クリスマスの飾りつけ

感謝祭も終わったので、玄関ホールにクリスマスツリーを出して飾った。

懸案の鹿も結局買って、前庭にディスプレイ。



↓暗くなるとこんな感じ
アラバマ生活雑記帳-deer


↓こちらは玄関ホールのツリー
アラバマ生活雑記帳-クリスマスツリー

なんかツリーが小さく見えるのは・・・気のせいかしら・・・


ツリー自体180センチくらいあるんですけど・・・・


2階までの吹き抜けが高すぎ・・・



感謝祭の4連休があけて本日は久しぶりの学校だったのだが、

先生方も生徒達も軒並み風邪をひいてゴホゴホやってたらしい。

実はタロウも昨夜37度の微熱があったのだが、

本人はどうしても学校へ行きたいというので行かせたのだった。

まあなんとか1日頑張って来たのでよかったけど。

ほんと風邪もフルゥも流行ってるのねー。


なんていいながら私自身もちょいと風邪気味でダルダルなのであった。

早く寝よっと。




☆     ☆     ☆


ロブスタービスク、グリーンサラダ、ポートベロのソテー、チキンコルドンブルー、パンとハーブ入りオリーブオイル

スポンサーサイト

クリスマスのライトアップ

感謝祭も終わった事だし、秋の飾りつけを片付けてクリスマスツリーなど出そうかな、と
BJと二人で近所のホームセンターに飾り物を見に行って来た。

今年は前庭に電飾の鹿を置きたいなーなんて思って見て来たのだが、
・・・・なんか、出すのはいいけどしまうの大変そう・・・・。
どうしようかな・・・と迷ってしまった。うーむ。

色々見ていたらその中に新製品「家のライトと音楽をシンクロさせるシステム」が!

ひゃー、これ、Youtubeで前に見たアレが、素人でも出来るってわけ!?

ミニチュアのライトアップモデルがあり、実際にテスト演奏が出来る。
曲に合わせて家と、植木につけた電飾が点滅する仕掛け。
わははは、面白い~~~、でも近所から苦情来そう~~!

家に帰って子供達にその話をしたらタロウが「買って来れば良かったのに!」

って、誰がその電飾家中につけるっつーの!!??



2005年の映像だからちょっと古いけど、でもやはりこれが傑作だと思うので
Youtube画像貼っときます。
曲はTrans Siberian OrchestraのWizards in Winter。
電気技師のハウスオーナーが電飾と曲をシンクロさせて作ったそうで、
曲はなんと家の周りだけで聞こえる微弱なFM電波で流していたのだそうだ・・・。
車で通りかかると、FMラジオから曲が流れてくるというわけ。

近所からの苦情ではなく、警察から「車がストップしてこの電飾を眺めるので
交通の妨げになるからやめるように」と指導が入ったそうだ。
今はもうやってないのかな。









☆    ☆    ☆

自家製ピザ4種(チーズとトマトソース、チーズとコーンとトマトソース、チーズとコーンとターキーにトマトソース、チーズと生ハムのバジルソース)

Thanksgiving

今日は感謝祭。毎年恒例のThanksgiving Feastを作った。


アラバマ生活雑記帳-Thanksgiving01


今年は家族4人だけなので、ほんとに毎年作ってるいつものメニューしか作らなかった。

七面鳥、スタッフィング、コーンブレッドキャセロール、グリーンビーンズキャセロール、
グレービー、クランベリージェリー、パンプキンパイ。

七面鳥はとにかく小さいものを、と探して買って来たら間違えて丸ごとではなく
胸部分だけのだったので驚いた。モモ部分が無いのである。
ま、胸が一番美味しいから結局それでOKだったのだけど。
これ、いいなあ。量も少ないし、今度から家族だけの時はこれにしよう。

パンプキンパイ食べる?と聞いたら子供達二人とも「食べる!」というので急遽作成。
いつもは冷凍のパイ皿を使うのだが買って来て無かったので珍しくペストリーから手作り。
っつっても折りパイじゃなくてタルト生地タイプだから簡単。
買いに行こうにも、感謝祭はどこの店も休みになるからね。
クリスマスよりも一斉に休みになる感じ。ほんと、日本のお正月みたいだ。

TVで午前中はNYのメイシーズのサンクスギビングパレードを見る。
不景気だから規模縮小かしら、なんて思ったけど例年通り派手にやっていた。
ただ、いつもなら数個新しいバルーンが出るはずだが今年は無かったのが影響といえば影響かな。

相変わらずピカチュウのバルーンも出ていたし、キティちゃんも。
キティちゃんってなんか日本国内よりアメリカでのほうが人気あるような気がする。


明日は1年中で最大のショッピング・デイ、Black Fridayだ。
デパートによっては朝4時(!!)から開店するそうな。誰が買いに行くんだ。
と思うけど実際は前の晩から並んでたりするのよねー。
物によっては確かにすごくバーゲンになってお買い得らしいけど。

以前Birminghamに住んでいた時、BJが当直で留守だったので
暇をもてあまして子供達と一緒にたまたまモールに行った事がある。
Black Fridayの混雑をなめてましたすんません。って状態だった。

特に欲しいもんも無いので買い物には行かない予定。
ま、ちょこっと近所のモールでもひやかしに行ってもいいかな。

人生はRPGだ

知人のお嬢さんがそろそろ彼氏と結婚したいと思っているそうだが、
その彼氏は大学も出ておらず給料もお嬢さんよりも安く、まああれこれと
社会経験を積んでいる親からすると心配な事が多い、という話をBJにしていた。

そのお嬢さんは結婚したら専業主婦になるつもりらしいのだが、
彼氏の給料じゃとてもそんな事は無理らしい。

「だけどさー、若い時って、『愛があれば、お金なんて!』とか思っちゃうんだよねー。」

と私。

「愛があってもお金が無きゃダメだけど、お金があれば愛が無くてもなんとかなるよな。」

とBJ。

「うーん、愛が無くても、とは言わないけどさ、お金が無いと愛がすりへっていっちゃうと思う。」

と私。

「ここにこれだけの愛があって、でもお金が無いと、愛がちょっとずつ減ってっちゃうんじゃないかなあ。
で、そこにお金があれば、多少のダメージ受けても回復出来るんじゃない?」

と言うとBJが

「HPが減ってっちゃうんだな。」

「そうっ!で、お金無いとたまにもろにつうこんのいちげき!くらって一気にHPが半分になっちゃうの。」

「お金があれば、いい防具買えるしな。」

「そうそう!炎吐かれるとかの攻撃受けてもダメージ半減になるドラゴンの盾とか買えるし!
いい武器も買えるしやくそうも持っていけるんだわ」

「やっぱ金だなー。」


すごいな。
RPGって、人生だったのか。

っていうか、愛ってHP?




☆    ☆    ☆

チーズとフランスパン、ジャンバラヤ、ソーセージ、グリーンサラダ

買った方が安い

Costcoで良く買うものに「36個入りディナーロール(パン)」がある。

これが、安くて(3ダースで3,99ドル)味もうす甘くておいしいのだ。

おかげで家でわざわざホームベーカリーを出してパンを焼く事が少なくなってしまった。

こういう場合、我が家の合言葉は

「買った方が、安くて、早くて、うまいもんは、世の中に沢山ある」


これ、とあるテレビ番組で芸人たちが手作りした大失敗マシュマロを味見した
タモリが言ったのだけど、ほんと名言だと思うわー。



ところで今週木曜日(26日)は感謝祭。
というわけで今日から冷凍ターキーの解凍開始。
毎年忘れちゃっていちいち料理本を見るのだが、5ポンドにつき24時間解凍時間がかかるのだ。
室温で解凍してはいけないので冷蔵庫で、今回のターキーは8ポンド弱なので大体2日間、というわけ。

毎年定番のメニューを作るための材料の買出しに行く。
いつもよりグローサリーが混んでいてびっくり。
皆ごちそうの準備で買い物に来てるんだなあ。

グリーンビーンズ缶、コーン缶、スタッフィングやクランベリーソースなどなどを買い込む。
パンプキンパイはどうしようかな・・・一応作れるように缶詰は用意しておこう。



☆    ☆    ☆

豚バラと白菜・ほうれん草・えのきの鍋(韓国もちのトックを入れてみたら美味しかった)

世界には不思議がいっぱい

タロウはこの頃様々な事を
「どうしてそうなるの?これは何?」
と聞く事が多い。

今日はテレビを見ていて
「トナーって何?」
と訊いてきた。

なんじゃそら、何に関係あるの、どこで出てきた単語?ときくと
「コピーに使うんだって。」

ああ、コピー機のトナーかあ・・・・って、カートリッジ交換とかはしたことあるけど、
あれが一体何で出来てるとか知らないわよ私は!?

「コピーで使う、インクがわりのものよ。黒い粉になってるの。」

と答えると

「インク?粉なの?じゃあどうやってそれが紙にくっつくの?」





・・・知りませんがな!!




熱か?いや、それは感光紙の場合だったか?

本気でわからないのでネットで調べてみたが・・・


トナー

帯電性を持ったプラスチック粒子に炭素等の色粒子を付着させた微粒子。
マイナスかプラスの電気性質を持つ。
トナーのみで使用する場合と、キャリア(搬送体)と混合して使用する場合とがある。
製造法により、粉砕法(材料を混練・粉砕して製造)と重合法(液体中の化学作用により生成)とに分類される。 (Wikipedia) 



・・・わ、わからん。

なんか電気の性質を使うってのはわかったような気もするが・・・

そんなもん知らなくてもコピー機は使えるものー!

って思うのは文系頭の女子だけなのかしらね。





☆     ☆     ☆

冷凍ラザニア、クリームシチュー(ブールマニエをしこたま入れたら家族に大好評だった)、ディナーロール

お買い物

帰宅したらナナが

「今日は、すごい、Shopping spree だったねえ!」

と、思わず言ったくらい今日は午後いっぱい買い物しまくってきた。

と言っても全部食料品。ほほほ。
お洋服とかアクセサリーとかの買い物じゃないとこがなんとも。

久しぶりに週末当直ではないBJも一緒に、家族4人でBirmingham へ行ってきたのだ。
当直だと、家には戻って来られるのだが遠出は出来ないので、なかなか行くチャンスが無くて。

私達が住んでいた時にはまだ無かったWhole Foods へまず行って観光。
BJには私が説明しておいたのだが、彼はもっと小さな、町の個人自然食品店を想像していたそうで
実際の店舗を見てたまげていた。うん。大きいもんね。なんでもあるし。

子供達が一緒でなければBJはもっとじっくり商品を見たかったようだが、
そこは「疲れたー、まだ終わんないのー」を連発するタロウと一緒では無理。
ナナは我慢して付き合ってくれるんだけどね。
私は時々平日に一人で来てるから、もう大体の探検は済んでるんだけど。

羊の乳のチーズや冷凍エスカルゴなど、近所で売ってないものをいくつか買って90ドル。
・・・やっぱ高いな・・・。単価が高いのよね。
東京でいえば紀伊国屋とか麻布インターナショナルなんかで買い物する感じか。

でもここで、イギリス産のミントソースを発見!
前からBJが、ラムを食べる時にはイギリスのミントソースが欲しい、と言ってたのだ。
近所のグローサリーだとミントジェリーは色々あるのだけど、イギリス風なサラサラした
ミントソースって無かったのよね。これは嬉しい。

同じ棚にイギリスのクリスマスプディングも発見。うは。これ・・・甘いんだよねえ・・。
子供達に説明してもピンと来てなかったので、食べさせるために買おうかなと思ったけどやっぱやめた。
いつかイギリス行って、機会があったら食べてみなさい。

次は日本食品店へ。ここでも150ドルほど買い物。
うーむ。今日はあまり買うもの無いはずだったのだが・・・。

そこからCostcoへ。
ボージョレー・ヌーボーが出ていて安かったので買う。
ところでアラバマでは日曜日には酒類は販売禁止のはずなのだが、なぜここでは販売してるんだろ?
何か特別な許可とかあるのかしら。不思議。

肉類やパンをまとめ買いし、なんだかんだでここでも200ドルほどになってしまった。
でもここまで来ないと買えないもんも色々あるしね。

はー、よく買い物した!面白かった!
けど、帰宅してからの片付け&仕分け&冷凍作業が大変~~~。



☆    ☆    ☆

ミントソースを買って来たので香草パン粉がけラムロースト、牛ステーキ
生ハムのサラダ、ディナーロール

引っこ抜くと直る・・・?

先日の記事に書いたばかりで何なのこのタイミング。






食器洗い機が壊れた。





昨夜一晩電源切っといて、今朝入れなおしてみた・・・・が、直ってない。

でもわかんないなー、前は1週間くらい放置してたらいつの間にか直ったし。

しばらく様子見るか。手洗い面倒くさいなあ。





☆    ☆    ☆

エビとアスパラガスのペンネ(冷凍)、ギリシャ風サラダ、自家製ピザ(アンチョビとオリーブ)

バイリンガル教育

我が家は私もBJ(夫)も日本生まれ日本育ち、完璧な日本人である。

ナナは95年オハイオ州クリーブランド生まれ、
タロウは99年オハイオ州クリーブランド生まれの日米二重国籍だ。

二人とも当初は私達両親の話す日本語を吸収して育ったが、
デイケアや一時預かり、テレビやビデオに触れるにつれ英語が増えてきていた。

しかし基本的には日本語。

そして引っ越した先のアラバマ州バーミンガムの小学校には
ESL(英語を母国語としない人のための英語教育クラス)があった。

これはいい機会だろうとその際に

「うちの子は家の中で日本語を使っていますから、
ESLのクラスに入れてほしいのですが」

と頼んでみた。

結果。

「ナナの英語をテストしてみましたが、全く問題がありませんので
ESLに入れる必要は無いと思われます」

・・・って。


ええ~~~!!??

大丈夫なんですかああ!!??

なんか、知人の経験談によると

「お父さんがネイティブのアメリカ人でも、お母さん(私)が日本人だからなのか、
ハーフの子は大抵ESLに入れられてしまうのよ」

って聞いてたんだけどなあ・・・???

その後、スペリング(つづり)のテストでも、ナナは良く出来るので
クラスメイトがナナとチームになりたがるのだ、とか聞いた。

・・・・結局、その子供がバイリンガル環境に適応するかどうか、なのかしらね?

つか、はっきり言わせてもらえば、親の「頭の程度の問題」なんだよねえ・・・。

英語なんてのは、単なる「道具の問題」なのであって、中身の問題じゃないんだよね。

親がその「中身」をきちんと与えていれば、「言語」のハンデなんか大した事じゃないんだと思うのだ・・・。

今、我が家では普段の会話(今日、学校のあとバスケに何時に行くからね、とか)は日本語でしている。
しかしアカデミックな単語は英語でそのまま覚えた方が効率がいいので英語で教えている。
子供はどちらも違和感なくそのまま吸収しているようだ。

日本のサイトでバイリンガル教育について読むとよく見かける話に

「お母さん(日本人)の発音は、やはりネイティブと違うから良くないのでは」

なんてのがある。

・・・ふっ。って、笑っちゃうのはアタシだけかしら?

だって、日本人だって色んな出身地の訛りがあるでしょ?
全く同じで、アメリカ人だって南部か北部か、西部かあるいはご両親がロシア出身かとかで全く訛りが変わるのだ。
英語とひとくくりにしたって、イギリス訛りもオーストラリア訛りもあるわけだし。
発音なんか、大きな問題じゃないよ全然。

訛り云々よりも、「何を話しているか、文法は正しいか、きちんと教育を受けた言葉を話してるか」
が、問題だと思う。

ちなみに私とBJが目指しているのは(さるさる日記の頃から読んで下さってる方は
とっくにご存知かと思うが)かつての国連の明石代表の話す英語、である。

日本語訛りバリバリなのだが、中身はとにかく上品で頭が良くて、スピーチとして美しくて・・・・

・・ああ、ああいう「世界に通じる言葉」を、話せるようになりたいし

あれを「美しいスピーチだ」と思ってくれる子供を育てたい。

バイリンガル(トライリンガルでもクォリンガルでもいいが)を育てる事の、夢、である。




☆    ☆    ☆

マドラスカレー(チキン、ココナッツミルク)、日本の中辛カレー、自家製ナン、チーズとクラッカー

バスケットボールシーズン

今日からタロウのバスケットボールシーズン開始。

ところで日本では「バスケ」って省略するけど、こっちだと「Hoop(フープ)」って言うのね。
フラフープのフープと同じ単語で、「輪、たが」ってことだ。
語源を調べたわけじゃないが、多分そこいらの公園にあるバスケットゴールは
バスケット部分がたいてい壊れてなくなり、輪っかだけになってるところから来たんじゃないのかなあ。

こちらでは普通の子がスポーツする場合、年間を通してずっと同じ競技(野球なら野球)をするのでなく、
春から夏は野球、秋から冬はバスケットやフットボール、となるようだ。
もちろん出来のいい子は特別コースで、シーズンでなくても練習を続けているらしいが。
うちは遊びで参加してるだけなので夏は野球、冬はバスケットに参加している。

その話をしたら義妹が

「ああっ、それでなのね!
いやー、ずっと不思議だったのよ、どうしてマイケル・ジョーダンが野球に行ったのかなー、って。
そうやって小さいころからバスケと野球と二つやれるもんなんだ!アメリカって!」

と言っていた。

ああ、確かにねー。
日本ならサッカー少年は一年中サッカーだし、野球ならずっと野球だものね。
2種類のスポーツをするというパターンは珍しいのか。

というわけでやっとナナが応援バンドとして参加するフットボールのシーズンは終わったものの、
タロウのバスケシーズンが始まったので平日は練習、週末は試合でつぶれる我が家・・・・・

・・・・いや、楽しいことは楽しいんですが!

でもバスケは野球と違って雨で流れたりしないからハードスケジュール!
外で見てるわけじゃないから寒くないのはありがたいけど!

送迎と付き添い、がんばります・・・・・



☆    ☆    ☆

チキンコルドンブルー、パスタ入り野菜スープ、パン、チーズ(ブリー、スティルトン)とクラッカー、えびのカクテル、ブロッコリー

家電今昔

ナナが「ipodが直った!」と、喜んでいた。

この前から調子が悪く、ついにはフリーズして動かなくなっていたのだ。
しかし、ふと思いついて電源を切り、充電が完全に無くなるまで放置して
また再充電してつけなおしてみたら・・・・新品みたいに調子良く動くようになった、という。
要するにリセットしてみたら直ったわけか。

それを聞いたタロウ、彼のipodも不調だったので同じようにしてみた。
こちらも完全復活。へえ~。なんかわからんが、直ったのなら良かった。

この頃の電化製品は皆コンピュータだから、一度電源抜いて再起動すると直る場合が多いのかね。
私も冷蔵庫だの食器洗い機だの、電源引っこ抜いてしばらく放置して、
また電源入れ直すと直るっての何度もやってるなあそういえば。

昔の家電はたたくと直ったけど、今のは電源引っこ抜きが一番効果的か。




☆    ☆    ☆

回鍋肉、麻婆茄子、モヤシ鶏肉炒め、けんちん汁もどき(豚肉の代わりに鶏肉入り)、ほうれん草ナムル、きんぴらごぼう、キュウリとワカメとカニカマの酢の物

レストランディナー

なんか知らんが昨日唐突にBJの勤める病院のCEOから
「奥さんも一緒に夕飯でも食べないか」
とお誘いがあり、近所のオーガニックレストランへご飯食べに行って来た。

子供達は留守番。リクエストによりマクドナルドの持ち帰りで夕飯。わはは。
普段あまりこういうジャンクフードを食べさせてないから、
彼らにとってはこっちの方がハレの食べ物なのかも。

レストランは、場所を聞いても「そんなとこになんかあったっけ!?」というような立地。
探して行ってみると、店名が小さく出ているだけでパッと見レストランにはとても見えない。
こりゃー、聞いてなかったら絶対わかんないわー。
っていうかこのレストランの隣のオーガニック食品店には来たことあるんですけど。
隣がレストランだなんて全然気がつかなかったわ!

店に入るとウェイティングバーがあり、すぐ目の前が大きなオープンキッチン。
おお。なんか、ゴードン・ラムジィの番組ヘルズ・キッチンのセットみたいだー。

フロアがハードウッドで天井が高いので音が反響して、その点はちょっといまいちだったな。
もっと静かならいいのに。

この店は自分の農場を持っているそうで、野菜も肉もそこで作っているそうだ。
こだわりの店なのねー。こんな田舎にそんな洒落た店があるとは思わなんだ。

集まったのは私達も入れて夫婦3組・・・の予定だったがCEOの奥様は
自分の馬が調子悪いとかで駆けつけねばならず、欠席。

「馬は金も手間もかかる!あんなもん、飼うもんじゃない」

とCEOはぷりぷり怒っていたが。
どうやら馬は奥様とお嬢様の趣味らしい。しかし優雅だなあ。
馬のために、自宅とは別の場所に広い農場を持っておられるそうだ。
ふはー。なんかケタが違う話だわー。

料理は量も割合人間サイズだったし(ファミレス系に行くとこの倍の量が出てくるもんね)
アメリカにしては美味しかった。いや、東京なら普通だろうけどこれくらい。
私は鴨のコンフィを頼んだのだが正解!皮がパリッとしてお肉はしっとりで、美味しかったわ~。
BJはビーフストロガノフ頼んでたけどこっちはちょっとイマイチだったような?
お魚も美味しそうだった。今度来たら頼んでみようかしら。

6時半から集まって、食事が終わってお開きになったのは8時半。
アメリカの食事は始まるのも早いし時間がかからなくていいわ~。
イギリスなら9時頃からやっと夕食だし、スペインに行った時は11時頃だったっけ。
そういえばこちらの旅番組でスペインの紹介をしていて
「私達が思うよりディナーの時間がずっと遅いので気をつけてください」
なんて言ってたなー。

ともあれ、皆のお話も面白かったし楽しかった。ごちそうさまでした。

ピアノ調律とピーターパン

まだ風邪っぽいので寝ていたかったが、今日は午前中ピアノの調律。
このおじさんがどーにもこーにもお喋り好きで、なんだかんだと付き合わされてぐったり。
黙ーーーって仕事する人もいれば、こうやってやたら喋る人もいたりして、面白いなあ。

猫のココは人見知りで怖がりなので、どこかに隠れたきり出てこず。
前の猫タビーがものすごく好奇心の強い猫で、職人が何かしてるとずーっとそばについて
じっと見ていたのとは対照的だ。

そういえば先日、ココが珍しく玄関横の窓から外を見ていた。
そこはいつもの見張り場所じゃないのにな、と思って何かいるのかと私ものぞいてみると・・・

・・・タビーがいた!

驚いて玄関ドアを開けると、その音に驚いたのかタビーは一目散に逃げてしまったけど。
あれは間違いない。様子見に来てたのか。
毛もふさふさしてたし元気そうだったから、きっとその辺で飼われてるんだろうなあ。
お隣から逃げた猫も、数軒先の家で飼われてるのをこないだ見かけたし。
やっぱ猫は天下の回り物だわ~。

なんて末妹に話したら、

「うわぁっ、何そのリアル・ピーターパン!」

と嘆かれた。

なんのこっちゃ、と思ったがそうか、原作でピーター・パンは一度自分ちに様子見に行ってるんだっけ。

「そうよー、それで、僕を待っててくれると思ったお母さんとこには、
ゆりかごに違う赤ちゃんがいてさー!ああ、もう帰るとこはないんだな、って思うんだよー!?
何それー、タビーもきっと、帰ろうと思って見に来たのにもうそこには別の猫がいたんじゃない!?」

うわはははは、そこまで考えなかったー!
タビーにすりゃショックだったかねーそれは。

BJもタビーを何回か見かけているし、どうもここいらをふらふらしてるのは間違いないみたい。
帰ってくる気は・・・あるんだかないんだか。ねえ。
まあ、無事でいるのなら良いことだ。



☆     ☆     ☆

冷凍餃子、きんぴらごぼう、きゅうりとワカメの酢の物、白菜サラダ

風邪ひいたかな

3日前からノドが痛い。

うーむ。風邪だなこりゃ。

私の風邪はいつもノドから始まる。
タロウは鼻水、ナナは咳から。
人によって症状の出方が違うのはなんでだろう。

1週間前くらいから、暖炉をたいている。
やはり本物の火はあったかいなー。
温度計を見ていると実は部屋の温度自体は全然上がってないのだが、
直射のせいか暖かく感じる。

でも暖炉を燃した翌朝、部屋の中は煙くさい・・・・。

このせいか?ノドが痛いのは?

そんな気がしないでもない。



☆    ☆    ☆

鳥のから揚げ、サラダ、わかめスープ

お互い泣いた・・んだけど

本日、夜。

ナナの学校の合唱イベントで何回かピアノを弾いてやってたのに対して彼女が

「だけど、合唱の先生がプッシュしててさ~~・・・

・・みんな、もうあれはやりすぎだって言ってるんだよ~

私も、来年度は合唱団やめて、管弦楽に一本にしようと思ってて」

と言ったのだ。

頭にきちゃって。

だって、私だって、練習しなきゃピアノ伴奏なんかできないんだよ?
そりゃ、専業主婦だからヒマだと思われてるんだろうけどさー、
それなりにスケジュールつきあって、練習に行ったり、本番に
付き合って片道1時間のドライブに行ったりしてたわけだよ??

で、それに対して「もう、あんなのはやりすぎだし、来年は
バンドだけにしようと思って」ってわが娘にも言われたら?




もう、頭にきたので娘に


「ママは、あなたたちの伴奏をするのは、やめます。
ボランティアで、お金ももらわずやってたけど、それでもいいと思ってたけど
アンタたち子供らが、感謝してなくて、むしろ鬱陶しいと思ってたのなら、
もうこの際ですから、やめます。一切、協力しません。だめです。
それから、泣くのは仕方ないけど、泣く時には目をこすってはいけません。
目をこすると腫れます。泣いたとしても、涙をほほの上でふくぐらいにしなさい」

と、一気に言った。

娘は泣いていた。

知るか。

私だって傷ついたんだ。

アンタがどうつくろおうと、知るか。

クリスマスコンサートまでは、つきあう。

でもその後は、知らん。

こんなに一生懸命に練習して、合唱の伴奏して、
ナナの上級生や同級生は私を見ると挨拶してくれたりして
先生たちにしたってタダで使えるピアニストは便利だったろう、と思う。

でも、自分の娘に「うっとうしい、いらない」って言われたら、ねえ・・・・。

やる気もなくなるっすよ。ほんと。

クリスマスコンサートまでは、先生方とも約束した手前もあるし、やるつもり。

でも、その後はわかんないな。

知るか。って、とこ。




☆     ☆      ☆

鳥のからあげ、生ハムのサラダ、わかめスープ、その他

Sweets and Songs

・・・・づ~~~~が~~~~れ~~~~だ~~~~・・・・



無事、Sweets and Songsイベントが終わって帰宅いたしましたのこと。

疲れた~~~~!!


昨日、今日とずーっと台所でイベント用のお菓子作って、やれやれ準備出来たわいと思ったら

学校から帰宅したナナが「今日ね、ピアノ用のライト持って来て下さいって。先生が。」


・・・・は!?


今日アタシ、ピアノ弾くんですか!?聞いてませんが!!??


「え?やるって言ってたよ。Pipe and Drumと、All Around the World。」


・・・・・って、げーーーーっ!

その曲、まだあんまり練習してないわよ私!

大体、生徒達と合わせたのだってかなり前に1度やっただけだし・・・!??

3月が本番になる曲だから、後回しにしてたよ!?


イベントのプログラムはデザートブッフェと飲み物、リタイアなさった音楽の先生と

そのお友達によるジャズ・トリオの演奏、間に生徒達の歌の発表をする予定。

でも、生徒達の発表は有志によるソロとデュエットだけだと思ってたー!

合唱もするのか!早く言っといてくださいよ先生っっ!!


お菓子だけ持って行ったらあとはのんびり、だと思ってたらなんか慌しくなってしまった。

ピアノ用ライトと延長コード持って、楽譜用意して・・・・と、どたばた。


なんとか用意も間に合い、7時からイベント開始。


↓デザートブッフェ
アラバマ生活雑記帳-sweets01


↓私が用意したお菓子5種類
アラバマ生活雑記帳-sweets08


↓2層のオレンジゼリー
アラバマ生活雑記帳-sweets07


↓チーズスフレ(日本のレシピ)
アラバマ生活雑記帳-sweets06


↓プロフェットロール(プチシューのチョコレートがけ)
アラバマ生活雑記帳-sweets05


↓プチフルーツタルト
アラバマ生活雑記帳-sweets04

↓日本食品店で買って行ったもみじまんじゅう他
アラバマ生活雑記帳-sweets03

チケットは65枚売れたと聞いていたが、なかなか盛況だった。

もっと来てたんじゃないかな?


生徒達によるソロやデュエットは、女子達のカラオケ大会って感じだったけど

まあそこそこお上手でした。良く出来ました。


私が伴奏した合唱曲ではザックという男の子が大失敗をして(出だしでミスった)

後でナナのところへ来てしゅーんとなっていたのがかわいかったー。

190センチくらいありそうな長身の男の子なのに10歳のタロウとかわらないような感じで。


「もー・・・すっごいミスっちゃって、先生にこんな顔してにらまれちゃったよー・・・」


としょぼんとしているのでナナがハグしてなぐさめてあげていた。


と話したらBJが


「いいなー、ハグの習慣のある国って!

信じられないよ、オレらが高校生だった頃なんてさー・・(以下略)」


と、何やら個人的な感想をもらしていた。





☆      ☆     ☆


テイクアウトの中華(この上夕飯まで作ってられませんっての)

1日中菓子作り

づ・・・・づがれだ・・・・・・・・


朝8時から延々とお菓子を作りつづけて一段落したのは午後1時。ひゃー。

明日の学校でのイベントに持って行く菓子だが、それこそ売るほど作らねばならんので大変。
キッチンが広いしオーブンも大きいからなんとかなるが、それでもマフィン型は
12個焼けるのが1個あるだけ。
すなわちそれを何回も使って何度も焼かねばならんので時間がかかるのだ。

マフィン型にタルト生地を敷いて焼くこと5回。
失敗作もあるので大体4ダースほどのタルトが出来た。
中身を詰めてフルーツを飾るのは明日。

オレンジゼリーも2ダース作った。
こちらもフルーツを飾るのは明日。

プロフィットロールは買って来たプチシューを積み上げてチョコレートかけるだけだから明日。
・・・でも、チョコが室温で固まったあと、ちゃんと1個ずつ取れるかなあ・・・?
全部くっついてしまいそうだが。うーむ。トング用意しときゃなんとかなるか?

チーズスフレを11インチの型で焼く。
日本で普通に使う型より一回り大きいので量も倍。時間も倍。あう。
でもまあなんとかキレイに焼きあがった。これは味見するわけにいかんのだがまあ大丈夫だろー。

・・・と、ここまで予定通りに済ませたのだがふと。



どーやって学校まで運ぶの。これ。



店じゃないから、ケーキ入れて運べるような番重(ばんじゅう)なんか無いのよー!??



ありったけの皿とかクッキーシートに並べて、車の中に平たく積んで行くしかないか・・・・。
重ねるわけにいかないもんねえ。どうしよう。数やたら多いし・・・・。
運ぶこと考えてなかった。盲点。つかうかつ(←あら?回文かしら)。

アルミホイルのキャセロール型、買ってくるかなあ。
あれなら上にプラスチックのカバーもついてて、重ねられるのよね。
それしかないかー。




☆     ☆     ☆

近所のスーパーのロティッサリーチキン、冷凍シーフードパスタ、ミックスグリーンのサラダ
(手抜きメニュー。だってもう台所でこれ以上働きたくなかったんだもの・・・)

ナーシングホームにて

ヴェテランズ・デイ当日。
ダウンタウンではパレードが催されたり、地元レストランは感謝の意を表して
ヴェテランズは無料というサービスをしている。

私は合唱団の生徒達と一緒に、ナーシングホーム(ケア付高齢者住宅)へ演奏に行って来た。

合唱指導の先生のお母様がここのホームに入居されているので、その関係で行く事になったのだろう。
昨日の学校でのような大掛かりな式典ではなく、私達だけのこじんまりしたプログラム。
それでも20人以上は集まってくれていた。

昨日と同じく、オープニングは国歌合唱。
2曲目はメドレーの「アメリカン・ヒーロー」。
これはネイビーやエアフォース、アーミーのテーマ曲がメドレーになっている。
退役軍人のおじいちゃまおばあちゃま方にはそれぞれの所属した部隊の小さな旗を配り、
普通は自分の所属軍隊の曲になったら立ち上がるものだがそれは無理なお年の方達なので
その旗を振ってもらうようにした。
嬉しそうに旗を振って曲を聴いている姿はなんだか皆かわいらしかったなあ。

会場はホームの談話室といったところで、小さなピアノが隅に置いてあった。
ちょっと調律も怪しいようなピアノで、音も割れてたけど・・・ま、こんなもんでしょう。
コンサートホールじゃないんだし。
とりあえず電気はついてたので助かったわ。

次は昨日とは違い、おじいちゃま方にも一緒に歌ってもらって賛美歌を合唱。
この賛美歌をやる、と聞いたのは実は一昨日・・・・・・
せんせ、もうちょっと早めに楽譜くださいよーーー!!!
いやまあ、賛美歌は単純なメロディで短いし、伴奏もそう難しいわけじゃないから
初見でも大抵は弾けるんだけどねー。でもまあ、人前で弾くとなればやっぱり・・・。ぶつぶつ・・。

合間に生徒達による詩の朗読などが入り、最後の曲。
これは戦死した兵士たちへのレクイエムといった静かな美しい曲だ。
歌い終わったら、何人も泣いているおばあちゃま方がいらしてこちらももらい泣きしそうになってしまった。

「ベテランズ・デイと言ったってもうパレードに出るわけでもないし、何もなくて、
もう私達(ベテランズ)の事なんて忘れられちゃったかと思ってたけど
こんなすばらしいプログラムをやってくれて本当に嬉しい。
クリスマスが来たみたいだ。」

と話していた方がいた、と後で先生から聞いた。

喜んでもらえて、良かったなあ。
こういう祝日に、それも以前は自分が主役だった日に、なんにもお祝いが無いというのは
寂しい事なのだろう。いつか私もそういう年齢になったらきっと身にしみるんだろうな。


感心したのは、プログラムが終わって帰る時に先生がこっそり子供たちに

「ご挨拶したり、話しかけてあげて、ハグしてあげてね」

と頼んだら、女の子たちは恥ずかしいのか面倒くさいのかほとんどやらなかったのだが
男子たちが「僕はザックです、お目にかかれて嬉しいです」とかちゃんと挨拶して
握手して回ってたことだ。

なんでそんなことが、中学生・高校生男子に出来るのおおお~~~!???
どうやったらそんなにいい息子に育つんだ!教えてください!!


帰宅して今日の話をBJにしたら、

「日本と戦ってた時代の人達だろうになー」

と言うので、あ、そういえばそういう世代か、と初めて気がついた。

以前、私が友達と皆で撮った写真を見た友達のお父様が

「なんてビューティフルなピクチャー(写真であり場面って感じ)だろう」

と感心していたのを思い出した。

その時写真に写っていたのは北部アメリカ人、南部アメリカ人、ユダヤ系アメリカ人、
日本人である私とドイツ人の友達、だった。




☆    ☆    ☆

フィエスタ・チキン・ベイク、クスクス、グリーンビーンズキャセロール

ヴェテランズ・デイ

明日はヴェテランズ・デイ(退役軍人記念日、とでも訳すか?第一次大戦終了を記念する日だそうだ)。

ということで本日午前9時半から、ナナ達の学校でヴェテランズ・デイの記念式典。
私はピアノ伴奏のため9時に学校へ向かい、生徒達と一緒にウォーミングアップ。

9時半、式典開始。
生徒達のアカペラによる国歌斉唱や司会の方のスピーチなどがあり、
いよいよ1曲目のメドレー曲発表。

これはマーチのリズムなので、ひたすらズンチャ、ズンチャと演奏していく。
右手はほぼ最初から最後までオクターブにかかる和音なので手が疲れるったら・・・。
ほんとこの曲嫌い。派手な事は派手なんだけど手がつらいよー。
私は手がでかくて指も長いから、オクターブ以上軽く届くんだけどそれでも辛い。
手の小さい人だったら弾けないだろうなあ。

1曲目は無事に終了。
最後の「アメリカ・ザ・ビューティフル」では皆立ち上がって一緒に歌ってくれて感動。

ゲストのスピーチなどがあり、2曲目の披露。

・・・・これは、もう、いやになるくらい私のピアノだけが失敗したのよ・・・・orz

生徒達の歌は良かったんだけどねー。

言い訳させてもらえれば、練習時にはついてた天井灯が消されて暗くて
楽譜が見えなかったからなのだ・・・・。

歌に合わせてスライドショーを流したので、電気が消されてしまったのだ。
あー、手元のライトだけ持って行くんだった!失敗した!
そういえば去年クリスマスコンサートで弾いた時も、ピアノの位置が悪くて
楽譜が暗くて見づらかったんだっけ・・・・忘れてたわすっかり・・・・。

まあ大体はうまくいったのだけど、2箇所ばかりものすごい間違いをしたのが
われながらショックー。わーん。


式典の締めくくりはバンド指導の先生によるトランペット。

・・・まあ、なんとか終わった。いやー、ちょっと冷や汗かいたわ。


明日はナーシングホームでの発表がある。
・・・・今度は電気消されないはずだけど。
どんなピアノが置いてあるのかな。

明日が終わればこのメドレー曲ともおさらばだー!きゃっほー!

・・・・・が、今度はクリスマスコンサート用のを3曲マスターせねばならん・・・・
なんかもう、お仕事のよう・・・・・・
こんなにまじめにピアノの練習してるのなんて、中学生時代以来じゃなかろうか?




☆    ☆    ☆

焼肉

お呼びがかかるドクター

今朝は9時半頃帰って来たBJとタロウ。
その後タロウは思った通り昨日の疲れが出たようで、午前11時から午後4時まで爆睡!
・・・夜寝られるのかー!?

BJとあれこれキャンプの話をしていて、

「子供がなんかケガするとすぐ呼ばれるからやだったよー。」

と言うので笑った。

そうか。医者だってバレてるもんねー。そりゃ呼ばれるわ。

子供達の学校やご近所だと石を投げれば医師に当たる(洒落?)環境だから気にした事無かったけど、
ボーイスカウトではあまりお医者さんやってる親御さんっていないんだっけ。

「だけど、ケガする子っていっつもおんなじ子なのな。」

・・・わはははは、わかる!
無茶してケガしたり、登ったはいいけど木から降りられなくなったりするのはいつも同じ顔ぶれなのよね。

「やんない子は全然やんないんだよ。うちの子はおとなしい方だな、見てると。」

とBJ。

うん。だからタロウは男子の割に大きなケガをした事が無い。
友達のとこの子は額を切って縫っただの、骨折っただのと聞いたりするけどウチは無いのよねー。
そこそこ遊びまわるけど、無茶な事や明らかに「そりゃ危険だろ」って事には手を出さないので安心。
こればっかりは、しつけというより持って生まれた性質だと思うが。

今回のキャンプでも、すべり台を下から登っていって上にあるバーに気づかず
真正面からオデコぶつけてでっかいタンコブ作った子とか、
腕を打ったかなんかで一晩中泣いてた子とか(これはBJが診たところ脱臼や骨折では
なかったらしい)まああれこれあったけど、重大な事故や怪我は無くて良かった。

お父さんお母さん方、お疲れ様でしたっ。



☆    ☆    ☆

ロブスターのビスク、レモンペッパーチキン、ラタトウィユ、ディナーロール

カブスカウトキャンプ

タロウのカブスカウトで、近くのキャンプ場にて金曜夜~日曜朝まで2泊のキャンプ。

数回付き合って慣れてきたBJは、今回は金曜夜に自炊する、と張り切って色々用意していた。

土曜日は朝・昼・夕・夜食とすべてカブスカウトで用意してくれるので必要ない。


テント、寝袋、マットなど必需品のほかにテーブル、イス、ガスコンロ、鍋などなど・・・

・・・・段々荷物が増えるな。

オートキャンプだから自分でかついで歩く必要がないのでいくらでも持って行けるしねー。

っていうかもう、これってキャンプって言えるのか!?ってくらいの道具一式。

文明生活から一瞬も離れたくないんだな、アメリカ人て・・・。


というわけで昨夜は家であらかじめ肉・野菜を切って持参し、日本のカレーを作って食べたそうだ。

ゴハンも家で炊いて持って行ったから、そう大変な事は無かっただろうが

タロウはやたら喜んでいた。友達にも味見させたそうで。意外と好評だったらしい。


キャンプ場と言っても家から車で5~6分のところ。

こういう時だけは田舎暮らしもいいなあと思う。

普段から州立公園の中に住んでるようなもんだからね。


今日は快晴!日中は20℃近くなってひなたは暑いくらい。

私とナナは泊まらず、日中だけ遊びに行って来た。


ここの湖で釣りをして遊んだが、タロウは5匹、ナナは7匹も釣り上げていた。


アラバマ生活雑記帳-campLee01


キャンプサイトはこんな感じ。


アラバマ生活雑記帳-campLee04


子供達は勝手に野球をしたり、リーダー達の設置してくれた遊具で遊んだり。



アラバマ生活雑記帳-campLee05

アラバマ生活雑記帳-campLee03

昼はハムやチーズ、トマト、ピーナツバターなどが出されて各自サンドイッチを作って食べた。


夕食はスパゲティなど色々作るので、3時から準備を始めるが3人くらいお手伝いしてくれないか、と

リーダーから言われた。

他にあまり人もいないようだったので、私もお手伝いすることに。


結局他のお母さんと3人で、40人分のミートソーススパゲティ、コーン、グリーンビーンズ、

サラダ、ガーリックブレッドを用意する羽目に・・・・っていうかなんでアタシがミートソース係りなの・・・

一番大変なのになってしまったわいつの間にか・・・。

切れない包丁と小さなまな板に閉口しながらタマネギを切って炒め、ひき肉2キロを炒めて

脂を捨ててからトマトソースで煮て・・・って、これなら早めに帰ってナナと二人の夕食にしとけば楽だった!??


ちなみに調理はキャンプサイトの建物内にあるキッチンで。

電子レンジ、オーブン、電気コンロなど一通りのものが揃っている台所。

うーむ。これがキャンプ場の台所かー。何かが違うわねやっぱり。


女性軍がキッチンで格闘している間に、外では男性軍がダッチオーブンでデザート作りをしていた。



アラバマ生活雑記帳-campLee07

熱した炭をダッチオーブンの下とフタの上に並べ、上下から熱する。

こうしてケーキを焼いてくれたのである。すごい。

開けたところも写真に撮りたかったのだが、その瞬間私はキッチンで洗い物をしてたので

間に合わなかったー、残念。


夕食は好評で、子供達ももくもくと食べていた。

まあねー、あれだけ昼間とことんそこら中走り回って遊んでればねー。

おなかもすくわよねー。

今日の夜はきっとよく寝ることだろう。



アラバマ生活雑記帳-campLee06

夜は↑の焚き火の周りに集まって歌を歌ったり寸劇をしたり。


ところでいかにもアメリカ!な、キャンプ道具。


アラバマ生活雑記帳-campLee02


右側のはキャンプ用ガスコンロに乗せて使うコーヒーメーカー。

・・・・・って、お湯わかしてコーヒーおとせばいいじゃない!!??

なんでガスコンロにのせてまでコーヒーメーカーが使いたいんだ!?


店で見たと驚いてBJが前に話してくれてたのだけど、

実際カブスカウトで使ってるとは思わなかった・・・・いや、びっくり。

どこまで文明生活持ち歩きたいんだ、アメリカ人。


私とナナは夕飯を食べてざっと片付けた後帰宅してしまったけど、

BJとタロウは今夜もテント泊まり。

パパお疲れ様~。

Fall Festival

タロウ達の小学校で、フォールフェスティバル開催。



アラバマ生活雑記帳-fallfest01

入り口はこんな感じ。

今年のテーマは「Roping the Rodeo」だそうで、カウボーイ関係。

ディスプレイもテーマにそって統一されている。

しかしこういうの作るの上手な人がいるんだなあ・・・。

去年のパンプキンのもかわいかったけど、今年のも秀逸。



アラバマ生活雑記帳-fallfest03

アラバマ生活雑記帳-fallfest02

こういうブースがいくつか設置されていて、そこで子供達はゲームをして

賞品のキャンディやオモチャをもらう。


実際に遊んでいるところはこんな感じ。


アラバマ生活雑記帳-fallfest09
トイレットペーパーを便座にうまく投げ入れたら勝ち!


アラバマ生活雑記帳-fallfest08
カウボーイブーツを使っての輪投げ。



こちらはベイクセール。

私が作って行った折り紙の鶴つきブラウニーは完売!あー、良かった。

チョコチップクッキーは最後の方に見たがまだひとつふたつ残っていた。

ま、いい方でしょう。


アラバマ生活雑記帳-fallfest05

アラバマ生活雑記帳-fallfest04
↑手前のケーキの色がすごい(汗)



その他、子牛にみたてたこんなのにロープを投げて捕まえるのとか
アラバマ生活雑記帳-fallfest13

フェイスペインティングや
アラバマ生活雑記帳-fallfest07

テディベアウォークなどがある。
アラバマ生活雑記帳-fallfest06

タロウが一番ハマって、何度も何度も遊んでいたのはこちら。


アラバマ生活雑記帳-fallfest12

アラバマ生活雑記帳-fallfest11

アラバマ生活雑記帳-fallfest10

バンジーバスケットといって、背中にゴムのついたベストを着て

2人がお互いを引っ張り合いながら自分のゴールへボールをシュートするゲーム。

下はふわふわの空気トランポリンなので危なくない。

小さい子同士でやっているとなかなか勝負がつかないが、タロウくらいになると

遠くからでも上手に投げてゴールしてしまうからあっという間。

友達と皆で何度も何度も並んで遊んでいた。いやあ、これは楽しそうだわー。


おまけ画像。

カウボーイスタイルがキマってた背の高いお父さんと、牛。


アラバマ生活雑記帳-fallfest14

もいっちょ。

ペアルックって感じでお似合いだったご夫婦。

なんか、おそろいのタトゥーでもいれてそうな雰囲気。


アラバマ生活雑記帳-fallfest15

ベイクセール

明日は小学校でフォールフェスティバル(秋祭り)。バザーみたいなもの。
私はブースの当番をしないので、代わりにベイクセール用焼き菓子を作って今日提出してきた。

というわけで昨日は1日中お菓子焼いてたわ~~~、疲れた~~~。
やっぱ売るほど作るのって大変ざます。

やはり作るからには売れて欲しいので、ブラウニーは切り分け、ラップでくるんで
折り紙の鶴をオマケにつけて透明の袋に入れてみた。
カラフルになっていい感じ。しめて18個。

チョコチップクッキーはそこまでする気力が残って無かったので
大きめに焼いて1枚ずつジップロックに入れて終わり。
こちらは20個。
・・・2ダース焼いたのだが家族につまみ食いされて減ってしまったのよ・・・。
焼きたては美味しいもんねえ・・・まあしょうがない。

ナナなど「明日、ベイクセールにこれ買いに行こうかな」なんて言っていた。
いや、買わなくてもまた作ってあげるから!

おかげで家中がチョコレートのいい香りになってしまった。
私はもう香りだけでおなかいっぱいじゃー。



ところで今朝、ガレージの電動シャッターが壊れた。
うちのガレージは2台入るのだが、BJの使ってる側がウンともスンとも言わなくなってしまった。
こっち側って前にも調子悪くなって直した方よね・・・。なんかいまいちだなあ。
私の側は壊れた事は無いが、こっちはダメだなあ。

電話したところ2時間ほどですぐに来てくれて、結局コンピュータがイカれてたとかで

「脳みそ(Brain)入れ替えました。」

とのこと。

手間賃含めて160ドル。

こまごまとかかるもんだなー、まったく。




☆    ☆    ☆

鳥がらスープの鍋(鳥モモ肉、白菜、ネギ、モヤシ、春雨)

ひどい話

毎月1回、庭の手入れに来てもらっているスティーブというおじさん。
もう孫のいる年齢の人だが黙々と良く働いてくれる。

今朝、今年最後の手入れに来てくれたので出て行って挨拶したら

「庭仕事道具を盗まれちゃってね・・・」

と言う。

ええええっっ!?商売道具じゃないの!!

「家と離れた車庫を作ってあって、そこに芝刈り機(トラクタータイプ)とか
チェーンソーとかブロワーとか全部しまってあったんだけどね。
マサチューセッツに行っててしばらく留守にしてた間にやられたんだ。
ずっと留守になってるのをどっかで様子見てたんだろうなあ。」

そんなー・・・。

保険はかけてあったけど、実際支払ってもらえるのはほんの雀の涙らしい。
全部また買い揃えるには時間がかかりそうだという。
今日はブロワーだけ息子から借りて持って来た、と言っていた。

ひどい話だなー。
何も、こんな真面目にこつこつ働いてる人のとこから盗まなくたって・・・。

盗んでった奴には天罰が下るべし。

ちょっとー!ウリエル呼んで来てー!

そして、商売道具だというのに十分な補償をしてくれない保険会社にも腹が立つわー!





☆    ☆    ☆

ホタテとエビのジェノベーゼソースパスタ、ブロッコリー、フランスパンとパテ

野生の鹿

$アラバマ生活雑記帳-Deer

うちの庭に来ている鹿。
2頭いたけどもう1頭は木の陰でうまく撮れなかった。

向かって右側に見える木枠で囲んだ部分が花壇。
・・・・どうも、見てたらそこに植えた例の150個の球根を食べに来ているような・・・orz

ちゃんと、売ってる球根に「鹿の嫌うにおいつき!」なんて書いてある商品もあるくらいだし。
やっぱ食べちゃうんだろうな・・・・。

新芽も大好きでかじってしまうので、以前植えた若木もすっかり食い荒らされた経験がある私。
鹿よけの薬とかも売ってるから(やはり嫌いなにおいがするらしい)撒くべきか!?
でも、農作物つくってるわけじゃないし・・・・鹿やウサギやリスが来るのは見てて楽しいしなあ。
うーむ。



☆    ☆    ☆

ラムチョップ、牛ステーキ、ほうれん草のサラダ、コンソメスープ、フランスパンとパテ(レバーとトリュフ)

地元ニュース

ローカル新聞の記事に、先週火曜日に亡くなった少年のお葬式が執り行われたと出ていた。

12歳の男の子が亡くなったとは、事故か何かだろうか、と読み始めて驚いた。

彼は市のミドルスクールに通う6年生だったが、学校でのいじめを苦にして
自宅で自殺してしまったのだそうだ。

・・・・あー、こっちにもあるんだなあやっぱり・・・・。
最近はインターネットを使ったいじめも問題になっているが、
この子の場合は直接的にやられていたらしい。

この子のおじいさんが以前「もっとゆっくり食べなさい」と言ったところ、

「だって、急いで食べないと僕の給食、皆に取り上げられちゃうんだよ。
ミドルスクールは、ジャングルなんだ。」

と話したりしていたそう。

「先生にも何度も言ったけど、どうせ変わるわけがないんだ。」

とも。


死を選ぶくらいだったら、もっと他に方法があったんじゃないか、と悲しくなってくる。
せめて学校を変わるとか、あるいはこちらではホームスクーリングといって
自宅学習する道も選べるから、ほとぼりがさめるまでそうするとか。



少し前のことになるが、タロウが「今日、学校で変な事があったんだよ」と話した事がある。

何かと聞いてみると、ディードラという女の子の机に
「あんたなんか嫌い」と書いたメモが置いてあったのだそうだ。

「誰が置いたのかわかんないんだけど、すごく変でしょ。」

とタロウ。

それはハッキリしたいじめだろう。
ディードラは確かにちょっと鬱陶しいタイプの子らしく、あまり人気がないのだが
だからと言ってこういう陰湿ないじめは良くないでしょう。
一応タロウには話して聞かせたが、どこまで理解してるのか・・・。

後日、今度はコーリィという男の子の机に似たようなメモが置かれていたそうだ。
こちらも、ちょっとトロくてバカにされている子。
ターゲットになるのはそういった弱い子なんだよねやっぱり・・・。

今のところタロウは傍観者のようだが。
なんとも難しい。




☆     ☆     ☆

サーモン、まぐろの握り寿司、巻き寿司、具沢山お味噌汁(大根・にんじん・豆腐・鶏肉)

ハロウィーン

昨日は、午後5時~8時までハロウィーンのTrick or Treat。

タロウはお隣のアミーンとメリアムと一緒にお菓子をもらいに回った。
付き添いはアミーン達の伯父様と、お母様、おばあちゃま。
おばあちゃまがご挨拶に寄って下さったのだが、魔女の帽子と白髪の長いカツラをつけていらして・・

・・・・すいません、似合いすぎです!!

申し訳ないけど後で笑ってしまった。

寒いし、それほど人数来ないだろうと思ってキャンディーはあまり用意しておかなかったのだが
思ったよりも沢山来てくれて、危うく足りなくなるところだった!
なんとかギリギリ足りたので良かったけど。

結構大きい子達も来るが、なんといってもかわいいのはおちびさん達の仮装。
ティンカーベルになってる女の子とか、プリンセスになってる子とか。
キャンディあげただけで大喜びして笑い出す子や、
緊張のあまりTrick or Treatが言えない子もいたりして。

タロウはどっさり戦利品をかかえて7時半頃帰って来た。
キャンディだけでなく、小さいオモチャや塗り絵なども入っていた。

一緒に回ったアミーンはピーナッツアレルギーがあるので、
もらったお菓子をいちいち検分しないと食べられないそうだ。
食物アレルギーの中でもピーナッツは反応がすごくてアナフィラキシーになる子が多い。
アミーンなど、ピーナッツバターの入ったチョコレート菓子の包みに触っただけとか
ピーナッツのにおいをかいだだけで顔が腫れて呼吸困難になるそうだ。
遠出の時は必ずアレルギー用の注射を持ち歩いているくらい。大変だなあ。

だから、タロウはアミーンと一緒に野球を見に行きたいらしいのだが絶対連れて行けない。
野球場とピーナッツ(殻つき落花生)はセットになってるからねえ。
あんなとこ、近づいただけでアレルギーが出ちゃうわよきっと。

学校の教室でも「ピーナッツフリー(ピーナッツは無し)」と張り出してある部屋もある。
おそらくクラスの中にピーナッツアレルギーの激しい子がいるのだろう。

日本ではピーナッツアレルギーってあるのかな。
そばアレルギーで大変な話なんかは聞くけど。
やはり長年摂取しすぎた食物ってのがダメなんだろうか?
でも米アレルギーは聞いた事ないなあ・・・。
小麦アレルギーってのはあるか。

アミーンの家ではそういうわけで彼がピーナッツアレルギー、
一番下のアダムは乳製品アレルギー、その他の子もなんやかんや違うものにアレルギーがある。
・・・・食事、どうしてるんだろ・・・大変そうだなーほんとに・・・。



☆    ☆    ☆

トンカツ、千切りキャベツ、ほうれん草ナムル、長いも千切り、シラス

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR