ハロウィーン

今日はいよいよハロウィーン。
午後5時~8時に子供たちがTrick or Treatに歩く。
タロウはお隣のアミーン達姉弟と一緒に歩かせてもらい、
私とナナは家の玄関でお菓子を配る予定。

・・・・しかし、寒い!!

去年は暖かくて、ずっと玄関先に座ってても平気だったのだが
今年は寒くて外にいるのが辛い。

ということはコスチュームで歩いて回る子供ももちろん寒いわけで、
だからだろうが去年よりずっと来る人数が少なかった。

それでもそれなりにぱらぱらと人が来て、まあまあ楽しかったかな。
用意したお菓子で足りたのも良かった。
ちょっと少ないかなと思ってたんだけど。

タロウはうちの住宅地をずーっとくまなく歩いたらしく、
すごい量のお菓子をもらって帰って来た。

・・・どーすんのコレ・・・・。

軽く半年分くらいあるよね。

恵まれない子供たちに分けてあげたいわ。



☆     ☆     ☆

チキンココナッツミルクカレー、日本のカレー、ナン

スポンサーサイト

1985年

ラジオで良くかかっている Bowling for Soup の「1985」。

もうまさに、80年代に青春を過ごした人ならどストライクな歌詞で大笑い。

私がこの曲を聴きながら

「85年かあ~・・・・ママ、19歳だなあ。」

とつぶやいたらナナが

「・・・・あたし、マイナス10歳だ。」

わはははは、そりゃそうだ!影も形もありませんな!!

ナナ達にとっての80年代なんて、大昔なんだろうなあ。


↓歌詞つきのyoutube動画。80年代が懐かしい方、どうぞ。




↓同じ曲のオリジナルビデオ。80年代のパロディでこっちも大笑い。
Bowling for Soup 1985



☆    ☆    ☆

鳥のから揚げ、ギリシャ風サラダ、ワカメと油揚げのおみおつけ

あちこち修理

この間の大雨で、雨どいが外れて落ちた。

・・・・まあなんかかんか色々あるもんだ。

ガレージドアの調子も悪いし、以前エアコンからの水漏れでシミがついた天井も直したいし。

ということでいっぺんにあちこちへBJが電話して修理の依頼。
これは明日様子を見に来る、こっちは来週電話をくれる、あれは来週適当な日に来る・・・

・・・とやっていたらもうどれが何だかわからなくなってしまった。

えーと、明日来るって言ってたのってどれだっけ。

そろそろ寒くなってきて暖炉も使いたいから、煙突掃除も頼みたいし
薪もまた頼まなきゃ足りないし、それからえーと・・・・

家を持ったら持ったで、あれこれ手間がかかるもんだなあ。


ハロウィーンについてのお知らせが自治会から届く。
今年も歩いていいのは午後5時~8時。
住宅地の入り口にはガードマンを頼んでおくが、車は通行止めにしないので
歩く際はくれぐれも注意するようにとのこと。

我が家はナナが家でお菓子配り、タロウはお菓子をもらいに歩く予定。
しかし今年は去年と違って結構寒い。
コスチュームだけで寒くないかなあ。
でも上着きちゃったら何の仮装してるんだかわからないしね・・・・?

他の州では、性犯罪の履歴のある住民は家の前に

「この家にはキャンディはありません」

という表示を出しておくように勧告したとか。

去年も、事実上軟禁状態にする州があったなあ。

子供達を守るためには、そこまでする必要があるという事か。
なんとも味気ない現実。




☆    ☆    ☆

餃子、残り物色々

寒くなってきた

今週は急に気温が下がって、朝晩0℃くらい。
今朝は芝生に霜が下りていた。
日中の最高気温は13~14℃。
でもまた週末は20℃くらいまであがるらしい。

日々の気温差が激しいので、タロウに着せるものが難しい。
学校の中は暖かいから半そででも平気らしいのだが、
外で遊ぶ時間もあるので上着を持たせないと。
厚手の服は嫌がるので結局み~んなが着ているThe North Faceのフリース購入。
ほんとにこれ着てるのよね皆・・・・・。
どれが誰のだかわからなくなりそうなくらい。

ナナは寒さに強いので、いまだにコットンのパーカーだけで平気らしい。
冷房には弱いのだけど冬の寒さにはほんと強いのよね~。
オハイオ生まれだからなのか?

同じオハイオ生まれでもタロウは寒さにめちゃくちゃ弱い。



・・・皮下脂肪の差かしら。それは禁句。



☆    ☆    ☆

八宝菜、ホイコーロー、肉じゃが、玉子焼き、ほうれん草のナムル、鮭そぼろ


月曜日は忙しい

日中はのんびりと家事したり本を読んだり優雅に過ごしていたわたくし。

・・・・午後3時のお迎えからあとは座るヒマもなし。

ナナとタロウを3時~3時半にピックアップして帰宅、
オヤツを食べさせて宿題をちょっと見ているうちに4時半。
タロウのテニス教室へ連れて行き、帰りがけにグローサリーへちょっと寄る。
時間が無い午後なのはわかっているのですぐに夕飯用野菜スープ作り。

5時半、テニスコートへお迎えに。例によってちょっと遅れ、解散は6時近く。
待っている間にBJの病院のナースから電話があって、BJから伝言。
今夜はビジネスディナーのはずだったがまだオペが終わらず行けそうにないので
家で夕飯を食べるから支度しておいてくれ、とのこと。
あら。それじゃ手抜き出来ないじゃない。急遽メニューを増やすべく考える。
冷蔵庫になんかあったっけ。

6時、タロウをテニスから連れて帰ってすぐにコスチュームに着替えさせ、
今度はカブスカウトのハロウィーンパーティへ。
7時半までパーティに付き合う。
最後の掃除をちょっと手伝って、ようやく帰宅したらもう8時・・・・。

つ、疲れた・・・・・。

テニスコートもカブスカウトのある教会もウチから車で5分かからない距離なのは有難いが、
しかし月曜日に集中してるのでなんか忙しいわ・・・。
結局夕飯はずれこんで8時過ぎになってしまうし。
週明けからいきなりハード。

しかしタロウはテニスも楽しいというし、カブスカウトは今年から
仲良しのクラスメイト達が参加してくれているのでこちらも乗り気である。
本人が頑張ると言ってるのに、親が音を上げてちゃダメよねえ。
とりあえず運転手、がんばりますっ。



シャンパンボトルの開け方

昨日見た「ベガスの恋に勝つルール」で、キャメロン・ディアスが
披露していたシャンパンボトル開けの芸。
てっきり映画の小道具で、キャンディーグラスで作ったボトルなんだろうと
思っていたのだけど、どうやらほんとにこれで開ける事が出来るようだ。





それにしても、誰が最初にやりだしたんだろ???


実験してみたい方はこちらのインストラクションビデオをどーぞ。






☆    ☆    ☆

サーモンの香草パン粉焼き、マッシュドポテト、キャベツのコンソメスープ

映画三昧

週末、特に予定が無かったので
「インディアナ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」
「ベガスの恋に勝つルール( What Happens in Vegas)」
のDVDを借りてきて鑑賞。

インディはもうハリソン・フォードがトシだしきついのでは、と思ったが
相変わらずのスピード感あふれるアクションシーン満載で面白かった。
さすがスピルバーグとルーカスのコンビだわ。
しかしハリソン・フォードの発音ってほんとに聞き取りにくいな~~!!

ハリー・ポッターでは子供たちが皆成長していてびっくり。
ダニエル・ラドクリフが一番伸びてないんじゃないか?
今回のは制服シーンが多くて良かった。笑えるとこも結構あったし。

今までの4作はすべて原作を読んでから映画を見てきたのだが、
この「不死鳥の騎士団」は読まずに見たのでちょっと心配だった。
でも原作を知らなくても楽しめた。
・・・・4作目まではなんとかがんばって読んだんだけどさ~・・
もちろん米語で(英国版とは違う)。
しかし巻を重ねるごとにどんどん分厚く長くなっていくので、
ついに5作目は手をつけられなかったのよね・・・・。
クィディッチのシーンとか長すぎて面白くないし。
でも映画で大体の流れがわかったから、やっぱり挑戦してみようかなあ。

「ベガスの・・」は、アシュトン・クッチャーとキャメロン・ディアスのラブコメ。
お約束な映画だから気楽に見られた。
でもちょっとこの手のには飽きてきたかも。
どれ見ても一緒なんだもん。
キャメロン・ディアスがあんま好きじゃないせいもあるか。
そういえばこの頃のロマコメ主演女優で好みな人っていないなあ・・・。
もうメグ・ライアンもトシ取っちゃって、ひどい整形しちゃって見たくもないしな~。


今日の日中はさわやかな秋晴れだったので、タロウと近くのテニスコートへ行った。
1時間ほど球出ししてやって遊ばせたが、結構運動になった感じ。
しかしコートでちゃんとテニスやったのなんて・・・20年ぶりだわあたしゃ。ひょえ~。
でも今は道具がいいから、楽に打てるのね~。
昔のラケットだったらスイートスポットも狭かったしちゃんと当たらないと
腕にひびいて大変だったけど、今のラケットは軽くてほんとに打ちやすい。

タロウも、ちょっと打ち返せるようになってきたら楽しくなったらしく

「ぼく、結構テニス好きになってきたよ。」

だそう。そりゃ良かった。

テニスの王子様めざしてください。



☆    ☆    ☆

ハチミツと醤油で漬け込んだスペアリブ、アスパラガスやパプリカとバーニャカウダ、野菜スープ



こちらで見かける日本

日本語ってやっぱこの頃はクールなのかなあ、と思った次第。

というのも、Nickelodeonという子供向けチャンネルの番組で
i Carly(アイ・カーリー)」というのがあるのだが
それが来週の新しいエピソードで「主人公のカーリー達が日本へ行く!」という話をやるのだそうだ。

カーリーというのは主役の女の子。
お兄さんはスペンサー、カーリーの親友はサマンサ(女の子、愛称サム)とフレディ(男子)。

その主要メンバーが(どういういきさつにするのだか知らないがともかく)
日本へ行く、というストーリーの回が放映されるらしく、予告をやっていて驚いた。

英語で喋るところには日本語字幕、
日本語のナレーションには英語字幕が出るのである。

それもちゃんとした日本語のナレーションというかアナウンスというか。

おかげで両方がわかる私達はかえって目が回ってしまった。

英語聞きながら日本語字幕を見て「おお、あってる!」
日本語が流れてくると英語字幕と照会しながら「うお、ちゃんとした日本語じゃん!」とか。
忙しいったらもう。

つか、なんで、英語で喋ってるとこに日本語字幕??
読んじゃうから忙しいんだってば。

でもかつての「パワーパフガールズ」のカタカナ表記とか
ラップスターのカニエ・ウエストのビデオに出てきた日本語と違って
ちゃんとした日本語字幕だったから苦しまなくてすんだのはありがたい。
「Heroes」のマシ・オカみたいに、ちゃんと日米バイリンガルのスタッフが
少しは増えてきたってことなのかな~。

この予告をたまたま見ていたのはタロウなのだが、
「日本語だ!」
と、驚いていたし喜んでいた。

こうしてテレビに日本人や日本語が出て来ても、
かつてのハリウッド映画に出てくる(例えばヘップバーンの『ティファニーで朝食を』で
ミッキー・ルーニーが演じたような)メガネで背が低くて出っ歯の日本人、
というイメージではなく、日本語がわかるのはかっこいい、日本の文化はクールだ、
という扱いになっているので時代は変わったんだなあとつくづく思う。

任天堂のWiiのテレビCMでも、セールスマンらしい東洋人の男性二人が
アメリカ人の家にWiiを持って来て、「どうぞ遊んでみてください。」と
頭をさげて「お辞儀」をする。

それが、笑いも取れるのだが「日本の会社が作った製品ですよ」という
メッセージにもなっているのに、嫌味に取られない事に驚いた。

SonyのプレステのテレビCMでは、最後に女性の声で
商品名をはっきり日本語のカタカナ発音のまま

「プレイステーション。」

というので笑ってしまったけど。
あれも、英語発音じゃないところがまた「通っぽい」のかもしれない。


ナナは、周りから是非にと乞われて学校新聞にイラストを描いている。
それを見た他の学年の先輩達から、色々声をかけてもらったりほめてもらったりしているそうだ。
その中でも、ナナの絵が気に入ったといってくれた上の学年の男の子が、結構かわいいらしい。

先日、学校のお迎えに行った時にどの子なのか教えてもらった。

・・・・・えっと。
彼の着ているTシャツの背中にでっかく

「TOKYO」

ってローマ字で書いてあるのは何なのでしょう?



・・・・日本が好きなのか、漫画とかアニメが好きなオタクなのか。

いやまあ、どっちでもいいんだけど、とりあえずハンサムだわね。



そうか。
アメリカのおたくって、イケメンもいるのか。←なんかポイント間違ってます



日本にいるよりも色々可能性が広がったかな←なんの??





☆    ☆    ☆

冷凍ラザニア、ブルスケッタ(まだ庭でバジルが取り放題なので使ってみた)、フムスとピタブレッド

二重国籍

ノーベル賞受賞者が、もともと日本人だったが現在米国籍になっているというので
二重国籍を認めようという動きが出てきた、と前に新聞記事で読んだ。

あほか。

ポイントはそこじゃないだろ。

それは置いといて、ふと気になったので改めて米国側の二重国籍事情を調べてみた。

http://tokyo.usembassy.gov/j/acs/tacsj-dual.html

東京のアメリカ大使館のページ。

これによると

「米国は、二重国籍を容認してはいるが方針としては支持していない」

らしい。

・・・・む、難しい・・・・。
よくわからん。

どう言ったところで実際二重国籍を持つ国民は沢山いるから、
とりあえず黙って認めてはいるけど、イザとなったらアメリカ国籍のみの人を
優先して国としては保護しますよ、ってことか?


うちの子達は二人ともアメリカ生まれなので現在二重国籍。
しかし今のところ二人とも、いずれ日本国籍を選びたいといっている。
将来は日本に住みたいらしい。

・・・どーなのかしらねえ。
まあその頃にまた事情がどうなってるかわかんないし・・・・
選択肢があるだけでも恵まれてるかなあ。

その頃までに日本でも二重国籍が認められるようになってたら一番いいんだけど?!


☆    ☆    ☆

煮込みハンバーグ、サラダ、缶詰のブロッコリーチーズスープ(激マズで誰も食べなかった。買うんじゃなかった)


パンプキンパイ

ハロウィーンも近づいてきたので久々にパンプキンパイを焼く。
缶詰のパンプキンで作ってるのだから一年中手に入るのだが、
なんとなく気分的に秋にならないと作る気がしないのよね~。

パイの材料を買うついでに、飾り用のカボチャも買う。
子供達が小さいころはパンプキンパッチ(カボチャ畑)へ行って買ったりしたものだが。
もうそういうのを喜ぶ年齢でもなくなっちゃったのよねえ~。つまんないわあ。

パイは上手く出来た。
今回はジンジャーパウダーを入れてみたのだが、いつもよりスパイシーで
ちょっと大人っぽい味だったかな。
でも子供達もおいしいと言っておかわりして食べていたので、これでも大丈夫そう。

レシピはこちら


BJは今朝からカナダのバンクーバー(アメリカ側にもバンクーバーという町があるのだ)へ出張。
もうあちらは寒いんだろうなあ。
アラバマも今週から急に寒くなってきた。
週末は子供達のフリース買いに行かねば。



☆    ☆    ☆

サーモンとさらし玉ねぎのポン酢がけ、ジャガイモのシャキシャキサラダ

Product of USA

以前からスーパーで売られている果物や野菜は「チリ産」とか「フロリダ産」などと表示があったし、
魚も「チリで養殖」とか「天然、中国産」とか表示されていたがなぜか肉類には無かった。

特に不思議とも思っていなかったのだが、近頃「Product of USA(アメリカ産)」と書かれるようになってきた。

「特に表示の無い場合はカナダ、メキシコ、アメリカの生産で、アメリカ国内で処理されています」

と書いてある。


なんで表示するようになったのかな、と思ったらTVニュースで取り上げていた。
消費者の意識が高まったのでニーズにこたえて始めた、というのだが。
その消費者達の街頭インタビューで

「やっぱり、他の国のスタンダードっていうのはわからないから。
アメリカ製だと明記してくれてると安心だよね。
どこでどう肉の処理してるかわからないじゃない、輸入ものだと。」

なんて事を言っていた男性を見て「へっ」と思わず笑ってしまった私。

だってその「他国のスタンダード」に合わないからと、アメリカの牛肉が
日本に輸入規制されていた(この頃ゆるくなったのよね?)のは知ってるのかしらんこの人。

国産なら安心、と思うのだな国民は。そりゃそうか。

狂牛病の報道なんか、全然無いもんねこっちじゃ。
ほかになんだっけ、ヨーネ病とかいうのもあるんだっけ?
聞いたこともありませんが。アメリカ国内では。

食の安全なんて、本当に自給自足するのでもない限り、もう無理なんだろうなあ。
自分で畑たがやして、自分で魚とりに行って、自分で牛飼うか。

うちでも野菜を作ってみようかと思ったが、つい先日またナナが
鹿を二頭みかけたというので、多分無理・・・・。
コスモスですらウサギに食われて全滅だし。
野生動物の出てこない都会ですべきなのかも。家庭菜園って。



☆    ☆    ☆

鳥モモと鳥手羽先の鍋、大人はキムチ鍋

家の写真

そういえばずっと前に撮影したのにアップするのを忘れていた。
何人かからリクエスト頂いてたので、今更ですが我が家の写真です。



玄関のあたりの外観。


家外観



玄関から入って正面のフォーマルリビングルーム。裏庭に面した大きな窓。



livingroom02



フォーマルリビングに置いたベイビーグランド。


grandpiano01


リビングの暖炉のあたり。この暖炉はガスなのであまり使わない。


livingroom01


普段、居間として一番使っているサンルーム。写真では見えないがこの部屋にある暖炉は本物。薪を燃やすとやはり雰囲気も香りもいい。


sunroom03



私が一日で一番時間を過ごす場所。


kitchen



とりあえずこんなところで。





☆    ☆    ☆

豚の角煮、ゴマダレ春雨サラダ、酢の物、キムチ、豆腐と油揚げのおみおつけ


ああ疲れた

昨夜、夕飯後テレビを見ていたらなんだか頭痛がしてきた。

風邪の引き始めかなと思い、早めにベッドに入って寝たのだが・・
今朝になってもまだ頭痛。うは~。参ったな。
特に熱も無いし他の症状は無いのだけど・・・・なんだろ。

そうは言っても寝てはいられない。
子供達の朝食を作り、学校へ送って行き、帰宅してまたベッドへ。
ちょっと寝たら少し楽になったがまだ頭痛はある。
うーむ。薬もあんましきかないなあ・・・。

午後は3時に二人を迎えに行き、4時半からタロウのテニスレッスンへ送って行く。
5時半にお迎え。
タロウはテニスが「思ったより面白かった!」そうで、
帰ってから練習したいというのでそのままドライブウェイでちょっとテニスの相手をする。

そして6時半にカブスカウトのミーティングへ送って行き、
今度のTalladegaキャンプの申し込みやら支払いやら。
その足でついでにグローサリーへ寄って、帰宅してまた7時半にはお迎え・・・

・・・というあたりで、もう頭痛はどっかへ飛んでいってしまった。

何かの拍子に出てはくるが、忙しくしてると気にならないくらいなので
もうこれは「病は気から」ということで無視することに決めた。

BJが心配して帰宅前に電話をくれたのがちょうどグローサリーにいる時間だったので
カブスカウトのお迎えだけBJに頼む。

まあなんとか今日も乗り切った。
母は強し。




☆    ☆    ☆

レモンペッパーチキン、マッシュドポテト、コーンポタージュ、ミモザサラダ

クー・クラックス・クラン

白人至上主義者の集団、KKKことクー・クラックス・クラン。

オクラホマ州のAdaという町で、オバマ反対のKKKのパンフレットが
新聞に紛れこませて配達された、というニュースが流れていた。

アメリカでは郵便物は各戸の郵便ポストに届けられるが、
新聞は別の新聞専用ポストに入れられる。
郵便ポストは郵便局の持ち物で、郵便物以外を入れたら法律違反になるのだそうだ。
したがって、友達がちょっとメモを残しておきたいなと思っても
ポストに残すのは違法。玄関先に差し込んでおくとか、ほかの場所に置かないといけない。
だから宣伝チラシなども、郵便ポストには入ってこず、
玄関先に差し込まれるか新聞用のポストに入っているのが普通だ。

ということでKKKのパンフも新聞用ポストに入れられていたらしい。
その辺だけは一応法律を遵守(じゅんしゅ)したってことか。
妙に律儀だな、その辺だけは。

しかし、ウェブで見ていると
「これはオバマの追い風になるだろう」
と言う意見を見かける。
KKKがあからさまにオバマを「黒人だから」ということで攻撃すれば、
かえって一般的なアメリカ人は「そんな事で差別するのはいけない」となり
オバマを支持するようになるだろう、というのだ。



これが、以前ビッグコミックで連載されていたかわぐちかいじの「イーグル」の
ストーリーにあまりに酷似しているので笑った。
あれは、若い日系アメリカ人ヤマオカ(妻は白人)が民主党から大統領に立候補する話だった。
若くて経験のないオバマそっくりの、インテリで野心的な日系人候補ヤマオカ。
対するは共和党候補、軍人上がりの白人ジジイ。マケインをほうふつとさせる。

大統領選がいよいよヒートアップしてきた頃、KKKの運動が目立ってくる。
それをジャーナリストの主人公が心配するのだが、実は
KKKへ資金援助して運動の火に油を注いでいたのはヤマオカ陣営であった、という・・・。

「あからさまに人種差別の問題が出てくれば、
一般的なアメリカ人はかえって『そんなことはいけない、わたしはそんな
野蛮人ではない』となってこちらにつくのがわかっているから
ああいった連中をたきつけるほうが効率がいいのだ」

といったことを言うのだ。



数日前、この「イーグル」の事をBJと話していた。

「すごいよねえ、白人以外の候補者で若くてやり手で、ってのが民主党で、
相手は白人のジジイで軍人でガチガチの候補で、ってのがもうイーグルそのまんまだよね!
これで、KKKあたりが活動しだしたらほんとにあの漫画のとおりだわね~!」

と、言っていたのだ。

・・・・まさか、ほんとにやるとは、ねえ。

マンガみたいに、オバマ陣営が資金援助してんじゃないでしょうね!???


しかし、本当に、日本のマンガってレベルが高いよなあ。
小説か映画か、という内容をマンガで出してるとこがすごい。
きちんと取材して話を作って、でも丸っきりのフィクションじゃなくて。

日本ではいい年した大人が通勤電車の中でマンガ雑誌を読んでる、とか
良く知りもしないで外人が批判したりしてるけど
アンタ達、ちゃんと「イーグル」とかそういったマンガ読んでから言ってよね!?


それはそれとして、以前オハイオにいた時に
KKKのラリーを経験した時の話、もう一度載せておきます。
よろしかったら読んでみて下さい。



*************************************************************************



ケーブルTVで、このところ
「内部から見たカルト」
だとか色々と面白い番組をやっている。

昨日は、「KKK」の特集だった。
例の、白人至上主義の白い装束を着たグループである。
昔は黒人をリンチにかけたとか、
黒人人権運動の集会している所を爆破したとか言うが
この頃はそれほど派手な活動はしていないように思っていた。

去年、私達が住んでいたクリーブランドで
「KKKのラリー(街頭演説のことらしい)」
をやる、という話があった。

地元のニュースではもちろん、
「KKKの演説などやらせるべきではない」とか
「暴動が起きるかもしれないし、危険である」とか
連日議論かまびすしかった。
番組では、そこへ至るまでの経緯が流れ、
やがて私達も記憶にあるクリーブランドでの
ラリーの話題が出てきた。


私  「・・・でさあ、これ、賑やかだったけど、結局やったんだっけ?」

BJ 「やっただろ?・・・やったよ、うん、確か。」

私  「でも、私覚えてないよ。やらせるかやらせないか、ってニュースは覚えがあるけど。」



番組を見ているうちに、その謎がとけた。

KKK側は、米国をまわるラリー(街頭演説)の最終地に、
オハイオ州クリーブランドのダウンタウンを選んだ。
期日は8月21日。
この日は、新しくできたクリーブランドブラウンズ(アメフト)のスタジアムの
オープン日であり、なおかつ、すぐ近くのコンベンションセンターで
黒人ファミリーの集会という催しも行われる予定であった。

人が集まる日に、暴動でも起こして話題になろうという意図である。

そのため、クリーブランド市長は準備に時間をかけ、
入念に暴動防止対策をし、警察を手配し、その日に備えた。

私がテレビやラジオで聞いたことは
「KKKのラリーがダウンタウンで行われますので、
今日は外出を控え、ダウンタウン方面へは出かけないでください。」
というものであった。

私は単純に
「そうか、何かあったら危ないからね。今日は家にいよう。」
と思っただけだったが、市側はそれが狙いだったのだ。

番組を見て納得したのだが、
その街頭演説に集まったのは
反対派がたったの300人、
サポーターにいたっては数えられるほどの人数しかなかった。

まったく盛りあがらないまま、
フェンスに隔てられ、警官が間に立って監視していた
KKKの演説は終わった。

「これは、KKK側としては全く目論見がはずれ、
とても残念な結果だったわけです。
彼らとしては、暴動でも起きて騒ぎになることを狙っていたのですから。」

すなわち、市長の勝ち。
民衆の勝ち、であった。

混乱も暴動もなく、ケガ人も出ず、
ごく静かにすんなりとKKKのラリーは終わった。




・・・そうか、だから私がまるで覚えてなかったんだ。
もしもケガ人が出たとか、そんなことになれば
絶対に地元ニュースで繰り返し放送されただろうし、
それなら私の目にもふれただろう。
つまり、それこそがKKKの狙いだったわけだ。
無料で電波にのり、全米へ放送され、ニュースになる。
人々の目にふれる。

それが、何事も起こらずに終わったため
地元ニュースですら扱いが小さかったのである。

当時のクリーブランド市長はとても優秀で、
この人になってから市の再開発が進み、
全米から視察に来るぐらい良くなっていた。
偉い人だなとは思っていたけど、また一段と感心してしまった。

ちなみに、彼は黒人で、White という苗字である。





☆    ☆    ☆


アウトドアグッズ

来月、タロウが全国規模のカブスカウトイベントでTalladega Super Speedwayに行く。

Talladega Super SpeedwayはNASCARのレース場。
我が家からだと高速で15分くらいで着く。
まだレース観戦には行った事が無いが、このスカウトイベントはレース場を貸し切り、
レース場外にキャンプして泊まり、日中は色々な催しをして遊ぶものらしい。
毎年ではなく、2~3年に一度のイベントのようだ。

というわけでタロウも楽しみにしており、泊まりで参加したい、と言う。
イベントは金曜夜から、土、日。
金曜夜から泊まり、日曜に解散という参加コースもあるが
泊まらないなら土曜日だけ一日参加して遊ぶ、という選択肢もある。
要するに一番メインなのは土曜日一日、ということだ。
しかし本人は泊まる気満々。
金曜、土曜と二泊するのはさすがに無理なので土曜だけ、と約束して
今日はそのための準備をしに買い物に行って来た。

・・・というのも、このイベントに泊まりで参加するには

「親または成年の保護者が付き添い、各自テントと寝袋持参で来る事」

が必要なのだ。


・・・・バンガローとかホテルとかに泊まるわけじゃない、って事で・・
親の負担が大変!つか、パパがんばって!←丸投げ


丸っきりアウトドアでは無いわたくし。
ええ。地面が見えてるとこでご飯なんて食べられませんの。あたくし。
最近はかなりマシになってきたが、小さいころは本当に外でご飯が食べられず、
いまだに実家や昔の友達の笑い話にされているほどなのだ。
そんな私がキャンプなんて。もー絶対無理。最初から挑戦しようなんて思わないけどさ。

その点BJは高校時代と大学のはじめまで山岳部やってた人なので、
一応キャンプの経験もあるそうな。
あら良かった。

ということでスポーツ用品店にテントと寝袋を買いに行く。
その他キャンプ用品を見ていたら
「電池で動くミキサー」だの「電動空気ポンプつきエアーマット(クイーンサイズ)」だの
プラスチックのワイングラスだとか使い捨てテーブルクロスだとかがあり、BJは

「・・・何しにキャンプに行くつもりなんだ!!」

と、あきれていた。

まあねえ。
アメリカ人のキャンプったら、こういうもんなんでしょきっと。
大体寝袋がやたらでっかくて、絶対リュックに入れて背負うことなんか考えてねえな、って感じだし。
普段の便利な生活をそのまんまキャンプにも持って行こうって事なんだろうな~。
こういうキャンプならあたしでもなんとかなるかも←いや、絶対無理

折りたたみ椅子と折りたたみテーブルは家にあるので、それも持って行かせる予定。
背負って歩ける荷物じゃないよな確かに。
あとはクーラーボックスに飲み水とか適当な食料持たせればいいか~。
何しろ初体験なので何を用意すればいいのかわからん。
車だから重量が関係ないので、とにかくなんでも持って行かせるしかないな。

テントも「3人用」「4人用」とか色々あり、BJはふと
どうせなら家族4人で使えるように、大きいのを買っておいた方がいいかな、と考えたらしい。
私が即座に

「絶対に、家族4人でテントで寝るなんて事はありえないから!
設営も撤収も小さいテントの方が楽だから、一番小さいのにしといて!」

と断言。
キャンプなんかしません。ええ。絶対に。

ついでにBJ用のフリースの上着を買う。
アラバマで普通に生活してたら厚手の上着なんて必要無いから、
しばらく買って無かったのよね~。
でもキャンプとなったらこの頃夜は冷え込むし、必要でしょう。

さて。
温室育ちのタロウちゃん、初めてのキャンプ&テントで寝袋、なんてのに
ちゃんと耐えられるかしらねえ。
ゴツゴツして寝られないんじゃないかしらね。
やっぱり、エアーマットか日本のマットレス持たせるべきかしら。



☆    ☆    ☆

ロシア風ロールキャベツ、ほうれん草のディップ、自家製ディナーロール

たまたま

見るもんがなーんも無かったので、
ふとケーブルTVで放送していた「Chicago」を
もう一回見てみたんですけどね。

・・・これ、ロキシー役のレネー・ゼルウィガーが
もしかして往年の、っていうか一番かわいかった頃の、
もっと言うと主役を食っちゃったくらい魅力的だった
「紳士は金髪がお好き」の時のマリリン・モンローが演じてくれてたら・・・!!!!


・・・・と、ありえない妄想で身悶えました。


うん。
あの時のモンローはなんせ、ジェーン・ラッセルの魅力を引き立てるための
脇役だったはずがすっかり主役食っちゃってたしね~~~。
かわいかったのよおとにかく。

で、今回改めてCicagoを見直してみて、

「ありゃ、これは、往年のモンローのはまり役じゃん。」

と、思ってしまったわけ。

いったんそう思ってしまうと妄想は留まるところを知らず。
ひたすら「レネー・ゼルヴィガー」→「若い頃のマリリン・モンロー」と
脳内変換しながら見ていたら、これが面白いっっ!!

モンローならしょーがねえよなあ、言うこと聞いちゃうよなあ、とか
勝手に脳内でストーリー補足。
だってレネーじゃどうにも説得力無かったんだもん・・・。

その点、クイーン・ラティファやキャスリーン・ズィータ・ジョーンズはさすが。
彼女たちの存在感で、この映画のチープさが薄まった感じ。
確かジョーンズはこの映画でアカデミー助演女優賞取ったのよね。
アカデミー授賞式におなかおっきくて出てきたのには驚いたけど、あれも格好良かったなあ。
日本は妊婦になるととたんに一切オモテに出なくなるが。
ま、この話はまた改めて別の機会にでも。

それにしても、ほんと、これ、モンローだったらなぁぁぁ・・・・!!!!!

かわいすぎて悶死。たぶん。

つまらない映画だと時々こうやって「脳内キャスト」をやって遊ぶ私。
しかしこの頃、「こういう役はやっぱり○○よね!」と思うものが
大抵鬼籍に入っている役者だというのは・・・・

・・・私がトシ取ったのではなく、現在の役者不足・・・・・だよね!???




☆    ☆    ☆

鳥胸肉のみぞれ煮、豚肉の甘酢あんかけ、白菜とタマゴの中華スープ、大根とロメインレタスのサラダ

テニスのレッスン

ナナが初めてのテニス教室に参加。
コーチは同じ学校にお子さん二人がいるママさんであった。
8人登録しているそうだが、今日来ていたのは他に男子二名。
1時間のクラスで、コートはうちから二分の距離なので
置いて行ってまた後で迎えに行く。

今日は初回なのでちょっと早めに迎えに行き、しばらくレッスンを見てみた。
おお、ボレーの練習なんかやってるんだ~。
ナナも結構ちゃんとやっていたので感心。

大分涼しくなってきたとはいえ、やはり運動すると暑いらしくナナは顔が真っ赤。
今日は長いトレパンで行ったけど、次回は短パンのほうがいいかもね。

同じコーチのレッスンを、タロウも来週月曜日から受ける。
そちらはタロウと同じくらい小さい子達のクラスなのだがどんな感じかなあ。



学校の近くの小さな湖というか池に、カナダ雁(goose、複数形はgeese)が10羽くらい来ていた。
あ、もうそんな季節なんだ。

オハイオにいた時ギースを見るのは春から夏だったが
ここアラバマでは秋から冬。
渡り鳥が越冬する土地なんだよね・・・アラバマ。

夏はカナダやオハイオで、冬はアラバマやフロリダで過ごす。
なんか羨ましいぞ、渡り鳥。



☆    ☆    ☆

鳥のから揚げ、ブロッコリー、ポテトサラダ、クリームシチュー


なぜにドーモくん??

近所のTargetに買い物に行ったら、
天井からNHKのドーモくんがしこたまぶらさがっていてたまげた。

・・・な、なぜドーモくん・・・・???

店内の写真撮影は禁止されてるので写して来られないのが残念!
ハロウィーンのイメージキャラに採用されたそうで、
ドーモくんがフランケンシュタインやオバケの仮装をしているのだが。
・・・・かわいいのかな、これ・・・・微妙・・・・・。

そういえばこないだのアニメウィークエンドでも、
キティちゃんやたれぱんだに混じってドーモくんのぬいぐるみとか売ってたな。
ひょっとして人気あるのか。


TargetのHPはこちら
Domo for Targetをクリックするとショートムービーが見られます。





文庫本沢山

わーいわーい、BJが日本で買って郵便で送ってくれた荷物が届いた~!
乃南アサと、箒木蓬生の文庫本いっぱい。
最近乃南アサにちょっと凝ってるのだ私。心理描写がすごくって、怖いけど面白い。
箒木蓬生のほうは、昔「閉鎖病棟」を読んだだけだが
ちょっとまた読んでみたくなったので頼んでおいた。
ふふふふ、楽しみだ~~~♪
読みたい本が手元にいっぱいあるのって幸せだ~~♪

ついでに、多分今なら店頭で平積みになってるに違いないと思い、
東野圭吾の「容疑者Xの献身」も頼んだ。
電話で、口頭で伝えたので

「東野圭吾のね~、容疑者エックスの、けんしん、ってやつ。」

と私。

「うん?なに?容疑者??」

とBJ。

「そう、容疑者~、エックスの~、けんしん~~~。
けんしんは、身をつくす、ささげる、の、献身~。献身的な介護とかそういうやつの。」

と私。



「・・・・あっ!そっちの、献身、か!!

いやもう、てっきり、容疑者の健康診断かと思っちゃったよ!」



・・・・何そのタイトル。

健診じゃないから。献身だから。

ああ、日本語って難しい。




☆    ☆    ☆

冷凍ピザ、ギリシャ風サラダ


Birmingham お買い物

子供達の学校がお休みで、退屈だ~~と騒がれたので用も無いのにBirmingham へお出かけ。
BJはお仕事。

タロウは土曜日から咳が出ていて、これは家に居て静かにしてたほうがいいだろう、と
親はわかってたんだけど本人はわかんないのねえこれが。
出かけたがるので連れて行ったが、出先で顔が真っ青になって唇も真っ白。

「・・・なんか、動けない・・・」

とへたりこむので慌てた。

ほ~らね~~、やっぱり出歩くほど具合良くないでしょあなた~~。

微熱があるようだったがちょっと休んだら回復してきたので良かった。
お腹も空いてきたというので中華バッフェへ。
まあここなら安いし、食べられなくても悔しくないし。

私とナナはがっちり食べたが、タロウもそれなりに食べていた。
もともと食べない人なので、まあこんなもんでしょう。

もうちょっと色々見て回る予定だったが仕方ないのでとっとと帰路に着く。
・・・何しに来たんだろう・・・・。

行きも帰りもトコトコと70マイルでクルーズコントロールにして走る。
ハンドルだけ持っていればいいので楽だ。
でも意外とクルーズコントロール使ってる人って少ないみたいね。
下り坂だと速いのに、それに合わせてこっちがスピードをセットしておくと
上り坂になると遅くなる車が多いのだ。
今のクルーズコントロールならピッタリ一定の速度で走れるのに
どうして使わないんだろう~?不思議。

おかげで速くなったり遅くなったりする周りの車に合わせるのが面倒。
それならもう自分のペースでゆっくりと制限速度ピッタリで走る方が楽。
まあどうせ急ぐ必要も無いし。

途中でネズミ捕りを見た。結構マメにやってるのよねえ。
私は飛ばしてないので気にする事も無いが。

さて、明日もう一日学校はお休みだ。
明日は家でゆっくりさせて、タロウの風邪を治させないと!


☆    ☆    ☆

焼肉、もやしのナムル、キムチ、野菜焼き



一本だけのコスモス

春に種をまいたコスモスが、一本だけ蕾をつけた。

・・・・・他の何十本は、ウサギに食べられちゃったのよっっ!!!

新芽の柔らかいうちにぜーんぶ食われてしまい、たまたま残った一本だけが
やっと蕾をつけて咲き始めた、というわけ。
まさかコスモスが美味しいなんて、思わなかったわ・・・・。

しかしこの頃そのウサギ一家を見かけない。
どこかへ移動するのだろうか?
来年の春にもまた現れるかな。
今度はもう食べられちゃうのを前提で、柔らかいレタスでも植えておいてやろうかしら。

春先に芽を2回くらい摘んで背を低くしておいた菊は、
思った通り枝分かれして沢山花をつけて見事に咲いている。
マム菊という小さな花が沢山つく品種なので、芽を摘むと枝分かれして
それぞれに花芽がついてびっしりと咲く、と聞いたからやってみたのだ。
ちゃんと手間をかけると綺麗になるもんだなあ、植物って。

去年はひとつ、ふたつしか咲かなかった椿も今年は蕾が沢山ついた。
八重咲きの白い花で、バラのようで綺麗。なんという品種なのだろう。

ところで、今なぜか春にも咲いたつつじがまた咲いている。

・・・・気候が合ってるって事?二期作??
四季咲きのバラというのは知ってたけどつつじも四季咲きになるのかアラバマでは。

で、このつつじ、咲いたあとまた刈っておくべきなのかしら?
日本なら春に咲いたあとすぐ刈って、翌年まで置いておくものだけど・・・
・・・わ、わからん。

百日紅は丸坊主に切ってもらった。強剪定、というやつ。
これでまた来年新しい枝が伸びて、大きい花房がつくはず。

そろそろパンジーでも植えようかと思っているが、
チューリップも去年植えたのの他にもうちょっと増やそうかな・・・・。



☆    ☆    ☆

チキンのバルサミコ酢ソース、バターガーリックパスタ、ポートベロのソテー、サラダ

今日からお休み

日本も連休らしいが、ナナ達の学校は今日から4連休。
月曜日がコロンバス・デイなのでそれに絡めたお休みらしい。
でもBJは通常通り仕事なので我が家は特に予定なし。
ちょこっと買い物にでも行くかな、というくらい。

実家からマンガ雑誌や単行本(新・子連れ狼)が届く。
いつもありがとうございます。

義妹から頂いた旅行エッセイ本「ガンジス河でバタフライ(たかのてるこ著)」を読む。
これ、TVドラマ化したのね。どうやって脚本にしたのだろう・・・
しかもクドカンて・・・・ちょっと見てみたいような・・・・。

女性一人でアジア旅行、という体験エッセイなのだが
まあ面白かったけどこの手のだと椎名誠や西原理恵子の本を読んだ方が面白いなあ。
そりゃまああちらはプロなんだし、というのはあるだろうが
でもなんていうかさすがプロ、視点が違うんだよね。
短期間の滞在でも「うわっ、どうしてそこまで気がつくんだ!?」というような。

たかのてるこの本は、いかにも素人、っていう感じがして
それがきっとプロの本ばかり作ってる編集者には新鮮で面白かったんだろうな~。
でも今やこれだけ素人のブログが盛んだから、もう珍しくもない、というのは
ちょっと意地悪すぎる見方かしら。

どういう読者層が喜んで読むんだろ、これ。
不思議。



☆    ☆    ☆

ローストビーフ、マッシュドポテト、ラタトゥイユ、野菜スープ

まこと?たかし??

以前、まことドレッシングという和風ドレッシングの記事を書いた。

今日見つけたのはパン粉。
アメリカのパン粉はトーストしてあってもっと挽きが細かく、チキンナゲットなどの衣にするタイプ。
日本のふわっとしたパン粉はアメリカでも「Panko」と呼ばれて別物扱いである。
ヘルシー志向やちょっと凝った料理を紹介する雑誌など見ると、
レシピに「パンコ」と書いてあったりするから、ちょっと特別な品なのかも知れないが
でもマコーミックでも「日本風パン粉とハーブのシーズニングミックス」など新発売しているし、
かなり浸透してきているのだろう。

今までは日本食料品店に行かないと手に入らなかったのだが、
近所のスーパーでも扱いだしたらしい。

しかしその商品名が「Takashi Japanese style bread crumb PANKO」つーのはどうなの。

タカシさんという社長さんなのだろうか。
前のマコトドレッシングも、なんか社長の名前とかその家族とかそんなのかしら?
まあちゃんと日本の名前ではあるから、それほど変な話でも無いかなあ。

なんにせよ近所でも簡単にパン粉が手に入るようになったのは嬉しい。
何度も書いている事だが、ほんとに、時代は変わったんだな~~。



☆    ☆    ☆

パン粉とは関係無いメニュー。
豚肉団子、白菜、グリーンオニオンその他の鍋。
最近涼しくなってきたので久々に鍋登場である。

テニスとかバスケとか

タロウが、友達がやっているから近所のレクリエーションセンターの
バスケットボールチームに入りたい、と言って来た。

そうねえ、アメフトやるくらいだったらバスケの方が危なくなさそうだし。

と思ってレクリエーションセンターに聞きに行ったところ、
ちょうどシーズン始めで募集中とのこと。
まだ早いからもう少し後で申込書を取りに来るよう言われた。

ついでにそこにあるテニスコートを使いたいのだがと聞いたところ

「あそこは基本的に開けっ放しだから、何時でも来て使っていいんだよ。」

と言われてびっくり。

・・・いや、まあ、オハイオでも公園のテニスコートは管理人なんかいなくて
勝手に入って使って良かったのだけど。
ここのコートはナイターの照明設備まであるんだよ??
なのに無料??予約もなし??

・・・・な、何かが違う・・・・・。

これだからウィリアムス姉妹みたいに、父親が
「貧乏から抜け出すにはスポーツで金を稼ぐべし、
しかしスポーツを習わせるほどの余裕はない」
と考えた時に近所のテニスコートでテニスをさせる、という話になるわけよねえ。
日本じゃテニスコートを使える事自体がもう「余裕がある」人達の話になっちゃうけどさ。

「テニスに興味があるんだったら、子供向けのテニス教室もあるよ」

と受付のお兄ちゃんに言われた。
そうか、それもいいかも。ナナはテニスは楽しい、と言ってたし。
特にナナは今年から体育を学校で取っていないので、
そういう教室にでも行かないと本当に体動かさなくなっちゃうもんなあ。

私が相手をして打たせてやるのも疲れるので、教室に入ってくれると有難い。
とりあえず先生からの連絡を待って、ちょっとやらせてみるつもり。
私自身、テニスもゴルフも初心者の時にプロに習ってとても後が楽だったから、
子供らにもすぐ「プロに習え!」って言ってしまうのかもしれないけど。

子供達がちょっと慣れたら、コートに行って遊ぶのもいいかもしれない。
・・・・なまってんだろうなあ・・・・。
無理して駆け出したりしないようにせねば。うむ。





☆     ☆     ☆

インド風ココナッツミルクのカレー、子供用日本の甘口カレー、ホームベーカリーで作ったナン

大統領候補討論会

昨日は大統領候補による公開討論会第二回。
タウンホールミーティングスタイルで、実際に一般人がスタジオに入っての討論。
このスタイルはマケインの方が慣れていて有利だろう、と言われていた。

しかし実際は、集められた一般人には
「一切反応してはいけない、拍手も笑いもすべて禁止、
でないと各候補者に対して公平ではないから」
とお達しがあったせいで、皆きちんと座って無反応。

・・・・すっごい、妙だった。

マケインが笑いをとろうとスピーチをしても、客は無反応。
やりにくかっただろうな~~~。

しかしマケインがやたらと「My friends」と呼びかけるのが鬱陶しかった。
ブッシュが「My fellow Americans」と呼びかけるような感じ。
ま、単なる合いの手なんだろうけどねえ。

マケインが立って話している間、オバマはスツールに腰掛けて動かず見ていたのに対し、
オバマのスピーチの間のマケインはうろうろと立ち上がって歩き回り、
見るからに落ち着きが無かったのだけどあれはマイナス要因では無いのかしら。

まあでもディベートを見ていても理解出来るくらい英語が聞き取れるように
なってきたんだなあ、と我ながら感慨深い。
アメリカに来た頃はこんなもの見たってほとんどわからなかったからね~。
今はビール飲みながらBJとくっちゃべりながらでも大体はついていけるのだから
それなりに進歩してるってことか。

選挙まであと27日。




☆     ☆     ☆

レモンペッパーチキン、トマトソースのパスタ、コーンポタージュ


実りの秋

リンゴもイチゴも最近は一年中スーパーにあるので季節感が薄れているが
それなりに旬の果物、というのはある。

以前オハイオに住んでいた時は、果樹園が多い土地だった
(青森みたいな気候だからか?リンゴの果樹園が多かった)せいか
今頃になるとしぼりたてのアップルサイダーという飲み物が出回り
それを見ると「お~、今年も秋が来たなあ~」と思ったものだ。
これは木で完熟したリンゴを、無理に絞るのでなくちょっと圧縮して
流れ出てくるジュースを集めた飲み物、だそう。
だから酸化の色かちょっと茶色く濁っているのだが、もうめちゃくちゃ甘くて美味しいのだ。
この時期限定の飲み物だから有難くもあったし。
寒くなってくるとこれを温めて、シナモンスティックを入れたりスパイスを入れて飲む。
好き嫌いはありそうだけど、私は割りと好きだった。

ここアラバマではフレッシュなアップルサイダーは見た事が無い。
それなりに売られてはいるのだけど、私の知ってるのとは違うのだ。
あ~、ほんとのアップルサイダー飲みたいな~~。


この頃、近所のスーパーにアジアの野菜が置かれるようになってきたが
日本の丸い梨を発見して興奮。
うわ~!こんなもんも売ってるんだ!
昔はわざわざ中華マーケットなどに行かないと手に入らなかったし高かったのに~。
「アジアンペアー」とか「アップルペアー」などと書いてあった。
確かに、こっちでいう「ペアー(洋ナシ)」とは違うもんね。

試しに買ってみたら瑞々しくて甘くて美味しい!うわ~、嬉しい!
子供達にも好評であった。
ちなみに品種はたぶん幸水。


リンゴも安くなってきたのでアップルパイを焼く。
私が作るのは自己流で、リンゴを適当に砂糖とレモン汁で煮て味付けする。
それぞれのリンゴによって甘さが違うので、砂糖の量は毎回適宜。
味見して煮るので単なる煮物って感じか。
汁が多かったら小麦粉をふり入れてちょっと煮詰める。
シナモン、ナツメグ、リキュールなど入れるとより美味しい。
何しろレシピの無いパイなので、買ってはみたものの甘くもなんともなくて
全く美味しくなかったピーチや他の果物も、残っていたら入れてしまう。
前にそうやってピーチを入れて作ってみたらえらく美味しかったもので
ナナが時々リクエストしてくれるのだが・・・・あれはまあ、残り物片付けパイだったからねえ。
ほんと煮物かって。

台はこちらでポピュラーな冷凍パイ皿を使う。甘くないので便利。
煮たリンゴをパイに入れ、上にはパイ皮をかぶせず「クラム・トッピング」にする。
こうすると普通のアップルパイではなく「ダッチ・アップルパイ」というものになる。
なんでダッチなのかな。ほんとにオランダではこういうパイがメジャーなのか?(たぶん違う)

クラム・トッピングのレシピは以下の通り。

小麦粉 1/2カップ
ブラウンシュガー 1/2カップ
バター 大さじ3 (冷蔵庫で冷やしたもの、室温に戻してはいけない)

上記材料をボウルに入れ、ほろほろになるまで良く混ぜ合わせる。
私は指ですり混ぜるのでちょっと疲れるが、バターが溶けきる前に一気にやるのがコツ。
ぽろぽろとなれば出来上がり。
ブラウンシュガーも、顆粒タイプを使うとよりクランチーになるし簡単なのでおすすめ。
これをもろもろとリンゴの上に乗せる。

あとは375度(華氏)のオーブンで30分~40分焼いたら出来上がり。


高校生の頃、アンナ・ミラーズでこの「ダッチアップルパイ」を食べるのが好きだったな~。
まさかアメリカに来て自分で作るようになるとは思いもしなかったけど。

ナナもタロウもこのアップルパイが大好きなので我が家ではあっという間に無くなってしまう。
この頃では「買ったパイはおいしくない。」とまでいう始末。
・・・・・し、しまった。
下手に手作りのお菓子なんかで育てなきゃ良かった!
手抜き出来ないじゃないのっ!?




☆     ☆     ☆

サーモンソテー(オニオンスライス、コリアンダー添え)、アスパラのバター炒め、大根の中華風なます、大根とにんじんと油揚げのおみおつけ

大統領選面白すぎ

もー、本当に、サラ・ペイリンが出て来てから
大統領選が尚一層面白くなってきて目が離せない。
オバマ対ヒラリーの時だって充分面白かったのだけど、ペイリン最高。
彼女を起用してくれてありがとう!マケインさん!

おかげで毎日、新聞を読む習慣がついた。
地元新聞を購読しているのだが、ほとんど読んでなかったのよね。
地元のイベント情報とかセールのチラシとかそんなのくらいしか。
でも今は毎朝いそいそと新聞を取りに行き、ペイリン関係の記事は全部読む。
テレビニュースでも大体の事はわかるが、やはり読んだ方が詳しいところまで理解しやすいからだ。
おかげで電子辞書大活躍。当たり前だが知らない単語はまだまだ沢山あるのだ。

先日の副大統領候補討論会は、歴代の討論会で最高の視聴率だったそうだ。
そりゃそうだろ、なんたって私ですら見てたんだから。
その前に行われた大統領候補第一回目の討論会よりも上だったという。
まあねえ。
大統領候補は数回討論会があるけど、副大統領候補は一回こっきりだからね。
見逃してなるか、というところ。

おかげでSaturday Night Liveのパロディスキットでも大笑いさせてもらった。

Saturday Night Live


他のエンタテイメントニュース番組でも言っていたが、
このスキットの本当に笑えるところは
「本人達が実際に言っていた言葉そのままを使っている」
ところ。

ヒネリなど加えず、実際に言った文をそのまま使っているのが余計おかしいのだ。
っていうか、ディベートの間に聞いててもなんか変な文章だったしねえ。

このスキットの最後でティナ・フェイが
「あら、特技発表部門は無いんですか?」
と言ってフルートを構える。

これはペイリンがかつてミスコンテスト(ビューティパージェント)で奨学金を稼いでいた事と、
ディベート自体がミスコンの質疑応答みたいだった事を茶化している。
BJも「ビューティパージェントみたいだなって思ってたんだよ俺!」と言っていたが
皆そう思ってたってことかしらね~。


ディベートもともかく、ペイリンは「ニュークリア(核)」の発音が出来ない、というのにもあきれた。

と言ってもブッシュもニュークリアと発音せず、「ニューキュリア」と言うのだけどね。
ペイリンも最初の頃は「ニューキュリア」と言っていて、その後「ニュークリア」に直した。
しかし実は、テレプロンプターの原稿が、彼女が発音を間違えないようにわざわざ
「New-Clear」と書いてあったのだとは知らなかった。






これまた大笑いだ~~。
Nuclearの綴りと、その意味とはちゃんと正しく知っていたのかしらねえ。


ネットであちこちの書き込みを見ていると、
「(大統領選まで)あと30日あるのだから、今のうちにマケインは
ペイリンを解雇して他の人を起用すべきだ」
という意見が散見される。
それは大変前向きな提言だと思うのだが・・・

しかし、新聞に書いてあったのが現状なんじゃないかな。

「人々は、サラ・ペイリンをシリアスに受け止めていないのでしょう」






☆    ☆    ☆

日本みやげの崎陽軒のシュウマイ、高菜炒め、しそひじきの佃煮、サラダとか残り物色々



娘その1、その2?

BJも無事帰って来た事だしと実家に電話。

ナナが色々私の末妹に話したい事があるらしいので電話を替わってもらったら
かなり長い事お話して盛り上がっていた。

切ったあと、楽しかった?と聞いたら

「まあねえ、姉妹だからね。」

・・・う、うん。
そうだね。
私も実はそうじゃないかと思ってたんだ~。
末妹は私の長女で、ナナが次女よねえ。

なんか似すぎ。

つか、アニメとかマンガとかBLとかおたくとか似すぎ。




ヘアカット

BJ、ナナ、タロウのヘアカット。
毎度の事だが誰も彼も美容室に行くのを嫌がるので、私が家で切っている。
日本にいた時はヘアカット出来るほど広い洗面所が無かったので、
1000円カットとかに行ってたから楽だったんだけどな~。
その前のアメリカ時代は当然私が全部切ってたのではあるが。

三人の髪を切っていると、本当に一人ひとり違うので毎回笑ってしまう。
BJは細くて柔らかい髪で、切っても回りに飛び散らないくらい。
ナナは以前は子供の髪だったから細くて少なかったのだが、
今は茶色いのは相変わらずだがかなり量が多くしっかりした髪になってきた。
タロウは生まれた時から剛毛で量も多いので、一番大変。
ナナの髪質はBJに似ていて、タロウの髪質はまるっきり私だわな~。
ま、逆じゃなくて良かったかも。

しかし、太くて量が多くて大変だった私の髪も、加齢に伴って変化してきた感じ。
以前よりボリュームが減って、まとめるのが楽になってきた。
前はバレッタだろうがクリップだろうが、多すぎる髪に対抗出来るもんなんか無かったからねえ。
コシがなくなって細くなってきてるのかなやっぱり。

それよりも最近は白髪の増加が問題だ。
染めないと一気に老けるからしょうがないんだけど、しかし面倒臭いわ~!




☆    ☆    ☆

外のグリルでハンバーグ、ほうれん草のサラダ、バーニャカウダと野菜スティック

お帰りなさい

BJ、無事帰宅。
子供達を連れてアトランタ空港まで迎えに行ったのだが、
出る前にふとフライトインフォを確かめたら到着予定時刻が一時間も
早くなっていたのでちと焦った。
でもちょうどいい時間に着き、15分も待たずに連絡がついてすぐ会えたので良かった。
今は携帯があるから待ち合わせがアバウトだわね~ほんとに。

家に帰って、BJからのお土産を沢山もらって子供達は大喜び。
私も文庫本を頼んでおいたので数冊持ち帰ってきてくれたが、
残りは重過ぎるので郵便で出したとのこと。
・・・そ、そんなに沢山?ありがとうございます~~。

ナナはスクリーントーンとマンガ用原稿用紙をもらって大感激。
この辺じゃトーン売ってる店なんか無いからね~。
ベタフラとかグラデーションのトーンを初めて見たナナは驚いていた。
うん、今は本当に色んな種類が出てるもんね。
次回東京に行ったら画材店に連れてってやるか。

タロウはDSのゲームやDVDをもらってご機嫌。
それでも今朝まだ
「あ~しまった、パパに頼んでおけばよかった~!」
なんてつぶやいていたので、まだ欲しいもんがあるらしい。
っていうかキリが無いからなこの人は・・・!


夜、もー絶対やるに違いない、と思ってSatuday Night Liveを見たら
案の定オープニングのスキットは副大統領候補討論会のパロディだった。
そりゃそうだよな~、やらないわけがないよな~。

司会者は黒人女性だったのだが、その役をクイーン・ラティファがやっていて似てた!
上手いなあ。

バイデン役のコメディアン(名前わからん)は似てなかったけど
この際彼のほうはどうでもいいのでスルー。

肝心のサラ・ペイリンはもちろんティナ・フェイ。
似てる!ほんっと、似てるなあ~~~!!
おまけに答弁の内容がむちゃくちゃパロってて本当に笑った。
あ~おかし~~~、もう最高~~!

やはり大統領選の年のSaturday Night Liveは面白い。
必見。



☆    ☆    ☆

Tボーンステーキ、サラダ、ブロッコリーチーズライス、マッシュドポテト

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR