またやってしまった〜〜

タロウの友達ギャレットを今年の年末に日本へ一緒に連れて行ってやる予定なので、
彼のお母さんにあれこれテキスト(携帯メール)してた時のこと。



ギャレットの名前の綴り、また間違えた・・・・!!!!



ああ〜〜〜、また、やってしまったわ〜〜〜。
ギャレットの名前は「Garret」で、最後のtが一個なんだよね。
で、タロウの他の友達マックス・ギャレットは苗字がギャレットで、
そっちの綴りは「Garrett」なのだ。

どっちがどっちか、わかんなくなるんじゃーーー!!!

思わずナナにLINEでそう言ったら
「あぁーそりゃ難しいわ」
「気にしたことなかった」
とレス。
喋ってる分にはどっちがどっちでも問題ないしね!!
でも、親としてはきっと気になるし、嫌だろうなーと思って。
「んー。一郎と一朗、みたいな。」
と言うのでその通りだよーー!!

キャサリンって名前も綴りが色々あるので混乱するけど
ほんと、親しい子の名前ぐらいちゃんと覚えないと・・・・
スポンサーサイト

夏目漱石

そして、夏目漱石の作品をBJが
「やっぱり、森鴎外とかに比べて読みやすいし面白いよなあ」
と、言った。

・・・私、夏目漱石、嫌いなんだよねえ〜〜〜。

大体彼の作品に出てくる「マドンナ」が、ありえない!
女性側からすると、「こいつ何考えてんの!?」っていうか
「明らかに、童貞の男子から見た憧れの女子ってやつ」だろ!??

私は女だし、中学から短大までずっと女子校で育ってきて
夏目漱石の作品を読むのも教師が女性、生徒は100パーセント女性、
という状況だったからそういう視点でしか捉えられないのかなとは思うが。
それにしても、当時の他の文学作品に比べても、
漱石の書く「マドンナ」は、女性から見たらありえないぐらい水彩画だ。

淡い色を重ね、陽の光が透けて、
そして本人の輪郭はハッキリとは見えない。

そんな、水彩画の女性。
みたいだ。

源氏物語も一緒に読んで見たいけど、
森鴎外の「舞姫」とか夏目漱石の「こころ」とか
太宰治の作品や村上春樹なんかを
もう一回ちゃんと読み返して、BJと意見交換できたら
結構面白いのかもしれないな〜・・・・


すっごい勢いで喧嘩しそうな気もするけどな〜・・・・

源氏物語

源氏物語をちゃんと読んだ事ないなあ、とBJが言ったので
「読みたい?読みたい!!??じゃあ、私が一緒に読むから!!」
と、身を乗り出してしまったら向こうが引いてしまった。

「いや、現代語訳では読んだことあるんだけどさ、
なんかピンと来なかったし・・」
と、腰が引けてるBJを相手に
「ウンウン、わかる!!
でも現代語訳で読んだからって、全部がわかるわけじゃないんだよ!
キャラクター達のバックグラウンドとか、時代とか、
全部解説してあげるから!一緒に読もう!?ね!!!??」
と更に身を乗り出したら更に身を引かれてしまった。

多分、BJもそうだけど、真面目な人はちゃんと最初から読んでると思う。
でもねえ〜・・・・
最初のうちは、正直言ってあんまし面白くないんだよ源氏物語。
すっごく面白くなってくるのは、前半で伏線になっていた話が
後半のそれも最後の方でどんどん回収されてくるあたり!

だってねえ、光源氏が母親の面影を求めて藤壺と通じてしまって
生まれたその子供が冷泉院。
彼の後見人を、実の父ですとは言えずに光が勤めるのが前半。
そして後半、女三宮が柏木と通じてしまって子供を産む、
それを知っているのに何も言えず我が子として育てるに当たって初めて
「父(天皇)は、全てご存知だったのだ・・・
そして、知っていながら私と藤壺とを受け入れて下さっていたのだ」
と、知る(気づく)くだり・・・!!
これ、ちゃんと計算して書いてたのおお!!!??
って、驚くよ本当に。

光源氏は、光の君と呼ばれる通り光り輝く見目麗しさだったのに
息子は「薫の君」そして「匂の宮」、つまり、目に見えない良い香り。
それだけ印象が薄いのだ、という名付けにも脱帽。

更には最近の研究で、今までは光の君が亡くなる話は
「雲隠れ」という章だがタイトルだけが残っており本編は散失された、
というのが定説だったのにどうやら
「亡くなった、という設定だけは出して置いて中身は書かないでおく」
ということだったらしく、元から無かったという話。


どこの腐女子のための設定ですかそれ。


あ、そうか。
更級日記のお嬢様のためか。

何しろ、源氏物語は本当に、ほんっとーに、面白い!
これだけの長さで、登場人物も多くて、
でもどの人もちゃんと生き生きしていて
お話もあれやこれやがちゃんと後でまとまってきて・・・・。

私は短大時代に授業で読んで先生の解説を聞いてすごく面白かったのだけど
また今読み返したら違う印象があるのかもしれないなあ。

いつまでも暑い〜

ハリケーンの影響があった数日は、最高気温30度で湿度も高くムシムシしていた。
タロウは学校が休みなので友達の家で焚き火をして遊ぶ予定だったが
あまりの暑さに我が家のガレージ(エアコン完備)で集まる事に変更したほど。
しかしもう10月よ!??
いつまで暑いの!!??

今日の最高気温も29度の予報。
日曜日までは28度で、月曜日から23度とか22度に下がるらしい。

早く涼しくなって欲しいわー。

チキンカツ



鶏胸肉で、柔らかくてジューシーなチキンカツを作った。
参考にしたのはこちらのサイト→ 激ウマのチキンカツ

簡単で美味しかった!
衣がはがれやすいので、揚げ油に入れたらひっくり返すのは1回だけにして
あまりいじりまわさない方が良いようだ。

ハリケーン・ネイト

ハリケーン・ネイトがアラバマを通るというので、
毎週日曜日の午後にあるタロウのユースオーケストラの練習はキャンセル。
そんなに大変なことになるのかな?と心配していたが、
我が家のあたりは風が強かったくらいでさほどの被害もなく。
タロウの友達のおうちは停電になってしまったらしいが。

停電になると、灯はなんとかなるとしても(アロマキャンドルとかいっぱいあるし)
一番困るのは冷蔵・冷凍庫よねー。
アメリカの場合冷凍食品の一個ずつが大きくて、うちも大体いつも冷凍庫はギッチギチ。
これが停電でダメになったら、と思うと・・・・。

アパートなどだと台所のコンロや暖房も全部電気だからそれも困るが、
今の家はガスコンロとガスストーブがあるのでまあなんとか。
アメリカだと一度停電すると復旧するまで3日くらいかかる場合もあるので
オール電化はリスクが高いよねやっぱり。

明日、明後日はタロウの学校は秋休み。
せっかくのお休みなのにハリケーンの影響が残るのか天気はあまり良くないみたいだけど。

保育園・幼稚園の騒音

ネットの記事で、日本の住宅地で保育園や幼稚園の騒音に苦情が来ているというのを読んだ。
比較してドイツでは「子供の声はうるさくない」と住民が言っていて、
特に保育施設への苦情は出ていないとか言ってたのだけど。

ドイツの子供がどうかは知らないけど、
アメリカと日本で子育てしてみた経験から言わせてもらうと





日本のガキはうるさい。





そして、そのうるさいガキが集まっている幼稚園や小学校はもちろんものすごくうるさい。



アメリカでは、本当に小さいうちから
「インサイドボイス」と「アウトサイドボイス」と言ってしつける。
室内のお友達に話しかける時は「インサイドボイス」で、
必要以上に大きな声を出さなくていいのだ、と。
そして外にいる遠くのお友達を呼ぶ時だけ「アウトサイドボイス」にして
大きな声を出しても良いですよ、と言うのだ。
すなわち、外にいても」「遠くにいる友達」でないのなら、
「インサイドボイス」のボリューム(音量)で話せばいいわけだ。
これ、すごく理にかなっている躾けだと思う。
おかげでうちの子達も家の中で耳をつんざく甲高い子供の大声で
私たちを呼んだりする事はなかったし、
遊びに来た他の子達もそう。
ちゃんと普通の声の音量で話しかけてくれるので
家の中で遊ばせていてもうるさく感じなかった。

ところが息子が3歳の時に日本へ帰国し、日本の幼稚園へ入れたら様子が変わった。
息子の声が日に日に大きくなっていき、目の前で話しているのに
まるで校庭のはじから向こう側にいる人を呼んでるような音量で話すので
耳が痛くなる程で、娘も私も
「タロウくん、声大きいよ!もっと小さくして!」
と言わなければいけなくなったのである。
おそらく、周囲の友達の音量に対抗するには
そういう大きい声で話すしかなかったのだろう。
しかし私は一時期本気で、タロウの耳が遠くなったのかと心配したほどだ。

そして日本の小学校へ保護者として出向いてこれまたたまげた。





学校の中が信じられないほどうるさい。




なんでこんなに皆声が大きいの!??
耳が痛くなるじゃない!!
と、驚いた。

そして、やっとわかった。
アメリカに遊びに来た義母が、うちの子達の小学校や幼稚園を訪れて
「こっちでは、子供達が、静かなのねえ!」
と感心していたわけが。
なるほど、日本のこのうるささに比べたら、アメリカの小学校は静かだわ。

ナナは小学1〜2年生の時、バーミンガムのマンモス小学校に通っていたのだが
そこでは廊下を歩く時に右手を高くまっすぐ上げ、左手は人差し指で唇をふさがせて
一列になって移動させていた。
廊下では一切私語をせず、静かに歩く躾をしてくれてたわけである。
だから、移動教室があっても校内がうるさくなる事はないのだ。
日本でもそういう躾をすれば、周囲のおうちからの苦情も減るのではと思うのだが・・・?

とにかく、日本の小さい子達の声の大きさは異常だと思う。

Arron Neville Live

アーロン・ネヴィルのライブに行って来た。

近所の小さいコンサートホールでのライブだからだろう、
ステージにはアーロンと伴奏のピアノプレイヤーのみ。
曲順もきっちりとは決めていないようで、
アーロンがピアノの人に「次、あれね」とか言って
その場で合わせてるようでこれが面白かった。
ニューオーリンズあたりのライブミュージックやる酒場にいるみたいな感じで。

1曲目はラスベガス銃乱射事件の被害者に捧げる「アメージング・グレイス」。
今年76歳とは思えない、変わらない歌声で感動。

それから「Don't Know Much」。
え?こんなヒット曲、いきなりやっちゃっていいの??





でもその後も「アヴェ・マリア」とか他の人のカバー曲とか沢山やってくれてとても良かった。
途中途中の喋りも面白かったし。
最後はスローナンバーで、途中から
「M, I, C.....K, E, Y....」
と歌い出したので会場も大笑い。
ミッキーマウスクラブのエンディングの歌じゃない!
「M, O, U, S, E....」
って、アーロンの声であの調子で歌われるとなんかいい曲みたいに聞こえるわね!

1時間半、歌いっぱなしのライブで
思ったより面白かったー。
行って良かった。

アニメウィークエンドアトランタ 10月1日

最終日。
10時に会場へ行って最後の買い物をし、ナナを空港へ送って行く。
まだ昼前だったので、もう少しパネルなど聞いて行きたいなと思い、
私はそれからまた会場へ。
夕方4時ごろまであちこちのパネルを聞いたりしてぶらぶら。

1時間半ドライブして、午後5時半過ぎに無事帰宅。
楽しかった〜!

以下、会場での写真あれこれ。

fc2blog_20171002222904ffa.jpg

ちゃんと目などが光るガンダム!汚し加減もリアルで良く出来てた。

fc2blog_201710022229274ee.jpg


fc2blog_20171002222846161.jpg

fc2blog_20171002222654973.jpg

ユリオ〜!

fc2blog_20171002222709c4e.jpg

まさかの宮崎駿。

fc2blog_201710022229502ae.jpg

痛車の展示。何台もあってびっくり。

fc2blog_20171002223010fa0.jpg

fc2blog_201710022230308af.jpg

ボンネットの一番先・・・・
ガレージ三日月、のはずなのかな?
微妙にガレーン二日月になっちゃってるけど・・

fc2blog_201710022231306b5.jpg

良く歩いた3日間でした。

アニメウィークエンドアトランタ 9月30日

土曜日、朝7時頃起床。
ナナも起きだして念入りにコスプレ準備。
今日はナルトの声優さんが複数出演するパネルがあるので、
日向ヒナタのコスプレをする。
ヒナタの白っぽい目もコンタクトで再現。
それ、度が入ってないんでしょ、見えるの?と聞くと
「2枚重ねだから。」
・・・・はー、普段の度が入ってるコンタクトの上に重ねてつけるのか!
目に負担かかりそう・・・・と思うのは私が年寄りだからだわね。

行くのが遅くなると駐車場が満杯になってしまうので、
早めに会場へ移動。
会場内のフードコートで軽く朝食。

ナルトのパネルまで時間つぶしに「サマーウォーズ」の上映を見る。
英語吹き替え版で、私達は英語で見るのは初めてだったから面白かった。
一馬の「言い方がダメ。もっと取引先に言うみたいに言って」のセリフが
英語では単に「もっと丁寧に頼んで」となってたので面白くなかったな。
口の動きに合わせるから仕方ないのだろうけど。
しかし声優さん達の声は日本語版に良く似ていて、いつもながら感心した。

12時半からいよいよ今回の最大の目的、NARUTOのパネル。
早めに会場の前で待っていたら、同じようにコスプレした人たちが沢山。

fc2blog_20171002224554ff4.jpg

この集合写真の綱手さま、胸も自前だそうで周りの子に揉まれていた(笑)
イメージぴったりで背も高いし迫力あったわー。
カカシ先生もかっこ良かった。

パネルにはカカシ先生の井上和彦さん、カブトの神奈延年さん、サクラの中村千絵さん、
英語版ヒナタのステファニー・シェーさんが登場。
写真撮影もビデオも禁止だったので残念。

あらかじめ用意された質問(どう言う経緯でナルトの声優に決まったのか、とか
キャラクターと自分に似てる部分はありますかとか)に順番に答える方式で、
色々面白いエピソードなども聞けて興味深かった。

最後に各キャラクターになりきって会場のファンに一言、と言うところで
まずステファニー・シェーさんがヒナタとしてスピーチしたら中村千絵さんが
「すごーい!本当にそっくりですね、似てます!」
って・・・・
いやいやいや、この方、英語版の「本物のヒナタ」ですからね!?
まあ、「日本版のヒナタにそっくり」と言いたかったのはわかるけど
なんかすっとぼけたコメントで面白い人だなーと笑ってしまった。

パネルの後はディーラーズルームの奥でサイン会。
ナナは井上和彦さん、私はナナのために神奈延年さんの列に並び、それぞれサインゲット。

fc2blog_20171002223150813.jpg

色紙は会場のディーラーで売ってるとこがあったので買ったのだが、
日本のダイソーの商品で3枚1パック100円の色紙が12ドル(約1350円)!!!
ぼったくり〜〜!!!!
もう次は私、自分で日本で買って来てここで売ろうかしら!??

ともあれ、ナナがすごく喜んでいたので、わざわざ来た甲斐があった。
彼女は昔からカカシ先生の大ファンなので、
井上和彦さんが舞台に登場しただけで泣きそうになってたし。
わかるわー、私も以前、古谷徹さんが出て来た時泣きそうだったもん。

サインをもらった後、「るろうに剣心・ミュージカル」とプログラムにあったので
何なのかな、とビデオルームへ見に行ってみた。
なんとこれが宝塚のビデオ。
申し訳ないが私はどーしても宝塚って好きじゃないので、
最初の5分程度見てすぐに出て来てしまった。
やっぱ無理。
洋物だったらまだマシだったのかも知れないが、
あの化粧で時代劇やられるとなんて言うか大衆演劇の安い芝居みたいで・・・。

午後3時過ぎになりお腹も空いたので、一旦会場を出てKFC買ってホテルへ。
ここでナナはヒナタから逆転裁判の狩魔冥にチェンジ。

私は疲れたのでナナを会場へ送って行ってから日本食品店などに行き、
あとはホテルで一休み。
午後8時頃ナナを会場へ迎えに行ってホテルへ戻り、2日目終了。
プロフィール

Mimi

Author:Mimi
アメリカ生活もかれこれ20年。
夫と子供2人(うち1人は大学進学でオハイオ在住)、猫1匹とアラバマの田舎に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR