FC2ブログ

ガレージドア

fc2blog_20190622042912ff6.jpg

朝、出勤していくBJから「ガレージドア(シャッター)が閉まらない」とテキストが入った。
私は2階にいたので、言いに来るのが面倒だったため。

彼が出かけた後、降りて行ってガレージドアを閉めようとスイッチを押すも
一旦下がりかけるが途中で止まってまた開いてしまう。
スイッチを長押しすれば一応下まで閉まるので、それでちょっと様子を見る事に。

ウェブで解決法を探したりオーナーズマニュアルを見たりしたがどれもイマイチ。
まず安全センサーをチェックしろ、と書いてあるのだがそれは既に試した。
センサーは汚れてないし曲がってもいないしワイヤーも切れてないし問題なし。

何度か開け閉めしているうち、本体に付いているランプが変にチカチカ点灯している事に気づく。
あれ、これはもしや・・・・
ひょっとして、電源引っこ抜くと直るやつ。

天井の電源プラグを引っこ抜き、しばらく放置。

再びプラグを入れて電源を入れてみると・・・



直ったーーーー!!


完璧。
よっしゃー、私、すごい!えらい!

これだけの事に人を呼ぶと、来ただけで80ドルとか取られるからなー。
良かったわあ。
しかしやっぱり、この頃の電化製品は電源落とすのが一番効くわね。


スポンサーサイト

処方箋薬

先日検診に行った時、緑内障の目薬の処方箋をドクターに頼んだ。
その場でパソコンで薬局に送ってくれたはず・・・・だったのだが
ウェブサイトで見てもアプリで確認しても私のアカウントにその薬が入っていない。

あーもー面倒くさいなあ、どっか違う薬局に送っちゃったのかな?と、
仕方ないので確認のため病院へ。
大きい病院なので、電話をかけても代表番号に繋がるだけで延々待たされ
結局誰とも喋れず留守電にメッセージを残す羽目になるのがオチだから
受け付けへ直接行って秘書と話す方が早いのだ。

受付で処方箋の事を説明し、コンピュータを確認してもらうも
「間違いなく送ってあります」
という。
まあそれなら、新しい処方箋だし私が薬局に行って
アクティベートしないとオンラインで見られないとかそういうやつかな・・・
と思い、その足で薬局へ。

薬局でまた処方箋の説明をすると私のアカウントを確認してくれたが
やっぱり件の目薬は入っていない。

・・・・ああぁぁぁぁもー面倒くさいーーーー!!!

昔みたいに処方箋を紙に書いてもらって、自分で手で持って来た方が確実じゃないか!

しかしアメリカ生活も25年。
こちらもそれぐらいの事では負けてないので(勝負なの?)
薬局のお姉さんに私のかわりに病院へ問い合わせの電話をかけてもらう事に成功。
その場で解決はしなかったが、一応連絡はついたのであとは待つだけ。

帰宅して数時間後、薬局のウェブサイトで確認したらやっと目薬の処方箋が入っていた。
あーやっと済んだか。

でもまだ薬自体は出されておらず「処理中」。
うーむ。
また店頭へ行って頼まないといけないのかしら。
らちがあかない〜〜〜

娘とショッピング

日曜日にコロンバスからドライブして来たナナ。
銀行の用事があったのでBJと一緒に店舗へ行き、手続き。
この店舗は年中無休のスーパーの中にあり、日曜でも営業しているのだ。
銀行の他の店舗は土曜日の早い時間は営業していても日曜日は休業。
しかしいくつか、ここの店舗のように日曜も開いているところがある。
働いていてなかなか平日に銀行に来られない人には便利よね〜。
それでもBJもナナも、日曜はきっと現金の出し入れくらいで
普通の窓口業務はやっていないだろうと思っていたらしい。

ちゃんとやってました。はい。

なんでそう出来るのかな?とも思うけど、
いまどきオンラインバンキングで24時間受け付けてたりするから可能なのかしら。

夜は日本のテレビを見ながらダラダラとおつまみ食べて飲んで楽しかった。

明けて月曜日、就職も決まったし洋服が欲しいというので私とナナは買い物に。
仕事に着て行けそうなジャケットやスカート、ブラウスなど購入。
なかなか良いものが見つかって良かった。

お昼はShake Shackでハンバーガー。
作りたてを出してくれるしソースが結構美味しい。
フレンチフライは冷凍物って感じでイマイチなんだけど・・。

アジア食品店に行ってナナの欲しいものなど買ってやり、
帰宅して一休みして彼女はコロンバスへ帰って行った。
カリフォルニアへの引っ越しまであと1ヶ月。
せっかくそばに引っ越して来たのに、また遠くなっちゃうのね〜。
今みたいにすぐに走って会いに来られる距離じゃないと思うと淋しいなあ。

ブランチパーティ

fc2blog_20190617053211354.jpg

友達Nの家でブランチパーティ。
Nとは彼女が95年にアメリカへ引っ越してきてすぐ
インターナショナルウィメンズグループという会で知り合った。
一緒に会の運営をしていた事もある。
私達がクリーブランドから引っ越してしまって
クリスマスカードをやり取りする程度になっていたが
今回戻ってきてまたおつきあいが復活した。
アフリカのカメルーン出身で旦那様はドイツ人。
だから彼女はフランス語、ドイツ語、英語が堪能だ。羨ましい〜!!

お料理もすごく上手なので、今日はウキウキとご飯をいただきに伺った。
フィレミニヨンもレッドスナッパーを焼いたのも野菜の付け合わせも
ハムもチーズも全部美味しかった!
昼間っからシャンパン飲んでおしゃべりして、楽しかったわ〜。

他にも日本人ご家族やNのご近所さんも招待されていて、
普段ご主人達とはお会いできないので今日はお話しできて楽しかった。

今度は我が家でもパーティしなくちゃね。

タロウからのテキスト

アラバマに行っているタロウからは全然連絡がなかったのだが、
彼の同窓生のお父さん(!)が私のFacebook記事にコメントしてくれて
「昨日、タロウと会いましたよ」
とのこと。
あら。そうなんだ。もうどこにいるんだか全然把握してないわ私達。

というわけでこちらからタロウにテキスト。
返信があって
「そう、学校の友達に会いに行ってたんだよ。」
と近況報告が。

その中に
「今は、お父様達が引っ越したわけがわかるよ〜。
ほんとあの町、何にもないんだもん!
やる事なかった!友達に会えたのはまあ良かったんだけど。」
と書いてあったので笑った。
そうかー、コロラド行って、それからクリーブランドでも暮らしてみて
いかにあのアラバマの町が田舎で何もなかったかわかったのか〜。
良かった良かった。

彼は小学1年生からずっとアラバマだったから、
あの町から私達が引っ越すと言ったらすごく驚いてたし
がっかりしてたんだけど。
やっぱり、州外の大学に行ってみて色々見たのは良かったわね。

7月なかばくらいにはこちらへ帰ってくると言っていた。
ナナが7月末にはカリフォルニアへ引っ越してしまうから、
その前に家族4人揃ってご飯でも食べられたらいいね。

ピッツバーグ 3日目

午前中、ホテルのすぐ横から出ているリバークルーズに乗りに行く。
1時間、街並みの説明を聞きながら川をクルーズ。
ドライブしているとビルをのんびり眺めることもないし
由来や歴史もわからないから、これは面白かった。

クルーズ後、ホテルをチェックアウトして車でダウンタウン方面へ行ってみる。
あちこち通行止になってるなあ、と思ったらLGBTパレードがあるのだった。
そういえば6月はプライド月間だったか。

fc2blog_20190610201317406.jpg

パレードが通るストリートへ行ってみたらあと10分で開始だというので、
せっかくだからちょっと待って、しばらくパレードを見物。

fc2blog_2019061020133666e.jpg

バイクのお姉様方がかっこ良かったわ〜〜。

fc2blog_20190610201246653.jpg

LGBTの象徴、レインボーフラッグは7色ではなく6色。
デザインした人は当初8色(ピンクと水色も入れる)にしたかったが、
大量生産のために色を減らす必要に迫られ、現在の6色にしたそうだ。

レインボーフラッグ ←発案者のインタビュー記事


パレードを見て、ダウンタウン辺りをちょっと散策してまた車で移動。
ストリップディストリクトという地区に行ってみる。
ここはちょっと変わった店やグルメ食料品店、アジア食品店などが並ぶ通り。
店を冷やかしながらブラブラ散歩。
ロンドンのカムデン辺りにも似た感じで雑多で面白かった。

暑くなってきたし一通りは見たので帰路につく。
2時間ちょいのドライブで無事帰宅。
2泊3日だったけど移動時間が少なかったせいか
すごく沢山遊んだ感じ。
楽しかった!



ピッツバーグ 2日目

朝、ホテルで朝食ブッフェを食べてから1時間半のドライブで、
今回の旅行の1番の目的であるFallingwaterへ向かう。

Fallingwater

日本語では「落水荘」と言うらしいが、フランク・ロイド・ライトによる設計の山荘である。

fc2blog_2019061020143158e.jpg

以前から写真は見た事があって、行ってみたいなと思っていたが
どこにあるのかとか具体的には調べたことがなかった。
今回、2泊3日のドライブ旅行でどこに行くかと色々見ていたら、
このFallingwaterが意外に近場なのがわかり、行く事に決定。

11時頃、現地到着。
少し案内所で待って、45分からのガイドツアーに参加。
建物内の写真は禁止なので、外からだけ撮影したのが上の1枚。
奇跡的に、バルコニーに人がいない!
大体ツアー客でごった返しているから、これは貴重なショット。

ライトの建築は私はこれが2軒目(最初はアラバマ州フローレンスの一軒)だが、
同じように天井が低く廊下が狭く、家具も全て低いデザイン。
でもこちらの方が、自然の岩を家の中まで取り入れていたり、
外との一体感があって良いなと思った。
家の中は迷路みたいで階段だらけで、実際に住んだら不便だろうけど。
アート作品としては素晴らしいと思った。

1時間ほどのガイドつきツアーで邸内を見て歩き、土産物を買ってここは終了。
次は、ここから車で15分ほどのところにあるKentuck Knobへ。

Kentuck Knob

ここもライトの設計の邸宅である。
現在は個人の持ち物だが、一般に開放している。
こちらも邸内の撮影一切禁止。
平屋で、ライトらしい天井の低い狭い設計であった。
家は5角形で、その中心はキッチン。
丸く石壁で囲われており、天窓がある。
中に立って上を見上げるとなんだかディズニーのリトルマーメイド、
アリエルのグロットみたいである。
しかしあれ・・・夏場は天窓からの光で暑いだろうな!

邸宅を見た後、入り口にあるカフェでアイスクリームでも食べようと寄ったら
「無料のケーキがありますけど、いかがですか?」
と勧められた。

fc2blog_201906102014566f2.jpg

見ると、こちらでよくある長方形のバースデイケーキ。
どなたか(スタッフとか?)のお誕生日なんですか、と聞いたら
「フランク・ロイド・ライトの誕生日なんですよ。」
・・・って、えー、偶然!知らなかった!
そこにある写真を見ると確かに6月8日生まれとある。びっくり。

ケーキのお裾分けをいただき、アイスクリームとコーヒーを買って一休み。

さて車に乗り込んでナビを合わせて出発、・・・と思ったら
なんと携帯の電波が入らない。
うん。山の中だし。周囲に家もないし。
それでかー、さっきのカフェにやたらと地図や道案内メモが置いてあったのは!

スマホのナビは使えないが車のナビは大丈夫だったので、帰路につく。
Kentuck Knobにおいでの際は、あらかじめ周辺地図をダウンロードしておく事をお勧めします。

ホテルへ戻って着替え、夕飯はすぐ近くのシーフードレストランで。
ビール飲んで2日目終了。

ピッツバーグ 1日目

BJと2人で、ピッツバーグまでドライブ旅行してきた。
金曜日から2泊3日。
2時間のドライブで着くので思ったよりも近い。

まずは有名なデュケイン・インクライン(Duquesne Incline)に行ってみる。

fc2blog_20190610201402649.jpg

小さい赤いケーブルカーが急斜面を上り下りしている。かわいい。
往復で2ドル50セント。
現金で、お釣りの無いようにぴったり払わねばならないのには驚いた。
今時のアメリカで、現金のみ、って・・・。
普段現金なんてほとんど持ち歩かないので、この時も少ししか持っていなかったが
たまたま5ドル札はあったので2人分払うことが出来たけど。


fc2blog_20190610201211edf.jpg

頂上の展望台からの眺め。
ここに写っている観光クルーズには最終日に乗った。

インクラインの後、アンディ・ウォーホル美術館へ。

fc2blog_20190610201700027.jpg

ひとりのアーティストの美術館としては世界最大なのだそうだ。
7階まであって、かなり見応えがあった。

fc2blog_20190610201628862.jpg

かの有名なキャンベルスープ缶の作品。
キャンベルスープは一度ラベルのデザインを変えたことがあるのだが、
結局不評だったのでこの当時のデザインを今も採用している。

fc2blog_201906102016070c7.jpg

80年代の人間にはめちゃくちゃ懐かしい広告!!
テレビでもやってて、ウォーホルが
「あか、あお、ぐんじょういろ。きれい。」
って言うんだけど、なんで群青だったんだろう・・・・。

ウォーホルの映像作品もブースでずっと流されていた。
ちょっと見てみたけどわけわからん。

なんて言うか、ウォーホルって、作品よりも人物の方が有名な気がする。
作家のフィッツジェラルド(華麗なるギャツビー)みたいな。

美術館をゆっくり見たので、出たらもう午後3時半。
お昼を食べそこねたためお腹が空いてきた。
とりあえずホテルにチェックインし、すぐ近くのスポーツバーでビールで乾杯。
それからすぐ向かいにあったThe Melting Potと言うレストランに入ってみた。

フォンデュの店で、チーズフォンデュ、オイルフォンデュ、デザートのチョコレートフォンデュが食べられる。
へー、こんな店知らないわー、って思ってたけど今この記事書くにあたってウェブサイト見たら
クリーブランドにもあったわ。
そうか。今度行ってみよう。

fc2blog_201906102015250d3.jpg

前菜のチーズフォンデュ。
私たちはメインは赤ワインで煮る牛肉を選んだ。

fc2blog_20190610201545017.jpg

デザートのチョコレートフォンデュ。
これがめちゃうま〜〜!!!
ミルクチョコレートにベイリーズを混ぜるのを選んだけど大正解!
ピーナツバター入れるのとかあるのよ・・・・さすがアメリカ・・・。
ディップするものはマシュマロやらチーズケーキやら色々出てきたけど、
バナナ最強。
バナナ美味しい。
次がストロベリーかな。
甘いケーキをチョコにディップするのはイマイチだった。甘すぎ〜〜。

向こう3日分くらいのカロリーを摂取して、夕食終了。
ホテルへ戻って私はさっさと寝てしまい、1日目終了。



Godzilla King of the Monsters

ゴジラ観てきました!
控えめに言って最高でした!
怪獣つおい。怪獣でかい。怪獣かっこいい。
の、最高に頭悪い映画で(褒め言葉)
早くブルーレイ欲しい!
人間ドラマのとこ全部すっ飛ばして怪獣だけ見ていたい!

日本でもウケてるのかな?とツイッター見てみたら
「ゴジラKOM見てきました」
と書いてあるのが多くて最初「??」
ちょっと考えて
「あっそうか、アメリカだとKing of the Monstersだから
ゴジラKOTM、って約すけど、日本だとTheが入ってなくて
キング・オブ・モンスターだからKOMか!」
と理解した次第。
しかしなんでTheだけ省略するのか・・・・
Theが無いと変なんだけどな・・・・?

そして音楽が良かった。カコイイ。
オマージュもたっぷり。



映画終わっても、エンドロールの最後まで見てね!


(以下、ネタバレ感想です)

****

続きを読む

アラバマ行き

タロウは朝早く起きて、7時半ごろには南部へ向けて出発して行った。
一人でここからアラバマまでドライブして行くのは初めて。
12時間かかる(アメリカ広すぎ〜〜)計算なので、
途中でナッシュビルの友達の家に泊めてもらう予定である。
ナッシュビルまでは8時間。
まあ、20歳だし体力あるからそのぐらいは平気でしょ。
BJも私も自分がその年頃に長距離ドライブちょくちょくしていたから特に心配はしていない。
車も新車だし、今はスマホもあるし。

タロウはガソリンスタンドに寄る度にテキストをくれて、
到着した時もちゃんと連絡して来た。えらいえらい。

ナッシュビルの友達は高校の先輩で、ドラムとピアノを演奏する。
タロウが来ると言うのでもう家にドラムをセットアップして待ってる、と言ってたから
多分2人でセッションやって楽しんでるんだろうな。

そこからアラバマへ移動してタスカルーサの友達の家に泊まる予定らしい。
オハイオへ戻ってくるのは独立記念日以降だそうで。
大学が始まるのは8月の末。大学の夏休み、長すぎ〜〜〜!
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
1993年からアメリカ在住。
夫と猫1匹と一緒に2018年10月からオハイオ州クリーブランド在住。
娘と息子は大学生でそれぞれ別に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR