料理しまくった木曜日

山中湖を片付けたのが水曜日。
明けて木曜日、上の妹がお義母さんからいただいた枝豆の山、
ジャガイモの山、そして私はBJが職場でおすそ分け(という量ではない)を
いただいてきた見事な丹波栗の山を持ち寄っていたので
私達三姉妹と甥のYも一緒に一気に全部調理することに。

午前中に必要な食材を買い出しに行き、
午後3時ごろから調理開始。

まずジャガイモの皮をむいて鍋でゆでる。
その間に4人で食卓に座ってひたすら栗をむく。
外の皮はお尻を包丁で落として手でむき、
鬼皮はそれぞれ包丁でちまちまむいていく。
いや、これ、4人でやれて良かったわ!
1人だったら泣きが入ってる。絶対。
終わらないもんこの量。

ジャガイモがゆであがったので
ひき肉と玉ねぎみじん切りを炒めて混ぜ合わせ、
コロッケのタネを作る。
妹2人と甥の3人でコロッケ成型。

私はその間に大量の枝豆をゆでる作業。
傷んでいるものや、むいむいの出てくるものをはじき、
塩もみしておいてからゆでる。
ゆであがった枝豆は皆で検分しながら全部さやから出す。
出してみると傷んでいたり、むいむいがいたり、
いやまあ、オーガニックってことで!
つってもやっぱりむいむいは食べたくないのでよーく見て分ける。
これがまた豆だけにしてもボウル一杯のすごい量。
ジップロックに分けて冷凍する。

それから、買い出しに行ったらレンコンが安くて立派だったので
つい買ってしまい、レンコンのはさみ揚げも作る。
なんでこんなに手間のかかるもんばっかり・・・
でも食べたかったの。しょうがない。

夕方5時ごろ、ようやく全部の下ごしらえが終了。
そこから私ははさみ揚げを揚げ、コロッケを揚げ続け・・・
もう腰が痛い。
商店街のお惣菜やさんかな!?という量を作ったわ。

皆でむいた栗は、もち米も加えて栗ご飯に。
おこわっぽくなって、塩しか足してないのに
栗が甘くてすごく美味しかった!
日本は季節ごとに美味しいものがあって楽しいなあ。

そしてこれらの料理は、作るのと食べるのに夢中で
ひとつも写真が無いのでした・・・・
撮っておけば良かった・・・・


新生姜

新生姜が出回ってきたので、初めて買ってらっきょう酢で漬けてみた。
日本にいるとこういう「旬のもの」が色々あって楽しいな~。
作り方は白ごはん.comで調べた。
今はこういうのもすぐに調べられて便利。
実家に行った時にまとめて大量に作ったので、
実家と上の妹と私の3つに分けて持ち帰ってきた。

帰宅してから、おいなりさんを作った。

fc2blog_202307281443059f5.jpg

きゅうり、大葉、ガリ(自家製新生姜の甘酢漬け)を刻んで
白ごまも混ぜてお揚げにつめて夏いなり。
さっぱりした味で美味しかったけど、ガリをもっと入れても良かったかも。

自家製ガリ、思ったより簡単に作れるので
また作ってみようかな。

最近の外食

この頃外で食べた物の記録。

fc2blog_20230527075601593.jpg
コメダ珈琲のシロノワール、期間限定ブラックモンブラン。
いやだから、白なの黒なの。
シロは白だしノワールは仏語で黒、
ブラックは英語で黒だしモンブランは仏語で白い山!
美味しかったからまあいいんだけど。
BJはコメダ珈琲のフードやデザートのボリュームを知らなかったので
出てきたシロノワールを見てたまげていた。まあそうでしょうね。
私も実はこれが初シロノワール。
1人で行っても絶対食べきれないので頼んだことがなかったの。
今回やっと、2人でハンバーガー1個と
シロノワール1個を食べられた〜!
そしてお腹ぱんぱん。

fc2blog_202305270756125d9.jpg
近所の和食居酒屋で初めて飲んだ日本酒。
名前がいいなと思って頼んでみたけど、味も好みだった。

fc2blog_20230527075623ba4.jpg
美しいお造り。
店主は東京の日本料理店で修行してきた本格派で、
でも自分の好きなものを好きなように出したい、と
独立してこの店を出したそうだ。
メニューも多いしどれも凝っていて美味しいので、
これから贔屓にしたいところ。

fc2blog_2023052707575067d.jpg
妹と夕食を食べに行った自由が丘のレストランでの一品。
鯛と焼き茄子のカルパッチョ。
2時間半の制限はあるがワインが飲み放題。
自分でワインセラーに行って注いでくるスタイルで、
コロナ禍の間はどうしてたのかしら?
ワインの解説もテーブルにあって、なかなか面白い店だった。
期待していなかった料理の方も、どれも綺麗な盛り付けで味も良かったし。
今度はコースではなくてアラカルトで頼んでみたいな。

fc2blog_20230527075818c04.jpg
業務スーパーで買ってきた生姜とネギの醬。
TVやSNSで話題だという。
食べてみたら、生姜がすごく効いていて辛いぐらい。
でも美味しい。
色々使えそうで便利そう。

日本は美味しいものがいっぱいあって安くて嬉しいな〜。

お友達とランチ

かつてブログ全盛になる前の時代にあった
「ウェブ日記サービス」で知り合ったお友達2人と
東京ミッドタウン日比谷でランチ。
このおふたりとも、思えば長いおつきあいになりました。

fc2blog_20230430091659f46.jpg

中華のコースで、まずは前菜。

fc2blog_202304300916501f2.jpg

fc2blog_2023043009163896e.jpg

この他にもお料理が出たのだが写真忘れた。
つい、食べるのとお喋りに夢中になってしまって・・・。

ゆっくりお料理を堪能してお喋りもしてあっという間に3時間(!)。
またぜひご一緒しましょうねー!

fc2blog_20230430091618eef.jpg

おふたりと別れて、私は有楽町まで歩く。
地下鉄使ってどこかで乗り換えるより、ここからJR乗った方が便利なので。
途中でゴジラを見つける。
ゴジラの像、ここにあるのか〜。思ったより小さい感じ。

ついでなので交通会館に寄って、北海道のアンテナショップで買い物していく。
ロイズのチョコレートがけポテチ、カロリーは怖いけど美味しいのよねえ。

電車で帰宅。
楽しかった、ごちそうさまでした〜。

ナスとピーマン

この夏ぐらい、ナスとピーマンを食べた年は無かったという感じ。

アメリカで普通に出回っているナスは
日本でいう「米ナス」というあの大きくてふかふかした野菜。
ナスは英語で「Egg plant」というが、
最近やっと日本風な小さいナスが「Baby egg plant」といって
ちょっと出回るようにはなってきた。
でもあまりメジャーではないので、見かけた時に買えるくらい。
それでも嬉しくて、ちょっとお高くても買っていた。

日本に帰って来たらナスが安い!美味しい!新鮮!!!
もう感激で、ほんとこの夏はナス食べたなあ〜〜〜。

同じく、ピーマンも、アメリカで普通に買えるのは
日本でいう「パプリカ」という大きくて肉厚で赤かったり黄色だったりのもの。
緑色のもあるがとにかく大きいし肉厚で、あれはピーマンとは別物。

日本では薄くて小さいピーマンが安い!美味しい!新鮮!!!
感激しまくって何十年ぶりでピーマンの肉詰めとか作っちゃった。
アメリカにも「パプリカの肉詰め」という料理はあるのだが、
あの大きいパプリカのヘタを切って、肉や米を詰めて立てて並べ、
オーブンで焼くか大きい鍋で蒸し煮にして作る。
違うお料理よね。

というわけで色々ナスとピーマンを使うレシピにトライしてみたが、
以下、美味しかったのでおすすめのレシピをリンクしておきます。

揚げピーマンのにんにくソース
丸ごとのピーマンに竹串で穴を開けて素揚げ。ちょっと油がハネるので注意。
にんにくソースは、にんにくが少し色づいてきたなと思ったら火を止める。
油の余熱でカリッとなって食感が良い。


リュウジさんのバズレシピ、豚なすピーマン



我が家の好みは甘さ控えめなので、レシピより砂糖は減らしたけど
簡単だし美味しい。

あとは単純にナスの乱切りを素揚げにして白だしに漬けて生姜をそえて、
というのも美味しくて夏中食べてた。
これも、最初はめんつゆに漬けていたのだがそれだとBJが
「甘い」と言うので、白だしにかえてみたら好評だったという。
ことほど左様に、万人受けする味なんて無いのよねえ。

そろそろ夏野菜の季節も終わりかな。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住でしたが、
2021年8月、夫と2人で日本へ本帰国。
娘はカリフォルニアで社会人生活、息子はテネシー州ナッシュビルにいるらしい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR