庭仕事

今まで頼んでいた庭師さんが高齢になってしまい、来てもらえなくなった。
現在は芝生の手入れ(肥料や除草剤を入れる専門会社)と
ざっと芝刈りと庭中の掃除を頼んでいる業者だけを使っている。
おかげで、灌木が伸び放題。

うーむ。やはり、庭師を頼まないとダメか・・・・。
でもとりあえず、目につくとこだけ自分でやるか、と
今朝は5時半に起きて早朝にちょっと庭木の剪定をした。
朝のうちなら大丈夫かと思ったが甘かった。
30分も作業していたらもう汗だらだら。

1000坪以上ある敷地の、ほんの一部をどうにかこうにか整えただけで息切れ。
本日の作業終了。
でも他人が見たら、どこをどういじったのか全然わかんないだろうなあ・・・・
まあいいけど。

この前は私が庭仕事を始めようとしたらタロウが気づいて手伝ってくれて助かったのだが、
今日はタロウは学校でペンキ塗りの作業があり出かけていて頼れず。残念。
BJはもちろん仕事だし、何しろ暑くて外の作業なんてね・・・・。

やっぱり庭師頼むか〜〜。
でも細々したところは結局自分でないとダメなんだけどね。

それにしても広すぎ。

あと、暑い。
スポンサーサイト

母の日プロジェクト

母の日プロジェクト、というわけでもないけど
ずっと前から付けたいと思っていたブラインドをやっと取り付け。



BJが実際の作業をして、私は助手。



和紙みたいなブラインドで、紐は無くて手で上げ下げすればいい。
全部上まで上げると、取り付けていないように見えるのが気に入った。
せっかくの大きい窓だから、あまり邪魔になるようなのは付けたくなかったので。



西側の窓4枚には光を通すタイプのブラインド。
北側は冬場の寒さを防ぐためと、テレビ画面に窓が映るのが気になってたので
光を通さないブラックアウトタイプを付けた。

どちらのブラインドもセルラーブラインド(ハニカムブラインドともいう)。
間に空気をためる形なので、断熱効果が良いらしい。
このサンルーム、夏は暑くて冬寒いのよね・・・窓が多すぎるから・・・。
これで、冬場の寒さが軽減されるといいなー。

ガレージ工事終了

タロウが自分たちの溜まり場に改造したガレージの、
2階部分の断熱材工事が本日終了。
今はふわふわしたウールみたいな断熱材を切ってはめ込むのではなく、
壁や屋根裏全体に発泡スチロールみたいな感じで吹き付けるそうで、
そちらの方が簡単だし断熱性も高いと聞いてびっくり。
色々進歩して変わってるのねー。
吹き付け終わった2階部分は泡の消火剤が撒き散らされた後みたい。
こちらの工事、しめて1750ドルプラスちょっとお気持ち。
つーことでこのガレージのエアコン取り付けと断熱工事だけで60万円近くかかった・・・!!
こんなにお金かけてどーすんの。
今年の夏の家族旅行は無しですな。

タロウは後1年ちょいで高校卒業してどこかよそへ行く予定だから、
そしたらこのガレージはBJの趣味の部屋になる予定。
写真が好きだから、暗室でも作るのかな?

しかしなんでこんな狭いガレージに集まりたがるかねー。
他の子達の家はもう本当に豪邸で庭も何エーカー(1エーカーは1200坪)もあって、
我が家なんかの何倍も広いんだけどなー。
子供は狭いとこに隠れたがるから、なのかしら?
もうこの頃はコンサートの打ち上げだとか友達の誕生パーティだとか
全部うちのガレージに皆が集まるようになっていて笑ってしまう。
時々タロウがうんざりして「あんまり、来て欲しくないんだよねえ・・・」とかいうので、
内線電話を置いて私が母屋から「そろそろ解散しなさい」と電話したりしているほど。

でもまあ、こうやって子供達が我が家に出入りして賑やかなのも
あと1年ちょいか〜。
寂しくなるような、ホッとするような!??



☆    ☆    ☆

麻婆豆腐、豚肉生姜焼き、白菜の煮浸し、ミックスグリーンとコーンのサラダ

ディッシュウォッシャーの修理完了・・・

もう書きたくもない話だけど、一応私自身の備忘録として書いておく。

今回のディッシュウォッシャーの水漏れで
修理のおっちゃん達が来て不具合の状況を確認したのが
8月23日のこと。
でもって部品を取り寄せ、その取り付けの予定だった日には
おっちゃんが病気だかなんだかで延期になり。
多分病欠のツケが来たのだろう、私が延期して予約した日には
「午後2時から4時に来ます」が
「午後4時から6時」になり、
結局来ないまま1日がたってしまった。
再々度予約をし直し、やっと来た・・・・と思ったら、
届いた部品を取り付けても水漏れが直らない。
違うところが原因だったようです、というのでまた1週間待つことに!!!

・・・でもまあ、この人を怒ってもしょーがないしなー、と
もうすっかり顔なじみになってしまった修理のおっちゃんを見て
ためいきをついたら
「I am so sorry」
と言う。
まあ、言い訳をしつつではあったけど一応詫びてくれたし
太った体でぜいぜい言いながらあれこれの仕事してるとこ見たら
しょーがないかなー、とか思ったりして。

とまあそんなこんなで、ついに1ヶ月を越してしまったディッシュウォッシャーの修理。
やっと今日、いつものおっちゃんが来て1人で部品を交換して、
テストもしてちゃんと動作したのでこれで完了!
・・・ああ〜〜〜、長かった・・・・!
っていうかこの個体が「ハズレ」なんだとは思うんだけどね。
だって、ネットの口コミとか見ててもかなり評判のいいマシンだし。

「うわー、ありがとう、もうこれであなたに会わないで済むといいなあ!」
と言ったらあちらも笑って
「ほんとにその通りですよ、でもあなたはいつも
私達にとても感じ良かったし、辛抱強かったし理解してくださったので
ありがたかったです」
と言っていた。
・・・ああ、そうだろうなあ。
怒ったり色々嫌な感じのお客さんも多いだろうしねえ。

そういえば昔、オハイオのアパートで最上階に住んでいたことがある。
屋上の工事をしてた途中(屋根をはがしたタイミング)に嵐が来て
そのせいで私たちの部屋の天井が雨で抜けた事があった。
その時、屋上のシールをはがしたところだし、嵐という予報だしで
屋根屋の人達がほぼ徹夜で照明持ち込んでブルーシートをかけていったのを知っていた私は
「あれ以上、どうしようもなかったよなあ。タイミングが悪かっただけだし」
と思い、特に怒ったりせずに保険屋に現場の写真を渡したり
大家が家賃をまけてくれるというのに対処したり
(こちらからは何も言わなかったのだが、あちらからそう言ったので)
屋根屋がその後シールをし直すまでたまに一緒にお昼食べたりしていた。
でも、私たちの隣の部屋の奥様はすごかったらしい。
烈火のごとくお怒りになり、あれこれ要求してきた・・・と、
仲良くなった屋根屋たちから聞いた。
そして彼らも私に
「あなたは、怒らなくてえらいね!
どうしてそんなに落ち着いてるの?
アメリカ人の奥さんだったらもう、泣いたりわめいたり、大変だよ!?」
と言ってたっけなー。

・・・うーん。
なんか多分私、鈍いんだと思う。
あとで考えて、
「あっ、あそこで私、怒っても良かったんじゃ?」
と思うこともあるから。

あとは
「ここで怒ってもなあ・・・別に、何が解決するわけじゃなし。
この人のせいでもないんだからこの人に当たってもしょうがないし。
怒ってこれが解決するんならいくらでも怒るけど、無駄でしょう」
とか思っちゃうのよね。
天井が落ちたことなんかまさにそう。
屋根屋を怒る意味がわからん。無駄でしょ?
お互いが嫌な気持ちになるだけ、じゃないのかなあ。
あれがもしも、屋根屋がきちんと仕事をしてなかったから、
雨が降ってこっちの天井が抜けた、ってのなら怒ったかも知れない。
でも、嵐の中、ブルーシート張ってなんとかしようとしてたの知ってるからな〜。

今回のディッシュウォッシャーの修理が1ヶ月以上かかったのだって、
別に修理のおっちゃんの怠慢てわけでもないしね・・・。
まあしょうがないかなー、と。

あーそれにしても長かった。
これで本当に、修理完了!と、なって欲しいものだ。

またまたまたディッシュウォッシャー

5月前半から6月まで、水漏れで何度も修理を呼んだディッシュウォッシャーが



また水漏れ




マジか(怒)

もーいい加減にして。

前回とは違うとこから水漏れしてるのだこれが。
と、判明して修理を呼んだのが実は8月23日のこと。
さすがに修理のおっちゃんもこちらを覚えていて、開口一番
「だって、こないだ直したでしょ!??」

そりゃーこっちのセリフだわよーーー。
違うの、今回は前と違うとこから水漏れしてるの、と言ったら
「違うとこから!??」
とあちらも驚いてたが私も驚いたわよっ!!!

原因を調べてまた部品を発注、改めて取り付けに来る、と
本日9月1日に来る予定だった
・・・の、だが。
朝イチ(8時頃)で、Searsのサービスから電話。
なんと修理のおっちゃんが病気になってしまい、今日はキャンセルさせてくれ、と言う。

マジか(呆)

いやまあ、体調が悪いのはもういかんともしがたいし、しかたないけどさあ・・・。
じゃあ次はいつ来られるの、と聞くと



9月12日


マジか(怒)

あと10日以上、ディッシュウォッシャー無しってかーーー!!!!!


・・・ああもう、ほんとこれは外れを引いたなあ・・・。
ネットのレビュー見ても口コミのいい機種だったんだけど。
10万円の本体に、たった2年で修理代5万円以上ってこれどうなのよ。

高かったから口惜しいけど、買い換えた方が早いのかしら。




☆     ☆     ☆

タンドーリチキン、ラタトゥイユ、発芽玄米ご飯

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR