クリスマスツリー

感謝祭も終わったので、クリスマスの飾りつけをした。



飾りつけ

ナナとタロウでツリーの飾りつけ。
玄関ホールの真ん中に設置。



ツリー


完成。ライトアップすると綺麗だ~。
もうちょっとオーナメントが欲しいところだが、まあまあでしょう。



ストッキング


暖炉にはちゃんとクリスマスストッキングを下げた。
と言ってもこっちの暖炉はガスストーブだから、煙突は無いんだけどね。
もうひとつの暖炉はホンモノなので煙突があるが。

玄関にもクリスマスリースをかけ、ドアの両脇にライトつきのグリーン(我が家では
門松と呼んでいる)も置いた。
近所の家もクリスマスライトが綺麗。
この時期は夜のドライブが楽しい~。




☆    ☆    ☆

レモンペッパーチキン、ホワイトシチュー、ブロッコリーニ(茎まで柔らかいブロッコリー)、
マッシュドポテト、スタッフィング、グリーンサラダ

スポンサーサイト

カニと牡蠣

キングクラブと牡蠣を買って来たので、夕飯は鍋。

近所のスーパーでいつも冷凍キングクラブが売られていて、
気になってはいたのだが今まで買った事が無かった。
今日は鍋にしてみよう、と初めて買ってみることに。

結果。

・・・いや~~~、美味しかったっっ!!!

家族3人(タロウはカニや海老が嫌いなので食べない)で満足するほど食べて20ドル。
これなら安いわ。レストランで食べたらいくらするんだろ、って量。

牡蠣も思ったより粒が大きくてぷりぷり。
フライにしたら縮んでしまいそうだけど、鍋にしたので大きくて美味しかった!
ナナはもっと牡蠣が食べたかったらしい。次回はもう一パック買ってこなきゃ足りないか。

鍋のスープにもたっぷり出汁が出ていいお味。
とっといて明日雑炊にせねば。

は~、満足。満腹。


Black Friday

感謝祭の翌日はBlack Fridayと呼ばれる、一年で最大のバーゲンセールの日。
モールなどには木曜日の夜から、開店待ちの人々が列をなす。
TVのレポートを見ていたら本格的なテントを張っている人もいて驚いた。
まあねー、今年寒いもんなー。外で待つの大変よね。

モールは朝6時開店、量販店などは4時開店(!)のところもある。

・・・・・絶対働きたくないな、そんなとこで。

家電店のチラシを見ると、「限定×台!プラズマテレビ ○○○ドル」とか、破格なセール品がのっている。
なるほど、こういうのを手に入れるためには前夜から並んでないとダメなわけね。

どのくらい混んでるものだか、ちょこっとBJと二人で冷やかしに行ってみた。
確かに混雑しているが、以前バーミンガムのギャレリアモールで体験した人ごみに比べたら何てことない。
ま、ギャレリアは南部最大のショッピングモールだから、比べちゃいかんか。

ホームシアターシステムが欲しいな~と思って見てみたが、
うーむ、やはり高いもんはいい。
こういうのはバーゲンになってないのねえ。残念。

BJのセーターなどちょこちょこ買って帰宅。
そろそろクリスマスプレゼントの買い物も始めないとな。




☆    ☆    ☆

おでん、冷凍コロッケ、野菜オイスターソース炒め

感謝祭

サンクスギビングのパーティに、二軒隣のアーリア達のおうちにおよばれ。
カリフォルニア巻きを作って、手土産を持って徒歩で行こうとしたら、
子供達はしっかり車に乗り込もうとしていた。
・・・あのねえ!このくらいの距離、歩きなさいよ!!

招かれていた家族は皆子供同士が同じ学校の子達なので、
すぐに遊び始めてもう賑やかなこと賑やかなこと・・・。
上はアーリアとうちのナナの13歳、下は19ヶ月の赤ちゃんまで総勢13人!!

・・・・4家族しか来てないのに子供13人って・・・・。

いや、目が回った。

帰宅してからBJは

「うちに、もうああいう子(走り回る年齢の幼児)がいないからさー、
うわっ、もうだめだ、って思ったよ。」

と言っていた。

わははは。うん。小さい子に付き合う体力はもう無いよね、お互い。
自分がまさにああいうチビの相手してた時代には、よその子が走り回っても
うるさいともなんとも思わなかったんだけどねえ。
たまにこうしてそういう年齢の子達を見るとびっくりするわね、もう。

アーリア達のおうちはとても広く、室内プールまであってゴージャス。
いいなあ、こんなとこに住めたらそれこそ子供が5人いても問題ないよねえ。
お庭には公園みたいな遊具も設置してあるし、東京だったら考えられない住環境。
子供達ものびのびするわなあ、これは。

ご馳走をいただいて、子供達のピアノ演奏やギター(これはタロウ。自分も弾いてみせたい、
というのでいったん家に帰ってギターを取ってきたのだ)を聴いたり歌ったり、
Wiiスポーツで盛り上がったりして楽しかった。

ごちそうさまでした。


お休み

今日から子供たちの学校はサンクスギビングホリデーで5連休。
日本のお盆のように、帰省する人達で空港や高速は混雑する時期であるが
我が家はBJが普通にお仕事なので特に予定もなし。

近所はクリスマスの飾りつけが賑やかになってきたし、
ラジオでもクリスマスソングが流れるようになってきたが
私は感謝祭が終わるまではなんとなくクリスマスの準備をする気になれないので
まだ手をつけていない。
明日の感謝祭が終わったらツリーを出そう。

落ち葉がものすごい事になってきた。
12月になったら業者に頼んで片付けてもらう予定だが、
それまではちまちまと自分でブロワーで飛ばしたりして掃除している。
今年買ったBlack and Deckerの充電式ブロワーが便利。
コンパクトで軽いがなかなかパワフルでよろしい・・・・
と思ったのだが、充電池がすぐ弱くなってしまうのは惜しい。
我が家の庭が広すぎるせいもあるんだろうけど、やはりコード式のほうが良かったかなあ。
でも熊手やほうきで掃除するよりははるかにラクなのでよしとする。

明日は感謝祭当日。
お隣のアーリア宅におよばれしているので、久しぶりにカリフォルニア巻きを作る予定。



☆    ☆    ☆

チーズフォンデュ、サラダ

お刺身!

アラスカから通販で取り寄せたお魚がFEDEXで届いた。
発泡スチロールに保冷剤が入って、冷凍された刺身や切り身やカニが。
うきゃ~~~、美味しそうっっ!!

というわけで早速今夜はお刺身。ご馳走だぁ♪
感謝祭のご馳走よりも我が家では好評。当たり前か。

ピンクまぐろ(色はぼやけたピンクだが脂がのっていて美味しかった)
ほたて (甘い~、おいしい~)
甘エビ (言うことありません)
うに  (これはあたりだった)
オヒョウのエンガワ(ちと脂がのりすぎていて、ポン酢で食べたけど私にはくどかった)

それから私がどーしても食べたくてオーダーした釜揚げシラス。
これはアラスカ産ではなく静岡産であった。うま。

まだあるけどほかは冷凍のまま保存。
いっぺんに食べたらもったいない。

この会社Favcoはネット販売はしておらず、口コミだけで営業しているそうだ。
日本人が窓口になっていて、日本語で問い合わせ・注文が出来る。
全米への発送のほか、品物によっては日本へも発送してくれるそうだ。

まずは電話かEメールで注文書と価格表を取り寄せるべしということで
私はEメールでやりとりしたが、レスも早くて感じが良かった。
また利用しよっと。


Eメールはこちら

Sakana@favco.net  日本語担当者は浜口美千代さん



小切手詐欺

帰宅したBJ(今回のみ、仮名でマサハル・フクヤマとします)が

「今日の新聞、見た?これこれ、小切手詐欺の記事。」

と、一面の記事を差し出した。

いや、見てないけど、と言って読み始めて吹いた。



「この偽小切手は『マサハル・ハシモト』名義であったが、
サインの欄はDavid Caskerとあったため詐欺と判明した」


・・・・なんでローカル新聞で日本人名義の小切手詐欺!??
しかも苗字は違えど名前全く一緒だし。
どっからこの名前が出て来たんだろう。
っていうか日本人の名義にサインがDavidって・・・・あほすぎるでしょう。

しかし記事によるとこのところの不景気で、こうした小切手詐欺が増えているそうだ。
こちらは個人が小切手を書いて支払うのが一般的だし、
クレジットカードと違ってその場で確認したりしないしなあ。
いざ引き落として現金化しようとした時になってやっと偽物だと判明するわけで
その頃には犯人はどこかへ行ってしまっているのだろう。

レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスで映画化された
「Catch Me If You Can」も小切手詐欺の話だったな。

あれは全米あちこちで小切手詐欺をする実話だったけど
このマサハル名義の小切手も実は全米に出回っているのだったりして!??



☆    ☆    ☆

リブアイステーキ、野菜のガーリックオリーブオイル炒め

American Music Awards

昨日はAMA(アメリカン・ミュージック・アワード)の発表。

New Kids On The Blockが最近再結成したのだが
彼らのパフォーマンスがあって思ったより格好良かったのでびっくり。
ナナは往年のアイドル時代の彼らは全く知らないが、
今回のパフォーマンスを見て「かっこいい!」と感心していた。









オープニングはクリスティーナ・アギレラだったのだが、かつてのマドンナみたいだった。
でも歌うまいよねこの人。

ジョナス・ブラザースはすごい人気だけど私はどーも・・・・顔が苦手だ。3人とも。

ビヨンセかっこよかった。
リアーナもかわいかった。
アリシア・キーズもきれい。

アニー・レノックスが特別賞をもらってたが、ずいぶん老けたし声も落ちたなあ。
ちょっと淋しい。

去年、賞をもらえずかんかんに怒っていたカニエ・ウエストは今年は賞がもらえてた。良かったねえ。

大賞はクリス・ブラウン。

Bass Pro Shops

日本食品のストックが大分底をついて来たので、Birminghamまで買出しに。
ナナは宿題(ジオグラフィーのレポートをパワーポイントで作成する)を済ませたいと
言うので、家に置いて行く。もう一緒に来てくれないのね~。ぐすん。
しかし彼女の学校の宿題は、聞いているとまるで大学のレポート作成のよう。
レベル高いなあ。

Birminghamに向かう途中、そういえばBass Pro Shops
新しい店がオープンした、とローカルニュースで大々的にやってたなと思い出した。
どうせ通り道なので、ちょっと寄って覗いて行く事にする。

高速から良く見える高台に店があり、出口からすぐ。
こりゃ迷う事も無いし、店自体が看板みたいなもんだなあ。
と思いつつ向かうと、パブリックの駐車場は直進すべしとの表示が。
RVとデリバリーはすぐ店の前に入れるようだったのだが、
とりあえず表示に従って道を進む。

すると右手に駐車場への入り口が見え・・・・って、なんじゃこりゃ!?
サファリパークの入り口みたいだよ。これ何てテーマパーク?

一方通行の山道(に仕立ててある新しい道)をくねくねと上り、下り、
沢を眺め、橋を渡って池の周りをぐるっと回って・・・・・

・・・・って、いつになったら駐車場に着くの。これ。

気分を盛り上げるためなのかな~。
プラス、店で売ってるデコイや狩猟道具、ボートなどの展示も兼ねているらしい。
ほんとテーマパークって感じ。なんかケタが違う・・・・。
山ひとつ買い取ったんじゃないのかしら。

遊歩道こちら、なんて看板もあったし、ハイキングも出来るのか!??洒落か!?


山ひとつ越えてやっと店のそばに到着。
駐車場がこれまた馬鹿げて広いが、幸い店のすぐそばに止める事が出来た。
ディズニーワールドみたいにシャトルバスが出てるんじゃないの、なんて言って
笑っていたら、本当にシャトルが走っていたのでまたびっくり。
・・・・いまだにアメリカの広さに慣れないわたくし。

店に入るとこれまたあまりに広いのでつい笑ってしまった。
迷子になりそう。

男の子の喜びそうなアウトドアスポーツ用品がなんでもある店で、
釣り、キャンプ、狩猟、アーチェリー、ボート(本体がいくつも展示されている)、
そしてこの店がスポンサーもしているNASCARのコーナーなどがある。

タロウは早速NASCARのコーナーにはりつく。
意外とモータースポーツにも興味あるらしい。
っていうか、着々と南部の男の子になってるよねキミ・・・・。

店内には滝の流れる大きな水槽もあり、そこで釣りの実演をしていた。
レクチャーもあるのか。

それぞれのコーナーには、NASCARレースを体験するゲームとか
ハンティングのゲームなどがあってほんと遊園地みたい。
タロウもシューティングをちょっとやってみたが面白かったらしい。
私はNASCARのドライビングゲームやってみたかったかな。


我が家は釣りも狩猟も趣味ではないので、結局靴など買っただけ。
それでも1時間も店内にいたのであった。
なのにまだ全部は見て回れていないという・・・・。
どんだけ広いの。

BJの病院の男性ナース達が

「もう、あの店は一日中いても楽しい!」

と話していたらしいが、ほんと興味のある人ならそうだろうなあ。
特に探し物もない私たちでも結構面白かったもの。


意外にBass Pro Shopsで時間を食ってしまったので、
Birminghamでは最低限の買い物だけして早々に帰路に着く。
でも面白かった~。まあ、当分行く事は無いだろうけど。


そして帰宅してレシートを見ていて気がついたこと。

店の住所が「0000 Future Road, Leeds」ってあーた・・・・。

番外地ですかって。

なーんにも無いとこに、道から作って店出したんだろうなあ。
地図に載ってないに違いない。
確かに周りは高速の入り口と、ガソリンスタンドしか無かったもんね。
それともこれからひらけて行くのかしら。



☆    ☆    ☆

スパゲティ・カリオストロの城風(単に大皿にミートボールスパを大盛りにしただけ。わかる人にはわかるネタ)
バジリコのスパゲティ、バッファローウィング、白菜のサラダ、ほうれん草ナムル、
ガーリック詰めのオリーブとかマリネしたアーティーチョークとか色々

七面鳥

タロウは案の定体中筋肉痛になったそうで、朝からへろへろ。
「笑うとおなかが痛い~~」
と言ってるので腹筋まで痛いらしい。わはは。
普段使わない筋肉をがちがちに使ったからだろう。
おとなしくしてれば治るさ。

今度の木曜日は感謝祭。
我が家は今日、ターキーを焼いてごちそうを作ることにした。
年に一度しか焼かないので毎年手順を思い出すのに苦労する。
3日前から冷蔵庫で解凍しておいた冷凍ターキーを出してきて支度する。
今年のターキーは11ポンド。これでも小さめである。
325度のオーブンで3時間半くらいで焼きあがる・・・はずだったが
解凍がまだ半端だったのか詰め物が多かったのかなかなか焼けず。

付け合せはいつものスタッフィングにグリーンビーンズキャセロール、
コーンブレッドキャセロール、デザートはパンプキンパイ。
缶詰のクランベリーソース(ジェリー)も買って来た。

今年はターキーカーヴィングのセットを買って来たのだが、
これが使いやすかった!さすが専用の道具。
ターキーをロースティングパンから持ち上げる熊手の小さいのみたいなのが2本、
カッティングボード、切り分け用のナイフとおさえのフォークがついている。
ナイフが思ったよりずっと切れ味が良くて驚いた。

今年も結局オーブンで丸焼きにしたのだが、来年あたりは
南部名物、七面鳥の丸揚げに挑戦してみようかなあ。




バースデイパーティ

タロウの同級生が二人合同でパーティをするというので夕方4時からお出かけ。
隣の家のメリアムも一緒に連れて行く。
下の子の咳がひどいので連れ歩きたくないが、メリアムは行く気でいるので
出来たら連れて行ってもらえないか、とママのヘレナに頼まれたからである。
もちろん構いませんわよ~、どうせタロウは連れて行く予定だったんだし、
ひとりもふたりもかわらないから。
それに普段、タロウはあちらの家にお邪魔してばかりで
ウチで預かって遊ばせる事が少ないから、こんな時くらいお役に立たないとね。

4時半からローラースケート場でのパーティだったのだが、
初めて行くスケート場だったためうっかり通り過ぎてしまい、戻るはめに。
だって道からちょっと引っ込んでて、おまけにどう見ても打ち捨てられた倉庫って
感じの建物だったんだもの・・・・・・。
もっと大きく看板出しといてくれ~!

スケート場は貸切だったので、音楽もあまりうるさくなかったし
子供たちの盛り上がる曲をかけてくれて楽しそうだった。
しかし、外も寒いがここの中も寒かった~~っ!!
滑って走り回っている子供達にはちょうどいい空調だったのだろうが、
私は立って見てるだけなので寒くて寒くて・・・!
手がかじかみそうだったわまったく。もっとしっかり着込んで行くべきだったな。

6時半のおひらきまでタロウはお友達とひたすらすべりまくり、
メリアムも仲良しのオリビアとずーっと一緒に滑っていた。
楽しかったようで、良かった良かった。

もう3年生なのでこの頃はこうした大掛かりなパーティが減った感じがする。
そろそろ幼児でも無くなってきた、ってとこか。
タロウのパーティはこちらへ戻って来てから一度もやってないのだが、
今度くらいは最後ってことで盛大なのをやるべきかしら。


☆    ☆    ☆

焼肉、野菜炒め

王様最高

「千の風になって」がどーにもこーにも嫌いなので、
これを見つけた時は笑った。
良く出来たパロディ(でもちゃんとオリジナル曲なのよね)だなと聴いていたのだが
いやあ、ストレートなメッセージで、好きだわこれ。
王様最高。



万の土になった~お墓参りに行こう~





暖炉

先日、煙突掃除をしてもらったので(おじさん一人来て100ドルだった。
100ドルってメンテナンスの最低料金ラインなのか?)今シーズン初暖炉。

だってこのところほんとに寒いのよ~~~!!
夜は0℃以下だし、日中もやっと7~8℃まであがるかどうか。
うーむ。ほんとに地球温暖化してるのか。寒冷化してるんじゃないのか。

全館暖房入れててもなんかスースー寒い。
というわけで暖炉。
っつっても本当の薪を燃やす暖炉なので、熱のほとんどは煙突から逃げちゃうのだが。
でもま、雰囲気的にあったかいっていうか。
もうひとつガスの暖炉(要するにガスストーブ)もあるが、
そっちのほうが格段に暖かいのだがガスくさくてイヤなので使っていない。
火の色も青くて、いかにもガスだし・・・・。

しかし暖炉で燃やすと、太い薪でもどんどん無くなってしまう!
また今年もトラック一台分薪買わないと間に合わないな。


☆    ☆    ☆

チキンカツ、サラダ、フレンチフライ、ポートベロとアスパラのガーリック炒め

Roomba Driver

自動掃除ロボットRoombaを華麗に乗りこなす猫にゃん。






このRoomba、うちのと全く同じ機種だ。
ちなみにうちの猫も充電中のRoombaの上に乗って
毛づくろいする事があったが、お尻でうっかりスイッチを押してしまい
動き出してびっくりして飛び降りる、という事が数回あって以来乗らなくなった。
どうやったらこんな風に乗っかってくれるようになるんだろ!??

マーヴィン・ハムリッシュ

BJと二人で、夜7時半からMarvin Hamlishのコンサートへ。
子供たちは留守番。もうナナが大きいので置いて行けて助かる。

前日ナナに
「明日、パパとママお出かけしても大丈夫?」と訊いたら
「大丈夫」と言うので

「わーい、デートだ~♪」

と私が喜んだら思いっきり呆れられてしまった。

マーヴィン・ハムリッシュという名前は不勉強で全く知らなかったのだが、
映画音楽やブロードウェイミュージカルの作曲家で
アカデミー、グラミー、エミー、トニー、ピュリッツァー賞すべてを受賞している
有名な人なのだそうだ。

本人については全く知らなかったが、なるほど、演奏されたのは知っている曲ばかり。
The StingのテーマやThe Way We Were(追憶)、コーラスラインの曲もこの人なんだ!

彼自身がピアノを弾き、男性歌手と女性歌手がひとりずつ出るシンプルなコンサートだったが
何しろこの作曲家が話がうまくて面白いのなんの。
なんなの。どうして作曲家がこんなに喋れるの。

入り口でもらったプログラムには曲目が印刷されていたのだが、
喋りが多かったからか?何かの都合か?プログラムよりも曲数が少なかったのはちと残念。
もっと歌がある予定だったようなのだが・・・。

歌手が二人ともオペラ座の怪人に出ていたミュージカル俳優たちだったからか、
フィナーレはアンドリュー・ロイド・ウェーバーのオペラ座の怪人から
I Dreamed a Dream or Phantom of the Operaと
Music of the Nightの二曲。

やはりドラマチックですごいなあ。
これは舞台見た事無いのだけど、映画になってるから見てみようかしら。

笑ったのは「ハッピーバースデー」のメロディを、バッハ風・モーツァルト風・
ベートーベン風にアレンジして弾いてくれた曲。
いかにも!って感じでほんと大笑いだった。
ちょっと清水ミチコの「矢野顕子風ひょっこりひょうたん島」を思い出してしまったが。

「私はジュリアード音楽院を出てるんだ」

と笑いのネタにしていたが、Wikipediaで見てみたら
7歳の時、史上最年少でジュリアードに入学してるのねこの方。すごい。
やはり栴檀は双葉より芳し、なのか。


それにしてもこのコンサートに集まった人達の平均年齢の高さにも驚いたが、
来ている人達が皆そろいもそろって上品なのにも驚いた。
・・・・アラバマにもこういう階層の人達っていたんだ・・・・・。
レッドネックしかいないのかとばっかり思ってたわ。普段どこにいるんだろうって感じ。

ミンクのコートも当たり前に見かけたし、肩の大きくあいた
イブニングドレスのおばさまもいたし、ドレスとマッチした長手袋までしているご婦人も。
・・・・うは~、カジュアルな格好して来なくて良かった!!

もちろん夜のコンサートなので、一応それなりの格好はしていってたのだが
まさかイブニングドレスで来てる方がいるとは思わなかったのよ。
よし、次回は私も着物着て来るぞ!って張り合うところじゃないかそこは。


アメリカって普段はどこでもカジュアルな格好で行かれるけど、
こういうTPOはもちろんあるわけだ。
それでまた思い出してしまう、以前日本人ご夫婦がクリーブランドオーケストラの
クリスマスコンサートに夫婦してトレーナーとジーンズで行った、という話。
・・・・育ちが知れますわよ、それって。
とは言わなかったが心底呆れた。
マチネーだったらしいが、それにしてもクリスマスコンサートでしょ。
子供達だってきちんとドレスアップして来るものよ、それは。
知らないって怖いわ。うちの子達にはちゃんと仕込んでおかねば。


今回のコンサートは、シーズンごとに購入しているチケットのうちのひとつだった。
あと3回分あり、シンフォニーオーケストラ、バレエ(ドン・キホーテ)、
ブロードウェイミュージカル(シカゴ)が来るので、
子供達もそのうち連れてってやろうかな。



☆    ☆    ☆


決定権はどちらに

たまには新鮮な魚が食べたいな~と思い、通販で注文することに。

価格表を見せてBJに何が食べたいか尋ねる。

BJ「うーんと、あ、これ。ハマチが入ってるやつ(刺身の盛り合わせ)。」

私 「ダメ。わたし、ハマチ嫌いだから。」





BJ「じゃあ訊くなよ~~!!(涙)」






それもそうだ。





☆    ☆    ☆

サーモンムニエル、バターガーリック味パスタ、ほうれん草のサラダ


中の人などいない!

ガチャピン、ヒマラヤ・ヤラピーク登頂!


ガチャピンすげー。

前にスキーやってるのを見た時もたまげたけど、登山まで・・・。
着ぐるみで登るなんて大変だっただろうなあ~。すべりそうだし。

次はやっぱ宇宙行きか?

しかし、ヒマラヤならムックのお里なんじゃないのかな。雪男だし。




☆    ☆    ☆

餃子、鳥手羽と大根の煮物、鮭そぼろ


マダガスカル2

以前から約束していたので、今日は現在公開中の
「Madagascar Escape 2 Africa」を見に、モールの映画館へ。

「マダガスカル」前作は、そういえば日本で見に行ったのだった・・・。
子供向け映画なので日本語吹き替えの方が多かったのだが
うちの子たちはどうしても「オリジナルの英語版がいい」という。
近所では見当たらず、結局わざわざ六本木ヒルズの映画館まで行ったのだった。
ヒルズではさすがに土地柄か、外人親子連れが多くてこれまた驚いたのだけど。
ま、東京ならではの風景、かな。
それでも「英語音声に日本語字幕つき」だったから、

「いちいち日本語読んじゃって面倒なの」

とナナが文句を言っていたのはスルーだ!


そして今日は「マダガスカル2」。
私は何といってもあの凶悪な軍隊ペンギン達が大好きなので、
彼らが活躍してくれるといいな~~、と思って見に行った。
オープニングでいきなり「カマして」くれたので大笑いだったが、
あとはそうでもなかったかなあ。

期待通り面白かったし、今回はちょっとラブストーリーな展開もあったりして
良く出来てたと思う。
でも私は前作とスピンオフに出てきたあの凸レンズメガネのおばあちゃんと、
ワオキツネザルのキング・ジュリアンが嫌いなんだよな~~・・・・。
ああいうキャラがいないとやりにくいのはわかるのだが・・・・
でも、いらなかったと思うっていうか、別のキャラが出て来ても良かったのにと思う。

その点、ピクサーのアニメにはこういうAnnoyingなキャラが
出てこないような気がする(私が気にならないだけ、か?)。

なんかそこが、ドリームワークスのCGアニメを今ひとつ好きになれない理由なような。
ピクサーは(今はディズニーになっちゃったけどさ)、憎めないキャラばっかりだと思うんだけど。


そして今回の一番の不満。

ペンギン部隊の活躍が、少ないぃぃぃぃ!!!!!


あ~~もう、ぜひともまたペンギン部隊だけのスピンオフを作ってほしいざます。
それが「ボーナスフィーチャー」で入ってたら、DVD買うざます。




☆    ☆    ☆

P.S. メルマンには泣かされました。





☆    ☆    ☆

寒くなってきたので鍋。子供たちは野菜と肉団子・鳥手羽先の鍋、大人はキムチ鍋

オズの魔法使い

特に見るものが無かったのでザッピングしていたら、
ジュディ・ガーランド主演「オズの魔法使い」が放映されていた。
ちょうど始まってすぐのところだったので、編み物などしながら見ることに。

クラシックだよな~、ストーリーも知ってるし、この映画も前に見た事があるし・・
でも細部は覚えてないからまあいいか、と、見出したのだが意外に面白かった。
何より1939年の作品だというのに驚く。
そんなに古い映画だったんだ!!??
せいぜい50年代くらいの映画かと思ってた・・・!

だってナナだって4~5年前にハロウィーンでこの映画のドロシーの仮装をしたくらいだし、
ウォルマートにはちゃんと子供用ドロシーのルビー・スリッパーズ(赤い靴)が売られていたのだ。
それどころか、今現在オンエアされているCMがこの映画の台詞
「There's no place like home.」
を使い、混んだ地下鉄に乗るビジネスマンや、友達が先にピックアップされて
学校前に取り残された子供や色々な場所の色々な人が、
目を閉じて靴のかかとを三回合わせる・・・・・というものなのだ。
「うお、これ、オズの魔法使いじゃん!」
とびっくりしたのでつい「何のCMか」は失念したが(でもそれって
CMとしては失敗作らしいけどね)。

あとちょっとで「70年前の作品」になる映画が、いまだにそうやって
人々の印象に残り、CMに使われたりアメリカン・アイドルで歌われたり
(かのOver The Rainbowである)しているのがすごい。

そしてまた、最近の「ファンタジー映画=CG満載」、というのを見慣れた目に
こうしたアナログな特撮がむしろ新鮮なことにも驚いた。
デジタルなものって、最初はものめずらしいけどなんか飽きちゃうみたいな気がする。
人間の手作り、手作業なもののほうが、味があるっていうか・・・。
いや、そりゃあ、CGに比べたらずっと稚拙なんだけれども。


退屈したら途中で寝ちゃおう、と思っていたのに結局最後まで見てしまった。
やはり名作は面白い。





☆     ☆     ☆

チーズフォンデュ(フランスパン、ブロッコリーやほかの野菜スティック、蒸し鶏)


町内会のFall Festival

日中、学校へランチのお手伝いに行く。
大分慣れてはきたものの、まだ子供たちの名前と顔が一致しない・・・・。
せめてタロウの学年の子達くらいは覚えたいところだが・・・・
苦手なのよねえ、名前覚えるの。ほんとダメ。
アメリカ人はすぐ名前を覚えてちゃんと呼びかけるので、いつも感心する。
覚えるコツみたいなもんがあるんだろうか??

今日の出前はマクドナルドからなのだが、6年生の男子達はあらかじめ
二個ずつ注文していたので笑った。
チーズバーガーとサラダ、なんていうセットだからとてもひとつじゃ足りないらしい。
多分サラダなんて食べてないだろうしな。
一応学校向けのメニューということで気を遣ってるのか何か、フライドポテトがついてこないのだ。
もちろん子供たちには不評。ははは。

低学年の子は、初日に
「オモチャもついてくるの!?」
ときいてきてかわいかった~~~。
ハッピーセットじゃないのですよ、残念ながら。

夕方4時からはここの住宅地の自治会による秋祭り。
・・・・って日本語で書くとなんかイメージ違うわね。
住民が集まってホットドッグを食べたり子供たちを遊ばせたりする催しである。

お隣のアーリアの弟アミーンと、妹メリアムが一緒に行きたいというので
タロウと一緒に連れて行ってやることに。
ナナはもうこういう所へ連れて行っても喜ばないし、
家でゆっくり一人でネット出来る方が楽しいそうなので置いて行く。
なんかさびし~~~~。

アミーン達のママは、5人の子供たちを引き連れて出かけるのが大変なせいもあるし
本人がシャイなタイプなせいもあるだろうが、こういう催しには出た事が無いそうだ。
子供たちを連れてってくれて助かる、と喜んでくれたので良かった。
どうせ私はタロウに付き添うつもりだったし、タロウもお友達が一緒の方が楽しいしね。

住宅地内にある公園に、ムーンウォーク(空気でふくらませたトランポリン)が
設置され、子供たちは早速そこで飛び跳ねて遊んでいた。
同じ学校の子達も来ていて、きゃーきゃー大騒ぎ。
それでも長年の住人のおばさまによると

「みんな子供が大きくなっちゃって、今は淋しいわね。
このFall Festivalも
昔はポニーライドやヘイライドがあったり本当ににぎやかだったんだけどねえ。」

ということらしい。

住宅地が古くなっていくにつれ、住民の平均年齢も上がっていくわけだから仕方ないけど。

6時頃からBonfireが始まった。

・・・・・何この焚き火。

キャンプファイヤーというよりあごんの火祭りって勢い。
いや、阿含の火祭り(星まつり、というのが正しいらしい)なんて実際見た事無いけどさ。

なんかアメリカってやっぱ何もかもケタが違う・・・・・。

あまりの火の勢いと大きさに、ほかに飛び火したりしないのかと心配になるくらいだった。
なんせ2~3メートル離れてても顔が熱いのだ。
東京の住宅地だったら消防が飛んで来そう!?

適当にホットドッグなど食べさせてもらって、ぷらぷらと子供達と帰宅。
暖かい夜だったので良かった。タロウも楽しかったようだし。
来年あたりからはデザートか飲み物持っていかないと悪いかな~。


☆    ☆    ☆

シェパーズパイ、エビとオニオンスライスのサラダ、バーニャカウダと野菜スティック

ペンキ塗り終了

今朝も8時半からペンキ屋が来て作業の続き。
猫は再びナナの部屋に閉じ込める。
12時半頃には終了。早かったな。
しかしペンキのにおいがこもって大変。
と言っても我が家のリビングの窓ははめ殺しで全く開かない。
うーむ。どうやって換気すればいいのだ・・・・セントラルエアコンかけるしか無いか。

実家の母からマフラーや手袋のプレゼントが届く。
いつもありがとうございます。
ナナもタロウもとても気に入って喜んでいた。
さすが、彼らの好みをよくご存知で。

一緒にこまごました日本の駄菓子が入っており、こちらも大うけ。
こういうのが貴重なんだよね~、こっちにいると。
しかし送料考えるとすごい高いうまい棒だ。わはは。

夕方、学校で編み物クラブに入っているナナが家でもやりたいというので、
クラフト屋に毛糸や編み針を買いにいく。
私も一応出来るのだが、この頃はやってなかったのでついでに私の分も。
最後に作品仕上げたのはタロウのための赤ちゃん毛布だったから・・・
げっ、もう9年以上前ってことか!

女子高生の頃は彼氏にセーターだのなんだの編むのが流行したから、
私もご多分にもれずせっせと編み物したりしたのよね~。
わははは、なつかし~~~。

という話をしたらBJが「俺、編んでもらった事無いぞ。」

あら。そういえばそうねえ。
っていうかもう自分の下手さがよーくわかってるので、
旦那さまにそんなもん編んでさしあげられませんのよ。
昔は「手編み」ってだけでほら、一応価値があったからさ~~~。
それにまあ、あれは、自己満足だしね。
もらった彼氏もさぞ迷惑だったことだろう、と、今ならわかる。

上手な友達もいたのよねえ。
器用で、カウチンセーターまで編んでたりしたなあ。
その彼女は結局杉野短大(被服科、もとのドレメ)へ進んだ。そりゃそうだ。
あのくらいの作品だったらもらった方も嬉しかっただろう。

さて、変わり毛糸を初めて買ってきたので、何を作ろうかな。
目が数えづらそうだから、プレーンなマフラーがせいぜいかしら。



☆    ☆    ☆

天ぷら(ズッキーニ、にんじん、ポートベロ、ティラピア)、えびのカクテル、中華春雨サラダ

天井の修理

朝から天井を塗るペンキ屋が来て作業。

猫はナナの部屋に閉じ込めておく。
職人が出入りする時に外へ出てっちゃったりしたら困るから。
ウチへ来てからは完全室内飼いにしているが、それでも2~3回は
玄関先で立ち話している時にちょこっと出てしまったりした。
庭先を歩くだけですぐ戻っては来たのだけど。
10日くらい前にお隣のアーリア宅の猫が外へ出てしまい、
そのまま行方不明なのを聞いてからは一層心配で。

まあしょうがない、今日と明日は半日ずつ閉じ込めておかねば。
どうせ半分くらいの時間は寝てるだろうし、大丈夫だろう。
って、私のほうが寂しくて我慢出来なかったりして。
毛玉がそのへんちょろちょろ歩いてないとなんか変だわ~。

今日は家具やカーテン、シャンデリアのカバーをかけて
天井の細かい部分だけペンキを塗って作業終了。
続きと仕上げは明日。



☆    ☆    ☆

オムライス(最近のは薄焼き卵できれいに包まなくていいので楽だ)、サラダ
ブルーチーズ・ブリーとクラッカー、グースのパテとパン、スモークドオイスター

修学旅行説明会

夕方6時から、ナナの中学で修学旅行の説明会。
ナナ達7年生と、8年生は合同でチャールストン・サバンナへ出かける。
9年生はワシントンD.C.へ。
10年生~12年生は二手に分かれてニューヨーク、ドイツへ行くそうだ。

この辺のアラバマ人はニューヨークにだって行った事の無い人が多いから、
ましてドイツなんていったら大変な事だろうなあ。
やはり私立は違うわね。

ナナ達は4泊5日で、学校からチャーターしたバスで出かける。
先生方としては親は基本的について来て欲しくないそうだが、
どうしても来たかったらバスの後を運転してついて来てもいいとのこと。
・・・そこまでする親がいるのかな~。いるのかも知れないけど・・・・。

日程は来年3月。
予定表が配られたが、見学先が多くて面白そう。
私もまだチャールストンやサバンナに行った事が無いので、羨ましい。
「風と共に去りぬ」の続編「スカーレット」の舞台がちょうど
チャールストンとサバンナだったのよね。行ってみたいなあ。

旅行に参加しない生徒は、その間(月~金)学校に残って
通常授業ではない特別プログラムを受けるそうだ。
去年はエアロビクスをやったりカウンセラーの話を聞いたり、
地元の医療機関から保健衛生の話をしに来てもらったそうだ。

・・・修学旅行に、「参加しない」という選択肢があるってのが驚き。

そういえば去年、ナナ達が学校でキャンプに行った時も、
参加せずに学校に残ってた子がいたなあ。
そしてそれを周りの子達が別に変だとか思ってなかったのにも感心した。
日本だったらもうそれだけで「仲間はずれ」で「いじめの対象」になりそうなもんだと思うが。
各自の事情や各々の考えは違うものだ、というのが浸透してるのだろうか。
横並びが一番で、皆と同じでないと不安に思う日本の学校で育った私にはわからない感覚だわ。



☆    ☆    ☆

ひき肉とミックスベジタブルの子供用カレー、残り物色々

チュッパチャップス

チュッパチャップスってスペインの飴だとは知らなかった!

そしてあのロゴをデザインしたのは画家のダリだったとは・・・・



チュッパチャップスの歴史



ところでこの歴史に出てくるかつての販売方法って、富山の置き薬方式?




☆    ☆    ☆

豚肉と大根のべっこう煮、キュウリとわかめの酢の物、麻婆春雨、大根とにんじんと油揚げのおみおつけ、玉子焼き

Talladega 夜のイベント

タロウとBJはパックの皆と一緒にスパゲティの夕食を食べ、
それからメインステージのショウを見たそうだ。
ブルース・ブラザースの物真似バンドが出演したそうで、
タロウは私の影響でブルース・ブラザースが好きなので大喜びしていた。
アラバマ・ブルース・ブラザース」というバンドだそうだが、
色んな仕事があるもんだ。

ショウの後は花火。
これも大掛かりで、うちの近所でやる独立記念日の花火より派手だったらしい。
すごいな~。お金かかってるな~~。

「なんか、違うよなあ!
日本のカブスカウトだったら、メシ食って自分たちでキャンプファイヤーやって
歌とか歌うのがせいぜいだぞ?
それが、ブルースブラザースのコンサートだもんなあ~!」

とBJがやたら感心していたので笑った。

この意見には、日本の小学校で林間学校に行った経験のあるナナも爆笑。

「そうだよ~!キズのついたCDに合わせて皆で踊ったりしたもん私も!」

と言うのでもうお腹痛くなるくらい笑ってしまった。


夜はやはり寒く、タロウに厚手の寝袋と羽根布団を使わせたので
BJは凍えて眠れなかったらしい。
お疲れ様でした。やっぱり厚い毛布とかもっと持って行くべきだったわね。
タロウはおかげでぐっすり眠れたそうだ。父の愛を感じるわ~。
私だったら自分があったかくして寝ちゃいそうだが。

朝は簡単に朝食をとって、すぐ撤収してきたそうで8時頃には帰って来た。
タロウはすごく楽しかったと喜んでいたが、居間でテレビを見ているうちに
いつのまにか寝てしまった。やはり疲れたのだろう。

BJはテントを広げて干したり寝袋を干したり動き回っていた。
えらいな~~。

ほんと、お疲れ様でした。ありがとう。



☆    ☆    ☆

サーモンの香草パン粉焼き、クリームソースのパスタ(冷凍)、クスクスと野菜の煮たの


Talladega Super Speedway

タロウのカブスカウトイベントで、Talladega Super Speedwayへ。
我が家からは高速で20分ほど。
NASCARの聖地である。

この週末、ここを借り切ってカブスカウトの大規模なイベントが行われるのだ。
アラバマ、フロリダ、ジョージア、テネシー、ミシシッピ州から参加者が集まる大掛かりなもの。
今回は5万5千人が参加したそうだ。

私とナナは今日の日中だけ参加、タロウとBJはテントを張ってキャンプするため
2台の車で出発。
テントや寝袋は木曜日にまとめて先に持って行ってもらってある。
すごいな~。自分で運ばなくてもいいって、さすがアメリカ。

今日は晴天だが風が強い。
日中は暖かくて半袖でも大丈夫だが、夜は冷え込むので泊まるの大変だろうなあ。
色々支度は持たせたけど、なんとかなるかしら。

Speedwayへ着くと、何人も係りの人が立っていて車を誘導してくれる。
泊まりの車はあちら、日帰りはこちら、と別の場所に駐車するよう言われて
BJとタロウ組、私とナナ組は離れ離れに。
でも今は携帯があるので困らない。ほんと便利だ。

車を止めてから携帯で連絡すると、BJはテントの設置を始めたという。
テントを張る場所はメインのブースがある会場から結構歩くので、
私とナナは会場でぶらぶら見学しながら待つ事に。
30分くらいして落ち合い、皆で見て回る。

BBガンのライフルを撃つブースや、画面に向かってレーザー銃を撃つブースなど
いかにも狩猟が盛んな南部らしい展示が沢山。
ハンティング用品を展示している業者もあった。
ほんとに銃フレンドリーな土地柄だよね・・・。

釣り道具やカヌーなどの業者も来ていたのはあまり驚かなかったが、
ハーレー・ダビッドソンの展示があったのにはたまげた。
しかもそこで子供たちに配っているのが「子供向けシールブック」。

「シールを貼って、自分好みのバイクをカスタマイズしよう!」

とか書いてあるの。

・・・・すごい。
将来の顧客確保のためにこんな販促もやってるんだ~~~。
そりゃ洗脳されるわなあ。小学生男子、かっこいい乗り物大好きだもん。
日本のバイク屋はこれをやってこなかったから、今や
若い人がバイクに乗らない時代になっちゃったのかも。

タロウはそこでバイクに実際にまたがせてもらったそうで、喜んでいた。

「あのね、最初に乗ったのはね、仮面ライダーみたいのだったよ!」

と、ヨーロピアンスタイルのバイクだったことを実演してみせて
次に乗ったのは「こうだった」と、そっくり返ったアメリカンスタイルを
やってみせてくれたので笑った。うん、わかりやすい説明だわ。

シールブックには他に、革ジャンにステッカーを貼ってデザインするというのもあった。
そうそう。ハーレー乗りは革ジャンに色んなのつけてるよね~そういえば。
あれってお約束なのか。制服か。

ランチは売店でチキンフィンガーなど買ったのだが、なんせ5万人。
小さな売店が3つ4つしか出ていないのでどこも長蛇の列。
結局ランチを買うだけで45分も並んだ!ディズニーランド並み!
でもディズニーランドのおかげで並ぶのに免疫ついたわほんと。

私とナナは歩き回って疲れたので早々に帰宅。

タロウも疲れたと言って午後は早々にテントへ戻っていたそうだ。
テントでは同じパックの子達がやはり戻って来ていて、
そこで走り回って遊んでいたとか。楽しかったそうで、良かったね。
ちょこちょことBJが電話をくれるので、様子がわかって私も安心。
ほんと携帯ってありがたい!


夜のイベントについてはまた明日。



☆     ☆     ☆

ボーイズがいないので、ガールズ(私とナナ)だけでオリーブガーデンで夕食。ほほほ。
ウエイターがイケメンだ、と私達が喜んでいたのは内緒。

Fall Festival

タロウの小学校で「Fall Festival」。
日本の幼稚園のバザーみたいなもの。
チケットを売ってゲームをさせ、ごほうびのキャンディをあげたり
お母さん達の焼いたクッキーやケーキを売るBake Saleをする。

今年のテーマは「パンプキン」ということで、
会場はオレンジのパンプキンでデコレーションされてとってもかわいかった。
去年よりもセンスがいいな。今年の担当ママさんがそういうの得意な人だったのかしら。

12時に学校へ行き、タロウを教室で引き取って会場の体育館へ。
残念ながら雨模様なので、晴れたら外に設置するはずだった
ムーンウォーク(空気でふくらませたトランポリン)なども室内。
しかしおかげで私は体育館の隅で座って待っていられたので楽だった。
外まで使ってると、子供にくっついて歩き回らねばならないから結構疲れるのよね。

タロウは同級生と一緒に勝手に回っているので、私は退屈。
あー、本かなんか持ってくりゃ良かった。

2時半まで遊ばせて帰宅。
私はまた学校へとって返してナナをピックアップ。
中学・高校はこのお祭りに関係なく通常授業なのだ。

一日中しとしと雨が降っていたが、夕方にはやんだ。
明日は晴れるらしい。



☆     ☆     ☆

豚肉と大根のべっこう煮、ほうれん草のナムル、バンバンジー、豆腐と油揚げのおみおつけ

家のメンテ

買った時には何も手入れしないでOKな状態だと思ったのだが
やはり住んでいるうちにあちこちメンテナンスが必要になるのが家。

先日エアコンがいかれて天井に水が漏ってきたので
エアコンは新品に取り替えてもらって問題なくなったものの
まだ二階の廊下の天井には水のしみが。

今日はその修理の見積もりに来てもらった。

当初より水のしみが広がっていて、なんと二階の天井ほぼ全域を直す羽目に。

・・・・そうなのよ。
部屋の天井とかじゃないから、区切りが無いんだよね・・・
一箇所直すと他との違いが目立ってしまうから、全部やるしかないのだ。
二階の廊下の天井と、そこから続く吹き抜けの天井全部・・・・・
はうう・・・・・おおごとになってきましたがな。

一番時間がかかって手間がかかるのは「養生」の部分だそうだ。
家具や床、カーテンやシャンデリアをカバーして汚れないようにする作業。
たぶん一日で出来る、と言う話だったが後できちんと見積もりを出してもらったら
やはり二日は欲しいとのこと。まあそりゃそうだろうな・・・なんせ広いし・・・。

資材、人件費その他ぜーんぶ含めて見積もりは1620ドル。

・・・・やっぱお金かかるよね・・・・。

今日は、先日の大雨で外れて落ちた雨どいの修理にも来てもらったのだが
こちらは落ちたのをとんとんと打ち付けて直しただけで100ドル。

・・・これだから、ホームオーナーは少しの修理なら自分でしようとして
DIYすることになるんだな・・・・。

こないだトイレの水がきっちりとまらなくてメンテを頼んだ時も、
部品代なんて10ドルくらいだったけど手間賃が100ドルしたもんな~。


車庫の電動シャッターも調子が悪くなったのでメンテナンスを呼んだら75ドルだった。
チップを入れて100ドル弱ってとこだ。

天井の修理は来週水・木に来てくれることになった。
ということは私も家にいないといけないってことだ。
修理の人が出入りする間、猫はどっかに閉じ込めておいたほうがいいかも・・・。

それが終わったら暖炉を使い始める前に煙突掃除も頼みたい。
ほんとは外回りのプレッシャーウォッシュも頼みたいんだけど
優先順位からいくと、なかなかそこまで行き着かないぃ~~~~。



☆     ☆     ☆

ハーブ風味チキン、ティラピアのムニエル、クスクスとトマトコーンソース、ミモザサラダ

オバマ当選

オバマ圧勝!

・・・・良かったなぁぁ・・・。

なんだかんだ言ってもアメリカ人は結局保守的だから、
ふたを開けてみたらマケイン勝利、ってなるんじゃないかと
最後の最後までどうも信じられなかったのだが。

良かった~。
まだアメリカも捨てたもんじゃなかった~~。

オバマの勝利スピーチの時、群衆の中にいたジェシー・ジャクソンが泣いていた。

泣けるだろうなそりゃ。



マケインはあの阿呆のサラ・ペイリンを起用した事で
もう負けが確実になったと思う。女性ならいいってもんじゃないっつの。
でももしもランニングメイトに元NY市長のジュリアーニを起用してたら・・・?
流れは少し違っていたかもしれないと思う。
まあ今更どうでもいいが。

しかし面白い大統領選だった。

2000年にブッシュが当選した時、はなはだ疑問の残る当選だったし
どうもすっきりしなかった。
2004年、ブッシュ再選は無いだろうと思ったら続投となり、心底がっかりした。

今年は嬉しい。
ほんとにこれで「変化」がもたらされるといいな。

本当にオバマの実力が試されるのはこれからだ。




☆     ☆     ☆

電熱式フォンデュ鍋を衝動買いしたので、午後のおやつはチョコレートフォンデュ。
ダイヤル式で温度設定出来るからチョコを溶かすのも簡単。おいしかった。
夜はチーズフォンデュ。エメンタールはあったがグリュイエールがなかったのでエダムで代用。
あとはモッツァレラを入れてみたがなかなか美味しかった。
フランスパン、ブロッコリー、小さいウインナー、蒸し鶏などつけて食べてみた。鶏肉がヒット。


あれは効果的かも?

近所のガソリンスタンドでガソリン入れていて何気なく前の道を見たら、
信号待ちで止まっている大きなトレーラーの荷台に
くっちゃくちゃにつぶれた乗用車とピックアップトラックがのせられていた。

ありゃ~、事故車運んでるのかな・・・しかしありゃあひどいなあ、
乗ってた人助かったんだろうか・・・・?

と思いながらどうなってるのか良く見たら、車の下に何やら書いてあるプレートが目に入った。

一台目は黒い乗用車で、全体がめちゃくちゃにつぶれている。
その下に黒地に白抜きの文字で

「SPEEDING, RACING = DEATH」(スピード出しすぎとカーレース=死亡)

と書いてある。

二台目はピックアップトラック。前部がぐちゃぐちゃ。
下のプレートには

「ALCOHOL DRIVING, MANSLAUGHTER = PRISON」(飲酒運転、殺人=服役)

三台目は2ドアのスポーツカー。

「LOUD MUSIC, TEXTING = PARALYZED」(大音量の音楽、ケータイメール=麻痺)

と、それぞれ書いてあるではないか。



・・・うっは~~~・・・
これ、安全運転のための宣伝カーって事か!すげえ!


そういえば普通にレッカーされてる車なら、破損の状態なんか見づらいのに
これはやけに全体が良く見えるもんね・・・と思って動き出した後も眺めていたら
事故車はそれぞれちゃんと片側に傾けて固定されているのであった。
なるほど、ディスプレイされてたから見やすかったのか。
しかも傾けてる側が歩道側じゃなくて車道側だよ・・・・・
高速とかで追い越していく車や反対車線から見やすいように、ってことかな?
この辺で歩いてる人なんかいないもんねそういえば。

3台の事故車を載せたトレーラーはどこまで行くのかな。
しかし面白いアイディアだ。
なんかすごくアメリカっぽい。



☆     ☆     ☆

シェパーズパイ、コールスロー、ブロッコリー、冷製シーフードパスタ
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR