スモーキーちゃん

夕方、庭で遊んでいたタロウが(最近ひとりで投球練習をしているのだ)


「ママ!スモーキーが、来てるよ!」


と、呼びに来た。


スモーキーというのは一ヶ月くらい前に、ナナ達の仲良しアーリアのママが

つい見るに見かねて引き取ってしまったグレーの雑種猫である。

毛の色がダークグレーで煙(スモーク)みたいなので、スモーキー。

うちのネーミングセンスと変わらんな~。


獣医に預けて予防接種や去勢をし(ちなみにオス)、

汚くなっていた長い毛もきれいに刈ってもらって飼い始めたのだが

もともといたもう一匹の猫ディーマと仲が悪いのだ、と聞いてはいた。

うちのタビーとは仲良くなるかしらね、などと子供達が話していたのだが・・・。


スモーキーはタロウやナナが遊んでいるそばから離れようとせず、

なんだかずっと我が家の庭でうろちょろしている。

そのうち帰るだろう、もともと野良だったんだし、と思って放っておいたのだが

スモーキーが裏庭に回って来たので、家の中のタビーと目が合ってしまった。


「ふぅぅぅぅ~~~~~・・・・!!!!」


と、聞いた事も無いような声を出して威嚇するタビー。


ありゃま。


そのうち


「うぎゃにゃぎゃぁぁぁぁ!!!」


と吠えながら窓に飛びついて戦っている。


うわ。こりゃだめだわ。


スモーキーもそのうちあきらめて家に帰るだろ、とさらに様子を見るも

一向にあちらが動く気配がない。

あちらはオス、こっちのタビーはメスだというのも関係あるのか?


10分くらい放置していたのだが一向にスモーキーが動く気配がないし、

タビーは威嚇しまくってるしその音にタロウがおびえて夕飯が食べられないしで

仕方なく午後8時、アーリア宅にスモーキーを抱っこして連れて帰る事に。


抱っこされたり構われるのには抵抗の無い猫なので、ナナに抱っこしてもらう。

携帯でアーリアのママに、これからスモーキーを連れて行きますねと電話したところ


「子供達と、さっきから探してたんですよ!ありがとう!」


・・・・うわ。すみません。

てっきり、外にも出してる猫なのかと思ってたもんで・・・・。

心配してたなんて存じませんで、連絡遅くなってごめんなさい~~~。


ともあれ無事にスモーキーをおうちにお返しして、私達も帰宅。

しかしタビーはよその猫と窓ごしでも近距離に対面したのが初めてだったからか、

ちょっとした物音にも過敏になっていてかわいそうだった。


うーむ。

実は、もう一匹くらい猫を飼ってもいいかななんて思ってたのだが、

この分じゃ無理そうだわね~~~。

良かった、安易に引き取って来たりしなくて。

縄張りってのがあるんだろうなあ、動物だから。


ナナがアーリア宅からの帰り道、


「アーリアの言ってた通りだった。

猫は、オスよりもメスのほうが、帰り道をちゃんと覚えてるんだって。

だからスモーキーはオスだから帰れなくなっちゃったんだよね。」


と言っていた。


・・・うーむ。そうなのかな。

っていうかオスはそこにメスがいたらもう帰り道わかんなくなるっつーか・・・

・・・気が散る事が色々と多いんでしょうよ、まあ私にはわかんないけどさあ

でも人間も一緒かなあっておいそういう話ではなくて(以下略)





☆      ☆      ☆


ハンバーグ、トマトとバジルのポタージュ、バンバンジーサラダ、自家製パン



スポンサーサイト

アメリカンアイドル

久々にアメリカンアイドルの話題でも。


今シーズンのコンテスタントは去年よりもレベルが高く、

かわいい子も多くてこりゃ期待出来そうだと思っていたのだが・・・

・・・なぜか個人的に今ひとつ盛り上がらず。

なんでかなあ。

多分、好みの子がいないのと、個性の強い子がいないせい。

去年は良くも悪くもサンジャヤというオモチャがいたから面白かったし、

顔はともかくめちゃくちゃ上手いメリンダとか

プラスサイズったって程があるでしょって大きさだったけど

明るくて上手かったマンディーサとかいたから印象強かったのよね。

今年は皆そこそこ上手なんだけど印象が薄いというか・・・

・・・なかなか名前が覚えられなかったくらいだもの。

と言っても番組は相変わらずヒットしていて盛り上がってるけど。


今夜のメンターはニール・ダイアモンド。

この人もヒット曲多いんだなあ。


私が応援しているのはDavid A。

安定していて、面白みや意外性は無いけど安心して聞いていられる感じ。

唇をなめるクセは直したのか、あまりやらなくなったのもマル。

彼にはジョシュ・グローバンみたいな曲を歌ってほしいな~。


歌にはパンチが無いけど顔がきれいなので残りそうなのはジェイソン。

大舞台で歌い上げる、ってタイプじゃないけどそれなりにファンがつきそうな。


いつも上手いのにボトム3に入ってるサイーシャ。

うまいのに不思議。ファンがつかないのかな~。

この子はここで落ちても多分ミュージカルに出られると思うけど。


すごく人気があるみたいだしいつも審査員も手放しでべたぼめなんだけど

どーも私は歌い方も顔も気に入らないのがDavid Cook。

なんかな~・・・・いまひとつなのよねえ・・・・・。

マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」をすごいアレンジで歌ったので感心したけど、

あれもChris Cornellというアーティストのぱくりだったし。

ちなみにYoutubeで見られるが、Cornellのほうがずっといい。


BJのお気に入りはBrooke。

私も彼女は好きだが、いちいち口答えする態度がどーもなあ・・・。

カーリー・サイモンやキャロル・キングが好きな人達は応援してるだろう、という感じ。

これで歌が書けたらもっといいだろうな。


今日でGoing homeなのは・・・

うーん、誰だろう。

いつもボトム入りしてるからサイーシャかな、そろそろ。

実力的にはジェイソンが厳しいんじゃないかと思うが、人気投票だしね。


ところで火曜日は「Danicing with the Stars」のResult Showの日でもある。

こちらも面白くて毎週見ているのだが、今日のゲストはデフ・レパードだったのでびっくり。

っていうかこの人達まだ現役だったのか・・・・・。




☆     ☆     ☆


鳥のから揚げ、バンバンジー、豆腐とわかめのおみおつけ

カタカナは難しい

洗剤や調味料といったものが切れそうになると、

次に買い物に行く時のためにショッピングリストのメモを書いておく私。

先日、そういえばWindexという住居用洗剤が切れそうだなと思い出し、

BJに「そこにあるメモに書いといて。」と頼んでおいた。


翌朝、ふとメモを見るとBJの字で


「ウィンデッス」


・・・・・惜しい。

正解はウィンデックス。


そして今朝、買い物に行こうとメモを見ると私の字のほかにカタカナで


「コーヒユメ」


・・・・・えーっと。

コーヒー豆、の、コトだわね?


何故だか知らんがBJはカタカナ表記を書くのが苦手らしい。

結婚15年にして知った事実。

本人に尋ねると、


「うん。日本の病院で、『先生のカタカナ、かわいいですね~』っていつも言われてた、看護師に。

だってカタカナで薬の名前とか書いた事無いもん、間違えるよそりゃ!」


とのこと。


まあねえ。

大学卒業してから海外で働いてる方が長いもんな~。


でもそれと、カタカナ表記が苦手なのは関係ない・・・・のでは・・・・・?





☆      ☆      ☆


冷凍パスタとチキンのアルフレードソース、ロメインレタスのサラダ、残り物色々

ホームベーカリー

朝からどんより曇天。

BJは当直で(家には帰って来られるものの)遠出は出来ないので

なんとなく家族全員おうちでだらだら。


私は朝、芽が出始めた花壇を見回りに行ったら

せっかく双葉が出て来たひまわりをなんかの動物にかじられて折られ、しょんぼり。

しかもかじったの、美味しくなかったらしくて捨ててるし。動物。くっそ~~~。

どうせならちゃんと食べていけっっ!!!

ある程度伸びるまで囲いとか覆いをしておかないとだめなのかなやっぱり・・・・。

自然が多くて野生動物の多いとこは多いとこなりに、色々あるもんだわ~。


ヒマでしょうがなかったので、なんとなく先日からやってみたかった

ディナーロール作りをやってみる。

ホームベーカリーで一次醗酵までをすませ、

その後小分けに丸めて温めたオーブン内で二次醗酵、

それから形づくりをして15分ほど焼いて出来上がり。

と言ってもホームベーカリーに入れるところから焼き上がりまで3時間くらいかかるのだけど。

なんせ醗酵とかベンチタイムとか、待つ時間がね・・・・・。

気の短い忙しいお母さんには絶対出来ないわ。

これならケーキかクッキー作りの方がよっぽど簡単だし早いっ。


しかし今日はもてあますほど時間があるし、子供達もいる。

ということでパン生地作り開始。

材料を計って型に入れてあとは機械にまかせる。

一番力がいって大変な「こね」の作業を全部やってくれるので、これは楽だ~~!!

今、右ひじが痛くてとてもじゃないが「こねる」なんて出来ないのだが、

ここを機械にやってもらえるのならパン作りも楽勝だわ。


一次発酵が終わった生地を1時間半後に取り出して

20等分(目分量でやったので21個になってしまったが・・・・)に分けてベンチタイム。

お団子のように手で丸めるな、と書いてあったがしっかりやっちまいましたがな。

↑作業しながら説明書を読むタイプ


まあなんとかなるだろ、とりあえず食べられない材料は入ってないんだしね、と放置。


さて成型、という段になって子供達をよび、各自好きな形に作らせる。

私は何しろ初回なので無難に、単なる丸いコッペパン作成。

タロウはバット型(単なる長細い筒型)や四角いパンを作り、

ナナは「アンパンマン」の顔を作ってみたり。


作りながらふと、「はちみつとクローバー」に出てくる

「お父さんの似顔パン」作成シーンを思い出したりして・・・・・


・・・・いや、そこまでリアルに出来ませんから。普通。


形を作ったあとさらに40分ほど温めたオーブンで醗酵させ、

350度(華氏)のオーブンで15分ほど焼いて完成。


ナナの作ったアンパンマンパンは、思ったより上手に出来ていた。



あんぱんまん


朝から晩まで、うなされるほどアンパンマンのビデオを

見させられた日々(ナナ2~3歳の時期)を思い出す・・・・


よっしゃ、今度はカレーパンマンでも作るかっ!




☆     ☆     ☆



ビーフシチュー、自家製パン、野菜スティックとディップ

ゴールデンウィーク?


iris2


もう一種類、庭で咲いている別のアイリス。

こちらの方が日本の菖蒲のような色合い。

そういえば菖蒲湯って端午の節句にするもんだっけ。


日本はこの週末からゴールデンウィークなのね。

今年は大型連休ではないそうだが、

日本用カレンダーが手元に無いので何が何やらさっぱり。

国民の祝日だとかで、5月4日が休みになったのも

日本にいない間だったのでどうにもぴんと来ないし。

海外に出てまず忘れるのは日本の祝祭日、干支、

それから「今年って平成何年だっけ?」。


日本はまだまだ新学期が始まったばかり、

というところだろうがこちらは学年の終わりが近づいている。

ナナは5月23日が小学校の卒業式で、

それから子供達二人とも二ヵ月半の夏休みが始まる・・・・。

・・・・毎年思うが長すぎるっ。

もうちょっと学校、営業しててくれっっ。


そろそろ夏休みの計画をたてて、早めに予約しなきゃな~。




☆     ☆     ☆


ローストビーフ、マッシュドポテトとグレービー、野菜スティックとバーニャカウダ、ブルスケッタ


学校4往復

朝から家電の修理を待って自宅待機。

なんせ来るのが「午前8時から午後5時の間」って・・・・・

・・・・アバウトすぎだっつの。


11時頃にやっとおじさんが来て電子レンジのドアスプリングの修理。

「今まで直したこの型のレンジは全部こっち側のスプリング、

同じところが折れて壊れてたんだよ。設計が悪いんだな。」だそうで。

良かった。私のバカ力で折ったわけじゃないのね。


12時ごろには迎えに来て、と頼まれていたので

修理が終わってからタロウを迎えに学校へ。

今日は「マッドサイエンティスト・ランチョン」なるイベントが学年であり、

色々な化学実験を見せてもらったりやったりしてランチも一緒に食べるというのだ。

終了次第、帰りたい人は帰ってもよろしいとのこと。

まだ低学年だからそこらへんのどかなもの。


12時半頃行ってみたらまだ全くイベントが終わっておらず、

他のお母さん方と一緒に見学。

結局1時過ぎに終了するまで付き合って、片付けまで手伝うことに。

相変わらず右ひじが痛くて重い物を持ち上げられないので、

長テーブルの片付けとかでっかくて重い間仕切りの移動なんか

やりたくなかったのだが他のお母さん達は私より小柄な人や

ママさんでなくおばあちゃまがいらしてたりしてやらないわけにいかず。

うう。腕っていうかひじが・・・・関節が・・・・痛い~~。


タロウを教室へ迎えに行って、用事をいくつか済ませて帰宅したらもう2時半。

あ。朝からなんも食べてないんだそういえば。

と、慌ててそのへんのもので昼食。


かっこんだらすぐにナナのお迎え時間。

ひ~~~。学校何往復するんだ今日はまったく・・・!


ナナを連れて帰って来て、くたびれたのでちょっと私は昼寝。

その間ナナがお湯をわかしてタロウにカップヌードルをおやつに作って

食べさせておいてくれた。ありがとう~~~~、助かるわあ~~~~。

タロウはテーブルを拭いて後片付けしていたのでびっくり。

段々使えるようになるなあ、こっちの体力が落ちるのと反比例して。ありがたや。


そして夕方5時半、今度は二軒隣に住む子供達の仲良しの

アーリアとアミーン姉弟も一緒に連れてまたまた学校へ。

タレントショーがあって、うちの子達は出ないのだが友達を見たい、というので。

これは日本の発表会などとは違って、そうだなあ、私達の時代でいうと

「おたのしみ会(こども会)で、友達と一緒にピンクレディーの歌を歌って踊る」みたいなもの。

ピアノを弾いたりかなり真剣にバイオリンを弾く子もいるが、

大抵は現在人気の「ハナ・モンタナ」のヒット曲に合わせて踊ったり

カラオケしたりというような感じ。でも皆かわいくてほほえましいのだ。


7時過ぎにようやく終わり、アーリア達も送り届けてやっと帰宅。

・・・・・4往復したのか今日は・・・・・

あ~疲れた。でもこれから夕飯作らなくちゃ。


やはり私の体力では、まだ仕事するとか学校に通うなんて余裕は無いなあ。




☆      ☆      ☆


サーモン香草パン粉焼き、チキンフィンガー、サラダ、残り物色々

モノを書く遺伝子

ナナが、学校で書いた作文を先生にほめてもらった、と見せてくれた。

作文の中身は読ませてくれなかったが、先生の感想を読ませてもらってびっくり。

手放しのほめようで、しまいには

「I think you've found your calling.」

とまで書いてあって感心。

これは、直訳しにくいのだが、まあ日本風に言えば「才能がある分野を見つけた」って感じ。

「漫画家じゃなくて作家になって、自分で挿絵も書いた方がいいわよ」

と言われたそうだ。


クラスの皆の前でほめられて顔が赤くなった、と言っていたが、良かったねえ。

3年間のブランクがあるとは思えない。

やはり、文章を書くのが(英語でも日本語でも)得意だし好きなのだな。

これはやはり遺伝かしら。

私の方では、祖母が短歌と文学の同人をやっていたし

妹は本出してるし、私自身も文章を書くのは得意だし好きだ。

BJも実は昔、小説を書いて雑誌に投稿したことがあるそうで。

ちゃんと似るというか、受け継がれていくものなのね。


しかしタロウはお話を作るのがむちゃくちゃに苦手だ。

感想文も苦しんでいる。

彼には、文章を書く遺伝子は伝わらなかったのかしら。




☆     ☆     ☆


BBQポーク、グリーンサラダ、ブロッコリーチーズライス、グリーンビーンズキャセロール

昔々あるところに・・・

庭のアイリスが花盛り。



iris


去年は一つか二つくらいしか咲いていなかったのに、

ちゃんと手をかけてやったら今年は20くらい蕾がついた。

やはり植物は手間ひまかけてやるとちゃんと答えるので楽しいなあ。

なんのかんの言って結構お花や観葉植物を育てるのは好きなのだわ私。

土いじりも、ちゃんと園芸用手袋をつけてやれば抵抗無い事もわかったし。

素手で土に触るのは未だに嫌いだが。


クレマチスも沢山咲いたし、あちこちに植わっているバラも今年は蕾がいっぱい。

ちゃんと剪定したし肥料もやったしね。

それにしてもなんだかバラの多い庭だ。

去年はろくに咲いてくれなかったので一体何色のどんな花がつくのか楽しみ。


そして先日、種を撒いた花壇にせっせと毎日ジョウロで水をやっている私。


「早く芽が出ないかな~」


と水まきしていて、ふと、これは何かに似ている・・・・・と思って考えていたが・・・・



  




カニだ。




さるかに合戦の、カニ!!


「早く芽を出せ、柿の種、出さぬとはさみでほじくるぞ

早く木になれ柿の種、ならぬとはさみでちょんぎるぞ」


って・・・・あれにそっくりじゃん。


柿じゃなくてハーブだけどさ。

でも食べたいから芽が出るのを待ってるってのはおんなじかあ。

優雅な奥様のガーデニングのはずだったんだけど!?




☆      ☆      ☆


麻婆豆腐、春雨サラダ、冷凍餃子、ほうれん草のナムル

つまみはGoat Cheese、Brieとクラッカー

珍しくGoat Cheeseを見つけたので買ってみたが、全くヤギっぽくなくて

クセのないミルクっぽい味で驚いた。アメリカ人はクセのあるチーズは食べないのかなやはり。

Tick

用事があって学校へ行ったら、タロウの担任の先生がちょうど入り口にいて

私を見るなり


「あらっ!ちょうど良かった!」


・・・・は?タロウがなんかしたんでしょうか?


「タロウくんが、頭に何か出来てるって言うから見てみたらTickだったの!」


・・・・・Tick?なんだっけ、それ?

馴染みの無い単語ですぐには理解できず。

しかし話の内容から、どうやらダニのたぐいの虫だとわかった。

げげ。そんなんが食いついてるんですか。


がっちり食いついているためうまく取れないのだ、と先生。

事務の先生が消毒用アルコールで麻痺させてみたが抜けないという。


うわ~~~ん。

あたしにそれ、取れってことですか!!


タロウを呼んでもらっておそるおそる髪の毛の中を見る。


ぎゃ~~~!!!

でかいっ!!!!


一見甲虫のようなコガネムシのような茶色い虫が頭皮に食いついている。

大きさは3ミリくらいありそう。

こんなにでかいもんだとは思ってなかった!

はっきり言って、触りたくない!怖い!


どうやって取ればいいのかさっぱりわからなかったので


「あとで、パパが帰って来たら取ってもらおうね~~」


とごまかして放置。一刻を争う話じゃないようだし。


ナナに、Tickって知ってる?ときくと


「知ってる~、YMCAのキャンプ(去年の夏に参加した)にいっぱいいるんだよ~。

もう、Tick Farmだった!」


うわ・・・・そうなんだ。

こっちじゃ普通に皆知ってる虫なのねどうやら。

私は初めて聞いたし初めて見たわあんなの。


夕方、テキサス出張から帰って来たBJをつかまえていきなり


「ダニ。取って。」


と頼む私。


ネットで調べてみたところアルコールで麻痺させ、頭部をピンセットでつまんで抜けとのこと。

BJに手術用ピンセットを出して来てもらってやってもらう。

しかし本当に食い込んでいてなかなか取れない!すごい力(だったみたい。見てた感じでは)。


やっとはがしたがちょっと皮膚もはげた。痛そう~。


タロウは良く裏庭の森で遊んでいるのだが、あそこにいるって事かしら。

やだな~。また出るのかな~~。


ネットでは「病院に行って取ってもらえ」と書いてあるページもあったが

うちにはお抱え医がいて助かったわ。





☆     ☆     ☆


ピータン豆腐、マーボー春雨、野菜オイスターソース炒め、焼肉

一夫多妻制カルト

ここ二週間ほど、ゴシップ関係ニュース番組では

テキサス州エルドラドの一夫多妻制カルト教団施設の話題でもちきり。


この施設に住む16歳の少女がDVシェルターに助けを求めて電話してきた事で、

警察の捜索が入り400人以上の児童・未成年者が保護されたのである。

電話をしてきた少女の特定はまだ出来ていないが、

その少女は年配の男性と「スピリチュアルな結婚」をさせられ、

出産し、現在もまた妊娠中であるという。


この教団はもともとモルモン教の一派で、ユタ州やアリゾナに多く信者がいた。

2代目教祖になってから戒律が厳しくなり、一夫多妻制を推し進め、

3代目の現教祖(Warren Jeffs)になってからは更に一切の娯楽、テレビなども禁止された。

2000年ごろ現在の場所に本拠地を移し、集団生活をしていた。

ちなみにこの現教祖、Warren Jeffsは未成年者へのレイプその他の罪状により、

現在ユタの刑務所で服役中である。



TVでの報道を見る限り、なぜか教団の「男性達」は表に出てこない。

インタビューに答えるのも、カメラに映るのもすべて女性達ばかり。

女性達は皆同じ形のワンピース(大草原の小さな家風ドレス、と説明されていた)に

黒いレギンス、革靴。化粧っけは無く、髪は長くしてきっちりと編みこまれている。

ちょっとアーミッシュの服装にも似ている感じ。

多くの女性達は同じファーストネーム(旧約聖書からとったらしいサラとかレベッカとか)で、

ラストネームを名乗らないのでどうにも個人の特定がしにくいそうだ。

そして子供達も、どの子がどの母親の子なのか良くわからないという。

本人達が本当の事を語らないからだというが、私から見るとなんかもう

血縁関係がぐちゃぐちゃになってるからじゃないかと思うのだが。


私達から見ると異常な価値観の集団としか思えないが、中の女性は


「私達は、地上のHeavenに住んでいるのです。」


と、うっとりとして話す。


本人達がHeavenと思ってるのならそれでもいいんじゃないか。

信仰の自由はあるわけだし。

と言っても子供達は別であり、そこに虐待があるとなればそりゃアメリカ社会は黙ってはいない。

それにしてもこういう時の保護の速さにはいつも感心する。

日本なら「様子を見ていた」とか言って、実際に殺された子が出るまで動かないのだろうな。


ともあれ、そこに暮らす女性達が「Heaven」だというのなら

子供は保護してもその人達は放っておけばいいんじゃないの、

だって外の世界にいたって「Living Hell」な人達も多いわけだしね、

と思ったり。


しかしそれにしても何か違和感が。


なんだろうこれ、と思ってうまく説明出来なかったのだが

とある番組のコメンテーターが


「まるで、The Stepford Wivesですよね」


と言ったのを聞いてものすごく納得した!!


それよそれ、それが言いたかったのよ!!!


The Stepford Wives(ステップフォードの妻たち)はアイラ・レヴィンの小説。

私は2004年版リメイク、ニコール・キッドマン主演の映画を見た。

美しい住宅街に住む妻達はそろいもそろって美女で貞淑、

男性の理想を絵に描いたような完璧な主婦達なのだが実は・・・というストーリー。

あれを現代で本当に実行したらカルトになってしまったわけか。





種まく人

名画のタイトルか。


いや、そんな優雅なもんではなく。


昨日、風邪気味で頭痛がして寝ていた私に代わって、

前の住人が何をする気だったのか知らんが

花壇として作っていったらしい場所をBJが耕してくれた。

前から、あそこに何か植えようね、とは言っていたのだが

ひとりでやってくれるとは思わなかった。ありがとう。


というわけで今日は出張でテキサスに行ってしまったBJの代わりに

私が種を植える役目。

彼が何やら連呼していた「ひまわり」を植えるべく考える。

趣味の写真の媒体として、らしいのだが、とにかく

「ひまわり~~、ひまわりの、昔ながらの大きいのが、いい!」

とシュプレヒコールしていたので。


ひまわりは背が高くなるので、その他の花に日当たりが悪くなるから

どういう配置で植えるか考えつつ種まき。

ま、ちゃんと生えてくるかどうかはわからないけど。


雑草園になりそうなハーブ類(ローズマリー、コリアンダー、

バジル、イタリアンパセリ)などを撒き、その後ろにコスモスの種。

今まくとちょっと早いのだが咲けばいいかな、と。


そして一番北側にヒマワリ。

芽が出る前にリスとかに掘って食べられてしまわなければいいのだが。


しかしこの「花壇」は、家からかなり離れた南側の土地に作ってある。

そしてなぜか、そこには作りつけのスプリンクラーが、無い。

ということは私が水撒きしなきゃいけないって事!?


5メートルほどのホースは買ってあるので試しに家から伸ばしてみたが

全く届く距離では無かった。

・・・うん。土地だけは広いのよねここ・・・・田舎だからね・・・・・・


やはりもっと長いホースを買わなきゃダメか。

ということは巻き取り機も必要だな。

でもあれで巻き取るのも結構重労働なんだよね・・・・←実家で経験済み

あそこまでスプリンクラー設置してあれば問題なかったのに~

なんで水のこないとこに花壇!??わからん!!


ホースを買うまではしょうがない、ちまちまとジョウロで運ぶか~。

腰痛くなりそう。


来週からはいよいよ毎日最高気温が80°F(約27℃)をこえるらしい。

ということはひなたの体感気温は30℃以上って事ね。

わ~、やっぱり今のうちに庭仕事済ませておかなきゃ!!



☆     ☆     ☆


焼肉、ミニお好み焼き



初めてのお泊り

子供達の学校は土・日・月と連休。

だから良かったら金曜の夜に泊まりに来ませんか、と

タロウをお友達マックのママが誘ってくれた。

おお、初めてのSleepover!

もちろんタロウは大喜びだし、我が家は特に外泊を禁止していないので

よろしくお願いした。


金曜日、マックのママが二人とも一緒に学校へ迎えに行って

そのままおうちへ連れて行ってくれる事に。

これが助かった!

金曜日はナナが中学の見学に行く日で、親もそちらで

先生達と話をする時間が設けられていたからだ。

しかしその時間がちょうど小学校のお迎えの時刻。

どうしようかなあ、と考えていたところだったので渡りに船であった。


タロウがお泊りでいないだけで何やら静かだった昨夜。

ナナはうきうきと

「タロウくんいない間、何しようかなあ~~」

などと言っていたが結局私と一緒に「ウエストサイド物語」の

ビデオを見ているうちに夜も遅くなってしまい特に何もせず。


本日昼、マックのママに送られて午後1時頃帰宅したタロウ。

いい子にしていたそうだが、何やら疲れていそうな顔。

リビングのリクライナーでごろごろして

「なんか退屈~・・・遊びに行きたいなあ・・・」

などと言っているうちにいつの間にか寝てしまった。


わははは。疲れたんだなあよっぽど。

よそのおうちで緊張もしてたのかな?


床でひざかけ毛布を巻きつけてばったり倒れて寝ているのを見て

赤ちゃんの時と変わらないな~なんて思ったりして。

体力ありそうで無いのよねこの人。


放っておいたら結局2時間床で寝て、

いったん自分で起きて二階の自分のベッドへ移動して

また2時間眠ってやっと起きて来た。


あと二日、学校が休みでよかったね。

さすがあちらのママも良くわかっていらっしゃる。

お疲れ様。




☆     ☆     ☆


ハンバーグ、スカラップトポテト、グリーンビーンズキャセロール、ミックスグリーンのサラダ



花粉症

あ~もう、花粉症最高潮。

我が家は今年ついにナナも発症したので4人全員が花粉症もち。

BJは大学生の頃からなのでもう25年選手、

しかもスギの花粉症だから日本にいると悲惨を極める。

こちらはマツの花粉が多いらしい。

私はどちらかというとアメリカにいる方がひどく、日本の方が軽い。

なんかアレルゲンが違うんだろうな。調べてないけど。

タロウは普段から鼻炎っぽいのだが花粉の時期になると発疹まで出てかわいそう。

外遊びしてくると背中にぶつぶつが出来てかゆいらしい。

薬も飲ませてるのだがそれじゃ追いつかないみたい。


どういうわけかアメリカでは花粉症が多いくせに

日本のようにマスクやメガネで防ぐことをしないので理解に苦しむ。

物理的に防御するのって効き目あると思うんだがなあ。

服薬でなんとかしろっていったって限界があるでしょう。

日本にいた間、BJは花粉の時期には花粉用ゴーグル(メガネの上からかける)をし、

マスクも手術室用の二重だか三重だかの使い捨てをつけて歩いていた。

そのおかげで腹痛にならずにすんだ、と言っていた。

そう、鼻水・目のかゆみ・涙目・咳以外に腹痛にもなるのだ、花粉症で。

どうやら花粉を飲み込んでしまい、内臓が反応しているらしい。

私もうっかり薬をのまずに長時間戸外にいると

夜寝てから腹痛で目が覚めたりするのでこれは経験済み。

それがマスクをしていると軽減されるのだ。

服薬だけじゃ足りない時、マスクして歩けるとほんと助かるんだがな~。

アメリカだとマスクしてると「ものすごい伝染性の強い病気を持ってます」と

勘違いされるらしくて出来ないのがつらいっ。


で、花粉症。


先日BJはちょっと面識のある人のお葬式に参列した。

こちらの葬式は棺おけをかこんで屋外の墓地で行われる場合が多い。

今回もそうだったので、ずっと外にいるうちに花粉症で涙・鼻水が出て来たBJ。

うお、困った、みっともない、でもハナかむわけにも・・・・とうつむいていたら

何やら同情してくださった隣に立っていたおばさまがハグして慰めて下さったそうだ。


わはははは。

ま、いいんじゃないの。

おめでたい結婚式でなんだか素性のわからない東洋人男性がぐすぐす泣いてたらマズいけどね~。


あ~、それにしても目がかゆいわ。



公民権運動

タロウがこの頃学校で公民権運動について勉強している。

小学2年生で公民権運動・・・・・他の州でもそうなのだろうか?

それとも私立で、ここがご当地だからか?


恥ずかしい事に私は近代・現代の歴史がさっぱりで

公民権運動についても漠然とした知識しか無かった。

そして「なんだか昔の話」くらいにしか認識していなかった。

映画「クレイジー・イン・アラバマ」がちょうどその時代の話で、

1966年と字幕に出たのを見て自分の生まれ年だったのでたまげたほど無知。

そんなに最近の話だったのか!←いや、相当昔。今となっては。


以前Birminghamに住んでいた頃、ダウンタウンに

Civil Rights Institute (公民権運動博物館)があるので見学に行った。

そこで様々な展示物を見てようやく少し詳しい事を知ったという次第。

かなりショックだった。

こんな事が実際に行われていたのか・・・・。

暴力と狂気、いわれの無い差別に言葉を失った。


南北戦争後からずっとそういう差別があったのかと思っていたが、

実は戦争直後には(北部からの圧力もあったのだろう)

黒人にも参政権が与えられていたのだそうだ。

しかしなんだかんだとイチャモンをつけてそれを後に取り上げてしまったとのこと。

南部に今でも残る人種差別の根は深い。


タロウの学校には今日、クラスメイトのおばあちゃまがいらして

色々その時代の新聞などを持って来て自分の体験をお話して下さったそうだ。

そしてご主人の書いた本「Beyond the Burning Bus」を皆にプレゼントして下さった。

これ、私も読んでみたいと思ってた本なので嬉しい!!しかもサイン入りよ~!?


タロウは色々とびっくりしたらしく、興奮してあれこれ説明してくれた。


「14歳のね、(黒人の)男の子が、バケーションに来てて、

(知らずに白人用の店に入ってしまい)お買い物してたら、fight になって、

撃たれて死んじゃったんだって!」


そうだね。肌の色が違うというだけで、そんな事をされてた時代があったのよね。


タロウもナナも生まれた時から様々な人種がいる場所で育っているせいか、

そういった「差別」の意識が全くわからないらしい。

私など日本国内で白人を見かけるとつい

「あ、日本語通じるかな。大丈夫かな。」

と思ってしまうのだが、ナナもタロウも見た目で判断する事が無いようなのだ。

色が白くても黒くても、日本にいて日本語を喋る人は皆日本人、と思ってるらしいし。

だから余計に、肌の色で差別するなんて事は意味がわからないのだろうなあ。


今度、週末にでもまたあの博物館に行きましょう。

マーティン・ルーサー・キングJr.の有名な演説も聞けるし、

頂いた本のテーマになっている「燃やされたバス」の実物も展示されてるし。

私も本を読んでから行くとまた違った発見があるかもしれないな。




☆      ☆      ☆


暖かくなってきたので外のグリルでBBQ。ハンバーガー、ソーセージ、スキレットで野菜焼き(美味しかった!)




ランチタイムのボランティア

ナナとタロウの学校で、ランチタイムのボランティア。

この学校は弁当を持って来てもいいが、学校でランチを頼んで買う事も出来る。

学校にはカフェテリア(食堂と調理施設)が無いので、

曜日ごとに違うファストフード店がデリバリーしてくれるものを買う。

曰く、月曜・ホットドッグ、火曜・ウェンディーズ、水曜・Chick-o-filet、木曜・アービーズ。

朝イチで担任が注文を取り、オフィスに連絡、そこから各店に注文を出しておく。

金曜日は現金で買うピザの日で、一切れ一ドル。

低学年の子達は一切れでも、大きい子達はふた切れも三切れも買うのだそうだ。

うちも大体2ドルずつ持たせている。


私の仕事はランチタイムの少し前に行って、注文数と配達商品数の確認、

各クラスの子供達のランチカード(事前に8食分35ドルで親が買っておくプリペイドカード)を

出して注文と照らし合わせること。

そして子供達が受け取りに来たら、商品と名前を確認してから渡す。


全学年の子供達なので名前と顔なんて一致してないし、

我ながらひどいなと思うのはタロウのクラスの子達ですら間違える事が多い事。

・・だ、だって、良く似たかわいい金髪の男の子達とか、

いとこ同士で同じクラスにいる女の子達とか、もー、見分けつかないんだもの!!

仕方ないので毎回「名前は?カードはこれ?」と確認しつつ手渡すので手間取る。


カードの記名も事務の女性の手書きだから筆記体で良く読めないし。

↑これには理由がある。私の母校は私立校で、その学校独自の筆記体という

ありえないものを英語の授業で叩き込んでくださったからだ。

まったくも~~~、恨むよあれを・・・・!!

世間一般で通用する筆記体教えておいて下さいよほんとに。

せめて読めるくらいには。


なんとかランチを配り終わり、数もきちんと合って間違いなくて良かった。


昼にちょっと抜けられたBJと近所のメキシカンで食事して帰宅。

あ~疲れた。



☆     ☆     ☆


スパゲティグラタン(残り物アレンジ)、サーモンのパン粉焼き、ほうれん草とコーンのサラダ

CMT Awards


CMT awards


CMT(カントリーミュージックテレビジョン)アウォードを見る。

南部へ来てから以前ほどカントリーミュージックに抵抗の無くなって来た私。

それまではどうにもこうにも田舎臭くて苦手だったのだが。

と言ってもイーグルスもボンジョヴィもこの頃はカントリーのカテゴリらしいので、

ロックとの境はあいまいになって来ているという事か。

昔はサザンロックとか言ってたなそういえば。


2時間半ほどの番組で、授賞式がメインではあるがライブパフォーマンスが多い。

ニコール・キッドマンのダンナ、キース・アーバンやら

Carsの主題歌でうちの子達も好きなラスカル・フラッツやら

レネー・ゼルウィガーと一瞬だけ結婚してたケニー・チェズニーやら

16歳だか17歳だかで売れっ子のテイラー・スウィフトやら。


私がふと


「これってさ~・・・紅白って感じなのよね。」


と言うとBJが、なんで、と訊く。


「アルバム買うほど好きでも無いけど、

TVとかラジオでなんとなく聴いて知ってるような歌手が、

年に一度ステージで歌うのを見る番組。」


と私が答えると、


「・・・うまい事言うなあ!」


と、真剣に感心してくれた。



司会は「ハナ・モンタナ」という子供向けドラマで人気を博している

15歳のマイリー・サイラスと、そのパパ、ビリー・レイ・サイラス。

ビリー・レイは90年代に大ヒット曲がある人らしい。

親子でのパフォーマンスがあったが、生で歌うの初めて聴いたけど

さすがパパの方が上手!長年プロやってるだけある。

その点マイリーはまだまだへたくそだな~~。

レコーディングしたのしか聞いた事無かったから驚いた。


そうそう、テイラー・スウィフトも良くラジオでかかっていて

いい曲だし上手だと思ってたのだけど、生のパフォーマンスはきつかった!

16~17歳くらいじゃうまいといってもこんなもんかあ。

レコーディングの技術に改めて感心。



レッドソックスの呪い

NYヤンキースの建設中の新スタジアムに、

レッドソックスのユニフォームが埋め込まれていたという

都市伝説のような本当の話。


ESPN NEWS



redsox jersey


ユニフォームを埋めたのは工事に携わった建設作業員。

長年のレッドソックスファンで、ヤンキーススタジアムの仕事など

受けたくはなかったが、所属する会社が請け負ったので働く事になったそう。

一日だけの仕事だったが、ふとこのプランを思いつき、

ユニフォームを持って行って埋めたそうだ。

「やった甲斐はあったね」

と本人談。


ヤンキース側は当初、その作業員と一緒に働いていたほかの作業員から

報告を受けていたがマスコミには

「そのような事実は無い」

と、否定していた。

しかし一転、作業員の氏名もわかり、埋めた場所も特定出来たので

掘り起こすことになった。

5時間の掘削の末、本当に地下からユニフォームが出て来たのが上の写真。


このユニフォームはボストンへ送り、チャリティーオークションに出してもらう予定だとか。


ユニフォームを埋めた作業員には、どのようなおとがめがあるかはまだ未定。

なんだろ、土台を埋めなおす手間賃くらいは請求されるのかしらね?


このユニフォームを掘り出して処分したことにより、

レッドソックスの呪いも解けるか!?などと世間では言っているが

それにしても本当に仲悪いのねえ、ヤンキースファンとレッドソックスファンて。


そこまで熱心になれるってのが良くわからない私。





☆     ☆     ☆


ミートソーススパゲティ、コールスロー、コーンサラダ

ありがとう!

サンフランシスコから日曜夕方帰宅したBJ。

今までどこへ行っても自分の趣味の写真を撮ってくるだけで、

一切家族におみやげが無かったのを電話でぶーぶー言った私。

「じゃあリクエストは?」

ときかれたので、中華街で乾物でも買って来てちょ、と頼んだ。


帰宅したBJから渡されたでっかい袋には

干し椎茸とキクラゲが一年分←いや、多分一年じゃ使い切れない


あ、ありがとう・・・・

ほんとに買って来てくれたんだ、

っていうか他には無しですか。


あまりに実用的なおみやげにちょっと呆然。


と思ったらその後で

子供達にそれぞれケーブルカーの柄のついたTシャツと

私には Crazy Shirts の縞猫柄のやつ。

あれ?クレイジーってこの猫かいてたデザイナーが独立したとかで、

もうこの柄って無いんじゃなかったっけ?いや、いいんですが。好きだから。

ちなみにコレ↓


crazyshirt


と、ちょっと今調べてみたら、この猫復活したんだ!

90年にデザイナーは亡くなったそうで。

じゃあ権利を買い取ったのかな~・・・ってまあどうでもいい話だけど。

でもやっぱりこの猫じゃないとクレイジーシャツって感じしないもんね。


そして更に私にはまだもうひとつお土産があった。


この前から欲しいと言っていたヴィトンのお財布~~!!きゃ~~!!!

お誕生日でもないのに買ってもらっちゃった~~、うわ~~い!!!

ありがと~~~!!




・・・・・でもこんなにいっぺんに色々やっちゃうと、後が大変よダンナ様。

次も期待してますわ。

今度はテキサスだからインディアンジュエリーなんかいいなあ←図々しい






☆       ☆       ☆


タイ風カレー、子供には日本の甘口カレー

雑草取り

今日は気温が下がって日中でも風が冷たく、肌寒い。

子供達もかり出して庭の雑草取り。

寒いくらいといってもやはり作業をしていると暑くなってくる。

最初は調子よくお手伝いしてくれていたタロウだったが15分でリタイア。

ナナは根気がある人なので黙々と働いてくれたがやはり30分ほどで「疲れた」。

私は一時間ほど作業して腰が痛くなってきたのでおしまい。


「なんか、雑草との、戦い、って感じ!」


とタロウ。

そうね~。まだまだこれからだけどね~~。


以前BJが雑草を抜きながら


「全く、雑草てやつは・・・」


とぶつぶつ言うので私が


「雑草という名前の草は、無いんですよ。」


と言ってやったら


「なんだそれ。天皇陛下みたいな事言うなよ。」


「え?知らないの?まさにその、(昭和)天皇陛下の言葉だってば。」


「・・・・・それはね。自分で草むしりをしなくていい人の、言葉だよ。」


あ~、そうだわね~~~。

確かにね~~~。


このところ連日庭へ出てちょこちょこと仕事しているが、

草むしりというのはスクワット×エンドレスなわけで

筋肉痛になりそうだなと思ったがこれが意外とならず。

どうやら去年からコツコツ地道に続けている自転車こぎ運動の効果らしい。

スクワットすると普通太ももの前側が痛くなるが、これが全く痛くない。

膝も大丈夫。唯一ちょっと痛いのはももの裏側だが、それも大した事は無い。

すごいなあ。鍛えればちゃんと筋肉ってつくもんなのねえ。

まさかこんなとこで運動効果を実感するとは。

そういやふくらはぎも痛くないな。へえ。意外と効いてるんだ。


右腕というか右ひじが痛いのは相変わらず。

でもひじが治るの待ってたら雑草が大変なことになりそうなので必死。

動かしつつ治すのって無理かしら?!




☆      ☆      ☆


ステーキ、 パスタアルフレードソース、ブロッコリーとカリフラワーのガーリック炒め

膝の上には猫


tabby01


どっしりと伸びているうちのお猫様。

名前はタビー。

猫の縞模様を英語でタビーというので。

三毛猫にミケと名付けるようなもんだ。

近所の人が拾って、飼えないからと我が家に連れて来られたのが去年の7月。

がりがりに痩せていたのが今やこんなにでっかくなってしまった。

多分メインクーンの入った雑種。ということはまだ大きくなるのか!?


遊びに来たタロウの友達もタビーを見てびっくりして

「タビーは、太ってるの?!毛がふくらんでるだけ?どっち!?」

ときいていたが。

・・・・うん。両方だと思う。


膝に乗られるとあったかいが重い。

抱っこされて持ち上げられるのは大嫌いだが膝の上は大好き。

おいでおいでをするとぴょんと飛び乗ってくる。ほとんど芸?


最近私はタビーのことを話そうとしては

「タロウくん・・・あっ、じゃなかった、ナナ・・・でなくてえーと、タビー!の、ご飯出して!」

などとやっている。

特にタロウと間違えちゃうのはやはり同じようなもんだと認識してるってコトかしら。





☆      ☆      ☆


冷凍ラザニア、キャベツのコンソメ味スープ

トシの差!?

義妹(注・私より年上)に国際電話。

船便でうちの子達の好きそうな雑誌やらお菓子を送って来てくれたので、

届きましたありがとう、というお礼のためである。


かいつまんで説明すると、

BJと私はイギリスのウェールズ州カーディフという町で知り合ったのだが

実はその前から義妹とその夫とは私が友達関係の繋がりで知り合いであった。

って、全然かいつまんでないがな。

むしろ混乱するっつの。


それはそれとして、とにかく、義妹と私とはBJを抜きにしても

共通の友人が多くてほとんど友達感覚なので有難いのである。


おかげで義妹の方が私より年上であるにも関わらず

もうタメ口ばんばん。

あちらもあちらで友達の話とかしてきて盛り上がってしまうし。

そういう友達の噂話ではBJは全く蚊帳の外。ごめんねえ。

ただし見た目で言うと義妹の方が私の10歳年下に見えるな。

なんであんなに美人で若いんだ~~~~!!

ていうか、美人だから何言われても大好き!←美人なら許す!


義妹の子供達は大体うちの子達と同い年。

もう中学生か~、驚いちゃうねえ、などと話していてふと


「だけどさ~、ちょっと前、の話のつもりで、

実は20年前のことだったりするから驚かない!?」


と言ったところ


「いや、それがさ~、東京ディズニーランドが25周年なんだって!

ちょっと、ついこないだの話じゃない!?ディズニーランド!」


・・・・いや。相当前ですからそれ。


義妹としてはディズニーランド開園が25周年と言われて相当ショックだったらしい。

私はイギリスに住んでたのがほぼ20年前といわれたのがショックだけどな。

ま、その人それぞれに、思い出す節目が違うって事やね。


義妹と義弟は2歳しか違わないのに、25年前の話をすると

結構違いがあって驚くらしい。

うちなんか7歳違うからなあ・・・。

BJが高校1年生の時にこっちゃ小学生だよコラ。

犯罪だろそれ。


今となってはどうでもいいことだが。








家電の修理

先日、BJに頼んで電子レンジのドア、皿洗い機の取れた部品、動かない製氷機の修理を依頼した。

私はこの手の電話をかけるのが未だに大嫌いなのでいつもBJに頼む。

いや、やって出来ない事は無いんだけどさ・・・でもBJに言ってもらった方が何かとスムーズにいくんだもの。

特に子供の病院関係な。あれはドクター同士でなんか融通でもしてんのか!?っていうくらい、

私がかけるのとは雲泥の差でちゃっちゃと事が進むのにいつも腹が立つ←感謝じゃなくて?


ともかく、家電の修理。

どれも同じブランドの製品で、もとからこの家に作りつけてあるものだが

どうやらSearsで買ったという記録があったのでSearsに頼む。

どうせ補償期間は過ぎているのでどこに頼んでも実費は払うんだけどね。


製氷機の修理が4日、電子レンジと皿洗い機の修理は11日となった。

・・・・なんで別々の日?いっぺんに来てくれれば楽なのに~~。

でもそういう話なんだからしょうがない。


修理の前日、自動音声のメッセージがかかってきて予約の確認。

「明日、技師が朝8時から午後5時までの間に伺う予定となっております」

て・・・・


・・・それ、わざわざ知らせるほどの「予定(スケジュール)」ですか!??


要するに一日中待機してろ、って事ですな。

専業主婦だし子供のお迎え時間以外は空いてるからいいけどさ。


4日の修理はそれでも8時半頃には「これから向かいます」と連絡があり、

冷凍庫の製氷機のスイッチが壊れているということで交換して約280ドル払って10時半頃には終了。


・・・・が。


思った通り、直っておらず。


くう~~~、なんか変だと思ったのよ、直したっつったって製氷機に水が入って来ないしさ!!


再びBJが電話。

今度は違うサービスマンが8日にこれまた「8時から17時の間に」来た。

水が出なくて氷が出来ない事を説明すると、「お湯もらっていいですか。」

・・・・お湯?何すんの?

と見ていると、冷蔵庫裏側のチューブを外して表からお湯を強制的に流し込み、

チューブの中の氷を溶かして水を通していく。


「これで大丈夫なはずです、チューブの中で水が凍ってたから、

製氷機まで注水出来なかっただけですね。」


って・・・・・


こないだ交換したスイッチはひょっとして関係無かったのかぁぁぁ!!???


でもとにかく直ったし、二度目の修理はチャージされなかったのでよしとする。

もしかしたらスイッチ自体もいかれてたのかも知れないしね・・・

・・・・そうじゃないかも知れないけどさ・・・・・・


しかし、普段飲み物に氷を使わない家なので、

製氷機がじゃんじゃん回っていなかったのが敗因だったらしい。

これからは氷をばんばん使ってチューブに水がたまらないようにしなきゃな。




そして今日、やっと電子レンジのドアと皿洗い機の修理が来た。

皿洗い機は部品交換をしてこれまた160ドルほど払って修理完了。


しかし。


電子レンジのドアの、壊れたスプリングの交換部品が無い。

来たおじさんがあちこち電話して探してくれたが同じ型番のものがなく、取り寄せということに。


「部品が来るのに10営業日かかるから、2週間後の金曜日だね~~。」


・・・・って、また待つのお!??


ああもう。

海外に住んでると忍耐力が鍛えられていくったら。

悟りがひらけそうだわ。






☆      ☆      ☆


自家製ハンバーガー、冷凍フレンチフライ、ブロッコリーとニンジンスティック

土曜日はインマーマン

90年代初頭にドイツ・デュッセルドルフ駐在員の間で
局地的にヒットした曲に、有志が画像をつけて復刻したというYoutube動画。
一番有名なのは「土曜日はインマーマン」という曲だそうだが、
これはちょっと長いし曲としてはいまいちなような・・・。
歌詞は笑えるのでコピペ。



  夢にまで見た ベンツのカンパニーカー
  オーバーカッセル背にして ライン河渡る
  助手席の妻 すっかり勘違い
  よそ行きの服をまとって ただの買出しに
  ベンツの扉が開き 湧き出るのは日本語だけ
  お辞儀をしなくちゃ だってみんな知ってる顔
  ここはどこの国 わからなくなる街
  すばらしい ここはインマーマンシュトラッセ

  日本の冬は 厚手の靴下
  その上につっかけ履いてた 地味なおばさんも
  ここではざぁます 言葉が板につき
  ただのガキもお坊ちゃまに変わる 魔力がある街
  旦那は旦那で ドイツを抜け出しては
  オランダあたりで ゴルフクラブ振り回して
  子供は日本人学校 育てばインターナショナル
  すばらしい ここはインマーマンシュトラッセ

  土曜日はインマーマン
  だってドイツ語やなのよ
  雨の日もインマーマン
  だって和食食べたい
  風の日もインマーマン
  だって買い物多いの
  土曜日はインマーマン シュトラッセがお決まり

   「あ~ら!奥様。すっかり日焼けなされて、どちらに行かれましたの?」
   「あらわかります?日本におりました頃から毎年行っていたものですから
    今年もハワイなんですのよ。イヤですわね~。習慣て・・・」
   「あら、よろしいじゃないですの。わたくしどもなど
    同じヨーロッパ内のギリシャですもの。リッチでうらやましいですわ。オホホ・・・」

  年に2回は 三越の前に
  長い行列作って バーゲンの初日
  争う姿 この時ばかりは
  持ち前の根性むき出し 肩ひじを張らず
   (以下サビの繰り返し)


インマーマンシュトラッセ(通り)は別名日本人通りというそうな。
こちらのサイトに詳しい説明アリ。

嗚呼素晴らしきインマーマン


なんでも、ドイツに転勤させられた日本人広告代理店のサラリーマン氏が
販促品として自分で作ったのだそうで。器用な人なのね~。
4曲Youtubeにあがっているがすべてその人ひとりがメインボーカル。
でも各曲まったく違うテイストにしてあって歌い方も違うので感心。
私が一番好きなのはこの曲↓





アメリカ駐在をおちょくった歌なんかも、調べたらあるのかしらん?



サンフランシスコ

今日から3泊4日でBJはサンフランシスコへビジネストリップ。

カリフォルニアというとL.A.や海岸のイメージが強いせいで

暖かいと勘違いしやすいがサンフランシスコはかなり北だし

寒流が流れているので結構寒い。

BJに「寒いと思うから上着用意してった方がいいよ。」と言ったら案の定

「えっ!?あったかいんじゃないの?」と言っていた。違うってば。


昨日はそのサンフランシスコで聖火リレーがあった。

私はCNNでリアルタイムで見ていたのだが、

なんともしまらない中継だったというかなんというか・・・。

TVクルーも走者達がどこへ行ったかわからず、

空から中継してあちこち探していたのだがしばらく行方不明だったし。

間を持たせるスタジオは大変だったようだ。

結局閉会式もキャンセルになったし、反対派の勝利というところかしら。

でも気の毒だったのは、友達や家族が走るからと応援に来ていた人達。

直前にコース変更が行われたので走者と連絡もつけられず、待ちぼうけ。

せめてそういう人達に個人的に連絡する事が許されても・・・

と思っても、どこから情報がもれるかわからないからそうするわけにもいかないか。


サンフランシスコ市警は警官全員をオン・デューティにして警戒にあたったそうだ。

バケーションだったはずの人達も呼び出されてお仕事だったとか。気の毒~。


しかし、ここまでモメるしおおごとになっているのに、

それでも聖火リレーを各国回る意味ってあるのかなあ?

もう一気に北京まで持ってっちゃって、そこで保管しときゃいいんじゃないの?


そもそもオリンピックの開催意義自体に疑問。





☆       ☆       ☆


BJがいないので完全お子様メニュー。

缶詰のトマトソースラビオリ、グリルドチキンとロメインレタスのサラダ

花壇の手入れ

先日寝違えた首と肩はまだ痛い・・・・

ずいぶんマシにはなってきたけど。

そしてもっと前から痛い右肘関節も相変わらず痛い。

多分腱鞘炎。特に何かしたわけじゃないのだが。老化現象か。


しかし今日は良い天気。

引っ越して来て以来ずーーーっと気になってはいたが

どう手をつけていいのか途方に暮れていたので放っておいた

裏庭の花壇部分の手入れにとりかかる。


多分最初に設置した時にはオシャレだったのであろう

樽に植えられたアイビーをがしがしと引っこ抜いていく。

だって樽からあふれてそこら中に伸びて、柵にもからんでるし

その外にまで伸びていて・・・・・


なんか歩き出しそうなんだもん。


アイビーにうらみは無いがもうちょっと慎ましくしててちょうだい。


もう気温がだいぶ高くなってきているので、ちょっと作業するともう汗だく。

ふわ~、こりゃきつい!


アイビーを抜いた後は花壇の中に積もった枯葉を掃除。

うあ~、腕が~、肘関節が痛ぇ~~~・・・・・!


でも枯葉を綺麗に取り除いたらやっと花壇らしくなった。

植わってる木もようやくどれがどれだかわかるようになったし

(どんだけ荒れてたんだ)。


それから雑草抜き。うう。腕いてぇ。


集めた枯葉と抜いたアイビーは家の前に出しておく。

契約している業者が随時回って来て片付けて持って行ってくれるのだ。

これは普通のゴミ収集とは別。芝刈りのゴミや枯葉だけの専門。


は~、良く働いたな~!!

やっと裏庭の花壇が花壇らしくなった。

よっしゃ、これから花の種まいて、マルチを入れて・・・

まだまだやる事いっぱいだ。


しかしどうも張り切りすぎたのか、夕方からやたら不整脈が。

別段命に関わるもんでは無いのはわかっているのだが、不快だわ。

心臓のしゃっくり、って感じ。


それにしても前の住人はほんとに庭は放ったらかしにしてたんだな~。

ちょっとやそっとの荒れようじゃないもの。

枯れた木もいっぱいあるし、今は元気が無くて花もつかないツツジなんかも沢山。

庭師のおじさんが肥料をまいてくれてるけど、それくらいじゃ追いつかない感じだ。

以前テレビで見た「ターシャの庭」みたいに、いつか出来るだろうか?

ターシャ・テューダーも「庭は長年の手入れで育てていくもの」と言ってたが、

気が長くなきゃ出来ないわねこんなもの。


今は日中25℃くらいになって時々暑いくらいだが、

週末はまた気温が下がって早朝は0℃くらいになる予報。

うーむ。霜が下りなくなったら種まこうと思って待ち構えてるんだけど、

なかなか気温が安定しないなあ・・・・。




☆      ☆      ☆


エビ・ホタテとズッキーニの中華風炒め、ブロッコリーと鶏肉のオイスターソース炒め、マーボー春雨、白菜・豆腐のかき玉スープ




ハッピーバースデー


icecream cake


4月8日は花祭り、そしてタロウの誕生日。

もう満9歳かあ~・・・・早いなあ・・・・・。

でも、ナナが9歳の頃にはすごくお姉さんだと思っていたのだが、

どうもタロウは下の子なせいでいつまでも小さいような気がしてしまう。

これだから下の子には甘くなっちゃうのね、親は。


誕生日プレゼントは既に買って渡してあるので、今日はケーキだけ。

ウォルマートのアイスクリームケーキを買ってみた。

最近こちらのバタークリームケーキにもかなり慣れては来たけど、

タロウはあまり好きじゃないのだ。

大体デコレーション一台買うと大きすぎて4人家族じゃ持て余すしね。

アイスクリームならかなりもつし、ちょこちょこ食べてるうちに無くなるでしょう。


BJは残念ながら仕事で遅くなり、夕食には間に合わず。

ナナとタロウと3人でお祝い。

Happy Birthday, Taro!




☆       ☆       ☆


BBQスペアリブ、マッシュドポテト、パスタサラダ、シーザーサラダ






お化粧

前から何度も書いている事だが、

こちらでビールやワインを買おうとするとIDの提示を求められる私。

と言ってもいくらなんでも21歳以下に見えるわけは無い。

店によって違うようだが、大体30歳前後に見えたらID確認、としているらしい。

その度にいちいち免許証を出して見せねばならず、面倒臭いったら。


若く見られて嬉しいわ~、なんて思っていたのははじめのうち。

もう最近は実年齢を言って驚かれるのが恥ずかしいっ!!

おしゃべりなキャッシャーのおばちゃんなんかだとでっかい声で

「まあ!その年齢には見えないわね!」

とか言うし。

やめてくれ~~~・・・・。

他の店員にまで

「ちょっと!彼女、いくつに見える!?」

とか訊くなぁぁぁっ!


しかし、ID確認を求められるのは大抵スッピンの時だと言う事に最近気付いた。

きちんと化粧していくと、ID無しでもOKな確率があがる。


「じゃあさ~、スッピンの方が若く見えるって事だよね?

化粧すると老けるわけだから、しない方がいいって事かなあ?」


と、BJにきくと不思議そうな顔で


「・・・・え?何、若く見せるためにお化粧してんの?」


と聞き返す。


「そりゃそうよ~、若くきれいに見せたいからお化粧するんじゃない。

なんだと思ってたの?」


「・・・・大人っぽく見せるためかと思ってた。」









40代のおばはんが「大人っぽく」見せたら一体いくつに見えると!!??







もう脱力な私。

一体私のこといつまでそんなに若いと思ってくれてるんだろううちのダンナ様は。

7歳違うからよっぽど若いと思ってんだないまだに。

いや、ほんと、ありがたいんだけど。


いくつになったら「大人」になれるのかしらわたし。








オリンピック聖火リレー

うおお~~、首が、肩が痛いぃぃ~~~!!!


どうやら寝違えたらしい。

左肩と首すじが痛くて首が回せない。

こういう時本当に有難いのが車のリアビューカメラ。

おかげで後ろを振り向かなくても車をバックさせられる。


なんで寝違えたかな~。

夜中に猫が勝手にドアを開けて入って来て、

私達のベッドに飛び乗ってなんかごろごろいってたのだが。

それで猫をよけて変な姿勢で寝てたからか?

BJは仰向けに寝ている胸の上にがっちり猫に乗られ、

「ふみふみ」されまくっていたが熟睡していた(ように見えた)。

後で聞いたらやはり目が覚めてしまったらしい。そりゃそうか。


私達の寝室は猫立ち入り禁止だったはずなのだが、

もうなしくずしにどーでも良くなってきている今日この頃・・・・。

あ~それにしても首が回らないわ。トシを感じるなあ。




ところで聖火リレー。何やらすごい事になってきたのね。

パリでは混乱を回避するためリレーは途中で打ち切られたとか。

しかし中国の北京五輪組織委員会の聖火リレーセンターの報道官は

パリで、聖火リレー終了後、

「リレーは一部変更があったが無事に終わった」との声明を読み上げたそうな。

・・・・うーん。さすが情報操作のお国柄。


次の聖火リレーはいよいよ米国サンフランシスコ。

米国内ではここだけでリレーが行われる。

サンフランシスコには大きなチャイナタウンがあり、

そこの商業組合が誘致したらしい。


もちろんサンフランシスコでも人権団体が抗議活動を繰り広げている。

市長に直訴しに行く映像などがニュースで流れているが、

市は「スポーツの祭典と政治を一緒に論じるべきではない」といっている。

どうなのかな~。一見もっともらしい意見ではあるけれど。


抗議活動に参加を呼びかけるHPも出来ている。ニュース動画も有。

これを見ているとアメリカでもかなり荒れそうな予感がしてくるがどうだろうか。


Protest China's Olympic Torch Relay


聖火リレーは日本にも行くそうだが、さて日本ではどうなるのかな・・・。






☆      ☆      ☆


冷凍カレーコロッケ、カニカマのマヨ和えサラダ、わかめと豆腐のおみおつけ、肉野菜炒めの残り

ジャージ探して三千里

ブレーブスのユニフォーム(ジャージー)を買ってやると約束したもので、

早速タロウが買い物に行こうと言う。

しかしこの辺ではアラバマ大学やオーバーン大学の

カレッジスポーツ関係の商品は良く見かけるが、

それ以外のプロスポーツ関係ってあまり売ってないのよね・・・。


とりあえずモールに行ってみたところ、かろうじてキッズサイズの

ブレーブスのジャージを一種類だけ見つけた。

背番号10、Chipper Jonesと書いてある。

どうやら今はこのJonesが一番のスター打者らしい。


しかしこのジャージはアウェイ用の紺色。

タロウが欲しいのはホーム用なので、他を探しに行く。

モール内を見て、次は少し離れた所のスポーツ用品店へ。


車であちこち移動して数軒見たのだが結局思うようなのは見つからず。

は~疲れた。なんかすごい歩いたわ。

移動は車だけど、ひとつひとつの店内がやたら広いので

結構知らないうちに歩かされてるらしい。


タロウはがっかりしていたが、無い物はしょうがない。

ネットで注文すればいいでしょうと言い聞かせて今度は私の買い物へ。

雛人形の出し入れがあまりに大変なので、持ち運びしやすいコンテナを買うのだ。


サイズを測って行ったのだが思ったよりも雛人形の箱が大きい事に改めて驚く。

運ぶの大変なわけだわこりゃ・・・・。

取っ手つきのラバーメイドの収納ケースを買う。


帰宅してようやく雛人形の片付け。もう4月だって・・・・。

ついでなので今度はタロウの鎧兜を出す。こちらは小さいので簡単。


あ~やれやれ、なんか良く働いた!





☆       ☆       ☆


トンカツ、中華風春雨サラダ、青梗菜のクリーム煮

アトランタブレーブス


Turner Field



シーズンチケットパッケージを購入したので、

今日はアトランタブレーブスVSニューヨークメッツ戦を見に

アトランタのターナーフィールドへ。


去年、甥が来た時にチケットをネットで注文したのだが、

そのおかげで今年はシーズン開始前にチケットセールスのDMが来た。

4試合分が1セットで、「土曜日だけ4回」とか「花火のあがる試合4回」、

「ホリデーだけ4回」などと色々なパックになっている。

我が家はアトランタまで片道1時間半かかるので平日観戦は無理。

というわけで「土曜日だけ4回」のパッケージを購入した。

今日と、あとは5月一回、8月一回、9月一回の予定である。

日本にもこういうチケットの売り方ってあるのだろうか?

うまいやり方だなと思ったのだが。

まとめて買えば割引になるし、シーズン中4回くらいなら行けるだろうと思うし、

その都度買うのは面倒臭いと思っても、4回分が郵便で一度に送られてくれば

さほど熱心なファンでなくても買う気になるというもの。

球場にお客さんをよぶべく、ちゃんと大リーグだって企業努力してるって事だ。


試合開始は午後4時だが、アトランタは東部時間。

私達の住むアラバマは中部時間なので一時間、時差がある。

えーと、だから、車で1時間半かかるわけで、時計が一時間ずれて、

という事は一体何時に家を出ればいいんだ~~~!??

と、毎回混乱。


ともあれターナーフィールド(球場)到着。

イベント用駐車場は、離れた場所が10ドル、球場のオフィシャル駐車場は12ドル。

どこも警察が道路を封鎖しているので、球場まで歩きやすい。

いつも感心するがアメリカって本当にイベント時の車の誘導がうまいなあ。


球場入り口で簡単な手荷物検査を受け、テラス席へ。

今回は3塁側だが見やすい場所だし、雨模様だったが屋根の下だったので良かった。


試合開始前に、マスコットガール達が圧縮空気で発射する

バズーカみたいのを持ってフィールド内を歩き回り、

客席にTシャツの入ったカプセルを打ち上げる。

初めて見た時は「さすが南部、Tシャツ投げるのまで銃か!」と思ったが、

後で調べてみたらどうやらこの銃 T-shirt gun という商品で

あちこちの球場で使われているようだ。

野球以外でも使ってるのだろうか?


試合は両チームとも得点が多くて変化が多く、面白かった。

アトランタは2死満塁からホームラン!なんて劇的シーンもあったし盛り上がった!

結果は11-5でアトランタの勝利。


タロウは見ているうちに

「野球、やりたくなってきちゃったなあ~。」

と言い出した。よしよし、洗脳作戦は順調ね。


ナナは野球など興味が無いかと思いきや、ちゃんと応援していたし

真剣に見ていたので意外。ルールも割りとわかっているようだ。


コスプレ大好きなタロウが早速

「ブレーブスのユニフォームが欲しい。」

と言い出した。

帰りに露店で値段をきいたら60ドル!ぎゃ~!

も、もうちょっと安いの探そう・・・・・





☆      ☆      ☆


焼肉、ヤキソバ




プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR