が日曜日になったわけで、BJの仕事には影響ないからまだ良かった。
しかしキャンセルの理由がアトランタ空港の雪の予報のため、って・・・。
北米全体に大雪の予報ってのは知ってたけど、まさか南部まで影響してくるとは思わなかった。
びっくりだわー。

大分皆疲れているので、明日は1日コンドでのんびりすることに決定。

オーランドー4日目

本日も快晴。20℃以上で暖かい。
先週は寒波ですごく寒かったそうなので、これはタイミング良かったなあ。
以前、2002年にもクリスマス時期に来た事があるのだが、あの時は寒かった~。
今回は暖かくてラッキー。

まずはディズニーワールドのマジックキングダムへ。
もう何回目かなあ。ほんとウチは(というか私が)ディズニー好きよねー。

モンスターズ・インクのショウを見たりバズ・ライトイヤーのライドに乗ったり。
ホーンテッド・マンションは相変わらず混んでいて60分待ち。人気あるなあ。

夕方からエプコットに移動。
スペースシップ・アースに乗ったのだが色々変わっていて驚いた。
ライドの後、乗っている間に撮られた写真を無料で自分のメールに転送出来るのにも感心。
前はこんなの無かったわよねー。

ニモのライドに乗った後、ワールド・ショーケースの日本館へ。
三越があるのでぶらぶらショッピング。
タロウはガンプラがあったのに興奮していたが、値段が高くて買うのは断念。
タミヤのプラモを代わりに買っていた。男の子だのう。

ドイツ館のビュッフェレストランで夕食。
意外に品数が多くて、サラダがたくさんあって嬉しかった。
外食続きだとどうしても野菜が不足しちゃうのよねー。
ヘリング(酢漬けニシン)のサラダが美味しかったな。

ドイツの乾杯の掛け声「Zicke Zacke Zicke Zacke hoi,hoi,hoi」を
ライブバンドの音頭でいきなりやったのだが、反射的に私も「Hoi, hoi, hoi!」とやったら
ナナが「なんで知ってるの、ドイツ行ったことあるの?」と驚いていた。
はい、ありますよー。ミュンヘンのビヤホールでビール飲んだことあるわよー。
大昔だけどね。

$アラバマ生活雑記帳-エプコット


夜9時からの花火のショーを見て本日は終了。

オーランドー3日目

昨日、あまりに混んでいてハリー・ポッターのテーマパークを
ゆっくり見られなかったので、改めて今日もう一度トライすることに。
しかし、日中は混んでいるが夕方以降は空くことがわかったので、
まずは古い方のパークへ。

今日はタロウは歩けると言うので、車椅子は借りず。
あとでつらくなったらいつでも借りられるからね、と言ってはおいた。
でも昨日より見ていてもはるかに楽そうに歩いているので、良かった~。
このまま回復するといいのだが。


ユニバーサルスタジオにはかつて93年の冬、まだ子供たちが生まれる前、
オハイオ州クリーブランドに住んでいる頃BJと2人で来たことがある。
記憶ではもっと「映画のセット」なストリートがメインで、
そこの前で記念写真を撮れたりしたのだが今回はそういう場所が減っていた。
ルーシー・ショウのアトラクションも無くなって単なる記念館になっていたし、
色々と時代は変わったのだなあと実感。
まあそりゃそうか。
ルーシーなんて私の父母が見ていたTVだもんね。私だってうろ覚え。

ビートルジュースのショウ(80年代のヒット曲のショウなので、タロウは大喜び)を見たが、
私はビートルジュースを仲間が「BJ」と略して呼ぶのにたまげた。
そうだよなあ、アメリカ人。アラディンだって「アル」って呼ぶもんなあ。

その他、映画に使われた動物のショウを見たり。
猫なんかどうやって仕込むんだろう。犬やインコならまだわかるが。
豚ちゃんがかわいかった。
暖かいので外のショウでも待つのが楽でよかった。

ターミネーターのアトラクションがあったので見に行ってみた。
前に見たような気もするが私もBJもあまり記憶になく。
タロウは私の解説つきで映画のターミネーター1と2を見たので興味津々。

「スカイネット」を作る企業の見学ツアーという設定で、
最初に待合ロビーで色々未来的な企業の業務についてビデオを見せられる。
このアトラクションができた頃にはまだ「未来のこと」だったのだろうが
今見ていると「宇宙のサテライトから地上を走っている車のナンバープレートを照合する」とか
「南の島でバケーション中の外科医が、遠く離れた手術室での手術を行う」とか
今現在実際に使われている技術が多くて驚いた。
もう「SF映画」は「未来」のことではなく、「現在」の話なのだな。

このアトラクションはターミネーター2の続き、という話で
でも映画になった3とは違う設定だった。
そうだよなー。2までは面白かったけど、3は面白くなかったもん。
タロウには3は見せてないのだが、2までは私の解説つきでしっかり見せたので
このアトラクションも面白かったらしい。

「ほんものだったね!」

と興奮していた。
ライブアクションはもちろんパークのキャストが演じているのだが、
ビデオで流れる部分はちゃんと映画のサラ・コナーと息子のジョンが出ていたからだ。

このアトラクションを見て思った。
3も、この面子で作ってたら面白かっただろうになー・・・・。
だって2の美少年エドワード・ファーロングがさー、3のあのおっさんになるかあ!??
納得いかないわーーー!!
おっかけてくる女ロボットだって二番煎じだし。

次にハリー・ポッターのあるアドベンチャー・アイランドに移動する前に、
シティウォークにあるエミリールのレストランで夕食。
エミリールはアメリカのTVシェフ。
TVで自分の料理番組を持ちながらレストランなども経営している料理人だ。


アラバマ生活雑記帳-スカラップ
↑ナナの頼んだホタテ料理。分けてもらったがなんかホタテがカマボコみたいな食感だった。

アラバマ生活雑記帳-フィレミニヨン
↑BJの頼んだフィレ・ミニヨン。おいしかったそうだ

アラバマ生活雑記帳-ポークチョップ
↑私の頼んだポークチョップ。日本人なら3人前はありそうな大きさでびっくり。でも、中まで
ちゃんと火が通っていたのにはさらにびっくり。どうやって焼くのだろう?オーブンなのかな??


食後、夕方になって少し空いてきたので、ハリー・ポッターのテーマパークに行く。
ライドなどはもう気が済んでいるので、チョコレート・フロッグを買いにスイーツショップへ。
10分ほど待っただけで入れた。

期待して入ったのだが、中はチョコレート・フロッグだけが目玉で
あとは普通のアメリカの駄菓子だったのでがっかり。
なーんだ。もっとハリー・ポッターな世界のお菓子とか、
あるいは(まずいにしても)イギリスなお菓子があるのかと思ってたのにー。

外のスタンドでパンプキン・ジュースを買う。
ナナいわく「パンプキン・パイみたい」な味だというので飲んでみたが
どちらかというとアップル・パイの味だった。

成分を見たら1番多いのがアップル・ジュース。
そしてパンプキンのピューレだと書いてあるので、さもありなん。
飲んでみるとシナモンやナツメグのきいたアップル・パイの味で、
でもあとでパンプキン・パイみたいな味がするのだ。
パンプキンばっかりのジュースじゃウケなかったんだろうな。

まずくはないが甘いので、ひとくち味見したら充分、って感じ。
タロウもナナもひとくち飲んでギブアップしていた。

帰ってチョコレートフロッグを早速開けてみた。
カードが入っていてそれっぽいのはいいのだが、カエルが・・・・
・・・・重い。
みっしりとソリッドチョコレート。すごいボリューム。
日本だったら中を空洞にして、何かオマケでも出てくるようにすると思うんだけどなあ。
がっちり中までチョコよ。とてもじゃないが歯がたたん。

今日も良く歩いて、もう足が痛い~!
私が車椅子借りたいくらいだわ。
ユニバーサルはもう堪能したので、明日はディズニーへ行く予定。

オーランドー2日目

本日は今回の旅行のメインイベント、ユニバーサルスタジオのハリー・ポッターアトラクションへ。

しかし、昨日からタロウが「足が痛い」と言い出し、見てみると全体に腫れて熱をもっている。
なんだこりゃー、筋肉痛じゃなさそうだし・・・風邪のばい菌が筋肉に感染して炎症おこしたか?
という状態だったので、鎮痛剤をのませてBen Gayを塗って寝かせた。

今朝になっても痛くてとても歩ける状態ではなく。
12ドル払ってユニバーサルスタジオの入り口で車椅子を借りた。
だってこれで無理して歩いて、明日以降もっとひどい状態になったら目も当てられないでしょう。
こちらでは、歩こうと思えば歩けるけど車椅子を借りてる、という人も多いので特に抵抗は無いし。
タロウはちょっと抵抗したが実際乗ってみたら楽だったらしく、おとなしく乗っていた。

天気は快晴、日中は20℃以上でひなたにいると暑いくらい。

入園すると「ハリー・ポッターはこちら」と看板を持った係員が。
地図で見るのと反対方向なのだが、多分そちらに何かあるのだろうと指示に従う。
ユニバーサルスタジオ自体久々だしカリフォルニアのと記憶がごっちゃになっており、
BJと「あれがあったよね、これがこうで」と話すも何もかもわけわからん状態。

ジュラシック・パークの入り口付近でハリー・ポッターの入場時間指定チケットをもらう。
アトラクションのファストパスか?と思いきや、なんとハリー・ポッターの
パーク全体への入場制限をしていて、チケットが無いと入れないのだった。

指定時刻が1時間半ほど先だったのでその辺をぶらぶら。
ナナはヘナのタトゥーを入れてもらった。



$アラバマ生活雑記帳-ホグスミード入り口
↑ホグスミードの入り口。ここで入場制限されており、チケットが無いと進めない。


$アラバマ生活雑記帳-ホグスミードと汽車
↑ちらりとホグワーツ・エクスプレスの汽車が見える


$アラバマ生活雑記帳-入り口の看板
↑入り口にはこんな看板が


$アラバマ生活雑記帳-汽車
↑中に入るとまず汽車がある


アラバマ生活雑記帳-人混み


アラバマ生活雑記帳-ホグスミード町並み
↑ホグスミードの町並みと人混み。屋根の雪は作り物。


人混みがものすごくてなかなか先へ進めず、こりゃすごいねと言うとナナがぽつりと

「いや。コミケのほうがすごい。」

と言ったのでふきだす。コミケすげえ。

まずはオリヴァンダーのワンド・ショップへ行ってプレゼンテーションを見て、
おみやげを買う。
と書くと簡単そうだが、実はショップに入るだけで1時間以上並んだのだ。
ひー。忍耐力が鍛えられるなあ、テーマパークって。修行のようだ。

タロウはハリー・ポッターバージョンのワンドを買った。
これがなかなか良く出来ていて、重さがあって持った感じがいいので感心。
こういうとこもこだわったんだろうなあ。


坂を上っていくといよいよホグワーツが見えてくる。


$アラバマ生活雑記帳-ホグワーツ


この城の中がライドになっていて、60分待ちと出ていたのだが
タロウの車椅子のおかげで優先的に入れてもらい、20分ぐらいで乗る事が出来た。らっきー。

さすが最新アトラクションだけあってすごい迫力。
でもハリー・ポッターシリーズの怖いとこが強調されてるライドだから
あまり小さい子だと泣くんじゃないかしら。
と言っても身長制限があるから、あまり小さいと乗れないので大丈夫かな。

お腹が空いたのでセルフサービスのレストランで昼食。
バタービアを売っていたので頼んでみた。

$アラバマ生活雑記帳-バタービア
↑向かって左側がバタービア、右は普通のレモネード


ちゃんとビールのような泡がたっていて弱い炭酸なのだが、とにかく甘い!
キャラメル味のソーダ・・・・・って感じかなあ・・・・。
まあイメージ的にはそこそこ合ってたけど。

食事は意外とちゃんとしたスペアリブやチキンで、思ったより美味しかった。
遊園地ごはんにしては上等。

チョコレートフロッグを買いにスイーツショップにも寄りたかったのだが、
何しろ混んでいてどうしようもないので明日改めて来ることにして引き上げ。
いやー、足が疲れたー!

夕飯は中華のテイクアウトを買ってコンドで食べておしまい。

オーランドー1日目

クリスマス休暇なので家族全員でフロリダ州オーランドーへお出かけ。
我が家は旅行大好きチームなので、今回の旅行も5ヶ月くらい前から企画。
つか、夏休み旅行が終わると「次どこ行く~?」だし
クリスマス旅行が終わると「来年の夏はどうする~?」なもんだから
いつでも次の旅行を考えているような感じ。

今回のメインはなんと言ってもユニバーサルスタジオに新しく出来た
「ハリー・ポッター」のテーマパークである。

本日は朝7時に家を出発、アトランタから飛行機でオーランドーへ。
以前2回使った事のあるコンドミニアムに宿泊。
3ベッドルームあるしキッチンもリビングもあるので1週間の滞在でも楽。

$アラバマ生活雑記帳-ユニバーサル入り口


荷物を置いてユニバーサルスタジオのシティウォークへ。
ちょっと早めの夕飯をババ・ガンプで食べる。

アラバマ生活雑記帳-ババガンプ4

アラバマ生活雑記帳-ババガンプ3

アラバマ生活雑記帳-ババガンプ2

アラバマ生活雑記帳-ババガンプ1



食事後、ブルーマン・ショーを見に行く。

ブルーマン・ショーはTVでちょこっとさわりを見ただけだが
結構面白そうだったので期待していた。
でも、食べ物を使ったギャグが多くてちょっと私はげんなりだったかも。
なんつーか、小学生男子が喜びそうなお笑い。
喋らずに3人でやってるもんで、段々見てるうちにドリフのギャグに見えてきたりして。
もっとパーカッションのパフォーマンスが多いのかと思ってた。

ちょっと期待が大きすぎたかなーという感じだったが、まあそれなりに面白かった。

気温は日中24℃くらいで、夜でも暖かい。
先週すごく寒かったとTVで見ていたので念のためダウンジャケットも持って来たが、
全然必要なさそう。良かった。




☆     ☆     ☆

ババ・ガンプでエビフライやらシーフード三昧





お出かけします

では、フロリダに行って来ま~す。

多分あちらでは更新出来ないと思うので、次回更新は1週間後です。

ちょっと早いですが、Merry Christmas!

思った通り

案の定、昼に送ってもらって帰宅したタロウは具合悪くなっていてダウン。
はっはっは。
そんなこったろうと思ってたよ母は。
母にはわかってるのだが、本人にはわからないのねえこれが。

風邪というか疲れだろう、熱はさほど無くて頭とおなかが痛いというので
市販の風邪薬と解熱鎮痛剤をしこたま飲ませて寝かせる。
今日明日寝てりゃあ回復するだろう。

まあこれは私の思惑通りといえば思惑通り。
昨日の時点でお泊りはダメ、帰って来いと言えば今日はまだ元気だったろうが、
そうなるとお隣のアミーン達と遊ぶに決まっている。
そして今日明日と調子良く遊んで、さて出発の月曜日にダウン・・・・
となりかねないなあと思ってたのだ。
だから今日ダウンしてくれたのはむしろ喜ばしい。

なんて思っていたらやっぱり昼すぎにアミーンからお誘いの電話。
もちろん具合悪いからと断ったが、やれやれ。

アメリカ各地の友人達からちょこちょことクリスマスカードが届く。
ナナに、アメリカ在住ドイツ人の友達からのドイツ語のカードを見せてやったら

「なんでママは、そんなに色んな国のお友達がいるの?」

と訊かれた。

あー、まあそうだわねー、不思議だよね。
ざっと思い浮かべるだけでもフランス、ドイツ、オーストリア、フィンランド、ノルウェー、
トルコ、ルーマニア、ポーランド、ロシア、カザフスタン、台湾、韓国、インド、
パキスタン・・・・て、我ながらすごいわ。

オハイオ時代にインターナショナルウィメンズグループで知り合った人達もいるし、
イギリス時代からいまだに連絡を取っている人達もいるし
アラバマに来てから知り合った人もいる。

日本にいたらこんなに色んな国の人と触れ合う事は無かっただろうし、
ほんと面白い体験させてもらってるなー。

トルコの友達や、BJのノルウェーのお友達にいつか会いに行ける日もあるだろうか。



☆   ☆   ☆

エビ入りジャンバラヤ、BBQウイング、フレンチフライ、ロメインレタスのサラダ

クリスマス休暇

今日からタロウとナナはクリスマス休暇。
年明けの5日に始業なので、アメリカの冬休みとしては長い方だと思う。


タロウは仲良しのクインのおうちに遊びに行かせてもらった。
私も一緒にちょっとお邪魔してお母さんのダイアンとお喋りしてきたが、
お互い高齢ママなので話題はすぐに持病のことに。

こないだ目の検査してもらったら緑内障って言われて~、と私が話して
あれこれ説明したらダイアンが

「うちの伯母も緑内障で、ずっと毎日2回点眼薬やってるのよ。」

と言った。

・・・・・例の、103歳の伯母様ですね。

つーことは103歳になっても目薬使ってれば見えてるってことで、
そりゃ私も「死ぬまで見え方に特に不自由は無いですよ」って目医者に言われるわけだわー!
目が見えなくなる前にケリがついてそうよね普通。

ああ心強い。

私は買い物やら家事があるので一足先に失礼した。
夕方タロウから電話があって「このままお泊りしてもいい?」
うーむ。月曜から旅行だし、ちょっとセキが出てたし気にはなるが・・・
土・日寝かせておけばなんとかなるか。
ということでOKを出す。

その後パジャマだの寝袋だのを取りに戻ってきて、また意気揚々と遊びに出かけて行った。


ナナは
「試験は終わったし~、タロウくんはいなくて静かだし~、ああ、いい金曜日だ」
とのんびり。
はっはっは。退屈した弟にまとわりつかれると鬱陶しいもんね。
あなたにも良い骨休めになったようで。



☆    ☆    ☆

アラスカのFAVCOから取り寄せた刺身(まぐろ、ホタテ、甘エビ、うに)
いんげんの胡麻和え、きゅうりの和え物

保護者面談

タロウの担任の先生と保護者面談。
ナナはとにかく問題の無い子で、面談といっても何も話す事が無いくらいだったから
行くのも気楽だったがタロウはそうはいかない。
今回も思った通り、読解力はまだまだ努力が必要と言われてしまった・・・・・
そうなのよねえ・・・。

ナナは放っておいても本を読む子だし、バイリンガルで育てていても
ボキャブラリーには問題無かったからなーんにもしなくて良かったのだけど
タロウは放っておいたら本なんて絶対読まない。
だからボキャブラリーも増えない。
これはもうその子の向き不向きなんだろうけど・・・・算数にしたって(文章題があるから)
国語力がまず必要だし、理科だって言葉の意味がわからなければ一体何を勉強してるのか
理解出来ないわけで。小学生のうちはとにかく国語が重要なのだ。

生活態度やお友達との関係ではもう全然心配ないようなのだけど、
やはりもうちょっとお尻ひっぱたいて読書させなきゃなあ・・・。
日本語はもうあきらめたのだから、せめて英語ぐらいは人並みに出来ないとしょうがないでしょう。

頭痛いわー。



☆    ☆    ☆

鳥手羽の煮物、コーンサラダ、お好み焼き

超寒い

北米全体に寒波が来ていて、アラバマも超寒い。
昨日、一昨日は雪がちらほら降り、最高気温はマイナス1℃だった。

来週フロリダに行くのだが、ニュースでフロリダも寒くて最低気温の記録更新をしたとか言っていた。
やだー。寒いのやだー。
もっとも、この寒さも金曜日あたりからは平年並みに戻るらしい。

ナナは今日から期末試験。
本人いわく「範囲が広すぎて今更詰め込みとか出来ない」そうで、特に試験勉強などはせず。
普段の勉強が大切ってことねえ。
だから彼女は試験期間中、学校は早く終わるし宿題は出ないしでむしろ普段よりのんびりしている。
試験は120分の制限時間に設問が120個以上あったりして、1問1分以下で答えねばならない、
というのが多いそうだ。考えてるヒマは無いのね。
そう話したらBJが

「医者の試験も全部そうだよ」

へー、日本だと設問数ってすごく少なくて、じっくり考えたりする余裕があるけど
アメリカはそうじゃないのかー。面白いな。

タロウも今日から短縮授業でお昼で終わり。
午後は先生方は保護者面談がある。私達の面談は明日の午後。
やだなー、何言われるのかなー。
今年はサイエンスの成績がアップダウン激しいからなあ・・・。
去年ひどかった英語(国語)はそこそこ平均して点数取れるようになってきたのだけど。
でもサイエンスも何故点数が取れないかというと、語彙の問題みたいだし。
結局のところ国語の力が必要ってことかなー。

ちらほら友達からクリスマスカードやレターが届く。
Birminghamでお世話になった82歳と80歳のご夫婦からのレターは出だしが

「まだ2人とも生きてます!」

だったので噴いた。お元気そうで何より。




☆    ☆    ☆

回鍋肉、豚肉しょうが焼き、ほうれん草のナムル、けんちん汁、明太子

お疲れ様でした

今日は午後2時から、タロウの小学校で4~6年生によるクリスマス音楽発表会。
1年生から全部一緒にやると、親もすごい人数になるし子供たちも長くて飽きてしまうので
たいてい1~3年生の発表と4~6年生は分けている。いいアイディアだと思う。
小さい子の発表も見ればそれなりにかわいくて楽しいが、
結局のところ親の見たいもんはわが子の発表しかないわけなのだから。
わかりやすいよなあ。

今日の発表では各学年が2曲ずつ、学年で選んだクリスマス関連の歌を歌う。
タロウたち5年生はどういうわけだかタロウが弾くギターに合わせて
「Deck The Hall」を歌うというので、早めに行ってビデオカメラもスタンバイして待機。
30分も前に行って三脚たててビデオカメラスタンバイって、
どんだけ子煩悩な親馬鹿なんだか・・・と内心恥ずかしいものはあるが、
でもここで撮っておかないと2度は無いんだしねえ。

4年生の歌が終わり、タロウ達5年生の歌が始まった。
1曲目は普通のクリスマスソング。
それが終わるとタロウが舞台はじに移動し、自分のアコースティックギターを構えて
「Deck The Hall」の前奏。

皆が「Deck The Hall」をワンコーラス歌うとタロウの伴奏が変わり、
Trainの「Hey, Soul Sister」になった。
あれ?と思ったら、その曲に「Deck The Hall」の歌詞を合わせて
うまいこと子供達が歌うのだ。

わははは、これ、すごいわ~~!
うまい!!
良く歌詞がちゃんと合ったねえ!??

子供達もノリノリで、うまいことちゃんと歌っていた。
わー、これはえらい。びっくりだ。
先生が、「楽しみにしててくださいね!」と言ったわけだわ。
音楽の先生からすれば、生徒達が自主的にこういう歌をやりたいと言って、
生徒が伴奏をして一緒に仕上げるなんてほんとに楽しい事だっただろうしなあ。

そしてタロウは朝シャンをして(髪が多くて硬くいつも寝癖がひどいので、今日は朝早く起きて
シャワーを浴びてから登校した)、本番の演奏もちゃんとやってくたびれたのだろう、
帰宅して夕方5時頃から2時間ぐらいソファでいびきをかいて寝ていた。
お疲れさん。偉かったねー、上手でした。ほんとに。




☆    ☆    ☆

トンカツ、ゆでブロッコリー、残り物色々

まつ毛途中経過

例の緑内障治療点眼薬を使い始めて2週間。

BJが

「どう?まつ毛、長くなった?」

と聞くので

「長くなったというより、濃くなった感じ・・・・・


目が毛深くなった。」


と言ったら

「それは、やだな!」

と言われた。

でもほんと、毛深くなったというのは冗談だけど濃くなった感じはする。
まつ毛の一本一本がしっかりしてきたというか。
マスカラつけてなくても、マスカラ塗ってるみたいに見える。
下まつ毛もびっしりになってきたので、アイライン入れなくてもいいというか。
ま、40過ぎのおばさんのまつ毛が少々伸びたところで、大勢に影響は無いんだけどさ~。ははは。




☆    ☆    ☆

冷凍パスタ(エビとアスパラガスのペンネ)、牛たたき、ロメインレタスのサラダ

終わった~

ナナ達中高生のクリスマス発表会終了。

・・・あ~、終わった終わった~~~ぃ!

って、感じだな。実を言うと。

今週はほんと、スタッフ側として参加していて忙しかったし、
それなりに「だ・・・大丈夫か!?こんなんで??」とか不安になってたし。
それが全部終わって、ほんと、あーやれやれ、って感じ。

でもまあ、自分が「出る側」で関わっていると、子供のちぃちぃぱっぱを
ただ見に行く側よりもずっと面白いのは確か。
時間もあっという間に過ぎるし。

私は全部で6曲の合唱曲を伴奏したのだが、どの曲も一箇所ずつくらいは
失敗したとこが・・・・(汗)
でもお客さんはどーせ初めて聴く曲だし、普段合わせていて慣れている生徒達と
指揮の先生しか失敗なんてわかりゃしないわー、と開き直ってるからそこは大丈夫。
ただ、弾く前にはやはり緊張した。
それは「私自身の発表なら私の失敗で済むが、これは子供達の歌の伴奏だから
私がコケたら子供達の歌もコケるわけで、私ひとりの失敗という話では済まない」せいだ。
私の失敗が全体の出来に影響するー!と、思ったら緊張するわよっ!!

幸いというかなんというか、失敗しても大勢に影響は無いあたりでの失敗だったし、
子供達の歌にも影響は無かったので良かった。
・・・ああもー、てのひらに汗かいたわよーーー!!

帰宅して、同じく出る側だったナナが
「私の声、聞こえてた?」
とか聞くもので、2人で一緒にビデオの鑑賞会。
歌ったり弾いてる側だと、客席からどう聞こえてるかわからないんだよね。

お互い「あー、あそこのミス、大してわかんないな」とか
「マイクが良く入ってないね」とか「○○ちゃんは上手い」とか言いながら鑑賞。

ナナが先生にポロッと「うちの母はピアノ弾けますけど?」と言ったせいで、
というか言ってくれたおかげでピアノ伴奏というボランティアをするようになった私だが
こうしてナナと一緒に今回の演奏はあーだったとかこーだったとか、
合唱にしても何年生は真面目でやりやすいとか何年生は集中してなくてダメだとか
そういう話が一緒に出来るのはとても嬉しい。
ただ、今の勢いでいくとどうもうちの子たちがこの学校を卒業しても
この町にいる限りピアノ伴奏をさせられそうな予感がするってのが・・・・・




☆    ☆    ☆

鮭ハラミのスモーク、サバの味噌煮(レトルト)、ほうれん草のディップとクラッカー、
クリームチーズとイクラのせクラッカー

セント・ニック?

アメリカ人は結構コトバを略して喋ると思う。
イギリス人が一切省略しないのとは対照的。

オペレーションルーム(手術室)はOR(オーアール)だし
フィジカルエデュケーション(体育)はPE(ピーイー)。
コングラッチュレーションズだって最近は「コングラッツ!」とか言ってるし。

人の名前もしかり。
トーマスならトム、ザッカリーならザック、ウィリアムはウィルとかウィリーとか。

このところ必要に迫られてクリスマスソングを練習している私だが、
その中の一曲に「セント・ニック」が出てくる歌がある。
BJに

「サンタ・クロースを略してサンタ、ってのも良く考えたら失礼だけどさ、
聖ニコラスを縮めてニックって呼ぶんだもんねー。」

と言ったら知らなかったそうでたまげていた。

そうなのよ。
ニコラスだから、ニック。どこのあんちゃんや。

サンタは日本でもサンタだけど、まさか聖ニコラスはニックにはならんだろうなー!??

ドレスリハーサル

本日も午後2時半から5時まで学校にてウィンターコンサートのリハーサル。
その間タロウはタロウでサイエンスオリンピックの練習やら家庭教師やらバスケの練習やらで
忙しいので、その辺の送迎は全部BJに頼む。
早めに頼んでおくと仕事のスケジュールを都合してくれるのでほんとに助かる。
今は自分がボスだからね。昔は下っ端だったので予定がたたず、大変だったが。

本番の流れ通りにやってみる・・・・のだがもう毎度のことながらグダグダ。
こんなんで大丈夫かー!??といつも不安になるが、これが本番となるとなんとかなるのよねえ。
不思議。皆の気合が違うからか。

パフォーミングアート(演劇・歌・楽器演奏など)の責任者の先生が私のところへ来て

「タロウから聞いてるとは思いますが、今度の小学校の音楽発表で
彼がギター弾いてくれるんですよ!今までで一番すごい発表が出来ると思います、
私もすごく興奮してるんです!」

とおっしゃってくださった。

そう、今週金曜日は中高の発表会だが、来週月曜に小学校の発表もあるのだ。
そちらではタロウがソロでギターを弾いて、皆がクリスマスソングを歌うというのをやるらしい。

私がピアノ伴奏、ナナが合唱とバンド、タロウがギターときてるので先生は

「音楽の才能は、あなたのファミリーの血に流れてるんですね!」

と何やら感動しておっしゃっておられたが・・・・いやいやいやいや、そんなことないですって。
そりゃまあ音楽は家族全員好きだけど、才能なんてもんは・・・・。

ひとつだけ、私が気をつけてた事はあるからその効果は出てるかな。
それは、子供達にハズレた音程を聞かせないようにしていたこと。
微妙に音程のくるったオモチャのピアノとか、そういうものは一切与えなかった。
聞かせるCDも、上手な歌手のものとかNHKの番組の童謡とかそういうのだったし。
おかげで2人とも音楽の先生に必ず「耳がいい」とほめられる。
まず耳できちんと音程が取れないと、歌うにしても楽器を演奏するにしても
くるっているかあっているかわからないわけで、耳は大事なのだ。
絶対音感とかいうのが前に流行ったが、そういう才能もあるだろうとは思うけど
一般人でも生まれた時から訓練していればある程度の音感はつくということだ。
でもこれがいったんくるった音程で覚えてしまうと、直らないのだ。

おかげでナナも楽器を弾く時チューニングするのに苦労したことはないし、
歌でアルトパートを歌ってハモるのも上手。
タロウもギターのチューニングが出来るし、演奏を聞き取って真似るのも上手い。
耳が良いのはアドバンテージだなーと思う。

明日のコンサートでナナは合唱のアルトパートを歌うが、彼女の後列にいる女子が
音痴なのだそうだ。

「後ろから彼女のハズレた声が聞こえるからさー、もう、やりにくいったら。」

とぶーぶー言っていた。

あー、そりゃー・・・やりにくそうだ・・・。
でも本人は気づいてないらしい。
うーん・・・・そこらへんも、まあ・・・大変よね・・・。
がんばってくれたまい。




☆    ☆    ☆

朝のうちに仕込んでおいたクリームシチュー、ディナーロールとレバーパテ

リハーサル

いよいよ金曜日に本番が迫ってきたので、今日と明日は放課後学校で通しのリハーサル。
当然私も行ってピアノ伴奏する。

オープニングの挨拶があり、ビギナー達の合奏・合唱、寸劇、上級生の合唱、寸劇、
というふうに細切れで演目が変わっていくので流れや動きをつかむのが大変。
私もどこでピアノのところへ行って待機すればいいのか、プログラムを見て考えねばならん。

合唱曲は全部で6曲。
ビギナーが3曲、上級生混声合唱が1曲、女声合唱が2曲歌うが私は全部伴奏を弾く。
暗譜しないでいいだけ、まだマシだけどね・・・。

ビギナーの方はかなり一緒に練習してるので大体仕上がってきている。
が、女声合唱のクリスマスキャロルメドレーがひどい。大丈夫かなあこれ。
そういえばほとんど通しで合わせた事なんて無かったもんね。
普段合唱の先生はきちんとピアノ伴奏をしないで歌わせるので、歌は休んで
ピアノ伴奏だけが入るところとかが生徒達はわかってないようだ。だいじょぶか。

ナナはビギナーバンドのお手伝いで鉄琴を演奏し、自分の上級生バンドではサキソフォンを吹く。
コースとしては選択していないのに何故か合唱のアルトにも参加。
上級生バンドは「ポーラー・エクスプレス」のメドレーをやる。楽しみ。


リハーサルを終わって学校を出たらもう5時半で真っ暗。
日中も2~3℃までしか上がらずむちゃくちゃ寒いので、夜はカニ鍋に決定。
やっぱり寒い時は鍋だわね~。



☆    ☆    ☆

カニ鍋(白菜、ネギ、豆腐、モヤシ、トック、スノークラブ)

弁当

ナナ達の学校のランチは、マクドナルドやChick-Fil-Aからの出前だ。
チキンナゲットにリンゴとか、チーズバーガーにヨーグルトなんてメニュー。
ヘルシーじゃないしパターンも少なくて飽きてしまうから、うちの子達は
ここ2年ぐらいは大体弁当を持って行っている。

サンドイッチと果物とか、冷凍パスタにサラダ添えくらいの手抜き弁当も良く作るが
(注・アメリカ人の弁当からすればこれでもすごく手のかかってる弁当なのだ)
日本式にミニハンバーグとポテトサラダ、彩りにブロッコリーやプチトマトを入れ、
ラップにくるんだおにぎりを持たせることもある。
おにぎりは友達に好評だとかで、3個持たせても2個友達に食べられてしまったり、
なんてこともあるそうだ。
からかわれたりイヤがられたりしてるんじゃないんだから結構なことだ。

しかし、日本のブログなど見ているとすごく凝った「幼稚園児のお弁当」だとか
「キャラ弁」がいっぱいあって驚く。

・・・・疑問なんだけど、弁当の写真見て「これってフタ閉まらないんじゃないか?」と
思うのは私だけ?
容器からレタスがひらひらと周りに出ていたり、どう見ても容器の深さよりも入ってるおかずが
大きかったり・・・・・。
写真撮ったあとに調整するのかしら。

それから、幼稚園児の弁当箱なんてほんっとーに小さいのに、どうやればあんなに
おかず何種類も入れられるの!?
ひょっとして大人用のドカベン使ってんじゃないの?ってくらい色々入ってるのだが。
私がやるとせいぜいおかず3種類か多くて4種類くらいしか入れられませんわよ。

そして思うこと。

「キャラ弁作るお母さんの子供ってのは、幼稚園カバン振り回して歩いたりしない子なんだろうなー」


タロウなんて弁当バッグを渡すと平気で上下逆さまにバックパックに突っ込んだりするので、
とてもじゃないがキャラ弁なんて作ってられませんわ。
キャラが、食べる頃には惨殺されてること必至。

明日はタロウは遠足に行く。
さてどんな弁当持たせようかな。



☆    ☆    ☆

ナスと豚肉炒めのみぞれがけ、鳥のからあげ(明日の弁当用も兼ねて)、キュウリとワカメとカニカマの酢の物、白菜スープ

鳥の巣

ここ数日で急に寒くなってきた。朝は氷点下。

そのせいだろうが、2~3日前から小鳥が1羽うちのガレージで夜を過ごしているらしい。
朝ガレージを開けると急いで外へ飛んでいく姿を見かけていたが、
今朝など私がなかなかガレージを開けなかったら「ピャッ!!ピャッ!!」と鳴いて
「開けろ」と催促してきた。コラ。人に慣れすぎでしょうアナタ。

まあねー、鳥も寒いからしょうがないわね。

前はそういえばガレージの棚に置いてあった空き箱に、鳥が巣を作ってタマゴ産んでた事もあったな。
巣箱を設置してやっても入らないのに、困る場所にはすぐ入るのね。


今週は毎日学校へ行ってピアノ伴奏。
金曜日の夜はいよいよウィンターコンサートの本番だ。
今回は6曲弾く予定。大きなミスしでかしませんように。



☆    ☆    ☆

昨日の残りでカレーうどん(久々だったので美味しかったー)

五?六?八?

豚の角煮を食べながらBJが

「・・・あ、これって六角入ってる?」

と聞いた。

惜しい。

それは八角

2角足りなかったわねえ。

そしてちなみにその角煮に入れたスパイスは五香粉でした。




ところでナナ達のバンドの先生は今、がんの治療のためテキサスにいる。
奥様のブログやFacebookで、ここ6週間ほどやっていたキモセラピーの効果が無く、
むしろ腫瘍が大きくなってしまったというのを読んだ。

違う薬に変えて、更にキモセラピーを続ける予定だそうだ。
その後、4月頃に放射線治療と外科手術を受けることになるとか。

というのをBJに話したら

「でも、4月まで待ってる間にまた腫瘍が大きくなっちゃうんじゃないか?」

と言う。

「そうよねー、さっさと切って取ってしまえばいいのにと思うわよね。」

と私が言ったらBJがものすごくびっくりした顔をした。
なんか変な事言ったかしら?と思ったら

「外科医の考え方だな!」

だと。
うわ、そう言われてみればその通りだ!
さすがに外科医と20年も付き合ってると、考え方も外科になってきちゃうんだわね。
外科は何しろ「切って取っておしまい」にしたがるが、
内科はまず「投薬で様子を見る」方針だからなー。
「そんなまだるっこしいことやってられっかっ」というのが外科。
体育会系と文化部系くらい違う。

まー私も基本的にばっさりすっきり早いとこカタをつける方だからなー。
根が外科系なのねえ。
しかし自分でもびっくりしたわ。


☆    ☆    ☆

冷蔵庫在庫一掃カレー(トマトペースト入れてみたら美味しかった)、チキンマサラ

宿題ビデオプロジェクト

昨日突然ナナが「明日、友達がウチに来て宿題のビデオ作ることになったんだけど、いい?」と聞いてきた。
BJも当直の週末だし特に予定も無いからいいわよと言っておいた。

なんでも、フランス語の授業の宿題で、フランス語で映画の予告ビデオを作るのだそうだ。

・・・へえ~。
私なんて日本語と英語だけでアップアップしてるのに、その上フランス語かあ。すごいなー。
そういえばナナはラテン語もやってたんだっけ。4ヶ国語か。
最近はドイツ人の先生の影響で、ドイツ語にも興味あるらしい。

午後から男女4人が我が家に来て何やら外でビデオシューティング。

2時間ぐらいで終わり、あとは編集作業を男子の1人がやってくれることになり解散。

その後ナナは男子達2人と一緒にモールへ映画を見に出かけた。
男子の1人が自分の車で来ていたので乗せて行ってもらったのだが、
多分やるんじゃないかなーと思っていた私の予測どおり、うちのドライブウェイで
バックする時うちの庭園灯を壊し、庭木にぶつけていた。やっぱりねー。
うちのドライブウェイは、入ってくる時は気がつかないのだがちょいと曲がりくねったデザインなのだ。
まっすぐ下がろうとすると舗装から外れて庭木のほうへ寄ってしまう。
私も実は前に菊の茂みを車で踏んづけたことあるもん。
免許取って1年かそこらの子じゃ、多分うまく出られないだろうなあとは思っていたんだ。
長いしね。距離も。
デザインとしては曲がりくねってるのは洒落てるのだろうけど、実用的じゃないわなあ。
素直にまっすぐにしといてくれたら良かったのに。

庭園灯は前から壊れていたものだから構わないし、庭木も無事。
でもその子の車は後ろのライトのカバーが割れてしまったらしい。気の毒に。
まあそうやって運転覚えていくもんだわ。しょうがない。

タロウも映画に行くかと聞いたら興味ないというので、時間つぶしにBJも一緒に
近所の家電店へ。
友達と作った歌を撮ってPCに取り込みたいというので、録音用マイクを少し早めの
クリスマスプレゼントとして買ってやった。
そう、我が家はついに今年からサンタさんは来ない事になったのだ。ちょいと寂しいが。

帰宅してタロウはマイクに夢中。
ちなみにこれ、日本製で、説明書は日本語と英語で書いてあった。
おお、これなら私でもわかりやすい。

ナナは映画を見た後皆でちょっとモールをぶらぶらして、夜7時過ぎお迎えに来てコール。
いいなー、アメリカのティーンエイジャー、って感じよねえ。

ちなみに見て来た映画はディズニーアニメの「Tangled」。ラプンツェルの話ね。
結構面白かったそうだ。




☆    ☆    ☆

BBQポークリブ、チキンフィンガー、フレンチフライ、グリーンビーンズのガーリック炒め、
野菜スティックとバーニャカウダ、白菜サラダ

2010年赤ちゃんの名前ランキング

日本でも恒例の「赤ちゃんの名前人気ランキング」が発表されたようだが、
こちらでもそんな話題が出ていた。

2010年のランキングは以下の通り。


Top 10 Girls' Names

1. Sophia

2. Isabella

3. Olivia

4. Emma

5. Chloe

6. Ava

7. Lily

8. Madison

9. Addison

10. Abigail


Top 10 Boys' Names

1. Aiden

2. Jacob

3. Jackson

4. Ethan

5. Jayden

6. Noah

7. Logan

8. Caden

9. Lucas

10. Liam



今年、ご近所のお友達に女の子が生まれたのだがそのお名前が「ソフィア」ちゃん。
そっかー、今年人気ナンバーワンのお名前だったのねー、と感心。

「マディソン」は相変わらず人気だなあ。
「エマ」というのも多い感じがする。

男の子のナンバーワン「エイデン」は聞いた事無い名前だわー。
きっと15年後ぐらいにはそこら中エイデンになってるのだろうな。
15年前は石を投げると「マイケル(マイク)」に当たったもんだけど。

タロウの周りでは「ジャクソン」と「トレイ」が多い感じがするが、「トレイ」は入ってないのね。
TVではこのランキングに「リアム」が入ってるのが意外だ、とコメントしていた。
「ウィリアム」の古い形だから、古すぎてかえって新しい感じがするのかも?

10位までには入っていないが、冬季オリンピックの影響か「アポロ」もランクアップしたそうだ。
それからTV番組「Glee」の影響か、「Glee」のキャラクターの名前も人気だとか。

日本では、とても読めないような暴走万葉仮名の名前があるが
こちらでもこの頃は耳で聞いた音と違うつづりの場合があって困ることがある。
「何か人と違った名前を」と思う親心は洋の東西を問わないってことかしら。




Top 10 Baby Names




☆    ☆    ☆

スペアリブと大根の煮物、セサミチキン、ほうれん草のおひたし、豆腐の味噌汁

給食費未納問題

給食費未納26億円


日本の公立小中学校の給食費未納問題。
妹から聞いた話では、これがニュースに取り上げられるようになってから
むしろ未納が増えた地域もあるのだとか。
どうやら「なんだ、払わなくっても食べさせてくれるんじゃん♪ラッキー」とか思った
程度の低い親が多いらしい。なんだそりゃ。

ナナはアメリカで公立小学校と私立と両方に通ったが、どちらでも給食費は別納だった。

公立小では生徒一人一人が学校にアカウント(口座)を持ち、そこへ親がお金を入れておく。
生徒は自分の口座番号を覚えておいて、ランチを買う時にその番号で支払いをするシステムだった。
学校のカフェテリア(食堂)でセルフサービスで好きなものをトレイに載せ、
レジへ行って口座番号で支払いをするのである。
ちょっとお店やさんごっこのようで面白い。
もちろん、ランチを買わず、弁当を持参する子もいる。

口座の残高が減ってくると親にお知らせが来る。
そこで子供に現金か小切手を持たせて学校へ渡すわけだ。

私立小学校では、ランチカードというのを親が購入して学校に預ける。
8回分のランチを買えるカードで、使うごとにスタンプを押していく。
ランチを買わず、弁当を持参することも自由だ。

私はこの私立小でランチを配る手伝いをしているのだが、
いざランチを配り終えてスタンプを押そうとするとすでに全部使い切っている子もいる。
そういう場合は「I.O.U.(借りています)」という欄にスタンプを押す。
しかしその「I.O.U.」の欄も使い切ってしまい、それでも支払いがなくて
周りまでスタンプでいっぱいになる子もいる。
単に親がうっかりしているのか、何なのか・・・。
学校側からたびたび「ランチのお金はきちんと前払いしてください」とお知らせがくるが、
払う人はいつもきちんと払っているし払わない人は払わないんだろうなーとか思ったり。

こちらでは「ランチを買う」と言うので支払うべきとの意識がはっきりするように思う。
日本では「給食」と呼ぶものだから、なんだか無料配給みたいな感じがしてしまうのでは。
日本でも「昼食を買う」と言い換えたらどうかしら。
ナナが以前通っていた公立小学校みたいにレジを設けるとかして。

でも、同じことかなあ。
こちらの私立の小学校でも、なかなか払ってくれない親は払ってくれないのだし。一緒か。



☆    ☆    ☆

マーボーナス、にんじんしりしり、青梗菜のクリーム煮、鮭フレーク、わかめスープ
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR