Fort Walton 二日目

今日は曇り。波も昨日より高く、サーファーがいっぱい。

波を待ってぷかぷか一列に浮かんでるサーファーって海鳥みたいだ。

ハリケーングスタフが近づいているのでこれからもっと天気は崩れるだろう。

でもニューオーリンズの方に上陸しそうだから、ここはまあ大丈夫なようだ。


海も荒れているし雨も今にも降りそうなので、

Gulfarium というイルカやアシカのショーをやる水族館へ行く。

ずいぶん前に来た事があるのだが、ナナは覚えているらしいがタロウは記憶なし。

まあ、小さかったからね。まだ3歳くらいだったかしら。


ショーは素朴でイルカたちがかわいかった~。

イルカとアシカが一緒に芸をするのもかわいかった。

カブトガニ触ったりワニを見たり、結構楽しめた。

天気が悪いせいだろうが、比較的混んでたし。


スコールのような雨が降ったりしたので早々にホテルへ引き上げる。

プールで遊ぼうかと思ったが昨日と違ってあまり気温が高くないし、

風が強くて濡れたら寒くなりそうなので結局入らず。

ナナもタロウも咳をしていて風邪気味だし、無理することないわな。


部屋からも海が見えるので眺めていたら、早い時間からビーチチェアが片付けられていた。

フロントから電話があり、ベランダのイスやテーブルを部屋にしまってくださいとのこと。

そうか、夜中から早朝にかけてハリケーングスタフが通るんだっけ。

飛ばされちゃうからしまわないといけないわけね。


海岸ぞいに新しく出来たショッピングモールを散歩してから夕飯へ。

AJ's というシーフードレストラン。

こちらの方が昨日の店より美味しかった!エビもオイスターもうま~い!


BJは生牡蠣を食べたかったらしいが、私はあたったことがあるのでパス。

ちなみに牡蠣にあたる、というのは鮮度は関係ない。

牡蠣のその個体がノロウイルスを保有してるかどうかが問題。

私はどうやらウイルスに耐性が無いらしいので、用心しているわけ。

耐性がある人は大丈夫らしいんだけど。

しかしいまだに

「海辺のレストランで、新鮮な牡蠣を食べた時は大丈夫だった」

とか言う人が多いので驚く。関係ないってば、鮮度は。


ホテルに戻ってTVをつけると、地上放送はハリケーンの情報を流していて通常番組は無し。

この辺は影響はあるだろうが被害が出る事は無さそう。

ニューオーリンズの方では住民を避難させているそうな。

カトリーナの二の舞にならないように準備しているわけか。

あの時は後手後手でひどかったものね。

高速も、ニューオーリンズから出る方のみで、向かう方は閉鎖されているとか。

明日は帰りがてらモビールの近くのミュージアムに寄ろうと思っていたが、

どうやらやめてまっすぐ北上して帰ったほうが良さそうだ。


スポンサーサイト

Fort Walton 一日目

今週末はレイバーデイウィークエンドで3連休。

もう夏も終わりだし、ということで

片道約6時間のドライブでメキシコ湾のビーチへ。

朝3時40分起床、4時出発。

我が家が「朝早く出るから」というと大体このくらいの時刻。

そういえば以前日本人奥様が

「明日は、だから朝出来るだけ早く起きて出ようと思って。7時くらいに。」

とおっしゃったのを聞いてひっくり返りそうになったっけ。

7時っつったらウチでは割と遅い出発ざんす~~。


順調なドライブで午前10時前にはFort Waltonに到着。

思ったより早かったし楽だったような。慣れてきたのかしらん。

子供達はひたすら寝ていてくれたので静かだった。

起こしてWaffle Houseで典型的アメリカンブレックファストを食べる。


いつも行く波の静かなビーチへ移動し、着替えて海水浴。

水があったかい!

ここのビーチはエメラルドコーストと呼ばれ、海が真っ青というかエメラルド色で

砂浜は真っ白で本当にきれい。

こんな海で遊びなれちゃうと、湘南あたりの海じゃ泳ぐ気がしなくなる。


良く晴れて外海も波が静かで、最高の海水浴日和・・・・・

・・と思ったが、あ、暑い・・・・!

暑すぎる~~!

日陰なんも無いし。

子供達も暑すぎて疲れたというので2時間ほどで引き上げる。

あとでホテルのプールででも遊べばいいか。


ちょこっと土産物やなどひやかしてブラブラして、ホテルにチェックイン。

今回はシェラトンのFour Points というホテルにしてみたのだが、

すぐ目の前がプライベートビーチになっていてとても良かった。

部屋からも海が良く見えていい気分。


夕食はCrab Trapというシーフードレストランで。

私は色々なシーフードのフライを頼んだのだが、コロモが厚すぎて何を食べてるのかわからず。

いまいちだったな~。

忙しいタロウ

昨日は、午後6時半からカブスカウトの新入生勧誘ミーティングがあって出かけたタロウとBJ。

カブスカウトに関してはやはり父親の出番だと思うので(と、私は逃げる)

都合のつく限りBJがタロウに同伴して参加している。


行くまで例によって渋っていたタロウだが、いざ行ってみたら

学校の仲良しの友達が4~5人も来てくれていたので機嫌が良くなったらしい。

そうよね~、去年は同じ学校の子が一人もいなかったんだものね。つまんなかったよね。

今年は皆入ってくれるといいわね。


お友達はこれから入るかどうかなので当然私服だが、

自分はきちんと制服を着て色々バッジやベルトループも増えているので

皆に羨ましがられて、タロウは気分が良かったらしい。ははは。良かったね~。


スカウトの活動は、学年が上になるほど面白そうなので

なんとか続けて欲しいなと思っている私。

大体私もBJもインドア派なので、スカウトのイベントでもない限り

釣りに出かけたりNASCARレース見に行ったりなんてしないもんな~。

BB弾のライフルやったり、アーチェリーやったり、キャンプで泊まったりとか。

そういう「いかにもアメリカ南部の男の子達が喜びそうなイベント」を

催してくれるスカウトの活動はありがたいのだ。

親としても初体験の事ばかりで面白いし興味深いし。


今日は午後7時から学校のアメフトチームの試合を応援しに出かけたタロウとBJ。

お隣のアミーンも行きたいというので一緒に連れてってやる。

私とナナは暑いし面倒くさいし明朝早く出かけるので家で留守番。

パパがんばってー(棒読み)。


なんだかタロウだけやたら忙しいなあ。

ナナは宿題やら部活の課題やらで忙しそうだが。


皆、新学年のペースがつかめるまではまだちょっとかかりそう。




ところで先日の雨漏り。

修理を頼んだのに二日間もすっぽかされて待ちぼうけをくらい、その業者はキャンセル。

今日改めて違う業者に来て見てもらった。


以前漏った箇所は確かに屋根がダメになっているそうで、すぐ直してくれたのだが

今回の嵐で漏った箇所はなんと屋根のせいではないという。


・・・は?

じゃ、どっから水が・・・??


と思ったらこれが「エアコンの排水」。


エアコンの排水受け皿に水がいっぱいにたまっていて、それがあふれたらしい。

って何それ。

普通排水管があるんじゃないの??どーなってんの??

じゃああの嵐はなんも関係がなくて、たまたま大雨が降った時に

あふれだして天井から漏ってきた、ってわけ????



屋根の修理業者は当然エアコンの事はわからないので、

今度はエアコンの業者を呼ばないといけない。

は~・・・まだ時間かかるなこりゃ。




☆     ☆     ☆


豚肉生姜焼き、モヤシと白菜炒め、コンビネーションサラダ


Journeyの新曲

私は大体一日中FMラジオを聴いている。
お気に入りの局は、80年代90年代のソフトロックや現在流行っている曲をかけるステーションだ。

ここで、最近よく「Journey」の曲がかかる。
いかにもJourney節!って感じのメロディで、とても印象的で覚えやすい。
こんな歌あったっけ?なんか昔流行ったナンバーに聞こえるけど、でも違うような・・・・
と、不思議に思って良く聴いてみると・・・・





・・・・ボーカルの声が違う!





ああそうか、例の「フィリピンでカバー歌手をやっていたアーネル・ピネダ」の声だ!





じゃあこれ、新曲なの!??
うわ~~~、てっきり昔の曲のカバーだと思った!
ちなみにタイトルは「After All These Years」。


確かに良く聴くと、スティーブ・ペリーほどの魅力は感じられないが・・・
でも上手いことは上手い。
っつーかもう、ほんと曲がいいのよおお~~~!!
あ~嬉しい、往年のJourney の曲が復活だわ~~!











まだ買っていないのだがこの曲はJourneyの新アルバム「Revelation」に収録されている。
二枚組のこのアルバム、一枚目は新曲、二枚目は昔の曲をピネダのボーカルでカバーしたヒット曲集。
うおお。買わねば。

しかしこれ、ウォルマートでしか売ってないんだよね。
日本版はまだ無いというし。

よっしゃ、ウォルマート行ってくるぞ~!!

何をもって罪とするか

コネチカット州ニューヘイブンのリトルリーグ(少年野球)で、

9歳のジェリコ・スコットという少年が

「上手すぎて危ないから」という理由でリーグから外された、というニュース。


http://www.matthewktabor.com/2008/08/25/jericho-scott-and-new-havens-handicapper-general/



なんじゃそら~~!

と思ってこの記事のほかにも色々読んでみたのだが、

ジェリコ少年は9歳にしては速いボールを投げる投手なのだそうだ。

それを、対するチームの親御さんたちが

「初心者には怖すぎる、危ないし、ジェリコが投げないようにしてほしい」

と言った、という。


これは、罪では無いのか?




ジェリコ少年の所属するリーグは8歳から11歳がプレイするリトルリーグだ。

なのに、9歳のジェリコ少年の投げる球が速すぎるからというだけで

彼に「上の年齢のリーグに行くか、ここのリトルリーグでプレイするのは止めるように」と言ったのだという。


しかし、記事を良く読むかあるいは他のソースをあたればわかるが、

どうやらこの話は「モンスターペアレンツ」が、わが子かわいさに

文句を言った、という話ではないのが見えてくる。


もとは、このリトルリーグのスポンサー企業が持っているチーム(仮にAとする)が

ジェリコをスカウトしたのだそうだ。


しかしジェリコがAチームではなく、Bチームに行きたいと言って

その後AチームはとことんBチームに負けてきた、といういきさつがあるらしい。


そこでAチームのどなたかが


「ジェリコがいるのは、フェアではない」


と、言い出した、という話なのだ。




・・・何それ。




子供の能力とか、そういうのとまるで違うじゃん。

ジェリコが上手なのはわかっててスカウトして、

でもふられたから、相手チームに居るとなったらそれは「違反だ」ってか!??


ちなみにシーズン始まって以来、ジェリコ投手が相手に暴投したとか

誰かをケガさせたとか、そういうことは一度も無いそうだ。


なのに、

「うますぎて、投球が速すぎるから、危ないからやめろ」

ていうの??


これは、罪では無い、のか?






ジェリコが所属していたBチームには、リーグから解散命令が出た。

チームを解散し、各プレイヤーが他のチームに分散して参加するなら問題ない、というのである。


ジェリコ以外のリトルリーグプレイヤーにはチャンスが与えられた、と思うか?


当のジェリコは


「ぼくのせいで、チームが解散しなきゃいけなくなったんだ。

皆がプレイ出来なくなったのがぼくのせいだと思うと、とても悲しい。」


と言ったのだ。




諸君。


これこそが、罪である。


と、思わないかね。






☆      ☆       ☆


天ぷら各種


ドラクエⅤ

この前日本に帰った時、DS版「ドラクエⅤ」を買って帰って来た私。

だってドラクエシリーズ好きなんだもの~~。

FFも好きだけど、あれとはまた違うのよね~。


で、プレイし始めたのだが。

「天空の花嫁」、確か前にスーファミ版だっけ?あれで、プレイしたはずなんだけど。

全然覚えてないのはどういうわけだ。

ロトの伝説がⅢで一応完結したのには感動したし、

Ⅳで馬車システムが導入されたのにも感心したけど・・・


・・・・・って、あれ?Ⅴってどんな話だったっけ???


「ヨメを選ぶやつ。」


と、妹から簡潔に教えてもらった。


ああ、あれか。

私は確かビアンカを選んだんだったな~。

と、なんとなくそこまでは覚えている。

が。

あとはわからん。


攻略本を読んでいるうちになんとなく思い出した。

あ~そうか、一生懸命育てて来た、自分の分身である最初の主人公が

実は「勇者」じゃなかった、ってあたりで気が抜けてやめちゃったんだ確か。


ということで今回はあらかじめ「最初の主人公にはあまり気をかけず」いくことに。

名前は「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキャラからとって「ジャック」。


さくさく進んで、ジャックに男女の双子が生まれた。


そうそう。双子なんだよな~。

・・・で、名前?

うーんと、どうしよう。


・・・・・世界を救う運命をになって生まれた男女の双子・・・・・・



・・・・・とくればそりゃ




ルークレイア



しかないでしょう!!





ああっ、しまった!

今までの主人公をジャックじゃなくてアナキンにしときゃ良かったーーー!!!

↑なんか違うストーリー展開になりそうです




とりあえず双子はルークとレイアっつーことで。


なんか楽しくなってきたぞ。






しかし問題は、この手のゲームやってると

むちゃくちゃ時間を食うということだ・・・・・・・・






☆      ☆      ☆



小学校PTAミーティング

んでもって今日は小学校の新年度初回PTAミーティングなわけだ。


何をするのかこれまたわからないまま小学校へ。

同じく開始は午後6時、スペイン語や美術の先生などに会ったりして

6時半から全体集会。

ここで、昨日と全く同じプレゼンテーションが中学の校長先生からあったので笑った。


「昨日中学の方へいらした方、手を上げてください。

・・・・はい、ではこれから昨日と全く同じスピーチをいたしますのでよろしくね。」


と校長先生。

了解っす。

私にとっては二度目でも、BJは今日初めて聞くのだし問題なし。


スピーチとプレゼンの内容は「スマートボードについて」。


SMART Board というのは商品名で、日本では

「電子黒板 スマートボード」という名前らしい。

インタラクティブな電子ホワイトボード、大型のパソコン画面、といったところだが

タッチスクリーンで様々な事が出来る。


これを全教室に購入するため、寄付をお願いします、という話である。

既にいくつかの教室には導入されており、昨日私はナナ達の英語の先生のところで

実際にそれを使って見せてもらった。

確かに、こりゃあ面白いし便利だわな~、子供達も喜ぶだろう、と感心した。

こんなの見慣れちゃったら黒板や普通のポスターなんかじゃ興味をひかなくなるだろうなあ。


驚いたのはその商品の値段の下がり方だ。

4年前、校長先生が導入を考えた時には一台12500ドルしたものが、

現在では5000ドルになっているという。


・・・半額以下じゃん。

テクノロジーって、ほんと一気に安くなるよね・・・。


BJも、スマートボードについては初めて聞いたようで、感心していた。

日本の学校でも導入されてるのかな。

前に、ナナの通っていた日本の小学校で、先生が自腹でこういう機器を

持ち込んで授業していたのを見た事があったけど。

学校全体で購入、なんてのはまだまだ先かな。


全体ミーティングが終わって解散になったらあちこちで知った顔にあって挨拶。

・・・・しかし半分も「誰の親で、なんという名前」だかがわからず。

あちらはわかってくれてるのだが・・・不利だよなあ、

だって私らは全学年でほぼ唯一のアジア人家族で、

あちらはいっぱいいる白人家族かインド人(これも割りと多い)なんだもの~!!

見分けつかないよ~~~!!


ニコニコと挨拶しつつ、早々に退散。

あ~くたびれたっ。




☆      ☆      ☆


冷凍餃子、かき玉スープ、残り物色々

中学PTAミーティング

ナナの中学校で、新学年度初回のPTAミーティング。

こちらの学校の常なのか、開始は午後6時。

この時間帯なら、働いているお父さんお母さんも平日でも参加出来るから・・・なのかな?

先生達は残業なわけだ。これは以前ナナが通っていた公立校でもそうだった。お疲れ様です。

日本に帰って、公立小学校のPTAや保護者会がいつも平日の真昼間だったので

違和感を覚えたのを思い出す。あれじゃ、仕事してる保護者は参加出来ないでしょうに。

なのに「親にもっと積極的に参加してほしい」って・・・・無理だろ普通。

あ、あと当然だが親がミーティングに行っている間、「子供を預かるサービス(無料)」もあり。

日本の小学校で、放課後保護者会をやるってのに子供をみてくれる場所が無くて

本当に驚いたのをまたまた思い出す。あれでいいのか?


6時に間に合うよう私は中学校へ。

実はタロウが6時半からカブスカウトミーティングに行く予定なので、そちらはBJに頼む。

手術が2件もあって忙しいらしいがすいません。よろしく。


6時から講堂で全体集会。

私も何がなんだかわからず行ったのだが、他のお母さん達も


「・・・で、ここでいいの?全学年ここに集まるの?何するんだっけこれから?」


とお互い顔を見合わせていたので内心笑う。

そっか。私だけじゃないんだな、わけわかってないのは。


30分、校長先生などの話があり、その後めいめい渡されたスケジュールによって

各教室を回って各教科の担任教師の話を聞く。

そのスケジュールがすごい。


いわく


6時30分~36分 一時限目

6時40分~46分 二時限目

(以下略)


といった調子で、各教室で話を聞く時間はたったの6分!


移動にさける時間もたったの4分。

そしていちいちベルが鳴ってご丁寧に時間割をリマインドしてくれる。


かくして校舎のあちこちを父母達が小走りで移動することになったわけだ。


そうか。こうやってナナは毎日教室から教室へ移動してるわけねえ・・・・。

そりゃ大変だわ。とか、改めて実感。


数学、英語、Humanities(古典文学・人文科学)、理科、音楽、歴史・地理の

各教科の先生方の話を伺う。

数学は小学校と同じ先生だったが他は初めての先生達。

それでも知った先生がいるのはなんとなく安心。

周りのお母さん達も皆小学校から一緒の人達なのでこれまた安心。

他のお母さん達と情報交換も出来たし、先生方の顔も一通り見られたし、良かった。


家に帰ったらもう8時近かった。収穫は多かったけど疲れた~!


この間、BJとタロウはカブスカウトのミーティングへ。

今日から新年度になるわけで、その説明があったり

今までのごほうび(ベルトループとかバッジとか)をもらって来たそうだ。

タロウは行くまで渋っていて、「もうやめたい」とか言っていたのだが

いざ行ってみて色々バッジをもらったり楽しそうな企画(キャンプなど)を聞いたら

またなんとなく「続けてもいいかな」という気になったらしい。

わはは。そのためにごほうびがあるんだよね~、ちゃんとわかってるわあちらも。


しかし、続けるのならもう去年買った制服がきつくなってきたので新しいのを買わねば。

・・・・・っつーことはまたあのワッペンを全部つけかえるわけか・・・・ひゃ~。

大変だ~。




ところで今日も大雨。

昼頃には竜巻警報も出ていたくらいひどい嵐だった。

雨漏りは引き続きポタポタ。

明日も雨だというし、修理頼むにしてもまだ先になりそうだな。

周囲に話を聞いたらやはり雨漏りしているとか、ドアから水が入って来たとか言ってたし

修理屋も大忙しだろうしな~。やれやれ。


しかし実家に電話して雨漏りのことを話したら、

「お前んとこは水難の相でもあんのかな。前もそうだったろ。」

と父。


・・・・15年も前に、一回だけ雨の被害でひどい目にあったのを未だに言われても・・・・。


ま、それだけひどい被害ではあったのだけどね。

もう時効じゃないのかしらん。別にいいけど。





☆      ☆      ☆


タイ風チキンカレー、子供用甘口カレー

被害状況

・・・・と、祈りながら寝たのだが夜半すごい嵐に。

暴風雨が激しくて目が覚めてしまったほど。


朝にはおさまり、曇り空だったのだが・・・・



はい。

被害出ました。



ナナが見つけて教えてくれたのだが2階の階段を上がったところが雨漏り!



しかしなぜか以前の嵐で雨漏りした箇所は今回無事。

なんなんだろ??



わ~、参ったなあ~。

屋根の修理頼まなきゃ。



とりあえずバケツで水を受けるが結構な量が屋根裏にたまっているらしく、

いつまでもたれて落ちてくる。

うーむ。天井に水のしみが出来そう。

いっそ穴あけて落としちゃったほうがいいのかしらん。




少なくとも寝室なんかが雨漏りしたのでなくてまだ良かったわ。

でもまだ今週ほぼ毎日雷雨の予報なんだよね・・・・

またひどいのが降ったら雨漏りしそうだなあ。うーむ。困った。





☆      ☆      ☆


バッファローウィング、コーンブレッドキャセロール、ロメインレタスのサラダ


ハリケーン

Fayの影響で大雨になるだろうとのことで、今日は自宅にいることに。

日中はぱらぱらと小雨が降り続くどんよりした天気。

風は強くないのだがこれから雨はひどくなるらしい。


TVでオリンピックを見るも、日本の出ていない競技ばかりなので退屈。

日本にいたらびっちり観戦してるんだろうけどなあ~。


退屈なのでドロップクッキーなど焼いて時間つぶし。

久しぶりに焼いたけどうまく出来た。アメリカのレシピなので激甘だけど。


BJは自分の趣味の集まりがあるとかでお出かけ。


天気があまり崩れないといいな~、と思いつつ就寝。



☆     ☆     ☆


冷凍ピザ、中華風春雨サラダ、残り物で牛肉野菜炒め


ハリケーンFay

フロリダ半島にハリケーンFayが上陸、洪水などの被害が出ている。


「週末はアラバマでも警戒が必要」


と、天気予報で注意をよびかけているので不思議に思っていた。


・・・が。

進路予報を見てびっくり。



hurricane fay

Weather Channel より)


フロリダ半島の根元で、いきなり左折!

そのままジョージアの南をかすめてアラバマ南端へ来るというではないか。

てっきりフロリダから東へ抜けておしまい、だと思ったのに。


海岸沿いに進んでくるらしいので、私達の町は内陸だし遠いから、

雨の影響はありそうだが暴風雨とまではならないだろうなあ。

っていうかならないといいな~。

また庭木が倒れたら大変。


フロリダはここ2年間ハリケーンの被害が無かったそうで、

住民達も久しぶりのハリケーン上陸に何をどう準備すればいいか

とまどっていたそうだ。

フロリダというと温暖な気候でリタイア後に住む理想の場所、なのだが

ハリケーンが来るのは困るなあ。


今年はハリケーン多くなるのかしら。

カトリーナみたいな大型のが来ないといいが。




☆      ☆      ☆


豚肉団子のキムチ鍋

お誕生日

BJの誕生日。

おめでとう~!

こっちではいまだに若く見られて

「大学出たてくらいのトシだと思った!」

とか言われてるけど、この頃老眼が始まったのよね。ほほほ。


カードとちょっとしたプレゼントを買って、バースデイケーキは無しだけど

クリームチーズとヨーグルトでレアチーズケーキを作ってお祝い。


これからも元気でがんばってね、パパ!




☆     ☆     ☆


焼肉、やきそば、水餃子、かき玉スープ



クレイ・エイケン


clay aiken



8月25日付け PEOPLE誌の記事によると、

アメリカンアイドル出身のクレイ・エイケン(29)がパパになったそうだ。


クレイ・エイケンと彼の友達(his friend)で音楽プロデューサーの

Jaymes Foster(50)に、8月8日午前8時08分長男Parker Foster Aikenが誕生した。


・・・・って、これ、生まれる前に記事になってたのも読んだのだけど

どーもよくわかんない話なんだよねえ・・・。

ガールフレンドでもなく「友達」の、50歳の女性に自分の子供生んでもらったわけでしょ。

しかも体外受精だそうな。うーむ。

やっぱりクレイってゲイなのかしらん・・・・。

女性と付き合いたくは無いけど、自分の子供は欲しかった、ってこと?

まあ考え方は人それぞれだしいいのだけど。


ちなみにクレイは自身のブログで


" The little man is healthy, happy and as loud as his daddy."`


と書いている。


いやまあ、何はともあれ、健康なお子さんの誕生はめでたい!





☆      ☆      ☆


鳥のから揚げ、コールスロー、コーンとほうれん草のサラダ、キムチ

タモリの弔辞

赤塚不二夫の葬儀で、タモリが白紙を手に弔辞を読んだ理由


http://www.j-cast.com/tv/2008/08/19025331.html


この記事で「勧進帳」とあって、あー、それってわかる人今や少ないのでは、と思ってしまった。

最後にちゃんと解説がつけてあったが、やはり必要なんだろう。


そういえば昔、新聞記者が取材に行って記事の入稿に間に合わないと

電話で口伝えで記事を書く事があり、それを「勧進帳」と呼んでいたとか。

今はメールもあるしその場で送信出来るから、「勧進帳」なんてものは死語になっちゃったかな。




☆      ☆     ☆


冷凍エビフライ、フィッシュスティック、野菜スティックとバーニャカウダ、ビスケットと白いグレービー


にぎやか!

昨日はバーミンガムまで遠征して色々お買い物。

あっちゃこっちゃブラブラして、疲れたけど楽しかった~。


今日はタロウがお隣のアミーン達きょうだいと遊びたい、というので出かけず。

12時半から3時まではあちらのおうちへタロウ一人遊びに行っていたが、

その後はアーリア、アミーン、メリアムが我が家へ遊びに来た。


アーリアとナナは同級生で仲良し。

二人で静かにゲームなどしていた。


アミーンは男の子、学年は違うがタロウと同い年。

さすがに男の子二人だと走る走る。

ラジコンの車を操ってるのか操られてるのか知らんが追いかけて走る。

用も無いのに走る。

一軒家で誰の迷惑にもならないから放置。


メリアムはタロウの同級生女子だがこちらは静かなものの、

お姉ちゃん達に混ざるよりもタロウ達と遊ぶ方が楽しいらしい。

ちょろちょろとくっついて回っている。


ちょうど子供達の年頃が上も下も一緒なので、2グループに分かれるものの

仲良く遊んでくれるので助かる。

あちらの家でも助かってんだろうなあ。

だってあちらにはまだこの下にハンナ(小1)とまだ1歳半のアダムがいるのだ。

・・・・えらいなあ、お母さん・・・・・。


家中使って遊んでいるので、サンルームで静かに本を読んでいたBJは


「・・・い、居場所が無くなった・・・」


と、コーヒーと本を持ってうろうろしていた。

自分の書斎に行っててください。すみません。


あ~それにしてもにぎやか。すごい騒ぎ。

でも子供達がこうやって騒いではしゃいでても、静かにしろとか家の中で走るなとか、

言わなくてすむのって楽だわ。ありがたや。




☆      ☆      ☆


ミニハンバーグ、そぼろ、肉じゃが、ほうれん草のナムル、キムチ


フェルプス金メダル

男子水泳400メートルメドレー。

アメリカが勝てば、フェルプスは8個目の金メダルを獲得することになる。

これはマーク・スピッツがミュンヘン五輪(72年)に獲得した金メダル7個を上回る新記録だ。


しかし、マーク・スピッツの当時の映像が流れたのだが、まだキャップもゴーグルも無い!

長髪にヒゲをたくわえ、競泳パンツいっちょで泳いでいる様は今見るとなんだか妙。


そういえば客席にイアン・ソープも来ていた。

彼が全身を覆う水着で出て来た時も異様だと思ったけど、でも今は違和感無いものね。


メドレーでは日本勢も健闘したので盛り上がった~~!(個人的に)

北島、すごいなあ。彼のとこだけ日本が一位だったものね。さすが。


結果、アメリカ一位!

フェルプス、8個目の金かあ~、すごいなあ~~~!

客席で応援しているフェルプスのママがしょっちゅう映されるのだが(母子家庭だそうで)

このママが陽気でにぎやかな典型的アメリカンマムで、かわいいのだ。

嬉しいだろうなあ。



☆      ☆      ☆


昼にイタリアンレストランで調子に乗って食べ過ぎたので、大人は夕飯なし。

子供らはお腹すいたというので炒飯とマーボー春雨。手抜き。

かわいいオーガスティン

何がきっかけだったか忘れたが、

BJが何やら鼻歌を歌っていた。

そのメロディが私の知っている「かわいいオーガスティン」。

ドイツ民謡だ。


「なんでそんなもん知ってんの?」


と私。


「え?だってコレ、日本のカブスカウトで歌うじゃん。

岩をぶっちわり、ぶっちわり、ぶっちわり~♪、って。」


聞いた事ありまへんが。



http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/iwawobucchiwari.html



調べてみてタロウと一緒に爆笑。

なんだこの歌~~!???

どんな土木作業員!??


私がなんとなく覚えていたのは


「かわいいオーガスティン、オーガスティン、オーガスティン

かわいいオーガスティン、もうだめさ~♪」


というなんともわけのわからん歌詞だったのだが

今回調べてみて同じコトバは出てこなかったが

本来のドイツ民謡でもどうやら「オーガスティンが好きだけど

もうどうしようもないんだよ、お金もないし」という歌だったことが判明。


・・・なんでそんな情けない歌が日本でこんなに広まってるのだ。


さらになぜそれが「士気を高めるため」の、ボーイスカウトの歌に広まっているのだ。


謎。





そこから派生してつい「キャンプ料理の歌(十種野営料理の歌)」を調べてしまった。


http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/kyanpuryouri.html


十種も作れるのかあ、と思いきや、後半はもう「残り物の調理法」じゃん?

まあそれもアリかも知れんが。




今年はタロウはカブスカウトにまた参加するのかな。

今のところまだ迷っているらしいが。

さて。




☆     ☆     ☆


八宝菜(キャンプ料理の歌を歌いながら作るべし)

にら玉甘酢あんかけ、ワンタンスープ、キムチ


良く食べる子、食べない子

ナナはとにかく生まれた時から良く食べる子だったので、

よそのお母さん達が

「うちの子、全然食べなくて・・・」

と話しているのを聞いてもよく理解出来なかった。


しかしタロウが生まれてその意味がよくわかった。


タロウは生後2ヶ月くらいから完ミルクだったが、哺乳瓶一ビン飲みきった事が無い。

ナナは離乳食開始直前くらいには軽く飲み干してたのだけど。

離乳食を始めても、「えっ?もういらないの?」というくらい、ナナに比べると食べなかった。

おまけにめちゃくちゃ好き嫌いが激しい。

ちょっとでも嫌いなものを食べさせると食欲そのものが無くなるらしいので、

少しでも食べて欲しい親心としては彼の好きなものばかり用意することに。

いかんなあ、と思いつつも、食べない子ってほんと食べなくて平気なんだなあなんて感心したりして。


もっと小さい頃、妹に預かってもらった時には妹が


「食べないって聞いてはいたけど、本当に食べないんだね~~!

ちゃんとしたご飯は食べないけどお菓子は食べる、とか言うのかと思ってたら違うんだ!」


と驚いていたが。


それは9歳になった今でも変わらない。


さすがに運動量が増えて「おなかすいた~!」と言う事も多くなってきたが、

食事時にちょっと何かあって叱られたりするともう食べられなくなる。

「もういらない、ごちそうさま。」

と部屋へひっこんでしまい、後になっても何か食べたいなどと言って来ない。



今日、私が夕飯の支度をしているところへタロウがやってきて


「今日のごはん、何?」


ときいてきた。


「麻婆豆腐と~、肉味噌のレタス包みと~、ワカメのおみおつけと・・・」


と私が答えるとそばで聞いていたナナが


「あ~~もう、言わないで~~!聞いてるだけでお腹空いてきちゃう!」


と言った。


するとタロウが


「・・・・なんか、お腹いっぱいになっちゃった。」





・・・・って、コラーーーっっ!!!


聞いただけで食べた気になるなぁぁぁっっ!!!





ああもう。

こんなんでもいつか、「成長期の男の子って本当に良く食べるのよ~!」なんて時が来るんだろうか。





☆      ☆      ☆


麻婆豆腐、肉味噌のレタス包み、ゴマダレの春雨サラダ、ワカメのおみおつけ

Dinner Impossible

Food チャンネルの番組「Dinner Impossible」で、

イギリス人シェフRobert Irvineが日本食を作る、というのをやっていた。

面白そうなので家族で見たがもう大笑い。

ワシントンD.C.の桜祭りに250人分の料理を作って出すのだ。

アドバイザーは日本人女性、手伝いは大使館の日本食シェフ。


日本人シェフがすいすいとかつらむきを始めたのを見て目を丸くするRobert。

いや~、確かにあんなの見た事無いだろうな~。

本人も挑戦していたがもう手元が危なっかしいったら。

輪切りなら負けん!とばかりにきゅうりを自分の包丁で切ってみせたが、

日本人シェフは速さもさることながらきちんとそろえて切り終わり、

Robertのはあっちゃこっちゃへはねて転がってどこかへ行ってしまっていた。

わははは。


どんなメニューを作るのかと思ったら「揚げ餃子」や「カレー」が入っていて意外だった。

でもまあ確かにカレーは国民食だし、餃子ももう中国のとは別物だしね。

「やきそば」も作る、というので屋台風ソースやきそばだとばかり思っていたら

日本蕎麦を揚げていたのでこれまたたまげる。何それ!?

BJは「蕎麦やでこういうの、食べた事あるよ」と言ってたけど私は初めて見たわ~。

美味しいのかなあ。


全体として不思議な日本食だったけど、まああんなもんかしらね。

一応寿司も焼き鳥も出てたし。


ところで巻き寿司を「Maki Roll」と言ってたが、それじゃ「巻き巻き」では・・・・・




☆      ☆      ☆


チキンパルミジャーノ・トマトクリームソース、ラタトゥイユ


暑さも一段落

先日、暑いから雑魚寝という記事を書いたのだが

その2日後くらいから夜間の気温が下がるようになった。

というわけで雑魚寝も終わり、子供達は各自の部屋へ。

ここ1週間くらい、最高気温も30℃までは上がらなくなってきたし

朝晩結構涼しいので、もう夏も終わりかな。


この前日本で買って帰って来た掃除機は好調。

いやあ、やっぱり日本製の家電は優秀だ!

細かい猫の毛も、部屋の隅っこの角もちゃんと掃除出来るし

軽いし扱いやすいし、ヘッドの動きがすごい~~!

アメリカの掃除機なんてありゃ石器時代だね。


普段使わない広いリビングや玄関ホールは散らかっていないので、

そちらはRoombaでざっとお掃除。

そして一番使うキッチンとサンルーム(居間)はモノが多いから私が掃除機をかける、と

使い分けられて便利便利。


一番有難いのは階段の掃除機かけが楽になったこと!

Roombaもさすがに段差は掃除出来ないので、

今までは重たいアメリカの掃除機をえっちらおっちらかついで掃除するか

コンパクトなコードレスなのはいいが全く吸い込まない掃除機を使うか、しか無かったのだ。

それが今度の日本製掃除機だと、軽いから持って上がるのも楽だし

コンパクトだから本体を階段に立てて置けるし(アメリカのはでかいので手で支えていないと

段差に乗り切らずひっくり返る)、吸い込み能力が高いので隅まですっきり!

じゅうたんを敷いている中央部分と、両端の板張り部分があるのだが

そのどちらもキレイになるので嬉しい~~!


アメリカでダイソンを買おうか迷ったのだけど、あれだって階段には不便だろうしな。

やはり日本で買って来て良かった。


家電店の店員には、トランスを使用するよう言われたのだが無視。

トランスは持ってるんだけどね。別に無くても大丈夫だもん。

ドライヤーなんかそのまま長年使ってるけど、熱くなりすぎはするものの壊れてないし。

あ、もちろんマイコン制御の炊飯器やホームベーカリーにはトランス使ってますわよ。


しかし、掃除機のコードが短いのは不便だ!

日本の部屋ならこれで充分なのだろうけど、こっちの広さだと届かないのよ~。

まあその分部屋のあちこちに、これでもかってくらいコンセントがあるからいいのだが。


掃除するのが億劫で無くなったので嬉しい。

掃除機の性能って大事だわあ。





☆      ☆      ☆


グリルドサーモン、ひとくちカツ、フェタチーズとオリーブのサラダ、野菜スープ


新学年開始

今日から子供達の学校が始まる。

タロウは3年生にあがり、ナナは中学1年(7年生)。

同じ私立だが敷地内の別の建物に通う事になるので、

中学の建物と小学部と二箇所へ送迎しなければならない。

ま、車だからどうって事無いのだが。


新学年の開始なのでナナもタロウもものすごい大荷物。

特にナナは、今年から教科書は各自購入して持っていかねばならないので

重たいハードカバーのでっかい教科書が何冊も入ったバックパックと手提げ持参。

さすがに一人では運べそうになかったので私が手提げバッグ分を手伝ったが、

あまりの重さに指に食い込んで痛かった・・・・・どんな教科書だっ。

全く、アメリカのもんはなんでもかんでもでっかくて重いなあ~。


中学ではホームルームが無く、登校するといきなり一時間目の授業となる。


7:45~8:35    一時間目

8:38~9:26    二時間目

9:29~9:52    アドバイザリー

9:52~10:01   休憩

10:04~10:52  三時間目

10:55~11:43  四時間目

11:46~12:34  五時間目

12:34~1:05   昼食

1:08~1:56    六時間目

1:59~2:47    七時間目

2:50~3:15    エンリッチメント



授業の間の休みは3分間!

そして毎時間教室を移動するので、ロッカーで教科書などの出し入れをしたりする。

・・・・トイレ行ってるヒマも無さそう。


ちょっと長めの休憩ったって9時52分から9分間、て・・・・・。

道理で中学に入ると「走って移動しないと間に合わない」とか言われたわけだ。



タロウは今までとさほど変わりなし。

ただしクラス替えで、仲良しのバディとマックとは別のクラスになってがっかりしていた。

と言っても一学年2クラスしかないし、休み時間などは一緒だから大した事は無いだろう。


タロウが学校の事を色々報告してくれたが、


「ジョーはね、今年また2年生なんだよ。」


と言うので驚いた。


お勉強のポイントが足りず、2年生に留年したのだそうだ。

へえ~。なんか一見お勉強出来そうな坊ちゃんに見えたんだけど意外。


「全然出来ないんだよ。いっつもタイムアウトになってたし。」


とタロウ。


でもまあ、わからないままに進級するよりも、わかるまでその学年に残るというのは

本人にとって良い事だと思う。

ナナもタロウも実を言うと日本から来た時、学年をひとつ落としてあるのだが

こちらではこうして留年したり飛び級したりというのがあるから

年齢が少々違っても誰も気にしないので楽である。



ナナが、学用品を買わなければというので下校後急いでオフィスマックスへ。

本当は夏休み中に準備すべきだったのだが、お知らせをもらったのが5月中だったので

すっかり忘れていたのだ。ごめん!

幸いオフィスマックスで一通り揃ったので良かった。

数軒回らないといけない事もあるんだもの。


教科書は一通り言われたものを揃えて行ったのだが、版が古いのがあって注文しなおし。

ええ~~~、もらったリストのを買ったのに~~!??

リストの番号が間違っていたようだ。も~~!ちゃんと確認して下さい~!



親も子供も、新しい学年に慣れるまではまだしばらくドタバタしそうである。




☆      ☆      ☆


ステーキ、ポテトサラダ、キュウリとワカメの酢の物、ギリシャ風サラダ、おにぎり


北島金メダル

北島、金メダルおめでとうっ!!


アメリカにいると日本人選手の活躍はほとんど見られないのだが、

男子水泳はアメリカが強いので予選から放映されており、

今回の北島の金メダルだけは生中継で見る事が出来た。

わーいわーい。こんなの初めてだ~、嬉しい~~!!


柔道は全く放映されないので結果をネットで見ただけ。

日中延々と色々な競技を放映していたが、まずは男子バスケ。

こんなの皆プロだもんな~~~、ヘンよね~~~。

ビーチバレーもやっていたのでちょこっと日本チームを見られた。

それから自転車、ボート、水球、シンクロ飛び込み・・・・うーむ。普段見た事ないもんばっかだ。


女子体操はアメリカが強いのでプライムタイムに録画を流していた。

だけど皆子供に見えるぅ~~~、20歳ってほんと~~!??って感じ。


日本ではオリンピック、盛り上がってるのかしらん。




話は変わるが、新聞トップの記事を見て

「・・・ジョージア?ジョージアで何かあったの?」

と、疑問に思った。

読んでみるとジョージア州の事では無く、ロシアの隣とな。

ますますわからず。


TVニュースでも

「ジョージアの兵士達が・・・」

などとやっている。


うーん、なんだろ、このつづりだから・・・・・






グルジアか!!





うわ~~、英語読みだとジョージアなのね~~!

全然わからなかった。

ちなみにつづりはGeorgia。


地名や人名は、国によって読み方が違うからさっぱりわかんないわあ。





☆       ☆       ☆


久しぶりに自家製点心。

焼き餃子、揚げ餃子、ワンタンスープ

しかしちまちま包むのって大変!


糠漬けもどき

5日ほど前から初めて「パン床」なるものに挑戦中。


これは「糠床」の「糠」のかわりに、そのまま食パンを使うというものだ。

糠床と違って臭いもしないし、手軽だというし

材料が「パン、塩、ぬるま湯、ビール(!)」だというので始めてみた。

アメリカででっかい一斤を買うと必ず出るはじっこのパンや

飲み残しのビールを使えるならこれはエコじゃん?というわけで。


ネット検索してみると色々なレシピが出てくる。

ま、塩加減なんかは好みもあるし、と適当に始めてみる。

でも実はこれ、日本に帰る前からトライするつもりでいたので

こないだ帰国した時に「ぬかみそからし」なるものはちゃんと買ってきたのだ。

といってもこれは熟成した糠床に入れるもんなんだけどね。


初日、二日目はしょっぱすぎて失敗。

塩を抜けば食べられるかと薄い塩水につけて塩ぬいたらぬきすぎちゃうし~。


でも今日はかなりうまくいった!

BJがキュウリを食べて

「うわっ、ぬかづけだ!」

と、本気で驚いていたくらい。

わっはっは。


だけど「ちょうどいい漬かり具合」で出すには、時間も見てないといけないのねえ。

気温によっても「かもし具合」が変わってくるだろうし、意外と難しいもんだ。


なんて書いてると、きっと実家の皆様は驚いておられることであろう。

だって私、漬け物って食べられない人なのだ。わはははは。

しょっぱいもんが苦手なのと、発酵食品が苦手なので。

でも「無い」となると「なんとかして作ってみたい!」と思うへそまがりなのだった。


簡単に、売ってる糠付けやたくわんや浅漬けが手に入るとこに居たら

多分一生自分でやってみようなんて思わないだろうな。



☆      ☆      ☆


チキンのバルサミコ酢ソース、グリーンビーンズキャセロール、スタッフィング

オリンピック開会式

オリンピックの放映は例によってNBCが独占。

おかげで他チャンネルを見ているとまるで話題になってないので

「オリンピック?いつだっけ、それ?」

という感じ。

NBCだけで必死で盛り上げてる、という印象を受けてしまう。


おまけにアメリカでのオリンピック放映は基本「録画」なので臨場感に欠ける。

日本なら開催国とどう時差があろうが「生中継」するだろうと思うが、

アメリカは「プライムタイムに、録画編集したものを流す」スタイル。

寝不足にはならなくてすむが、結果をうっかりネットなどで見てしまった後だと

どうにもこうにも緊張感がなく・・・・。面白くないんだよねえこれが。


そしてもちろん、アメリカ人のアメリカ人によるアメリカ人のためのオリンピック放送なので、

アメリカ人選手が強くアメリカで人気のある種目しか放映されない。

即ち「陸上」「女子体操」「水泳」あたりが定番。

マラソンなんて、いまだかつてアメリカの放送で見た事なんか無いわ~~!!

柔道も、やってるのかどうかすらわからん。

日本人選手の強い競技が見たいよう。



さて、今日は開会式。

放映は午後7時から。

始まるなり電飾の多さに圧倒され、つい


「・・・・これ、近隣一帯はこの時間、電気使うなってお達しが出てんじゃないの?」


と言ってしまう私。


それにしても人海戦術。ほんと人数多いのねえ。すごいわ~。


ダンサーが床に絵を描いていくパフォーマンスで、解説が


「シャン・シュイィーARTを描いていきます」


と言った。


シャン・シュイィー・・・・・なんだろうそれ・・・しゃん・・・・・さん・・・あっ!


山水画か!


漢字で出してくれれば一発でわかるのに~。



ダンサーの女性達の化粧とドレスの感じがなんだか皆神田うの。

そうか、彼女の顔とかデザインしたドレスがどーも違和感あると思ったが中国人ぽかったのか。


入場行進が始まって、てっきりABC順だと思っていたら違うのでびっくり。

解説したのかも知れないが聞いてなかったので、後でどういう順だったのか調べてしまった。


「国名の漢字表記一文字目の画数順」


ってあーた・・・・・


・・・・・どうやってアルファベット圏の人達に理解してもらったのかしら。


しかし、これも「アリ」ってことよね。

どうして長野五輪はアルファベット順にしたんだろう。

堂々と「日本の五十音順にします!」って言ったら良かったのに。

そういうとこ、腰が引けてて情けないと思ってしまう。



ところで、何故入場行進曲がバグパイプのミリタリータトゥーだったの??







☆      ☆      ☆


天ぷら(鱈、ズッキーニ、ポートベロ、にんじん他)


お片づけ

さすがに放っておけない状態になってきたので、

朝のうち(でないと灼熱地獄になるため)に一気にタロウの部屋をお片づけ。

タロウの尻をひっぱたきながら(いや、比喩です)いる物といらない物を分けさせ、

オモチャの種類によって分類させ、カード類はすべて拾って(そこら中に散らばっている)

仕分けして引き出しにまとめる。


・・・・これだけの作業で1時間以上かかった!


何しろ物が多すぎるんだっての!!!!


昨日ターゲットで、クローゼットの網棚に置けるプラスチックかごを4個買い、

小引き出しも3段のを2個購入したが全部一杯になってしまった。

物をためこむ人って、しまう場所を増やすとそれにつれて物も増やすんだよな・・・。

わかってはいるのだが・・・しばらくは仕方ないかなあ。

思い出のつまった品々らしいので。しかしきりがないっっ!


彼が3歳の時、バーミンガムから日本へ引っ越したのだが

あの時は小さかったからうやむやのうちにほとんどのオモチャを処分した。

お気に入りのトーマス関係だけは持って帰ったけど。

しかしいつまでも

「アメリカのおうちには、○○があるんだよね~」

などと、捨ててきたオモチャを思い出しては言っていたので驚いたっけ。

すぐ忘れるだろうと思ってたが甘かった。


今回日本からアメリカへ来る時は、とにかく彼の物は一切捨てずに持って来た。

おかげで多分家族中で一番荷物が多かったのはタロウ。

友達もいないところで、自分のお気に入りのオモチャも無かったら

かわいそうかな、と思ったので全部持って来たのだが・・・




・・・捨てとけば良かったよ、せめて半分くらいは・・・・・・・・。




古くなったオモチャでも何やら思い出があるらしく、一切捨てないタロウ。

そして興味はどんどん増えるので、次々に新しいオモチャやカードやグッズが増えていく。

どうして男ってこうコレクターなんだ。女の子は違うと思うんだけどなあ。

なんだろ、男の方がセンチメンタルでロマンチストなのかしらん。

女は現実的だからな~。役に立たない、必要無いと思ったらばんばん捨てられるわよそんなもの。


今のところ部屋が広くてしまう場所はあるので、

これだけのブツがあってもなんとかなってはいるが・・・・。

しかしいつかこういうのを処分出来る日が来るのかしらん。





無理なような気がする。






ああしかし疲れた!

朝から汗だく。

でもおかげで部屋がきれいになってすっきり。

さてこれが何日もつでしょう。





☆      ☆      ☆


生春巻き(モヤシ、コリアンダー、キュウリ、ネギ、海老)、鮭とさらしタマネギのサラダ(ポン酢がけ)、

残り物パスタ、ほうれん草サラダ(フェタチーズ、オリーブ、アンチョビ)

生春巻きのたれ・・・・砂糖大さじ1、米酢大さじ2、ライムジュース大さじ2、チリソース小さじ1、醤油小さじ1



暑いので雑魚寝

あ・・・・暑い。あづい。

日中最高気温は華氏96度(約36℃)。

体感温度は40℃とな。死ぬ。


家の1階は25℃くらいに冷房が効いていて快適だが、

2階(子供部屋)は午後になると30℃になってしまう。

熱気がこもる作りなうえ、冷房の吹き出し口が部屋の大きさに対して少なすぎるのだ。


これでは寝苦しいだろうと、2~3日前から子供達を

私達の寝室(1階にあり、冷房が別)に避難させている。

日本から持って来た布団セットを二枚、私達のキングサイズベッドの足元の床に敷き、

皆で一部屋で寝ているのだ。


わはははは。

なんでこんな広い家でひとつところに集まって雑魚寝!?

でもまあ、キングサイズのベッドが入ってるのにその他に二枚布団を敷いても

なんら狭くならない寝室だから、雑魚寝とは言わないかも知れないが。

これって何畳くらいの大きさなんだろう。わかんないけど。


しかし2階に全部の寝室がある作りの家じゃなくて良かった。

1階に主寝室があるのはこの頃の流行なのかと思ってたけど、

もしかしたら夏の暑さを考慮しての作りなのかも?

今まではアパートだったから、一軒家の2階がどう暑くなるかなんて知らなかったが

いやあ、アラバマの夏をなめてました。すいません。


だけどやっぱり、日本のエアコンつけたいな~。

ミツビシのエアコンならここら辺でも代理店があるらしい。

今年はもう間に合わないだろうけど、来年までにはなんとか・・・!





☆       ☆       ☆


白身魚のケイジャンフライ(Tilapia,cod)、 ガーリックバター風味パスタ、チキンサラダ

ロックギタリストで天体物理学博士

タイトルで誰のことかわかったアナタはエライ。


http://wiredvision.jp/news/200808/2008080621.html


ロックバンド『クイーン』のギタリスト、ブライアン・メイが

天体物理学の博士論文を出版した、という記事。


そういえばそんな話を聞いた事もあったような。

でも、30年間中断していた研究をちゃんと再開して、

論文を書き上げたなんてすごいなあ。

好きなんだろうな~、きっと。



倒木伐採、獣医、吹奏楽

タイトルの言葉で三題話でも出来そう。



三題話ではなく、これは私の本日の用事。


朝7時半、庭師のおじさんが来て先日倒れた木を小さく切って片付けてくれた。

こちらが言うより先に

「で、切った木は薪にする?それとも捨てる?」

と訊いてくれたので、薪置き場(ラック)もあることだし薪用に切ってもらうよう頼む。

でも生木だから、実際薪として燃やすまでには一年くらい乾燥させないといけないそうだ。

木を乾燥させることも英語ではSeason(普通は味付けの意)というので不思議。

そういえば鋳鉄スキレットに油をなじませ使えるようにするのもSeasonというのだっけ。


8時半、全力で嫌がる猫をキャリーに押し込む。

キャリー=獣医、と刷り込まれているので嫌がること嫌がること。

もうこちらもわかっているので厚手の長袖を着てジーンズをはき、

庭仕事用の頑丈な皮手袋装着でがっしとつかまえる。

どんな野良猫だ。

いや・・・なんせ気が強いのよこの猫は。

よその猫見ると全身逆毛立てて「しゃーっ!!」と威嚇するし。

外になんか出したら毎回きっとケンカで全身ケガだな、って感じ。

普段は人懐こくてかわいいんだけどねえ。


9時、獣医受診。

毎年の予防接種と健康診断。

一緒に診察室に入りますかときかれたが、待合室で待つことに。

だって修羅場になりそうなんだもん・・・・・・と思ったら案の定。

獣医さんが苦笑いしながら出てきて


「これこれこういう状態で、ものすごく怒ってます。

これじゃ彼女が起きてる状態では何も出来ませんので、

鎮静剤を打ってもよろしいでしょうか?

その後、目が覚めたらお返ししますから

後ほど引き取りにいらしてください。」


・・・・うわぁぁぁぁ!!!

す、すみません!!!


やっちまったんですねうちの猫・・・・。


たかがキャリーに入れるだけであの騒ぎなのだ、ましてや注射とか

色んな診察なんて絶対無理。そりゃそうだ。

獣医さんてのも大変なお仕事だなあ~。

は~、しかし、これ毎年やるのか・・・・。


BJが

「うちの女どもは皆気が強くて大変。」

と嘆いていたのが今になってしみじみわかったわ~。



午後1時過ぎ、猫を迎えに行く。

診察代約180ドルなり。

やっぱ高いなあ。

そういえば受付の人が電話の問い合わせに答えていたが、

低所得者のための補助金というのもあるそうだ。

補助金もらってペット飼う??わ、わからん。


猫は瞳孔がひらいていてぼんやり。

おそらく夕方までぼーっとしてるだろうとのこと。

わはははは、腰が抜けててかわいい~。

ジャンプしたり高い所に飛び乗ったりしないよう気をつけるべし、と

注意されたがこの猫は上下運動が大好きなので多分無理でしょう。



さーてこれで用事は済んだな、とお昼寝していたら学校から電話。

帰宅していたBJが取ってくれたが


「午後5時から7時の間に学校へ来て、楽器を選んでください。」


とのこと。



・・・・楽器?

なんで?

ナナが選択したコースは「合唱」だったはずだけど。

「合唱と吹奏楽」というコースもあるにはあるが、違うはずだがなあ。


中学へあがると選択コースがあり、

「体育・合唱・合唱と吹奏楽」

を選ぶのである。

ナナは当初「体育」を選んだのだが、前に発表会でソロを歌ったのが評判で

周りのお母さん方だけでなく音楽の先生や中学の先生たちからも

「絶対に合唱に入るべき!」

と口説かれ、申し込み期限を過ぎてから合唱に変更したのだ。


何か良くわからなかったがまあじきじきにお電話いただいてしまったのだし・・・

と、午後6時過ぎ、学校へ向かう。

ナナはずっと

「おかしいな~、なんかの間違いじゃないの?

あたし、バンドには申し込んでないでしょ?」

と言って首をひねっていた。


指定された教室に行くと、同級生達が楽器を選んだり説明を聞いたりしていた。

私も何かの手違いかと思ったが、先生の持つリストにはちゃんとナナの名前が。

おまけに小さな手書きの書き込みがある。


「この子は素晴らしい。バンドに必要である」



見せてくれた先生がにやにやしながら


「これ、誰の言葉だと思います?Mr.Harrisなんですよ。」


と言った。


Mr.Harrisは、去年定年退職なさった小学部の音楽の先生である。

とても教え方が上手で、子供達もなついていた先生だ。

ナナに目をかけてくれていたが、そうか、そんな事を言って下さってたのねえ。


というわけでバンドに参加する羽目になったナナ。

本人は不本意そうだったが、私は嬉しいなあ。

何にせよ楽器が出来る、というのはいい事だと思うし。

私がピアノ、タロウがギター、BJはブルースハープ(ハーモニカ)をちょこっと、

そしてナナがまた他の楽器が出来るなら楽しいじゃない。

それぞれ違うからモメることも少ないだろうし。


「楽器を選ぶ」というのはどうやるのかと思っていたら、

実際にひとつずつ吹かせてくれるのに驚いた。


まずフルート。これはなかなか音が出ず。やはり難しいものなのね。

次にトランペット。こちらも息の吹き方や勢いが難しそう。

そしてクラリネット。これがいきなり良い音が出てびっくり。

日本の小学校で習ったリコーダーの吹き方と似てるのかな?

サキソフォンもそこそこ良い音。

最後にトロンボーンを吹いてみて、最終的に先生や私のすすめもあってクラリネットに決定。


面白いなあ。

向き不向きを、ちゃんと実体験させて選ばせるのね。


ナナは指も長いので、多分クラリネットでも問題ないだろうとのこと。

そうか、手の小さいお嬢さんだと難しいのかしらね。

やった事ないからわかんないけど。



クラリネットのリース契約(リースが終わった時に買い取る事も出来る)をして

お金を払って終了。

あ~、疲れた~~!!

ナナは家に帰ってからも


「なんであたしが・・・・

なんでバンド?

どーしてこんなもん(クラリネット)持たされてんの?」


とぶつぶつ言っていたが。


このくらい強引に引き込んでもらわなかったら

絶対自分から「やってみたい」なんていう人ではないから、

ま、良かったんじゃないの。

家族の誰ひとり出来ない楽器だっていうのも良いと思う。

比べようが無いし。



何だかわからないうちに「合唱と吹奏楽バンドコース」になってしまったナナ。

忙しくなりそうだけど、がんばって!






☆      ☆      ☆


ホイコーロー、ゴマダレ春雨サラダ、かき玉スープ

予測はついてたでしょ?

マイバッグ悪用した万引きが増加中「当たり前」の声も
 スーパーのレジ袋削減につながるとエコに関心のある人々が使用している「マイバッグ」が、思わぬ副作用を..........≪続きを読む≫
[アメーバニュース]


こんなもん、当初から予想はついてたわよ。

思わぬ副作用って、あーた・・・・

どんだけ性善説なんだ。いまどき。


善意の客ばっかじゃないことくらい、客商売してたら知ってるもの。

そういう観点から想像すれば

「マイバッグなら買ったもんかどうかわかりにくい」

事くらい、すぐ気付いて悪用する人がいるってわかるでしょう。


大体レジ袋だけ廃止して「エコでござい」って・・・・

そんなんじゃ追っつかないくらい過剰包装の肉や魚や野菜売っておいて、

何言ってんのよと思うのは私だけ?



かもめ食堂

日本で、絶対にアメリカでは手に入らないだろうDVDを少々買って来た。

そのうちのひとつが

「かもめ食堂」。


群ようこ原作、小林聡美・片桐はいり・もたいまさこ出演とくればおそらく私好み。

「やっぱり猫が好き」をほうふつとさせるじゃない?

と思って買って帰り、BJと一緒に見てみた。


・・・うーん。

いや、確かに面白いっていうか味があって、いいんだけどさ。

これって映画向きの話・・・・かなあ??

どちらかと言うと、舞台向きかなと思ったのだけど。

わざわざヘルシンキでロケする意味がわからなかった。


それに、演出なのだろうが役者が皆棒読み。

古い作品で恐縮だが「ファンシィ・ダンス」の本木雅弘と竹中直人みたいな。

なんであんな風に喋らせるのだろう?あれが「自然だ」とでもいうのかしら??


ストーリーとしては初めから、これといったドラマや事件なんて

起きないのだろうと思っていたから別に期待はずれでは無かった。

っていうか逆にいうと見る前からもうわかってた展開だった、という感じ?


全体としては、テレビ放映やDVDで見る分にはいいけど

映画館へお金払ってまで見に行く作品でもないなあ、という印象。

日本の映画料金、高いしね。


それにしても片桐はいりって久しぶりに見るとびっくりするなあ。




あ、ところで、この映画で一番びっくりしたこと。




ガッチャマンの主題歌(私はそらで全部歌えました)が、

小林亜星作曲だったこと。





☆      ☆      ☆


ラタトゥイユ、クスクス、レモンペッパーチキン

実はラタトゥイユって嫌いで、何が美味しいのか

どうして皆が良く作るっていうのかさっぱりわからなかったのだが。

つらつら考えるに、初めてラタトゥイユなるものを食べたのは

知人奥様から頂いたものだったのを思い出した。

その奥様、他のお料理も頂いたがどうやらあまりお料理がお得意では無いらしく・・・ごほっごほっ

そうか!彼女のラタトウィユだったから、「うまくないもの」という

印象が刷り込まれてしまったのかも!??

・・・な~んて失礼な事を思いついてネットでレシピ検索。

プロのシェフが日経に書いていたレシピで初めて作ってみた。

他のあまたのレシピと違い、野菜をいちいちフライパンで焼いて塩して、

煮るのはほんの10分というもの。




・・・おいしゅうございました。

ラタトゥイユの認識を新たにしましたです。



でもこのレシピだと、人によってはオリーブオイルがくどすぎるって言うかも。


http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/chef/060720_ratatouille/



プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR