医療ものドラマ

何も面白い番組が無い時、私とBJでたまに

Discovery Health Channel の医療ものの番組を見る事がある。

「Mystery Diagnosis」、「Docter G」、「Diagnosis X」といった

「患者の症状から原因を探し出し診断する」番組。

日本では「本当は怖い家庭の医学」だったか、あれが近いかな。


突然ディズニーワールドで心停止して亡くなった12歳の子供の死因を調べたり、

長年原因不明のめまいと頭痛に悩まされている人の診断をしたりと

普段聞いた事も見た事も無い珍しい病気やウイルスの話が出てきて面白い。

もっとも、これらはすべて「現実の本当のケース」が下敷きになっているそうだが。


私はただこういうのを見て

「へえ~、そんな事があるんだ~」

と感心しているだけだが、隣で見ているBJはうるさい。


「てことは、○○○かな。」

「じゃないか。じゃああれだ、×××だろ。」


そして診断が彼の見立てと同じだと


「やった!」


・・・・忙しいねダンナ様。


どうやら番組中小出しになる情報を集めて自分でも診断しているらしい。

道理でこの手の番組見ると「疲れるから」と言うわけだ。

私はBJと一緒に見ていると、知らない医学用語をすぐ和訳してもらえるから便利なんだけど。


しかし、彼が見ながらちゃんと病名を当てられるということは

かなり正確な情報で番組作ってるって事よね?


日本で「医龍」を見てた時など、ツッコミまくりでこれまたうるさかったが

あれとは違うもんねえ。

ま、「医龍」はあれはあれで面白かったけど。


他に医療ドラマで面白いのは、今日本でもFOXで放映中の

Dr.House」。


こちらも難しい病気の診断を下す医師の話だが、

Dr.Houseが性格悪くていいんだ~~~。


この頃面白くなくて全く見ていないのは「E.R.」。

始まった頃は本当に面白くて毎週見てたんだけど。

なんか最近ドクター同士の惚れたはれたばっかりみたいになってきちゃって。


その点TLCチャンネルの番組「Diagnosis X」 は面白い。

当初のE.R.みたいな感じ。

これはホンモノの医師が、自分が担当したケースについて

役者達(患者役、研修医役)と一緒に出演・再現するドラマである、

というのが売りなのだが・・・・

・・・・・ホンモノの医師にしちゃー、演技が上手すぎないかぁぁ!??

と、思うのだが面白いからいいや別に。




スポンサーサイト

バカ息子とバカ親達


hoganfamily




ハルク・ホーガンといえば日本でも「イッチバーン!」などとやっていたので

プロレスに興味の無い私でもなんとなく知ってはいた。

去年だったかリアリティショー(単なる芸能人の私生活を見せるだけの番組)を

家族ぐるみでやっていたので

「へえ、まだやってるんだ~」

くらいに思っていた。

嫁も娘も息子もそろいもそろってアホヅラで、全く興味が無かったので

番組自体見た事は無かったが。


昨年8月、息子のニックが公道でドラッグレースをして事故を起こした。

自分のトヨタスープラは全壊(よくまああの状態の車で生きてられたもんだというくらい)

同乗していた友人は命こそ助かったものの植物状態になってしまった。




nickhogancar




先日、フロリダの裁判所でニックに対する判決が下された。

3年間の免許停止と8ヶ月の服役に執行猶予5年。

その他500時間の社会奉仕活動と、アルコールの教育プログラムへの参加が義務づけられた。


・・・・これ、まだまだ甘いと思うんだけど私。

ニックは17歳、この事故の時アルコールが検出され、事故原因は

ニックの危険運転であると警察も判断したわけだし

同乗者は今後一生、障害を持って生きていかねばならないんだよ?

というか、まだ意識も戻らない状態のようだけど・・・。


裁判の様子はTVでも放映され、ニックが謝罪する様子が流れた。

そこまでは良かったのだが

今週になってから、収容所内のニックと家族の通話記録が発表された。


ニック 「で、どうなの、例のリアリティショーの話、やってくれてる?」


ハルク 「ああ、やってるよ。保釈されたらすぐに出来るのか?」


ニック 「もちろん。何であれ、お金になる事やらなきゃな。」


ハルク 「そうだな・・・New Nick とかなんとか、いい番組名考えておけよ。」


ニック 「Celebrity Back from Jail、とかね」




・・・・反省の色、ゼロじゃん。

友達の人生めちゃくちゃにしたこととか、全く考えてもいないわけ。

さすがアホの子はアホ。

リアリティショーってあんた・・・誰がスポンサーになって、誰がそれ見るっつの!?

不快。最低。


裁判所での謝罪は当然演技だったというわけか。

こんなクズ、8ヶ月ぽっちの服役じゃ甘いだろ。

大体誰がセレブだって!?父親が有名だっただけで、オマエには関係なーーい!!

・・・・と思うが、大抵のセレブのどら息子というのは出来損なうからなあ。

関係あるんだよなやっぱり。

親の金をあてにして馬鹿どもが群がってくるだろうし。


しかし、通話内容が一般に発表されるのって普通の事なのだろうか。

パパラッチがすっぱ抜いたとかではなく、収容所が出した、という話だったが。

さすがにこの内容は陪審員達にも聞いて欲しい、と思ったのか。


でもこのガキが本当に反省して人生やり直す事なんて・・・

・・・おそらく無いのだろうな。




夏休み

我が家は既に夏休み突入。

先週23日金曜日で学校が終わり、週末は祝日の三連休だったので

完全にお休みモードであったが、火曜日からは平常モードに切り替え。

でないと私が朝寝坊なので、子供らもどんどん朝寝坊→夜更かしになり

生活時間帯がずれてしまうからである。

子供を躾けるというより、私自身を律する方が実は大変だ~~!!


学校のある日は7時に子供らを起こすが、夏休みなので8時で良い事にする

↑単に私が6時半なんかに起きたくないだけ


家事の手伝いをナナとタロウに振り分け、それぞれ掃除などしてもらう。

タロウは夏休みのワークブックと、漢字と九九の勉強もノルマ。

日本からマンガ雑誌を定期購読しているので、

振り仮名のおかげで大分読める漢字は増えてきたものの

普段全く書き取りなどさせていないタロウ。

今年は特にサマープログラムや塾へ行かせていないので

この際日本語もやらせることにする。


タロウの学校では来年(3年生)から掛け算が始まるそうだ。

日本にいればとっくに九九は終わっている年だが、

本気でやらせていなかったのでまだ5の段あたりまでしか出来ず

それもちょっと怪しいうろ覚え。

夏の間になんとか丸暗記させたい!


でも日本語の数字って「4」が「よん」だったり「し」だったり

「7」も「なな」だったり「しち」だったりでタロウにはかえって難しいらしい。

・・・・うーむ。そうか。

日本語で九九の丸暗記ってのは無理があるのかなあ・・・・。


しかし、日本の小学校に2年生の2学期から5年生の2学期まで通い、

九九を叩き込まれたナナは

「九九のおかげで私、計算速いんだよ~!」

と言っているから、やはり覚えておいて損は無いだろう。

がんばれ、タロウ。


ちなみにアメリカの掛け算は12の段まで覚える。

1ダース、2ダースの数え方があるからだろうが・・・・

意味あるのかなあ。


新学年の開始は8月10日あたり。

2ヵ月半の夏休み。

先は長い。




☆       ☆       ☆


まことドレッシング

makotodressing



我が家で最近お気に入りなのがこのドレッシング。

MAKOTOブランドのハニージンジャードレッシングである。


どうやらフロリダのジャパニーズステーキハウス(紅花スタイルのあれかな)が

オリジナルレシピのドレッシングを製造・販売して段々拡大しているらしい。

近所のグローサリーに最近置かれるようになり、どんなもんかと買ってみたら

結構美味しかった、というわけ。


ほんとは日本のキューピーの焙煎ごまドレッシングが好きなのだが

さすがにそういうタイプのはこっちでは見かけないのよね。

アジアンスタイルセサミドレッシング、というのはあるが甘いしょうゆ味という感じ。


このハニージンジャードレッシングは甘いのだが生姜がきいてて美味しい。

難点は、小さなボトルで3,5ドルもするところだ・・・・

大量生産して安くしてくんないかな~!??



☆     ☆     ☆


アルフレードソースパスタ、チキンフィンガー、エビとチキンのサラダ

窓ガラス

我が家のファミリールーム(居間)は、サンルームとして作られた部屋である。

庭に張り出していて全面窓ガラス。



sunroom03


明るいし眺めもいいし気に入っているのだが・・・


・・・・野鳥が飛んできてぶつかる。


網戸も無いしカーテンもブラインドも無いのでガラスが見えないらしい。

「どんっ!」

とかすごい音がしてびっくりして窓を見ると、鳥のぶちあたった跡が・・・・・。

時には脳震盪起こして地面に落ちてる鳥もいたりしてかわいそうである。


網戸張るべきなんだろうけどこの窓もともとはめ殺しで開かないのよね・・・。

必要無いとこに網戸ってどうなの。


以前見学に行ったワイルドライフセンター(野生動物の保護などをしている)では

野鳥がぶつからないように窓を外から金網で覆っていた。

でも自分ちであれやるのはやだなあ。逆にこっちが鳥かごの中にいるみたいなんだもの。


なんかいい方法無いかしら。

そんなにぴかぴかに磨き上げてるわけじゃないんだがなあ。





琴欧州のブログ

全部ひらがな。かわい~~~!!


http://kotooshu.aspota.jp/



のんびりジャクージ

今日はメモリアルデイ。

我が家は特に予定も無いので、ちょこっと買い物へ。

BJの普段着がかなりかわいそうな事になってきているのでそれをメインに。

ナナもタロウもそれぞれシャツや短パン購入。

私は紺色系ボーダーのTシャツとカプリパンツのセットを買ったら家族皆に

「似たようなの持ってるでしょ」

と言われる。

・・・だって好きなんだものボーダー。いいじゃん別に~~!


帰宅して庭でBBQ、夕方には先日BJが頑張って水を入れ替えてくれたジャクージでのんびり。

は~、極楽~。

ジャクージは少し温度を高めにしておくと、まるで露天風呂。

贅沢だなあ。


田舎に住んでると不便な事も多いけど、家と庭が広いのはいい事だわ。

おかげでわざわざ出かける気がしなくなってしまう。

ますますデブ性・・・・ちがう、出不精!に、なる!





☆      ☆      ☆


リブアイステーキ、サーモン、焼きとうもろこし、ポートベロマッシュルーム

アトランタ動物園

朝7時起床、8時出発。

初めてアトランタZOOへ行ってみることに。

今の時期ならまだそう暑くないだろう。

この週末はメモリアルデイウィークエンドで三連休。

BJも珍しくちゃんとお休みなので朝から出かける事が出来て良かった。


ZOOは広い公園の一角にある。

似顔絵描きが店を出していたりして、ここは上野か?という感じ。

ピクニックに来ている人達も多く、大きな日よけをはって

本格的にBBQをやっている大人数のグループもあちこちにいる。

しかし黒人が多いなあ。そういう地域なのだろうか。


ZOOではまずパンダを目指す。

うちの子達はホンモノのパンダを目の前で見るのは初めて。

とか言ってる私だって、昔々上野動物園で見たっきりじゃないかなひょっとして。


ここには去年生まれた子パンダがいて、ちょこまか動き回っていてかわいかった!

やっぱり子供は良く動くんだなあ。

本当は去年、赤ちゃんのうちに見に来たかったのだが

記録的な猛暑だったのもあってどうにも来るチャンスが無かったのだ。

しかし本当に面白いデザインだなあ。神様のやる事は良くわからん。


オランウータンの展示でも、子供のオランウータンが何頭かいてかわいかった。

ここはどの動物も良く動いているので、見ていて面白い。


ローランドゴリラの展示ではちょうどエサの時間にあたった。

子供ゴリラ達がエサをもっと取ろうと前へ出ようとするのを、

お母さんゴリラが足首をつかんで抑えていたのには笑った。

「ちょっと!そっち行っちゃダメだって言ってるでしょ!」

みたいな感じで二頭の子供ゴリラ達をお母さんが足をつかんでは引き戻すのだ。


二頭いてそれぞれ取り押さえてたら、お母さんエサ食べるヒマ無いんじゃ・・

・・・と思ったらゴリラは足でも器用につかめるので、良く見ると

一頭は手でつかみ、もう一頭は足でつかんで押さえているのだった。

そしてちゃんともう片方の手で自分もエサを食べている。


あら。うらやましい。

人間もあれ出来たら便利なのにな。


しかし人間もゴリラも一緒だなあ~。

お母さん、大変。


そして、何故お母さんゴリラが子供らをおさえているのか不思議に思って

ふと子供らの行きたがる方を見ると、群れのボスであるシルバーバックが

悠然とエサ係のまん前に座って一番いい場所でエサを食べているのだった。

そうか。これをジャマしちゃいけません、って、教えているんだな。

なるほどね。


久しぶりの動物園は面白かった。

嗅覚が敏感で動物の臭いが大嫌いなタロウもさほど騒がなかったし。

規模も、大きすぎなくてちょうど良かった感じ。

あまり広すぎると歩き疲れちゃうしね。


あ~しかし良く歩いた!

子供達もしっかり歩くようになって、感心感心。


今日は寄らなかったけど、今度は動物園の隣にあるサイクロラマに来てみましょうか。




☆      ☆      ☆


ローストポーク(レモンガーリック味)、ブロッコリーチーズライス、バンバンジーサラダ


Speed Racer

1967年公開タツノコプロのアニメ「マッハGOGOGO」の実写版

「Speed Racer」を家族皆で見に行って来た。


・・・いや~、極彩色で綺麗なCGで、目が回ったわ~~~!!


実のところ、タロウなどCG酔いしてしまって頭が痛くなってしまったほど。

かわいそうに。子供だからまだこういう刺激に弱いんだろうな。

私も酔うかと思ったがそこは年の功というか老化現象。

鈍くなっているので平気であった。


私はこのアニメ、ほとんど記憶が無い。

再放送で何度か見かけた覚えはあるが、主題歌をちょっと思い出すくらい。

しかしBJはこの映画を見ているうちに色々記憶が蘇ってきて面白かったらしい。

主人公のヘルメットや服装がアニメの通りだったとか、

お父さん役のジョン・グッドマンがアニメそっくりだったとか。

そういえば主役の子も、インタビュー番組に出ている時は似ていなかったが

映画でちゃんと役のヘアスタイルなどをしているとアニメに良く似ていた。


日本のアニメが下敷きだから、という気遣いかどうか知らないが

何故か日本語や日本の文字がそこここに出てくる。

「ラーメソ」と書いてあったのもご愛嬌。

しかし街並みの摩天楼の感じや日本語表記の感じが

色彩こそ明るくて違うけれどなんとなく「ブレードランナー」っぽかった。


敵方の実働部隊は「Yakuza」だし、刺客は「Ninja」。

しかしこの「Ninja」が情けなくて、ジョン・グッドマンにこてんぱんに倒される。

そこであきれたヒロイン(主人公のガールフレンド、クリスティーナ・リッチ演)が


「・・・・これって、ニンジャ・・・なの?( Is this a.....Ninja?)」


とつぶやくと、ジョン・グッドマンが


「どっちかというと、ナンジャ、って感じだな。( It's rather like....Nanja.)」


と言ったのには受けた。


ナンジャ、って・・・まんま、日本語の駄洒落でしょうそれは!

っつーか、アメリカ人が聞いたら何だと思うのかな???


悪役の取引相手に真田広之が出ていた。

この人、背は低いのだがハンサムだから恥ずかしくなくていいなあ。

他の「日本人役」の俳優はほとんどが中国人。

やはり日本人では米語が訛っていてダメなのかしらね。

しかし私達から見ると明らかに「日本人」ではなくて「中国の顔」なのだが。

こちらから見れば区別はつかないのよね~。

うちの子達も中国人と思われるのがイヤだ、といつも言ってるくらいだし。

日本にいる白人がみなアメリカ人と思われるようなもんか?


アクションはほとんどが香港スタイルのワイヤーアクションか

あるいはCG。もう見慣れてしまってさほど驚きもなく。

昔ジャッキー・チェンなどが香港映画でコレをやってた頃は、

ワイヤーは使ってるものの本当に体を張ってたので迫力があったんだけども。


ストーリーがやや重かったのと、また例によってアメリカ映画お得意の

「Father and Son」物になっていたのでお約束、って感じ。

子供向けにするのならもっと単純に「悪役 VS ヒーロー」としてしまったほうが

わかりやすくてウケただろうし、二作目も作れたんじゃないかと思うのだが。

この展開だとこれは一作で終わりかねえ。


主人公の母親をスーザン・サランドンが演じていた。

・・・・トシとらないなあこの人!!


クリスティーナ・リッチといい、スーザン・サランドンといい、

目がでっかくてこぼれそうな顔ってのが監督の好みだったのかしらん?

あるいは、それが日本のアニメの女性の顔だってこと?←かなり正解かと


エンディングテーマはもともとの「マッハGOGOGO」のテーマを

フィーチャリングしてアレンジした曲だったが、途中途中に日本語のラップが入る。

それもはっきり日本語として聞こえたので、あれはどこのミュージシャンがやってたのかな?

日本のグループ?アメリカ?


しかし、ナナがこういう映画やテレビアニメや本屋で見かけるマンガ本を見ていつもいうのが


「アメリカの三分の一はさ、日本で出来てるよね。」


・・・そっか。そういう時代になったんだね。


私の頃は日本の三分の一はアメリカで出来てたし、

私の父の世代にはもろ進駐軍だったから日本の9割がアメリカで出来てたと思うよ。


世界は狭くなって、時代は変わって来てるんだなあ。


そうそう、今度は「ドラゴンボール」がハリウッドで実写化だとか。

ハリウッドもネタぎれなのだろうけど・・・

しかし、今回の「マッハGOGOGO」を見て、BJが言った感想が全てだと思う。




「・・・で、この映画が、実写である必要はどこにあったの?」








☆      ☆      ☆


冷凍ピザ(ほうれん草とガーリック、ペパロニ)、グリルドチキンのサラダ

卒業式とプールパーティ

ナナ達の卒業式で学校へ。

BJもオペが二つ入っているが午後から始める事にして式に参加。

タロウはPSPを持ってしぶしぶ参加。


例年ならアッパースクールのカフェトリアムという食堂兼講堂な所で行うのだが、

今年はそこの屋根が壊れて使用できないとのことで体育館で。

しかしここは空調がなくて暑い・・・・!扇子持って来れば良かった。

日本の小学校の講堂みたい。

でも男性の先生達はきちんとネクタイにスーツで、大変だなあ。


子供達は普段と違ってちゃんと男子はネクタイ・スーツ、女子はドレスでかわいかった。

ナナもサンドレスを着て行って、先生に手首に赤いバラのコサージュをつけてもらっていた。

おお。コサージュかあ。アメリカっぽ~い。などと感心したりして。

男子は胸にバラをつけていた。日本ならなんかリボンとかそんなのかな?


色々な賞状が授与され、最後に卒業証書が手渡されて思い出のDVDを見て式終了。

その後学校の図書室で簡単な立食パーティ。

先生方とお話したり、記念写真を撮ったり。

卒業と言っても同じ学校の中学部にあがるだけなので、皆なごやかなもの。


帰宅して着替えて今度はリチャードという同級生のお宅でのプールパーティへ。

渡された地図を見てふと

「・・・・あれ?これ、もしかして、時々前を通って『すごい豪邸だなあ、どんな人が住んでるんだろう』って

思った家じゃないか?」

と気付く。


行ってみてやはりそうだったのでびっくり。すご~~い。

入り口の門柱から家が見えない~~~~。

多分門のとこから家まで徒歩だったら3分くらいかかりそう。


前庭(と言える規模だろうか・・・・ほとんど農場)には馬が二頭。

厩舎にもう二頭。

ナナは動物が大好きなので大喜び。

そうね~、アメリカにいたらいつかこうやって「ペットに馬を飼う」事が出来るかもね。


邸宅はだだっぴろい平屋。

・・・・東京だったら考えられない贅沢だなこりゃ。


中庭にプールがある。

事前にリチャードのお母さんが

「うちのは、あまり大きいプールじゃありませんから・・・」

とおっしゃっていたのでどの程度のもんかと思っていたが、


・・・ごめんなさい。


アメリカ人が、「大きいプール」と言ったらそれはもう「オリンピックプール」なのだったわ。

忘れてました。


こちらがリチャード宅のプール


poolparty52308


子供(と言ってももう大人サイズの子も)が17人入って遊んでいたけど

それでも混みあわない広さのプール。

もう、どこの公園?って感じよねえ。


ナナもタロウも、行く前は何やらしぶったりしていたが

いざ行ってプールにひとたび入ってしまえばもう大丈夫。

結局ほぼ2時間、一度も上がらずにひたすら水の中で遊んでいた。


しかし、観察していると太った子というのはひっきりなしに何か食べている。

そしてあまり動かない。

痩せている子はずうっと水の中で動き回り、ほとんどあがらず何も食べない。


・・・・やはり肥満か痩身かというのにはちゃんと理由があるのだな。

わが身を振り返って反省。


パーティは1時~3時ということで、3時ちょっと前に失礼して帰宅。

帰り着いたらすぐにカミナリが鳴り出し、大粒の雨。

おお~、パーティの間は良く晴れてて、よかったねえ。


子供達はすぐにシャワーを浴び、私もずっとプールサイドにいて

汗をかいたのでシャワーを浴びてその後お昼寝。あ~疲れた。


しかしこれで行事全部終わりだ!


そして2ヵ月半の夏休みの始まり。


・・・・・な、何して過ごそう・・・・・!??





☆       ☆       ☆


冷蔵庫の残り物色々 

学年修了

ナナもタロウも、本日で学年修了。

今日は授業は無く、フィールドデイという簡単な運動会のようなものをして

その後各クラスでパーティをして解散。

ほんとパーティが多い学校だ。


ということで朝7時半に送って行ってお迎えは10時半。幼稚園か。


これでタロウは行事すべて終了。

ナナは明日、卒業式とその後のパーティがある。

卒業式と言っても日本のように長くて退屈ではなく

ちゃっちゃと証書を手渡して終わるので簡単なもの。


明日のパーティに持って来るよう指定されたブドウと、

それにつけて食べるディップ(アメリカ人はディップが好きだ)を用意しておく。

ディップはクリームチーズ1箱にマシュマロクリーム1瓶を混ぜるレシピで

むちゃくちゃ甘い。そしてチーズのしょっぱさがなんとも・・・く、くどい・・・・。

さすがアメリカ人のレシピだわ~。こんなのつけて果物食べるのか~。

マシュマロクリームつーのも日本では見た事無いような。

脳天突き抜ける甘さなのよねこれがまた。


明日は10時から卒業式。






☆      ☆      ☆


チキンのハーブ焼き、スタッフィング、マッシュドポテトとグレービー


アメリカンアイドル シーズン7フィナーレ

さて、今年のアメリカンアイドルもいよいよ今日でフィナーレ。

ちなみになぜかアメリカでは最終決戦(・・・・最初の変換が採集血栓だったよダンナ様・・・・)を

ファイナルというが、シーズンの終わりなどという時はフィナーレ、と言う。

そっちのがオシャレなのかしらん。


午後7時から二時間プログラムということで、子供達と夕飯を食べながら鑑賞。


最初にマイク・マイヤーが映画のプロモーションのため、

インド人グールー(導師)のキャラで出て来ていた。

インド人訛りのつもりなのだろうが何を言っているのか良くわからず。


次はサイーシャが歌い、そこへ本家本元のシールが出て来てびっくり。

前に他の番組のゲストで出た時、シールの声が落ちていてがっかりしたが

まあ今日はそうでもなかったかな。


それからジェイソン・カストロの「ハレルヤ」。

これは本番の時思わずじーんと涙ぐんでしまったが、

今回は二度目なのでそうでもなく・・・・。まあこんなもんでしょう。


それから女の子達6人でのドナ・サマーのメドレーになり、

ここへ本人登場。うわ~~・・・・・ふ、太った!?

ステージの大階段を下りてくるのには男性二人が手を取っていたが、

そうでなきゃ足元危ないのでしょうな、おばさま。

でも歌はさすがに安定していて声も良かった。

そこまでがまるきり学芸会のようでちょっとうんざりしていたので、

ここで初めて目が覚めた感じ。


ドナ・サマーとサイーシャだけがデュエットするシーンがあったが、

ドナが自分のマイクをサイーシャに預けて歌わせたのはハプニングだったのかな。

サイーシャも驚いた顔をしていたし。

しかしあれで、マイクがちゃんと入っていて「Lipsync(くちパク)」ではなかったと

証明されたから良かったのかも?

サイーシャは堂々としていて声も良くのびて、上手だったと思う。

彼女はブロードウェイあたりで仕事が見つかるんじゃないかなあ。


マイケル・ジョンズとカーリーのデュエットがこれに続く。

彼らは本当に歌がうまいので、安心して聞いていられる感じ。

ただし好き嫌いで言うと、私はカーリーの声は聞いていて疲れるので嫌い。

マイケル・ジョンズはそれなりにうまいのだがさほど特徴が無いので

売れるとも思えないんだよなあ実際・・・・・。


ここでジミー・キンメルがサンジャヤをいじったりするお笑いトークが入る。

この人面白いのよねえ。私は好き。


それから男子6人でのブライアン・アダムスのメドレー。

ブライアン・アダムスの曲も声も好きだなあ・・・・と懐かしく聞いていたらご本人登場。

・・・・え~~~・・・トシとっちゃったなあ・・・・!!

White trashのおっちゃんによくいる顔じゃないこれ!?

そこらへんにいるタバコくさいおじさんだわよ~~~、うわ~~~ん、ショック!

もっとかっこよくトシ取ってくれてるかと思ったんだが・・・・。


次のDavid CookのパフォーマンスはZーZーTOPとの共演。

・・・か、変わってねえ・・・・!!!

さっきのブライアン・アダムスのショックはどこへやら、

Z-Z-TOPがあまりに変わってないのでこれまたびっくり。

なんとも力の入ってない演奏でかっこいいったら。

しゃかりきじゃないとこがね。なんていうか、余裕って感じ。


そしてGraham Nash とブルック・ホワイトのデュエットで

「Teach your children」。

・・・・うおお、そう来たか!

これはぴったり!!もう、間違いない!って感じ!!!

ブルックのドレスも良かったし、またまたはだしだったしこれもかわいかった。

ギターを弾きながらの歌だったがほんとにイメージぴったり。

ブルックの声も好きだなあ。良かった。これはまた聞きたいと思った。


ゲストにジョナス・ブラザースが出て来た。

彼らは今アメリカのティーンエイジャーに絶大な人気を誇るアイドルグループ。

でもオバサンの目から見ると、この3人の男の子達はかつての

田原俊彦や野村義男に見えちゃうんだよねえ・・・・。

あるいは若い時の郷ひろみとかさ。

20年か30年前のジャニーズ系のアイドルの顔って感じ。濃いの。

しかしそれは逆に言えば、アメリカ人から見た「ちょっとエキゾチック」な顔なのかな?

日本では今は流行らないバタくさい顔なんだけどさ。

眉も髪も濃く黒くて、アメリカ人から見たら珍しい系統なんだろうなあ。


オーディションで落ちた人のVTRがちょこっと流れ、

おそらくこの人は出るだろうなと思ってたらやっぱりでた「バードマン」。

鳥の羽とか色々つけた衣装で出て来た、サイモンの大ファンだというアジア系男性。

だってこの人の歌・・・・地元ラジオでもしょっちゅうおちょくってかかっていて、

もう私ですら覚えてしまったくらいだもの。

しかしこれを「マーチングバンド」で演奏するとは思わなかった!うまい!

笑わせていただきました。プロの演出ってすごいわあ。


ここで最近ヒットしている Timberland featuring One Republic の

「Apologize」 のパフォーマンス。

おお、この曲大好きなんだけどパフォーマンスを見るのは初めてだわ、と

見始めると2コーラス目にDavid A 登場。


・・・うわあ!これ、この曲ですか!!

そりゃすごい、もう、間違いないって感じ!!


彼の声にも合ってるし、ハモりもきれいだったしとても良いパフォーマンスだった。

ああ、ほんとこの子、こういうメロディラインがきれいで

ドラマチックでちょっと哀しい系統の歌詞が似合うのよね・・・

良くこの歌を選んだもんだわ、さすがプロの演出は違うわね、と感心。


しかし。服、なんとかしろ。

デビューすんのならちゃんとしたスタイリスト雇いなさいっ!!


ジョーダン・スパークスが出て来て一曲歌ったが、相変わらずデカイなあ。

この前、声帯を痛めたとかでしばらくお休み宣言してたのだけど治ったのね。良かったね。


VTRで流れたのはグラディス・ナイトのMidnight Train to Georgia。

これ、パリスが歌ってたね~。彼女はまだデビューしないのかしら。

おばあちゃんからしてグラミー賞歌手だし慣れてるから、

あまり若いうちにデビューさせても意味無いって知ってるからまだなのかなあ。


と、グラディス・ナイト。

これはバックコーラスがベン・スティーラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニー・Jrで

この歌を i-tunes でダウンロードするとチャリティになるそうだ。何の寄付かは聞き損ねたが。


そしてキャリー・アンダーウッド登場。

アンダーウッドって、日本語だったら木の下さんって名前なのかしら←どうでもいい


いよいよ大詰めとなり、12人のコンテスタント達でのパフォーマンス。

大トリのゲストが出てくるんだな、とわくわくしてみていたら・・・・・


・・・ジョージ・マイケル登場。


・・・・・えっ?


なんかすごい大物スターが出る、って、聞いてたんですが???

ファンサイトではきっとクライブ・デイビスの秘蔵っこだからホイットニー・ヒューストンじゃないの?とか

色々言われてたんですが??

・・・・ジョージ・マイケルですか??そうなの?????



なんか頭の上に?印を多分5個くらいは乗っけたままパフォーマンス鑑賞。








・・・・?印が10個に増えた。








17年ぶりのUSAツアーがサンディエゴから始まるそうで、

もちろんそのプロモーションだったてのはわかるんだが・・・・

・・・それにしても、ちょっと、なんか、えーと・・・!!???


ワムは好きだったんだけどな。

なんか物悲しかったのは私だけ?






☆       ☆       ☆


ひさびさにブリトー、ブロッコリーとチーズディップ、チキンナゲット

生放送?

アメリカンアイドルやダンシング・ウィズ・ザ・スターズや、

番組放映後に一般からの電話投票をつのる番組がある。


我が家も毎週楽しみに見ていたアメリカンアイドルの場合、

先日のファイナルの時はファンサイトで


「こちら東海岸は投票締め切りましたが、

そちらはまだですよね!西海岸、時間いっぱいまで頑張ってください!」


などとやっており、実況中継のようになって盛り上がっていた。


と、いう話をしたらBJが


「・・・え?あっ!そうか!

じゃあ、生放送じゃないんだ!??

東海岸で放映が終わっても、西海岸じゃまだこれから、なのか!」


と、本気で驚いていたのでこちらがびっくり。


・・・そりゃそうだよ。

東海岸と西海岸じゃ3時間時差があるんだから~~。


東海岸で午後8時に放映し始めるなら、

スタジオのあるハリウッドはまだ午後5時だっての。

だから、ハリウッド午後5時に編集なしで放映し始めても、

実際西海岸の人達が午後8時の放映を見るまでには時差があるわけさ。

私達は中部時間だから、午後7時から見てるわけだし。

全米で考えるともうむちゃくちゃでしょ。


そんな事、全く考えてもいなかったらしいBJは

今日の放映が午後7時~9時と番組表には書いてあったのに9時05分まであったのを


「生放送だから、伸びちゃったんじゃない?」


と、真顔で言っていた。




スポンサーのCM関係とかありますから。

今の時代、そんな事はまず、ない、と、思うよ。多分。




浦島花子

・・・えーと、

小島よしおをやっと覚えたのですが、

世界のナベアツってのと

エドはるみっていうのがわかりません。



アメリカンアイドル

アメリカンアイドルもいよいよファイナル。

今日はDavid 対 David ということでなのか、

いつもと違って何やらRockyみたいなボクシング対決風の演出だった。


各自3曲ずつ歌い、コーチはClive Davis とAndrew Lloyd Weber。

しかし、BJともTVみながら話してたのだけど、Clive Davisってすごいよなあ。

プロデューサーとして数々の大物歌手を世に出して来た人だが、

それを何十年もやってていまだに古くならないってとこがすごい。

ある一時期ヒット歌手をどんどん作る事が出来る人はいるだろうが、

それが何十年も、時代が変わっても続けられる人はそうはいないだろう。


ちなみに初代アメリカンアイドルのケリー・クラークソンだが、

この前出したアルバムは彼女のオリジナル曲がメインだった。

Clive Davis がそれを試聴して

「これじゃ売れない。もっと確実にヒットするよう、プロの作った売れ筋の曲を

2~3曲入れなさい。」

とアドバイスしたそうな。

しかしクラークソンはそんな事はない、これで売れる自信がある、と突っぱねた。


結果、アルバムは期待していたほど売れず、

全米ツアーのチケットセールスも伸びなかったのでツアー自体がキャンセルに。

ツアーのキャンセルについてはクラークソンいわく

「まだ全米ツアーに出られるほどの準備が出来ていなかった」

・・・・んなわけないでしょ。


Clive Davisのアドバイスに従わなかった、というのは

かなりゴシップ雑誌などで取り上げられていたが、

その後クラークソンの話題をさっぱり聞かない。

完全にほされちゃったんだな。ばっかだなあ。

天狗になってたのね。

Davisなんてそんな新人歌手をそれこそ「売るほど」見て来た人なんだから

苦笑いだろうなあ今頃。

それとも忙しくて思い出しもしないかしらね。


以前、People誌に「Clive Davisが見出し、育てた歌手達」という

同窓会写真が載っていた。

ホイットニー・ヒューストンやジョシュ・グローバンやキャリー・アンダーウッドや

そうそうたる面子がずらり。

その中にケリー・クラークソンはいなかった。徹底してるのう。


さて、アメリカンアイドルファイナルラウンドだが。


私はどうも初めからDavid Cookが苦手で嫌いなので、

もちろんDavid Aの応援。

パパがバックステージ立ち入り禁止になったのは果たして吉と出るか凶と出るか?

とちょっと思ったが、堂々としていて今までで一番安定したパフォーマンスだったように思う。

・・しかしあの衣装なんとかならないの。自分の趣味なの?


それはともかく、「歌唱力」という点ではDavid Aの勝ちだと思った。

最後は十八番の「イマジン」だったが、また泣かされてしまった~~。


David Cは歌というよりステージパフォーマンスが上手で、

ノセるのがうまいっていうかな。

全体の雰囲気作りがうまいというか、確かにプロ向きだと思う。

私は好きじゃないが、ファンは確実につくだろう。


どちらもデビューすることはわかっているので気楽なものだが、

うーん、どっちが優勝かなあ・・・・なんともわからないわ~。


最後にゲストでルーベン・スタダードが出て歌っていた。

確かダイエットして痩せたって言ってたけど、あんまり変わらないような・・?

でも声は相変わらずいいなあ。


明日はいよいよフィナーレだ~。

いつもゲストが豪華なので楽しみ。




面談

子供達の学校はいよいよ今週一杯で学年修了。

今週は月曜日から午前授業で、お迎えは12時15分。幼稚園なみ。

今日は午後3時からタロウの担任と面談、その後続けてナナの担任と面談だったので

BJと一緒に学校へ行く。


タロウの担任の先生に彼の成績表・試験の結果を見せて頂きながら説明を受ける。

学年の初めにくらべて読む力がついて、国語(英語ですな)の成績があがっていた。


お友達とも仲良くしているし人気があって、何も問題は無いといわれた。

来年度のクラス替えにあたって、一緒にしたくないお子さんなどの要望はあるかときかれたが

うちとしては特にありませんと言うと


「もう、マックのママやハムザのママからは、

来年もタロウと一緒のクラスにしてくださいね!って、

頼まれているんですよ~」


と、先生。


・・・あ、あら。そうでしたか。ありがとうございます。


我が家は

「苦手な子がクラスにいても、それをかわしたり

うまく乗り越えていくことを学ぶ事も必要」

という考えなので、その辺は先生におまかせすることに。


次はナナの先生との面談。

こちらもおほめいただき、


「日本に3年も行っててこちらの学校に行ってなかったなんて、

信じられないくらいですよ!

もし今の彼女を初めて見たら、ここの学校にキンダー(幼稚園)から

ずっといたんだと思うでしょう。

本当によくなじんでますよね。」


といわれた。

確かに、こちらの学校のほうが合っているようで

日本の小学校に行っていた時よりずっと本人がいきいきしているし

楽しそうで元気がいい。

キンダーからいた、って言われても信じそう。


ナナの先生には


「そうそう、この前私が『ピアノ・マン(ビリー・ジョエル)』を鼻歌で歌ってたら、

タロウが目を丸くして『なんでその歌知ってるんですか!?』って驚いてたんですよ。

何かと思ったら、『その歌、ぼくんちで皆で演奏したんだ』と言うんです。

パパがハーモニカを吹いて、ママがピアノを弾いて、タロウがギターを弾いて

皆で歌った、って聞いてね。あ~、なんていいご家族なんだろう、って思ったんですよ。」


と言われて赤面。


うっひゃ~・・・・・

・・・・な、なんか、すっごいいいご家庭みたいじゃないですかそれ!!


ママがビールでほろ酔いになってご機嫌でピアノ弾き出して、

ちょろっとピアノ・マンをやりだしたらパパが

「このキーならあわせて吹けるな」

ってひさびさにブルースハープを持ち出して、遊んだだけの話なのに~!

恥ずかし~~~!!!

んなこと、先生に言わないでくださいぃぃ!!





・・・ま、でも、モーツァルトとかでないとこが我が家だわね。うん。





☆     ☆     ☆


エビのカクテル、ほうれん草のサラダ、冷凍ラザニア、色々野菜のグラタン

片付け

引っ越して来てから早や一年。

ずっと気になってはいたものの放置していた

離れのガレージ内をBJと二人で一気に片付けた。

クリスマスツリーや雛人形や、家電の空き箱やら何やら

ただそこら中に積み上げてあったのを整理し、

配置を変えていらないもの(前の住人が置いて行ったものなど)を捨てて。


・・・いや~~、良く働いた!

おかげでものすごくスッキリと片付いてきれいになったわ~!

あ~、さっぱりした。


これで庭仕事の道具や野鳥のエサなんかも取り出しやすくなったし

散らかってないとほんと気持ちがいい。


そしてようやく、長年ダンボールに詰めたきり開けもせず、

オハイオ→アラバマ→日本→再びアラバマ、と

ただ持ち歩いてきた写真の箱の整理に取り掛かる気になれた。

よっしゃ、アルバム買って来て整理するぞ~~!


・・・・その前に年代順にわけねば。

ひ~。日付の入ってない写真が何百枚も・・・!


写真はアルバムに入れるとして、しかしこのネガの山どうしよう・・・

・・・・捨てちゃってもいいかなあ?

取っておいて、いつか焼き増しすることって・・・

果たしてあるんだろうか。

大体今は写真自体からコピーできるしなあ・・

うーむ。


でも捨てたら後悔しそう。

取っておく場所だけはいっぱいあるから、

とりあえず置いておくか(←こうやって不要なものが増える)




☆      ☆      ☆


中華風豚の角煮、八宝菜、かき玉スープ

英語力激しく低下中

この町に引っ越して来てからというもの、

以前ClevelandでもBirminghamでも飛び回っていた私はどこ?

な状態ですっかり引きこもり。

・・・・だって、やる事無いんだも~~~~ん!!!

ESL教室も無いしさ~~、コミュニティカレッジ?何それ?おいしいの?状態。

かと言って仕事をするほどには体力が無い。

子供らの学校の手伝いや行事でちょこちょこと出歩くくらいな毎日で、

すっかり英語力急降下。

もともと実は英語が大の苦手で、ほんとにこんなに一生

英語を喋る羽目になるなんて学生の時は思わなかった私。

必要に迫られてなんとかかんとか英語を喋るようにはなったのだが・・・


・・・・必要ないとなりゃ~、そんなもん、喋りますかいな。


今やスーパーのレジで「How are you today?」ときかれ、

もう反射的に「Good, how about you?」というだけが

多分唯一の英会話タイム。


なので、もともと苦手だった英語での電話が苦痛で苦痛で・・・・・。

何か電話せねばならない用事のある時はすべてBJに丸投げ。

だってやなものはやなの。


そして今日、いいかげんに夏休みの一時帰国の予約をせねば、と

日本往復の航空券を予約。これはネットで出来るので楽勝。

いや~、喋らなくていいのってありがたい!


・・・・と、思いきや。


「特別なサービスをご予約の方はお電話にて」


ええ~~!!

電話しなきゃいけないのおお!!??


というのも、今年は初めて、子供だけで日本へ帰すつもりだから。

エスコートサービスを予約するのには電話しなければいけないのだった。

うぎゃ~~。


・・・・と、電話番号を調べたら


「USA国内からの問い合わせ番号

スペイン語・・・・800-××××ー○○○○

日本語・・・・・800-××××ー○○○○」



おお!!

日本語があるじゃないの!!!


やった~~、これなら大丈夫~~!

というわけで日本語問い合わせ番号で子供エスコートサービス予約。

いやあ、楽だわあ。


・・・・・しかし、これやってたらほんとに英語ダメになるな。

ヒスパニックが英語通じないわけだ。


私も今の時代にアメリカへ来て、それが西海岸だったりしたら

もう全然英語覚えなかっただろうと思う。

そう考えれば、インターネットの無い時代に日本人の少ない地域で

暮らしたのは良かったの・・・・かも・・・・?


必要は学習の母。






☆      ☆      ☆


庭のグリルで焼いたハンバーガーとリブアイステーキ、ベイクドポテト、サラダ

野球観戦


Turner Field


アトランタブレーブスの試合を見に、アトランタ・ターナーフィールドへ。

今日は夕方6時(アトランタの東部時間では7時)プレイボール。

タロウは興奮して朝7時前に起きてしまったそうだ。わはは。

そうね~、楽しみにしてたもんね~。


ナナはロードトリップ(車での遠出)が好きだし

野球場に行く事は楽しいそうで、こちらも喜んでいた。

テレビで野球観戦するのは退屈で面白くないらしい。

まあそれはわかる。私もそうだもん。

実際球場に行って、ワイワイ応援するのが楽しいのよね~。



今日のゲームは対オークランド・アスレチックスで、スズキという捕手が出ていた。

日本人なのかな、と思って後で調べてみたらカート・スズキという選手で

ハワイ出身の日系三世、カリフォルニアで大学を出たそうだ。

日本語は出来ないそうだけど、三世ともなればそんなもんか。ハワイでも。


試合は残念ながら5-4でブレーブスの負け。

でもずっと5-1だったのが9回裏で3点追い上げ、

すごく盛り上がったので面白かった!


ナナとタロウは二人とも、先日インターネットで買った

ブレーブスのユニフォームを着て行ったのだが

今度はタロウはブレーブスの帽子が欲しいそうだ。

・・・・コスプレ小僧。

きりがないっ。




☆      ☆      ☆


野球場のホットドッグ、ピザ、ナチョチップスとチーズディップ

しかしホットドッグ一個4ドル50、500mlのペットボトル飲料4ドル50、

ビール一本6ドル50って・・・・たっかいなあ~~!!

そんなもんをケチるのは情けない感じがするので買ってるけどさ。

しかしぼったくり~~~。

見張り台

我が家の裏庭には色々な野生動物が来る。


灰色リスが一番目立つ。

最初は物珍しくてかわいいと思っていたが、

鳥用に出してあるエサをあればあるだけ食い散らかしていくので

いまやほとんど目の敵。図々しいしさ。かわいくない~~~。

あんた達じゃなくてきれいな鳥が見たいのよあたしは!


ウサギは二羽見かけるのだが、臆病ですぐに逃げてしまう。

もっとなついてくれたらかわいいのにい。


チップモンク(シマリスみたいな模様の小さい動物、ディズニーの

チップアンドデールというとわかりやすいか)も来て、地面に落ちている鳥のエサを頬張っていく。

目一杯頬袋に詰め込んでいくので、来た時に比べ顔のサイズが倍になってて笑える。


野鳥もかなりたくさんの種類が来る。

名前がわかったほうが楽しいので、図鑑を買って来てみた。

Wren、Finch、Chickadee、Robin、Blue Jay、Red Cardinalや

キツツキや鳩や、夏になればハチドリもやってくる。


おかげで我が家の猫タビーは外の見張りに忙しい。




tabby04


こんな低い位置に換気窓があるので、私が見張り台を作ってやった。

柔らかい毛布も敷いてあるのでお昼寝も大抵ここ。


真後ろから見るとこんな感じ。しっぽ、太っ!




tabby02


見張り台に使用したのは日本から送られて来たゆうパック。

リユースのリサイクル。

ちらっと写っているのは「ねこバス」の植木鉢。ほほほ。

わざわざ日本から引越し荷物で運んで来たわたくし。


見張り台から眺めるほか、こんなポーズで警戒してることも。




tabby03


しっぽ、ふくらんでます。

警戒してます。

今にも飛びかかりそう。


ちなみにこの窓、写真では見えないが内側に網戸が張ってある。

飼い始めた時、網戸でばりばり爪をといだり登ったりするかな、と思っていたのが

意外にもそういう事はしないので助かった。

この前、アーリア宅の猫が外に来てたときは

さすがに爪をたてて網戸にバリバリやって威嚇してたけど・・・・

リスが外をちょろちょろしてるくらいなら、こうして見ているだけで

飛びかかろうとしたりはしないので大丈夫。

猫だと何か違うのかな?縄張り意識?

ちゃんと見分けてるなんて思わなかった~。




☆     ☆     ☆


焼肉、野菜色々、チキンとタマゴのサラダ

キャベツ

大雨。

買い物に行くのが面倒臭くなったので、家にあるもので

夕飯を作ろうとメニューを考える。

久しぶりにチキンとパスタのキャセロールにしよう。

一通り材料の買い置きはあるし。


さて。サラダの材料が無い。

レタス食べちゃったしな・・・・キャベツならあるか。

コールスロー・・・・は、ちょっと重たいし・・・


あ~そうだ、春キャベツを蒸して食べると美味しい、って

こないだ羽海野チカのブログで読んだな。

あれ、やってみよう。


アメリカのキャベツは、日本のほど薄くなく柔らかくない。

でもこの頃、品種が変わったように思う。

以前はグリーンボールというのが主で、これは真ん丸くて

本当に葉が厚くてがっちり巻いているので、

生の千切りなんか絶対食べられないし(ぼきぼきする)

炒めても硬くて閉口した。

結局スープなどでぐつぐつ煮るのが一番。

しかしこの頃出回っているのは、日本のキャベツのように

割合平べったく、巻きも緩めで葉が少し柔らかい。

日本から持って来たキャベツのスライサーで切れば、

それなりに千切りでも食べられるくらいである。

多分、栽培品種を変えたんだろうな・・・・

アメリカ人も、柔らかいキャベツの方が美味しい事に気がついたか。


というわけで作ってみた

「丸ごと蒸しキャベツの温サラダ」

単に蒸し器でキャベツを丸ごと20分くらい蒸して、

8つのくし切りにして皿に「どん!」と出したら家族が目を丸くしていた。


わはははは。

男の料理、みたいだもんねこれ。

でも食べてみて~、美味しいんだってば~~~。


ソースはバーニャカウダとベーコンビッツ、Fetaチーズか

和風にゴマドレッシング。

どちらも美味しかった~~。

キャベツの甘みがひきたつ感じ。


BJもナナも、恐る恐る食べてみて


「あっ、美味しいこれ!」


ふっふっふ、そうでしょう。

見た目からするとなんだこの手抜き料理は、って感じだけど

意外と美味しいんだってば。


参考にしたのは以前東京のイタリアンレストランで食べた

春キャベツの前菜。

ざっくりくし切りにしたキャベツをオーブンで焼いて

そこにバーニャカウダがかかっていたのだ。

あれも美味しかったんだけど、オーブンで焼くだけに

まわりのとこがちょっと焦げてて苦かったのよね。

蒸したほうが全体を食べやすい感じ。


今回は20分蒸してみたがちょっと芯の辺りがまだ硬かったので

次回はもう少し長く蒸してみよう。





夕飯作り

ナナとタロウに夕飯の支度を手伝ってもらった。

ナナは日本の小学校の家庭科で何度か料理をしたことがあるので

本人は慣れているつもり、らしい。

タロウも日本の幼稚園で一度カレーを作り、にんじんを切ったのが自慢。


今日はナナにはポテトサラダ、タロウにおみおつけを作ってもらった。

・・・・しかし、子供に包丁持たせるのって怖いわ~~!!

特に、うちの包丁はめちゃくちゃ切れるので。

私がなまくらな包丁が大嫌いで、しょっちゅう砥石で研いでいるから

BJなど「すごいな、オペに使えそうだよ」と言うくらい切れる。

タロウがネギを小口切りにするのを見ていてもう怖いったら・・・・・。

今度日本に帰ったら、子供用の小さい包丁買ってこようかな。


ナナはさすがにそこまで危なっかしくは無かったが、

いきなりジャガイモを輪切りにしてくれたのには笑った。

・・・・ポテトサラダに輪切りのジャガイモて。

あなたいつもどんなの食べてるの~~~!!??


ま、でも、例えば味噌汁に入ってるナスがどんな切り方かとか

子供は全然気にしてないだろうからこんなもんか。


つきっきりで指導しなければいけないが、この手間を惜しんでたら

出来るようにはならないんだからしょうがないわよね。

息子にもちゃんと、ご飯たいて肉を焼くくらいの事は出来るように仕込まねば。


時間はかかったがポテトサラダと、ワカメと油揚げのおみおつけ完成。

二人とも自分が作ったとなると食べっぷりが違う。

タロウも

「ポテトサラダ、美味しかったねえ!いっぱい食べちゃったよ」

と喜んでいたし、良かった良かった。


夏休みになったらもっとひんぱんに手伝ってもらおっと。




☆      ☆      ☆


コロッケ、ポテトサラダ、きゅうりとワカメの酢の物、おみおつけ



大家族


duggar family



母の日ということで、先日TV番組にThe Duggar Familyが出ていた。

この家族は夫妻がクリスチャンで、実に17人の子供がいる。

家族計画は神様のご意志におまかせしているそうだ。

しかし日本のテレビで見かける大家族とは違って、

両親もちゃんとしてるし子供達も皆かわいくて賢そうなのよね~。


家がまたすごい。




duggars living2

(↑クリックで拡大表示します)



どこのホテル?ってくらいの吹き抜けの広いリビングに、

業務用キッチンの入ったカフェテリアや色々な仕掛けのある子供部屋や。

こんな広いきれいな家に住めて、自分達の稼ぎで暮らせるのなら

何人でも生んで構わないよなそりゃ。

とは思ったのだが、さすがにその時のインタビューで驚いた。


なんとこのお母さん、また(×18)妊娠中だというのだ!


・・・うっひゃ~~~。

20人家族ですか。


お母さん、丈夫なのねえ。


ちなみに子供達の名前は全員Jで始まる。

これはおそらく、お父さんの名前がJim Bob Duggarだから、

イニシャルをそろえたって事なのだろう。

お母さんの名はMichelle。

・・・なんかむっとするのは私だけ?


痛い思いして子供産むのはお母さんなのに、

そのイニシャルは誰にもつけてあげないの?

私なら怒っちゃいそうだが。


ラジオのパーソナリティが言っていた。


「そのうち、Jで始まる名前もネタ切れになるんじゃない?

次は多分、Just another oneだな!」


「いや、もうこの際 Just stop!でどう?」



Just stopって・・・・・トメさんでしょうか、それ。




The Duggar Family




☆      ☆      ☆


チキンハーブ焼き、スタッフィング、ジャンバラヤ、ギリシャ風サラダ

発表会2連荘

今日は午後1時からタロウ達の音楽発表会。

1~3年生がちーちーぱっぱをやるのである。

もう先週金曜日のナナ達高学年の発表会もグダグダだったし

期待しないで見に行ったのだが・・・・


・・・・意外と面白かったのよ、今回。


テーマが「ロックンロール」だったので、プレスリーの曲や

ビーチボーイズをやってくれて子供達もノリノリ。

そうか、低学年だとまだ恥ずかしがらないからいいんだな。

楽しそうでかわいかった~~。


と言っても多分一番のってて踊ってたのはうちのタロウ。


あとで聞いたら、彼としては先生に協力してあげたつもりらしい。

「だって、こうやって踊りましょうって、いうから、がんばったんだよ!

○○なんて、いっつも全然踊らなくって、それで・・・・」

と、協力的でない同級生のことを怒ったりしていた。

なるほどね。そういうとこ気を遣うんだよねキミは。


私一人で行ったので一応デジカメで写真はとったのだが、

うーん、やはり音の入るビデオをとっておけば良かったかな~。


と、思ったので、今度は夜7時からのタロウのギター発表会にはビデオ持参。

今日は発表会2連荘。

デジカメはナナが担当、私はビデオ係り。

BJが出張中で見られない(聞けない)のでタロウ以外の子達の演奏も撮る。


・・・これがね。

うちのビデオは古いからカメラが重いのだ。

ずっと回してると支えてる腕が、痛い・・・!


でも、タロウが思ったよりもちゃんと演奏できていて感心。

やはりこういう発表会があるほうが、子供達自身もやりがいがあるようだし

親としても楽しいな。


だけどこの前のタレント・ショーでのピアノ発表でも思ったし、

今日のギター発表でもつくづく思ったのが


「日本の習い事の発表ってレベル高すぎ」。


私が小学校の時のピアノ発表会なんて、どこのコンクール!?ってな曲目やってたわよ。

タレントショーで子供達が弾いてるのなんて「むすんでひらいて」みたいな曲だったよ!??

あれでいいわけ!??


「Have fun!」


と、アメリカ人は良く言うけど、発表会でもそう言うのだ。

楽しめばいい、自分が楽しく演奏出来たらそれが一番、と。


・・・いいなあああ~~~~~~~~~~~~~~~←長い


私もそんな環境でピアノ習いたかったよ~~~~~。


私が習ってたピアノの指導法は、ピアノを嫌いにさせるものだったと思う。

こんなに苦しいのになんでやらなきゃいけないの、

どうして練習しなきゃいけないの、ちっとも楽しくないのに、と思ってた。

そりゃまあ、難しい曲が弾ければ嬉しい時もあったけどね。

でもひとつクリアするとまたステップアップした難しい曲が待っているのだ。


おかげで私はナナにもタロウにもピアノを習わせる気がしない。

あまりに自分が苦しかったので、今現在弾けて楽しいのは有難いし

親のおかげと感謝しているが、あれを自分の子供にやらせる気はしない。

っていうか私が耐えられない。

子供が「もうイヤ」と言ったら、「あっそう、やめていいわよ~」と言ってしまいそう。


タロウが「ギターを始めたい」と言った時、私が出来ない楽器だからいいな、と思った。

自分が知ってる楽器だったらあれこれうるさく指導してしまいそうだったからだ。

そしてやらせてみて、アメリカ式のゆる~い指導法なのがわかって安心した。

すらすら弾けるようになるかどうかはともかく、少なくともギターを嫌いにはならないだろうなと思って。

入門編なのだからそれで充分。

興味があれば自分で努力するだろうし、才能がなくてむいてなければやめればいいだけのことだ。


タロウは興味がわいてきたようで、夏休み中もレッスンを受けたいと言い出した。

へえ。意外。


いつか私のピアノと合奏出来るようになるかね~。

楽しみだ。




☆      ☆      ☆


サーモンソテー、もやし炒め、アスパラのバター炒め、野菜スープ


David A のパパ

アメリカンアイドルもついにトップ3。

この週末にはそれぞれ地元に帰ってイベントや地元TVに出たそうで、

その模様は火曜日夜に放映される。


しかし先週の話題はなんといってもDavid Aのステージパパが

アメリカンアイドルのバックステージから出入り禁止をくらった事。

今後一切、David のリハーサルにも準備にも付き添ってはいけない、

本番のパフォーマンスを客席から見る事は許可されるがそれのみ、となったのだ。


このパパは最初からかなり強引なステージパパだという評判だったが、

何故それが今になって「出入り禁止」になったのかと不思議だった。

どうやらそれは先週のDavid Aのパフォーマンスに対する指示のせい。


David が歌った「Stand By Me」の歌詞の一部分を

Sean Kingston の「Beautiful Girl」に変えて歌え、と

パパが指示したのだそうだ。

番組プロデューサーは反対したのだが結局本番では変えた歌詞で歌われてしまった。


この事で番組はKingston側に巨額の著作権料を払う羽目になり、

ぶちきれたプロデューサーが今後パパの立ち入りを禁止にした、というわけ。


もともと「Beautiful Girl」自体が「Stand By Me」をサンプリングした曲なので、

逆にしても問題ないと思ったのかね、David パパは。

著作権の事まで考えなかったのかしら。

しかし私はどちらの歌詞もうろ覚えなので、一体どこが「Beautiful Girl」だったのか

全くわからないんだけど。


でもこれでうるさいパパがいなくなって、David Aが自分の考えで

のびのびと歌えるようになったらいいなあ。

私は彼の声質が結構好きなので楽しみだ。




もひとつオマケのこぼれ話。


ブルック・ホワイトが2006年にインディーレーベルでレコーディングしたアルバム

「Songs From the Attic」が発売され、

iTunes list of Top 100 Pop Albums でいきなり15位というヒットになっている。


これは発売が見合わせられていたアルバムだが

ブルックがアメリカンアイドルから脱落した後リリースする、という話になっていたそう。

ということはレコーディングは古くても市場には初めて出たアルバムってことか。


しかし今シーズンのコンテスタントはこういう「セミプロ」というか

そういう人が多いような・・・・

純粋なアマチュアから掘り出し物を見つける、というのはもう無理なのかしらね~。



母の日

昨夜というかもう日付としては今日だったのだが、

午前2時ごろからものすごい雷雨だった。

夕方からずっとトルネード注意報が出ていたし

夜半すぎに雷雨が来るという予報だったので、

あらかじめ雷鳴を怖がって飛び起きるタロウは私達の寝室で寝かせる事に。

でないと、雷で起きてナナの部屋へ行くので、今度はナナまで寝られなくなるからだ。


予報より少し遅れた午前2時過ぎ、ものすごい雷鳴と稲妻と雨。

BJがいないので私もちょっと怖いくらいだったが、

幸い雨漏りも家の被害もなくて良かった。

朝になってTVを見たらオクラホマやジョージアで大変な被害が出、

死者も出ているというので驚く。

この辺で何も無かったのは本当にラッキーだったようだ。


昨日遠出したので、今日は出かけずに洗濯したり片付けをしたり。

タロウが掃除の手伝いをしてくれたので小遣いをやる。

これはためておいて、今度学校で行くフィールドトリップの時に使うのだ。

なんでも、お金の使い方を実地で勉強するとかでモールに行くそうで。

こんな年齢からInvestmentなどの勉強をしているので驚いてしまう。


母の日だがどうせうちは何も無いだろうと期待していなかったのだが、

ナナが代表して家族皆からのギフトカードをくれたのでびっくり。

近くにあるエステの招待券で、マッサージやフェイシャルなどの1時間コースだとか。

うわ~、ありがとう!嬉しい!

良かった、Weight Watchers の無料券じゃなくって!?


と言ってる私はそういえば実母にも義母にも何もしてないのだった・・・・

・・・・・しまった。




☆      ☆      ☆


BJがいないので手抜き。ヤキソバ、餃子



日本食買出し

このところ週末BJが当直な事が多く、遠出が出来なかったので

しばらくBirminghamへ日本食品買出しにいけなかったら味噌が無くなってしまった。

そのほかにも欲しい物が色々あるので今日は子供達とBirminghamへ。

BJはサンディエゴへ出張。いいなあ、色んなとこ行けて←遊びに行ってるわけじゃありません


車で一時間の道のりだがこの頃慣れて来たのでさほど遠いという感じがしなくなってきた。

スムーズに流れているからほとんどクルーズコントロールのままで走れるし楽。


Birminghamへ着いてまずは銀行のATMへ。

もちろん住んでいる町にもあるのだが、その銀行支店は

例の連続レイプ・強盗事件が起きたまさにその地域にあるのだ。

怖くてちょっと私一人では行きたくない。っていうか行けない。


タロウの希望でトイザラスへ行く。

毎度思うが、まさにここの、このトイザラスで

毎回トーマスのオモチャが欲しくて泣き喚いてたのよね。タロウ。

大きくなったもんだ。


本屋へ行き、その後靴屋へ。

この靴屋は初めて行ったのだがあまりに広くてびっくりした。

体育館みたいなんだもん。


ブランド物の靴を割引で売っている店で、品数も多かったしなかなか良かった。

私は黒いハイヒールのサンダルと、ベージュのパンプスを購入。

最近またジュート巻が流行ってるの?なんか懐かしいわ~。

私が高校生の頃、サーファールックが流行って、皆このジュート巻パンプス履いてたのだけど。

アイシャドウはブルー、口紅はパールピンク、髪はファラ・フォーセットみたいなレイヤー。

造花のイヤリングってのもあったなあ。

・・・・なんであんなもんが流行ってたのだろう。


ナナは今度卒業式で着るサンドレスにあわせた白いサンダルを買った。

お~、かわいいかわいい。

やっぱり女の子がいると買い物が楽しいな~。


最後に日本食品店へ行き、しこたま買い込む。

また今度来るのは一ヶ月以上先になっちゃうだろうし。


あ~、いっぱい買い物した!

楽しかった~。



☆      ☆      ☆


冷凍ピザ、残り物色々

音楽発表会

子供達の学校で、4,5,6年生の音楽発表会があったのでBJと一緒に見に行って来た。

タロウ達1,2,3年生は今度の月曜日に行われる予定。


なんでも、ナナ達6年生は「外国の歌」を一曲歌うことになり、

しかし先生が持って来た曲はクラス全員気に入らなかったそうで

ナナが我が家にあった森山直太朗の「さくら」のCDを持って行きこれに決定。

彼女が歌詞をローマ字でタイプし、英訳もして持って行ったので感心した。

すごいな~・・・小学6年生でこんな事出来ちゃうなんて。


それが数ヶ月前で、今日はその練習の成果を聞かせていただくわけ。

しかしナナは

「もー・・・最低なんだから~・・・見に来なくていいよ~」

などと言って嫌がっていた。

音楽の先生が新しい若い女の人に代わり、前のベテラン男性教師と違って

何もかも下手だし面白くないので生徒に人気が無いらしい。

今回の発表に関しても、生徒の意見を全く聞き入れてくれないので

皆文句たらたらだとか。ははは。そりゃ大変。


私とBJはちょっと遅れて行ったので、4年生の歌がもう始まっていた。

アメリカンアイドルで優勝したテイラー・ヒックスの曲を歌っていたが

リズムがとれなくて皆ばらばらに体をゆすっているので笑えた。


5年生はウエストサイド・ストーリーのメドレー。

振り付けもちゃんと頑張って、衣装もそれらしくそろえていたしかわいかったが・・

・・・・う、歌が・・・・!!

あ~~もう、日本の小学校の学芸会を見せてやりたいよ!!!

日本のああいう行事ってほんとレベル高いわ。運動会のダンスだってすごいしねえ。

なんでこっちのはこうグダグダなのだろう・・・・・

と思ったけど、そういえば前にナナが行っていたバーミンガムの小学校では

衣装も作って結構凝った音楽発表会があったのだった。

学校と教師にもよりけり、ってことかしら。


そして6年生。

ナナがまず出てきて「さくら」について説明。

お~すごい、ちゃんとスピーチしてる~~。


歌が始まり、フレーズごとにソロの子が出て来て歌うのだが

意外にちゃんと「日本語」に聞こえて感心した。

良く覚えたねえ。えらいわ。

ナナも二回、ソロパートを歌っていたがとても上手だった。

音程しっかりしてるし。知らなかったけど歌うまいのねえ。

コーラス部分も皆でちゃんと歌えていたし、他の学年にくらべて上手だったと思う。

皆さん良くできました。


発表が終わって解散になったら、色々な人に

「あのソロを歌ってたのはあなたの娘さん?上手だったね!」

とほめていただき鼻高々。ほほほ。

「彼女は歌手になるんじゃないの?きっと自慢の娘さんでしょうね!」

とも言われ、謙遜もせずありがとうございますと答える。

こういう時親ばか全開の発言をしてもひんしゅくを買わないのはアメリカのいいところだ。

むしろ、

「いえいえ、出来が悪くてお恥ずかしい」

などと言ったらあっちが飛び上がって驚くに違いない。


ナナもあちこちで色々なお母さんやお父さん達につかまってはほめられていた。

すっかり有名人。


まあしかし、アメリカの小学校で「さくら」を聞けるとは思わなかったわ。

面白かった。




☆     ☆     ☆


ローストビーフ、トウモロコシ、キャベツのスープ、フレンチフライ、オクラのフライ

庭のバラ

庭に何本もある様々なバラが次々咲き始め、

外に出るだけでふわ~っとあたり一面バラの良い香りがする。

うお~、バラの香水の香りだよ!って、逆だ。



rose05


花びらの先がピンクがかっている黄バラ。

開ききると牡丹のようになる。



rose02


花びらがほとんどカールしていないバラ。

開くと大ぶりのポピーのような形になる。



rose08


写真ではわかりにくいがオレンジのバラ。

これが一番昔ながらのバラって感じの咲き方で好き。

しかしもとから植わっているバラたちなので、名前がわからないのが残念!

品種がわかればもっと楽しいのにな~。


庭に咲いているとじっくり眺めて楽しめないので、

切ってきて花瓶に生けてみた。




rose09


外で見ていた時にはわからなかったが、室内で見るとどれも大輪!

こんなに大きくて立派だとは思わなかった。


摘んで生けるには向かないが、ミニバラも沢山咲いているし

大きい方のバラもまだまだつぼみが沢山ついているので、当分楽しめそう。

嬉しいなあ。


花壇に撒いた種は、ひまわりとコスモスが順調に生育中。

イタリアンパセリとコリアンダーも芽が出て来た。

しかしローズマリーやバジルは何の音沙汰もなく・・・

・・・・これはやっぱりダメかなあ。

苗になるまで室内で育てろって書いてあったもんな。

やはりじかまきじゃダメだったか。

しょうがないから今度苗を買ってきて植えようかしら。




知らなかった

4ヶ月も前に予約を入れておいた「足専門医」に行って来た。

こちらは本当に専門が細分化されているので、このドクターは「足」だけを診る先生。

左足の外反母趾がひどくなってきて、痛むのが辛いので受診する事にした。

でももっとひどい外反母趾の写真などを見た事があるので、

私のはそれほどでもないだろうな、靴をかえてみろとか言われるだけかな、と思いつつ受診。


まずはナースに問診され、症状を説明する。

それから左足のレントゲン。


その後ドクターとご対面。

これがまたやたらに明るい男性医師で、お子さんはどうやらうちの子と同じ学校らしい。

BJの事も、会った事は無いそうだが良くご存知で、ほめていただき恐縮。


良く喋る面白い先生なのでリラックス出来て良かったが、

さてどこがどう悪いかという説明になってびっくり。


「外反母趾じゃなくて、足の骨全体が曲がっているんです。」


・・・・は?なんですと??


先ほど撮影したレントゲン写真を示しながら、


「第二指がここにこうあるでしょう、でもこの骨は本当はこの辺にまっすぐあるべきなんです。」


と示された私の足の骨は確かに大きく曲がってついている。


「そしてこちらの親指も、本当はこの辺にあるべきなのがこちらに・・・」


と、先生の示す位置は現在第二指があるあたり。

げ。そんなに曲がってるんですか。

っていうかもう奇形じゃない。

骨の奇形で外反母趾みたいな形に見えてただけで、外反母趾自体の角度はほとんど無いのだった。

10度までが正常で、私のは12度くらい。曲がってはいるが問題になるほどでもないそうだ。


うは~~、びっくりした。全然知らなかった。

40年以上生きてきて初めて知った骨の奇形。


「原因としては、遺伝もあるけど、お母さんのお腹の中にいた時に

胎児が足をこう、交差して曲げてる場合があって、それで曲がってしまうことも・・・」


とドクターに説明されて、あっ!と、思い当たった。


「そういえば、母が、私は生まれた時に足首が曲がっていて、

ボール紙(ってあたりが時代か?)で作った長靴をはかせて治したって言ってました!」


と私。


それが原因だったのか・・・・

っていうかそんな話、聞いた事も忘れてたわ今の今まで。


結局、治すには外科手術しか無いそうだ。

痛みをとるだけならステロイド注射が効くらしいが、根本的治療にはならない。

手術となると今でっぱっている親指の付け根の骨を削って

まっすぐに近い形に直すのだが、私の場合そういうわけで

骨全体が曲がって付いているので本当のまっすぐにはならないそうだ。


別に、見た目がどうとかいう問題ではなくて痛いのが問題なのだからそれで構わないと思う。

術後は5週間くらい、普通の靴ははけないしシャワーなども気をつけねばならないそうなので

手術受けるとしても夏休み明けだなあ。


「子供達の送迎にしても、右足でオートマ運転してるわけだから大丈夫でしょう。」


とドクターには言われたが・・・・・私、両足で運転してるのよね実は。

右足でアクセル、左足でブレーキを踏んでるのだ。

こりゃいかん。

手術までに、右足だけで運転する練習しとかなきゃ。


ああそれにしても本当に驚いた。

靴が原因とか、歩き方が原因ってわけじゃなかったのか~。


しかし手術してほんとに良くなるのかなあ。

骨全体の問題なら、いずれまたどっか不具合が出てくるんじゃないのかしら。

そうでもないのかしらね。




☆     ☆     ☆


豚肉と大根のべっこう煮、アスパラガスのソテー、ロメインレタスのサラダ



プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR