あれこれ検診

今月は年1度の内科の検診に始まり、そこで見つかった心雑音の検査で
心電図とエコー検査、同じく年1度の婦人科検診、マンモグラフィーなど検査続き。
内科検診では血液検査を受けるので、その前2週間ぐらいは付け焼き刃の禁酒。
それが功を奏してか、とりあえず今年も特に問題なし。
エコーでは雑音は出たものの正常の範囲内という話。
良かった、BJの患者になるところかと思ったわ。
マンモグラフィーでは初めてのクリニックにかかったのだが、
機器が新しくて乳を挟まれても痛くないのに驚いた!
やっぱり進歩してるんだなあ。
そりゃそうよね、今までのは痛すぎたもん。

目医者にも行かなきゃいけないし持病の処方薬はちょこちょこ取りに行かなきゃだし、
年取って来ると自分の体のメンテナンスだけでなんだか忙しいわー!

そういえば、婦人科の先生(女医さん、私より少し年上、かれこれ10年かかっている)に
「まあ、老化ってことですかねー」
と言ったら
「Welcome to join the club! (ウェルカム、こっちサイド)」
と手を差し出されて握手してしまったわ。
ホットフラッシュもあるけどまあ1年ぐらい我慢してりゃーなんとかなるらしいし、
ほんとだんだん「治療法もあるっちゃーあるけど、老化だからしょうがないよね」ってことが
増えて来たような・・・!?



☆     ☆     ☆

ピェンロー (東京タラレバ娘とかカルテット見てたら食べたくなった)
スポンサーサイト

今年もか・・・

おととい学校にジャズバンドの練習のために行ったら、
バンドの先生が悲痛な顔をして
「Tが放校になったので・・・・アルトサックスのヘルプを頼まないと、
コンサート発表が出来なくなりました」
と、私に言うではないか。

T、かあ・・・。
昨年度の後半に、親にバンドの音楽活動を制限されたとかで
なにやら精神的におかしくなったらしく、奇行が見られて
しばらく休学してた子なんだよね。
黒人男子で、お父さんは精神科医。
すごく熱心にバンドをやっていた子だったし上手かったので
そりゃあ、反対されたら落ち込んだりもするだろう、と思ったのだけど
その後学校に復帰したもののやはり奇行は止まず、ついに
卒業目前にして放校となってしまったらしい。
シニア(12年生、高校3年生)だから、あと2ヶ月で卒業だったんだけどねえ。
お父さんは精神科のプロなのに、それでもなんとも出来なかったのか・・・。

数年前、シニアのWという白人男子が卒業直前に放校になった事もあった。
Wは確かに授業態度はすこぶる悪く、夏休み明けにはタトゥーが増えたりしてたが
とにかく歌がめちゃくちゃうまくてシアターの授業でも役をやっていたので
そういうところでは頼りにしてたので、いきなりいなくなってこっちは右往左往。
でもWの場合、放校の理由は彼のドラッグ問題だったり普段の授業態度だったから
それはまあ、自業自得。
そしてWは卒業後1年ほどでドラッグのオーバードースで死んでしまったし・・・・
あれはもう、仕方がなかったのかなあ、と思うが。

Tは、明らかに精神的に病気。
彼のせいではないのに、かわいそうだなとは思う。
でも、周囲の子達の話を聞くと、Tの奇行が怖いと言ってる子が多い。
学校側としたら、周囲の子達の身の安全の方が重要だよなそりゃ・・・・。
タロウも、以前はTをうちに招いて一緒にバンドの練習などしていたほどだったが
今回の放校について
「いや、ほんと、良かったよ・・・僕も、怖かったもん。」
と言う。
それほどだったのか。
私はバンドの時間しか彼を見ていないが、なんか表情が無くなったなあとは思ってたんだけど。
以前なら私を見てにっこり挨拶したり、普通に歩いていてももっと目に光があったのに
この頃はどんよりした顔で無表情に歩いてるなあ、とは思ってたが。

・・・・ああ、ほんと、子供を一人前に、一人で食べていけて
人に迷惑をかけないように育てるのって、難しい事なんだなあ・・・・。

今年も春季コンサート(学年最後の総仕上げコンサート)直前で
重要なメンバーが抜けてしまってがっかりするやら悲しいやら。
でもなんとかするしかないし。
学校の先生なんてやってたらこんな事ずっと経験してくんだろうなあ、
大変なお仕事なのねえ・・・。




☆     ☆     ☆

ワイルドライスのクリームスープ、チッポレ・ソースのポークソテー、マッシュドポテト、ケールともやしの炒め、クリームチーズとツナとディルのディップ、クリームチーズとドライクランベリー・ペカンナッツ・ハニーのディップ、フランスパン

もうすぐ本番

今週木曜日の夜は、学校のスプリングコンサート本番。
私は7年生の合唱2曲と、上級生の合唱2曲、全員で歌う曲1曲のピアノ伴奏。
それからジャズバンドのピアノ担当で4曲弾く予定。
なので、今週は最後の追い込みで毎日学校。出勤してるようだ。

月曜日はトニー賞を受賞したミュージカル「Once」を見に行って来た。
ブロードウェイミュージカルっぽくない、少人数の舞台で面白かった。

金曜の夜は「Irish Tenors」という男性グループの歌を聴きに行く予定で、
土曜日はタロウ達のプロムなので私も朝のうちに会場の準備に行く。
なんか忙しいなあ、今週。

先週受けた心電図と心エコーの結果は、雑音はあるものの正常の範囲内で問題なし。
BJの患者になるところかと思ったがまだ大丈夫だった。

ピアノ練習中

バレンタインデーだけど、つい先日のMimiちゃんの誕生日のお花が
まだ綺麗なのでもったいないから今日の花束は無し、
枯れたらまた買って来てあげる、とBJからプラクティカルなお申し出。
じゃあまた今度ね。ということで。
私からは小さいチョコの詰め合わせ。

タロウは放課後、彼女ちゃんと一緒にバーミンガムの劇場へ
バレンタインデー特別上映の「カサブランカ」を見に行って、その後お食事デート。
そこの劇場は古い歴史のある元映画館で、毎年バレンタインにはこうして
デートにふさわしい名画を上映しているのだ。
王道のバレンタインデートやってるねえ、タロウくん。がんばって〜。

私はこのところまたピアノの練習中。
学校の合唱クラスから、ソロ&アンサンブルというコンクールに出る子達がおり、
その子たちが歌う3曲の伴奏を頼まれたので。
2曲は易しいから問題ないが、1曲が・・・なんか変なアレンジで、
模範演奏も聴いてみたけどどうにも不協和音ぽくて弾きにくいったら。
原曲は「ジュピター」なのでメロディ自体は聞き慣れたあの曲なんだけどね。

そのコンクール本番は4月上旬。
しかし会場が・・・・うちから片道3時間半!のフローレンスという街。
こないだジャズバンドでレコーディングに行ったとこだ〜。
「遠いから、無理だったら別の人を頼むからそう言ってね」
と合唱の先生には言われたけど・・確かに、問題は運転だな〜。
こないだジャズバンドで行った時は一泊したからまだ良かったけど
今度は日帰りだもんね。帰り道、眠くなりそうだ・・・。
でも、今回のコンクールが初めての生徒達がいるから、
出来れば練習に付き合って慣れた私の伴奏で歌わせてあげたい気もするのよね。
他の人を頼むとなると、当日本番の前に2〜3回合わせてハイ本番、となるから
緊張するんじゃないかなあ。

もうちょい考えて、お返事するかな。

他に、学校のスプリングコンサート用の曲も来てそちらも練習開始。
ジャズバンドも4曲演奏するから練習中で、そのうち2曲は結構ピアノソロがあるので緊張。
おまけにジャズバンドの先生から、タロウの彼女ちゃんのボーカルで
1曲ジャズの歌をやってほしいと頼まれた・・・・私、全部で何曲弾くのよ!!???

まあいいですけどねー、それもあと1年のことだし。
やれやれ。
ほんと、私とタロウがいなくなったらここの音楽の授業ってどうなるんだろう!?

お買い物

BJと2人でBirminghamまで買い物に。
去年のダイエットで14キロ痩せた(私は10キロ止まり)彼は、
今までのスーツが全部ぶかぶかになってしまって着られなくなったため、
スーツを新調しに行くことにしたのだ。

まずデパートを見てみたが、ビジネス用スーツはあまりチョイスがなかったので
ブルックスブラザーズに行ってみることに。
入るなり店員のおじさんがささっと寄って来て、
こちらがスーツを探していると見るや
「この棚のこちらがスーツです。
あなたのサイズだと40か42のショートがいいでしょう」
ですと。
言われた通り40のショート(袖丈が短め)をBJが羽織ってみるとこれがドンピシャ。
あんまり良く似合ったので他を見もせずに即決。
ていうか店員のおじさんに流されるままに即決というか。
しかし、見ただけでサイズわかるんだなあ。さすがプロ。

肩幅や袖丈はピッタリだったが胴まわりやお尻が緩いので詰めてもらうことにし、
仕上がりは2週間後ぐらいの予定。

ついでに、以前ここで買ったスポーツコートが数着ぶかぶかになって着られないので
詰めてもらえるか聞いてみたところ
「いつでもお持ちください、無料でお直しいたしますよ」
というのでびっくり。
てっきり有料だろうと思ってたのにまさかの無料!
老舗ブランドはやはりそういうアフターサービスやケアが違うのねー。感心。

ところで、今日は当初の予定では中華マーケットとコストコに行くつもりだった。
じゃあTシャツにジーンズでいいかー、と思っていたら
スーツを買いに行く話になったので、それじゃちゃんとした格好していかないと!と
少々きれいめな服に着替え、バッグも新作のルイヴィトンにかえた私。
それをやってて思い出した。
昔、父がどなたかに英國屋のワイシャツ生地とお仕立券を頂いたことがあった。
いつまでたってもそのまま置いてあるので、仕立てにいかないのかと尋ねると

「だって、英國屋に、着て行く服が無いんだよ〜」

うん。
わかるわあ。



その後、中華マーケットとコストコに行く。
タロウからテキストが入り、水とソーダ類を買って来て欲しいと言う。
例のクラブハウスで友達と皆で飲むためである。
コストコで買えば安いしね、と了承。
しかしコストコサイズなのを忘れていた。
ドクターペッパー24本、マウンテンデュー24本、
コーラとスプライトはそれぞれ35本パック!
バラ売りは無いから仕方ないが、それにしても1パックずつが重いっっ!!
水も24本が一番小さいパックだったし、全部カートに積んだらカートが重くて重くて・・・。
BJが一緒じゃなかったら絶対買えない。

帰宅したらもうタロウの友達が集まっていて、呼びつけて飲み物類を運ばせたが
皆あまりの量にたまげていた。
うん。なんかもう、店の仕入れか?って量だもんね。
ま、これだけあれば当分もつでしょ。




☆    ☆    ☆

トンポーロー、青梗菜と豚肉の甜麺醤炒め、ほうれん草のナムル、大根と豚ひき肉の煮物
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR