オーシャンズ8

BJと2人で、サンドラ・ブロック主演の映画「オーシャンズ8」を観てきた。

こちらの日本の公式サイトで、日本語字幕付き予告編が観られる。
オーシャンズ8 公式サイト

しかし、日本語字幕の訳がひどいなあ〜・・・
まあ、予告編だし、このぐらい意訳にしないと意味がわからないのかとも思うけど・・・
本編でこのままだったらちょっと大丈夫なのか、って思うレベル。
特に最後の「強盗団のボスの妹」は、ないんじゃないの〜〜〜!?
ジョージ・クルーニーが演じたオーシャンの妹がサンドラ・ブロック、
という設定の続編映画な訳だが、オーシャンズは強盗団じゃないでしょ。
コン・マン(詐欺師)の集団だよ〜〜〜〜。
今回の映画だって「強盗」するわけじゃなく、「コン・ゲーム」の話なのに。

と、予告編の日本語字幕の話ばかりになってしまった。

映画本編は面白かった!
まあ色々ツッコミどころはあるけど、その辺にツッコムのは野暮ということで。
気楽に、ルパン三世みたいなコン・ゲームを楽しむ映画で良かった。
何より、美人ばっか出てくるしメット・ガラで皆がイブニングドレスで着飾ってるとこは最高だった〜!
目の保養。

あとでアメリカ人の知人に映画を観たと行ったら
「思ってたほどコメディ要素がなくてちょっとガッカリした」
と言ってたけど、私はあのぐらいでちょうど良かったな。
アメリカのコメディって時々やりすぎで笑えないとこがあるけど、
この映画はほどほどで、私好みだった。

そういえば劇場で流れた予告編で、今度ブラッドリー・クーパーが主演・監督、
W主演がレディ・ガガの「Star is Born」があると知ったのだけど、これ観に行きたい!
バーブラ・ストライサンドが主演したののリメイク(オリジナルはそれよりも前)だから
ストーリーはわかってるけど、レディ・ガガの歌が聞けるなら観る価値アリ。
スポンサーサイト

ヒロイン

おっさんずラブの最終回、
タキシード姿で式場から走り出す春田。
靴のかかとが剥がれてしまい、片方だけ脱いでそのまま走る。

これって、月9あたりのドラマでは定番の
「結婚式場からウェディングドレス姿で
走り出して行く花嫁、途中でハイヒールのかかとが折れて
しょうがないから脱いで、裸足で走って行く」
ってやつの、男性版!??

やっぱ春田はヒロインだったのねえ。
番組予告では春田は主役、武蔵(吉田鋼太郎)がヒロイン、って言ってたけど
あれはミスリードだったのかー

おっさんずラブ 終了

ああもう〜・・・・
言いたいことが多すぎて死にそう!!!
こんなにハマったのは、シン・ゴジラ以来かも。
つーかねえ、シン・ゴジラと同じポイントがすごく「来た」のよね。
登場人物の誰も悪い人がいなくて、
足を引っ張る人や嫉妬で裏でなんか余計な事する人や
単に頭が悪くて仕事が出来ない人が一切出て来ない、ってとこ。

誰も彼も、主人公を取り巻く人々が善意のかたまり。
それぞれに想いはあるし、各キャラクターも生きてるのだけど
意地の悪い人や鬱陶しいバカは一人もいない。
こんな優しい世界、いいなあ。

タイトルからして挑発的なので、どうしても「男性同士の恋愛」が
問題であり主題なんでしょ、って思われてしまうけど
いや、私もそう思ったけど
実際見てみたらそんなのじゃなかった。
これは、純愛の物語。
男だとか年齢が違うとか立場が違うとか、そんなの全部超えて、
「とにかく、この人が好き。ずっと一緒にいたい。」
と思う気持ちに皆が正直になっていくお話。

いや、美しかった。
泣けた。
特にもう、最終回・・・・!!
最後の1分半には、もうこれは2次創作で65342回くらいは見てきた場面なのに
息止まりましたがな。
これが公式で見られるなんて。実写で、地上波で。生きてて良かった。

他のキャラクター達もそれぞれに前に向かって進んでいる最終回で、
もう何これ最高か。

でも骨子はかつての「月9ドラマ」だったと思う。
あの当時、あの連ドラを見ていたドキドキとワクワクを
久々に味合わせてもらった。
主人公と、誰が結ばれるのか?ライバルはどうなるのか?
1週間、次の放映がこんなに待ち遠しくなるドラマは久しぶりだった。

それにしても、このドラマは脚本も演出も素晴らしかったが
とにかくキャスティングが奇跡的だったと思う。
主役の春田は田中圭でなければありえないし、
そこへ乙女な部長の吉田鋼太郎が絡んであまりにも可愛らしかったし、
後輩なのにどSだからツンデレ系の牧凌太がチワワの林遣都!
最初は田中圭は別に好みじゃないし〜、とか思ってたんだけど
見てるうちにもうほんと感情移入してしまって・・・!

特に、主人公春田の鈍感さと可愛らしさはもう
田中圭の演技力なしには説得力が無かっただろうと思う。
下手したら「こいつバカなんじゃねえの」で終わってしまうところを、
「春田さんだから、しょうがないですよねえ」と
かわいげに変えてしまえるあの演技力。
また、それを受け止める林遣都の演技。
色々な気持ちを押し込めて、言える言葉は我慢した事ばかりで、
「春田さんのこと、好きじゃないです」
って・・・
もうこっちが死ぬがな。

この2人の役者じゃなきゃ、成立しなかっただろうなあと思う。
脚本も演出も素晴らしかった、でも俳優さん達の力を
改めて感じた作品で本当に面白かった。

ブルーレイ買います。
お願い、金出さしてください。

(妹へ
半年後、ブルーレイそっちに届くので受け取っておいてください)

おっさんずラブ

おっさんずラブ





ちょっともう何これ最高。

5話まで放映された週に、
ふと気が向いて日本のドラマのサイトに入ってるのを
最初から見たんだけど。
サイトでは1話ってなってるのが
実は前に放映されたスペシャルドラマ版だったのね。
それ知らないで、2話を見たら
パラレルワールドになってて混乱したわ。

ネットでググってやっと
連ドラとスペシャルとがあるのを知って
納得した。

ていうかもう無理・・・!!
部長、ていうか吉田鋼太郎ていうか、
もう・・・・

可愛すぎるわぁぁぁぁ

「あぁぁぁぁ〜〜〜!!!!
聞こえなーーーい!!
聞こえないーーー!!!
ああぁぁぁぁぁ!!!」

て屋上のシーンでは、
目一杯のボリュームで聞いてた私のところへ
夫がダッシュして飛んできた。

息子が大抵週末は友達を連れてきてて、
わーわー遊んでるもんで、その声かと思い、叱ろうと飛んできたそうだ。
いや、違うし。
武蔵部長(吉田鋼太郎)の、魂の叫びだし。
さすがシェイクスピア劇で鍛えた腹式呼吸。

なんかもう久々にどハマり中。
ツイッターでハッシュタグ漁ってpixivで感想絵見まくって
4話5話見返しまくり。

見る前は、やりすぎのドタバタコメディなんじゃないかとか
変にゲイカップルをおちょくってるような話じゃないのかとか
ちょっと敬遠していて手をつけなかったんだけど・・・・

なんでもっと早く見なかったんだ。

部長が乙女で可愛すぎるし
牧くん(林遣都)もキュートでたまらん!
春田(田中圭)の顔は好みじゃないんだけど・・
そして武川主任(眞島秀和)もいい味出してる〜〜〜
「隣の家族は青く見える」で「わたるん」やってたけど
今回もゲイ役なのね。

部長の奥さん役は大塚寧々だが、
この2人ってテレビ東京の「東京センチメンタル」でも
元夫婦やってたなあ。
なんかしっくりくる組み合わせなのかしら。

だけどこのドラマ、あと2話で終わりって本当〜〜〜!???
短すぎる!

シーズン2にも期待したいところだけど、
春田家で牧春がただご飯作って食べて喋ってるだけとか
そういうのんびりしたスピンオフなんかも見たいなあ〜〜

Dancing with the Stars

ABCで先週から始まったDancing with the Stars アスリート編が面白い。

Dancing with the Stars cast

フィギュアスケートのミライ・ナガスとアダム・リッポンが出ているので見てみたが、
今回はとにかく出ている全員がアスリートなので本気で練習しているところが面白い。
トーニャ・ハーディングが出ているのにも驚き。

しかし、ハーディングはともかくとしてやっぱりフィギュアスケーターは有利だわね。
元々のスポーツがそういう「振り付け」があって「芸術的要素」の必要なものだから。
スノーボーダーだのバスケットボール選手よりずっと有利でしょう。

私は短大時代にちょこっと競技社交ダンスをかじったことがあるので、
見ていて「あー、もうちょっと肩がなあ・・・」とか気になると
ちゃんとジャッジもそこを指摘したりするのが面白い。
おー、まだ私も見る目があるなー、なんて。

このアスリート編は普通のシーズンと違って4週しかないそうなので、
1週に2組ずつ落とされていく。
展開が早くて面白い。
普段のシーズンは出る人数も多いし最終まで長いから、途中で飽きちゃうのよねー。
これは最後まで見ようっと。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住。
現在は夫と猫1匹と一緒にアラバマの田舎住まい。
娘と息子は大学生でそれぞれ別に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR