壊れゆく家電

かなり前から、冷凍庫の自動製氷機が壊れていた。

でも冬になったし、もともとそれほど氷を消費する家ではないから

不自由を感じなかったので放置。


次に電子レンジのドアのヒンジが壊れた。

でも、支えがなくてドカーン!と一気に全開になるだけなので、

手で支えつつゆっくり開ければ機能としては壊れていないから

これまた放置。

ま、そのうち修理頼まなきゃな、くらいに思って使っていたのだが・・・


・・・・・今度は皿洗い機の部品が取れた。


これは困る!

皿洗い機が使えないのは困る!!


部品が取れたのが土曜日朝だったので、

修理を頼もうにも週明けまではお手上げ。


しかし、土・日と食器を手洗いしていてふと思った。


・・・・ひょっとして、機械が無い方が台所が片付いてる!?


皿洗い機に入れようとすると、ある程度汚れた食器が無いと勿体ないので、

どうしても使った食器が水につかったままになっていたり、

なんとなくすっきり片付いていない状態の時間が長いのだ。

しかし機械が使えないとなると、こまめに洗っては片付けるので

なんだか台所全体がすっきりして見える。


・・・・あら。

じゃあ、機械が無いほうが良いのかしら。


いや、これは気付かなかった事にしよう。

特に、BJには黙っておこう。







スポンサーサイト

大リーグレギュラーシーズン開幕

首都ワシントンD.C.にてワシントンナショナルズとアトランタブレーブスの開幕戦。

今年はアトランタブレーブスを応援する、と決めているのでちゃんと最初からTVで観戦。

アトランタ・ターナーフィールドのチケットも既に買ってあるし、

見に行くからには試合を見て選手を覚えておかないとつまらないからね。


こういう点、BJはあまり興味が無いらしいのだが私は割りと真剣に見るタイプ。

結婚前は彼は日本のプロ野球もまるで興味が無かったらしい。

私は両親が運動好きで、スポーツ観戦も色々と好きなので

知らないうちに家で色々見させられてルールなども覚えてきたから

女子にしては割とスポーツ観戦に興味のある方なのかも知れない。

そういえばスーパーボウルも私は真剣に見て盛り上がってキャーキャー言うので

子供達に「ママ、うるさい。」と怒られるくらい。

アメリカでは一般的に男性がスポーツ観戦大好きで、

女性がそれに対して文句を言う、というのが定石なのだが我が家では逆なようだ。


今年は新聞のスポーツ欄に出ていた

「アトランタ・ブレーブス、シーズン全ての放映予定表」も

切り取って冷蔵庫に張り出し、全部見る気まんまんの私。

しかしこれを見ていると、連戦につぐ連戦でほとんど休みが無い事に驚く。

「移動日で試合なし」なんて日、ほとんど無いのだ。

おまけに後半になるとダブルヘッダーなんかもやるし・・・体力が違うのかやはり!?


タロウはアメフトに興味があるのだが、私としては

アメフトはあまりにも危険なのでやらせたくない。

観戦して応援する分には構わないが、プレイするのはねえ・・・。

と、思うので、多少興味があるらしい野球にもっとシフトして欲しいと思い、

今年はブレーブスの試合をひたすら見させる洗脳作戦に出ているわけ。

試合を見てルールを理解していけば、面白くなってくるだろうと思うし。

「アイシールド21」なんかどうでもいいから、かつての

「巨人の星」や「サムライジャイアンツ」みたいなマンガをまたやってくれないかな~!?

子供達に何かを流行らせようとしたら、面白いマンガを連載するのが一番早いでしょう。

「キャプテン翼」なんてフランスのジダンにまで影響を及ぼしたらしいし。


ともあれ、開幕。

始球式はワシントンD.C.らしくブッシュ大統領であった。

それ自体にはさほど驚かなかったが、その後TV解説の席に出て来て

あれこれカジュアルに喋っていたのには驚いた~~~。

日本で首相がそんな事するなんて、考えられないんじゃないかな?

始球式まではやるだろうけど。


試合は初回にナショナルズが2点を取り、その後ブレーブスがソロホームランで1点。

ずっとこう着状態だったのが9回表でブレーブス1点追加。

2対2で9回の裏・・・・で、なんと2アウトからナショナルズがサヨナラホームラン!!

うぎゃ~~~!!!


でも、応援しながら見るとやはり面白い。

明日からは対ピッツバーグで4連戦だ。

見るもん多くて忙しいなあ。





☆      ☆     ☆


豚肉生姜焼き、肉じゃが、中華風春雨サラダ、モヤシ炒め


バースデイプレゼント

ちょっと早いが、タロウのバースデイプレゼントを買いにバーミンガムのトイザラスへ。

ウチの近所にはウォルマートやターゲットはあるが、トイザラスは無いのである。

来週末はアトランタに野球を見に行く予定なので、早めに買いに行ってしまうことにした。

BJは当直なのでお留守番。


バーミンガムまでは片道120キロ、約1時間の道のり。

大分走りなれてきて、クルーズコントロールも快適で

ぼーっと走っていると・・・


・・・・眠くなる!!


これはヤバイ。危ない。

子供達は後部座席でそれぞれゲームしたりipodを聞いたりして静かなのはいいが、

話し相手がいないというのは眠くなるな~~~。


順調に到着し、早速トイザラスでタロウの欲しい物を見る。

入り口正面に「Speed Racer」の映画化タイアップ商品の大きなコーナーが出来ていて驚く。

これって、大昔の日本のアニメ「マッハGo!Go!Go!」の実写映画化なんだってね。

それほどネタに困ってるのか、ハリウッド。


タロウはSpeed Racerに興味があるそうで、ミニカーを一つ選んでいた。3ドルならまあいいか。


次にi-pod用のスピーカー。ACアダプタでも電池でも使えるタイプなので、

外に持って行きたいタロウにはぴったりだろう。70ドル也。


相変わらずハマっているStar Warsの小さなフィギュア(アナキン・スカイウォーカー)もひとつ購入。

7ドル也。


それからPSPやDS用ソフトを探す。

これらは日本のソフトでも米国のソフトでも遊べるのだ。

日本から持参したPS2では、米国のソフトは遊べないんだけどね。


新作のカーレースものと、ちょっと「どうぶつの森」みたいなゲームソフトと、

TV番組のソフトを買う。しめて100ドル也。


大体予算内だったのでよしとする。

でも、昔に比べたら「あれも、これも」って欲しがらなくなったな~。

この前出かけた旅行先でも、何かおみやげに買っていくかと聞いたら

あれこれ見て回って結局「いらない。」と言ったのにはたまげたし。

確かにおみやげ物屋の商品はちゃちくて安っぽいが、

それをちゃんとわかって

「もっとちゃんとしたの(ロケットや飛行機や汽車のオモチャ)がいいから、

ここでは買わなくていい。」

と言ったのだ。成長したもんだ。


ナナもひとつDS用ソフトを買っていたが、これはタロウと通信して遊べるのだそう。

良かったね。


ちょうど昼時だったのでApple Beesへ行って昼食。

久しぶりに行ったらメニューがずいぶん増えていて驚いた。

Weight Watcher用(ダイエット用)メニューなんてコーナーもあって、

カロリーと脂肪の表示がされていたし。へえ。色々企業努力してるのねえ。


ナナはチキンパルミジャーノ、私はフィエスタ・ライム・チキン、タロウはコーンドッグにフレンチフライ。

どれも結構美味しくて当たりだった。

ただ、私のはちょっとしょっぱすぎたような気がするけど・・・・

私が塩気に弱いだけかしら。いつも外食するとしょっぱすぎる感じがするからなあ。

世の中の人はあれくらいの塩味でちょうどいいのかも知れない。


レストランを出て日本食品店へ。

月に一度くらいしかここまでは来れないのでまとめ買い。

近所に韓国人の店はあるのだけど、やはり品揃えがね~。


タロウはいつものしょうゆ味草加せんべい、ナナもいつものカール・チーズ味を買う。

滅多に来ないので日本の食玩も買っていいよと選ばせる。

ナナは「ケロロ軍曹」シリーズの食玩を選んだが、大好きなクルルとサブローの

マスコットが出て来て大喜び。この人、ほんと、引きが強いのよねえ~。

本人がいつも「私は運がいいの。」と言ってるけど見てると確かになあと思う。

それとも、そういう強気な姿勢が引きの強さも呼び寄せるのか?


午後2時半ごろ、帰路につく。

お腹もいっぱいだし道路は空いてて快適だしで、眠くて眠くてまいった~。


帰宅して私は昼寝。もうダメ。


寝ているうちに雷鳴がしてやがて嵐に。

天気が崩れる前に帰って来られて良かった。




☆       ☆      ☆


鶏肉と白菜の鍋


手巻き寿司

今日は、近所のグローサリーで「サシミグレード」のツナが手に入ったので手巻き寿司。

この頃こんな田舎にも和食は普及してきたようで、今までほんの数種類しか置いてなかった和食関係の調味料なども随分品揃えが良くなってきた。

醤油は前からどこにでもあったが、みりんや日本のパン粉(アメリカのはもっと細かくて既にトーストされている)まで置くようになったので驚く。

売れるのかなあ。買ってあげないといけないかなあ。


カニカマもあったので買う。これはなぜか「アラスカ、スノークラブ風スリミ」と書いてある。

すり身・・・・意味通じてるんだろうか。


でもそういえばアメリカでは、料理関係の単語に日本語をそのまま使っているのが多い。

「パン粉」はそのまま「Panko」だし、「うまみ」も「Umami」と雑誌に書いてあった。

でも「ゆま~みぃ」とか読まれそうだけど・・・。


謎なのは白菜を「ナッパ(Nappa)」とか「ナパキャベッジ(菜っ葉きゃべつ!?)」と呼ぶこと。

日本語の菜っ葉から来てるんだろうか・・・・うーむ・・・でもそうとしか思えないんだけど・・・・!??


久しぶりのまぐろの刺身はなかなか美味しかった。

冷凍庫で2時間弱半冷凍にしてから切ったので上手に切れたし。

酢飯はあまり好きじゃないというBJもタロウも珍しくすごく沢山食べてくれた。

買い置きの納豆も出して来て納豆巻きも出来るようにしたが、ナナはそのまま納豆だけ食べていた。

アボカドが買ってきたばかりで熟れてなかったのだけがちょっと失敗。でも電子レンジで加熱して柔らかくしたから、食べる分には違和感なかったのだけどね。でも惜しかった。


明日はバーミンガムへ買い物に行く予定。雨降らないといいなあ。


大リーグ開幕戦とな

午後、ケーブルTVで東京で開催されたアメリカメジャーリーグの開幕戦をやっていた。
日本のプロ野球は人気が落ちててジリ貧な感じだけど、
メジャーリーグならお客さんが入るの?不思議。

しかし、こんな事やってればそりゃ騙されるのも無理無いよね・・・と、
先日TVでやっていた野球選手達のジョークを思い出した。

フィラデルフィアの投手カイル・ケンドリックを、
チームメイト、チームのマネージャー、カイル自身のエージェントだけでなく
取材陣まで協力して(共謀して?)騙したという話。

「読売ジャイアンツのコバヤシという選手とトレードすることになった。
とてもいい話だしビッグマネーだから、ステップアップと思ってがんばってくれ」

と、突然チームマネジャーから告げられ、驚いて絶句するケンドリック。

取材陣がマイクを向け、お気持ちはと尋ねると

「・・・あ~・・よくわかんないけど、日本になんかおいしいもんあるのかな?」

と答えるケンドリック。

そこへチームメイトで仕掛け人の投手ブレット・マイヤーが

「You are punked!(ひっかかったな!)」

と種明かしして大笑い・・・・というわけ。
しかしその後マイヤーの説明にまた笑ってしまった。

「オマエがトレードされる相手のコバヤシってのは、あれだよ、
ホットドッグ早食いのヤツの名前だよ!」

そこまでおさえてたとは、やるなあ~。

その後別の番組で

「メジャーリーグと日本のプロ野球とじゃ、トレードは成立しないって、
知らなかったの?」

と聞かれて全く知らなかったと答えたケンドリック。

そりゃそうだ、これだけ日本の選手がメジャーに来ているし、
アメリカから日本に行く選手も昔から沢山いたしで
トレードもありなのかな、と思うわなそりゃ。
あ~しかし面白かった。


婦唱夫随?

どーも、そこはかとなくむかつくこと。

最近BJがブログを始めたのだが、そこでやたらに
「配偶者がこれこれこう言うので(従った)」
という記述が出てくる。

何それ。

まるで私がえばっててなんでも指図してるみたいじゃないの。

(こら、そこの実家の皆さん!そりゃそうだ、とか言わない!)

嫁、そんなにえばってますか。
ところでえばるって方言か。

なんか納得いかないわ~~~~~
夫唱婦随を地で行ってるはずなんだがなあ。





☆    ☆    ☆

家にあるもんで作りたいように作ったら何やらわけのわからん献立に。
無国籍大皿料理の居酒屋メニューみたいになっちまっただ。

ほうれん草のナムル、ひじきの煮物、ポテトサラダ、野菜スープ
おにぎり、オクラのおひたし、肉団子甘酢あんかけ、残り物の豚肉べっこう煮

ファストフードの注文

先日のハンツビルからの帰り道、ファストフードの店で昼食を食べた。
ファストフードでは何故か大抵私が代表して注文する。
BJの声は通りにくいので何度も聞き返されて面倒だし、
私の方が子連れで良くマックなどに行くから注文にも慣れているせいだ。

今回は初めてのシーフードの店で、メニューが良くわからない。
一応ざっと決めて、私が注文。
黒人のおばちゃんがレジで注文を受けてくれたのだが、すさまじく訛っている。
飲み物はどうするとかあれこれチョイスをきかれ、
私が家族に尋ねてまたおばちゃんに返事をする。
復唱してもらって確認するも良くわからないくらいの南部米語。

いや~、久しぶりにすごいの聞いたわ。
と、思っていたら子供達も

「・・・・何言ってんのか全然わかんなかった!ママ、がんばったねえ!」

あはははは、ネイティブのあなた達でもわかりませんでしたか。
そうよ~、ママがんばったでしょ~~。

「うん、ぼくね、違うLanguage喋ってるのかと思っちゃったよ!」

とタロウ。そこまですごかったか。うん。確かに。

かろうじて私に話す時はそれでもわかる言葉だったが、
マイクを通して厨房に注文を通す時は本当に「違うLanguage」かと思うほど。

ちなみに私がちゃんと注文出来て話が通じていたわけは、
あちらの言う事を「カン」で理解していたからである。
マトモに文章として聞こうなんて無理だから、大体のシチュエーションで
「こんな事聞いてんだろうな」
という「あたり」をつけて返事していたというのが本当のところ。

やっぱりファストフードの注文は難しい~。


☆    ☆    ☆

オクラのおひたし、玉子焼き、豚肉と大根のべっこう煮、ブロッコリー

洗濯、片付け

明日から学校が始まり平常に戻るので、洗濯やら旅行の片付けやら。

子供達は自分の部屋でゲームしたり、お隣のアーリア達のところへ遊びに行ったり。
手間がかからなくて楽になったけど、ちょっと淋しかったりして。
家族皆で出かけるのも、きっとあと少しの事なんだろうな。

外で遊んで帰って来たタロウの背中に赤いブツブツが。
痒いというので抗ヒスタミン軟膏を塗ってやる。
虫刺されでは無いような・・・・。また花粉症の発疹かな?
今年はまだそれほど花粉は飛んでいないと思うのだけど。
去年は花粉の量がものすごくて、タロウはお腹も背中も発疹が出て大変だったものね。
薬はちゃんと毎日飲ませてるのだが、外で遊ぶとどうしても反応が出るみたいだ。
かと言って暖かくなってきたのに外で遊ぶなとは言えないし・・・・厄介だなあ。


☆    ☆    ☆

白菜と鶏肉炒め、ワカメのおみおつけ、マーボー春雨、おにぎり

ハンツビル 2日目

今日も快晴。
マックで朝ごはん。しかし外食が続くとほんと揚げ物責めになるな~。
太るわけだよ。

再びハンツビルのダウンタウンへ向かい、ディーポ(駅)を見学。
ここの線路はまだちゃんと使用されていて、ガイドツアーの間にも貨物列車が通過したりしていた。
ガイドのおじさんは大阪に7年も住んでいたとかで、いきなり日本語で
「ニホンジン、デスカ?」
ときかれてたまげる。

ハンツビルの町の歴史や鉄道の歴史を紹介したビデオを見たり、
建物内の展示をガイドつきで見せてもらって思ったよりも面白かった。
ジオラマがあったのだが、それを見て感激したタロウが

「なんか、また、鉄道、好きになってきちゃったなあ~。」

と言うので笑う。そう、彼は3~4歳の頃ものすごい鉄ちゃんだったのだ。
日本に帰ってからは戦隊モノやアニメ、ゲームにハマってたけどやはり根本的に鉄好きなんだな。

私が笑ったのは古い旅行用トランクの説明。
上面が平らな行李は男性用、上面(フタ)が丸くもちあがってカーブしているのは女性用だという。
なぜなら、男性は荷造りしたら目的地に着くまで中身など必要ないから
平らなフタで上にどんどん積み上げられて構わないが
女性は出発したとたんに「あっ、あれ取ってこなきゃ」だの
「あれを出して来たいわ」となってすぐに開けることになるから、
一番上に積んでもらえるようフタがカーブしているのだそうだ。

・・・わははははは、わかるそれ。私もいつもそうだもん。

ディーポを後にし、帰る通り道にありそうだからとサファリパークへ寄っていくことに。
サファリと言っても草食動物(シカとか牛とか)が放し飼いになっている中を
自分の車でゆっくり見て回るだけの小さい施設である。
タロウは嗅覚が敏感でいつも動物園は臭くてイヤだというので、
自分の車で一切歩かなくて良くて窓を閉めておけば臭いもしない、という
このサファリには大喜びだった。テレビ見てるのと変わりないじゃんそれじゃ。

留守番の猫がかわいそうなので早めに帰宅。
短かったわりに良く遊んだ感じ。面白かった。お疲れ様。




☆    ☆    ☆

子供達だけステーキ、自家製コーンポタージュ、ディナーロール、サラダ
大人は遅い昼食だったのでお腹がすかず夕食抜き。
子供ってほんとすぐお腹がすくのねえ。

ハンツビル 1日目

子供達の春休みに、何もイベントがないのも寂しいので
アラバマ州ハンツビルへお出かけ。
我が家からは2時間ほどのドライブ。
ここにはNASAの現役研究所がある。
研究・準備はハンツビル、発射するのはフロリダ州ケープカナベラル、
通信基地はテキサス州ヒューストンにあるわけだ。

なぜハンツビルなんて辺鄙な場所(お住まいの方ごめんなさい、悪気は無いんです)に
あるのかと不思議だったのだが今回ガイドツアーで説明してもらってやっとわかった。
第二次大戦中、ヒットラーのもとで研究をしていた第一線の科学者達は
厳しい管理下におかれ、絶対に逃げられないように囲い込まれていた。
そして彼らは冷静に情勢を判断したところ、この技術や知識が外にもれては困る、
と考えるヒットラーにより、ドイツが敗戦した場合は処刑されるであろうと予測がついた。
そこで、アメリカ軍の駐屯地へ亡命することを考え、実行に移した。
アメリカ側はドイツの頭脳を受け入れ、家族も呼び寄せた。
しばしテキサスに保護されたが、その後彼ら研究者達は
ロケット研究の地として広い場所が確保できるハンツビルに研究所を構えた、
というのが始まりなのだそうだ。

・・・はあ~~。ドイツ人だったのか。知らなかった~~。

以前バーミンガムに住んでいた頃、ここに来た事がある。
その時、研究所部分まで見学ツアーがあった事を覚えていたので
チケット売り場で尋ねたところ

「もうやっていないんです、9・11事件の後は。」

・・・そうか。こんなところまで、影響してるのか。
あの研究所ツアーが面白かったんだけどなあ。残念。

その代わり、前には無かった新しい博物館が出来ていたので見学する。
ケープカナベラルの博物館にも行った事があるので、それに比べるとちょっと小規模かな。
面白かったのは「でんじろう先生の化学実験」みたいなのを実演していたブース。
アルカセルツァーと水でロケットのように噴射する実演をしたり、
家庭でも用意出来る道具で色々やってくれて感心した。
でもこういうのを見ても、男子は「どうしてそうなるんだろう」と不思議に思うが、
女子は「へえ~、そうやると、こうなるわけね。」と事象だけ見て納得しちゃうんだよねえ。
つくづく性差を感じるわ。

今回NASA見学で一番笑ったのが、I-MAXシアターの映画。
「Man Walking on the Moon」というのを見たのだが、
監督・脚本・ナレーションがトム・ハンクス。
例の「アポロ13」という映画つながりなのかしら?
しかしあれは、ドキュメンタリーの方が数倍面白かったぞ。まあそれは置いといて。

色々な月面着陸だのロケットだのの映像・解説のなかでなぜか
「(Moonを)日本では、Tsuki、と、いいます!」
というナレーションが。

Tsuki、が「スゥーキィ」という発音に聞こえてしまい、まず
「好き?・・・・あっ、月、か!」
と理解するのに数秒。

そして目の前のI-Maxスクリーンには巨大な漢字の









万。









・・・・えっ?










誰か、漢字の読める日本人でも中国人でもそこら辺にいなかったのかぁぁぁ!!???





ナナは漢字を読めるし書けるし、タロウはマンガのおかげで大抵の漢字が読めるので
我が家の4人だけがI-Maxシアターの中で失笑。
いや、参った。驚いたわ。アメリカでもこれかい。満月の満ですらないし。
何がどうなってこの字になっちゃったんだぁぁ~~!??
盛大なVOWでしょうこれ。
誰か言ってあげてください・・・私じゃどこに言えばいいのかわかんない~~。

インパクトありすぎの「万」によろよろしながらNASAを後にする。
まだ早い時間なのでハンツビルダウンタウンの「明治村」みたいなところへ移動。

ダウンタウンにあるコンスティテューションビレッジへ行き、
ガイドツアーで復元された1800年代の建物を案内してもらう。
小さいビレッジなのでさほど時間はかからないだろうと思いきや、
丁寧に解説してくれたので結局2時間ほどもかかってしまった。
あ~、歩き疲れた。
でも子供達も良く文句言わず歩いたな~。大きくなったものだ。

午後4時半、ホテルにチェックイン。
そのまま倒れたらもう全員寝てしまいそうだったので
早めの夕食を食べに近くのモールへ。
5時半にレストランに入ったらさすがに待たずに入れたが、
私達が出る頃には入り口に人が待って並んでいた。
やはり早めにしておいて良かった。
イタリアンだったが思ったより洒落た料理が出て来て、味も良かった。

タロウはキッズメニューのチキンフィンガーを平らげ、
ピザも注文していたがさすがに入らなかったのでお持ち帰り。
しかしホテルに戻ってからまた食べていたので驚く。
良く食べるようになったなあ。食が細くて心配していたのが嘘みたい。

ホテルでフィギュアスケートの放映を見ていたら、浅田真央選手が出ていた。
インタビューにちゃんと英語で答えていたので感心。
他の国の選手も皆流暢な英語で、もう英語って世界語なのだなとつくづく思う。
まあ確かに、簡単な言語だからね。

あ~しかし一日中歩き通しで疲れた!もう足がぱんぱん。
早々に就寝。

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR