眼科とショッピング

緑内障の定期検診で眼科へ。
眼圧、視野検査共に結果が良かったのでちょっと気分がいい。

ついでにターゲットに日用品を買いに行っていたら、
下校時刻になったタロウからテキスト。
同じモールに入っているRossという店に友達と買い物に寄りたいがいいか、という。
じゃあ私もそっちに行くわと返信して店の前で合流。
タロウと男子友達2人と放課後のショッピング。

何を買いたいのかと思いきや、3人とも靴が大好きなので
割合いいブランド品を安く売っているRossに来たらしい。
服ならTJ Maxx なのだそうだ。
タロウは気に入ったスニーカーが定価の半額以下だったとかで、
お小遣いで購入。
この頃ギターで稼いでるのでそれなりにお金持ってるのよね。

日中学校のパーキングに停めていると炎天下なので車内もハンドルも暑くて大変というので、
7ドルだったからフロントガラスの内側に立てかける日よけを買ってやった。
ちゃんと使うかどうかは疑問だが。

その後、その友達2人も我が家の例のガレージに来て何やら夕方まで遊んで行った。
毎日、人の出入りの激しい我が家である。

スポンサーサイト

脳震盪

タロウの同級生Jが、昨日フットボールの練習中に脳震盪を起こし、入院したと聞いた。
かなりひどい状態で、医師曰く
「頚椎が一個少なかったから幸いだったが、
もしそれがあったら半身不随になっていたかもしれない」
との事だそうだ。
しかし入院となり、今日になっても一切首を動かしてはいけない状態で、
本人に聞くと
「両手が痺れてて、ガラスでつつかれてるような感覚」
が続いているという。
タロウはお見舞いに行ったが、
「Jは明るい子だから、もう元気でニコニコしてたよ」
と言う。
神経科には明日診てもらう予定なのだそうだ。
本当に、大した事ないといいけど。

だけどこれだからフットボールは怖いのだ。
いくら身体に防具をつけ、頭にヘルメットを被っていても怪我はある。
と言うかむしろその防具とヘルメットがいけないという意見もある。
ラグビーのようにむき出しの体でぶつかるなら衝撃もそこまでだが、
硬い防具のせいでむしろ衝撃が強くなり、怪我も増えるというのである。
なんだか納得させられる意見だ。

こちらではフットボールはスポーツの中でも人気が高いが、
この頃は子供達の脳震盪が多い事が問題視されている。
しかしそれについての学校の対応ときたら、スポーツシーズンの最初に
「脳震盪を起こしても学校を訴えません」
という書類に親のサインをさせるだけ。
フットボールの試合には必ずフィールドに救急車が待機しているが
書類と救急車で対応は十分という事らしい。

なんにしても、心配な話だ。
Jが早く回復しますように。

アタゴオル

ツイッターで、ますむらひろしをフォローしているのだが
今もヒデヨシたちの世界をずっと描いていて、新作やグッズを出していると知ってびっくり。

アタゴオル

アタゴオルというのは愛宕駅(作者が住む千葉県野田市の最寄駅)から取ったのは知っていたが、
そのアタゴオルがあるのはヨネザアド大陸で、これは出身地の山形県米沢市から取った名前だとは知らなかった。

現在、市立米沢図書館のギャラリーで「ますむらひろしの世界展」が開催中だそうな。
いいなー、行きたい!グッズ欲しい!もちろん無理だけど!

市立米沢図書館

日本のネット情報見てると、夏休みだからか楽しそうな催しがいっぱいでうらやまし〜。
こちらはもう新学期が始まって、通常営業に戻っちゃったからなあ。

帰宅

サンフランシスコから5時間弱のフライトでアトランタ到着。
1時間半ドライブして無事帰宅。
いやあ、疲れた〜、でも楽しかった!
旅行記はおいおい更新してまいります。
よろしかったらお付き合いくださいませ。

こっそり

こっそりと、更新。

実は今度の年末年始、タロウとナナと私でまた東京に里帰りする予定。
そこに、タロウの仲良しのGという男子が同行したいと言って来た。
Gはベースギターを演奏する子でうちにも良く遊びに来ていて、
大人しいし優しい子なので連れて行くのには問題ない。
一番のポイントは

なんでも喜んで、珍しいもんでも美味しく食べる


ところ。

怖がったりしないし、なんでも一応食べて見るし、
結構これが美味しいっていうんだよねー。
こういう子には、日本の珍しい美味しいもの、食べさせたくなるじゃない?
好き嫌いが多かったり(食物アレルギーは別だが)
見ただけで「うわー、これ無理、食べられない」とかいう子には
色々紹介もしたくなくなるじゃない。
Gはその点、心配ないので連れて行くのも楽しいかなと思って。

そして、タロウはギター、Gはベースギターで一緒に音楽を演奏して
楽しんでいる友達なので、東京でもライブハウスやオープンマイク(飛び入り演奏)の店など
行ってみたい、と、言う。
・・・そんなとこ、知りませんがな・・・!
大昔、渋谷の屋根裏とかそういうのに友達の付き合いで行ったりはしてたけど・・・。

ネットで調べているうちに、ふと思い出した。
あ、昔の友達で今は音楽関係のライターとかやってるK太がいるじゃん。

今はFacebookやツイッターで探せるので、すぐに見つかった。
メッセージしてみたら思い出してくれて、東京のライブハウスの情報を送ってくれると言う。
ありがたや。

でも、思い返せばK太とはかれこれ35年ぐらいの付き合いになるんだねえ。
高校時代、私は女子校、彼は男子校で
あちらの男子校の文化祭に私が友達と一緒に遊びに行ったのが最初だった。
なぜK太たちの展示を見に行ったかと言うと


ガンダムのビデオを流していたから



当時、ファーストガンダム(まだそう言う言い方ではなかった)を
ビデオで保存していて、後日見られる人なんていなかったのよ〜〜!!

うわー、ガンダムだー、って見ていた私と友達にK太が
「SFとか、好きなんですか?だったら、ジャック・フィニィとか、知ってます?」
と、声をかけて来たのだ。
そして私はその時たまたま、バッグの中にジャック・フィニィの文庫本を持っていた。
「・・・あ、これですか。」
とな。
へえ、趣味が合いますね、とかまあそんな話になったのだと思う。

後日、映画でも見に行きましょうと一応デートっぽい約束になったのだが
K太が指定した待ち合わせ場所は紀伊国屋書店。
・・・いやまあ、外じゃないしな。いいけどな。
紀伊国屋書店に行ったら「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」のフェア開催中。
あー、これかー、こないだ読んだよなーなんて思いながらK太を待っていたら登場。
「あのさあ、面白いSFの短編集があったんだけど、これ、読んだ?」
と、紹介してくれた短編集が・・・


これまた、私、バッグの中に持っていて読んでる途中のやつだった。


どこまで趣味が似てるんだよ。

まあそんなこんなで、結局友達以上にはならなかったのだが。
でも今でも、話をすれば大体趣味が似ていて盛り上がるような感じ。

今度、東京に帰ったら久しぶりに会いたいねなんて連絡していて、
それこそ、25年以上ぶりに、思い出した。



・・・K太、私が、イギリスにいた時、会いに、来たよね??



私が、前の夫とウインザーに住んでいた時だ。
1989年かな。
K太は、出張だったか旅行だったかで、ロンドンに来たのだ。
ロンドンからウインザーは電車で1時間弱だし、
私の住んでいたフラットはウィンザー駅から徒歩でも15分ぐらいだと言ったら
会いに来る、と、言ったのだ。

完全に、忘れてた。
そうだ、来たよね、あの時。
ウィンザー駅に向かって、ハイストリートを、K太を迎えに、歩いてったもんな、私。

わー、びっくり。
忘れてた事にもびっくり。
で、それから30年近くたって、
でもまだ友達である事にもびっくりだ。

今度、東京で再会出来たら本当に嬉しいけど、
でもあの当時より体積が2倍以上になってる私としては
会いたくない気持ちも結構大きいかもな!
ていうか、それまでに痩せろってか。
いや、無理っす。

プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR