Pinewood Derby

猫とビールとネットがあれば-pinewood derby


夕方4時半からタロウのカブスカウトでパインウッドカー・ダービー開催。
各自もらった木材を削ったり塗ったりしてレースカーを作り、レールを滑らせて速さを競う。
遅くても、デザイン賞などがもらえる場合もある。

タロウとお隣のアミーン・メリアム兄妹を連れて会場(近所の教会)へ。
今年は人数がすごく増えたので時間かかるだろうなあと思いきや・・・
去年と違ってコンピューターの調子が良く、スムーズに進行したので思ったより早く終わった。
そう、速度計測はコンピューター制御なのである。ハイテク。
っていうかパインウッドダービー用のソフトがあるのか。すごい。

タロウは残念ながら今年は賞はもらえず。
仲良しのバディが学年別で2位になってたからそれは喜んでいた。

今回はパック内の大会だったが、来月あたり近くのモールで、他のパックも合同の大会が開催される。
どうやらBJはそれまでにもうちょっと車をチューンナップするつもりらしい。
気合入ってるな。がんばってね、パパ←他人事



☆    ☆    ☆

マーボーナス、ホイコーロー、もやしのナムル、大根と豚肉のべっこう煮
スポンサーサイト

フロリダお達者クラブ

フロリダ州にあるThe Villagesというリタイヤメント・コミュニティについてのニュース。

その名の通り引退したシニア達が暮らすコミュニティであるが、広さがハンパじゃない。
3つの郡にまたがり、4万軒の住宅に7万人のメンバーが生活する。
ゴルフコースは34、カントリークラブが9つ、ダウンタウンスクエアは2箇所。

シニア達が静かに平和に暮らすユートピア・・・・と思ったら大間違い。

バーでは女性をめぐってケンカが起こり、バイアグラは違法に取引され、
酔っ払ったドライバーがゴルフカート(コミュニティ内で自動車は禁止)を運転し、
一晩限りのアバンチュールが一番の暇つぶしだからだろうがSTD(性感染症)が激増。


・・・・げ、元気ですな皆さん・・・!!



男女の比率は1対10。
男やもめの天国だそうだ。
・・・・そうなのか?


詳細は以下英文。


January 25, 2009
LADY LAKE, Fla. - It's 11 p.m. at the Bourbon Street Bar, and Roselyn's gyrating her hips to the blues band, Sue's sipping a cocktail and flirting with her new boyfriend, and Alan is scanning the crowd for cute girls.
"See those two?" a buxom blonde asks, pointing to an elegant couple at the bar. "They were caught having sex in their golf cart a few weeks ago. It happens a lot!"

Welcome to ground zero for geriatrics who are seriously getting it on.
It's a Thursday night at one of a half-dozen hot spots at the 20,000-acre Central Florida complex called The Villages, the largest gated retirement community in America - and one of the most popular destinations for New Yorkers in their golden years - where the female-to-male ratio runs 10 to 1.
It's a widower's paradise, and the word on the street is that there's a big black market for Viagra.

Though The Villages - which spans three counties with 40,000 homes and more than 70,000 residents - boasts 34 golf courses, nine country clubs, two downtown squares and a slew of restaurants and bars, getting lucky is one of the residents' primary pastimes.
The huge complex began growing rapidly in the mid-1990s, and reported cases of gonorrhea rocketed from 152 to 245, of syphilis rose from 17 to 33, and of chlamydia from 52 to 115 among those 55 and older in Florida from 1995 to 2005.

The state's sexually transmitted disease rate among those over 65 is one of the fastest growing in the country, one report claims.
In 2006, a local gynecologist reported that she treated more cases of herpes and human papillomavirus at The Villages than she did when she worked in Miami.

"I get offers for sex all the time," brags Dave, 70, who, like others who spoke about their sexually active set, asked that his real name not be used, "especially by women in their 70s. They say, 'Are you busy tonight? I'll show you a good time.' "
One overly charming lady-killer known as "Mr. Midnight" boasted of one of his conquests last year: "Absolutely beautiful. I've had her a few times. She comes over, takes a shower, jumps in bed, and then gets dressed and leaves. She's simply the best."
His story was told by Andrew Blechman, author of "Leisureville," about communities like The Villages.

"There is lots of romance around here," said Jean, a 63-year-old retired teacher. "But most of the men want a one-night meaningful relationship."
Her friend Louise agrees.
"A lot of the men down here are cheaper than heck," she says, "and a lot of the women are extremely brazen. Some girls will go into the parking lot with a man and come back a half-hour later like nothing happened!"

"We've had some of those complaints," said a laughing Lt. Laurie Davis of the Lady Lake Police Department, ticking off other offenses, like drunken driving in golf carts, illegal drug use, and bar fights.

"Whatever you know about 20-year-olds, it's the same with seniors," said Roselyn Shelley, 68, a divorced former dancer.
Sue Rice, a blonde who will only admit to being over 60 but who looks to be about 80 and dances like she's 14, has hooked up with Larry Tucker, an ex-banker about a decade her junior.
Tucker sports a gold charm around his neck that reads, "Bankers do it with interest."
"Feel this," Rice says, bouncing up from her bar stool and pinching her slim waist. "My body is the same as it was in high school! He can't keep up with me!"

According to Alan, a swarthy 62-year-old, there's a thriving black market for little blue Viagra pills.
"I did it once," he said. "I paid 12 bucks for a single pill."


Local cops just try to keep up.
"You see two 70-year-olds with canes fighting over a woman and you think, 'Oh, jeez,' " Lt. Davis said.


アメリカンアイドル他

今週はアメリカンアイドルが火・水・木と3日連続放映。
でも各1時間ずつなので割とあっさりしてたような。
さほど強烈な人も出てなかったし・・・。方針変えたのかもね。

来週からいよいよハリウッドラウンドになる。
なんか今年もまたやり方を変えたとかなので、どうなるのか楽しみ。
楽器の演奏はさせないのかな。

アイドルの後は同じFOXでゴードン・ラムジイの「Hell’s Kitchen」シーズンプレミア。
だけど去年も見てて思ったけど、皆それなりにプロの料理人のはずなのに、下手すぎないか??
ラムジイの要求するメニューが難しすぎるのか?
まあ、他に見るものも特にないのでしばらく見るつもりだが。


アメリカはあと一ヶ月足らずでTVが地上デジタル放送に切り替わる。

我が家はケーブルを入れているので問題無いが、室内アンテナなどで見ている家は
コンバーターボックスが必要になる。
ネットで申し込めば、政府からボックス購入用の補助金クーポンが送付されるのだが
TVニュースで政府の用意したクーポンが足りなくなった、と言っていた。
政府では4200万件くらいだろうと見込んでいた申し込みが、昨年12月の時点で
7200万件もあったそうだ。
更に、クーポンが手に入っても、家電店に足りるだけの商品があるかどうかもわからないという。

日本もあと数年で地デジになるんだっけ。
アメリカみたいに混乱するのかしら。
日本人は新しい電化製品が好きですぐ買い換えるから、大丈夫なのかな。



Government Running Out Of Digital TV Coupons



☆    ☆    ☆

チキンハーブ焼き、ブロッコリーニの辛子マヨ和え、サラダ

古い人

タロウをバスケの練習に送って行くと、曜日によって外から見える教室でエアロビをやっていたり、
シニアの方達がカントリーダンスを踊っていたりする。
エアロビは、教えてる女性講師がすでにおなか周りたっぷりな体型なので、
やっても無駄なんじゃないか~なんて思ってしまったりして。

カントリーダンスの教室を見たタロウは

「古い人たちが、踊ってるんだよね。」



・・・・・古い、人・・・・




Old People(お年寄り)か!!




わはははは、直訳!!




その他にもタロウは心臓のことを「こころ」と言ったり(Heartの直訳だろう)
転ぶことを「落ちる」と言う(Fallの直訳かな)。

どうやら彼はまず英語で単語と意味を覚え、それを日本語に訳して喋っているらしい。

というわけでBJの職業はタロウに言わせると「こころの、お医者さん。」
精神科医かと思われそうだな。
BJは「ココロのボスかっ!」と古すぎる突っ込みをしていたけど。

日本に3年間帰ってた間にずいぶん日本語もうまくなったと思ってたけど、
いまだに「古い、人」なのかあ~。
やっぱりガイジンだわ~~。




☆    ☆    ☆

BBQポークリブ、サラダ、子供用カレー、チーズとフランスパン

バースデイパーティ

学校へ迎えに行ったらタロウが
「今日の、マディソンのバースディパーティに、行く。」
と言い出した。

へっ!?今日だったっけ?忘れてた!
っていうか、あなた、今日バスケの日じゃない?どうするの?

「先にバスケットに行って、それからパーティに1時間行けるって、ママ、言ってたじゃない。」

・・・・はい。確かに言いました。
バスケの練習は6時~7時、パーティは6時~8時だから
後半1時間顔出しに行けることは行ける、と言いましたわ。
でもまさか本気ではしごする気になってるなんて思わなかったんだもん。
さほど乗り気そうじゃなかったし、
女の子のパーティだし、行かないかと思って←そろそろ男女で付き合いが変わってきてるのだ

「バディ(タロウの一番の仲良し)は、行くんだけど、ガールズのパーティだから
ボーイ1人になっちゃうとやだから僕にも来て欲しいって言うの。」

ああ、なるほど。お付き合いですか。
しかしなんで他の男子達は行かないのにバディだけ行くの?

「マディソンは、バディの、ガールフレンドなんだよ。だから行かなきゃいけないの。」

・・・・・はあ、そういうことでしたか!
そりゃ行かなきゃまずいわな~。

「うん、だからね、マディソンがバディに『バースデイプレゼント、5個くらいはくれるわよね!』って言ってたよ。」








・・・・こえ~~~~~。




さすがアメリカ女!!





こんな年齢(ちなみに満9歳だ)から、もうそんなに立派になのねえ。




アメリカ人男性は大変だなあ。つくづく。




ともあれ急遽バスケにもパーティにも行く事になってしまったので慌ててプレゼントやカードを買いに行く。
包装紙とリボンは常備してあるんだけどね。さすがにプレゼントまでは・・・。

それから急いで夕飯の支度(昨日の日記にも書いたけどこれが大変)をオーブンに放り込んで、
バスケットへ送って行き、早めに迎えに行ってそのままパーティへつれて行き、
そこで付き添いして結局帰宅したのはもう8時半。うへ~。疲れた。

明日は血液検査あるから酒抜いとこうと思ったけど・・・・
あーもうダメだ、ビール1本だけ飲ませてっ!!





☆    ☆    ☆

ローストビーフ、ベイクドポテト、コーンとアルファルファ・レタスのサラダ


夕飯どうする?

昨夜もほとんど寝られず←ノドの痛みと鼻づまりのせい

しかしBJは先週・今週とえらい勢いで忙しい。
即ち子供らの送迎はすべて私がやらねばならない←ある意味当たり前

今日は夕方6時半からタロウのカブスカウトのミーティングがあり、
月一度の全体集会なので親も一時間付き添って連絡事項を聞かねばならない。
・・・つーことはその前までに夕飯の下ごしらえをしておいて、
帰ってすぐに食べさせられるようにするってことだからえーと・・・・

そうなの。

この頃タロウの活動が増えたので何が困るって、これなのよねえ。
夕飯の支度する時間が取れない(送り迎え、あるいは付き添い)し
どんどん夕飯の時間が遅くにずれこんでしまうのだ。

他の家ではどうしてるんだろ?

木曜日なんてタロウのバスケットの練習が午後7時~8時だから、
帰って来てすぐに支度しても食事するのが9時近くになってしまったりして。
うーむ。小学生の夕飯の時間ではないと思うのだが。
タロウだけ6時頃食べさせる時もあるにはあるけど
そうするとメニューが温めなおせるカレーだのシチューだのになり・・・・
マンネリ化。
悩む。

もひとつ言うと、カレーやシチューだと翌日ナナの弁当に入れるおかずにならない。
それも困る。

あーめんどくさーーー

なんかいい方法無いかしら。



☆    ☆    ☆

冷凍餃子、オイキムチ、もやしのナムル、大根と油揚げのおみおつけ、コールスロー

引き続き風邪

ちょっとマシになったかなあ、と思ったのは気のせいだったらしい。

風邪なんて寝てれば治るわ~~~、なんて思ってたかをくくっていたが
今回のは・・・・

・・・ね、寝られない!!


眠っても、ノドがあまりにひりひりと痛くて目が覚めるか、
鼻が詰まって苦しくて目が覚めてしまう。
うとうとしていると夢ばかり見て、ずーっと寝言を言っているので
BJにはうるさくて申し訳ない。いや、自覚はあるのよ。自分でも聞こえてるんだもん。
一晩中そのくらいの半覚醒状態でしか寝られないので、かえって疲れる・・・・。

うう。

あーもう。

家族にうつってないのだけは有難いけど。
なんで一番外に出てない私だけが風邪ひくんだまったくもう。




BJとタロウは来週末に迫ったパインウッドダービーの為の車作り。
今年は去年よりも凝ったデザインのものを作っていたが・・・・
実際走らせてみたらどうかしらね~。見た目じゃなくて、速さの問題だからなあ。
うまく走ってくれるといいけど。

サンルームからドライブウェイに出る戸口のストームドアが開かなくなってしまった。
ありゃ~、これはハンディマン呼ばないとダメかしらね、とあきらめかけたが
良く見てみたらフレームが曲がってそこにはまりこんでいただけだった。
力ずくでドアを開け、BJがフレームを付け直して修理。
おお。やはり必要に迫られるとなんでも出来るようになるもんだ。
こうやって日曜大工せざるを得なくなっていくのねえ。



☆    ☆    ☆

トンカツ、千切りキャベツ、もやしのナムル、大根と油揚げのおみおつけ、炒飯



タロウのバスケットボール

風邪はやや回復。
皆様ご心配ありがとうございました。

今日は10時からタロウのバスケットボールの試合。
しかしBJは当直で出勤。
つーことで寝てもいられず、支度して私が送って行く。
お隣のアミーンも見に行きたいというので一緒に連れて行く。
やはり母は寝ていられない。

初めて行くコミュニティセンターでの試合なので、昨日のうちに一応場所を調べておいた。
グーグルマップ様々である。
いやほんと、今日行きついてしみじみ思った。

グーグルマップ無かったら、無理。


アメリカの道ってどんな細い道にも名前がついているし
人工的に作られた町ばっかだからどこへ行くのも簡単だと思っていたのだが・・・

・・・そうでない場合もあるのだね。

大体、私達の生活圏はメインストリートの東側で、
その名も「East ○○番ストリート」という道までしか使わないのに、
今日行ったのはそのメインストリートを越えた西側
「West ○○番ストリート○○番地」。

・・・・西側なんて、行った事無いわよ~~~!!!
どんなとこなの?どんなスラム!??

と思ったら案の定かなりなスラム街ではあった。

不思議だなあ。
どうしてだろ、今まで住んだアメリカの町では何故か
「東側(East)」のほうが、「西側(West)」よりも
生活程度がいいっていうか、環境が良かったのよね。
そしてどこも、実はWestのほうが先に拓けていたのに
段々とすたれていって、Eastが現在では良い住宅地になってる、という・・・。

なんかそういう傾向でもあんのかしら。

いつかぐるっと回ってまた西側が栄えたりするのかしら。


閑話休題。


「こ、この道でいいの!?
なんか、どんどん細くなってくんですけど!」

ってな道をグーグル様の言う通り進んでいったら、
ちゃんと目的のストリートに抜けられてコミュニティセンターもすぐに見つかった。
お~、すごい。
しかしこれ・・・・ちゃんと帰れるのか!?あたし???

センターに着いて無事に試合開始。
他のお母さん達も

「こんなとこ来た事無いし、見つけるのが大変だったわ!」

と言っていたので笑う。
うん、普通このあたりには用事なんて無いもんね・・・・。

試合は残念ながらタロウ達チームの負け。
っていうか相手チーム、うますぎ。
人数もあちらは多いので交代して戦えるが、
タロウ達は控えがタロウ一人(新入りだから)しかいないので
結局フルメンバーが最初から最後まで走り続けないといけないわけ。
圧倒的に不利だよねえ。ま、しょうがない。

あちらのチームなんて上手だから、コート内を走っているのを見ていても
なんだかタロウ達チームよりも人数が多いように見えてしまう。
わはははは。実力の差が歴然だ。

人種差別のつもりは無いが、ちなみにタロウ達チームはタロウを除いて全員白人男子。
相手チームは全員黒人男子であった。
・・・なんかさーーーー、黒人って、バネが違うの!??
もう、動きもしなやかさも、何もかも違うような気がするんですけど!!
ほれぼれしちゃったわ、見てて。
それにひきかえ、白人男子達のニブさというか・・・・いや、俊敏な子もいるんだけどさ・・・。

ついつい、うちの子のチームを応援せねばいかんのに
相手チームの動きやプレーに見ほれてしまって、あちらのプレーに拍手しちゃったりして。
いかんいかん。

タロウはまだ、割り当てられたポジションに立ってるのがやっと、という状態。
それでもそれなりに走り回って動いていたので、彼にしては上出来だ。
チームプレーというのもまた勉強だしね。

コミュニティセンターのロビーへ出たら、春から始まる少年野球の申し込みブースが出ていた。
野球もやりたいって言ってたっけ、そういえば・・・。
と思い、一応案内だけはもらってきた。
さて、どうしますかね。





帰り道は違うルートで帰ろうと思ったが、地図で見たのと実際が違っていて迷い、
結局また来た道を戻った。
・・・・グーグル様の無い時代でなくて良かった・・・・。


☆    ☆    ☆

ビーフシチュー、エッグヌードル、ブルスケッタ、チーズとフランスパン

風邪でダウン

2日前くらいから喉が痛くて危ないなあとは思っていたが
案の定ちょいと悪化して本日はダウン中。

喉と鼻が全部乾いて痛い!頭も痛い~~~うう~~~・・・。

朝はBJが子供達に朝食食べさせて学校へ送って行ってくれた。感謝感激。
でもそろそろお迎えの時間だ・・・・行かねば・・・・・

よろよろ





☆    ☆    ☆

冷凍ラザニア、ミックスグリーンのサラダ

食事の内容

私も長年ブログ(かつてはウェブ日記)で我が家の夕食メニューを書いているが、
料理の写真を載せたり食卓の写真を載せているブログも多い。

その中で、一人暮らしの男性がちゃんと自炊してるのを見ると感心してしまう。
だって、もしも私が一人暮らしだったら、多分自炊なんかしないもん。
今は家族がいるし、それより何より自分で作らないとマトモなもんが食べられない国にいるから
仕方なく毎日料理してるわけであって、一人で日本に暮らしてたらこんなにマメにやらないわ~。

しかし、同じく一人暮らしの男性だが一切自炊しない人が
朝昼夕に食べたものを書いてるブログを見たのだが、これにはびっくりした。
メタボまっしぐら、っていうか、人間って、野菜食べなくても生きていけるのねえ、って感じ。

例えば

朝 ハンバーグサンド、タマゴデニッシュ、牛乳500ml
昼 焼飯(2人前)
晩 バナナ、日替わり定食(デミグラスソースハンバーグ、鮭フライ、御飯、味噌汁)

とか。
あるいは

朝 御飯大盛り弁当、缶コーヒー
昼 きつねうどん(麺トリプル)、バナナ
晩 ミートソーススパゲッティ、チョコパン

とか。

朝 おでん(厚揚げ、がんも、はんぺん、タマゴ)、肉マン
昼 たん麺(中)
晩 中華弁当、アメリカンドッグ、おにぎり、ポテトチップ

どんだけ炭水化物食べてるんだ!?って感じ。
ところどころにバナナが入ってるのは、一応バランスを意識したつもりなのかな?
栄養士さんが見たら卒倒しそう。
この人、まだ若いみたいだからこれでも体がもってるんだろうけど
トシ取ったら色々ガタが出て来そう・・・・。

うん。
やっぱ、ちゃんと料理しよっと。



☆    ☆    ☆

肉団子甘酢あんかけ(ちゃんと肉団子作って揚げてから野菜と炒めてあんかけにする。すごい時間かかった!)
エビマヨ炒め、ほうれん草のナムル、もやしの味噌汁

オバマ大統領就任式

おかげで初めてInauguration(就任式)という単語を覚えたわ!
とか言って耳で聞いて覚えたもんだから今改めてスペル確認したけど。
トシ取ってから新しい単語を覚えるのは至難の技だ。むぅ。

テレビは朝からずーーーーーっとこのニュース一辺倒。
と言っても全く関係なく普段の番組を流してるチャンネルもあるのだが。
CNNはもちろんオバマ一色。

ナナもタロウも、Oath(宣誓)から就任スピーチのところは
学校で皆でテレビ中継を見たそうだ。
そうよねー、歴史的瞬間だものね。見ないとね。

私は家事をしながらつけっ放しで見ていた。
それにしても寒そうだったなあ、ワシントンD.C.。

問題は山積みだけど、これで少しは良くなるかしら。

しかし、テレビ見てて思ったけどオバマ大統領は若くてハンサムだし、
ミシェル夫人も背が高くて頭良さそうできれいだし、
ジョー・バイデン副大統領も紳士って感じで見た目がいいし、
どうしてこう見栄えがするのかな~~。いいな~。

・・・・それに引き換え、日本の政治家って・・・・・。
21世紀になっても相変わらず見た目がどーにもこーにも・・・・
国際会議なんかでずらりと並んだ写真とか見ると情けなくなってくるわ。

オダギリジョーとか金城武みたいな政治家が出ないかなあ。←無理!




☆    ☆    ☆

天ぷら(ポートベロマッシュルーム、ニンジン、ブロッコリー、ティラピア)、肉じゃが、鮭そぼろ

ダシダ

ネットでなんとなく料理レシピを検索していたら、
韓国の牛肉スープストックの素「ダシダ」を見つけた。

・・・あ~、これ!
見たことある!

こちらの韓国食品店で良く見かける袋なのだが、
何しろハングル表記なので一体何なのかわからなかったのだ。
そうか、牛肉だしのスープの素なのか。
で、だしだから、「ダシダ」?わははは、覚えやすい~~~!!

小さい袋を買って試したいと思ったもののここは韓国でなく米国。
1キロ入り13ドルの袋しか見当たらず、買ってみることに。

袋の説明通り、3カップの水に大匙2程度のダシダを加えて加熱。
わかめスープを作ってみた。


・・・・おお!!

これって、焼肉やで出てくるあのわかめスープじゃん!!

うわ~~~、嬉しい~~~、私あのスープの味、好きなんだよね~!


BJにもタロウにも好評。
ナナはもともとスープや味噌汁があまり好きでは無いので特に反応なし。
まずいわけではないらしいのでよしとする。

その他、チャプチェなどの炒め物にも使えるようだ。
そうか、これ使うとなんでも「韓国風」になるわけね。便利便利。

で、私がダシダ買う時に韓国食品店のおばさんに
韓国語で話しかけられたのは偶然かしら。
ダシダなんか買ってるからよね。うん。そうよね。




☆    ☆    ☆

麻婆春雨、もやしのナムル、白菜キムチ、ブルコギ、焼きおにぎり

ブルース

タロウのギターのカポ(ケィポー、と店員は発音していたがcapotastoの略なのね)を
買いに行ったついでに、ブルースピアノの教本(CD付き)を買って来た。

BJがブルースハープを趣味で吹いているので、一緒に演奏出来たら面白いかなと思ったのだ。
実は私はジャズやブルースがあまり好きではない。
たまに聞くとかっこいいなとは思うが、ずっと聞いていたいジャンルではないというか・・・。
だってなんか「演奏してる人だけが楽しくて気持ちいい音楽」て感じなんだもん。

というわけで今までジャズピアノやブルースには挑戦した事が無かった。
帰宅して早速本を広げてみたら、あら、簡単。
三つしかコードが無いの?

つか、私はクラシック畑なので「コード」つーのもよくわからんのだが。
音符をちゃんと楽譜に書いてくれりゃすむ話じゃん。
なんでFとかGとか言うんだ。かえって混乱するわ。

っていきなり教本にケンカ売ってどうする。

左手のコード進行のパターンをいくつか練習したが、
うわ~、ブルースに聞こえるよ!すごい!
・・・・し、しかし、オクターブで弾くのがやたら多いな!
手のでかい男性ならいいだろうけど、これ、きつい~!
私は女にしては指が長くて手がでかいから一応届くけど、
それでもずっとこれで左手伴奏し続けるのは・・・・疲れる~~!

練習していたらBJがブルースハープを持って出て来た。
ちょっと合わせてみたが

「最近練習してないから全然ダメだ!」

とギブアップ。
よし、二人で練習して、いつかホームパーティなんかでちょろっと一曲くらい
披露出来るようになろうじゃないの!

なんてやって二人で遊んでいたらタロウも来て、私が今練習を始めた
ブルースのコード進行をちゃららっと簡単そうにギターで弾いてみせてくれた。
おお、まさにそれよ、今ママがやってんの。と言ったら

「うん、僕、これ、もう1年以上前にやったからさ~。」

だと。はいはい。

なんてやって三人で遊んでいたらナナも出て来てクラリネットの練習を始めた。
自分の好きなディズニーの曲などを吹いたり、上手になってきた。

我が家の場合、皆楽器をやるがそれぞれが違う種類の楽器なので
お互い刺激になるがライバルにならないからちょうどいいような気がする。
これが全員ピアノ、とか、全員バイオリン、とかだったらつい比較してしまいそうだが。

いつも感心するのは、タロウがギターを弾いているとナナが

「すごーい、タロウくん、かっこいい~。」

とほめる事だ。

私なんて、妹が何か上手にやって親にほめられてると、嫉妬してたもんだけどなあ。
ナナは私がタロウのギターに感心していると、一緒になって

「かっこいいねえ~」

とほめてくれるのだ。えらいなあ~。


そういえば今日はカポを買いに行ったついでに、タロウ憧れのエレクトリックギターを
実際に持たせて弾かせてみたのだが重さにびっくりしていた。
私も驚いた。あんな重いもんなんだ~。

ま、やっぱり、もうちょっと大きくなってから、だわねえ。




☆     ☆     ☆

焼肉、韓国風わかめスープ、野菜炒め

ほんとにやるの?

こちらは月曜日がマーチン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の誕生日オブザーブドデイでお休み。
子供達は三連休となる。

BJは朝5時出発で何やら野鳥の写真を撮りに1時間くらい離れた湖まで遠足。
日中も2~3℃までしかあがらないという寒さの中、お疲れ様・・・。
趣味っつーよりだんだん修行みたいになってきたよね。うん。

私はタロウのバスケットボールの試合に昼からお付き合い。
・・・・そう。
カブスカウト、ギター、テニスに続いて今度はバスケットも始めてしまったのだ、息子・・・・。
今、家族中で一番スケジュールが詰まっていて忙しいのは彼に違いない。

まあなんでも興味があってやりたいのはいい事だと思うが・・・・
・・・・問題はやせっぽちで体力が無い、というところだ。
そんなに放課後あれこれやってたら(カブもテニスもバスケも平日夕方に活動する)
ちょっと無理なんじゃないかなあと思うのだけど・・・。

それとも、そうやってきたえていった方が体力つくのかしら。うーむ。

隣のアミーンとメリアム兄妹も一緒に乗せて、バスケの試合会場へ。
相手チームにタロウのクラスメイトのジャックがいて、とても上手だったので驚いた。
きっと小さい頃からやってるんだろうな。なんせお父さんがチームのコーチだし。

タロウはもちろん初回参加なのでちょこっと走らせてもらったくらいであとはベンチ。
他の子たちはタロウより年上のようで、一人すごく上手い子がいた。
しかし、ちゃんとフォーメーションとかあってディフェンス・オフェンスの陣形など決めてあり
本格的なので驚いた~。小学校の体育の授業みたいなもんかと思ってたら違ったので。

タロウ達チームのコーチは高校生の男の子たちだったが、
ちゃんとバスケの試合らしく紺色のジャケットにチノパンで
きちんとした服装をしてきていたので感心。
そういえばプロでも、バスケの監督ってちゃんとジャケット(スーツ)着てるもんね。
あれはどうしてなんだろ。

試合は残念ながらタロウ達チームの負け。
ジャック達のチームは、エースらしい男の子もジャックも上手だったし
女の子ですごく動きの良い子もいたし、まあしょうがないやね~。

帰宅後そのままアミーンとメリアムは我が家で夕方まで遊んでから帰って行った。
寒い中、外で遊んでたけど大丈夫かな。風邪ひいたりしないでね~~~!心配!



☆    ☆    ☆

チキン胸肉の香草パン粉焼き、スタッフィング、キャベツやトリモモのコンソメ味スープ

寒い寒い寒いっ!!!

本日の最高気温が、0℃ですってよ奥様。

オハイオに居た時なら「おお、氷点ならあったかいじゃん!」と思う気温ではあるのだが。
さすがにそういう生活からかれこれ9年も経っているので、氷点つーのは、寒い!!
もちろん朝晩は氷点下ざます。寒いっていうか、痛い。

6年ぶりの寒さだとか。欧州も寒波来てたわよねそういえば。
ほんとに地球温暖化してんのか?
とある学者の意見では、太陽の黒点の活動から19世紀のプチ氷河期と似ている、
よってこれから地球は寒冷期に入るとか。
プチ氷河期にはロンドンのテムズ川が凍った、という記録があるそうだ。
なんかそっちのほうが信憑性があるような気がするなあ。
そしてその学者いわく
「地球温暖化は、諸手を挙げて歓迎すべき事態なのに、何を憂えているのか。
むしろ心配すべきなのは寒冷化である」
とな。うん。私も実はそう思う。温暖化して何が悪いんだろ~?
今まで寒かったとこでも作物作れるようになったり、居住出来る環境が増えたらいいことじゃん?
北極グマが溺れて死ぬ、とかの映像だけ見て「温暖化はいかん!」と言う意味が理解出来ん。

あーそれにしても寒いーーー。
セントラルヒーティング使ってても、外が寒いとやっぱり家の中も寒いのだ。
暖炉つけようかな。
とりあえず夕飯は鍋だ!



☆    ☆    ☆

寄せ鍋(鳥手羽、鳥モモ、白菜、大根、グリーンオニオン、モヤシ、春雨)

腐女子かオタクか?

・・・・って、なんちゅータイトルだ、と自分でも思いますが。

久々に日本の妹その1と長電話してあーだこーだ喋ってたら

「お姉は、オタクなんだよね。ナナちゃんは、腐女子。」

とキッパリ言われて良くわからず。
何が違うの?と訊くと

「腐女子は、作品そのものよりもキャラにいれこんで惚れる(萌える)でしょ。
でもオタクは、作品の細部やら作家やらに詳しくてやたら力が入る。」

・・・・・ああ。納得。

そうなんだよねーーー、コマの隅っこの作家のラクガキとか、
欄外のなんとかとかまで読み込んで覚えてるもんなあ。
このキャラがちらっとあっちの作品にも出てた!とかね。
そうか。そういうのがオタクなのか。
なんかわかるわ。

そういえば私は「作品が好き」とか「この作家が好き」というのはあっても、
「このキャラが~~~~っっ!!妄想爆発!」ってのは無かったような。
そりゃまあ「トーマの心臓」だったらなんつったってオスカーでしょ、とか
「ガンダム」ならやっぱキャスバル兄さんよねえってのはあるが
それ以上には進まないんだな。別に。

ああ、そうか、だから同人でもオリジナルのほうをやってたわけで
○○本とかいう方向に進まなかったのか。

なんか、すっかりそーいう世界から足を洗って20年も経った今になって
やっと理解出来た気がする。
ありがとう妹。
いやでも、娘が腐女子なのは理解出来ないし嬉しい話でもないんだけどな!





血族ってのはもう・・・・遺伝なのかしらこれ。




☆    ☆    ☆

レモンペッパーチキン、スモークサーモンとオニオンスライスのサラダ、自家製パン、クリームシチュー


American Idol Season 8

というわけで本日も夜7時より2時間びっちりFOXにて
アメリカンアイドルの予選鑑賞。

昨日も今日も、子供達も一緒にサンルーム(ファミリールーム)のテレビで
一緒に夕飯を食べながらだらだらと見る。

ふと思ったが、こういう番組って今じゃ他に無いのかも。
普段なら私達親が好きな番組をサンルームで見ていても、
子供達はそれぞれ見たいものが違うから各自の部屋で見ていたり、
ナナなどはテレビよりもネットのほうが面白いようでひたすらPC(台所のデスクに
私と子供達共用のPCが置いてある)に張り付いていたりで
家族全員で同じ番組を一緒に見てわいわい言う、なんてのはあまり無いように思う。

私が好きな古い映画(ったってインディ・ジョーンズとかそういうやつ)が
テレビ放映されるから一緒に見ようよ、と誘っても、タロウは付き合ってくれるが
ナナはほとんど付き合ってくれないし。
皆で一緒にテレビや映画を見て共通の話題を作って感想を言って盛り上がる、
なんて事がなかなか無い・・・。

その点、アメリカンアイドルはナナ達の学校でもそれなりに話題に上るらしいし
誘えば一緒に見てあーだこーだ言えるので親子のコミュニケーションに良い番組なのかも。
その辺も全米で視聴率の高い理由か?

で、本日の予選。
カンザスでの予選大会だったがあまり印象に残る人はいなかったかな~。
ジェイソン・カストロの弟って人が出てて、意外にうまかったのは驚いたけど。
でもジェイソンの方がかわいかったし魅力あったわあ。
弟がどこまで残るのかは疑問。

溶接工の男性とか、トルネードで家が無くなってしまってモーテル暮らしの
三児の母とか、がんばってねーって感じの人はいた。
でも、「うぉ!この人、すげえ!」ってのは無かったかな~。

予選ラウンドはまだあと二週続くはずなので、今後に期待。
それに、予選ラウンドで放映されなかった人が結構あとで残って来たりするしね。



アメリカンアイドルのRecapで面白かったサイト(米語)二つのせておきます。
よろしかったらどーぞ。

http://mjsbigblog.com
↑ものすごい早さでRecapあがります。
コンテスタントの氏名、出身地、年齢、歌った曲名もわかるし
各コンテスタントについてのビデオもすぐにあがるので驚き!


http://wehateidol.com/
↑We Hate Idolという、アンチアイドルなブログですが
辛口コメントがすっごく面白い!
嫌いといいつつ、ちゃんと見てなきゃこれだけ書けないわけで
むしろ愛情を感じてしまうのは深読みしすぎかしら!?




☆    ☆    ☆

スモークサーモンとさらし玉ねぎのサラダ、残りものリブアイステーキと大根おろし、
大根の甘酢漬け、白菜キムチ、ほうれん草のナムル、残り物ベイクドポテトでマヨサラダ

アメリカンアイドル シーズン8

今年もFOXチャンネルでアメリカンアイドルが始まった。
類似の番組は色々あるのだが、でもやっぱりコレが面白いのよねえ。なんでだろ。
やはりサイモン、ポーラ、ランディの審査員達がキャラが立ってるから、かなあ。
今年はそこにもう一人女性ジャッジのキャラ(ケイラ?カーラ?オーディションに来た人達もサイモンも
ちゃんと発音してないらしい)・ディオガルディが加わった。
シンガーソングライターで、ポーラとも仕事をしたことがあるし、
キャリー・アンダーウッド、ピンク、ヒラリー・ダフなど今のアメリカで
めちゃ売れてる(アメリカンアイドル出身者を含む)シンガー達に曲を書いている売れっ子なのだそうだ。

「なんで、この人が審査員に加わったのかなあ?」

とナナが不思議がっていたが、まあ、ポーラが以前からわけわからんコメントしたりで
そろそろ首をすげかえたいってのもあるだろうし、あともうひとつは
ポーラもランディも80年代の売れっ子なのでちょいと感覚が古くなってきてる、
ってのもあるかなあ、と。
その点ケイラなら今現在売れてる人達の、売れる曲を提供してる人なわけで
今現在のトレンドを身をもって知っている人だから、ってとこなのではと思うが。

しかしジャッジが4人ということは、審査結果が2対2で割れる場合もあるわけよね。
今日の予選を見た限りではどうやら割れた場合はとりあえず合格させてるようだったが。
その辺どうなのかしら。

地方予選ではわざと強烈な人達も放映されたりするが、
今回はまださほどでも無かったかな~。
番組オープニングで過去の名場面集がばーっと流れたのだが
そっちの方が懐かしくて面白かった。

トリで出た視覚障害の彼はきっと残るだろうな。
彼自身にストーリーがあるし、見た目もよろしいしピアノうまいし。
楽しみだ。



☆    ☆    ☆

リブアイステーキ、コーンブレッドキャセロール、ベイクドポテト

婦人科検診

年に一度の婦人科検診に行く。
パップスメアとマンモグラフィー。
マンモが痛いんだよね~、胸はさんでつぶされて。
結果は後日郵送されてくる。まあ多分異状ないでしょう。

帰宅したナナが、「今日は学校で笑いっぱなしだった~。」と言うので話を聞いたら
女子禁制の美人コンテストが来月学校で開催されるというのだ。

は?何それ、男子しか出ちゃいけないってこと?

「うん。男子がね、女装して、パージェント(美人コンテスト)やるんだって。」

うわははははは!そりゃ笑うわ!!

あーでも、意外と似合う子いそうな気がする。
まだ中学生だと線の細い男の子も結構いるしねえ。
高校生にもなるとちょいとあごが太くなってたりしてイマイチだけど←何がだ

「そしたらカイリーがね、『うちのお父さん、こういうので学生時代優勝した事あるよ。』って言うの。
もー笑っちゃったんだけど、でも、どのお父さん?って思っちゃった。」

カイリーのとこはお母さんが何度も離婚・再婚しているそうで、
お父さんが4人くらいいるらしい。うーむ。すごい。
でもそういう子は他にもいるので、子供達はさほど驚く事だとも思ってないようだ。
私はいまだに驚いてしまうのだけど。

パージェントは来月13日。
親も見に行っていいのかなあ、行きたいな~!!



☆    ☆    ☆

ホイコーロー、八宝菜、白菜キムチ、キュウリとワカメの酢の物、大根の甘酢漬け、汁物

親になる資格検定

松戸市で火災により三児死亡の記事を見て呆れた。

母親は当初「病院へ行っていた」と供述したが実はパチンコ店に開店時刻から行っており、
午後2時半頃一度帰宅したもののすぐ3時過ぎにはまた店へ戻っていたという。

・・・・暑い時期なら車内で熱中症で死亡、って話だったんだろうなあ。
寒い時期だったもんで家に置いてって火事で死亡か。
ああもう。なんなのそれ。だったら子供なんか生むなよ!!それも3人も!??

もうね、妊娠した女性と相手の男性には子供が生まれる前に
「親になる資格検定」を受けてもらって、パスしなかったら
生まれた子供は資格のある里親に出す、とかしたらどうかしら?

なんて考えていてふと思い出した。

タロウをオハイオの病院で生んだ時、産後の病室は二人部屋だった。
私と相部屋になった奥さんには3歳の女の子がいたが、
その子は養子なのだと聞いた。

「不妊症でね、もうあきらめて、養子をとることにしたの。
娘を妊娠していた女性とは出産前に会ったのだけどとてもビューティフルな子でね。
事情があって、生んでも育てられないという事だったから
生まれる時から私たち夫婦が立ち会って、生まれた途端に私が最初に抱いたのよ。
彼女(生んだ女性)は、子供に一度も触ってもいないわ。
その方がいいんですって。だからその後は一度も会ってないの。」

そして神様の皮肉なところは、こうして養子を迎えた彼女が
3年後に自然妊娠した、というところだ。
本当に青天の霹靂だったらしい。

その彼女も言っていたが、養子を迎えるにはとても厳しい審査があるのだそうだ。
子供を育てるにふさわしく、親になるにふさわしいかどうか、
厳しく調べられ、審査に合格しても実際に子供を迎えるまでまた何年も待ったりするそうだ。

・・・・・だったら、「生んだから親になる」のではなく、
「生んで親になるにふさわしいかどうか」も審査したらいいんじゃないの?
と、思ったのだ。

世の中にはそうやって不妊で子供を持てない夫婦もいる。
「生んじゃったから、まあしょうがないか~、でも面倒くさいなあ」
なんて思って育てている生みの親の元にいるよりも、
子育てに情熱を持っている養父母や里親の元にいるほうが
子供にとって幸せな場合もあるんじゃないのか。

そこで先ほどの私の主張である。

「妊娠した女性と相手の男性は、親になる資格検定を受ける。
それにパスしなかったら生まれた子供は検定に合格した養父母あるいは里親に出す。
どうしても手元に引き取りたかったら、一定期間をあけて
再試験を受けることは可能」

とかしたらいいんじゃないのかな、と。



今回の、亡くなった三児が発見された現場検証では
燃え方が激しかったのは居間と台所だそうだ。
室内にはストーブなどは無かったという。

・・・・おなかがすいて、見よう見まねで台所のコンロでもつけたのかなあ。

4歳の長男ががんばって下の子達の面倒みようとしてたのかなあ。


あ~だめだ、
そんな事想像したらもう・・・・







アメリカに遊びに来る皆様へ

2009年1月12日より、ビザなしでアメリカ(とVWP加盟国)に渡航する旅行者に対して
ESTA(電子渡航認証システム)が義務化されました。

これにより、アメリカ(或いはVWP加盟国)へ来る際には
飛行機・船舶に乗る前にESTAのオンライン申請を済ませる事が必要になりました。

詳しくは以下のURLより在日アメリカ大使館のHPをご参照ください。

http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html





しかし、オンライン(パソコン・インターネット)を使えない人は
海外なんか遊びに行くなって事かしらね~。





バースディパーティ

今日はスケートセンターでマギー(タロウの同級生女子)の誕生パーティ。
ここいらで「スケート」というとローラースケートのことだし、
「スキー」というと水上スキーのことなのでどーも調子が悪い。

女の子の誕生パーティなので、タロウは「男の子、来てるかなあ」と
行くまでちょっと心配そうだったが、いざ行ってみたら一番仲良しのバディと
良くお泊りに行ったりして遊んでいるマックがいたので大喜び。
パーティは1時から4時までだというので、待ってるのもかったるいから
「ママ、一度おうち帰ってまたあとで迎えに来るけどそれでいい?」
と聞いたがもう上の空になるくらいだった。
うん、これなら大丈夫でしょう。
スケートセンター自体にも慣れてるし。

ということでとっとと置いて帰る。

3時半頃また迎えに行き、結局4時のお開きまでお付き合い。
マギーはタロウからのプレゼントを開けてすごく喜んでいたそうだ。
良かった良かった。
タロウは女の子の欲しがるもんなんかわかりゃしないから(そういうとこ男脳なのだ)
私が「女の子も3年生ともなれば、オモチャよりこういうのがいいかな・・・」と
ちょいと大人っぽいショルダーバッグをプレゼントに選んだのだ。
ほほほ。喜んだでしょうよそりゃ。女の子って、もうこんなトシからすでに「女」なのよねえ。
もうひとつ、これもいいかなと思ったのはネックレスとブレスレットのセットだったのだが
あれでもきっと喜んだだろうなあ。


帰りの車の中でタロウが
「コーリィの誕生パーティに誘ってもらったけど、行ってもいい?」
と訊いてきた。

あー、いいけど、いつ?何するの?と聞き返すと

「ボーイズ全員よんで、スリープオーバー(お泊り)なんだって。
スケアリームービー(怖い映画)見て、みんなで泊まるの!」





・・・・男子全員って・・・だ、大丈夫なのかしら。




小さい学校なので、学年全員の男の子と言ったって10人かそこらなのだが。
でも10人の男の子達(8~10歳)を一晩預かる、って・・・・





・・勇気あるな!!!



私なら絶対イヤ。
女子10人なら預かってもいいけど、男子10人は有り得ねぇ!!


だって、タロウみたいに普段おとなしい男子でも、
友達が来て興奮すると予測のつかないような事をするんだもの。
それが、かける10人!??


・・・・無理。絶対無理。




4月はタロウの10歳の誕生日なのだが・・・
・・・男子全員でお泊り誕生パーティ、つーのだけは避けたいわたくしでありました。



あ、泊まりに「行かせる」ほうは問題なし。
どーぞどーぞ、行ってきてちょーだいな~!




☆     ☆     ☆

鍋(白菜、モヤシ、グリーンオニオン、大根、鳥手羽、豚肉団子)

親ばか全開

いつものことなんですが今日はまた一段と親ばか全開モードでいきます。
「けっ」と思う方は今すぐブラウザの戻るボタンを連打だ!!



ナナが帰宅してから嬉しそうに報告してくれたのだが
選択授業で受けている吹奏楽・合唱のクラスで、
合唱受け持ちの先生がナナとカイリー(クラスメイト)の声がとても合っているから
二人だけを授業とは別に指導したい、と言い出したのだそうだ。
カイリーが上のパート、ナナは声が(私に似て)低いのでアルトのパート、と
ハモると、どっちがどっちを歌っているのかわからないほど声質が似ているらしい。

「同学年でこれだけ声質が似ていてパートがちょうど分かれてるなんて
めったにないから、この二人のデュエットを指導したい」

と、合唱の先生が興奮して言い出したそうだ。

「あなた達がそれでいいなら、オフィスにかけあって
エンリッチメント(課外クラス)の時間に
あなた達だけ別にして歌の指導をするように頼むから」

と言われ、ナナも歌うのは大好きなのでOKしてきたという。
それに、カイリーも仲良しの子だしね。良かったね。

最低週一回はその練習が出来るようにかけあってくれるそうだ。
先生、気合入ってますなあ。
っていうか、授業以外でそうやって指導したって
別にその先生の収入が増えるとかそういう話じゃないだろうに、
やはり音楽(声楽)が好きなんだろうな。
採算度外視で、どうしてもやりたくなっちゃうんだろう。
面白いなあ。



タロウは新学期第一回目のギターレッスンで、
「とり憑かれてる」と言ったほど練習していた「マルガリータ・ビル」を
先生がリズムセクションを弾いてくれて一緒に演奏したところ

「これは、Aプラスよ!
休み中にちゃんと練習してくる生徒なんていないのに、
あなたは偉いわ」

と、すごくほめていただいたそうだ。

・・・うん。小学生で、あんなに休暇中も練習する子なんていないと思う。
私自身、親に言われなきゃ絶対やらないタイプだったからわかる。
先生はきっと驚いただろうなあ。

早速新しい曲を教わって帰って来たのだが、
弾いているのを聞くとどうもこれは・・・


・・・・・禁じられた遊び?



曲名はRomanzaだという。
そして彼いわく「なんか、悲しい、怖い曲なの。」


ネットでちょっと調べてみたら、そもそも日本でいう「禁じられた遊び」って、
原題は「Romanza de Amor (愛のロマンス)」という曲なのね。
それを略して「Romanza」か。まあわかったようなわからんような。

そしてタロウのいう「悲しい曲」というのはどうやら
マイナー(短調)の曲調のことらしい。
そうだなあ、マルガリータ・ビルみたいなめっちゃメジャー!って曲からしたら
短調のメロディは悲しいし暗い印象があるわよね~。
・・・ていうか、教わったわけでもないのにそう感じたのならすごい。


しかしやっぱり「禁じられた遊び」だったのか・・・・。
私が小学生の頃、雑誌の広告によく「禁じられた遊びが弾けるようになる!」とかいう
うたい文句のギター練習メソッドが載ってたもんだ。
確かに、ギター習い始めて一年ちょいの小学生にでも弾ける曲なのね←失礼だろ

タロウに、これは「禁じられた遊び」と言って日本でも有名な曲なのだ、と話したら

「どうして、禁じられた、なの?何か、怖いこと?悪いこと?」

と訊いてきたので、もう記憶の彼方にある映画のことを説明する羽目に。

・・・うん。
白黒映画で、確かに、見たんだけどさあ私。
でも、ほんのちょっとしか覚えてないんだよね・・・。
馬におなかけられて死んじゃうお兄さんに、「ひまし油」を飲ませようとして
飲ませる前に死んじゃったら、ちゃんとそれをもったいないからビンに戻してた、
なんて細かいとこばっかり覚えてたりして。

死んじゃったヒヨコを埋葬して、それを女の子が喜んだから
男の子は他の動物も殺してもってきてお葬式ごっこをして、
というのがメインだったのは覚えてるが。
しかし全体像はほんとにおぼろげ。

大体、あの映画(ストーリー)の時代背景がわからないと、
見ててもわからないって話だったような・・・←それすらおぼろげ

まー、だから、あれだ!
子役たちはすっごくかわいかったし、
何はともあれテーマ曲は名曲だってこっちゃ!!



あ、でもね。
アメリカ人もこの「禁じられた遊び」のテーマ曲が好きなんだってのは
ちょっと驚いたなあ。

タロウ言うところの「なんか、悲しい」曲なのに、
ポピュラーだから子供向け教本にも載ってるわけでしょ。
意外でありました。





☆    ☆    ☆

チーズフォンデュ(パン、ブロッコリー、茹で鶏、ウインナー)

免許更新

アラバマ州の運転免許が1月3日で切れたので、更新に行って来た。

私がアメリカで初めて運転免許を取得したのはオハイオ州。
この時は実技と筆記の試験を受けた。
そして引っ越したので、アラバマの免許に書き換えたのが2001年。
そう、こちらでは州ごとに免許を変更しなければいけないのだ。
州というより、国って感じ。法律も色々違うし。
他州からの書き換えの場合、試験は免除になるので良かったけど。

アラバマから日本に戻ったのが2003年10月で、
またこちらへ引っ越して来たのが2006年10月。
3年間日本にいたので当然アラバマ州の免許は期限切れになっていた。
再発行となるとまた面倒な手続きとか書類とか要るんだろうな~・・・と
思っていたら、BJが

「いや?なんにも要らなかったよ?パスポートすら見せなかったし。
ただ行って、前の免許証出して、窓口で『外国にいたので期限が切れちゃいました』って
言ったらすぐ再発行してくれた。なんの確認も無かった。」

と言ったのでびっくり。

そして自分で行ってみて、本当にその通りだったので二度びっくり。

だって、日本だったら、パスポートの記録やら外国免許の翻訳
(これがまたわざわざJAF本部まで行かないともらえない)やら
必要なもんが多くてすっごく面倒くさいんだもん!

こっちじゃ現住所の確認も、視力検査も無かったのでほんと驚いた~。
アラバマだからかなあ。他の州だとまた違うんでしょうな。

今日の更新も、住所確認も視力検査も何も無し。
隣のブースに来てたおじさんは「住所変更ありますか?」と訊かれ、
その後「では視力検査をします」と言われて検査を受けていたのだが、
担当者によって手続きが違うのか?←ここいらじゃあり得ない話でもない

そういや住所変更(この町へ来てから既に一度引っ越しているので)した時も、
住所確認の書類なんか何も必要無くて自己申告だけだったなあ。
確かオハイオでは公共料金の請求書とか、住所と氏名の記載されてるものを
持ってったような覚えがあるのだが・・・。

人を信頼してるのか、単に田舎でのんびりしてるのか。
不思議だ。



☆    ☆    ☆

チキンカツ、ほうれん草のナムル、もやしのナムル、キュウリとトマトとコーンのサラダ、ワカメと豆腐のおみおつけ

大統領就任式

1月20日は大統領就任式。
既に世間はかなりヒートアップしているようだ。

普通は無料で関係者に配られる就任式のチケットを複数手に入れてネットで高く売る業者とか。
無論それも買う人がいるから成り立つ商売なわけで、お金を払っても歴史に残るであろう
「米国初の黒人大統領就任の瞬間」
に、現場で立会いたい人がいっぱいいるって事なんだろうな。

当日のワシントンD.C.のホテルはすでに完売とか。
交通規制もされるそうで、なるべく公共の交通機関で行くようにTVで報道していた。
ホワイトハウスの周りとかキャピタル・ヒルとかに集まるつもりなのかな、一般の人は。
それともどっかで就任式のお祝いセレモニーとかあるのかしらん。

・・・・ブッシュが就任した時もアメリカにいたはずなのに、
全然覚えてないっつーか、見た覚えも無いのだわ私・・・。
興味なかったもんなあ、共和党。

まあ今回くらいはTV中継で見ておかねば。

でも、就任式が最高の盛り上がりで、あとは落ちるだけ、
なんてことにならないのが一番重要だと思うんだけどね。
がんばれオバマ大統領。



あと、高所得者層の税金もうちょっと安くしてください。




☆    ☆    ☆

ポークソテー、自家製コールスロー、ゴマダレ春雨サラダ

ブリーチ

このところfavco(アラスカ)から取り寄せた生魚を良く扱っていたせいで、
まな板がすっかり生臭くなってしまった。
食器用洗剤でガシガシ洗っても、高温ですすぐ食器洗い機に入れてもにおいが取れない。
日本からわざわざ持参したプラスチックまな板(こちらのは硬すぎて刃あたりが悪いから使わない)
なので捨てるわけにもいかんな~、と、久しぶりにCloroxブリーチを買って来た。

水と混ぜてまな板にかけながら、ふと思い出した。
祖母がこういう塩素系ブリーチを原液のまま茶渋のついた湯飲みやら何やらに入れ、
茶渋が取れるとまたボトルに戻していたのを・・・。
「もったいないから」
とか言ってたように思うが、えーと、塩素が水と化学反応起こして漂白作用が起きるんじゃなかった!??
水を混ぜないと意味が無いし、更に、反応を起こした後の薬剤をとっておいても仕方が無いんじゃ・・・・。

なんて考えながら、あまりに久々に塩素系漂白剤を使ったもので
うっかり素手でその溶液に触ってしまった。

うお!ぬるぬるするっ!!
いかん、皮膚が溶けてるっっ!!!

これも中学時代に化学で習ったよそういえば・・・・
忘れてたっ。

アルカリ性だから皮膚が溶けるんだった。
あわてずさわがずひたすら流水で流す。


そんなこんなで漬けておいたまな板は、包丁の傷もすっかり目立たなくなり
真っ白にきれいになった。においも取れた。さすが塩素系漂白剤。

でも今度から、生魚扱う時は違うまな板用意しよう・・・。




☆    ☆    ☆

ココナッツミルクのチキンカレー、日本風チキンカレー、自家製ナン

学校始業

今日から子供達も平常通り学校へ。
さすがに2人とも休み中の夜更かし朝寝坊のくせがついていて、
今朝は7時に起こしてもまだぐずぐずしていた。
特に夜型のタロウはほとんどべそかき。うん。気持ちはわかる。
でもこの先ずーっと一生こうなんだからがんばれ。

私は冷蔵庫も冷凍庫も空っぽになってしまったのでグローサリーへ。
一気に200ドル以上も食料品を買い込んで来た。
ひさびさのまとめ買い。
でっかいアメリカサイズの冷蔵庫が二台あるから可能な技ではある。

しかしこれだけ買っても結構すぐに無くなっちゃうのよねえ・・・・
学校が始まると弁当も作らねばならないし、スナックも持って行くし、
帰宅して夕食までのあいだにまたなんかしらん食べるし・・・。
ほんと子供って一日中食べてるなあ。
餓鬼とは良く言ったものだ。

タロウは学校がとても楽しかったそうで、ご機嫌で帰って来た。
お子さんの具合が悪くてずっと休職している体育の先生の代わりに
今日から新しい男性の先生が来たと喜んでいた。
今までの代理の先生は女性で、あまり面白くなかったらしいのよね。
男の先生の方がきっと色々ダイナミックだろうし楽しいんだろうな。

ナナは「なんか、久しぶりに英語喋った!」と言っていたので笑った。
そうだわね~、家の中にいると完全に日本語だもんね。
時々、タロウと英語で話している事はあるけどほんの瞬間だし。
早速宿題がどっさり出たようで悲鳴を上げていたが、
自分できちんとやる人なので親は楽である。
ほんとにえらいな~。

私はジェフリー・アーチャー「12本の毒矢」という短編集を読んでいる。
これ、実は以前日本語で読んだ事があるのだけど、まったく覚えてないのよね~。
短編ならとっつきやすいだろうと思って買って来たが、やはり面白い!
3作目まで読み終わってしまった。
と言ってもわからない単語も言い回しも適当にすっ飛ばして、だが。
ちゃんとノート取って単語調べて読まないと駄目かしら。



☆     ☆     ☆

スパゲティ2種(ミートソース、エビのパルマローザソース)、グリーンサラダ

新年の抱負

アメリカでも新年には日本と同じように「新年の目標」をかかげる。

今年の私の目標はというと

「なるべく沢山の本(ジャンルは問わない)を英語で読んで、語彙を増やす」

こと。


もともと本を読むのは好きで、夢中になっていると周囲の音が聞こえなくなるくらいなのだが
さすがにそれは「日本語限定」であった。
だから里帰りの時にまとめて日本語の文庫本を買って帰って来たり、
日本の週刊誌を定期購読で取り寄せたりしていた。
でもこの頃、このままじゃいかんかな~、と、ふと向上心が芽生えたのである。

というのも、子供達の学校のFund Raising(寄付金集め)で
年間購読する羽目になったこちらの雑誌がいくつかあり、
なんとなく読んでいたら英文読解が少し楽になってきたからだ。
そしてわかったのは「興味のある記事ならば英語でもちゃんと読める」ということ。

・・・そういやそうだよな~。
料理のレシピとか、「初めての妊娠・出産」なんて本なら読めたもんな~。
英語か日本語か、ではなく、「内容に興味が持てるかどうか」なのか。

アメリカに来た最初の頃は興味もへったくれもなく、ただひたすら
「必要に迫られて」読んでたけどね。家電の説明書とかさ。


というわけで今年の目標は「英文を読んで英語の語彙を増やす」。


子供達も学校で本を読むよう指導されており、読んだ本のレベルと冊数に応じて
色々ご褒美がもらえたりするそうだ。
ナナは日本語でも英語でももともと読書が好きな人なのであまり苦労していないらしい。
タロウは日本語でも英語でも事実の羅列とかデータが好きな人なので、
物語を読んだりするのはいまだに苦手なようだ。これはまあ個人の好みだからしょうがないか。

私が最近思うのは、「子供達は日米バイリンガルで育てているけど
読み書きは英語を主にした方がいい」ということ。
日本語は日常会話ができればいい。
それよりも英語で論文を読んだり書いたり出来る力があるほうがいいのでは、と思うのだ。
というのはこのインターネット時代、情報はあっという間に世界に広がるが
自分で調べていて思うのは「日本語で調べられる情報量は、英語のそれの10分の1以下」ということ。

もちろんネット上の情報なんて玉石混交だが、それにしても日本語のサイトはお粗末な事が多い。
調べたい事があったら英語でググった方がずっと詳しい情報が得られ、
さらに英語圏でない国の情報まで英文で調べられたりするのだ。

専門分野の論文にしても然り。
結局は英文でないと受け付けてもらえなかったり、そもそも評価してもらえなかったりする。
それならば最初から英文で書けるように訓練しておいた方が後々楽なのではないかと思うのである。


やや話はズレるが、日本でバイリンガルに育てるにはどうしたらいいかとか、
小さい頃から英会話教育を始めるべきかとか、最近よく目にするテーマだと思う。


「しゃべる言葉なんてネイティブの人だってあちこちの出身地訛りがあるのだし気にする必要は無い。
よって、小さい子が英会話を習う必要性は無いと思う。
それよりも英文を読み書き出来る力をつけるほうが、この先国際社会で役に立つと思う。
会話なんて慣れだから、基本(読み書きや文法)が出来ていれば後からでなんとでもなる」


って、言ってあげたいな~~~。

かつての国連の明石代表の、めちゃくちゃ日本訛りだがとても品のある正しい美しい英語スピーチを思い出す。



発音じゃないよ、要は中身でしょ。



ということで私はとりあえず本を読みます。
まずは語彙を増やさないとね。





☆    ☆    ☆

焼肉、焼きそば、白菜のキムチ、ポテトサラダ

まあそんなもんよ

かの大手サイト「ろじっくぱらだいす」の代打日記テーマが

「10年前の自分に言いたいこと!」

だったのでものすごくトシを実感したわたくしでありますよ。


・・・・だって、きっと、20代の人が10年前を振り返れば
学生だから色々思う事も言いたい事もあるでしょうが。

わたくしの場合、10年前つーと二人目(タロウ)がおなかにいた年末ですがな。

生活と人生のベースとしてはひとつも変化が無い、というわけで。




うーん。

そう考えると、そうだなあ、「20年前の自分に言いたいこと!」だったら、あるかも知れない。

でも

「その決断は正しい!困難はあるけど突き進め!」

ってくらいで目新しくも笑いを取れそうにもないのでやめとくか。






ああ。


そういえば、BJと知り合って20年になるんだ。






☆     ☆     ☆

鳥手羽と大根のべっこう煮、カニカマとわかめとキュウリの酢の物、ポテトサラダ、
釜揚げシラス、長いもの千切り、白菜のかき玉中華スープ

元旦の恒例行事

我が家の元旦の恒例行事に「家族写真を撮る」というのがある。

これは実に結婚した最初の正月からずっと続けている、いわば
「家族の定点観測」といったもの。

結婚前、どこかのエッセイだか何かで読んだか聞いたのを真似したのだが
かれこれ15年も続けているわけでかなり面白い記録になってきた。

まあ私たち夫婦は年取っていくだけなので面白くもなんとも無いが、
子供達の成長がひと目でわかるのと引越しの記録が見えるのが楽しい。
ことに我が家の場合引越しが激しいので・・・・。

しかし15年の写真の中で、BJが全く同じ服を着て写ってるのが5枚はある。

物持ちがいいっつーのかなんつーのか。
ま、いまだに大学時代から着てるセーターがあるような人だから不思議では無いが。


撮り始めた当初は考えもしなかったが、これは結構いい習慣かなと思う。
子供が小さい頃ならいざ知らず、最近はもう
「家族全員が揃って」写真に納まる機会がほとんど無いからだ。
わざわざ三脚出してタイマーで皆そろって記念写真、なんて
こっ恥ずかしいし面倒臭くなってなかなかやらなくなっちゃうもんなのね。
旅行先でも子供達だけを撮るとか、夫婦が交代でシャッター押すから
皆で写ってるのなんて1~2枚あるかどうかだし。

そういえばスタジオで記念写真、ってのもしばらく撮ってないなあ。
ナナとタロウの七五三が最後かな?
そのうちまた撮りにいくか。



☆    ☆    ☆

シュガーボウル(大学フットボール)を見ながら夕飯。
サルサとトルティーヤチップス、スピナッチディップとパン、クリームチキンキャセロール
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR