歌の練習

fc2blog_20180626122555de1.jpg

ドラマ「アンナチュラル」が面白かったので、
テーマソング「Lemon(米津玄師)」を
こちらのiTuneストアで購入。

なんか覚えにくいメロディラインだったし
歌詞もわかりにくかったので、ネット検索。
自分で打ち直してプリントアウト、それを見ながら
歌を練習しつつ注意点をメモ書き。
なにこの本気。

いや、なんか、合唱のピアノ伴奏とジャズピアノ10年もやってきたら
曲を分解してセクションごとに理解して覚える癖がついたみたいで。
「ここはメロディ繰り返し、
ここからサビでその後ブリッジ」
とか、曲のブレイク部分もついカウントして
「ここは1小節ブレイク、こっちは変化して6/4か・・・」
とか、
「4拍待つけど最後の1音は半音上がるからわかりやすいな」
とか、そんな風に聞いてしまう。
メロディを覚えるのは合唱の手法、
ブレイクとか小節をカウントするのはジャズの手法って感じ?

楽譜見るのが一番手っ取り早いんだけどねー。
それは無料版が無いからとりあえず耳コピ。

しつこく繰り返し聞いて練習したので大分歌えるようになった。
よっしゃ。
次のカラオケで(いつ!??)これ歌うぞ〜〜〜。
スポンサーサイト

すあま色々

前記事に色々興味深いコメントを頂き、知らない事が多かったし
私自身も確認したくなったので改めて「すあま」について。

Wikipediaにある記事が、私が知っている「すあま」である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%81%82%E3%81%BE
このページの写真が、私の思う「すあま」と「鶴の子」。

自由が丘亀屋万年堂のサイトにも、鶴の子餅の商品ページがあり「すあま」と書いてある。
https://www.navona.co.jp/lineup/?id=1500531138-683323&p=1&ca=5

鶴の子はほんのり甘い柔らかいお餅で、あんことか余計なものが入ってなくて私は好き。
でもいわゆるすあまはカマボコみたいな形状で、もっとういろうっぽいかな。

そして前記事のコメントで初めて知った、九州銘菓の鶴乃子は
マシュマロに黄身餡と言うので本当にびっくり!
こちらは商品名なのですね。
銘菓 鶴乃子

鶴乃子は商品名で、鶴の子餅は一般名称だけど、音だけで聞くと字の違いなんてわからないし
これは混乱しそう〜〜〜〜。

いや、日本も広いわあ。
まだまだ知らない事がいっぱいで楽しい!

かんぴょう巻き

50年以上生きて来て、
イギリスとアメリカに住んだおかげで
日本各地からいらした奥様方と知り合いになり、
私自身は東京から出たこともなかったが
九州の醤油は関東と違って甘いとか(各地で醤油の味が違うとか)
関西にはおにぎりせんべいというのがあるとか
関東の歌舞伎揚は関西では通じないとか(ぼんち揚げ?というのが近い?)
というのは知って来たのだけど・・・・

今回、新たにたまげた事。

関西には「かんぴょう巻き」が無い!??

細巻き寿司の、かんぴょうだけ巻いたあの海苔巻き。
あれ、関西には無いんですって!!

うわー驚いた。
おいなりさんが、関東では長四角のあぶらげ(油揚げ)を
半分に切って作るから俵形で、
関西では真四角のお揚げさんを斜め半分に切って作るので
三角形だ、とかまではもう知ってたんだけど・・・・

かんぴょうの細い海苔巻きが〜〜〜!??
無いの〜〜〜????
うそ〜〜〜!!!??(あえて昭和風に)

え、じゃあかっぱ巻きは?
あれは全国区なの?

そういえば「すあま」も、関西には無いとか・・・。
「すあま」にも関東でも2種類あって、
「鶴乃子」って呼ぶタイプと「すあま」の2つがあって
私は「鶴乃子」が好きなんだけどそれも全国区じゃないのかしら!?

何に見える?

我が家の帽子掛けにごちゃごちゃ掛かっている野球帽。



殺せんせーに見えたのは私だけ・・・・??


わかんない人はごめんなさーいい!!!

ツイッターでね、
「魔女集会で会いましょう」ってタグが流行ってるんですが
それわかんない人はごめんなさい

いやー、あのねえ、
「血の繋がりのない擬似親子」の日々の仲良しなお話は大好きなの!!
でも、それが、親子じゃなく性愛に発展するのはもう、死ぬほど苦手なの!!!

って思ってたら意外に、「それは地雷」って言う人が多いので。

うん、私、それすごく地雷なんだわ。
一番「キタ」のは、「うさぎドロップ」かなあ。
前半は「りん」を育てる「ダイキチ」とのやり取りで、すごく良かったのに
最後がねえ〜・・・・。
私としては、「りん」に気があったあの男の子だろうがなんだろうが
どーでもいいんだけど誰か他の男性がさ、「りん」の彼氏になって、
最後は「りん」が花嫁姿で「ダイキチ」がそれを見て大泣きしてる、って言う
そういう絵に納めて欲しかったんだけどなあ〜・・・。
そうだったらもう本当に、泣けたんだけど。
その合間に、ダイキチにちゃんと彼女っぽい相手が出て来てたらもう完璧。
だったんだがなあ。

私にとっての「うさぎドロップ」は、
前半で終了。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住。
現在は夫と猫1匹と一緒にアラバマの田舎住まい。
娘と息子は大学生でそれぞれ別に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR