fc2ブログ

お花見散歩

fc2blog_20240412211211f22.jpg

fc2blog_2024041221114949f.jpg

利根運河沿いへ、桜を見に行ってきた。

暖かい土曜日で人出も多かったが、都内に比べればはるかに空いていて歩きやすかった。
ていうか、広いってことかしら?
端から端まで歩けないぐらい桜並木続いてるもんね・・・
都内の桜の名所って、要は狭いからあれだけ混んでるのか?
いやもちろん人出も桁違いなのでしょうが。

ピクニック出来る場所も限られているし、
露店なども出ていないので
なんだか平和でのんびりしていて良かった。

やっぱり桜はいいなあ。
スポンサーサイト



花桃と道の駅



近所の花桃園。
個人のお宅なのだが、誰でも自由に入らせていただける。
花桃の木が何十本も植えられていて、この時期それは見事なのだ。

fc2blog_20240412211245fe1.jpg

fc2blog_20240412211306eeb.jpg

fc2blog_20240412211231ed6.jpg

fc2blog_20240412211324c6f.jpg

去年、上の妹を誘って見に行ったのだが
今年はお花の大好きな母を連れて行ってあげたいねと、
私と上の妹で母を乗せて実家からドライブしてきた。
ちょうど満開のタイミングで、すごくきれいで母も喜んでいた。
良かった。

それから、3人で道の駅しょうなんへ。
手賀沼という湖水のほとりにある道の駅で、
行く途中に桜並木があるからいいかと思ったのだが
残念ながら桜にはまだ早かった。

道の駅の目の前にある日帰り温泉にまずは立ち寄り、
お昼を食べてからお風呂へ。
女3人だとこれが出来るのが楽しい。
今までは父も一緒に出かけていたから、お風呂は無理だったものね。
お食事も美味しかったし、お風呂も混んでいなくて快適だった。

それから道の駅へ行って、あれこれお買い物。
野菜は東京のスーパーで買うのとあまり変わらない値段で
母はそれほど買っていなかったが、その他のおかきやら
大好きなゆべしやら買ってご機嫌だった。

いったん私の家まで戻ってひと休み。
私はそこで別れ、上の妹が実家まで運転して母を連れて帰ってくれた。
高速使っても1時間半ほどかかるので、お疲れ様。

私も色々楽しかった、また遊びましょう。

仙台日帰り旅行

fc2blog_20240321141859f1c.jpg

妹2人と一緒に、新幹線で仙台へ日帰り旅行に行って来た。
東北方面の新幹線と在来線が1日乗り放題で1万円、という
キャンペーンを上の妹が見つけてくれて、チケットを取ってくれたので。
東京駅から行きは2時間、帰りは1時間半ほどで着いたので近い近い。

天気は、風がやや強かったけどまあまあ晴れていて、
気温は10度もいかなくて寒かったがしっかり着込んでいったので大丈夫。

それよりも、乗り降り自由の観光用バスが混んでいて驚いた!
平日なのに、皆観光に来てるのねえ。
やはり新幹線のキャンペーンが効果あったのかしら?
20分に一本バスが出ているのだが、観光客が多すぎて
並んで待っていても次のバスにして下さい、などと言われ
結局トータル40分待つことになったりして。

fc2blog_202403211418474ab.jpg

fc2blog_20240321141834af5.jpg

fc2blog_202403211418066d1.jpg

3人とも仙台観光は初めてなので、まずは瑞鳳殿へ。
バス停から山の階段をずっと登っていくので、
その階段を見ただけでちょっと怯んだが
いざ上がってみたらそれほどきつくもなかった。
でも日本の観光地は本当に足が丈夫じゃないと回れないわねー。
ちなみに私は外反母趾や腰痛があるので念のため杖を持って行き、
上の妹も腰痛持ちなので杖持参。
階段に手すりがなかったので、これは持って行って正解だった。
痛いから使う、のではなくて、痛くならないように予防のため使うのである。

fc2blog_20240321141818792.jpg

こちらは仙台の七夕祭りに飾られる吹き流し(っていうのかな?)を、
羽生弓弦くんの衣装をイメージしてデザインしたものだそうだ。
確かに雰囲気あって、綺麗だった。
・・・しかし、羽生くんというと離婚の話が浮かんでしまって・・・
本当にお気の毒だしファンってなんなんだろうとか思って複雑な気分に・・・。

瑞鳳殿のバス停でまたバスを2台待ち、仙台城へ。
これが思ったより遠くて山道をくねくね登っていくので、
車に弱い末妹は酔いそうになっていた。
私はよろけないように踏ん張るのがきつかったー。

fc2blog_20240321141752a0b.jpg

伊達政宗像。
思ったよりも大きくて立派で、良かった〜。
ここまで来る前に資料館というのも瑞鳳殿で見学したのだが、
政宗公の復元顔貌というのもハンサムで良かったわ。
彫りが深くて鼻筋が通っていて、現代風のイケメンだったそうなので。
なにしろ私にとっての政宗公のイメージは渡辺謙さんだからねえ。
独眼竜政宗ですわよ。
本物もイケメンだったの、なんか嬉しい。

fc2blog_20240321141737819.jpg

こちらの記念碑は、手前に置いてある鷲の像はもともと
後ろの台座の上に飾られていたのだそうだ。
それが東日本大震災の時に落ちてしまい、
今は安全のためにここへ据えられているというわけ。
こんな大きなものも落ちるほどの地震だったのね・・・。
私はあの時アラバマにいて、テレビやネットで情報を見るだけだったけれども。

仙台城址の土産物店でちょっとお土産を買ったりして駅へ戻ることに。
例によってバスを待っていたのだが、ここで2台のバスがほぼ同時にやってきた。
すると、1台目のバスは「仙台駅直行します、途中は止まりません」という。
2台目はルート通りに観光スポットを回るというので、
私達は1台目の臨時バスに乗って駅へ。
これは助かった。
普通に観光ルートを回ると駅まで30分ぐらいかかるそうなのだが、
直行してくれたので15分ぐらいで着いたから。
やはり、臨時バスを出すほど混んでいたってことね。
すごいな、JRのキャンペーン。

fc2blog_20240321141716db8.jpg

早めに駅へ戻れたので、笹かまぼこを買ったりしてから牛タンのお店へ。
牛タン、ソーセージなどの定食と、ビールと日本酒で乾杯。

新幹線で東京駅へ戻り、3人でそのまま実家へ。
私も上の妹もそのまま泊まって翌日帰ることにしてたので、
実家でまた酒盛りして、楽しかったー。
日帰りとは思えない充実感。
また遊びに行きましょうねー。

中尊寺金色堂展



上野の東京国立博物館で開催されている
中尊寺金色堂展へ行って来た。

天気は快晴、三連休の中日、ということで
混んでるだろうとは思ったけど
入るだけで50分待ちの行列。
チケットは事前に電子で買っておいたけど、
これならコロナ禍の頃みたいに日時指定の方が楽だなあ。



思ったよりも小さい展示で、でもこれだけの小さい展覧会なのに
いったいいくつの国宝見たの!??ってほどすごかった。

でもやっぱり、金色堂に実際に見に行った時ほどの衝撃は無かったかな。
20年以上前だけど、見に行ってみて本当に
「こんな田舎(すみません)に、これだけの金を集めて、
これだけの技術者にこんな仏様とお堂を作らせるだけの
力のあった藤原氏って、どれだけすごかったの!!??」
という驚きがあったから。
仏像が美しいとか、そういうのとまた次元が違うのよ。
あの、金色堂の、すごさ。けたちがいの、権力の具現。
東京の、きれいな博物館に、展示だけ持ってきても
あれだけのインパクトは感じられないだろうな、と思った。

でも、東京近辺にいるとやっぱり、楽しいわね。
こういう展覧会に、思い立ったらすぐに行けるから。

さて、次は何を観に行こうかな。

広島旅行 3日目

広島、3日目。

ホテルで朝食。
荷物をまとめてさっさとチェックアウト、
市電で広島駅まで行き、新幹線で東京へ。
最終日って、もうちょっと何かしたいと思っても
結局中途半端になってしまうから、私はとっとと帰る派。

広島駅でちょっとお土産を見たりお弁当を買って
新幹線に乗って帰京。

まだ明日一日お休みがあるから、楽だな~。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR