クラブハウス

タロウとその友達はこの2日間でその機動力を発揮、
ガレージ内をすっかり片付けて掃除して、
ソファだのビリヤード台だのあれこれ運んで来て
着々とクラブハウスを構築中。



天井にクリスマスライトまでつけて。



何しろ南部の男子達だからピックアップトラックを持っている子が普通なので、
ビリヤード台だろうがなんだろうが運んでくるのはお手の物。
どこから来たのよ、これ。

昨日は何やらでっかい薄型テレビまで買って持ち込んでいた。
ガレージにはケーブルTVの端子をつけてないのにどうするのかな、と思いきや
今はワイヤレスで飛ばせるガジェットがあるのだそうで。
そうかー、時代はワイヤレスだわなそりゃ。

奥の方の棚にはどこの家からもらって来たのか知らないが古いオーディオセットがあり、
ドーナツ盤のレコードも沢山。
アメリカの田舎の家だから、色んなもの取ってあるんだね・・・。
タロウが「カセットテープも聞けるのかな?」と言うので見てみたら
なんとこれが


8トラック。



・・・ちょっとーー!!
何十年ぶりで見たわよ、8トラのプレーヤー!!!!

ああ〜、懐かしいわね〜、
80年代の、カラオケの流行り始めの頃ってそういえば8トラックだったわ。
知ってる人います?
8トラックのテープかけて、歌詞の載ってる本を見ながら歌うの。
人気の曲だとテープが伸びちゃってたりして。
その後レーザーディスクになったんだよね〜。

これで、エアコンつけてやる予定だからこりゃー居心地いいわなー。
いいなあ、なんか、アメリカ映画のティーンエイジャー達みたい。
ってアメリカだった、ここ。


スポンサーサイト

タロウあれこれ

我が家には、家についているガレージ(2台分)と、
離れて建ててある1台用ガレージがある。
タロウが先日、そちらの離れたガレージを
「友達との溜まり場にしてもいいか」
と聞いてきた。

今でも既に楽器を持ち込んでスタジオのように使っているくらいだし、
車を停めるのには使っていないから別に構わないけど、と答えたところ
今日早速友達数人を連れて来て皆で中を片付けていた。
こういう時の行動力ってすごいよね、男の子たち。
しかし集まってるメンツがこれまた・・・・
小学生の時からうちの裏庭にテント張って泊まったりしてたメンバーじゃないの。
懐かしいねえ、皆大きくなったわね!
ていうか、変わらんな君たち!やってることが!
男の子っつーのはやはりこういう「秘密基地」の類が必要なんかね。
いくつになっても。

今ここにはエアコンをつけていないので、今度つけてやらなきゃなー。
お金かかるけど、実のところそれでここに皆で集まって遊んでくれるなら
それはそれで安心だなと思うから必要経費って感じ?
何しろ今は各自が自分の車で出て行ってしまうから、
「誰々の家に行って来ます」
と言ったってそれが本当かどうか怪しいもんだし。
どこで何してるかわからないよりは、うちで遊んでてもらった方がいい。

しかしまあ、色んなこと思いつくもんだ。
全く男の子ってのは・・・。

さて、タロウについてはもう一つ。

少し前、数学の成績が悪すぎて先生からメールをいただいてしまった私たち。
タロウを捕まえてぎっちり締め上げたら、その次の小テストでは満点を取って来た。
・・・・だから〜〜〜、真面目にやれば、出来るんでしょ!?
なんで真面目にやらないかな!!!←すぐ手を抜く性格なのよねえ

今日は数学の先生にお時間を割いていただいて、面談して来た。
「授業中、気が散っているようで・・・
席順は生徒たちの自主性に任せているんですけど、
このままにしないで席替えした方がいいでしょうか」
と先生がおっしゃる。
・・・・あー、これは・・・と思ったので
「一緒に座ってるのって、BくんとTくんとJくんあたりですか?」
とこちらからお聞きしたら
「Tくんは同じクラスじゃないんですが、そうですね、BくんとJくんです。
あと、Sくんですけど彼はまあ問題なくて・・・」


やっぱりか。


多分その辺のメンツだと思ったのよね・・・
うちのガレージを溜まり場にしようとしてる同じメンバーじゃないか。
全くもう〜〜〜。
仲がいいのはいいんだが、授業中もお喋りしたりとにかく集中に欠けてるというんじゃ
そばに置いておかない方がいいよねえ。
ていうかこれ、去年も同じ問題でやっぱり先生からメールもらった覚えが・・・。

当然、先生には席替えをお願いして来た。
明日になって席替えって言われたらタロウは不機嫌になるだろうけど、
しょうがないわよね。
Bくんなんかは成績優秀だから、タロウと喋ってても大丈夫なんだろうけど
タロウはそうはいかないわけだし。

あーしかし、いつまでたっても変わらんなあ!!





Rock'n Roll Christmas Concert

今年でタロウの参加も3年目となった、ユースオーケストラの
ロックンロール・クリスマスコンサート。
例年通り第一部はクリスマスの曲、休憩15分を挟んで
第二部はロックのヒット曲シリーズという構成だが
今年の第一部はトランス・サイベリアン・オーケストラのステージのように
ナレーターがお話を語り、その合間合間に曲を演奏していくスタイルだった。
すごくプロフェッショナルな出来で、とても良かったと思う。
ナレーターは外部の大人のセミプロに頼んだので、それも良かったし。

タロウはいつものようにリードギター担当。
今年のリズムギターはシニア(高校3年生)の女子で、とても上手で
一緒に演奏するのがやりやすかったそう。
聞いてても安定していて上手だったものね。

今年はタロウは歌も歌うとは聞いていたのだけど、
いきなり一曲目でギター弾きながらソロで歌うとは知らず、驚いたーー!!
曲が始まってタロウのギターにはすぐに気づいたのだけど
「うわ、いい声の男の子だなあ・・・どの子が歌ってるんだろ?」
と、しばらく探してしまったくらい。
ステージの照明が演出のためあまり明るくなってなくて、良く見えなかったのよー!
うちの息子だと気づいて内心仰天いたしましたがな。
この人、いい声なのねえ〜。パパに似たんだな。
声フェチの私としては嬉しい限り。

第二部ではボーカルの子達が自分の希望する曲を歌ったり、
指導の先生の好みか80年代のヒット曲を演奏したり。
タロウは歌とギターソロでジミ・ヘンドリクスを披露。
・・・・やるとは聞いてたけど、さすがにうまいわね・・・・。
最後はもうギターの弦が切れるか壊れるんじゃないかと思ったが。
迫力あって、お客さんの反応も上々。素晴らしい。
練習の時よりも先生が1コーラス長く演奏させてくれたとかで、
「本番ではそうするなんて僕知らなかったから、え?え?まだやるの?
なんで長いの?って驚いちゃったよ!」
と本人は後で言っていたが、いや、多分それ、あの場で先生がノリで決めたんだと思う・・・。

コンサートの後は色々な子達やお父さんお母さん達がかわるがわるタロウの所に来ては
褒めていってくださったそうで、本人も興奮していた。
「小さい女の子がね、『Can I have your autograph?(サインください)』なんて言って来て、
僕とエリオット(ドラム担当、卒業生だけど手伝いに来てくれた)がサインしたの!」
と言ったのには笑った。
すごいね、最初のサインだ。
いつか君がスターになったら、その子はそのサイン自慢出来るかもよ!??

ちなみにタロウは前日からの発熱が続いていて、コンサート前もまだ37度5分くらいあったのだが
終わって帰宅して測ったら36度8分まで下がっていた。
ギター弾いて盛り上がってる方が、布団で寝てるより治りが早いのかも!?

タロウと同じ学校のジェームスもこのユースオーケストラにいる。
彼は今年もアコースティックギターのソロ弾き語りで、今回はジョージ・エズラの「バルセロナ」を歌った。
ジェームスのママと私は隣り合って座っていた。
ジェームスの歌は本当に上手いですね、彼は音楽や劇を続けるんですかと聞いたところ
「本人は、やりたいって言ってるけどね、もう、ちゃんとした仕事についてから
それは趣味で週末にでもやりなさいって言ってるの。
大体アメリカで、アジア人なんかに役は来ないわよ!
役がついてもせいぜい出て来て10分で殺されて終わり、でしょ。無理無理。」

・・・・ママ、容赦無いな・・・!

説明するのが遅くなったが、ジェームスはアメリカ生まれのアメリカ人だが
血としては生粋のフィリピン人である。
うちの子達がパスポートはアメリカ国籍だけど、血としては純日本人というのと同じ。

いや、本当にママの言う通りだとは思うけどね。
ましてジェームスのやりたい、ミュージカルの舞台ときたら。
アジア人でも体格がよければいけるかもしれないが、彼は背も小さいのだ。
プロとしてのチャンスは・・・・まあ、無いわよねえ・・・・・。

タロウも今年高校2年生(11年生、ジュニア)だから
そろそろ本気で進路を考えないといけないのだが・・・・
さてどうするのかしらねえ。

ともかくこれでコンサートも無事終了!
明後日にはタロウと彼女ちゃんを連れていよいよ日本へ出発だー!

タロウ発熱

本日金曜日、タロウ発熱でダウン。

・・・・まあ、そりゃそうだろうとは思っていた。
先週の例のレコーディング旅行から、というかその前からずっと
オーバーペースで活動し続けてたからねえ。
そろそろ体力の限界だろうとは思ってたのよ。

そして仕上げに昨夜、友達のところでスマブラ大会だとかなんだとかで
帰宅したのは午前2時過ぎ。
私は1時半ごろ寝たので知らないから、実はもっと遅かったのかもしれない。
昨日(木曜日)の午前中で期末試験も学校も全て終わり、
「やったー!打ち上げだ!」ってノリだったから断れないし、
自分一人で先に帰ることも出来なかっただろう、ていうのはわかる。
昔からそういう人なのよね・・・・私もそうだったから身につまされるが・・・
「僕一人で、先に帰る、っていうと、しらけちゃうじゃない。
皆に悪くて、そんなこと出来ないよ」
とかいうのだ。
うーん。わかる。わかるが・・・。

明日は何しろユースオーケストラのコンサート本番で、
タロウはソロやら何やら責任重大なのでとにかく今日は黙って寝かせておくことに。
その分私がコンサート用の燕尾服レンタルを取りに行ったり、あちこち走り回った!

コンサートが終わったら日本へ出発だし、なんとか持ち直してもらわないと〜〜〜。
もともとさほど体力のある人じゃないので大変だ。
頑張れ、息子。



終業

タロウは本日午前中の期末試験を終え、クリスマス休暇に入った。
私もこれで早起きから解放される〜〜。

午後は彼はギター持ってユースオーケストラのロックンロール・クリスマスコンサートの練習へ。
本番はいよいよ明後日の夜。
今年も全部で23曲だかなんだか演奏するそうだが、間に合うのかしら〜〜!??
タロウのギターの出番も今年はかなり多いらしい。責任重大。
大体、レナード・コーエンの「ハレルヤ」だのプリンスの「1999」だの、
誰が歌うの〜〜!!??
女子たちはケイティ・ペリーとかアデルを歌うらしいし・・・・
さてどうなるのか・・・・期待半分、不安半分。




☆     ☆     ☆

コンソメ野菜スープ、フランスパン、チキンのハーブ焼き、クリームドスピナッチ
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR